【比較/一覧】アルトコイン投資の仮想通貨取引所ランキング!

2022年現在、世界には3,000種類以上のアルトコインがあると言われています。

しかし、いざそれらに投資しようとすると、どの取引所を使ってどのアルトコインに投資すればよいか分からないという方もおられるでしょう。

そこで今回は取引所の選び方を解説しながら、アルトコインを扱っているおすすめの取引所やおすすめのアルトコインを紹介していきます。

この記事の要点
  • 自分が投資したい銘柄に対して、低コストで投資できる取引所を選ぶのが最も重要
  • 現物取引の銘柄が最も豊富なのはCoincheck
  • レバレッジ取引の銘柄が最も豊富なのはDMM Bitcoin
  • コストが安い取引所形式の現物取引・レバレッジ取引ができるのはGMOコイン
dmmbitcoin

また、アルトコインへの投資を始めるのであれば、DMM Bitcoinがおすすめです。

IT大手のDMMグループが運営しているということでセキュリティ面でも非常に安心感があり、多くのアルトコインにレバレッジをかけて取引することができます。

口座をお持ちでない方はこの機会にDMM Bitcoinから口座を開設しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

公式LINE

なお、Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する情報を随時発信中です。

アルトコインについての情報も配信していますので、ぜひ無料で登録してみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次

【早見表】アルトコインを取り扱う取引所10社比較・一覧

まずは、アルトコインを取り扱う取引所10社を分かりやすく一覧にまとめました。

ぜひこの一覧をチェックして、自分に合った取引所を探してみてください。

取引所名現物取引レバレッジ取引手数料(BTC)最低発注数量(BTC)
販売所:○
(12通貨ペア)
取引所:×

(23通貨ペア)
販売所:スプレッド
レバ取引:スプレッド
販売所:0.0001BTC
レバ取引:0.01BTC
coincheck-logo販売所:○
(16銘柄)
取引所:○
(5銘柄)
×販売所:スプレッド
取引所:0円
販売所:500円以上
取引所:0.005BTC以上
販売所:○
(15銘柄)
取引所:○
(6銘柄)

(1銘柄)
販売所:スプレッド
取引所:0.01~0.15%
レバ取引:スプレッド
販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
GMOcoin-logo販売所:○
(17銘柄)
取引所:○
(9銘柄)
販売所:○
(10銘柄)
取引所:○
(5銘柄)
販売所:スプレッド
取引所:-0.01%・0.05%
レバ取引:スプレッド
販売所:0.00005 BTC
取引所:0.0001BTC
レバ取引:0.01BTC
販売所:×
取引所:×

(4銘柄)
レバ取引:スプレッドレバ取引:0.01BTC
販売所:○
(8銘柄)
取引所:○
(26通貨ペア)

(1銘柄)
販売所:スプレッド
取引所:0%・0.1%
レバ取引:スプレッド
販売所:1,000円
取引所:0.001BTC
レバ取引:0.001BTC
販売所:○
(6銘柄)
取引所:×
×販売所:スプレッド販売所:0.001BTC
販売所:○
(12通貨ペア)
取引所:○
(25通貨ペア)
×販売所:スプレッド
取引所:-0.02%・0.12%
販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
販売所:○
(12銘柄)
取引所:○
(12銘柄)
×販売所:スプレッド
取引所:0円
レバ取引:0円
販売所:500円以上
取引所:0.0001BTC
レバ取引:0.0001BTC
販売所:○
(7銘柄)
取引所:○
(7銘柄)
×販売所:スプレッド
取引所:0円
販売所:0.0001BTC
取引所:0.0001BTC

Coincheckは取扱銘柄数が多いだけでなく、取引ツールの使いやすさなどから大変人気のある取引所です。

またDMM Bitcoinは多くの銘柄がレバレッジ取引に対応しているのが特徴で、コインチェックと併せて口座を開設しておくのがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

アルトコインの投資におすすめの取引所ランキング

続いて一覧で取り上げた10社の内、特におすすめの5社をランキング形式でご紹介します。

アルトコイン投資におすすめの取引所トップ5

おすすめ仮想通貨取引所の記事と合わせてご参考ください。

DMM Bitcoin

dmmbitcoin
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(11銘柄/12通貨ペア)
取引所形式:×
レバレッジ取引(銘柄数)○(15銘柄/23通貨ペア)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
 取引手数料
(ビットコインの場合)
 販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
※BitMatch注文を除く
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事 DMM Bitcoinの評判

\ もれなく2000円プレゼント中! /

DMM Bitcoinのおすすめポイント

レバレッジ取引の対象銘柄が国内最多

DMM Bitcoinは現物取引よりもレバレッジ取引に力を入れている取引所で、国内最多の23通貨ペア(ビットコイン建て含む)でレバレッジ取引をおこなうことができます。

短期的な投資で効率よく資金を増やしていきたい方には、DMM Bitcoinがおすすめです。

取引ツールが高性能

DMMBitcoin スマホアプリ

DMM Bitcoinを運営しているDMMグループは、仮想通貨取引所を始める前から株やFXなどの金融商品を取り扱っています。

それらで培われたノウハウがDMM Bitcoinにも引き継がれているため、取引ツールは非常に高性能かつ使いやすいものになっています。

特にスマホアプリは秀逸で、様々な注文方法や分析ツールを駆使しながら取引したいという方におすすめです。

セキュリティ性能が高い

先ほど述べた通りDMM BitcoinはDMMグループが培った高い技術力を活用しているため、セキュリティ面も万全です。

具体的には、以下のような技術や対策によって、安心して取引できる環境をつくり出しています。

  • コールドウォレット(オフラインのウォレット)による資産管理
  • 出庫時の盗難対策の徹底
  • 2段階認証を用いた不正ログイン防止
  • 社外・社内で不正が起きないように24時間体制で監視

DMM Bitcoinはアルトコインでレバレッジ取引をしたい方には最適の取引所です。

また、取引ツールやセキュリティ面も高く評価されています。

この機会に、Coincheckと併せて口座を開設して、幅広い取引をできるようにしてみましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

Coincheck

コインチェック
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(16銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
ステーキング
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheckのおすすめポイント

扱っているアルトコインの数が国内取引所最多規模

Coincheck国内取引所では最多クラスの17種類もの仮想通貨を取り扱っています。

また、2021年7月27日には新しいアルトコイン「Palette Token」の取扱いが開始されます。

このように多くの銘柄に対して投資することができるということは、それだけ取引のタイミングや利益を得るチャンスも多いと言えるでしょう。

IEOに参加できる

IEO

7月27日に新規上場したアルトコイン「Palette Token」は、国内初のIEOに用いられた通貨です。

「IEO(Initial Exchange Offering)」とは、新しくつくられた通貨の資金調達をおこなう仕組みである「ICO(Initial Coin Offering)」の中でも、仮想通貨取引所が主体となって販売などをおこなうサービスのことを指します。

IEOまたはICOで上場前に購入した銘柄は、上場後に高騰して大きな利益に結びつく可能性を秘めているため、多くの投資家がこぞってこれらに参加しています。

Palette TokenのIEOは残念ながら2021年7月中旬に終了してしまいましたが、次のIEOに参加したいならCoincheckに口座をつくってチャンスを逃さないようにしましょう。

オリジナルのサービスが豊富

Coincheck 積立投資

Coincheckは単にアルトコインの売買ができるだけでなく、自動積立や貸仮想通貨、ステーキングなど、オリジナルのサービスが豊富に揃っています。

特に自動積立は、月々1万円から積立ができて運用に手間もかからないので、仕事で忙しい兼業投資家の方にもおすすめです。

これらのお得で便利なサービスを利用することを目的に、CoinCheckで口座をつくるのもよいでしょう。

2021年7月27日に「Palette Token」の取扱いが新しく始まるなど、多くのアルトコインを扱うCoincheck

様々なオリジナルサービスや取引ツールのわかりやすさなどが良い点として評価されています。

多くの方が利用する王道の仮想通貨ですので、ぜひCoincheck公式サイトから口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

bitFlyer

ビットフライヤー
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(15銘柄)
取引所形式:○(6銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)○(ビットコインのみ)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.00000001BTC
取引所形式:0.001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
 取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:約定数量×0.01~0.15%
レバレッジ取引:無料(スワップ手数料あり)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスステーキングリワードサービス
ビットコインをもらう!
ビットコインをつかう
Tポイントとビットコインの交換サービス
公式サイト bitFlyer公式サイト
関連記事 bitFlyerの評判
コインチェックとビットフライヤーの比較

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerのおすすめポイント

取引高の大きい人気の取引所

bitFlyerはビットコインの取引高が国内No.1*である人気の取引所です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

そのため取引所形式の利用を検討している方に特におすすめです。

少額からアルトコインに投資できる

例えばイーサリアムに投資する場合、bitFlyerの販売所なら0.00000001ETHから購入できます。

2021年7月時点の価格で日本円換算すると0.0024円、つまりは1円から買えます。

このようにbitFlyerでは現状、ビットコイン含めすべての仮想通貨を1円から購入可能です。

また、取引単位が小さいと自身のお財布事情に合わせて細かく購入する量を調整できるので非常に便利です。

ステーキングでインカムゲインを得られる

ステーキングとは対象の仮想通貨を保有してブロックチェーンのネットワークに参加するだけで報酬を得られる仕組みのことです。

bitFlyerではアルトコインの「リスク(Lisk)」を10LSK以上購入して、一定期間保有することでステーキング報酬を得ることができます。

ちなみに1LSKあたりの価格は2021年7月時点で約280円なので、3,000円弱あればステーキングにトライすることが可能です。

ビットコインの取引高が国内No.1*のbitFlyerは1円から仮想通貨を購入できます。

また、アルトコイン「リスク(Lisk)」のステーキングにも挑戦することができるのが特徴です。

少額で購入、また細かく購入する量を調整したい方は口座の開設を検討してみましょう。

*Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

GMOコイン

gmoコイン
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(17銘柄)
取引所形式:○(9銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)販売所形式:○(10銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
現物取引(販売所形式):0.00005 BTC
現物取引(取引所形式):0.0001BTC
レバレッジ取引(販売所形式):0.01BTC
レバレッジ取引(取引所形式):0.01BTC
 取引手数料
(ビットコインの場合)
現物取引(販売所形式):無料(スプレッドあり)
現物取引(取引所形式):Maker -0.01%、Taker 0.05%
レバレッジ取引(販売所形式):無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
レバレッジ取引(取引所形式):無料(レバレッジ手数料あり)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービス貸暗号資産
つみたて暗号資産
ステーキングサービス
公式サイト GMOコイン公式サイト
関連記事 GMOコインの評判

\ 顧客満足度No.1! /

GMOコインのおすすめポイント

取引所形式の現物取引やレバレッジ取引ができる

GMOコインでは以下の4つの形式の取引が可能で、GMOコインの口座1つあれば様々なスタイルの投資にチャレンジできるようになっています。

  • 取引所形式の現物取引
  • 取引所形式のレバレッジ取引
  • 販売所形式の現物取引
  • 販売所形式のレバレッジ取引

この中でも特に「取引所形式のレバレッジ取引」は他社ではほとんど扱われておらず、コストを抑えつつハイリターンな投資に取り組みたい方にはGMOコインがおすすめです。

貸仮想通貨でインカムゲインを得られる

GMOコインでは、保有している仮想通貨をGMOコインに貸し出すことで賃借料を得ることができます。

また、利回りはどの銘柄も一律で最大年利3%(3ヶ月貸し出した場合)と高水準なものとなっており、長期的な仮想通貨の保有を考えているなら使わない手はありません。

自動積立で手間をかけずに投資できる

GMOコインでは販売所で購入できる銘柄を利用して自動積立ができます。

また最小積立金額は500円と非常にリーズナブルで、積立日は毎日積立と毎月積立の2種類から選べるので、自身の資金量や生活スタイルなどに合わせた積立プランをつくることが可能です。

GMOコインは口座一つで様々なスタイルの投資に挑戦できるのが魅力的な仮想通貨取引所です。

利用者の満足度も非常に高いので、この機会の口座の開設を検討してみてください。

\ 顧客満足度No.1! /

マネックスビットコイン

マネックスビットコイン
現物取引(銘柄数)販売所形式:×
取引所形式:×
レバレッジ取引(銘柄数)○(4種類)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料
(ビットコインの場合)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:×
スマホアプリ:○
その他のサービス
公式サイトマネックスビットコイン公式サイト
関連記事 マネックスビットコインの評判
マネックスビットコインのおすすめポイント

メジャーな通貨のレバレッジ取引ができる

マネックスビットコインでは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップルの4つのメジャーな通貨を用いてレバレッジ取引ができます。

レバレッジ倍率は最大2倍で、投資資金が少額であっても投資効率を高めて大きな利益を狙うことが可能です。

下落相場でも利益を狙える

レバレッジ取引では投資資金(証拠金)を担保にして売りから仕掛けて「高く売って安く買い戻す」という方法で利益を得ることができます。

つまりマネックスビットコインのレバレッジ取引なら、上昇相場と下落相場のどちらからでも利益を狙うことが可能です。

高性能なスマホでの取引に特化している

マネックスビットコインはスマホでの取引に特化した取引所です。

スマホアプリは、成行・指値・逆指値・OCO・IFD・IFOといった様々な注文方法に対応しています。

また、テクニカル分析ツールや描画ツールを用いた細かなチャート分析も可能です。

Coincheckを運営するマネックスグループが運営するマネックスビットコイン

この取引所ではCoincheckではできないレバレッジ取引をすることができます。

Coincheckと同様に、スマホアプリの評価は高く、レバレッジ取引をあまりしたことない方も利用しやすくなっています。

ぜひこの機会にCoincheckと併せて口座を開設しておきましょう。

取引所選びのポイント①:投資したい銘柄があるかどうか

次にどうやって自分に合った取引所を選んだらいいかそのポイントを見ていきましょう。

ポイントの1つ目は利用を検討している取引所に、投資したい銘柄があるかどうかです。

仮想通貨取引所はそれぞれ扱っている銘柄が異なっており、時価総額ランキングトップのビットコインとNo.2のイーサリアム、ビットコインキャッシュなどは大抵どの取引所でも扱っていますが、それ以外の銘柄は数も種類もまちまちです。

中には約30社ある国内取引所の中で、1カ所でしか取り扱われていない銘柄もあります。

なお、おすすめ5社で取り扱われている銘柄は次のとおりです。

取引所名取扱銘柄(現物取引・レバレッジ取引)
Coincheck【17銘柄】
ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル、
ライトコイン、ベーシックアテンショントークン、ネム、ステラルーメン
イーサリアムクラシック、モナコイン、リスク、クアンタム、
OMG 、IOST、 ファクトム、エンジンコイン
DMM Bitcoin【15銘柄】
ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル、
ライトコイン、ベーシックアテンショントークン、 ネム、ステラルーメン
イーサリアムクラシック、モナコイン、クアンタム、OMG、テゾス、エンジンコイン、シンボル
GMOコイン【17銘柄】
ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル、
ライトコイン、ベーシックアテンショントークン、 ネム、ステラルーメン
クアンタム、OMG、テゾス、エンジンコイン ポルカドット、コスモス、カルダノ、メイカー、DAI
bitFlyer【15銘柄】
ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル、
ライトコイン、ベーシックアテンショントークン、 ネム、ステラルーメン
イーサリアムクラシック、モナコイン、リスク、テゾス、ポルカドット、チェーンリンク、シンボル
マネックスビットコイン【4銘柄】
ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ 、リップル

具体的に投資対象が決まっていない場合は、取扱銘柄数が豊富なCoincheckがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

取引所選びのポイント②:コストを抑えられるか

投資したい銘柄が決まっているなら、次はその銘柄を低コストで取引できるところを探しましょう。

詳しくは、仮想通貨のスプレッドの記事や仮想通貨取引所の手数料の記事で解説してますので、ぜひご覧下しさい。

なおアルトコインの現物取引には、主に「販売所形式」と「取引所形式」の2種類があります。

現物取引とは

販売所形式は仮想通貨取引所を相手に売買できるサービス、取引所形式はその取引所を利用しているユーザー同士で売買できるサービスで、それぞれ次のようなメリット・デメリットがあります。

販売所形式のメリット・デメリット
  • メリット①:取引できる銘柄が多い
  • メリット②:売買したいタイミングで取引が成立するので、投資チャンスを逃さないで済む
  • デメリット①:取引所形式よりも取引コスト(スプレッド)が高い
取引所形式のメリット・デメリット
  • メリット①販売所形式よりも取引コストが安い
  • デメリット①:売買したい価格で売ってくれる(買ってくれる)ユーザーがいないと成立しない
  • デメリット②:販売所形式で扱われる銘柄よりも、取扱銘柄が少ない場合が多い

取引所形式の場合は販売所形式よりも取扱銘柄が少ない場合が多いので、必ずしも投資したいアルトコインが対応しているとは限りません。

しかし、もしも対応している場合は取引コストを抑えられるので、販売所形式よりも取引所形式を用いて取引することをおすすめします。

「販売所形式」と「取引所形式」

ちなみに先ほど紹介したおすすめ取引所5社における取引所形式の取扱銘柄は、次のようになっています。

取引所名取引所形式の有無取引所形式の取扱銘柄
Coincheckビットコイン、イーサリアムクラシック、ファクトム、モナコイン、パレットトークン
DMM Bitcoin×
GMOコイン現物取引:
ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、
ライトコイン、リップル、ネム 、ステラルーメン、モナコイン、シンボル
レバレッジ取引:
ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、
ライトコイン、リップル
bitFlyerビットコイン、リップル、イーサリアム、ステラルーメン、モナコイン
※イーサリアムとビットコインキャッシュは、ビットコイン建ても可能
マネックスビットコイン×

特にGMOコインbitFlyerは、イーサリアムやリップルといったメジャーなアルトコインを取引所形式の中で取り扱っているのでおすすめです。

取引所選びのポイント③:自分の投資スタイルに合っているか

次に取引所が提供しているサービスが、自分の投資スタイルに合っているかもよくチェックしましょう。

仮想通貨取引所を使って稼ぐ方法は、主に次のようなものがあります。

売買差益(キャピタルゲイン)を得る方法

売買差益(キャピタルゲイン)を得る方法は主に次の3つです。

現物取引(販売所形式・取引所形式)

…仮想通貨を実際に購入したり売却したりする取引のこと

レバレッジ取引(販売所形式・取引所形式)

…証拠金を口座に預け入れ、それを担保にすることで証拠金の2倍までの金額を取引できる仕組みのこと。現物取引よりもハイリスク・ハイリターンな投資ができる

自動積立

…毎月または毎日、固定額を銀行口座から自動で引き落とし、指定の仮想通貨の積立をできる仕組みのこと

現物取引とレバレッジ取引

おすすめ取引所5社はなお3点に関して以下のようになっています。

取引所名現物取引レバレッジ取引自動積立
Coincheck○(販売所・取引所)×
DMM Bitcoin○(販売所)×
GMOコイン○(販売所・取引所)
bitFlyer○(販売所・取引所)×
マネックスビットコイン××

現物取引をメインに取り組みたいならCoincheck、レバレッジ取引はDMM Bitcoin、一通り触れてみたい場合はGMOコインがおすすめです。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

インカムゲインを得る方法

続いてインカムゲインを得る方法は、主に次の2つです。

レンディング(貸仮想通貨)

…保有している仮想通貨を仮想通貨取引所に貸し出して、賃借料を得る仕組みのこと

ステーキング

…特定の仮想通貨を保有してブロックチェーンのネットワークに参加することで、報酬を得られる仕組みのこと

インカムゲイン

下の表からわかる通り、これらのインカムゲインを得られる仕組みをフル活用するならCoincheckまたはGMOコインがおすすめです。

取引所名レンディング (貸仮想通貨)ステーキング
Coincheck
DMM Bitcoin××
GMOコイン
bitFlyer×
マネックスビットコイン××

なおなお仮想通貨で稼ぐ方法は他にも、通常の取引所ではなくDEX(分散型取引所)を使うという方法などもありますが、それらをより詳しく知りたい方は「仮想通貨の稼ぎ方」をぜひご覧ください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

取引所選びのポイント④:セキュリティは万全か

取引所 セキュリティ

4つ目のポイントはセキュリティです。

セキュリティは次のようなことをチェックしておきましょう。

セキュリティのチェックポイント
  • 預けているお金はどのように管理されるのか
  • 預けている仮想通貨はどのように管理されるのか
  • 仮想通貨を送金する際に必要な秘密鍵どのように管理されるのか
  • ハッキングに対する対策は十分か

それでは詳しく説明していきます。

預けているお金はどのように管理されるのか

まずは預けているお金がどのように管理されているのかよく確認しておきましょう。

ちなみに国内取引所の場合は、法令に基づいてユーザーの資産と取引所の資産を分別管理しており、万が一のトラブルの際もほぼ確実にお金が返ってくる仕組みになっているので安心して利用できます。

海外取引所の場合はそれぞれ管理の仕組みが異なるので、いざという時に不利益を被らないように必ずチェックしましょう。

預けている仮想通貨はどのように管理されるのか

仮想通貨はホットウォレット(インターネットとつながったウォレット)、コールドウォレット(ネットから隔離されたウォレット)のいずれかで保存・管理されます。

ホットウォレット・コールドウォレット

ユーザーの仮想通貨をコールドウォレットで保管し、そこから引き出す際も厳重な管理体制を敷いている取引所を利用することをおすすめします。

仮想通貨を送金する際に必要な秘密鍵はどのように管理されるのか

仮想通貨を送金する際には秘密鍵が必要になります。

秘密鍵は銀行口座の暗証番号のようなもので、第三者に奪われると他人が自由に仮想通貨を盗めるようになってしまいます。

そこで送付時に複数の秘密鍵が必要になる「マルチシグ」を取り入れていたり、その複数の秘密鍵をそれぞれ異なる場所に保管するような管理方法を取ったりしている取引所の方がより安全に利用できます。

ハッキング対策は十分か

ユーザーアカウントの乗っ取りやシステムへの侵入などに対して、どのような対策を講じているか確認しましょう。

ユーザーアカウントの乗っ取り対策については、2段階認証やログイン履歴の確認システムを取り入れているところがおすすめです。

またシステムへの侵入対策は、Coincheck(マネックスグループ)やDMM Bitcoin(DMM.comグループ)、GMOコイン(GMOインターネットグループ)のようなグループ会社内で強固なセキュリティ体制を構築しているところの方がより安全です。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

取引所選びのポイント⑤:取引ツールが自分に合っているか

最後に、取引ツールが自分に合っているかどうかチェックしましょう。

取引所選びの最優先事項は「取引したい銘柄を扱っていて、それを低コストで取引できるかどうか」ということです。

そのため取引ツールの良し悪しはそれに比べると優先順位が下がりますが、日々使うものなのでできれば自分に合ったものを使えた方がよいです。

取引ツールは大まかに分類すると以下の二つに分けられます、

  • できるだけ余分な機能を削ぎ落したシンプルなもの
  • テクニカル分析ツールや描画ツールを用いて、細かな分析ができる高性能なもの

ちなみに今回紹介したおすすめ5社の取引ツールを仕分けると、次のようになります。

取引所名パソコン用ツールスマホアプリ
Coincheck高性能シンプル
DMM Bitcoin高性能高性能
GMOコイン高性能高性能
bitFlyer高性能シンプル
マネックスビットコインなし高性能
  • パソコンとスマホ、どちらをメインに取引するのか
  • 大まかな値動き(今の価格が安いのか高いのか)が分かればいいのか、細かな分析が必要なのか

こういったところで、人によってそれぞれの取引ツールの向き不向きが分かれると思いますので、よくチェックして自分に合うものを選びましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

公式LINE

なお、Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する情報を随時発信中です。

アルトコインについての情報も配信していますので、ぜひ無料で登録してみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

【2022年】おすすめのアルトコイン

続いて、2022年最新のおすすめアルトコインを3つご紹介します。

おすすめのアルトコイン3つ
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • エンジンコイン(ENJ)

それぞれ詳しく説明していきます。

イーサリアム(ETH)

イーサリアム ETH
通貨名イーサリアムまたはイーサ
シンボルETH
現在の価格(2022年6月時点)¥134,106.29
時価総額(2022年6月時点)¥16,189,946,897,845
時価総額ランキング(2022年6月時点)2位
購入可能な主な取引所Coincheck
bitFlyer
GMOコイン
関連記事イーサリアムの見通し
イーサリアムのおすすめポイント

ブロックチェーン開発の王様

イーサリアムはDapps(分散型アプリ)、DeFi(分散型金融)製品、NFTといったブロックチェーンの技術を基盤としたアプリやサービスを開発できるプラットフォームです。

他にも同様の機能を有するプラットフォームは多く存在しますが、先行者利益によって圧倒的な開発シェアを誇っています。

PoS実装に向けて段階的なアップデートを進めている

イーサリアムは多くのユーザーを抱える一方で、長年スケーラビリティ問題(ユーザー過多による処理遅延や手数料高騰)に悩まされてきました。

その原因の一つは、コンセンサスアルゴリズムにPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用していることであり、イーサリアムはアップデートによりPoWからPoS(プルーフ・オブ・ステーク)に乗り換えようとしています。

簡潔に言うと、「分散型で安全だけれど、処理に多大な時間を要するシステム(PoW)」から「安全かつ処理時間も短いシステム(PoS)」への移行です。

スケーラビリティ問題を抱えながらもブロックチェーン開発のトップシェアだったのが、PoSへの移行によってその地位はより盤石なものとなっていくでしょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

リップル(XRP)

XRP リップル
通貨名リップル
シンボルXRP
現在の価格(2022年6月時点)¥41.00
時価総額(2022年6月時点)¥1,982,285,303,748
時価総額ランキング(2022年6月時点)8位
購入可能な主な取引所Coincheck
bitFlyer
GMOコイン
関連記事リップルの見通し
リップルのおすすめポイント

圧倒的な送金速度を持ち、実用化が進められている

リップルは、現在の国際送金システムが抱える問題(送金に時間がかかる、手数料が高い)を解決するためにつくられた仮想通貨です。

例えば円をドルに換えて国際送金をおこなう際に、リップルを用いて「円をリップルに一旦換金し、そのリップルをドルに換金する」という方法を取ると、銀行を必要としないのでスピーディかつ低コストで送金できます。

また、リップルはすでに世界各国の金融機関と提携し実用化に向けて動いており、日本ではみずほ銀行や三菱UFJ銀行といった大手とも提携しています。

企業が直接管理しているユニークな通貨

ビットコインやイーサリアムのような分散型の仮想通貨は、中央管理者が存在せずユーザーの投票などによって運営方針が決定されます。

それに対してリップルは、開発元の「リップル社」が運営方針を定める中央集権型の仮想通貨となっています。

中央集権型であることによって、従来の金融機関のように以下のようなデメリットもあります。

  • リップル社1カ所を攻撃されるだけで大きな被害を受ける可能性がある
  • リップル社が不正取引などをおこなうと、一気に信用を失う

一方で中央集権型であるからこそ、処理速度や意思決定の高速化、処理コストの削減を実現しています。

送金速度に優れ、実用化が進められているリップル。

今後、国際送金手段として広く使われるようになると、価格も高騰していくかもしれません。

\ アプリダウンロード数No.1 /

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコイン
通貨名エンジンコイン
シンボルENJ
現在の価格(2022年6月時点)¥54.58
時価総額(2022年6月時点)¥48,871,926,591
時価総額ランキング(2022年6月時点)77位
購入可能な主な取引所Coincheck
GMOコイン
関連記事エンジンコインの見通し
エンジンコインのおすすめポイント

ブロックチェーンゲームのプラットフォームですでに実需がある

エンジンコインはブロックチェーンゲーム開発のプラットフォーム「Enjin」上で使用される基軸通貨です。

アルトコインはまだ実需を伴わず投資対象としての扱いがメインになっているものも多いですが、Enjinは世界中に2000万人以上のユーザーを抱えています。

またブロックチェーンゲームの中には、マインクラフトのEnjin版である「Enjin Craft」のようなメジャータイトルも含まれており、今後もそのようなビッグタイトルがリリースされていけばユーザーがさらに増加していくでしょう。

NFTのゲームアイテムを作成できる

Enjinでは、NFT(非代替性トークン)のゲームアイテムを作成することができ、優れたアイテムはNFTマーケット上で高値で取引されています。

NFTはすでに実用化されているゲームやアート以外の分野からも高い注目を集めており、NFTの市場がさらに拡大していけば、エンジンコインの価格にもポジティブな影響を与えることでしょう。

ブロックチェーンゲームの中には、マインクラフトのEnjin版である「Enjin Craft」のようなメジャータイトルも含まれており、今後もそのようなビッグタイトルがリリースされていけばユーザーがさらに増加していくでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

アルトコインを取り扱う取引所に関するQ&A

最後にアルトコインを取り扱う取引所に関して、よくあるQ&Aを4つご紹介します。

アルトコインを取り扱う取引所に関するQ&A
  • おすすめの海外の取引所はありますか?
  • 取引所を複数利用することは可能ですか?
  • ビットコインとアルトコイン、どちらに投資すべきですか?
  • 投資しない方がいいアルトコインはありますか?

一つずつ見ていきます。

おすすめの海外の取引所はありますか?

そもそもの話として、当サイトでは海外取引所の利用を推奨していません。

なぜなら、海外取引所は利用すること自体に潜在的なリスクを伴うからです。

海外取引所利用に潜む主なリスク
  • 国内取引所のような明確な法体制が整備されていないところが多い
  • 日本語対応やカスタマーサポートが不十分なところが多い
  • 取扱銘柄が多い一方で、信頼性が十分でないものも多く含まれる玉石混交の状態

アルトコインの取扱数は、国内よりも海外取引所の方が圧倒的に多いです。

しかしそれは厳正な審査をおこなったうえで上場しているわけではなく、そのため中にはまともな実態を伴わないアルトコインも含まれます。

一方でDMM Bitcoinなど国内取引所のアルトコインの場合は、銘柄の数は少ないもののいずれも取引所独自のリスクチェックを受け、金融庁の認可も受けているので安心して取引できます。

以上のことから取引所に口座をつくる際は、海外取引所ではなく国内取引所の中から選ぶことをおすすめします。

dmmbitcoin

\ もれなく2000円プレゼント中! /

取引所を複数利用することは可能ですか?

取引所は複数利用することができるため、複数の取引所で口座をつくって投資対象を増やすことも可能です。

また、複数の取引所を利用すると以下のようにそれぞれの取引所が持つ長所を活かすこともできます。

  • Coincheckの貸仮想通貨で、長期保有しながらインカムゲインを得る
  • DMM Bitcoinのレバレッジ取引で、短期売買で稼ぐ
  • GMOコインの高金利なステーキングサービスで稼ぐ

特にCoincheckDMM Bitcoinの組み合わせは投資の幅が広がるので大変おすすめです。

無料ですので、この機会にどちらも口座を開設しておくと便利でしょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

ビットコインとアルトコイン、どちらに投資すべきですか?

アルトコインとは

ビットコインとアルトコインは次のように投資対象としての異なる特徴を持っていますが、それに対して一概にどちらが良いとは言い切れません。

ビットコインの特徴
  • 時価総額ランキングトップ
  • 流動性が高く、価格変動がアルトコインと比べると大人しい
  • 保有者が多いので、取引所形式の現物取引で注文が成立しやすい
アルトコインの特徴
  • ミクロの視点ではそれぞれ異なるが、マクロの視点ではビットコインと似た動きをするものが多い
  • ビットコインよりも流動性が低く、価格変動が大きい
  • 時価総額が低いものほど価格変動が大きい
  • 取引所形式ではそもそも扱われないものも多い

アルトコインの多くはビットコインよりも価格変動が大きく、よりハイリスク・ハイリターンな投資対象であると言えます。

しかしそれは必ずしも悪いことではありません。

大事なのはビットコインとアルトコインのどちらに投資するにしても、投資家一人ひとりが自分の投資スタイルや目的に合ったものを選ぶことです。

投資しない方がいいアルトコインはありますか?

市場で流通しているアルトコインは3,000種類を超えていると言われていますが、次のようなアルトコインへの投資はおすすめしません。

投資をおすすめしないアルトコイン
  • 時価総額が低すぎるもの
  • あまりにマイナー過ぎてほとんど値動きがないもの
  • 開発の実態や開発者が不明瞭なもの
  • 客観的に見て、将来性があるとは思えないもの

また、アルトコインの中には値動きの乏しい草コインと呼ばれる通貨もあります。

中には、時価総額が非常に低いものもあるので、投資をする際には注意が必要です

草コイン

なお国内取引所で扱われているものは厳選されたうえで上場を果たしており、これらの要件にはいずれも当てはまらないので、安心して取引することが可能です。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

アルトコインを取り扱う取引所まとめ

今回は取引所選びのポイントや、おすすめの取引所などをご紹介しました。

この記事の要点
  • 自分が投資したい銘柄に対して、低コストで投資できる取引所を選ぶのが最も重要
  • 現物取引の銘柄が最も豊富なのはCoincheck
  • レバレッジ取引の銘柄が最も豊富なのはDMM Bitcoin
  • コストが安い取引所形式の現物取引・レバレッジ取引ができるのはGMOコイン

仮想通貨取引所は扱っているアルトコインの種類や取引コスト、セールスポイントとしているサービスなどが各社で異なります。

そのためそれらをよくチェックして、自分に合った取引所を選ぶことが肝要です。

なお、投資スタイルや投資したい銘柄などが具体的に決まっていない場合は、扱うアルトコインの種類が最も多いDMM Bitcoinの利用がおすすめです。

投資初心者からベテランまで多くの投資家が利用している取引所なので、ぜひこの機会にDMM Bitcoinから口座をつくってみてください。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

公式LINE

なお、Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する情報を随時発信中です。

アルトコインについての情報も配信していますので、ぜひ無料で登録してみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる