【危険】海外仮想通貨取引所をおすすめしない理由を徹底解説

海外の仮想通貨取引所は、国内の仮想通貨取引所と比べて取引できる銘柄が多く、取引方法が豊富なのが特徴。

しかし、リスクが高いのでおすすめできないのが現状です。

これから仮想通貨の取引を始めようとしている初心者の方は、まずは国内の仮想通貨取引所から始めるようにしましょう。

この記事では、海外の仮想通貨取引所の特徴やメリット・デメリット、そして海外の仮想通貨取引所がおすすめできない理由について解説します。

この記事の要点

・海外仮想通貨取引所のメリット・デメリット
・海外仮想通貨取引所がおすすめできない理由
・国内のおすすめ海外仮想通貨取引所
・海外仮想通貨取引所に関するよくある質問

・海外の取引所よりも、コインチェック、DMMBitcoin、bitFlyerなどの国内の取引所がおすすめ
・迷ったら取引数が国内最大級でアプリダウンロード数No.1のコインチェックがおすすめ

coincheck

これから仮想通貨を始める方は、国内仮想通貨取引所のコインチェックがおすすめです。

国内の仮想通貨取引所ということで安心感もある上に、取引できる暗号資産も国内最大級の17銘柄を誇るので、初心者から中・上級者まで満足に仮想通貨投資をすることができます。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

海外仮想通貨取引所とは?

海外仮想通貨取引所とは、仮想通貨の売買が行える海外の取引所の事です。

取引所の役割は証券会社と似ており、ユーザーは相手と直接取引をするのではなく、取引所がユーザー同士の取引を仲介します。

取引を行うことによって発生する費用が取引所の収入となります。

仮想通貨取引所には、海外・国内を問わずDEXCEXが存在します。それぞれの特徴について説明します。

DEXについて

分散型取引所とは

DEX(デックス)はDecentralized Exchangeの略称で、分散型取引所の事です。取引所に仲介者となる企業が存在せず、ユーザー同士で直接売買を行うのが特徴です。

初めて仮想通貨の取引を行う場合は、仮想通貨取引所で口座を開設します。

口座を開設した後は日本円を入金して仮想通貨と交換します。

その際に決して安くない手数料を仲介者に支払うことになりますが、DEXは仲介者が存在しないので手数料を安く抑える事ができます。

2021年に入り、DEXの取引高は過去最高を記録しています。

CEXについて

CEX(シーイーエックス)はCentralized Exchangeの略称で、従来の中央集権的な取引所の事です。

仮想通貨取引所というと一般的にはCEXの事を指します。

日本国内の代表的なCEXには、コインチェックなどがあり、海外の代表的なCEXにはバイナンスなどがあります。

DEXと違って本人確認を行う必要がありますが、取引スピードが早く、初心者にも利用しやすいという特徴があります。

一方で、仲介手数料が多くかかるという得特徴も持ち合わせています。

仲介手数料

国内の取引所であるコインチェックは取引ツールが扱いやすく、仮想通貨取引に慣れていない人でも安心して投資することができます。

まだ口座をお持ちでない方は、まずはコインチェックから暗号資産取引を初めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

海外仮想通貨取引所のメリット

国内の仮想通貨取引所と比べて、海外仮想通貨取引所のメリットは何があるでしょうか。詳しく紹介します。

通貨の種類が多い

国内の仮想通貨取引所と比べて、海外の仮想通貨取引所は取り扱っている仮想通貨の種類がとても多いです。

国内の仮想通貨取引所では多くても10種類程度ですが、海外の仮想通貨取引所では数十種類以上の仮想通貨を取り扱っている取引所もあります。

仮想通貨をチェックしていると、将来性が高く今のうちに購入したい通貨が見つかっても、国内の取引所では取り扱っていない事がよくあります。海外の仮想通貨取引所を利用していない場合は購入する事ができません。

仮想通貨は価格の変動のスピードが速いため、利益を出すためにはいち早く通貨を購入しなければなりません。

その通貨を購入できる取引所を探し、口座を開設している間にチャンスを失ってしまう可能性があります。

なお国内取引所で取扱通過数が国内トップクラスのコインチェックは17種類の暗号資産を取り扱っています。

取引所での手数料も無料で、少しでも取引の際にかかるコストを抑えたい方にはおすすめです。

初心者にとっては十分に満足できる取扱通貨数ですので、まだ口座をお持ちでない方はコインチェックから仮想通貨投資を始めてみることをおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

レバレッジ倍率が高い

海外の仮想通貨取引所はレバレッジ倍率が高いのが魅力です。

仮想通貨のレバレッジ取引

金商法の改正により、国内の仮想通貨取引所ではレバレッジ倍率が2倍までの取引しかできません。

海外の仮想通貨取引所では、レバレッジ倍率が100倍前後に設定されている取引所が多いです。

少ない手元資金でも大きな利益を上げられる可能性もありますが、同時にリスクも高くなります。

気軽にレバレッジ取引を始めたい方は国内取引所のDMM Bitcoinがおすすめです。

レバレッジをかけることができるのは2倍までですが、少額の資本でも高い利益率で運用ができます。

まだ仮想通貨取引専用口座をお持ちでない方でレバレッジ取引を検討している方は、ぜひDMM Bitcoinで口座開設をしましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

海外仮想通貨取引所のデメリット

国内の仮想通貨取引所と比べて、海外仮想通貨取引所のデメリットは何があるでしょうか。

海外取引所のデメリット
  • 日本語に対応していない
  • 日本円を入金できない
  • 出金がスムーズにできない
  • 法律が日本と異なる

詳しく紹介します。

日本語に対応していない

海外の仮想通貨取引所の殆どは日本語に対応していません。

英語のまま利用するか、翻訳機能などを駆使して英語を日本語に翻訳して取引所を利用する事になります。

英語に対して拒否反応がある方には利用するのは難しいかもしれません。

日本円を入金できない

日本円を直接海外の仮想通貨取引所へ入金する事はできません

事前に国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入し、そして海外の仮想通貨取引所へ送金をしなくてはいけません。

手順は以下になります。

日本円を入金する手順

・国内の仮想通貨取引所へ日本円で入金して仮想通貨を購入する
・日本の取引所から海外の取引所へ購入した仮想通貨を送金する
・海外の取引所で欲しい仮想通貨を購入する

出金手続きが複雑

入金だけでなく海外の取引所からの出金もスムーズに行えません。

海外の取引所から日本国内の銀行に日本円で送金することはできません。

海外の仮想通貨取引所→国内の仮想通貨取引所→指定の銀行への出金申請と、手順を踏む必要があります。

ビットコインのような単価が高額な仮想通貨は、送金のタイミングによっては手数料が高額になる場合があります。

法律が日本と異なる

法律が日本と異なるため、国内の仮想通貨取引所と異なり、海外の仮想通貨取引所を開設する時に「本人確認」の手続きは不要です。

しかし、海外であっても国内であっても仮想通貨の売買で得た利益に対しては税金がかかります。

正確に確定申告を行って税金を支払わねばなりません。

海外仮想通貨取引所がおすすめできない理由

ここからは海外仮想通貨取引所がおすすめできない理由を紹介します。

ハッキングされやすい

仮想通貨取引所に関するニュースでよく耳にするのが「ハッキング」です。

毎日、巨額の通貨の取引がされる仮想通貨取引所は、ハッカーに狙われやすいです。

世界中の取引所でハッキングの被害が起こっていますが、ハッキングに対するセキュリティ方法や補償制度などは取引所によって異なります。

ハッキングの被害を受けた取引所の中には、深刻な経営難に陥って破産した取引所もあります。

仮に海外仮想通貨取引所を利用していてハッキング被害を被ったとしても、日本の法律は適用されません。

金融庁も対応が出来ないため、被害額が返金される可能性も殆どありません。

取引所 セキュリティ

セキュリティ性が気になる方は金融庁登録の国内仮想通貨取引所であるコインチェックでの口座開設をおすすめします。

まだ口座が未開設の方はこれを機にコインチェックで口座を開設しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

信頼性の低いコインがある

海外仮想通貨取引所には信頼性の低いコインが数多く出回っています。

仮想通貨初心者の方には注意が必要です。メリットとして、「海外仮想通貨取引所は取り扱っている通貨が多い」と紹介しましたが、そのメリットは逆にリスクにもなりえます。

信頼性の低いコインに投資をしても、利益が出る可能性は限りなく低いです。

信頼性の低いコインの特徴

・取引できるボリュームが少ない
・コインの発行元が明確になっていない
・必ず高騰すると吹聴している
・配当率が高いことを主張している

このような特徴があるコインには注意が必要です。

本人確認が義務化されていない

海外仮想通貨取引所が日本のユーザーに対してサービスを提供しているにも関わらず、日本で仮想通貨交換業の登録をしていない海外仮想通貨取引所に対して、金融庁が警告を発しています。

大手の海外仮想通貨取引所のBitMexは、2020年の5月から日本人の登録や利用が禁止されています。

この取引所では多くの日本人ユーザーが利用していました。

金融庁はBitMEX以外にも、2018年に中国の取引所であるBinance(バイナンス)にも警告を発しています。

Binanceは警告を受けた後、しばらくの間、日本語での案内を停止していました。

しかし、Binanceは2020年からは再び、日本語での案内を再開しました。

Binanceは仮想通貨交換業の登録をしていないので、またいつ金融庁から警告を受けるか分からない状況です

対して日本の仮想通貨取引所は金融庁の認可を受けている場合がほとんどですので、安心です。

国内の仮想通貨取引所の中でも特にコインチェックはアプリダウンロード数No1で多くの人の信頼を獲得していますので、まだ口座をお持ちでない方はこの機会に是非口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

国内のおすすめ仮想通貨取引所

仮想通貨の取引を始めるのなら、仮想通貨取引所で口座を開設する必要があります。

日本国内に多数ある取引所はどこも同じように見えますが、取り扱っている通貨や手数料などが大きく異なりますので、自分にあった取引所を選ぶことが大切です。

ここでは、国内のおすすめの仮想通貨取引所として3つを紹介します。

なお、詳しくはおすすめの仮想通貨取引所の記事をご参照ください。

コインチェック

coincheck
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(16銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

現物取引におすすめな国内の仮想通貨取引所はコインチェックです。

コインチェックはスマートフォンにアプリをインストールすれば、アプリからかんたんに仮想通貨の売買が行う事が可能です。取引所手数料は無料になっています。

東証一部上場企業のマネックスグループの子会社であるという点も安心できます。

コインチェックの主な特徴

・信頼性が高い
・国内仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1
・国内最大級の17種類の仮想通貨を取り扱っている

それぞれの特徴について詳しく紹介します。

  • 信頼性が高い

仮想通貨の取引は、企業の信頼性が高くなければ安心して行えません。

コインチェックの親会社は東証一部上場企業のマネックスグループです。信頼性の高い企業なので安心です。

  • 国内仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1

コインチェックのアプリのダウンロード数は400万を超えて国内NO.1となっています。

初めて仮想通貨の取引をする方でも簡単に操作できるアプリとなっており、サイトもとてもわかり易い設計になっています。仮想通貨初心者こそ、おすすめのアプリです。

  • 国内最大級の17種類の仮想通貨を取り扱っている

国内最大級となる17種類の仮想通貨を取り扱っており、草コインやアルトコインと呼ばれる通貨も購入が可能です。

コインチェックに上場を果たした仮想通貨は、期待値によってその後価格が上昇する傾向があるのも特徴です。

このようにコインチェックは非常にメリットの多い仮想通貨取引所ですので、まだ口座をお持ちでない方はこれを機にぜひ口座開設をしましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMMBitcoin

dmmbitcoin
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(7銘柄)
取引所形式:×
レバレッジ取引(銘柄数)○(19銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
※BitMatch注文を除く
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

レバレッジ取引におすすめの取引所はDMMBitcoinです。

大手企業のDMMグループが運営しているので安心・安全な取引所です。

DMMBitcoinの主な特徴

・DMMグループが運営している
・取扱通貨が比較的豊富
・レバレッジ取引ができる

それぞれの特徴について詳しく紹介します。

  • DMMグループが運営している

DMMBitcoinは、大手企業のDMM.comが運営している取引所です。

DMMグループはFXや英会話、オンラインゲームや動画配信など様々な事業を展開しており、グループ内の1事業として、仮想通貨取引所のDMMBitcoinを運営しています。

取引手数料が非常に安く、カスタマーサービスが充実しているのが特徴です。

  • 取扱通貨が比較的豊富

DMMBitcoinでは、現物取引で6種類、レバレッジ取引では12種類の通貨の売買が可能です。

  • レバレッジ取引ができる

DMMBitcoinでは、レバレッジ取引が可能です。

手元の資金を最大で2倍に増やして仮想通貨の売買ができます。

レバレッジ取引を上手に活用できれば、売買による利益を上げやすくなります。

DMMBitcoinには、スマートフォンによる「スピード本人確認」機能があり、最短で当日から取引が可能です。

まだ未開設の方でレバレッジ取引に関心のある方はこれを機にDMMBitcoinで口座を開設しましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

bitFlyer

ビットフライヤー
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(15銘柄)
取引所形式:○(6銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)○(ビットコインのみ)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.00000001BTC
取引所形式:0.001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
 取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:約定数量×0.01~0.15%
レバレッジ取引:無料(スワップ手数料あり)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスステーキングリワードサービス
ビットコインをもらう!
ビットコインをつかう
Tポイントとビットコインの交換サービス
公式サイトビットフライヤー公式サイト
関連記事ビットフライヤーの評判

コインチェック、DMM.bitcoinの次におすすめの取引所はbitFlyer(ビットフライヤー)です。

bitFlyerは、米大手証券会社のゴールドマン・サックス出身の元トレーダーが創業した仮想通貨取引所です。日本国内でトップクラスのビットコインの取引量があります。

bitFlyerの主な特徴

・トップクラスのビットコイン取引量
・取り扱っている仮想通貨の種類が多い
・1円から購入できる
・セキュリティ機能が充実している

  • トップクラスのビットコイン取引量

数多くある国内の仮想通貨取引所において、bitFlyerはトップクラスのビットコインの取引量を誇ります。

安定した取引が行える人気の取引所となっており、希望価格での取引がしやすくなっています。

  • 取り扱っている仮想通貨の種類が多い

bitFlyerは、ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな銘柄から、モナコインなどのマイナーな銘柄まで取り扱っています。

取引所によって取り扱っている仮想通貨の銘柄は異なるため、マイナーな銘柄を取り扱いがなく取引できないケースが多々ありますが、bitFlyerなら様々な通貨に投資することが可能です。

  • 1円から購入できる

bitFlyerは、仮想通貨を1円から購入する事ができます。

ビットコインやイーサリアム、リップルなどの人気通貨を1円から購入できるのはとても魅力的です。

少額からコツコツ仮想通貨を運用していきたい方はぜひこれを機にbitFlyerに登録しましょう。

海外仮想通貨取引所に関するよくある質問

ここでは海外仮想通貨取引所に関するよくある質問について紹介します。

海外の仮想通貨取引所を利用しても法的に大丈夫なの?

海外の仮想通貨取引所を利用しても違法にはなりません

日本人を対象に仮想通貨関連の業務を行う場合は、金融庁の登録を受けなければなりません。

金融庁の認可を受けていない取引所でトラブルに遭遇してしまった時の対応は「自己責任」です。

海外の仮想通貨取引所は、世界中のユーザーに対してサービスを提供しており、ユーザーの対象を日本人に限定している訳では無いので、「日本人ユーザーがいても、問題はない」という認識になっています。

すなわち、海外取引所側から制限されることはないので、自分から利用を控えることが大切です。

確定申告はどうなるの?

海外の仮想通貨取引所を利用している場合、確定申告の必要はあるのでしょうか?

国税庁は2017年に、仮想通貨で得た利益は課税対象となるという見解を発表しました。

結論から言って、海外の取引所で仮想通貨の取引をしても当然課税対象となります。

関連記事仮想通貨の税金を徹底解説

海外の仮想通貨取引所で被害を受けた場合の補償はある?

海外の事例として、2019年の5月、仮想通貨取引所のバイナンスがハッキングされ、約45億円相当の仮想通貨が流出する事件が起きました。

ハッキングなどの被害を受けた場合の補償の有無などは、取引所によって異なります。

日本円で返金や仮想通貨で補償する、など取引所によって対応は様々ですが、補償には期待しない方がいいでしょう。

なお、コインチェックでは過去にハッキングに対する補償をおこなったという実績があります。

海外取引所に比べて国内取引所は安全と言えるので、まだコインチェックの口座をお持ちでない方はぜひ口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

海外仮想通貨取引所がおすすめできない理由まとめ

この記事では、海外の仮想通貨取引所がおすすめできない理由について紹介してきました。

この記事の要点

・海外仮想通貨取引所のメリット・デメリット
・海外仮想通貨取引所がおすすめできない理由
・国内のおすすめ海外仮想通貨取引所
・海外仮想通貨取引所に関するよくある質問

・海外の取引所よりも、コインチェックDMMBitcoinbitFlyerなどの国内の取引所がおすすめ
・迷ったら取引数が国内最大級でアプリダウンロード数No.1のコインチェックがおすすめ

海外の仮想通貨取引所は、国内の仮想通貨取引所には無いメリットもありますが、それ以上にデメリットの方が多いです。

様々なリスクを抱えてしまう海外の仮想通貨取引所よりも、安全に利用することのできる国内の仮想通貨取引所の利用をおすすめします。

coincheck

コインチェックは東証一部上場企業マネックスの子会社で、国内最大級の仮想通貨取扱数の実績を持ちます。

スマートフォンの専用アプリもとても使いやすく、取引を開始するまでのスピードも速いです。

これから仮想通貨の取引を考えている方は、まずはぜひコインチェックで口座を開設しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる