仮想通貨BOBA(ボバ)トークンとは?エアドロップの参加方法やスナップショット・将来性/見通しを徹底解説

BOBAとはイーサリアムのブロックチェーン上で動くBOBAネットワークのガバナンストークンです。

OMG保有者にBOBAをAirdropする予定はかねてから発表されていましたが、国内取引所での実施は不明な状態が長らく続いていました。

しかし、10月末から11月にかけて国内の大手取引所が次々とAirdropの実施を発表しており、コインチェックGMOコインbitbankDMMBitcoinといった国内取引所ならAirdropによるBOBAの受け取りが可能です。

また、BOBAの独自ネットワークである「BOBAネットワーク」はスケーラビリティ問題を解決し、安くて早い決済を実現しているため、今後の動向に注目を集めています。

仮想通貨としてのBOBAはステーキングも実施可能なので、価格変動以外の堅実な投資先にも適しています。

この記事からわかること
  • BOBAとは「BOBAネットワーク」のガバナンストークン
  • ステーキングに対応しており堅実な投資も可能
  • OMG保有者を対象に2021年11月12日0時(UTC)にAirdrop実施予定
  • Airdropを受けるには特定の取引所でスナップショット時にOMGを保有している必要がある
  • OMGの購入は使いやすさに優れたコインチェックがおすすめ

BOBAを入手するには、Airdrop対応の取引所でOMGを保有する必要があります。

OMG入手におすすめの取引所はコインチェックです。

コインチェックは、OMG入手までに必要な「口座開設」や「日本円の入金」といった手順を簡単に実施できる取引所であり、初心者から上級者まで幅広い層に利用されています。

BOBAの入手はもちろん、これから仮想通貨の運用をはじめようと考えている方にとってはうってつけの取引所なので、これを機に口座を開設されてはいかがでしょうか。

またコインチェックでBOBAのAirdropを受けるには、2021年11月11日18時までにOMGを購入し保有しておく必要がありますので、早めに動きだしましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、仮想通貨に関する最新情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

仮想通貨BOBAとは?

BOBA
引用:https://boba.network/
仮想通貨名BOBAトークン
ティッカーシンボルBOBA
ブロックチェーンイーサリアム
スナップショット予定日2021年11月12日0時(UTC)
公式サイトBOBA公式サイト
公式TwitterBOBA公式Twitter

BOBAは「BOBAネットワーク」のガバナンストークンであり、ステーキングに対応した仮想通貨でもあります。

2021年11月11日18時にはOMG保有者にAirdropを実施することもあり、目が離せない存在です。

BOBAネットワークはイーサリアムレイヤー2として開発されているネットワークであり、スケーラビリティ問題解決の鍵を担っています。

優秀なネットワークを持ち、今後の発展が見込まれるBOBAのAirdropのスナップショットは2021年11月12日0時(UTC)です。

このチャンスを逃さないためにも、Airdrop対応取引所であるコインチェックなどでOMGを購入されてはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

BOBAの特徴

BOBAの特徴を3つご紹介します。

キャプション
  • ハイスペックなBOBAネットワーク
  • OMG保有者を対象にAirdrop
  • ガバナンストークンとしてステーキング可能

ハイスペックなBOBAネットワーク

「BOBAネットワーク」はBOBAをガバナンストークンとして動くDAOで意思決定がなされるネットワークです。

DAO

イーサリアムのレイヤー2として開発されており、レイヤー2とはブロックチェーン上、すなわちレイヤー1には記載されないオフチェーンを意味します。

レイヤー2を利用することでブロックチェーンでの負担を軽減させ、多くの取引にも対応可能です。

また昨今よく話題にされるNFTの扱いに適したネットワークでもあり、レイヤー1とレイヤー2間を行き来する取引もスピーディーに実施可能です。

スケーラビリティ問題を解決

イーサリアムをはじめたとしたブロックチェーンが抱える問題の1つがスケーラビリティ問題であり、これはブロックチェーン上でのブロック作成に時間がかかり、それに応じて手数料も高騰してしまうという問題です。

BOBAネットワークはレイヤー2として開発されているため、スケーラビリティ問題を解決し、スムーズで安い取り引きを実現します。

日々新しく便利なサービスが開発されている仮想通貨市場ですが、スケーラビリティ問題が原因でなかなか社会に浸透いないケースが多く見受けられているので、BOBAネットワークによる現状打破が望まれているのです。

優秀な開発チームとパートナー

BOBA
引用:https://boba.network/

BOBAネットワークはEnyaというチームにより開発されており、このチームは実績も十分であり仮想通貨シーンでは一目置かれている組織です。

そのEnyaに世界中の有力なサービス、組織がパートナーとして協力しています。

DeFi業界で高い知名度を誇るDEX(分散型取引所)のDODOや、DeFiのソリューションとして活動するCoin98などのパートナーからの協力を発表しているのです。

OMG保有者を対象にAirdrop

BOBA
引用:https://boba.network/airdrop/

BOBAはOMG保有者を対象に1対1の比率でAirdropされます。

付与量を決定づけるスナップショットは2021年11月12日0時(UTC)に実施され、Airdropは1週間後の2021年11月19日より開始予定です。

また、どの取引所でOMGを保有していてもBOBAのAirdropを受けられるわけではなく、このAirdropの実施を発表している特定の取引所でOMGをスナップショット時に保有しておく必要があります。

Airdrop対応を発表している主要な取引所はコインチェックです。

コインチェックは口座開設、仮想通貨購入に使う日本円の入金、OMGの購入まで、仮想通貨初心者でもスムーズに実施可能です。

この記事では後の項目「BOBAの入手方法」でも、コインチェックを用いてBOBAを入手する手順をご紹介していますので、これを機にコインチェックの口座を開設されてはいかがでしょうか。

またBOBA公式サイトでは、Airdrop実施までのカウントダウンが表示されているので、気になった方はご確認ください。

ガバナンストークンとしてステーキング可能

仮想通貨 ステーキング

BOBAは「BOBAネットワーク」のガバナンストークンであり、ステーキングも実施可能です。

BOBAネットワークはもちろんチームにより開発されたネットワークですが、特定の管理者を持たないDAO(自立分散型組織)でもあり、そこで意思決定のための投票としてBOBA保有者の意見が反映されます。

そのためBOBAを保有していればコミュニティの一員として管理の一翼を担えます。

また、より身近なBOBAの魅力はステーキングできることでしょう。

BOBAネットワークにBOBAを預け入れることで、手数料の一部を報酬として受け取れます。

仮想通貨は激しく価格変動する特徴を持ち合わせているため、値動きによる利益を狙うとハイリスクハイリターンな投資になりがちです。

一方、ステーキングは値動きではなく銀行の預金のように比較的安定した投資を図れます。

仮想通貨におけるステーキングの金利は3%~6%が一般的であり、これはメガバンクで預金した場合の1,500~6,000倍の数値です。

もちろん仮想通貨はまだまだ発展途上の業界であり、各プラットフォームのどれが成長し、どれが衰退していくのかも不透明ではあるため、銀行預金と比較するとリスクが高いことは理解しておきましょう。

しかし、仮想通貨の値動きを予想する投資と比べるとリスクは少ないので、堅実に仮想通貨で稼ぎたないならステーキングは検討すべきでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

BOBAの価格動向

BOBAはまだAirdrop前のため価格動向をご紹介できません。

価格変動を含めたBOBAの今後の見通しに関しては、下記の「BOBAの今後の見通し」をご覧ください。

BOBAの今後の見通し

BOBAの今後の見通しを3つご紹介します。

BOBAの今後の見通し
  • Airdrop実施後の激しい価格変動
  • 取引所上場の影響で高騰
  • ネットワークの価値を拡大

Airdrop実施後の激しい価格変動

過去にAirdropされてきた仮想通貨は、Airdrop直後には急激な高騰を見せ、その後には下落、続いてしばらくは激しく価格を変動させる傾向にあります。

BOBAも同様な値動きを見せると予想されています。

そのため、BOBAが本来の価値を評価され安定した値動きを見せるまでにはある程度時間がかかる可能性が高いことを理解しておきましょう。

またBOBAはOMGの保有者へのAirdropを大々的にアピールしており、ネットワーク自体も優秀であるため、仮想通貨の価値も評価されると予想できます。

そのため、価格が安定してきても緩やかに高騰し続ける可能性が高いでしょう。

取引所上場の影響で高騰

BOBAの見通しとして注目すべきは主要取引所の上場に関する情報でしょう。

仮想通貨を入手する場合、取引所での購入が一般的ですが、当然取引所によって上場している仮想通貨は異なります。

また、各国で親しまれている取引所は異なる場合もあります。

そこで、自分が登録している特定の取引所でのみ仮想通貨の購入を実施しているユーザーが多いのも事実です。

そのため、新規に取引所に仮想通貨が上場すると、それだけその仮想通貨を購入する人の増加が見込まれます。

BOBAの場合はAirdropのタイミングでいくつかの主要な取引所に上場することになりますが、それ以降も他の取引所で上場してくと予想できます。

BOBAを保有し売買を考えているなら、上場に関するニュースを敏感に察知しましょう。

ネットワークの価値を拡大

BOBAは「BOBAネットワーク」という独自のネットワークで稼働しています。

このネットワークはイーサリアムのレイヤー2として開発されており、イーサリアムなどのブロックチェーンが抱えるスケーラビリティ問題を解決したネットワークです。

それにより安くて早い決済を実現可能で、さらにステーキングにより流動性を高めるシステムも導入されています。

仮想通貨がより社会に浸透していくための課題として重要視されているスケーラビリティ問題を解決しているBOBAを優秀なネットワークだと評価する声は多いです。

そのためBOBAもネットワークの評価に比例して価格を高騰させていくと予想できます。

Airdropにより一時的に跳ねるだけではなく、長期的な成長の可能性を秘めていると考えられます。

BOBAの将来性を感じた方は、ぜひコインチェックで口座開設を済ませてOMGを購入しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

BOBAの入手方法

BOBAの入手方法をお伝えします。

OMG保有者に対しBOBAをAirdrop予定のコインチェックを利用した方法でご説明します。

BOBAを入手するためにはコインチェックの口座開設の手順が必要です。

というのも、BOBAはOMG保有者に対してAirdropされる予定になっていますが、対象の取引所でOMGを保有していないとBOBAを受けれないからです。

そこで、BOBAのAirdropを発表しているコインチェックでOMGを購入することをおすすめします。

コインチェックは17種類の仮想通貨を約500円から購入できるため、初心者が仮想通貨の運用をはじめるならおすすめの国内取引所です。

またスマートフォン用アプリは非常に便利であり、今回お伝えするBOBAの入手方法の手順でも利用するので合わせてダウンロードしましょう。

コインチェックのアプリは415万ダウンロードを突破しており、国内仮想通貨アプリの中でダウンロード数No.1です。

なお、コインチェックについてはコインチェックの評判を徹底解説」おすすめです。

STEP
コインチェックの口座を開設
STEP
コインチェックで日本円を入金
STEP
OMGを購入

コインチェックの口座を開設

コインチェック

まずコインチェック公式サイトにアクセスし、緑色の四角で表示されている「口座開設(無料)」をクリックしてください。

メールアドレスなどの個人情報の登録、パスワードの設定を進めましょう。

登録の際には身分証の登録が必要になるので、運転免許証などの写真をコインチェックに提出してください。

身分証を登録するとコインチェックへの申請が完了となり、コインチェックからの本人確認の審査を待つ流れになります。

本人確認は数時間から1日以内に実施されることが多いので、それまではコインチェックからの連絡を待ちましょう。

コインチェックで日本円を入金

入金方法

コインチェックの口座開設が完了したら、次は日本円を入金しましょう。

まずコインチェックのアプリを開きログインしてください。

アプリを起動し、画面下のメニューより「ウォレット」をタップ、続いて「日本円」⇒「入金」の順に選択しましょう。

左の画像の画面が表示され、入金方法を選択することになります。

「銀行入金」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3種類から入金方法を選択でき、どの方法でも問題はありませんが、おすすめは手数料の安い「銀行入金」です。

「銀行入金」は「GMOあおぞらネット銀行」、「住信SBIネット銀行」の2つの口座を選択できます。

すでに同じ銀行の口座をお持ちならそちらをおすすめしますが、どちらでも入金の手順は同じです。

どちらかの銀行を選び、表示される口座に入金してください。

また、入金の際は振込人名義を間違えないようにご注意ください。

OMGを購入

コインチェク 取引画面

日本円の入金が完了したら、BOBAのAirdrop対象となるOMGを購入しましょう。

コインチェックのアプリを起動し、下メニューから「販売所」をタップしてください。

仮想通貨が一覧で表示されるので、画面をスクロールし、一番下の「オーエムジー」を選択しましょう。

コインチェック取引画面

OMGのチャートが表示されるので、「購入」をタップしてください。

次に「金額」の欄に交換したい分の日本円の金額を入力し、「日本円でオーエムジーを購入」をタップすれば、OMGの購入は完了です。

後はスナップショット実施予定の2021年11月12日9時までOMGを保有しておけばBOBAを入手する準備は終了です。

またBOBAはOMG保有量に対し1対1の比率の付与と発表されています。

そのため少しでもお得にBOBAを入手するには、OMGを価格が低いときに購入することをおすすめします。

しかしスナップショットは2021年11月12日9時であり、OMGの購入は前日の11月11日18時には購入が一時停止されてしまうので、それまでには購入しましょう。

またAirdropは2021年11月19日より開始予定です。

手順が理解できた方は、エアドロップのスナップショット前にコインチェックで取引を始めましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

BOBAに関するよくある質問

BOBAに関するよくある質問とその回答を3つご紹介します。

BOBAに関するよくある質問とその回答
  • BOBAを入手するにはいつまでにOMGを購入すればいいのか
  • どの取引所でOMGを保有しておけばBOBAを入手できるのか
  • BOBAはいつ売るべきか

BOBAを入手するにはいつまでにOMGを購入すればいいのか

BOBAのAirdropを受けるためにスナップショット実施予定日の2021年11月12日9時までに、OMGを購入しておく必要があります。

また取引所はスナップショット実施予定日の少し前にOMGの購入、売却、送金、受取といったサービスが一時停止されます。

コインチェックの場合はスナップショット実施予定日前日の11月11日18時にOMGに関するサービスを一時停止されるので、それまでには購入しましょう。

どの取引所でOMGを保有しておけばBOBAを入手できるのか

OMG保有者に対してBOBAのAirdrop実施を発表している主な取引所は下記のとおりです。

BOBAのAirdropを実施する取引所

中でもおすすめの取引所はコインチェックです。

約500円から仮想通貨の購入が可能で、最短10秒程度で購入は完了します。

口座開設も簡単なので、これから仮想通貨運用をはじめようと考えている方にはコインチェックの利用を推します。

また、コインチェックGMOコインbitbankDMMBitcoin以外の取引所は海外取引所です。

海外取引所利用の際に万が一の事態に陥ったとしても国が対応を取ってくれない場合があるので、ご利用は自己責任でお願いいたします。

BOBAはいつ売るべきか

BOBAはいつ売るべきかは、Airdrop前の状況では判断が難しいところですが、Airdropされた仮想通貨は激しく価格を変動する傾向にあります。

Airdrop直後には急激な高騰を見せ、その後は下落、そしてしばらくは激しく価格が動くと予想されます。

そのためBOBAを入手後に売却を検討しているならAirdrop直後の動向をまめにチェックすることをおすすめします。

またBOBAでの資産運用にはステーキングもあるので、堅実に収益を狙いたい方はステーキングの実施も検討されてはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

BOBAのまとめ

今回はBOBAに関してお伝えしました。

この記事の要点
  • BOBAはハイスペックな「BOBAネットワーク」を展開している
  • ガバナンストークンであるBOBAはステーキングが実施可能
  • BOBAはOMG保有者であれば2021年11月12日0時(UTC)のAirdropで入手可能
  • OMG購入は国内取引所で入手できる
  • おすすめの取引所は初心者でも簡単に仮想通貨を購入できるコインチェック

BOBAは独自のネットワークである「BOBAネットワーク」のガバナンストークンであり、ステーキングも実施可能な仮想通貨です。

BOBAネットワークは、スケーラビリティ問題を解決した次世代のネットワークとして注目を集めています。

2021年11月12日0時(UTC)実施の予定のAirdropに参加すれば無料でBOBAを入手できます。

条件はスナップショット時に対応の取引所でOMGを保有していることであり、おすすめの取引所はコインチェックです。

コインチェックは、約500円から仮想通貨の購入が可能なうえに、最短10秒で仮想通貨を買えます。

また初心者から上級者まで多くの人に愛されている取引所でもあり、そのじつ国内仮想通貨取引アプリではダウンロード数NO.1で415万ダウンロードを突破しています。

BOBAのAirdropはもちろんこと、他の仮想通貨運用でも重宝される取引所なので、これを機に登録を検討してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、仮想通貨に関する最新情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる