仮想通貨のハッキングとは?対策方法や過去の事例を解説

今や仮想通貨のハッキング被害は他人事ではありません。

さまざまな仮想通貨取引所が生まれた昨今において、セキュリティの脆弱性が指摘され始めています。

せっかく収益をあげて増やした仮想通貨であっても、ハッキングされてしまえば手元に資産が残らない可能性が高いです。

そこで、仮想通貨のハッキング被害を受けにくい取引所に近年注目が集まってきています。

今回の記事では仮想通貨に関するハッキングの事例とともに、ハッキングの観点からおすすめの取引所を紹介します。

この記事でわかること
  • 仮想通貨のハッキングとは、仮想通貨を保管している取引所が何らかの攻撃を受けて、保管していた仮想通貨が流出してしまうこと
  • 過去には大手取引所のバイナンスなどがハッキング被害に遭っていること
  • 仮想通貨のハッキング被害を防ぐためには、取引所を分散させて投資することが大切であること
  • 仮想通貨のハッキング被害を防ぐためには、セキュリティ体制が万全であるコインチェックの利用がおすすめであること

仮想通貨のハッキング被害を防ぐためには複数の取引所に投資して、仮想通貨の保有リスクを分散させることが大切です。

しかし、いくら投資先を分散させたとしてもセキュリティの低い取引所に仮想通貨を預けていれば、ハッキング被害に遭う確率が高まります。

そこで、仮想通貨のセキュリティが徹底されている「コインチェック」の利用がおすすめです。

コインチェックは過去のハッキング被害をもとに、セキュリティ認証の強化や本人確認を徹底してきました。

今となっては堅牢なシステムを築いていて、近年ではハッキング被害の報告もありません

仮想通貨取引所のセキュリティの脆弱性が気になって仕方がない方は、コインチェックを利用するようにしてください

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

仮想通貨のハッキングとは

仮想通貨のハッキングとは、仮想通貨を保管している取引所が何らかの攻撃を受けて、保管していた仮想通貨が外部に流出してしまうことです

仮想通貨自体はブロックチェーンを採用しているため、匿名性が高くて改ざんしづらい資産として知られています。

つまり、仮想通貨自体のセキュリティはそれなりに高いということです。

そこで、仮想通貨単体で盗むことが難しいと判断したハッカーたちは仮想通貨にハッキングするのではなく、仮想通貨取引所にハッキングするようになりました

これまで仮想通貨取引所へのハッキング被害は多数報告されていて、たとえ大手取引所であっても例外なくハッキング被害に遭っています。

近年ではセキュリティが強化されてハッキング被害の報告は少なくなってきてはいますが、まったくハッキングされていないわけではありません。

そのため、仮想通貨に投資する際にはハッキング対策が万全な取引所を選ぶ必要が出てきました

\ アプリダウンロード数No.1 /

過去に仮想通貨がハッキングされた事例

仮想通貨がハッキングされると数百億円の被害に及ぶことも珍しくありません。

ここでは過去に起きた仮想通貨のハッキング事例を3つ紹介します。

過去に仮想通貨がハッキングされた事例
  • コインチェックのハッキング被害
  • バイナンスのハッキング被害
  • マウントゴックスのハッキング被害

コインチェックのハッキング被害

国内取引No.1の実績を持つコインチェックですが、過去にネムという仮想通貨のハッキング被害に遭っています

事件が起きたのは2018年1月のことで、まだまだ仮想通貨ブームが下火なときにハッキング事件が起こりました。

ブームが下火であったとはいえ被害総額は何と「580億円」にものぼり、当時は海外にまでニュースが波及し、海外でも話題にあがっていたほどです。

では、なぜコインチェックはハッキング被害に遭ったのでしょうか?

それはセキュリティの甘さが目立ったからです。

当時のコインチェックはコールドウォレットを採用しておらず、不正アクセスが確認されてからわずか20分程度で仮想通貨が流出してしまっています。

コールドウォレットとは?
  • インターネットから遮断された資産管理方法
  • 紙やUSBなどの物理的なモノに秘密鍵の情報を記載するため、インターネットからの攻撃に強い
  • 物理的に保存していることから、盗難や窃盗のリスクもある
コールドウォレット

結果的にインターネットで資産管理する「ホットウォレット」を採用していたため、インターネット経由からのハッキングを許してしまうことになりました。

被害後は金融庁から業務改善命令がくだされてしまい、一時はどうなるかと思われましたが、マネックスグループの傘下に加わりガバナンス体制を一新します。

マネックスグループに加わったことにより息を吹き返したコインチェックは、徐々にサービスを再開させて、今では金融庁お墨付きの仮想通貨取引所にまで成長しました。

バイナンスのハッキング被害

バイナンスといえば、アルトコインの取り扱いが豊富で資産運用サービスも充実していることから、海外取引所の筆頭として活躍している取引所です。

しかし、そんな仮想通貨取引所の最大手「バイナンス」でも過去にハッキング被害に遭っています

バイナンスがハッキングされたのが発覚したのは2019年5月7日のことです。

取引所のホットウォレットから45億円相当のビットコインがハッキングされたことが発覚し、約1週間ほどユーザーの機能に制限がかけられました。

また、ハッキング被害の報告を受けてバイナンスが発行しているネイティブトークン「バイナンスコイン」の価格も下落し、同年5月7日時点の高値「22.7円」からわずか3日程度で「18.3円」にまで下落しています。

引用元:Trading View

このようにハッキング被害は仮想通貨の流出だけでなく、仮想通貨が流出した取引所に関連する銘柄にまで被害が及ぶのが一般的です。

マウントゴックスのハッキング被害

仮想通貨の歴史を語るには、マウントゴックスの事件は無視できません。

2009年にトレーディングカードの交換所として活動していたマウントゴックスは2010年よりビットコイン事業に舵を切り、2013年には市場全体に流通しているビットコインの約70%を保有する企業にまで成長しました。

しかし、2014年にマウントゴックスのサーバーがハッキングされて、同社が保有していたビットコインと預かり金のほとんどが流出してしまいます。

流出したビットコインの総額は当時のレートで「470億円」にものぼり、預かり資金は28億円も奪われてしまったそうです

一連のハッキング被害が会社に与えたダメージは大きく、再起不能にまで追い込まれたマウントゴックスは経営が破綻してしまいます。

また、ハッキング被害によってセキュリティの脆弱性が露呈した仮想通貨は投資家からの不信感が高まり、長きにわたる下降トレンドに陥ることになりました

現在、コインチェックは金融庁お墨付きの取引所になったので、興味のある方はこの機会に公式サイトを確認しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨がハッキングされないためにできること

仮想通貨が流出してしまっては、せっかく稼いだ仮想通貨も意味がありません。

そこで、仮想通貨がハッキングされないためにできる簡単な対策を3つ紹介します。

今からでも実践できる対策方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨がハッキングされないためにできることについて
  • 複数の仮想通貨取引所に分散させる
  • 大手の仮想通貨取引所を使う
  • 金融庁が認可している仮想通貨取引所を使う

複数の仮想通貨取引所に分散させる

投資の基本は分散投資によるリスクヘッジです。

リスクの分散

投資におけるリスクヘッジの大原則は仮想通貨投資においても変わりません。

そのため、銘柄を分散させることも大切ですが、セキュリティを守るためにも複数の仮想通貨取引所を利用するのがおすすめです。

もし1つの取引所がハッキングされて資産が流出したとしても、複数の仮想通貨取引所に資産を預けていれば、仮想通貨の流出被害は最小限にとどまります

また、取引所では仮想通貨同士の送金も可能であるため、手数料が安く済む取引所で仮想通貨を購入してから、リスクヘッジのために他の取引所に仮想通貨を移すことも可能です。

大手の仮想通貨取引所を使う

仮想通貨取引所を利用して取引をおこなう際には、名の知れた大手仮想通貨取引所を利用するようにしてください

なかには知名度が低く、規模が小さい仮想通貨取引所も存在します。

規模が小さい取引所ほどセキュリティ体制の脇が甘く、資産が流出してしまうリスクが高いです

一方で大手仮想通貨取引所はセキュリティが整えられている取引所が多いため、資産のハッキングリスクは最低限にとどまります。

もし、セキュリティの観点から仮想通貨取引所を利用するのであれば、以下の項目は最低限満たしている取引所を利用するのがおすすめです。

セキュリティが万全な仮想通貨の特徴
  • ガバナンス体制が整っている
  • コールドウォレットを採用している
  • 二段階認証を利用している
  • 会社の財務情報を開示している
  • 顧客と自社の資産を分別して保管している

セキュリティの観点から仮想通貨取引所を選択するのであれば、以上の項目は最低でも満たしている取引所を利用するようにしましょう。

金融庁が認可している仮想通貨取引所を使う

金融庁が認可している仮想通貨取引所は安心して利用できます

国内で仮想通貨と法定通貨を交換するサービスをするためには、金融庁からの認可が必要です。

金融庁が発表している「仮想通貨交換業者の新規登録申請の審査プロセス及び時間的な目安」によると、認可を受けるためには書面審査で以下の項目を主に満たしている必要があります。

仮想通貨交換業者に登録するために必要な条件の一例
  • 仮想通貨の取り扱いによるリスク管理
  • システムのリスクの管理
  • 利用者財産の分別管理
  • 利用者の保護措置
  • マネーロンダリングやテロ資金供与の対策
    など

国内で仮想通貨サービスを提供するためには、以上の条件を満たす必要があり、金融庁からの認可を受けている仮想通貨取引所は「政府からのお墨付き」の取引所になります。

つまり、セキュリティ体制が万全な取引所ということです。

しかし、意外なことに金融庁からの認可をなしに営業している仮想通貨取引所も少なくありません。

特に海外取引所は金融庁からの認可を受けずに日本でサービスを展開している場合が多く、金融庁から警告を受けているのが散見されます。

以上のように金融庁からの警告を受けている取引所は、金融庁が指定する条件に該当しないために認可を受けていない可能性が高いです。

今は問題なく利用できていても、いずれかはハッキングされてしまう可能性はゼロではありません。

そのため、セキュリティの観点から仮想通貨取引所を選ぶのであれば、金融庁からの認可を受けている取引所を利用するのがおすすめです。

コインチェックは、「関東財務局登録済みの暗号資産交換業者」として認定されており、安全性が高いので、この機会に公式サイトを確認しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ハッキングの観点からおすすめ仮想通貨取引所

ハッキングの観点から考えると、セキュリティ体制が盤石な仮想通貨取引所を利用したいものです。

そこで、ハッキングの観点から考えたときにおすすめの取引所を4つ紹介します。

ハッキングの観点からおすすめの仮想通貨取引所4選
  • コインチェック
  • DMM Bitcoin
  • ビットフライヤー
  • SBI VCトレード

コインチェック

コインチェック
引用元:https://coincheck.com/ja/
取り扱い銘柄数17種類
セキュリティ対策・経営資金と預かり金の分離
・コールドウォレットとホットウォレットの使い分け
・SMSやデバイスによる二段階認証
・取引のSSL化
・本人確認
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事コインチェックの評判

コインチェックは国内ダウンロード数No.1を記録したこともある仮想通貨取引所です。

ネムという仮想通貨を流出させた過去があるものの、ネム流出以降のハッキングは許していません。

金融庁からの業務改善命令のもと、ホットウォレットとコールドウォレットの使い分けをし、セキュリティの高さから「関東財務局登録済みの暗号資産交換業者」として認定されました。

また、セキュリティの高さだけでなく仮想通貨に関連する資産運用サービスも豊富で、コインチェックでは以下の仮想通貨サービスを利用できます。

コインチェックの仮想通貨サービス
  • Coincheckつみたて
  • Coincheck IEO
  • Coincheck NFT(β版)
  • Coincheckでんき
  • Coincheckガス
  • Coincheckアンケート
  • 貸暗号資産サービス
  • ステーキングサービス(β版)
  • OTC取引サービス

以上のように仮想通貨に関するサービスを豊富に提供していることから、幅広い資産運用を可能にしています。

仮想通貨初心者から中級者の方であれば、まず登録しておきたい仮想通貨取引所でしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin

dmmbitcoin
引用元:https://bitcoin.dmm.com/
取り扱い銘柄数14種類
セキュリティ対策・経営資金と預かり金の分離
・コールドウォレット運用
・二段認証
・社内システムによる監視
・取引のSSL化・本人確認
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinではハッキングに関するリスクから、出金時の不正リスクまでさまざまなリスクに対応しています。

DMM BitcoinはDMMグループが運用している会社です。

DMMグループといえば、株やFX、CFDなどのさまざまな資産運用サービスを提供している会社としても有名でしょう。

その他にもエンタメ分野や英会話分野などの多くの分野でサービスを提供しているのが特徴的です。

そのため、今まで築き上げてきた高い技術力をもとに、DMM Bitcoinにおいても顧客が安心できるようなセキュリティ体制を提供しています。

厳重なセキュリティ体制のもと、安心して資産運用をしたい方におすすめの仮想通貨取引所です。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

ビットフライヤー

bitFlyer
引用元:https://bitflyer.com/ja-jp/
取り扱い銘柄数15種類
セキュリティ対策・経営資金と預かり金の分離
・SMSやデバイスによる二段階認証
・コールドウォレットに80%以上ビットコインを保管
・ファイアウォールによる社内環境の管理
・不正アクセスの監視
・取引のSSL化・本人確認
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事ビットフライヤーの評判

ビットフライヤーはビットコイン取引量6年連続No.1(※)を獲得している仮想通貨取引所です。
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

業界最長7年連続ハッキングゼロの実績をもとに、強固なセキュリティを提供しています。

そんなビットフライヤーの特徴は、ビットコインテクノロジーのマルチシングを採用している点です。

マルチシングとは?
  • 最新のビットコインテクノロジーのこと
  • 通常のビットコインアドレスと異なり、ビットコインを送金するために複数の署名が必要になる
  • プライベートキーを分散することで、高セキュリティのウォレットを構築する

ビットフライヤーではマルチシングを他社に先駆けて導入し、業界のセキュリティにおけるスタンダードを確立した仮想通貨取引所です。

業界をリードする確かなセキュリティのもと、安心して仮想通貨投資をしたい方にはおすすめの仮想通貨取引所でしょう。

SBI VCトレード

SBI VC トレード
引用元:https://www.sbivc.co.jp/
取り扱い銘柄数7種類
セキュリティ対策・経営資金と預かり金の分離
・サイバー攻撃への対策
・内部管理の徹底
・コールドウォレット運用
・SMSやデバイスによる二段階認証
・取引のSSL化
・本人確認
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事SBIVCトレードの評判

SBI VCトレードは国内最大級の金融サービスを提供しているSBIグループが運営している仮想通貨取引所です。

これまで運用してきたさまざまな資産運用サービスをもとに、堅牢なセキュリティ体制を提供しています。

運営資金と預かり資産の分別はもちろんのこと、サイバー攻撃に対する対策も万全です。

今後は日本初のサービスも提供していくとホームページに記載されていますので、仮想通貨におけるさまざまな資産運用サービスを利用したい方は登録しておきましょう。

仮想通貨のハッキングに関するよくある質問

仮想通貨のハッキングに関するよくある質問を3つまとめました。

仮想通貨のハッキングに関するよくある質問について
  • 仮想通貨のハッキング保証はある?
  • 仮想通貨のハッキング被害の際には税金の扱いはどうなる?
  • 仮想通貨のハッキング被害を守るためにデジタルウォレットを使用するのは?

仮想通貨のハッキング保証はある?

仮想通貨のハッキング保証があるかどうかは会社によって異なります

例えば、過去にネムのハッキング被害を受けたコインチェックは、ネムを保有していた全員にハッキング被害額に相当する日本円を返金しました。

仮想通貨のハッキング被害の際には税金の扱いはどうなる?

仮想通貨のハッキング被害に遭った際には過去のコインチェックのように、損失補償として日本円が返金される場合もあるでしょう。

損失補償として日本円が返金された場合は、仮想通貨の売却と同じ扱いになると国税庁のホームページに記載されています

そのため、利益が出ていれば納税義務が発生しますし、損失が出ていれば他の雑所得と相殺可能です。

仮想通貨のハッキング被害を守るためにモバイルウォレットを使用するのは?

仮想通貨のハッキング被害を守るために、モバイルウォレットを使用するのも効果的です。

モバイルウォレットに仮想通貨を保管することで、取引所のハッキング被害によるリスクを最低限に減らせます。

絶対にハッキングされないというわけではありませんが、リスクを分散させるという意味でも利用する価値があるでしょう。

仮想通貨のハッキングのまとめ

ここまで仮想通貨のハッキングに関する情報を記載しました。

この記事のまとめ
  • 仮想通貨のハッキングとは、第三者による何らかのサイバー攻撃により仮想通貨取引所の資産が流出してしまうこと
  • ハッキング被害を対策する観点から取引所を選ぶのであれば、コールドウォレットを採用していて金融庁が認可している仮想通貨取引所がおすすめであること
  • モバイルウォレットを使用したハッキング対策も効果的であること
  • セキュリティの観点から仮想通貨取引所を選ぶのであれば、過去にあったハッキング被害をもとに万全なセキュリティ体制を提供している「コインチェック」の利用がおすすめであること

仮想通貨のハッキング被害はいつ起きてもおかしくありません。

そのため、仮想通貨取引所を利用して仮想通貨投資をするのであれば、万全なセキュリティ体制の取引所を利用したいところです。

そこで、ハッキング対策が万全な仮想通貨取引所として「コインチェック」の利用をおすすめします。

コインチェックは「関東財務局登録済みの暗号資産交換業者」として強固なセキュリティを提供している仮想通貨取引所です。

登録申請から取引まで最短1日で利用できますので、この機会にコインチェックの登録を済ませておくことをおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる