仮想通貨/ビットコインがガチホ(長期投資)に向いている?メリット・デメリットを解説

「ガチホ」とは短期的な値動きに一喜一憂せずに、目的を達成するまで投資対象を長期間保有し続けることを言います。

損切りをするという概念が伴わないこともあり、投資家の中にはガチホが最も優れた投資手法だと考える方も多くいます。

しかし、もちろんガチホにもデメリットはあります。

そこで今回はガチホの中でも”ビットコイン”へのガチホにフォーカスして、ビットコインはガチホに向いているのかといったところから、ガチホのメリット・デメリット、ガチホのやり方などを解説していきます。

この記事の要点
  • ガチホは「ガチでホールド」の略で、短期的な値動きに惑わされず、投資対象を長期保有することを指す
  • ガチホをする際は、投資対象の価格が将来的に値上がりすることが大前提
  • ビットコインの値上がりを確約することは誰にもできないが、可能性は十分にある
  • ガチホは技術や手間が不要なので、投資初心者や兼業投資家でも取り組みやすい
  • ビットコインのガチホをするなら、サービスが充実していて信頼性も高い「Coincheck」がおすすめ

ビットコインのガチホをするなら、数ある仮想通貨取引所の中でCoincheckが特におすすめです。

Coincheckは通常の仮想通貨投資だけでなくガチホに合ったサービスも充実しています。

また取引ツールがシンプルで使いやすく、投資初心者でもすぐに使いこなすことが可能です。

口座は無料でつくることができるので、ビットコインのガチホに興味がある方はこの機にCoincheckの口座を持っておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

そもそもガチホとは?

ガチホとは「ガチでホールドする」という言葉を省略したものです。

株や為替、仮想通貨などあらゆる金融商品において、投資対象を長期保有することを言います。

また少し言い方を変えれば、保有資産が短期的に含み益になろうが含み損になろうがそれに一喜一憂せず、あらかじめ定めた期間を経過するまで、もしくは目標とする利益を達成できるまでは絶対に手放さないことを指します。

ビットコインはガチホ(長期投資)に向いている?

ガチホは、投資対象の価値が長期目線で上がることを大前提としています。

つまりビットコインをガチホする際にも、「将来的にビットコインの価値が上昇するかどうか」が重要になってきます。

しかし残念ながら、未来予知ができない以上その答えを明確に示すことは誰にもできず、ビットコインがガチホに値するかどうかを自分で判断する他ありません。

そこでその判断材料の一つとして、海外メディア各社の価格予想を見てみましょう。

海外メディアにおけるビットコインの価格予想(2022年時点)

参考)2022年始値:4万8,091ドル

このように海外メディアはいずれも、ビットコインの価格は将来的に高騰するだろうという予想を立てています。

もちろんこれらはあくまで予想に過ぎず、実現するとは限りません。

しかし、どのメディアも口をそろえて「将来ビットコインの価格が上がる」と発信しているということは、「ビットコインはガチホに値する」と判断するための材料の一つに十分になり得るのではないでしょうか。

もしもビットコインのガチホに挑戦するなら、国内取引所のCoincheckを利用することをおすすめします。

Coincheckなら低コストでビットコインを購入できて、セキュリティ性能も高いので安心して長期間ビットコインを預けておくことができます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ビットコインをガチホ(長期投資)するメリット

さて続いては、ビットコインをガチホするとどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

ビットコインをガチホする場合の主なメリット
  • 技術や手間が不要
  • 取引にかかるコストを抑えられる
  • 保有中にインカムゲインを得ることも可能

技術や手間が不要

短期投資をおこなう場合はシビアに売買のタイミングを判断する必要があり、そのための高い技術を求められます。

しかしガチホする場合は、短期的な値動きを意識する必要がまったくないので、売買のタイミングも難しく考える必要がありません。

また、短期投資と比べて圧倒的に売買の回数が少なくて済むので、投資をすることに手間と時間を取られることがありません。

技術や手間がかからないので、ガチホは投資初心者や兼業投資家にも取り組みやすい投資手法だと言えるでしょう。

取引にかかるコストを抑えられる

仮想通貨を売買する際は「取引手数料」や「スプレッド」といった取引コストがかかってきて、もちろんそれはたくさん取引をすればするほど積み重なっていきます。

取引コストは利益の最大化を図る上で、決して蔑ろにはできません。

しかしガチホをする場合は取引回数が自ずと少なくなるため、他の投資手法と比べて取引コストを安く抑えることができます。

保有中にインカムゲインを得ることも可能

株には配当金や株主優待、為替(FX)には金利といったインカムゲイン(資産保有中に受け取れる収益)を得る仕組みが備わっています。

一方でビットコインには、そういった仕組みは備わっていません。

しかし利用する仮想通貨取引所によっては、ビットコインでもインカムゲインを得ることが可能になります。

例えばCoincheckでは「貸暗号資産サービス」を利用して、ガチホしているビットコインをCoincheckに貸し出すことで、最大年率5.0%の貸借料を得ることができます。

もちろん貸し出した暗号資産は、契約期間満了後に全額償還されます。

なお貸暗号資産サービスのメリット・デメリットについてより詳しく知りたい方は、「レンディング(貸仮想通貨)とは?」も合わせてご覧ください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ビットコインをガチホ(長期投資)するデメリット

一方でビットコインをガチホすると、次のようなデメリットもあります。

ビットコインをガチホする場合の主なデメリット
  • 短期間で稼ぐことはできない
  • リスクの取り方次第では大きな精神的ストレスがかかる
  • 面白みや稼ぐ実感は少ない

短期間で稼ぐことはできない

短期投資は技術と手間を求められますが、それらが揃っていれば短期間で利益を積み上げていくことも十分に可能です。

それに対してガチホの場合は、技術や手間は不要ですが、どうしても利益という結果が伴うまでには時間が必要になります。

ガチホにチャレンジする際は、こういった短期投資との違いをあらかじめ理解しておかなければなりません。

リスクの取り方次第では大きな精神的ストレスがかかる

ビットコインは、世にあふれる多種多様な投資対象の中でもボラティリティ(価格変動の度合い)が大きい部類に入ります。

例えば高値から見た価格が、短期的に半値以下まで下落することも時おり起こります。

もし保有した段階から半値まで下落した場合、1,000円分のビットコインを保有していたとすると含み損はたかだか500円で、大半の人は痛くも痒くもないことでしょう。

しかし1,000万円分を保有していれば500万円もの含み損を抱えることになり、そこから受けるストレスは非常に大きなものとなるでしょう。

このように保有する数量やリスクの取り方次第では、ガチホは短期投資をおこなう場合よりも、強い精神的ストレスを受けることになりかねません。

面白みや稼ぐ実感は少ない

短期投資で稼げる場合は日々の売買で明確に利益が積み上がっていくので、仮想通貨投資に面白みを感じたり、稼いでいるという実感を得たりすることができることでしょう。

しかしガチホの場合は、一度買い付けをおこなったらそれをただひたすら放置するだけです。

もちろん投資はあくまでお金を稼ぐ手段の一つに過ぎませんが、そこに楽しさや稼ぐ実感が付随してほしい人にとっては、稼げたとしてもガチホという投資手法は物足りないかもしれません。

ビットコインのガチホが向いている人

ここまで紹介してきたメリット・デメリットも踏まえた上で、ビットコインのガチホは以下のような人に適しています。

ビットコインのガチホが向いている人
  • 短期投資で稼ぐ技術や時間がない人
  • 長期目線での資産形成を目指している人

短期投資で稼ぐ技術や時間がない人

先ほども述べた通り短期投資では高い技術が必要であり、またその技術を活かすためには値動きを監視し続けることも求められます。

一方でガチホは、ビットコインを買って値上がりするまでひたすら放置するだけです。

そのため投資の技術が拙い初心者や、仕事で忙しい兼業投資家の方でも簡単に取り組むことができます。

長期目線での資産形成を目指している人

デメリットで述べた通り、ガチホでは短期的に大きく稼ぐことはできません。

そのためガチホは、仮想通貨投資の利益を目先の生活費にしたいという方には不向きです。

しかしサラリーマンなどで安定した収入があって、将来の資産形成のために投資をしたい場合は、ビットコインのガチホで稼ぐというのも一つの選択肢になり得るでしょう。

なお、ビットコインのガチホを始めるならCoincheckがおすすめです。

Coincheckは直感的に理解できるほど分かりやすい取引ツールを提供しており、投資初心者でも簡単にビットコインを購入・保有することができます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ビットコインのガチホ(長期投資)のやり方

ビットコインのガチホのやり方は非常にシンプルで、繰り返しの説明になりますがビットコインの現物を買ってそれをただ保有し続けるだけです。

誰でも簡単にできるのですが、ここではそのやり方を国内取引所のCoincheckを例にしてご紹介します。

ビットコインのガチホのやり方(Coincheckの場合)
  • Coincheckで口座を開設する
  • 口座に投資資金を入金する
  • ビットコインを購入して保有し続ける

Coincheckで口座を開設する

まずはCoincheck公式サイトにアクセスして、口座開設を申し込みましょう。

Coincheckでは満20歳以上であれば基本的にどなたでも、無料で口座をつくることができます。

ちなみにCoincheckの基本情報は以下の通りです。

コインチェック
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(16銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスCoincheckつみたて
貸暗号資産サービス
大口OTC取引
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

口座に投資資金を入金する

口座を開設できたら、次はそこにビットコインを購入するための資金を入金しましょう。

入金方法は以下の3通りがあります。

Coincheckでの入金方法
  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金(ネットバンキングを利用した入金サービス)

ビットコインを購入して保有し続ける

投資資金を入金できたら、実際にビットコインを購入してみましょう。

なおCoincheckでのビットコインの購入方法は、「販売所形式(ユーザーとCoincheckの間で取引する形式)」と「取引所形式(Coincheckのユーザー同士で取引する形式)」の2種類があります。

この2種類の内、「取引所形式」は取引手数料がかからないので特におすすめです。

また、ビットコインを購入できたら後は目的を達成できるまで、短期的な値動きに惑わされずひたすら保有し続けましょう。

なお先ほども紹介した通り、保有していたビットコインはただ遊ばせておくのではなく「貸暗号資産サービス」を利用すれば、インカムゲインを得ることも可能です。

積立投資によるガチホもおすすめ

ビットコインをガチホする場合は、積立投資の利用もぜひ検討してみてください。

積立投資をおこなうとトータルで見た時の購入単価を引き下げることができ、ひいては投資リスクの低減につながります。

Coincheckにおいても、「Coincheckつみたて」というサービスでビットコインの自動積立が可能です。

なお、ビットコインをはじめとする仮想通貨の積立についてもっと詳しく知りたい方は、「仮想通貨積立のメリット・デメリット」をチェックしてみてください。

以上、Coincheckでビットコインをガチホする方法をご紹介しました。

ビットコインのガチホは、文字通りただビットコインを買ってそれをただ持ち続けるだけなので、誰でも簡単にできます。

チャレンジしてみたい方はCoincheckで口座を開設して、まずは少額からビットコインを購入してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ビットコインのガチホ(長期投資)の注意点

最後に、ビットコインのガチホを実践する際の注意点を3つご紹介します。

ビットコインのガチホの注意点
  • リスクを取り過ぎないこと
  • 途中で不用意に投資戦略を変えないこと
  • セキュリティ性能や信頼性が高い取引所を使うこと

リスクを取り過ぎないこと

これは投資であればいずれにも言えることですが、ビットコインのガチホにおいてもリスクの取り過ぎは厳禁です。

まず、余剰資金以外をガチホにつぎ込むべきではありません。

また余剰資金での投資であっても、必ず自身のリスク許容度の範囲内に収めるようにしましょう。

投資初心者で自身のリスク許容度を正確に把握できていない方は、なおさら無理をせず、投資資金を少なく抑えた状態から始めることをおすすめします。

途中で不用意に投資戦略を変えないこと

ガチホでありがちな失敗は、ガチホすると決めて始めたにも関わらず、目先の損失や利益に囚われて結局は短期投資のようになってしまうことです。

ガチホをする、ひいては長期目線でリターンを得るのだと最初に決めたのであれば、その投資戦略を貫き通しましょう。

なおそのためには、スタートの段階で明確な投資戦略と目標を定めておくことが必要になるでしょう。

セキュリティ性能や信頼性が高い取引所を使うこと

ガチホに取り組む場合、多くの方が年単位でビットコインを保有することになるでしょう。

しかし長期保有している間に取引所がハッキングされてビットコインを盗まれたり、取引所が廃業したりしてしまっては元も子もありません。

そのためスタートの段階で、セキュリティ性能や信頼性が高い仮想通貨取引所を選んでおくことが重要になります。

その点Coincheckは、金融大手のマネックスグループの傘下にいる恩恵として高いセキュリティ技術を有しており、多くの投資家から支持を得ていて廃業リスクも低いことから、比較的安心して利用できます。

なおCoincheck以外の仮想通貨取引所もチェックしておきたい方は、「仮想通貨取引所のおすすめランキング」を参考にしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ビットコインをガチホ(長期投資)まとめ

今回は、ビットコインのガチホについて解説しました。

この記事のまとめ
  • ガチホは「ガチでホールド」の略で、短期的な値動きに惑わされず、投資対象を長期保有することを指す
  • ガチホをする際は、投資対象の価格が将来的に値上がりすることが大前提
  • ビットコインの値上がりを確約することは誰にもできないが、可能性は十分にある
  • ガチホは技術や手間が不要なので、投資初心者や兼業投資家でも取り組みやすい
  • ビットコインのガチホをするなら、サービスが充実していて信頼性も高い「Coincheck」がおすすめ

ビットコインはボラティリティが高い投資対象の一つです。

そのため短期投資で稼ぐには、高い技術を求められます。

一方で将来的な値上がりを見越してガチホするのであれば、投資初心者でも堅実に稼ぐことができるでしょう。

なおビットコインのガチホを始めるなら、Coincheckがおすすめです。

Coincheckは「貸暗号資産サービス」や「Coincheckつみたて」といったガチホに適したサービスが揃っています。

また、高いセキュリティ技術を持っているので、長期間ビットコインを預け入れていても安心です。

この記事を通してビットコインのガチホに興味を持った方は、ぜひCoincheckで無料の口座開設をしてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる