新型コロナ対策企業調査レポート
情報配信サービス

コロナ対応特化型企業調査レポート

世界中に感染が拡大する新型コロナウィルス。現在グローバルに張り巡らされたサプラーチェーンは大きく寸断され、その寸断は早くても数ヶ月、一年単位で続くと考え行動する必要が出ています。こうした投資家からの企業の事業断続への対応への関心が高まる中、企業からの詳細メッセージ、説明をサポートしていくのが新型コロナ対策企業調査レポート情報配信サービスです。

『新型コロナ対策レポート』

~日本証券取引所グループの要請や投資家ニーズ を満たし、対面説明会の問題も解決~

現在、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済へのダメージは深刻です。上場企業各社は先が見えない中、長期的に新型コロナウイルスが影響するという前提の下で事業運営を行わざるを得ない状況です。

一方、国内外の投資家は、新型コロナウイルスの影響を直接受けるセクターに対する警戒感を高め、リスクを注視する姿勢が鮮明でありながらも、現状に適応すべく注力している企業の発掘を進めている状況です。

新型コロナウイルスの影響を直接受けるセクターでは、どのように会社を守ろうとしているかを伝えることが肝要であり、そうでないセクターも攻守の施策を投資家が求めています(日本証券取引所グループも3月18日、新型コロナウイルスに関するリスク情報の早期開示を上場企業各社へ要請)。

それを伝えようにも現状、IR説明会の開催が困難であり、動画によるIR説明会も拡散が難しいという問題を、上場企業各社が抱えているとフィスコでは認識しており、それを解決すべく「新型コロナ対策レポート」サービスをリリースしました。

当レポートでは、以下のような取り組みを重点的に投資家へ伝えします。
・新生活様式を念頭に置き、独自の打ち手を実施し、収益拡大への布石としている。
・コア事業周辺領域にサービスを拡大させ新たな収益獲得策を実行している。
・原材料等の仕入れ等について、共同仕入れなどの打ち手を打ちコスト軽減策を実施している。
・人件費等について、在宅化による新たな価値創造、他社に派遣するなどしコスト軽減など実施している。
・事務所や店舗等について、大規模なコスト削減策を実施している。
・効率性の低い資産を売却し、キャッシュポジションを充実させ財務の健全化策を施している。
・長期的な経済不況に備え、大規模な資金調達等を実行し、資金繰りの健全化策を施している。

そのような取り組みをしっかりとまとめ、フィスコの持つ強固な投資家(配信)ネットワークへ拡散すること が現状の環境下において必要です。

これまで600社におよぶ企業調査レポートやIRコミュニケーションツールを制作し、多くの投資家に情報 提供する事でIR支援サービスをてがけてきたフィスコにお任せ下さい。

圧倒的なフィスコの情報配信ネットワークで有益なIR情報を投資家に届けます。

以下、フィスコの情報配ネットワークです。

  • 機関投資家向け・機関投資家向けの配信ネットワーク
  • 個人投資家向け・個人投資家向けの配信ネットワーク
  • 富裕層向け・富裕層向けの配信ネットワーク
  • 金融ポータルサイト等・金融ポータルサイト等配信ネットワーク

詳しくは以下のURLをご確認ください。
http://fisco-ir.co.jp/about/strength/network.html

分析力貴社のコロナ対策を、
鋭い視点で深く分析

取材力600社に及ぶ企業様を取材させて
いただいた調査レポート

フィスコの配信ネットワークで
ユーザーである投資家様へ配信

フィスコ 新型コロナ経済対策サービス
お問い合わせフォーム

お名前
ふりがな
法人名
メールアドレス
お問い合わせ内容