【どっちがいい?】Coincheck(コインチェック)とDMM Bitcoinの違いを徹底比較

2022年現在も盛り上がりを見せている仮想通貨市場。

今年こそ仮想通貨取引をしてみようと意気込んでいる方も少なくないはずです。

しかし、数多くある国内取引所の中から、どの取引所を利用すれば良いのかわからない方も多いでしょう。

そこで、今回おすすめしたい取引所がCoincheckDMM Bitcoinです。

CoincheckDMM Bitcoinは国内仮想通貨取引所の中でも、多くの投資家たちが利用している取引所として知られています。

今回の記事ではそんなCoincheckDMM Bitcoinを徹底比較した上で、どちらの取引所の利用がおすすめであるのかを紹介します。

この記事でわかること
  • CoincheckはCoincheck株式会社が運営する仮想通貨取引所で、国内ダウンロード数No.1の取引所であること
  • DMM Bitcoinは取引手数料が無料*の仮想通貨取引所であること
  • Coincheckは現物取引の銘柄数が17種類あるのに対して、DMM Bitcoinは12種類しかないこと
  • DMM Bitcoinは現物取引の銘柄が少ない代わりに、レバレッジ取引の銘柄数が23種類で豊富なこと
  • それぞれ特徴が異なるため、投資手段に応じて使い分けることがおすすめであること

*BitMatch取引手数料を除く

CoincheckDMM Bitcoinともにそれぞれ異なる特徴を持っています。

Coincheckであれば現物取引の銘柄数が豊富で国内ダウンロード数No.1の実績を持っている取引所で、DMM Bitcoinであればレバレッジ取引の銘柄数が国内No.1の実績を持っている取引所です。

それぞれ特徴は異なるものの、国内ではトップクラスのサービスを提供している取引所であることは間違いないでしょう。

この機会にそれぞれの取引所の特徴を把握した上で、投資状況に応じて口座を使い分けてみるとよいかもしれません。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

Coincheckの特徴

ますはCoincheckの特徴をそれぞれメリットとデメリットの観点から記載してきます。

Coincheckの特徴
  • Coincheckの概要
  • Coincheckのメリット
  • Coincheckのデメリット

Coincheckの概要

コインチェック
出典:https://coincheck.com/ja/
取り扱い銘柄数17種類
レバレッジ取引対応なし
最小発注量500円〜
取引手数料無料
取引ツール・ブラウザ
・スマホアプリ
その他のサービス・Coincheckつみたて
・Coincheck IEO
・Coincheck NFT(β版)
・Coincheckでんき
・Coincheckガス
など
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事Coincheckの評判

Coincheckは金融会社としても名高い「マネックスグループ」の仮想通貨取引所です。

仮想通貨取引はもちろんのこと、仮想通貨に関わるあらゆるサービスを提供しています。

例えば、提供しているサービスの中でIEOがありますが、国内取引所の中でもIEOに参加できるのはCoincheckぐらいでしょう。

IEOとは?
  • 仮想通貨を利用した資金調達方法の一種
  • 仮想通貨取引所を経由した取引であるためICOに比べて信頼性が高い

このように仮想通貨に関するさまざまなサービスを提供しているため、多くの仮想通貨投資家が利用しています。

過去には国内ダウンロード数でNo.1を獲得しました。

Coincheckのメリット

Coincheckを利用するメリットは以下の3点です。

Coincheckのメリット
  • 現物銘柄数が豊富
  • 仮想通貨に関するサービスが充実
  • 国内ダウンロード数No.1という安心感

Coincheck取り扱い銘柄数は17種類を誇り、国内取引所の中でもトップクラスです。

ビットコインをはじめとしたメジャーな仮想通貨から、IOSTやエンジンコインなどのアルトコインまでさまざまな銘柄を取引できます。

シンプルな仮想通貨取引を行うのであれば、これだけの銘柄があれば十分でしょう。

Coincheck
出典:https://coincheck.com/ja/reserves_lp

また、先ほど紹介した通り仮想通貨に関するサービスが充実しているのも特徴的です。

毎月か毎日一定額の仮想通貨を積み立てる「Coincheckつみたて」や、近年流行を見せているNFT取引ができる「Coincheck NFT(β版)」などさまざまなサービスを提供しています。

さらに、電気料金の支払いでビットコインがもらえる「Coincheckでんき」と呼ばれる、少し変わり種なサービスも提供しているのがCoincheckの面白いところです。

このようなさまざまなサービスを提供していることから、利用者の満足度も高く、過去には国内ダウンロード数No.1の実績を獲得しています。

多くの投資家がCoincheckのサービスを利用しているため、仮想通貨取引初心者でも安心して利用できる取引所ともいえるでしょう。

Coincheckのデメリット

Coincheckのデメリットは以下の2点です。

Coincheckのデメリット
  • レバレッジ取引に対応していない
  • 入出金に手数料がかかる

レバレッジ取引に対応していない点はデメリットといえるでしょう。

レバレッジ取引

仮想通貨自体のボラティリティが高いため、レバレッジ取引は必要ないと考える方も多いかもしれませんが、中には仮想通貨のレバレッジ取引を行っている方も少なくありません。

日本暗号資産取引業協会が発表している統計情報によると、2021年11月次の現物取引高が2兆3393億7400万円であるのに対して、同時期の証拠金取引高は2兆5160億5500万円にものぼります。

この数値が表すように、仮想通貨取引をしている人の中でも現物取引をしている人よりレバレッジ取引をしている人の方が多いということです。

このようにレバレッジ取引をしている方も多い中で、Coincheckがレバレッジ取引に対応していない点はデメリットになるでしょう。

また、入出金にかかる手数料も地味に高い点が投資家にとっては痛手になります。

ここまで、Coincheckの概要、メリット・デメリットを解説しました。

国内ダウンロード数No.1取引所であり、操作性の観点化からも初心者でも始めやすいので、興味のある方はこの機会にCoincheckの口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoinの特徴

次はDMM Bitcoinの特徴を記載します。

DMM Bitcoinの特徴
  • DMM Bitcoinの概要
  • DMM Bitcoinのメリット
  • DMM Bitcoinのデメリット

DMM Bitcoinの概要

dmmbitcoin
出典:https://bitcoin.dmm.com/
取り扱い銘柄数23種類(レバレッジ取引含む)
レバレッジ取引対応あり
最小発注量現物:0.0001BTC〜レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料無料*
取引ツール・ブラウザ
・スマホアプリ
その他のサービスBitMatch注文
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事DMM Bitcoinの評判
*BitMatch取引手数料を除く

DMM Bitcoinは幅広い分野で活躍しているDMMグループの仮想通貨取引サービスです。

使いやすい取引ツールを3種類も提供していることから、仮想通貨取引上級者から初心者まで安心して利用できる取引所ともいえるでしょう。

また、口座開設の申し込みにかかる時間はたったの5分で終わってしまいます。

さらに、スマホの登録であれば最短1時間で取引まで進めますので、スピーディーに登録できるでしょう。

いますぐ仮想通貨取引を始めたいという方はDMM Bitcoinの利用も検討してみてください。

DMM Bitcoinのメリット

DMM Bitcoinのメリットは以下の3つです。

DMM Bitcoinのメリット
  • レバレッジ取引ができる
  • BitMatchが利用できる
  • LINEからお問い合わせできる

やはりレバレッジ取引に対応している点はDMM Bitcoinを利用する最大のメリットになるでしょう。

レバレッジ取引では日本円建ての銘柄が15種類あり、さらにビットコイン建てなどの組み合わせを合わせれば23種類にものぼります。

市場の動向に合わせてレバレッジ取引に最適な銘柄を選択できますので、レバレッジ取引でも利益を獲得しやすい環境が整えられているといえるでしょう。

また、DMM BitcoinではBitMatch注文という注文形態を利用できます。

出典:https://bitcoin.dmm.com/about/
BitMatch注文とは?
  • DMMが提示するミッド価格を参考にして、一定の有効期限内におけるミッド価格で取引が成立する注文方法
  • スプレッドを気にしなくてもよいため、コストの削減につながる

取引所のようなサービスがないDMM Bitcoinでは、このBitMatch注文という取引形態が役に立つでしょう。

さらに、困ったことがあればLINEからお問い合わせできますので、気軽に相談できる点も仮想通貨取引初心者にとっては魅力的です。

DMM Bitcoinのデメリット

DMM Bitcoinのデメリットは以下の2つです。

DMM Bitcoinのデメリット
  • 現物取引の銘柄数が少ない
  • 取引所のサービスがない

レバレッジ取引の銘柄数は豊富ですが、現物取引の銘柄数は12種類と少なめです。

DMM Bitcoinで現物取引できる銘柄
  • ビットコイン/円
  • イーサリアム/円
  • リップル/円
  • ライトコイン/円
  • ビットコインキャッシュ/円
  • ステラ・ルーメン/円
  • イーサリアム/ビットコイン
  • イーサクラシック/円
  • オーエムジー/円
  • エンジンコイン/円
  • ベーシックアテンショントークン/円
  • モナコイン/円

さらに、取引所のサービスがないためスプレッドが発生しやすい点もデメリットに挙げられます。

スプレッドを抑えた取引をするためにも、BitMatch注文は積極的に活用するようにしましょう。

DMM Bitcoinの概要、メリット・デメリットはここまでとなります。

レバレッジ取引やBitMatchを利用できる点は大きなメリットになりますので、興味のある方はDMM Bitcoinで口座を開設しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

CoincheckとDMM Bitcoinの比較表

ここからは今まで紹介した特徴を踏まえた上で、CoincheckDMM Bitcoinを徹底比較していきます。

取引所名CoincheckDMM Bitcoin
取り扱い銘柄数17種類23種類(レバレッジ取引含む)
レバレッジ取引対応なし対応あり
最小発注量500円〜現物:0.0001BTC〜
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料無料無料
入金手数料銀行振り込みであれば無料無料
出金手数料407円無料
その他サービス・Coincheckつみたて
・Coincheck IEO
・Coincheck NFT(β版)
など
BitMatch注文

CoincheckとDMM Bitcoinの比較

ここでは先ほど紹介した表をもとに、CoincheckDMM Bitcoinの比較をしていきます。

CoincheckとDMM Bitcoinの比較
  • 取り扱い銘柄数
  • 最小発注量
  • 取引手数料
  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • サービス

上記の内容をそれぞれ比較しますので、口座開設の際に参考にしてみてください。

CoincheckとDMM Bitcoinの取り扱い銘柄数はどちらが多い?

取り扱い銘柄数の比較は以下の通りです。

Coincheckの取り扱い銘柄数DMM Bitcoinの取り扱い銘柄数
17種類23種類(レバレッジ取引含む)

取り扱い銘柄数でいえばCoincheckの方に分があるでしょう。

ただし、DMM Bitcoinではレバレッジ取引も提供していますので、取引の幅の広さではDMM Bitcoinも負けていません。

いずれにせよ、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の主要銘柄はどちらも取り扱っていますので、仮想通貨取引初心者であれば満足のいく取引ができるでしょう。

CoincheckとDMM Bitcoinの最小発注量は?

最小発注量は以下の通りです。

Coincheckの最小発注量DMM Bitcoinの最小発注量
500円〜現物:0.0001BTC〜
レバレッジ取引:0.01BTC

DMM Bitcoinの最小発注量は仮想通貨の価格に依存しています

例えば2022年1月16日現在の1BTCの価格はおよそ490万円です。

そのため、DMM Bitcoinの最小発注量は現物取引で490円、レバレッジ取引で4万9,000円になります。

現物取引ではCoincheckの最小発注量とそれほど変わりはありません。

しかし、レバレッジ取引を行うにはある程度の資金が必要になりますので、仮想通貨取引初心者には敷居が高い印象を受けます。

レバレッジ取引を行う際には、仮想通貨に対する知識を身に付けた上で取引を行うのがおすすめです。

CoincheckとDMM Bitcoinで取引手数料が安いのは?

それぞれの取引手数料は以下の通りです。

Coincheckの取引手数料DMM Bitcoinの取引手数料
無料無料

それぞれ取引手数料自体は無料ですので、両者の間に差はありません。(BitMatch取引手数料を除く)

ただし、販売所を利用した際には両者ともスプレッドが発生する点には注意してください。

CoincheckとDMM Bitcoinの入金手数料は?

入金手数料には両者で明確な差が分かれます。

DMM Bitcoinの入金手数料は無料ですが、Coincheckでは入金形態によって手数料が異なります

Coincheckの入金手方法手数料
銀行振込無料
コンビニ入金・3万円未満の場合…770円
・3万円以上30万円以下の場合…1,018円
クイック入金・3万円未満の場合…770円
・3万円以上50万円未満の場合…1,018円
・50万円以上の場合…入金金額×0.11% + 495円

特にクイック入金を利用する際に50万円以上入金するとなると、最低でも1,045円かかります。

入金手数料が気になる場合はDMM Bitcoinの利用がおすすめです。

CoincheckとDMM Bitcoinの出金手数料は?

DMM Bitcoinの出金にかかる手数料は無料です。

しかし、Coincheckで出金するとなると一律407円の手数料がかかってしまいます。

400円程度であれば気にする金額ではないかもしれません。

しかし、10回も取引を行えば4,070円も手数料だけで出費することになります。

上記の入金手数料の内容も加味すると、手数料全般を気にする方であればDMM Bitcoinの利用がおすすめでしょう。

CoincheckとDMM Bitcoinのサービスに違いはある?

DMM Bitcoinで用意されている独自のサービスといえば「BitMatch注文」でしょう。

BitMatch注文を利用すれば、スプレッドの問題が解消されますのでコストを気にしない大胆な取引ができるようになります。

逆にいえば、DMM Bitcoinで用意されている独自のサービスはBitMatch注文だけです。

一方でCoincheckは仮想通貨取引以外でも、さまざまなサービスを用意しています。

Coincheckのサービス
  • Coincheckつみたて
  • Coincheck IEO
  • Coincheck NFT(β版)
  • Coincheckでんき
  • Coincheckガス
  • など

Coincheckは上記のように仮想通貨に関するさまざまなサービスを提供しています。

仮想通貨取引以外のサービスを比べるのであれば、Coincheckの方に軍配があがるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Coincheckがおすすめの人

ここまで紹介してきた比較や特徴をもとに、Coincheckの利用がおすすめの人は以下のような特徴を持っている人です。

Coincheckがおすすめの人
  • 現物取引を中心に行いたい人
  • Coincheckのさまざまなサービスを利用したい人
  • 仮想通貨初心者の人

現物取引を中心に行いたい人

国内取引所の中でも取り扱い銘柄数が多いCoincheckは、現物取引を中心に行い方にはおすすめの取引所です。

17種類もある豊富な銘柄の特徴を捉えた上で、複数の仮想通貨を運用したい方であれば欠かせない存在でしょう。

Coincheckのさまざまなサービスを利用したい人

仮想通貨取引以外のコンテンツも充実しているのが、Coincheckのストロングポイントです。

IEOに参加できたりNFTを購入できたり、さまざまなサービスを受けられます

仮想通貨取引以外の資産運用方法を検討している方は、Coincheckの利用がおすすめです。

仮想通貨初心者の人

幅広いサービスを提供しているCoincheckは仮想通貨投資家から人気の取引所です。

仮想通貨初心者でも安心して利用できるような環境が整えられています。

現物取引の銘柄数も豊富ですので、投資対象の通貨が決まっていない方はCoincheckの豊富にある銘柄の中から選びましょう。

「現物取引を中心に行いたい人」「Coincheckのさまざまなサービスを利用したい人」「仮想通貨初心者の人」はCoincheckで口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoinがおすすめの人

DMM Bitcoinがおすすめの人は以下のような特徴を持つ人です。

DMM Bitcoinがおすすめの人
  • レバレッジ取引を中心に行いたい人
  • 手数料を安く済ませたい人
  • 銘柄があらかじめ決まっている仮想通貨中級者以上の人

レバレッジ取引を中心に行いたい人

レバレッジ取引を提供している仮想通貨取引所として知られているDMM Bitcoin

レバレッジ取引ができる銘柄も23種類用意されていますので、満足いくレバレッジ取引ができるはずです。

そのため、レバレッジ取引を中心に仮想通貨取引をする予定の方はDMM Bitcoinの利用がおすすめです。

手数料を安く済ませたい人

入出金にかかる手数料や取引にかかる手数料がありません。(BitMatch取引手数料を除く)

そのため、何度も取引を行うようなデイトレーダーの方は手数料負けの恐れのないDMM Bitcoinの利用がおすすめです。

それ以外の方でも手数料を安く済ませておいて損はありませんので、DMM Bitcoinの口座を持っておくことをおすすめします。

投資対象の銘柄があらかじめ決まっている人

DMM Bitcoinは現物取引の銘柄数が少ないものの、手数料がかからない点が魅力的な仮想通貨取引所です。(BitMatch取引手数料を除く)

そのため、DMM Bitcoinで用意されている銘柄にもとより投資予定であった人は、手数料を気にせずに投資できるようになります。

「レバレッジ取引を中心に行いたい人」「手数料を安く済ませたい人」「銘柄があらかじめ決まっている仮想通貨中級者以上の人」はDMM Bitcoinで口座を開設しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

CoincheckとDMM Bitcoinはどちらがおすすめ?

CoincheckDMM Bitcoinはどちらも独自の特徴を持っている仮想通貨取引所です。

そのため、どちらの口座を開設しておくことをおすすめします。

投資手法や銘柄対象など、仮想通貨に投資する条件に合わせてどちらかの口座を利用するようにしましょう。

複数の口座を持っておくメリット」についての記事も是非ご参照しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

CoincheckとDMM Bitcoinの比較まとめ

ここまでCoincheckDMM Bitcoinの比較をまとめました。

この記事のまとめ
  • Coincheckは国内ダウンロード数No.1の仮想通貨取引所であること
  • DMM Bitcoinは取引手数料が無料の仮想通貨取引所であること*
  • 現物取引を中心に行いたい方は、17種類の銘柄が用意されているCoincheckがおすすめであること
  • レバレッジ取引を利用して一攫千金を狙いたい方や手数料を気にしない取引をしたい方はDMM Bitcoinの利用がおすすめであること
  • 両者の特徴を踏まえた上でどちらの口座も作っておいて損はないこと

*BitMatch取引手数料を除く

CoincheckDMM Bitcoinはそれぞれ独自の特徴がある仮想通貨取引所です。

それぞれの特徴を加味した上で使い分けるのがおすすめです。

Coincheckは最短1日、DMM Bitcoinは最短1時間で口座を開設できてしまいます。

それぞれスマホと本人確認書類があれば簡単に登録できてしまいますので、この機会に口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる