ここから本文です。

英文開示 翻訳サービス

財務・IR、およびビジネス分野の英訳サービスを提供しております。

財務・IR翻訳

ディスクロージャー資料の英訳ニーズは着実に増しています。

国際的に通用する財務翻訳機能を提供できる第三者機関を、企業は求めています。しかし現状では、業界が未整備なため専門の財務翻訳者は不足しており、財務翻訳に特化した専門会社は極めて少ないといえます。

当事業本部は、法定開示資料はもとより、速報性が求められる決算短信等の適時開示において長年の実績があり、納期への対応と安定した品質を実現しています。また、各種リリースや決算説明会資料などの和文資料を英文でPPT化するサービスなどもあわせてご提供しております。さらに、近年急速にニーズが高まっている英文財務諸表の制作についても対応可能です。

40年を超えるIR分野における翻訳ノウハウにより、各種開示資料の翻訳をサポートします。

お客様のお好みや開示資料の内容に合わせて、担当ライターが仕上がり英文のニュアンスを調整します。

財務・IR翻訳 年間翻訳パッケージプラン

年間パッケージをご希望のお客様向け特別プランもご用意!

年間に発生する翻訳の分量(日本語の文字数)に応じて、割引単価を適用いたします。
お問い合わせはこちら:translation_services@fisco-ir.co.jp
お気軽にお問い合わせください。

ビジネス翻訳

以下ビジネス文書の英訳も長年の実績がございます。翻訳は全て英語ネイティブが行い、日本人チェッカーがクロスチェックいたします。

  • 英文会社案内
  • 英文ウェブサイト
  • 英文製品カタログ
  • 英文社内報
  • 英文社内規程 など

ビジネス英訳 ボリュームディスカウント

翻訳の分量(日本語の文字数)が多い場合は、ボリュームディスカウントを適用いたします。
お問い合わせはこちら:translation_services@fisco-ir.co.jp
お気軽にお問い合わせください。

様々な翻訳ニーズに応える体制を確立

ネイティブライターによる相互チェックに加えて、日本人チェッカーによるクロスチェック行うことにより安定した品質を提供いたします。

  • 英語を母国語とするネイティブライターが英訳を担当いたします。
  • 2名の英語ネイティブライターが相互に意見交換・チェックを行う「クロス・エディティング・システム」を採用しております。
  • 加えて日本人チェッカーが、日本語特有の表現も含め適切に翻訳されているかチェックを行います。
  • 表現や用語統一のため、用語集や表記スタイルガイドを整備し、統一のとれた英文資料を提供いたします。
  • お客様独自の用語や言い回しのデータを蓄積いたします。
  • お客様にて英訳された原稿のネイティブチェックもお引き受けしております。

お気軽にお問い合わせください

03-5774-2355