天然ガスのCFDとは?価格推移やデメリット・投資方法を徹底解説

冬場に「大寒波到来」というニュースが流れると価格が大きく上がる天然ガス。

石炭や石油と比べて環境への負荷が少ないことから、貴重なエネルギー資源として注目されています

そんな天然ガスはCFDで取引できます。

この記事では、天然ガスCFDの特徴やおすすめの証券会社について紹介します。

天然ガスのCFD取引で利益を出したいと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

この記事からわかること
  • 天然ガスは石炭や石油と比較して環境にやさしい
  • 天然ガスは基本的に需要がなくならない
  • 天然ガスの生産量や石油価格、季節などの影響を受けやすい
  • 天然ガス価格は突発的なイベントにより価格が高騰しやすい
  • 天然ガスのCFD取引をするならIG証券がおすすめ

天然ガスのCFD取引を始めるなら、証券会社の口座開設が必須です。

数多くある証券会社の中でもおすすめなのは、圧倒的な取引高と信頼度を誇るIG証券です。

この機会にIG証券の口座を開設しておきましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

天然ガス

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

天然ガスCFDとは?

天然ガスCFD取引について解説する前に、まずは「天然ガス」がどういったものなのか確認しましょう。

天然ガスは、地下から噴出するガス全般のことを指しますが、通常はその中の燃えるガス、つまり可燃性天然ガスを指します。

天然ガスが現在注目されている理由の一つは、環境に対する負荷がかかりにくいためです。

COP26にもあったように、地球では温暖化が大きな問題となっており、その原因の一つである化石燃料の廃止(縮小)を目指しています。

天然ガスは、燃焼時に、温室効果ガスの一つといわれるCO₂(二酸化炭素)の発生量が少ないため、環境に優しいとされています。

また、酸性雨や大気汚染の原因とされるNOx(窒素酸化物)の発生量も少なく、SOx(硫黄酸化物)が発生しない、環境特性に優れた理想的なエネルギーです

天然ガスCFDの特徴

天然ガスのCFD取引の特徴は以下の通りです。

天然ガスCFDの特徴
  • 需要がなくなることは基本的にない
  • 売りからも注文できる
  • レバレッジをかけれる

詳しく解説します。

需要がなくなることは基本的にない

天然ガスの需要がなくなることは基本的にはありません。

というのも、天然ガスは普段から使っている都市ガスの原料に使われており、生活をしていくうえでは不可欠な存在だからです。

日本では自国での生産が難しいため、主にロシアやカタールなど、複数の国から輸入しています。

夏はかなり暑く、冬はかなり寒いという近年の異常気象により、近年天然ガスの需要はむしろ大きくなっているのです。

売りからも注文できる

天然ガス投資をするには、天然ガスそのものを買って、どこかに売るという選択肢がありますが、一般人には難しいことでしょう。

他にも天然ガスを使った取引はあり、それは「CFD取引」です。

CFDとは「Contract For Difference」の略で「差金決済取引」を意味しています。

天然ガスを実際には保有することなく、「買い」や「売り」の判断を行い、その差額を利益(損失)として得られるのです。

CFD取引であれば、「売り」からの注文もできるため、利益を得られる選択肢が増えます

天然ガスのCFD取引が可能な証券会社には、「IG証券」や「GMOクリック証券」などがあります。

天然ガスのCFD取引をするなら、天然ガスをはじめ、17,000以上ものCFD銘柄を取り扱っている「IG証券」がおすすめです。

レバレッジをかけれる

天然ガスだけに限らずCFD取引では、20倍のレバレッジで取引できるので、小額の資金で大きな利益を狙えます。

ハイレバレッジな取引

天然ガスの場合、最低必要証拠金は2000円〜3000円程度になるため、資金が少なくても取引を行うことができます。

一方で、予想と反して価格が反対へ向かった場合は損失が出ます。

レバレッジ取引をしていると、損失も大きくなる可能性があるので、適切なリスク管理が求められます

なおCFD取引を始めるなら、銘柄数が業界トップであり、取引コストであるスプレッドも最狭水準であるIG証券から投資を始めてみましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

天然ガスCFDのメリット

天然ガスのCFD取引をするメリットは以下の通りです。

天然ガスCFDのメリット
  • トレンドが発生しやすい
  • リスクヘッジになる
  • 少額から始められる

詳しく解説します。

トレンドが発生しやすい

天然ガスはトレンドが発生しやすいのが特徴です。

暖房や冷房に使われており、季節性や天候によって需要が変わります。

つまり、夏の猛暑だったり冬に大寒波が襲ってきたりすると、天然ガスの需要が大きくなります

仮に上昇トレンドが発生すると、価格が高くなりやすく高値を更新する運びになります。

一方で、涼しい夏だったり、暖冬だったりすると、天然ガスの需要はそこまで伸びず、下落トレンドに向かいます。

投資で利益を出すためには、このトレンドを理解して、ポジションを取る必要があります。

CFD取引であれば、上昇トレンド・下降トレンドどちらであっても利益を狙えますので、おすすめです。

リスクヘッジになる

天然ガスのCFD取引をすることで、リスクヘッジになります。

株価指数ばかりに投資をしてしまうと、株価全体が下落場面になった時(2020年のコロナショック)に、大きな損失を出してしまいます。

天然ガスのCFD取引は、気候に左右されることが多く、株価の影響は受けにくいのが特徴です。

そのため、たとえ株価指数が下落しても、損失を最小限に抑えられるのでリスクヘッジとして優秀です。

少額から始められる

天然ガスに限らず、CFD取引はレバレッジを掛けられます。

そのため、現在資金があまりない方でも投資を始められるのが大きなメリットです。

もちろん、レバレッジをかけすぎると、損失を出した時の金額が大きくなるので、許容範囲内で行うようにしましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

天然ガスCFDのデメリット

天然ガスCFD取引のデメリットは以下の通りです。

天然ガスCFDのデメリット
  • 価格変動が激しい
  • 取り扱い証券会社が少ない

詳しく解説します。

価格変動が激しい

天然ガスは季節など影響によるトレンド傾向が多いものの、他の要因でも価格が変動します。

例えば、「天然ガスの在庫量」や「予期せぬ災害」などが挙げられ、これらのものはトレンドとして読み解くことは至難の業です。

天然ガスの在庫量が少ないときに大寒波がやってくれば価格はどんどん上昇し、天候が回復するか在庫量が増えてくると、価格が大きく下落します。

このように天然ガスは価格変動が激しいことを知った上で取引を行うようにしましょう。

取り扱い証券会社が少ない

天然ガスに限らず、CFD取引ができる証券会社が少ないところもデメリットです。

株式投資やFXと比較して、CFD取引を行いたいという方が少ないのが原因でしょう。

ただ、後ほどCFD取引をするのに適した証券会社を紹介するので、安心してください。

天然ガスの価格動向

ここまで天然ガスの特徴について解説しました。

続いては、天然ガスの「直近3ヶ月」と「直近5年」の価格推移について紹介します。

直近3ヶ月の価格推移

新型コロナウイルスの感染者数が落ち着いてきたこともあり、経済が活発化する期間でした。

また、2021年の冬は寒くなると予測もありました。

そのため、天然ガスの価格は10月ごろから高騰し、高い水準を付けています。

直近5年間の価格推移

こちらは天然ガスの5年間の株価推移です。

天然ガスの過去5年間のチャートを見ると、突発的なイベントが起きたときに急騰していることが分かります。

例えば2018年の後半。

アメリカメキシコ湾で発生したハリケーンにより、メキシコ湾海域の施設(天然ガス生産29%相当)を一時閉鎖となる事件がありました。

これにより、天然ガス供給量が縮小し、11月に価格が高騰しました。

このように天然ガスは突発的なイベントが起きると、価格が急騰しやすくなるのです。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

天然ガスをCFD取引できる証券会社

ここまで天然ガスの特徴や設定来のチャートを確認して、「天然ガスに投資したい!」という方もいらっしゃると思います。

ただ、天然ガスに投資するためには、CFD取引ができる証券口座を開設する必要があります。

ここでは、天然ガスをCFD取引するために口座開設しておくべき2社(IG証券GMOクリック証券)をピックアップして紹介していきます。

IG証券

ig-top
取引方法CFD(差金決済取引)
取引手数料2.20セント/1株
最小取引単位1株
株価指数CFDのレバレッジ倍率最大10倍
公式サイトIG証券公式サイト
関連記事IG証券の評判

IG証券はイギリスの証券グループである「IGグループ」が手掛ける日本向けの証券会社です。

IG証券をおすすめするポイントは以下の通り。

  • CFD(差金決済取引)ができる
  • レバレッジ取引ができる

CFD取引だと、下落相場でも利益を出せるので、リスクヘッジとして利用できます。

一般的にレバレッジ取引は、自分が持っていないお金まで投資に回すことになるため、ギャンブル性が高く危険であると言われています。

しかし適切なレバレッジをかけることで、現時点では資金量が少ない方でも効率よく利益を狙えるのでおすすめです。

もちろん、自身の許容範囲を超えない程度で取引してください。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

GMOクリック証券

GMOクリック証券CFD
名称GMOクリック証券
取扱商品上場株式
ETF(上場投資信託)
CFD取引
最低取引額100円
取引手数料100万円まで無料
外国株米国・中国・韓国
公式サイトGMOクリック証券公式ページ
関連記事GMOクリック証券の評判
GMOクリック証券のおすすめポイント
  • キャッシュバックサービスがある
  • 取引手数料が安い

1日の約定代金が100万円以下であれば、取引手数料無料となるなど、GMOクリック証券は業界最安値の手数料体系をとっています。

また、GMOグループの株式を保有していると、株主優待として「取引手数料相当額キャッシュバック」という優待がもらえます。

もしGMOクリック証券で取引をするのであれば、GMOグループの株式を保有しておくことをおすすめします。

天然ガスCFDのやり方

続いてIG証券を例にして、天然ガスのCFD取引の手順を紹介します。

IG証券で天然ガスCFD取引をする方法
  1. IG証券で口座を開設する
  2. 口座に投資資金を入金する
  3. 天然ガスへ注文を入れる

以下で詳しく解説します。

IG証券で口座を開設する

まずは、IG証券にアクセスして画面右下にある「口座開設はこちら」から口座を開設しましょう。

口座に投資資金を入金する

口座の開設が終わったら、資金を入れましょう。

入金方法は「クイック入金」「ベストレシーバー入金」があります。

クイック入金は、提携金融機関のネットバンキングを用いた入金方法で、即時に入金が反映されます。

また、三井住友銀行とPayPay銀行以外は振込手数料がかかりません

提携金融機関は以下の通りです。

提携金融機関

三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、PayPay銀行、楽天銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行

もう一つのベストレシーバー入金は、ユーザー一人一人に発行してもらうみずほ銀行の専用の口座に振込を行います。

その口座に対して、ATMや金融機関窓口、ネットバンキングから振り込めます。

クイック入金に提携している金融機関の口座をお持ちなら、即時入金ができ振込手数料も無料(三井住友銀行とPayPay銀行を除く)なのでクイック入金の利用がおすすめです。

天然ガスCFDへ注文を入れる

口座に資金を入金したら、天然ガスCFD取引を行いましょう。

まずはじめにIG証券にログインして、トップページから「商品口座」の取引画面を開きます。

ログイン後、検索から「天然ガス」と入力し、「NY天然ガス」を選択します。

画面右側に出てくる天然ガスのチャートを確認し、注文ボタンを選択します。

最後に以下の項目を設定して注文を入れましょう。

設定項目
  • 注文方向:売り注文/買い注文
  • 注文方法:成行/指値・逆指値/IFD/IFO
  • ロット数:最小0.5ロット
  • スリッページ許容値
  • 両建ての有無

手順が理解できた方は、IG証券で実際に口座開設して、取引を開始してみましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

天然ガスCFDに関するよくある質問

ここまでで天然ガスに対する具体的な投資方法まで解説しました。

以下では天然ガスに関する質問にお答えします。

天然ガスのCFD取引は初心者でもできますか?

天然ガスのCFD取引は、初心者でもできます。

株価指数と連動しないため、分散投資の1つに天然ガスのCFD取引を入れてみるといいでしょう

天然ガスへの投資はいくらからできますか?

天然ガスの1株あたりの基準価格は、2021年12月15日時点で3774.00米ドルであるため、日本円に換算すると約40,000円から取引できます

日本の株式では、一般的に100株単位でしか取引できませんが、米国株は1株単位で購入できるため、資金力の少ない初心者向けとも言えます。

ちなみに、IG証券ではCFDによるレバレッジ取引が可能なので、25%の10,000円程度からでも購入できます。

天然ガスの価格動向は確実に読めますか?

投資の世界に絶対はなく、天然ガスの価格動向を確実に当てることはできません。

これは突発的にリスク要因が出てきたりするためです。

ただ、他の株価指数と比較して、トレンドが発生しやすく分かりやすいため、価格動向の予想を立てやすいのは事実です。

夏の冷房や冬の暖房など、天然ガスの需要が大きくなりやすいことは予想できます

しかし、それでも今回のコロナショックによりロックダウン状態となり、天然ガスを企業が使わなくなり、需要が激減してしまうこともあるのです。

あくまでもトレンドは発生しやすいが、絶対ではないことを意識しましょう。

天然ガスCFDのまとめ

今回は天然ガスのCFD取引についてご紹介しました。

この記事の要点
  • 天然ガスは石炭や石油と比較して環境にやさしい
  • 天然ガスは基本的に需要がなくなることはない
  • 天然ガスの生産量や石油価格、季節などの影響を受けやすい
  • 天然ガス価格は突発的なイベントにより価格が高騰する
  • 天然ガスのCFD取引をするならIG証券がおすすめ

天然ガスは石炭や石油と比べて環境への負荷が比較的少ないことから、貴重なエネルギー資源として注目されています。

基本的に需要が途絶えることはないなどの特徴があります。

この記事を通して天然ガスのCFD取引に興味を持った方は、IG証券で口座開設をして、投資にチャレンジしてみてください。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

天然ガス

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる