仮想通貨CELO(セロ)とは?特徴や将来性・今後の見通し/予想を徹底解説!

仮想通貨のCELO(セロ)をご存知でしょうか。

CELOは、Celoのプロジェクト内で利用するユーティリティコインとして発行されました。

Celoは、スマートフォンを使って仮想通貨を取引するプロジェクトで、電話番号を使った取引を実装しています。

また、米ドルに準拠したCelo Dollar(CUSD)などのステーブルコインも発行しており、仮想通貨決済にも取り組んでいます。

今回は、Celoについて、特徴や価格動向、今後の見通し、買い方、注意点について解説します。

この記事でわかること
  • Celoはスマートフォンでの仮想通貨普及を目指すプロジェクト
  • Celoはステーブルコインを発行している
  • 仮想通貨のCELOはCeloプロジェクトのユーティリトークン
  • DeFiサービス「Ubeswap」を提供している
  • 発展途上国を中心にサービスを拡大している
  • CELOを取り扱っている国内取引所はない
  • 国内取引所はCoincheckがおすすめ

CELOは国内取引所での取り扱いがないため、海外の取引所にペア通貨を送金して取引する必要があります。

送金のための国内取引所は、取り扱い銘柄が豊富なCoincheckがおすすめです。

無料で口座開設でき、維持費もかからないので、この機会にCoincheckの口座を開設して取引に挑戦しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

仮想通貨CELO(セロ)とは?

Celo
通貨名Celo(セロ)
シンボルCELO
価格(2022年1月現在)約493円
時価総額(2022年1月現在)約1,888億円
時価総額ランキング(2022年1月現在)67位
主な取引所Binance、Coinbase(国内なし)
公式サイトCeloの公式サイト
関連記事おすすめのアルトコイン

Celoは、スマートフォンユーザー間での仮想通貨利用を普及させるために開始されたプロジェクトです。

すでに世界中の人々の生活に浸透しているスマートフォンに焦点を当てることで、ウォレットなどの仮想通貨特有のシステムに抵抗がある人にも利用してもらう狙いがあります。

また、発展途上国を中心とした、銀行や取引所にアクセスができない人々に対して、仮想通貨の利用機会を提供することを目標としています。

Celoは、仮想通貨の「CELO」を発行しており、ステーブルコインの担保やステーキング、ガバナンスなど、Celoのプラットフォーム上で利用されています。

CUSD(Celo Doller)などの独自ステーブルコインも発行しており、仮想通貨決済の普及に取り組んでいます。

Celoの取引を検討されている方は、初心者にも扱いやすいCoincheckで口座を開設することをおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨CELO(セロ)の特徴

仮想通貨CELO(セロ)の特徴は次の5点です。

CELO(セロ)の特徴
  • スマートフォンユーザーをターゲットにしている
  • ステーブルコインを発行
  • ユーティリティトークン
  • Dappsの開発プラットフォーム

スマートフォンユーザーをターゲットにしている

Celoは、スマートフォンで仮想通貨を利用するために作られたプラットフォームです。

Celoでは、電話番号を使った仮想通貨の取引を実装しています。

仮想通貨を利用するためには、取引所の利用やウォレットの使用など、複雑な仕組みが多く、仮想通貨に慣れていない方は抵抗が多い状況です。

特に、ウォレットアドレスは複雑な英数字の羅列でできており、間違えると資産を失うリスクがあります。

電話番号を利用することで、送金手続きが簡略化するだけでなく、送金ミスを減らすことが可能です。

さらに、ブロックの生成時間が5秒と短時間であるため、送金にも適していると言えます。

また、発展途上国では銀行口座を持っていない人も多く、お金を管理できない状況があります。

そんな発展途上国でもスマートフォンの普及率は高いため、スマートフォンと仮想通貨を紐付けることで、利用しやすい仕組みを構築しています。

ステーブルコインを発行

Celoは、次のステーブルコインを発行しています。

Celoが発行するステーブルコイン
  • Celo Dollar(CUSD):米ドルに準拠したステーブルコイン
  • Celo Euro(CEUR):ユーロに準拠したステーブルコイン
  • Celo Gold(CGLD):金の価格に準拠したステーブルコイン

ステーブルコインとは、価格が安定した仮想通貨です。

ステーブルコイン

ビットコインなどの多くの仮想通貨は、価格変動が大きく、決済通貨として使いづらい状況です。

一方、ステーブルコインは、価格が安定しているため、決済通貨や価格変動しない資産として保有しやすいと言えます。

ステーブルコインの価格は、準拠する通貨ごとに決まっており、Celo Dollar(CUSD)であれば米ドルに対応しているため、下記のチャートのように1CUSD=1ドルで推移しています。

CUSD
引用:Tradingview

米ドルに対するCUSDの価格チャートです。

Celoは、独自の価格安定システムを構築しており、自社が発行するCELOを使って価格を安定させています。

Celoは、スマートフォンを使った仮想通貨事業を実施していることから、独自のステーブルコインを使った仮想通貨決済にも力を入れることが伺えます。

ユーティリティトークン

CELOは、Celoのプラットフォーム上のユーティリティトークンとして複数の役割を持っています。

CELOの役割
  • ステーキング報酬
  • ガバナンストークン
  • 手数料の支払い

CELOトークンの保有者は、ステーキング報酬を得られます

Celoは、PoS(Proof of Stake)のコンセンサスアルゴリズムを導入しており、CELOトークンの保有者に対して1ヶ月ごとに報酬を与えています。

POS とは

また、ガバナンストークンとしての役割があり、保有者はCeloのガバナンスに参加可能です。

Dappsの開発やサービス提供国の決定など、プロジェクトの決定に参加したい方は、CELOトークンを保有しておくと良いでしょう。

CELOトークンを使った手数料の支払いも可能です。

今後サービスが増えるつれて、CELOトークンの用途も増え、需要の拡大が期待されます。

Dappsの開発プラットフォーム

Celoは、Dapps(分散型アプリケーション)の開発プラットフォームを提供しています。

分散型アプリケーション

Celoは、イーサリアムと同じ言語であるSolidityを使用しており、EVM(Ethereum Virtual Machine)と互換性があるため、Dappの構築や移植が可能です。

また、Aave、Curve、SushiSwapなどのイーサリアム基盤のDeFiプロジェクトと提携した、DeFiのサービス提供を行なっています。

Celoの特徴を抑えた方は、国内最大手仮想通貨取引所のCoincheckで口座を開設し、取引の準備をしましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨CELO(セロ)の価格動向

仮想通貨CELO(セロ)の価格動向について、直近2ヶ月と1年の長期間に分けて解説します。

直近2ヶ月の価格動向

まず、2021年11月から2022年1月にかけての価格動向を見てみましょう。

直近2か月の価格動向
引用;Tradingview

米ドルに対するCELOの価格チャートです。

この期間のCELOの価格は、仮想通貨市場の影響を受けて推移しています。

12月中旬に価格が落ち込んでいるように見えますが、2021年11月から続いている下落の終点です。

2021年11月はビットコインのアップデートなどにより、ビットコインの価格が過去最大になったのち、反動で価格が減少しました。

この影響を受けて、CELOを含めた多くのアルトコインの価格が上下しています。

12月下旬から2022年1月にかけては、NFTの配布企画やCeloによるDeFiプロジェクト「Ubeswap」の発表、Huobi Globalへの上場などで注目を集め価格が上昇しました。

2021年の価格動向

2021年のCELOの価格動向を見てみましょう。

2021年の価格動向
引用;Tradingview

米ドルに対するCELOの価格チャートです。

2021年のCELOの価格は仮想通貨市場の影響受け、ビットコインに連動する形で推移しています。

2021年前半はDeFiやNFTに注目が集まり、その影響を受けて仮想通貨全体の価格が上昇しました。

6月から8月にかけては、中国の仮想通貨規制などの影響を受けて価格が下落します。

その後は、ビットコインのアップデートやETFの承認、エルサルバドルでの法定通貨採用などの影響を受けて、ビットコインの価格が上昇しました。

アルトコインもその影響を受ける形で、価格が上昇しています。

市場の影響を受ける中で、注目すべき箇所があります。

それは、8月末の価格高騰です。

Celoは2021年8月30日に「DeFi for the People」というインセンティブプログラムを開始しました。

このプログラムには、Aave、Curve、SushiSwapなどのイーサリアム基盤のDeFiプロジェクトが参加する予定であることが発表され注目を集めました。

これにより、CELOの価格も急騰しています。

Celoの価格動向にしっかり注目しつつ、取引を検討されている方は、取引銘柄も豊富なCoincheckで口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨CELO(セロ)の今後の見通し

仮想通貨CELO(セロ)の今後の見通して次の3点が考えられます。

CELO(セロ)の将来性
  • 仮想通貨決済の普及
  • 発展途上国への事業拡大
  • DeFiの普及

仮想通貨決済の普及

1つ目のポイントは、仮想通貨決済の普及です。

CELOは、スマートフォンで仮想通貨取引の拡大を狙ってるだけでなく、独自のステーブルコインを発行していることから、仮想通貨決済との関係性は強いと言えます。

日本ではまだ仮想通貨決済が少ないものの、アメリカなど一部の国では仮想通貨決済が拡大しています。

また、CELOが支援を行っている発展途上国の多くは、法定通貨の価値や安全性が先進国に比べて低いため、仮想通貨への期待値が高い状況です。

今後、仮想通貨決済が普及する可能性があるため、Celoのプラットフォームの需要が高まり、CELOの価格上昇につながると予想されます。

発展途上国での事業拡大

2つ目のポイントは、発展途上国での事業拡大です。

Celoは、アフリカや東南アジアなどの発展途上国へのサービス提供を行なっています。

Celoが展開している地域は、法定通貨の価値や信頼、安全性が先進国に比べて低く、銀行口座を持っていない人も多い状況です。

一方で、スマートフォン保有者は多く、Celoのサービスを展開しやすい状態になっています。

成功事例が増え、仮想通貨による決済や送金、貯蓄が浸透すると、Celoのニーズが高まりCELOの価格上昇につながる可能性があります。

DeFiの普及

3つ目のポイントは、DeFiの普及です。

Celoは、スマートフォンを使ったDeFiサービス「Ubeswap」を提供しています。

また、Aave、Curve、SushiSwapなどのイーサリアム基盤のDeFiプロジェクトとも提携している状況です。

Celoは、スマートフォンだけで手軽に取引できるため、今後DeFi需要がさらに高まり、Ubeswapなどのサービス規模が拡大すると、CELOの価格にも影響すると予想させます。

このように、Celoのプロジェクトはサービスを拡大している段階にあり、今後の需要拡大が期待されます。

ただし、国内にはCELOを扱っている仮想通貨取引所がありません

CELOを購入するためには、国内の取引所からビットコインなどのペア通貨を送金して取引する必要があります。

送金のための国内取引所はCoincheckがおすすめですので、この機会に無料で口座開設してみてはいかがでしょうか

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨CELO(セロ)の買い方

仮想通貨CELO(セロ)の詳細を知って、購入を検討している方もいるのではないでしょうか。

ここではCELOの購入方法を紹介します。

CELO(セロ)の買い方
  1. Coincheckで口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. ビットコインを購入する
  4. 海外取引所にビットコインを送金する
  5. CELOを購入する

残念ですが、2022年1月現在、国内にはCELOを扱っている仮想通貨取引所がないため、海外取引所を利用する必要があります。

海外取引所は、日本と法規制が異なる点や詐欺などのリスクもあるため、利用の際は慎重に手続きを進めてください。

国内の取引所では、取扱通貨が豊富なCoincheckがおすすめなので、今回はCoincheckを利用した購入方法を解説します。

口座開設方法から紹介しますので、この機会に口座を開設してみてはいかがでしょうか。

Coincheckで口座を開設する

まずCoincheckの口座を開設します。

Coincheckの公式サイトにアクセスします。

Coincheck

「会員登録」をクリックします。

Coincheck会員登録

「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、「新規登録」をクリックします。

登録したアドレスに「登録メールアドレス確認のお願い」のメールが届くので、メール内のURLをクリックしてアカウントを作成します。

次に各種重要事項の承諾を行います。

各種重要項目を確認

アカウント作成完了後、上の画面が表示されるので、「各種重要事項を確認する」をクリックします。

その後、確認事項が表示されるので、目を通してチェックマークをつけると完了です。

電話番号認証のお願い

続いて、電話認証を求められるので、電話番号を入力して「SMSを送信する」をクリックします。

認証番号が届くので、番号を入力して認証を完了させます。

その後、氏名や性別、生年月日、国籍などの個人情報を入力します。

最後に、本人確認をします。

以下の本人確認書類の中から1つ準備しましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

スマホで本人確認書類を撮影するだけで、書類の郵送や電話は不要なのでご安心ください。

本人確認書類の提出

上記の画面が表示されるので「本人確認書類を提出する」をクリックします。

「アプリのQRコードを表示」をクリックし、表示されたQRコードをスマホのカメラで読み込み、Coincheckのアプリをダウンロードします。

アプリを立ち上げ、指示に従って本人確認書類を撮影します。

本人確認書類を提出し終わると、審査に入ります。

審査に通ると、数時間後に「本人確認完了のお知らせ」のメールが届き、取引所を利用できる状態になります。

日本円を入金する

次に日本円を入金します。

日本円の入金方法は「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3種類です。

今回は、最もスタンダードな銀行振込を紹介します。

日本円を入金

Coincheckのホーム画面左側の「日本円の入金」を選択します。

「銀行振込」のタブを選択すると、振込先の口座が表示されるので、指定の口座に振り込むと入金完了です。

ビットコインを購入する

次に、ビットコイン(BTC)を購入します。

取引所によっては、イーサリアム(ETH)など一部のアルトコインも対応していますが、流通量の多いビットコインがおすすめです。

Coincheckでは、「販売所形式」と「取引所形式」の2つの方法でビットコインを購入できます。

今回はシンプルな操作で取引が完了する、販売所形式で購入する方法を紹介します。

販売所にてBTCを購入

Coincheckのホーム画面左側の「販売所(購入)」を選択します。

購入する通貨に「BTC」を選択し、数量を入力して「購入する」をクリックすると、購入完了です。

海外取引所にビットコインを送金する

次に海外取引所に購入したビットコインを送金します。

送金する前に、送金先となる海外取引所の口座を準備しておきましょう。

CELOを取り扱っている取引所は、「Binance(バイナンス)」「Coinbase(コインベース)」「Gate.io(ゲート)」などがあります。

ただし、海外取引所は日本の取引所に比べて詐欺などのリスクが高いため、口座開設する際は自己責任でお願いします。

口座開設方法及び、入金方法は取引所によって異なるため、別途リサーチしてください。

BTCを送る

Coincheckのホーム画面左側の「暗号資産の送金」を選択します。

「ビットコインを送る」を選択し、送金先のウォレットアドレスを「新規宛先」に入力し「追加」をクリックします。

送金する「数量」を入力し、「送金する」をクリックします。

送金先のウォレットにビットコインが入金されていると、入金完了です。

ウォレットアドレスを間違えて入力すると、送金できないだけでなく、ビットコインを失う危険性があるため、アドレスに間違いがないことを確認して送金しましょう。

CELOを購入する

送金が完了したら、送金先の取引所でCELOを購入します。

購入時の操作方法は取引所によって異なるため、別途リサーチして利用してください。

Coincheckは、初めて取引所を利用する人にも使いやすいシンプルな作りになってるため、おすすめの取引所です。

取り扱ってる通貨やオリジナルサービスも豊富なので、この機会にCoincheckの口座開設しておきましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

取引所に関しては「コインチェックの評判」「仮想通貨取引所のおすすめ比較」の記事をご参照ください。

仮想通貨CELO(セロ)の注意点

仮想通貨CELO(セロ)の注意点は次の3点です。

キャプション
  • 国内の取引所での取り扱いがない
  • 日本円のステーブルコインは発行されていない
  • セキュリティ性

国内の取引所での取り扱いがない

CELOは国内の取引所での取り扱いがありません

CELOを購入する場合は、国内の取引所でビットコインなどのペア通貨を購入し、海外取引所に送金する必要があります。

上記の「CELOの買い方」でも解説していますので、参考にしてください。

「海外の取引所に日本円を入金して購入できないの?」と考える方もいますが、法律などの関係で日本円に対応していません。

クレジットカードで購入できる場合もありますが、手数料が高いためおすすめしません。

よって、ビットコインを送金する方法をおすすめします。

CELOを購入できる取引所は、「Binance(バイナンス)」「Coinbase(コインベース)」「Gate.io(ゲート)」などがあるので、登録してご利用ください。

ただし、海外取引所は、国内取引所に比べて詐欺などのリスクが高いため、ご利用は自己責任でお願いします。

日本円のステーブルコインは発行されていない

Celoは、仮想通貨決済の普及に向けて複数のステーブルコインを発行していますが、日本円と同価格に設定されたステーブルコインは発行していません

また、CELOを日本円と取引する取引所もないため、日本でのCeloのステーブルコイン利用は難しいと言えます。

今後、Celoから日本円と同価格のステーブルコインが発行されると、Celoのサービスが日本に広がる可能性があります。

セキュリティ性

電話番号を使った取引の実例が少なく、安全性について不安がある状況です。

仮想通貨のウォレットは秘密鍵などを使って、厳重なセキュリティシステムをとっています。

CeloはOpenZeppelinやTeserakt、Trailofbitsなどの外部機関を使ったセキュリティ監査を行なっていますが、どの程度安全なのか不透明な部分があります。

スマートフォンをメインにした仮想通貨取引は、手軽にできて利便性が高いと言えますが、セキュリティについては注意が必要です。

Celoの取引をする際は、 取引銘柄が豊富なCoincheckで口座を開設し準備を進めると同時に、これらの注意点を留意しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨CELO(セロ)のまとめ

今回は、仮想通貨CELO(セロ)について解説しました。

Celoは数ある仮想通貨の中でも、唯一のスマートフォンに特化して作られたプラットフォームです。(Celo調べ)

この記事を読んで興味を持った方は、取引に挑戦してみてください。

この記事でのまとめ
  • Celoはスマートフォンでの仮想通貨普及を目指すプロジェクト
  • Celoはステーブルコインを発行している
  • 仮想通貨のCELOはCeloプロジェクトのユーティリトークン
  • DeFiサービス「Ubeswap」を提供している
  • 発展途上国を中心にサービスを拡大している
  • CELOを取り扱っている国内取引所はない
  • 国内取引所はCoincheckがおすすめ

CELOは国内取引所での取り扱いがないため、海外の取引所にペア通貨を送金して取引する必要があります。

送金のための国内取引所は、取り扱い銘柄が豊富なCoincheckがおすすめです。

無料で口座開設でき、維持費もかからないので、この機会にCoincheckの口座を開設して取引に挑戦しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる