仮想通貨のChromia(CHR)とは?特徴や今後の見通し・将来性を解説!

イーサリアム(ETH)の出現とともに発展してきた分散型アプリケーションは、非中央集権的な考えを踏襲していることからWeb3.0には欠かせない存在です。

一方でイーサリアムの利用者が多くなり、処理速度や手数料が高騰してしまう「スケーラビリティ問題」が発生してしまいました。

そこで、スケーラビリティ問題を解決するべく「Chromia(CHR)」というプラットフォームが注目されつつあります。

Chromiaとは処理能力が優れた分散型アプリケーションの構築を目指すプラットフォームです。

すでにChromiaを利用している技術も存在し、NFTゲームや国際的な開発金融機関にも利用されています。

今回の記事ではそんなChromiaについて以下のポイントを中心に紹介します。

この記事でわかること
  • Chromia(CHR)とはリレーショナルブロックチェーンを採用しているプラットフォームであること
  • Chromia(CHR)で「My Neighbor Alice」というNFTゲームをリリースしていること
  • 2021年のイーサリアムキラーブームにあわせて価格を伸長させていること
  • SQLというプログラミング言語にもとづく「Rell」というブロックチェーン言語で構成されていること
  • Chromia(CHR)の開発に携わるのは仮想通貨の黎明期を支えてきた人物であること
  • Chromia(CHR)を購入するためには、DMM Bitcoinで交換元の通貨を購入してから海外取引所を利用するべきであること

Chromiaはイーサリアムキラーという面を持ちながらも、NFT関連銘柄としての側面を持つ仮想通貨です。

二面性を持つ仮想通貨としてポテンシャルが高く、注目されきっていないうちに購入しておくのも1つの手段でしょう。

Chromiaは日本の取引所では販売されてないため、DMM Bitcoinで交換元の通貨を手に入れてから海外取引所を利用する必要があります。

この機会にDMM Bitcoinに登録してChromiaを購入できるようにしましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

Chromia(CHR)とは

Chromia
引用元:https://chromia.com/
通貨名Chromia
ティッカーシンボルCHR
価格(2022年4月時点)50.62円
時価総額(2022年4月時点)28,719,998,921円
時価総額ランキング(2022年4月時点)194位
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事仮想通貨のおすすめランキング

Chromia(CHR)とはスウェーデンの企業「ChromawayAB」によって開発されている、オープンソースのブロックチェーンです。

イーサリアムのレイヤー2ソリューションとしても機能していて、高速トランザクションと安価な取引を可能にします。

レイヤー2ソリューションとは?
  • イーサリアムのメインネットワーク(レイヤー1)の恩恵を享受しながらも、レイヤー1とは別のネットワークで取引を可能にするプラットフォーム
  • イーサリアムが抱える「スケーラビリティ問題」を解消するために利用される

近年ではイーサリアムが普及したことにより利用するユーザーが多く、処理速度や手数料の高騰が問題視されていました。

そこで、イーサリアムを代替するようなブロックチェーンイーサリアムキラーが注目され始めます。

イーサリアムキラーとしては以下の銘柄が主にあげられます。

イーサリアムキラーの主な例
  • ソラーナ(SOL)
  • テゾス(XTZ)
  • カルダノ(ADA)

以上のようなイーサリアムキラーと同じカテゴリーに属するのがChromiaです。

Chromiaはブロックチェーンのなかでも、誰でも分散型アプリケーション(Dapps)を構築できるようなプラットフォームを目指します。

実際にChromiaを利用したブロックチェーンゲーム「My Neighbor Alice」や、分散型金融(DeFi)の「Hedget」などがリリースされていて、すでに実用段階にまできています。

本当の意味での分散型アプリケーションの提供を目指すChromiaは、真の非中央集権的なプラットフォームといっても過言ではありません。

そんなChromiaを購入したいという人は、DMM Bitcoinで交換元の通貨を手に入れておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

Chromia(CHR)の特徴

Chromia(CHR)には独自の特徴が3つあります。

Chromia(CHR)の特徴について
  • リレーショナルブロックチェーンを採用
  • NFTゲームとしても注目
  • 米州開発銀行が関与

リレーショナルブロックチェーンを採用

Chromia
引用元:https://chromia.com/

Chromia(CHR)では既存のブロックチェーンの利便性を高めるために「リレーショナルデータベース(RDB)」との融合を成功させています。

RDBとは、事前に定められた関連性が高い項目を集めたデータのことです。

表形式のテーブルデータで表されているRDBは、データ管理に便利なことから多くのデータ管理システムに採用されています。

普段よく使うRDBといえば「Excel」などのイメージでしょう。

従来のブロックチェーンでは連鎖的に取引が記録されていくので、取引記録をさかのぼるためには階段を降るように、1つひとつのデータをさかのぼらなければいけませんでした。

しかし、RDBの技術をブロックチェーンと融合させることで、データの保存と処理を効率化できます。

さらに、リレーショナルブロックチェーンを構築する言語は「Rell」と呼ばれるブロックチェーン専用の言語です。

Rellはプログラミング言語のなかでもよく知られている「SQL」をもとに作成された言語なので、わざわざマイナーな言語を覚えずに分散型アプリケーションの開発に取り組めます。

以上のように手軽に分散型アプリケーションを開発できるのも、Chromiaが注目されている理由の1つです。

NFTゲームとしても注目

Chromia(CHR)で開発されたNFTゲームは続々とリリースされています。

Chromiaで開発されているNFTゲームは以下の通りです。

Chromiaで開発されているNFTゲーム特徴
My Neighbor Alice・マルチプレイ型で建築を楽しめるゲーム
・土地を購入したり建築物を購入したりして遊べる
Mines of Dalarnia・横スクロール型のアクションゲーム
・敵と戦闘しながらアイテムを掘削していく
Krystopia: Nova’s Journey・Antler Interactive社が開発したパズルゲーム
・パズルを解決しながら、新しい惑星の謎を解き明かすシミュレーションゲーム
Chain of Alliance・ストラテジー型の対戦が特徴的なRPGゲーム
・モンスターを操りながらプレイヤー同士の対戦を楽しめる

2019年にリリースされたプラットフォームでありながらも、すでに4つのNFTゲームが開発されています。

特にブロックチェーン業界でもNFTは今後も伸び代がある分野です。

実際に2021年に入り、NFTの市場規模は前年比の50倍にも伸長していて、急速に注目され始めています。

米州開発銀行が関与

Chromiaは米州開発銀行が採用しているブロックチェーンです。

米州開発銀行とは?
  • 中南米やカリブ海諸国の発展に貢献するために1959年に設立された銀行
  • 融資や投資を通じて経済発展を促す

米州開発銀行ではChromiaのブロックチェーン技術を利用して、土地の登記や貸付業務などをシステム化しています。

Chromiaのリレーショナルブロックチェーンだからこそ管理業務もスムーズに進むのでしょう。

Chromiaの特徴を踏まえて取引したい方は、交換元通貨を手に入れるためにDMM Bitcoin公式サイトを確認しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

Chromia(CHR)の価格動向

Chromia(CHR)の価格動向を短期と長期のスパンから読み解きます。

それぞれの価格動向は以下の通りです。

Chromia(CHR)の価格動向について
  • Chromia(CHR)の直近3ヶ月の価格動向について
  • Chromia(CHR)の直近1年間の価格動向について

Chromia(CHR)の直近3ヶ月の価格動向について

Chromia(CHR)の直近3ヶ月の価格動向は以下の通りです。

Trading View

相場としては0.33ドル付近から0.8ドル付近のボックス相場のようです。

値上がりするか値下がりするかどちらに動くか決めかねている状況なので、何かの材料をきっかけにどちらかの方向に価格が動く可能性があります。

強いていえば、対象銘柄が買われているかどうかを表す「RSI」が下降気味な点が気になるところです。

仮想通貨の相場に影響を与えるような悪いニュースが出ていないなか買いの圧力が低いので、何かをきっかけにトレンドが反転して一気に高騰する可能性もゼロではありません。

いずれにせよ相場の動きが停滞しているあいだは無理に買おうとはせずに、静観することも大事でしょう。

Chromia(CHR)の直近1年6ヶ月間の価格動向について

Chromia(CHR)の直近1年6ヶ月間の価格動向は以下の通りです。

Trading View

2021年3月と11月あたりに2度の高騰を見せています。

2021年の仮想通貨トレンドは「NFT」と「イーサリアムキラー」であったため、共通の特徴を持つChromiaにとっては待ちに待った年でもありました。

実際に3月のブレイク時には10倍の高騰を見せ、11月時にはさらに5倍の高騰を見せています。

2022年以降は長期的な目線で見ると下降トレンドが続き0.38ドル付近に落ち着いていますが、1.5ドル近くまで高騰するポテンシャルを持ち合わせているのも事実です。

相場がどちらに動くか迷っているボックス相場のうちに仕込んでおくと、将来的な値上がりが期待できるかもしれません。

交換元通貨はDMM Bitcoinのような国内取引所で手に入れることができるので、この機会に公式サイトを確認しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

Chromia(CHR)の今後の見通し

Chromia(CHR)の今後の見通しとしては以下の通りです。

Chromia(CHR)の今後の見通しについて
  • イーサリアムキラーとして台頭
  • NFT関連銘柄として注目
  • Rellでブロックチェーンが構成されている

イーサリアムキラーとして台頭

Chromia(CHR)はイーサリアムキラーとしての側面を持つプラットフォームです。

2022年4月時点では仮想通貨の時価総額ランキングで200位前後に甘んじていますが、いずれかはトップ100以内に入る可能性も考えられます。

実際にイーサリアムキラー銘柄である「SOL」や「ADA」は今や時価総額ランキング上位が当たり前ですが、過去にはトップ100にも入らない銘柄でした。

また、Chromiaの2022年時点の時価総額が280億円であることと、イーサリアムキラー代表銘柄のSOLの同時点での時価総額が4兆円近くあることを踏まえると、Chromiaが台頭して来たとすれば130倍近くも価値を高める可能性を秘めています。

絶対に台頭してくるとは限りませんが、高いポテンシャルを秘めていることは間違いありません。

NFT関連銘柄として注目

Chromia(CHR)はすでに複数のNFTゲームをリリースしているNFT関連銘柄でもあります。

今後もNFT市場が成長市場であることを踏まえると、NFT関連銘柄はさらに高騰するかもしれません。

今後も数々のNFTゲームを構築するブロックチェーンであり続ければ、ますます注目されていくでしょう。

Rellでブロックチェーンが構成されている

Chromia(CHR)のブロックチェーンである「リレーショナルブロックチェーン」は、Rellというブロックチェーン言語で構築されています。

Rellという言語自体は聞き馴染みがないかもしれませんが、SQLをもとに作られている言語といえばわかる人もいるのではないでしょうか。

SQLといえばデータベースを管理するうえで欠かせない言語で、複雑な計算処理を簡単にしてくれます。

実践的な業務にSQLを導入している人も少なくありません。

メジャーな言語で分散型アプリケーションを構築できるようになれば、利用する側のハードルも低くなります

すると、利用者も増えていき、プラットフォームに盛り上がりが出てくるでしょう。

イーサリアムキラーかつNFT関連銘柄ということもあり、高いポテンシャルを秘めているとも言えます。

興味のある方は、DMM Bitcoinで交換元通貨を手に入れるために公式サイトを確認しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

Chromia(CHR)の買い方

Chromia(CHR)を購入するには海外取引所を利用しなければいけません。

そこで、海外取引所を利用する際にはDMM Bitcoinで交換元の通貨を手に入れるのがおすすめです。

DMM Bitcoin取引まで最短1時間しかかからないうえに、初心者に安心のサポート体制も充実しています。

この機会にDMM Bitcoinの口座を開設して、仮想通貨取引を始めてみましょう。

Chromia(CHR)の買い方について
  1. DMM Bitcoinの口座を開設
  2. 仮想通貨を購入
  3. DMM Bitcoinから海外取引所に送金
  4. 海外取引所でChromia(CHR)を購入

①DMM Bitcoinの口座を開設

まずはDMM Bitcoinで口座を開設しましょう。

口座を開設するためにはDMM Bitcoin公式サイトにアクセスしてください。

DMM Bitcoin
引用元:https://bitcoin.dmm.com/

公式サイトの右上に「口座開設」のボタンがあるのでクリックしましょう。

クリックすると、以下のページに移行します。

情報入力
引用元:https://bitcoin.dmm.com/signup/email

情報入力画面にしたがって、メールアドレスの入力を進めてください。

メールアドレスの入力を終えたら、「個人情報の取り扱いについて」を読み進めて、内容に同意できるようであれば「確認して登録します」のボタンをクリックしましょう。

登録を終えたら、入力したメールアドレスのもとにパスワード設定のURLが送られてくるので、パスワードを設定します。

パスワードの設定を終えたら、取引を開始するために本人確認書類を提出しましょう。

DMM Bitcoinで利用できる本人確認書類は以下の通りです。

本人確認の種類必要な書類
スマホでスピード本人確認(いずれか1点の提出)・運転免許証
・マイナンバーカード
・パスポート
・在留カード
本人確認書類アップロード(いずれか2点の提出)・運転免許証
・マイナンバーカード
・パスポート
・在留カード
・各種保険証
・住民票の写し
・年金手帳
・印鑑登録証明書
など

いずれのかの方法で本人確認書類をアップロードし、自分の携帯電話番号とアカウントを紐づければ口座開設は完了です。

無事に登録できていれば、3〜4日程度でDMM Bitcoinからハガキが届きます。

ハガキに記載されているコードを入力して、仮想通貨取引を開始しましょう。

②仮想通貨を購入

DMM Bitcoinで仮想通貨を購入するためには、現物取引をおすすめします。

レバレッジ取引も用意されていますが、今回の目的はあくまでもChromia(CHR)の購入です。

そのため、DMM Bitcoinでの取引で売却益を狙う必要はありません。

安定した価格で購入できる現物取引を利用してください。

メニューバーの「現物注文」のなかから、購入したい仮想通貨を選んで注文します。

海外取引所への送金が目的であれば、送金スピードが速い仮想通貨がおすすめなので、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などを購入しましょう。

③DMM Bitcoinから海外取引所に送金

仮想通貨を購入できたら、Chromia(CHR)の取引が可能な海外取引所に送金しましょう。

DMM Bitcoinで仮想通貨を送金する際には、最低数量が決まっています。

それぞれの通貨で最低送金数量が異なるので注意しましょう。

2022年4月時点での主要通貨における最低送金数量を記載しておくので参考にしてください。

仮想通貨名最低送金数量
ビットコイン(BTC)0.02BTC/1日1回
イーサリアム(ETH)0.1ETH/1日1回
リップル(XRP)50XRP/1日1回

④海外取引所でChromia(CHR)を購入

海外取引所への送金が確認できたら、いよいよChromia(CHR)を購入できます。

欲しい数量を指定して、Chromiaを購入しましょう。

ただし、この際に注意していただきたいのが、海外取引所にはさまざまなリスクがつきまとうということです。

海外取引所のリスクは以下の通りです。

海外取引所のリスク
  • 取引所がなくなる可能性があること
  • 時価総額の低い草コインなどを取引できる一方で、価値が消失してしまう可能性があること
  • 金融庁から認可されていない取引所もあること

以上のリスクはあくまでも一例です。

他にもさまざまなリスクがつきまとうので、海外取引所は自己責任で利用してください。

DMM Bitcoinはトップクラスの取り扱い銘柄を誇るので、仮想通貨取引をされる方は公式サイトを確認しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

Chromia(CHR)に関するよくある質問

Chromia(CHR)に関するよくある質問とその回答を3つ集めました。

Chromiaの購入を検討している人は参考にしてください。

Chromia(CHR)に関するよくある質問について
  • Chromiaは買うべき?
  • Chromiaの開発に携わっている人は誰?
  • いつChromiaを購入するべき?

Chromia(CHR)は買うべき?

Chromia(CHR)はイーサリアムキラーとNFTの二面性を持つ仮想通貨です。

いずれの性質も近年の仮想通貨市場のトレンドなので、将来性を感じる人は少量だけでも仕込んでおくと面白いかもしれません。

ただし、購入時点よりも値段が下がる可能性もあるので、投資は自己責任でおこないましょう。

Chromia(CHR)の開発に携わっている人は誰?

Chromia(CHR)の開発に携わっているのは以下の3人です。

Chromia(CHR)の開発に携わっている人物
  • Henrik Hjelte
  • Or Perelman
  • Alex Mizrahi

いずれのメンバーも仮想通貨の黎明期から携わってきたメンバーです。

例えば、Alex Mizrahiは「トークン」という概念が始まった頃のColoredCoinsという銘柄に携わっていた人物として知られています。

以上のように仮想通貨に根深く関わってきたメンバーが運営する仮想通貨であれば、信頼性は高いといえるでしょう。

いつChromia(CHR)を購入するべき

一概にどのタイミングがおすすめかは記載できませんが、テクニカル指標を参考にしてみるとよいでしょう。

例えば、RSIや移動平均線、MACDなどの指標の使い方を覚えるだけで、相場の動きがある程度予測できるようになります。

ただし、テクニカルで出た分析結果が絶対ということはないので、あくまでも投資は自己責任でおこないましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

Chromia(CHR)のまとめ

ここまでChromia(CHR)について紹介しました。

この記事のまとめ
  • Chromia(CHR)はSQLで構築されている「リレーショナルブロックチェーン」というブロックチェーンを採用していること
  • イーサリアムのスケーラビリティ問題を解消しながらも、NFTゲームもリリースしていること
  • 米州開発銀行がChromia(CHR)のブロックチェーン技術を利用していること
  • Chromia(CHR)を取引するためには、交換元となる仮想通貨をDMM Bitcoinで購入する必要があること

ChromiaはイーサリアムキラーとNFT関連銘柄という二面性を持つ仮想通貨です。

独自のポジションを築くChromiaは将来的に高騰する可能性もあります。

過去最高値から価格が解離している2022年4月時点で購入しておくと、将来的な値上がりが期待できるかもしれません。

Chromiaを取引するためには、DMM Bitcoinなどの国内取引所で交換元となる仮想通貨を購入してください。

DMM Bitcoinであれば、主要銘柄の送金に手数料がかかりません。

手数料の差が取引の利益を左右することもあるので、この機会にDMM Bitcoinの送金システムを利用してみましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる