ここから本文です。

持ち株解消に伴う海外機関投資家保有比率の増加に加え、コーポレートガバナンス・コード導入やESGの高まりを受けて、SR(株主との対話)の必要性が増しています。当社では、機関投資家株主とのエンゲージメント活動支援や個人株主対策アドバイザリー等、幅広いソリューションを提供しています。
・アクティビスト対応
・株主提案対応
・委任状争奪戦対応
・敵対TOB対応
・企業価値向上アドバイザリー
・海外機関投資家ロードショーサービス(含むオンライン)

改訂コーポレートガバナンス・コードの導入に伴い、ガバナンス・ガイドラインの制定や取締役会の機関設計、役員報酬設計などに関するコンサルティングを提供しております。中でも、取締役会評価は、株主のニーズを熟知する当社の強みを活かし、唯一無二のサービスを提供しております。
・取締役会評価
・社外取締役紹介サービス
・株式報酬制度設計支援サービス

アナリストによる企業取材レポート。経営戦略、実行力検証、成長性分析等、投資家の関心が高い内容を重点的にレポートします。

フィスコグループが長年培ってきた金融情報配信ネットワークを活用し、機関投資家から一般の個人投資家まで幅広い投資家層とのコミュニケーションを支援します。

投資家との対話を促すIRコミュニケーションツールについて、企画~制作~製本(デジタル化を含む)~IRサイト構築に至る「川上」から「川下」まで、フルラインでサポートします。(※全て和文/英文、オンラインに対応)

会社案内、ウェブサイト、社内報、社内規程などの英語への翻訳も長年の実績がございます。翻訳は全て英語ネイティブが行うことで英語圏の読者にとって自然で読みやすい文章を実現し、なおかつ日本人チェッカーがクロスチェックすることで日本語の意味をよく反映した適切な英文を提供いたします。

任意/適時開示情報等のドキュメント作成から、投資家意識調査(パーセプションスタディ)や説明会関連サービスなど、上場企業の皆様のIR実務支援を展開しています。

G20の要請を受け発足したTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)。このTCFDフレームワークに基づき適切な情報開示を個社毎にご提案いたします。

フィスコ企業調査レポートを、各企業ごとに簡単にまとめて動画でご紹介します。