【二次元アート】ANIFTYマーケットプレイスとは?買い方や注目/話題絵師を紹介![アニフティ]

2021年に起きたNFTの流行は2022年に突入しても勢いが衰えることはありません。

楽天やDAZNなどの大手企業が続々とNFTのプラットフォームをローンチしていることから、今後もNFT市場の流行は間違いないものでしょう。

そんなNFT市場のなかでもメジャーなカテゴリーがデジタルアート分野です。

NFTを利用すればデジタルアートにも価値がつくことから、多くのアーティストたちがNFTイラストを投稿しています。

今回はそんなデジタルアートのなかでも日本のアニメカルチャーのNFT に特化した「ANIFTY(アニフティ)」について紹介します。

この記事でわかること
  • ANIFTYとは世界中の二次元コミュニティに収益をもたらすことを目的としたNFTプラットフォームであること
  • ANIFTYでは名の知れた有名絵師が投稿していることもあるので、将来的には収益化も狙えること
  • ANIFTYに投稿するためには「絵師登録」が必要で、実績がないと登録するのが難しいこと
  • ANIFTYでNFTを購入するためには、コインチェックで事前にイーサリアムを購入しておく必要があること

ANIFTYは二次元コミュニティにおいてクリエイターとファンの関係を強固にするためのNFTマーケットプレイスです。

日本ポップカルチャー分野のNFTマーケットプレイスは世界においても数少ないため、今後流行していくポテンシャルも秘めています。

発展途上である現段階のうちに注目絵師のNFTを購入しておくと、将来的にNFTの価値が向上するかもしれません。

今のうちに仮想通貨を購入しやすいコインチェックなどの取引所でイーサリアムを購入し、ANIFTYのマーケットプレイスでNFTを購入するのがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

ANIFTY(アニフティ)とは

ANIFTY
引用元:https://anifty.jp/ja

ANIFTY(アニフティ)は世界中の二次元コミュニティにおける、クリエイターとファンの関係をより強固にするために生まれたNFTマーケットプレイスです。

ANIFTYの呼び名は「アニメ」と「NFT」をかけ合わせて名付けられています。

日本のアニメカルチャーは世界のなかでもトップクラスの人気を誇り、日本のアニメをきっかけに日本語を習い始める外国人の方も少なくありません。

それほど人気なコンテンツである日本のアニメですが、まだまだ課題があるのも事実です。

日本アニメの課題
  • 二次流通による著作権の侵害
  • 著作権の侵害によるクリエイターの薄給問題
  • 出版業者や制作会社による中央集権化

世界的に人気な日本アニメですが、以上のように課題が山積みです。

一朝一夕では解決できない問題ばかりではありますが、以上の問題の解決に踏み込んだのがANIFTYでした。

ANIFTYを利用すればNFTによる直接的な収益化が可能ですので、クリエイターの給料も安定します。

さらに、NFTにすることによって世界に1つだけのコンテンツになりますので、著作権の保護にもつながるはずです。

以上のようにクリエイター優位な体制を整えることによって、日本のアニメカルチャーはさらに飛躍し、やがてANIFTYも世界的なプラットフォームに成長するかもしれません。

興味のある方は、仮想通貨を購入しやすいコインチェックなどの取引所でイーサリアムを購入し、ANIFTYのマーケットプレイスでNFTを購入するのがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ANIFTY(アニフティ)で話題の絵師

ANIFTY(アニフティ)は日本のイラストやアニメをNFT化したマーケットプレイスですが、世界中からクリエイターが集まっています。

そこで、2022年3月現在でANIFTYで話題のクリエイターを抜粋しました。

それぞれクリエイターごとに作風やコンセプトが異なりますので、好きなクリエイターの作品をのぞいてみてください。

ANIFTY(アニフティ)で話題の絵師3名
  • Ronald Kuang(SeerLight)
  • marumoru
  • トマリ

Ronald Kuang(SeerLight)

Ronald Kuang(SeerLight)
引用元:https://anifty.jp/ja/creations/54

ANIFTY内において最高値で取引されているNFTは2022年3月1日時点で10.0ETHを記録していて、同時点でのイーサリアムのレートで日本円に置き換えると330万円程度です。

10.0ETHで取引されているNFTはANIFTY内に2つありますが、そのうちの1つがRonald Kuang氏が投稿しました。

Ronald Kuang氏が投稿したNFTは「Girl on the Moon」と名付けられていて、すでに完売済みです。

Ronald Kuang氏はSeerLightという名前でも活動しており、Twitterのフォロワーは9万人以上を誇る名の知れた絵師としても知られています。

日本のポップカルチャーを愛しているRonald Kuang氏は、Twitter上でも日本のアニメを題材にしたアートを投稿しているのも特徴的です。

ANIFTY内で投稿されているNFTはまだ1種類のみですが、Twitterを見る限りはアーティストとして現在も精力的に活動しています。

今後Ronald Kuang氏がどのようなNFTを投稿するのか注目が集まります。

marumoru

marumoru
引用元:https://anifty.jp/ja/@marumoru#created

ゲームが好きな人であれば、原神やアークナイツ、AKIBA’S TRIPなどのゲームを耳にしたことがあるでしょう。

marumoru氏は以上のゲームにイラストを提供している絵師です。

有名ゲームにイラストを寄稿している実績もさながら、ハイクオリティなイラストが特徴で、ANIFTY内に投稿されているNFTのなかでも比較的高値で取引されています。

marumoru氏が投稿しているNFTのなかには1.5ETHを記録している作品もあり、2022年3月1日時点でANIFTY内の取引値において3番目の高さです。

同時点でも精力的に活動していることから、今後の活躍も期待できます。

トマリ

トマリ
引用元:https://anifty.jp/ja/@tomari#created

トマリ氏は女性のイラストを中心に投稿している絵師です。

過去には以下の作品にイラストを寄稿しています。

トマリ氏が寄稿した作
  • 友達の妹が俺にだけウザい(GA文庫)
  • スパイ教室(ファンタジア文庫)
    など

以上の文庫作品以外にもVtuberのデザインも手掛けていて、ホロライブ5期生の獅白ぼたんのデザインも手掛けた実績を持っています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ANIFTY(アニフティ)の注目絵師

ANIFTY(アニフティ)にはさまざまな絵師が存在します。

いずれの絵師もANIFTYの基準を満たさなければ投稿できないため、ハイクオリティなNFTを投稿していることには間違いありません。

しかし、ハイクオリティなNFTを投稿しているにもかかわらず、いまだ日の目を浴びていない絵師がいることも事実です。

そこで、ANIFTY内で今後ブレイクする可能性がある絵師を3名抜粋してみました。

今後のANIFTYの盛り上がりのカギを握るといっても過言ではない絵師ばかりですので、今のうちに関連NFTを購入しておくと将来的な高騰が狙えるかもしれません。

ANIFTY(アニフティ)の注目絵師3名
  • モタギリ
  • 稲守りゅうさ
  • 紅緒

モタギリ

モタギリ
引用元:https://anifty.jp/ja/@motagiri#created

モタギリ氏は夏をテーマにしたイラストを描くことが多い絵師です。

独特のタッチでシンプルに描かれたイラストが評価されることが多く、数多くのアニメを手掛けてきた「ポニーキャニオン」が運営している「未来型ライブ劇場harevuta」に所属している、ヴァーチャルシンガーのmai.氏のビジュアルイラストを担当しています。

ANIFTY内では「負」というタイトルのNFTを投稿していて、1.05ETHで販売されています。

1.05ETHはANIFTY内でもトップクラスの販売価格で、モタギリ氏の高いイラストセンスが価値の担保材料となっているのでしょう。

個性の強いイラストほど独自性がありますので、NFTにおいても今後評価が高まる可能性があります。

1ETH程度で購入できる今のうちに購入しておくのもよいでしょう。

稲守りゅうさ

稲守りゅうさ
引用元:https://anifty.jp/ja/@Inamori#created

稲守りゅうさ氏は、まるで生きているかのような女性を描くことに定評がある絵師として知られています。

ANIFTY内で投稿されているNFTは静止画のイラストが多く、まだまだアニメチックなイラストが少ないのが現状です。

しかし、稲守りゅうさ氏が描くイラストはなんと動きます。

動くといっても影の動きややまばたきの描写に限りますが、ANIFTY内に投稿されているイラストのなかではかなり差別化が図られているカテゴリーです。

pixivなどでも活動を続けていますので、今後もどんどん投稿されていくNFTは増えていくことが予想されます。

1ETH未満でNFTを購入できる今のうちがお得かもしれません。

紅緒

紅緒
引用元:https://anifty.jp/ja/@benio#created

紅緒氏はライトノベルやゲームなどのキャラクターデザインを手掛けている絵師です。

今まで活動してきた主な実績としては、アニメにもなったライトノベル「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」でキャラクターデザインを担当していたそうです。

さらに、「友人キャラは大変ですか?」「数字で救う!弱小国家」などのキャラクターデザインも担当した実績を持っています。

実績は十分ながらANIFTY内で投稿しているNFTはわずか1種類のみですので、今後活躍が期待できる注目の絵師です。

話題・注目絵師のアート作品を購入するためには、コインチェック等で口座を開設しておく必要があるので、この機会に公式サイトを確認しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ANIFTY(アニフティ)で購入する前の手順

ANIFTY(アニフティ)でNFTを購入するためには事前の準備が必要です。

具体的には事前にNFTを購入するための仮想通貨「イーサリアム」を用意する必要があります。

イーサリアムを用意する際には、国内取引所のコインチェックがおすすめです。

コインチェックであれば最短1日で登録から取引まで可能ですので、仮想通貨の購入がしやすく、仮想通貨初心でも簡単に利用できます。

ここではコインチェックで事前にイーサリアムを購入してから、ANIFTYでNFTを購入する前までの流れを紹介します。

ANIFTY(アニフティ)でNFTを購入する前の手順
  1. コインチェックに登録
  2. コインチェックでイーサリアムを購入
  3. MetaMaskの登録
  4. イーサリアムをMetaMaskに送金
  5. MetaMaskをANIFTYに接続

①コインチェックに登録

まずはコインチェックにアカウントを登録しましょう。

アカウント登録するためにはコインチェックの公式サイトを開いてください。

コインチェック
出典:https://コインチェック.com/ja/

上図のような画面を開きましたら、画面中央か右上にある「会員登録」をクリックします。

すると、情報入力画面が表示されますので入力を進めてください。

会員登録
出典:https://コインチェック.com/ja/registrations

会員登録の情報入力画面では「メールアドレス」「パスワード」を設定します。

メールアドレスを入力する際には、メールの着信が確認できるメールアドレスを入力してください。

この後の作業工程のなかにコインチェックからのメール内容を確認する作業があります。

メール確認できないとアカウント登録ができませんので、普段から利用しているメールアドレスを利用するのがおすすめです。

情報の入力を進めていくと、本人確認書類の提出をすることになります。

コインチェックで利用できる本人確認書類は以下の通りです。

コインチェックで利用可能な本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

以上のいずれかの書類をアップロードして、セルフィー写真との相違がなければコインチェックを利用できるようになります。

②コインチェックでイーサリアムを購入

コインチェックへの入金を済ませたら、取引所でイーサリアムを購入しましょう。

コインチェックのマイページのメニュー欄にある「ホーム」から取引所を利用してください。

ETH購入
出典:https://コインチェック.com/ja/exchange

取引所であれば、販売所に比べて安い手数料でイーサリアムを購入できます。

そのため、なるべく安い手数料でイーサリアムを購入したい場合は取引所の利用がおすすめです。

③MetaMaskの登録

ANIFTYでNFTを購入するためには、MetaMaskへの接続が必要です。

MetaMaskとは仮想通貨を保存するためのデジタルウォレットのことで、あらゆるNFTマーケットプレイスで活躍します。

MetaMaskを登録するためには、まず公式サイトを開いてください。

MetaMask
引用元:https://chrome.google.com/webstore/detail/metamask/nkbihfbeogaeaoehlefnkodbefgpgknn?hl=ja

本来であれば右上にある「Chromeから削除します」のボタンが「Chromeに追加」になっているはずですので、表示されているボタンをクリックしてください。

セットアップ画面に移行したら「ウォレットの作成」をクリックして、パスワードの作成を進めます。

パスワードを設定し終えたらMetaMaskの登録が完了です。

④イーサリアムをMetaMaskに送金

MetaMaskの開設が完了したら、コインチェックで購入したイーサリアムを送金します。

コインチェックのホーム画面を開いたら、メニューにある「暗号資産の送金」を選択して、「Ethereumを送る」をクリックしてください。

宛先を指定する際にはMetaMaskのアドレスを入力しますので、事前にMetaMaskのアドレスは確認しておきましょう。

MetaMaskのアドレスはアカウント画面にあるアカウント名の下に表示されています。(下図の画面上部赤枠のあたり)

アドレス

事前にアドレスを控えておき、送金をスムーズにおこなえるようにしてください。

⑤MetaMaskをANIFTYに接続

ANIFTY
引用元:https://anifty.jp/ja

MetaMaskをANIFTYに接続するには、まずANIFTYの公式サイトにアクセスしてください。

メニュー上部にある「MetaMaskを接続」をクリックすると、MetaMaskの接続画面に移行しますので、手順通りに進めていきます。

無事接続できれば、「MetaMaskを接続」のボタンが「マイページ」に変更されます。

ANIFTYでNFTを購入する前に、コインチェック等で口座を開設する必要があるので、この機会に公式サイトを確認しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ANIFTY(アニフティ)での買い方

ここからはANIFTYでNFTを購入する方法を紹介します。

ANIFTY(アニフティ)でのNFTの買い方
  1. ANIFTY公式サイトの「マーケットプレイス」をクリック
  2. 購入したい作品を探す
  3. 在庫状況の確認
  4. 購入ボタンをクリック
  5. マイページでNFTを確認

①ANIFTY公式サイトの「マーケットプレイス」をクリック

まずはANIFTY公式サイトのメニューにある「マーケットプレイス」をクリックしてください。

ANIFTY
引用元:https://anifty.jp/ja

マーケットプレイスをクリックすると、以下の画面に移行します。

マーケットプレイス
引用元:https://anifty.jp/ja/marketplace

②購入したい作品を探す

マーケットプレイスに移行できたら、購入したい作品を探しましょう。

とはいえ登録されているNFTは数多く存在しますので、ある程度フィルタにかけて検索することをおすすめします。

​​ANIFTYで利用できるフィルタ検索は以下の通りです。

​​ANIFTYで利用できるフィルタ検索
  • 販売ステータス
  • 発売日(新しいor古い)
  • 価格(高いor安い)
  • 投稿日(新しいor古い)
  • 価格帯
  • タグ検索

以上のフィルタ検索を駆使して、自分だけのお気に入りの1点を見つけ出してください。

③在庫状況の確認

お気に入りのNFTが見つかれば、在庫状況を確認してください。

在庫状況を確認するためには、作品詳細の下部にスクロールしてください。

取り扱いがある作品の場合にはオーナーがついていませんので、直接ANIFTY内で購入できます。

人気のある作品ほどすでに出品されている可能性がありますので、その場合には直接ANIFTY内では購入できませんので注意してください

④購入ボタンをクリック

在庫があるNFTはANIFTY内で購入してしまいましょう。

NFTの詳細ページの下部にある「購入する」ボタンをクリックして、イーサリアムの残高が足りていれば購入できます。

⑤マイページでNFTを確認

購入したNFTはマイページに表示されます。

自分だけのお気に入りのNFTを見つけてコレクションするも良しですし、SNSなどのアイコンにするも良しです。

購入手順が分かった方は、まずはコインチェックで口座を開設するところから始めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ANIFTY(アニフティ)に関するよくある質問

ANIFTY(アニフティ)を利用していると気になることが多々発生するはずです。

そこで、ANIFTYの利用を進めていく内に発生しがちなよくある質問と回答をまとめました。

ANIFTYを利用の際には参考にしてください。

ANIFTY(アニフティ)に関するよくある質問
  • 誰でも絵師として活動できる?
  • 導入予定のIPFSとは?
  • 収益までの流れは?

誰でも絵師として活動できる?

ANIFTYで絵師として活動するためにはいくつか条件がありますので、誰でも絵師として活動できるわけではありません

ANIFTYで絵師として活動するためには明確な基準は公開されていませんが、応募フォームを参照すると以下の項目を満たしていると認定絵師になりやすそうです。

ANIFTYで絵師として投稿するために必要な条件
  • Twitterアカウントのフォロワー数が100人以上
  • 掲載できるポートフォリオがある
  • 活動歴が1年以上ある

以上の項目を満たしていると、認定絵師としてNFTを投稿できる確率が高まります。

導入予定のIPFSとは?

ANIFTYではIPFSを導入する予定です。

IPFSとはNFTを半永久的に記録し続けるシステムのことで、NFTデータが改ざんされる確率を極限まで低下させます。

NFTを真に保有し続けるという意味でも、IPFSの導入は画期的なシステムです。

収益までの流れは?

ANIFTYでは最初にNFTを購入した人がNFTのオーナーになりますが、購入したNFTが他者に購入されるようなことがあれば、ロイヤリティとしてイーサリアムを獲得できます。

イーサリアムのレートにも収益が依存しますので、なるべくイーサリアムの値段が低い状態でロイヤリティ を獲得し、値上がりしたところで現金化すると高い収益を狙えるでしょう。

ANIFTYでの取引に興味のある方は、まずはコインチェックで口座開設することをおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ANIFTY(アニフティ)のまとめ

ここまでANIFTY(アニフティ)に関する情報を紹介しました。

この記事のまとめ
  • ANIFTYは日本のアニメカルチャーを世界に羽ばたかせるために登場したNFTマーケットプレイスであること
  • まだまだ新興マーケットプレイスであるため、販売されている価格も1ETH未満のNFTが多いこと
  • ANIFTYでNFTを購入するためにはMetaMaskの接続し事前にイーサリアムを用意する必要があること
  • 事前にイーサリアムを購入するには最短1日で登録できるコインチェックがおすすめであること

ANIFTYは新興プラットフォームであるため、まだまだ発展途上です。

1ETH未満のNFTが多い今のうちに大量にNFTを仕入れておき、将来的な高騰を待つのも1つの手段でしょう。

いずれにせよANIFTYでNFTを購入するためには、イーサリアムを事前に用意しなければいけません。

イーサリアムを用意する際にはコインチェックの利用をおすすめします

コインチェックは最短1日で登録できますし、国内ダウンロード数No.1の実績を持つ取引所です。

多くの方が利用している取引所であれば、仮想通貨初心者の方でも安心して利用できます。

コインチェックへの登録を済ませていない方は、この機会に登録しておくのがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる