仮想通貨アンプ(AMP)とは?特徴や価格動向から今後の見通し予想・将来性までを徹底解説

仮想通貨のアンプ(AMP)をご存知でしょうか。

アンプは仮想通貨決済の担保として使われる通貨で、決済時の承認の遅延や価格変動のリスクに対応するために開発されました。

日本ではまだ仮想通貨決済が浸透していませんが、アメリカなど一部の国では利用が増えており、仮想通貨決済が一般的になることでアンプの需要が高まることが予想されます。

今回はアンプについて特徴や価格動向、今後の見通し、購入方法について詳しく解説します。

この記事でわかること
  • アンプは仮想通貨決済の担保に使われる
  • アンプはFlexaと提携しており、Flexaで開発された決済アプリを使用すると必然的にアンプを利用することになる。
  • Flexaは仮想通貨決済アプリの開発プラットフォーム
  • アンプの価格は仮想通貨決済の普及とともに上がることが期待される
  • アンプは国内の取引所での取り扱いがないため海外取引所で購入する必要がある
  • おすすめの国内の取引所はCoincheck

アンプは国内の取引所で取り扱いがないため、海外の取引所にビットコインなどのペアの仮想通貨を送金して購入する必要があります。

国内の取引所は、取扱銘柄が豊富で、500円と少額からビットコインを購入できるCoincheckがおすすめです。

無料で口座開設でき、維持費もかからないのでこの機会にCoincheckで口座を開設して取引してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

アンプ(AMP)とは?

アンプ-top
通貨名Amp(アンプ)
シンボルAMP
価格(2022年1月現在)約5.4円
時価総額(2022年1月現在)約2,271億円
市場ランキング(2022年1月現在)65位
主な国内取引所なし
主な海外取引所Binance、Coinbase、Gate.io
公式サイトAmpの公式サイト
関連サイトFlexaの公式サイト

アンプ(AMP)は仮想通貨決済をより速く、安全に行うために担保として使用されるトークンです。

2020年に発行された比較的に新しい仮想通貨で、利用の場を拡大しています。

アンプはFlexaという仮想通貨決済ツールの開発プラットフォームで使用されます。

Flexaを利用した仮想通貨決済アプリが開発されており、店舗などがアプリ導入すると、必然的にアンプを使用することになります。

アンプによる担保があることで、仮想通貨決済は即金性の向上や価格変動リスクの低減などの恩恵を受けられるため、これから仮想通貨決済が世間に浸透するにつれて需要増加が期待されます。

アンプは国内の取引所で取り扱いがなく、海外の取引所にビットコインなどのペアの仮想通貨を送金して購入する必要があります。

国内取引所は、取扱銘柄が豊富で、少額から仮想通貨を購入できるCoincheckがおすすめなので、この機会に口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

アンプ(AMP)の特徴

アンプ(AMP)の特徴は次の3点です。

アンプの特徴
  • 仮想通貨決済の担保
  • 拡張可能なオープンソース
  • ERC-20トークン

仮想通貨決済の担保

アンプは仮想通貨決済の担保として開発されたトークンです。

Flexaという仮想通貨決済ツールの開発プラットフォームで開発された決済アプリを使用することで、アンプを担保にした決済が可能です。

アンプによる担保があることで、仮想通貨決済時の承認時間の遅延や価格変動などの問題に対応できます。

例えば、ビットコインで決済する場合、マイニングの関係で決済が完了するまでに10分〜60分もかかります。

待ち時間の間にビットコインの価格が変化する可能性もあるため、安定した決済が行えません。

そこでアンプを担保にして、決済を肩代わりすることで即金性を高め、価格変動のリスクにも対応しています。

仮想通貨決済に限らず、不動産や法定通貨との交換、ローンの分配にも対応可能です。

仮想通貨決済に担保が必要な理由がわからない方のために、メリットについて解説します。

決済の担保にするメリット
  • 支払い時間の短縮
  • 価格変動リスクの低減
  • 不正防止

支払い時間の短縮

担保があることで支払い時間を短縮できます。

前述したように、ビットコインで決済する場合、決済の取引が成立するまでに10分〜60分ほど時間がかかります。

これはマイニングによる審査を行なっている時間であるため避けられません。

担保があれば決済を肩代わりできるため、決済を即時完了できます。

価格変動リスクの低減

担保があることで価格変動リスクを低減できます。

ビットコインで決済する場合10分〜60分の承認待ち時間が発生するため、その間に価格が変動しお店側が損する可能性があります。

担保があれば即時決済が可能であるため、待ち時間がなくなり価格が変化して損するリスクを回避可能です。

不正防止

担保があることで不正防止につながります。

担保のない仮想通貨決済には待ち時間が発生します。

決済の承認が下りるまでお客様を店内で待たせるわけにはいかないので、客は決済が完了する前にお店を出ることになるでしょう。

店舗側は問題なく決済ができたのか不安があるだけでなく、仮に決済できなかったときに対応ができません

担保があることで、不正防止になります。

拡張可能なオープンソース

アンプの開発コードはオープンソースになっています

アンプを使用した開発する場合、開発者はカスタマイズすることで機能を拡張可能です。

より多くの決済ツールにアンプが採用されることで、アンプの流動性が高まり使いやすいものになるでしょう。

ERC-20トークン

アンプはイーサリアムのブロックチェーン上に構築されたERC-20トークンです。

ERC-20トークンであるため、セキュリティ面でも安心して利用できる通貨と言えます。

仮想通貨決済に特化しており、アプリ開発にも利用しやすいアンプですが、国内の取引所には取り扱いがなく、海外取引所にビットコインを送金して購入する必要があります。

ビットコイン購入のための国内取引所は、500円の少額から仮想通貨を購入できるCoincheckがおすすめです。

無料で口座開設でき、維持費もかからないので、この機会にCoincheckの口座を開設して取引に挑戦しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

アンプ(AMP)の価格動向

アンプ(AMP)の価格動向について解説します。

直近2ヶ月の価格動向

まず、2021年11月〜2022年1月の2ヶ月間の価格動向を見てみましょう。

AMP-直近2か月の価格動向
引用:Tradingview

米ドルに対するアンプの価格チャートです。

11月末に価格の上昇が見られます。

11月23日にアンプが海外の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)への上場したため、一時的にアンプに注目が集まり価格が上昇しています。

その後は、アンプやFelxaに大きな動きがなく、仮想通貨市場全体の価格が減少傾向にあるため、アンプの価格も減少しています。

1年間の価格動向

次に2021年の1年間の価格動向を見てみましょう。

AMP-一年間の価格動向
引用:Tradingview

米ドルに対するアンプの価格チャートです。

ビットコインなど仮想通貨市場の波に影響される銘柄が多い中で、アンプは独自の値動きをしているタイミングが多い通貨です。

価格変動のポイントを4つに分けて解説します。

4月〜5月:DeFiプロジェクトとの提携

アンプの価格は4月〜5月にかけて上昇しています。

これはアンプがYearn FinanceのエコシステムとDeFi統合を実施したためです。

Yearn Financeは、SushiSwapやCream FinanceなどのDeFiプラットフォームと提携しています。

DeFi関連のプロジェクトの提携はアンプの流動性の増加につながるため、アンプへの期待の高まりとして価格が上昇したと考えられます。

その後は価格上昇の反動で一時的に価格が低下しました。

6月:Coinbaseへの上場

6月に再び価格が上昇しています。

これは、大手の仮想通貨取引所のCoinbaseでの取り扱いを開始したことによるものです。

Coinbaseは世界100ヵ国以上のユーザーを持つ人気の取引所で、日本法人も存在します。

また、アンプはCoinbaseへの上場の際、Coinbase Earnという仮想通貨について学ぶためのプラットフォームに登録しました。

アンプについて学びながらトークンを得られるため、流通量が増加したと考えられます。

これらのことがアンプの価格上昇の要因になっています。

その後は反動により価格が低下しました。

8月:Binanceへの上場発表

7月末から8月にかけて再び価格が上昇しています。

これは、海外の仮想通貨取引所のBinanceへの上場を発表したことによるものです。

BinanceはCoinbase以上のユーザー数を持っている人気の仮想通貨取引所であるため、アンプの流動性の増加が期待されました。

Binanceへの上場は投資家からの期待も大きいため、価格が上昇したと考えれます。

11月:Binanceでの取引開始

11月から比較的小幅ですが価格が上昇しています。

これは、Binanceでアンプの取引を開始したことによるものです。

注目を集めたことにより、一時的に価格が上昇しています。

アンプは仮想通貨市場に流されることない、独自の値動きが見られます。

今後のアンプに期待する方は、アンプを取引してみてはいかがでしょうか

アンプの購入には国内の取引所から海外の取引所へのビットコインの送金が必要です。

国内の取引所は、取り扱い銘柄が豊富で、500円から仮想通貨を購入できるCoincheckがおすすめなので、この機会にぜひ口座を開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

アンプ(AMP)の今後の見通し

アンプ(AMP)の今後の見通しについて解説します。

アンプの価格への影響として次の3点が考えられます。

アンプの将来性
  • 仮想通貨決済の普及
  • Flexaの利用拡大
  • 仮想通貨取引所への新規上場

仮想通貨決済の普及

1つ目のポイントは仮想通貨決済の普及です。

日本ではまだ仮想通貨決済は少ないものの、アメリカなど一部の国では仮想通貨決済が拡大しています。

またビットコインを法定通貨として採用する国も出てきたことから、仮想通貨決済はさらに広がる可能性もあるでしょう。

仮想通貨決済を利用する人が増えれば、価格変動や取引承認時間が長いリスクを感じる企業や店舗が増え、Flexaで開発されたアプリ、ひいてはアンプを利用する人が増え、価格が上昇することが予想されます。

よって、仮想通貨決済の普及はアンプの価格に影響すると言えます。

近年では、ビットコインの引き出しが可能なATMなどの設置が進んでいる国もあります。

仮想通貨ATM

Flexaの利用拡大

2つ目のポイントはFlexaの利用拡大です。

アンプはFlexaで開発された決済ツールで使用されるため、Flexaを利用する企業や企業が開発したツール使う人が増えるほど、アンプの使用量が増えます

アンプの使用量が増えると、アンプの価格も上昇するでしょう。

すでに多くの企業と提携しており、今後リリース予定の決済アプリも公開されていることから、Flexaの注目度は高いと言えます。

仮想通貨取引所への新規上場

3つ目のポイントは仮想通貨取引所への新規上場です。

2021年の価格動向を見てみると、CoinbaseやBinanceなどの取引所への上場発表及び取り扱い開始のタイミングで価格が上昇しています。

今後、新たな取引所への上場が決まるとアンプの価格が上昇することが考えれます。

またDeFi関連のプロジェクトの提携を発表した際にも価格が上昇していました。

アンプ及びFlexaは利用機会を広げるために活発に活動しているため、今後の動向に注目しておくと良いでしょう。

仮想通貨の取引を始めてみたい方は、無料で口座開設できるCoincheckで口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

アンプ(AMP)の買い方

アンプ(AMP)の詳細を知って、「購入したい」を思った方もいるのではないでしょうか。

ここではアンプの購入方法を紹介します。

アンプの買い方
  1. Coincheckで口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. ビットコインを購入する
  4. 海外の取引所にビットコインを送金する
  5. アンプを購入する

残円ですが、2022年1月現在、国内にはアンプを取り扱っている取引所がなく、海外取引所にペアの仮想通貨を送金して購入する必要があります。

海外の取引所は、日本との法規制の違いや詐欺リスクが高いため慎重に手続きしてください。

国内の取引所は、取引銘柄が豊富で、500円から仮想通貨を購入できるCoincheckがおすすめです。

今回はCoincheckで口座開設をし、アンプを購入するまでの流れを紹介します。

Coincheckで口座を開設する

まずCoincheckの口座を開設します。

Coincheckの公式サイトにアクセスします。

コインチェック

「会員登録」をクリックします。

Coincheck 会員登録

「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、「新規登録」をクリックします。

登録したメールアドレスに「登録メールアドレス確認のお願い」のメールが届くので、メール内のURLをクリックしてアカウント作成を完了します。

次に各種重要事項の承諾を行います。

Coincheck-各種重要項目を確認する

アカウント作成完了後、上記の画面が表示されるので、「各種重要事項を確認する」をクリックします。

その後、確認事項が表示されるので、目を通してチェックをつけると完了です。

電話番号認証

続いて、電話認証を求められるので、電話番号を入力して「SMSを送信する」をクリックします。

認証番号が届くので、番号を入力して認証を完了します。

その後、氏名や性別、生年月日などの個人情報を入力します。

最後に、本人確認をします。

利用できる本人確認書類は次の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

スマホで本人確認書類を撮影するだけで、書類の郵送や電話は不要です。

本人確認書類の提出

上記の画面が表示されるので、「本人確認書類を提出する」をクリックします。

本人確認書類の提出

「アプリのQRコードを表示」をクリックし、表示されたQRコードをスマホのカメラで読み込んでアプリをダウンロードします。

アプリを立ち上げ、流れに従って本人確認書類を撮影します。

本人確認書類を提出し、数時間後に「本人確認完了のお知らせ」のメールが届くと、口座開設が完了です。

日本円を入金する

次に日本円を入金します。

日本円の入金方法は「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3種類です。

今回は最もスタンダードな銀行振込の方法を紹介します。

日本円の入金

Coincheckのホーム画面左側の「日本円の入金」を選択します。

「銀行振込」のタブを選択すると振込先の口座が表示されるので、指定の口座に振り込むと入金完了です。

ビットコインを購入する

次にビットコイン(BTC)を購入します。

取引所によってはイーサリアム(ETH)などの一部のアルトコインでもアンプを購入できますが、流通量が多いビットコインをおすすめします。

ビットコインは「販売所形式」と「取引所形式」の2種類の方法で購入可能です。

今回はシンプルな操作でビットコインを購入できる販売所形式での購入方法を紹介します。

BTC購入

Coincheckのホーム画面左側の「販売所(購入)」を選択します。

購入する通貨に「BTC」を選択し、数量を入力して「購入する」をクリックすると、購入完了です。

海外の取引所にビットコインを送金する

次に海外取引所に購入したビットコインを送金します。

送金先の口座は、開設方法を別途リサーチして事前に準備してください。

アンプを扱っている海外取引所はいくつかありますが、大手の取引所で日本にも対応している「Binance(バイナンス)」がおすすめです。

ただし、海外取引所は日本の取引所に比べて安全性が低いので、口座開設する際は自己責任でお願い致します。

暗号資産の送金

Coincheckのホーム画面左側の「暗号資産の送金」を選択します。

送金先(海外取引所)のアドレスを入力し、金額を入力して「送金する」をクリックすると送金完了です。

海外取引所への送金

間違えたアドレスに送金すると、送金できないだけでなく、ビットコインを失う危険性もあるため、間違いがないことを確認してから送金してください

アンプを購入する

送金が完了したら、送金先の取引所でアンプ(AMP)を購入します。

取引所によって購入時の操作方法は異なるため、別途確認してから取引してください。

Coincheckは初めて仮想通貨取引所を利用する方も使いやすいシンプルな作りです。

取り扱っている通貨やサービスも豊富なので、この機会にCoincheckの口座を開設して仮想通貨取引に挑戦してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

アンプ(AMP)の注意点

損失を避けるためにもアンプ(AMP)の注意点を理解しておきましょう。

アンプの注意点
  • 国内の取引所では購入できない
  • 購入時に送金手数料がかかる
  • Felxaは日本語対応していない

国内の取引所では購入できない

アンプは国内の仮想通貨取引所では購入できません

国内の仮想通貨取引所でビットコインを購入し、海外の取引所に送金してアンプを購入します。

海外の取引所に日本円を入金してアンプを直接購入したい方もいるかもしれませんが、法律などの問題で日本円に対応している取引所がありません。

よって、国内の取引所からビットコインを送金する必要があります。

アンプを購入できる海外取引所は「Binance(バイナンス)」「Coinbase(コインベース)」「Gate.io(ゲート)」などがあります。

海外取引所は、日本の取引所に比べて詐欺などのリスクが高いため、利用は自己責任でお願いします

購入時に送金手数料がかかる

利用する取引所によっては、送金手数料がかかります

送金手数料

主なビットコインの送金手数料は次の通りです。

Coincheck0.001BTC
DMM Bitcoin無料
bitFlyer0.0004BTC

取引する際は事前に確認しておきましょう。

なお、手数料については「仮想通貨の手数料比較」の記事をご参照ください。

Felxaは日本語対応していない

アンプを利用するプラットフォームであるFelxaは日本語に対応していません

それにともない、Felxaで開発された決済アプリで日本に対応しているものはなく、アメリカなど一部の国に向けたものばかりです。

今後リリース予定の決済アプリも紹介されていますが、全て海外向けのものです。

現状では、日本人がアンプを利用する機会はゼロに等しいため、購入する場合は資産運用が目的となるでしょう。

仮想通貨決済が一般的になり、アンプの価値が認められれば、Felxaを利用して日本向けのアプリが開発される可能性もあります。

これらに注意点に留意しつつ、取り扱い銘柄が豊富なCoincheckで口座を開設して取引を始めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

アンプ(AMP)のまとめ

今回は仮想通貨のアンプ(AMP)について解説しました。

この記事のまとめ
  • アンプは仮想通貨決済の担保に使われる
  • アンプはFlexaと提携しており、Flexaで開発された決済アプリを使用すると必然的にアンプを利用することになる。
  • Flexaは仮想通貨決済アプリの開発プラットフォーム
  • アンプの価格は仮想通貨決済の普及とともに上がることが期待される
  • アンプは国内の取引所での取り扱いがないため海外取引所で購入する必要がある
  • おすすめの国内の取引所はCoincheck

アンプは国内の取引所で取り扱いがないため、海外の取引所にビットコインなどのペアの仮想通貨を送金して購入する必要があります。

国内の取引所は、取扱銘柄が豊富で、500円と少額からビットコインを購入できるCoincheckがおすすめです。

無料で口座開設でき、維持費もかからないのでこの機会にCoincheckで口座を開設して取引に挑戦してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる