【保存版】仮想通貨のポートフォリオのおすすめの作り方を紹介|割合やメリット・デメリットを徹底解説

「仮想通貨をポートフォリオに入れるとどんなメリットがあるのだろう」「仮想通貨のポートフォリオの作り方がわからない」

といった悩みをお持ちの方も多いことでしょう。

今回は、仮想通貨のポートフォリオについて詳しくご紹介します。

これから仮想通貨を始めたい方や、仮想通貨の運用方法を見直したい方はぜひ参考にしてみてください。

この記事からわかること
  • 仮想通貨の高い将来性に注目しよう
  • 仮想通貨投資はインフレ対策にも有効
  • ボラティリティの大きさに注意しよう
  • 仮想通貨のポートフォリオの作り方
  • 仮想通貨投資を始めるならCoincheckがおすすめ

仮想通貨取引をこれから始めてみたい方は、Coincheckでの取引がおすすめです。

取引手数料無料ですので、お得に仮想通貨取引を行うことができます。

まだ口座をお持ちでない方は、この機会に無料口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次

仮想通貨をポートフォリオに入れるメリット

投資を行う上で無視できない存在となってきている仮想通貨。

今回は仮想通貨をポートフォリオに入れるメリット3つを解説していきます。

メリット3つ
  • 将来性の高さ
  • インフレ対策
  • 決済としても使える

将来性の高さ

資産を増やすには、将来性のある分野に投資することが大切です。

仮想通貨市場は近年大きく拡大しており、今後も成長していく可能性があります。

ここでは、仮想通貨の将来性が期待できる理由3つをご紹介します。

力強い値動き

仮想通貨では力強い値動きを見せている銘柄が多数あります。

代表的な銘柄のチャートをお見せしながら解説していきます。

ビットコイン
BTCチャート
引用:Trading View

2021年11月のビットコインのチャートです。

2020年10月ごろから2021年4月ごろまでの間に約6倍まで価格が上昇し、その後は2021年5月初旬には600万前後だった価格が同月下旬には390万ほどまで一気に下落しました。

2021年5月下旬から2021年7月中旬ごろまでは300万前後で推移していましたが、2021年7月中旬ごろより再び価格が上昇し始め、2021年11月には最高値を更新しました。

このように、ビットコインは一度下落しても再度上昇し、最高値を更新していく力強さを持った銘柄であることがわかります。

今後も価格の上下を繰り返しながらも高値を更新していく可能性に期待しているトレーダーは多いようです。

イーサリアム
ETHチャート
引用:Trading View

続いて、2021年11月のイーサリアムのチャートです。

ビットコインと同じような値動きをしていますが、イーサリアムの方がチャートの傾きが急になっているのがわかります。

2020年11月ごろから2021年4月ごろまでの間に約6倍まで価格が上昇し、2021年4月中旬から2021年5月中旬までの1か月間に約2倍まで一気に上昇しました。

その後2021年5月下旬には約2分の1まで価格が一気に下落し、7月下旬までは20万円台で推移していましたが、その後再び価格が上昇し2021年11月には最高値を更新しました。

今後も大きく値上がりする可能性のある銘柄の1つと言えるでしょう。

大手企業の参入

ここ1年ほどで、仮想通貨分野に大手企業が続々と参入してきています。

例えば、2021年にはTwitterがビットコインでの投げ銭を可能にし、マスターカードは仮想通貨対応のクレジットカードを発行、Facebookも独自の仮想通貨を発行しようとしました。

多くの大手企業が多額のお金を投資するということは、仮想通貨分野がそれだけ高く評価されているといえます。

また、今後も他の企業が参入する流れは加速し、市場がさらに大きくなっていくことも予想されます。

ブロックチェーン技術の発展

仮想通貨の多くはブロックチェーン技術基盤のもとで存在しています。

ブロックチェーンとは分散型台帳技術と呼ばれ、ブロックという単位でデータを管理し、それを鎖(チェーン)のように連結してデータを保管する技術のことです。

ブロックチェーンはデータの改ざんが非常に困難であり、契約や取引を自動化するスマートコントラクトなどにも応用されていることから将来性を期待できる技術です。

現在ではブロックチェーン技術を用いたゲームや、分散型金融であるDeFi、非代替性トークンであるNFTのデジタルアートなどの売買が活発になるなど、急激なスピードでブロックチェーン技術が発展しています。

これからが期待される仮想通貨をポートフォリオに入れるためにまずは取引所で口座開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

インフレ対策

2つ目は、インフレ対策になるということです。

インフレとは「インフレーション」という言葉の略です。

インフレになるとモノの値段が上がり続け、その結果お金の価値が下がります。

例えば、今まで100円で売っていたお菓子が200円になったとします。そうすると、そのお菓子を手に入れるのに今までの2倍のお金が必要になるので、お金の価値が2分の1まで下がったことになります。

このようにインフレが進むと今持っているお金の価値は下がり続け、日本円しか所有していない場合の生活は大変苦しいものになることが予想されます。

そのため、日本円以外の資産を所有しておくのがインフレ対策になります。

「インフレになっても資産が減らないようにしたい」と思ったときに有効なのが投資を行うことです。

投資には株式や投資信託、債券など色々なものがありますが、その中の一つとしておすすめなのが仮想通貨です。

インフレ対策のために投資を行うにあたっては、分散投資することが重要です。

例えば、ポートフォリオのすべてを株式に投資していた場合、株式市場全体が下落相場になった際に、資産が大きく減ってしまい、心理的にも辛い状況になってしまいます。

そんな時に、仮想通貨をポートフォリオに入れておくことで、メインで行っている投資が不調のときのリスクヘッジになります。

そのため、「普段は株式投資しかやっていない」という方や「仮想通貨は何となく怖いイメージがあるからやっていない」という方にもぜひポートフォリオの一つに組み入れてほしいのです。

決済としても使える

3つ目は、ビットコインをはじめとする仮想通貨は投資としてだけでなく決済としても使えることです。

まだ日本で仮想通貨が決済として利用できる店舗などは少ないですが、少しずつその広がりを見せてきています。

投資と決済両方の機能を持った金融商品はおそらく仮想通貨しかありませんので、仮想通貨をポートフォリオに入れる大きなメリットと言えます。

例えば株式投資の場合、利益が出た分のお金を使おうと思ったら、一旦株式を売却して、自身の銀行口座にお金を移す必要があります。他の金融商品に関しても同じく、基本的には商品を一度売却しなければお金として使うことが出来ません。

一方で仮想通貨に関しては、含み益が出たとして、その分を売却することなくそのまま決済として使うことができます。

含み損と含み益

そのため手数料もかかりませんし、細かな手続きを行う時間も節約することができます。

また、決済機能を持った投資対象として、今後ますます注目を集め、価格が上がっていく可能性もあるでしょう。

以上のように様々なメリットがある仮想通貨に投資するためにまずは国内取引所で口座開設してみてください

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨をポートフォリオに入れるデメリット

将来性も期待でき、投資対象として魅力的な仮想通貨ですが、ポートフォリオに入れるデメリットも存在します。

デメリット2つ
  • ボラリティが大きい
  • ハッキングリスクがある

マイナス面も受け入れて運用できるかよく検討してみましょう。

ボラティリティが大きい

ボラティリティとは

仮想通貨をポートフォリオに入れるデメリットの一つとして、ボラティリティが大きいことが挙げられます。

ボラティリティとは価格変動の大きさを表す言葉です。

「ボラティリティが大きい」という場合は価格変動が大きく、「ボラティリティが小さい」という場合は価格変動が小さくなります。

仮想通貨は株式や投資信託、債券などの他の金融商品と比べて価格が大きく上下するため、ボラティリティが大きいと言えます。

ボラティリティが大きいということは、大きな利益を出せる可能性がある一方、資産が大きく減ってしまう可能性もあるということです。

そのため、自身のリスク許容度に合わせて、ポートフォリオにおける仮想通貨の割合を調整する必要があります。

ハッキングリスクがある

最近では仮想通貨取引所でのセキュリティが強化され、目立った事件はあまり発生していませんが、やはりハッキングのリスクは全くないとは言い切れません。

取引所 セキュリティ

たとえば過去には、「コインチェック事件」と呼ばれる、2018年に大手取引所のCoincheck(コインチェック)が管理していたアルトコインのNEM(ネム)が約580億円相当流出した事件、2021年8月半ばには、「ポリネットワーク(PolyNetwork)」という分散型金融(以下、DeFi)プロジェクトで大規模なハッキング事件が発覚しました。

このように、仮想通貨では度々ハッキング被害が出ているため、リスクがあることを認識していなければいけません。

また、個人でもパスワードの管理をしっかり行う、仮想通貨の取引を行う際にフリーWi-Fiを絶対に利用しないなどセキュリティ対策を万全にする必要があります。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨のポートフォリオの作り方

仮想通貨投資を行うにあたって、どの銘柄をどのくらいの割合で保有するか決めるのは大切です。

ここでは、仮想通貨のポートフォリオの作り方を詳しく解説していきます。

予算を決める

まずは、どれだけの資産を仮想通貨の運用に回せるかを考えましょう。

仮想通貨はボラティリティが大きいため、仮に全ての投資金額が吹き飛んでも生活に支障の出ない範囲で投資を行うのが得策です。

近い将来使う予定のあるお金や、病気などで働けなくなった時のための数年分の生活費など、最低限蓄えておかなければいけない金額を割り出して、いくらまでなら仮想通貨投資に回せるかざっくりでも構わないので計算してみましょう。

余裕資金を把握したうえで投資を行えば、値下がりしたときに慌てて売却してしまったり、経済面の不安から値動きに対して必要以上に反応してしまうことを防ぐことができます。

どの銘柄を購入するか決める

仮想通貨に投資できる金額を決めたら、次はどの銘柄を購入するか決めていきましょう。

仮想通貨にはビットコインやイーサリアムといった比較的有名なものからリップルやエンジンコインといった少しマイナーな銘柄など様々な種類があります。

一般的に時価総額が大きく知名度が高い銘柄ほど値動きが安定している傾向にあります。

また、各銘柄ごとの特徴や、チャートの値動きなどを確認して、投資したい銘柄を考えるとよいでしょう。

銘柄のバランスを考える

投資する銘柄を決めたら、次はどの銘柄をどのくらいの割合で保有するか決めましょう。

仮想通貨は全体的に値動きが激しいですが、その中でも銘柄ごとにボラティリティは異なります。

安定的な運用を目指すのであれば、ビットコインやイーサリアムといった比較的に価格が安定している銘柄を多めに配分し、リスクを大きくとってリターンを最大限に狙うのであればこれから大きな成長が見込める銘柄の配分を大きくするのがよいでしょう。

割合をしっかりと考えながらポートフォリオを作成していきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨のポートフォリオの作り方の例

続いて、仮想通貨のポートフォリオの例をご紹介します。

攻めの運用と守りの運用それぞれのポートフォリオを解説していきます。

攻めの運用

最大限にリスクをとってハイリターンを狙う場合は、時価総額の大きいビットコインやイーサリアムの比率を小さくし、時価総額の小さいアルトコインの比率を大きくするのが効果的です。

例えば、攻めの運用を行うとしたら以下のようなポートフォリオが考えられます。

ビットコイン10%

イーサリアム15%

リップル20%

ポルカドット20%

エンジンコイン20%

モナコイン15%

時価総額の小さいアルトコインは、短期間で大幅な値上がりをする銘柄も多く、短期間で一気に資産を増やせる可能性があります。

ただ、仮想通貨には値上がりがみれらないものも多く存在しますので、アルトコイン投資には細心の注意が必要です。

アルトコイン銘柄ランキングアルトコインにおすすめの取引所の記事を投資する際の参考にすることがおすすめです。

守りの運用

仮想通貨自体がリスクの高い投資ですが、その中でもできるだけ安定的な運用をしたいという方も多いことでしょう。

その場合は、時価総額の大きいビットコインやイーサリアムの比率を大きくし、時価総額の小さいあるとコインの比率を小さくするのが得策です。

例えば、守りの運用を行うとしたら以下のようなポートフォリオが考えられます。

ビットコイン50%

イーサリアム40%

エンジンコイン10%

もっとリスクを下げたい場合は、ビットコイン60%、イーサリアム40%の比率にしてもよいでしょう。

ただ、ビットコインやイーサリアムも値上がりが保証されているわけではないので注意が必要です。

Coincheckなら以上の銘柄を購入することができるので、仮想通貨をポートフォリオに入れたい方はぜひ口座開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

おすすめの仮想通貨取引所

ここまでの記事を読んで、「仮想通貨取引を始めてみたいけど、どの取引所を利用すれば良いのだろう」という疑問を持たれた方も多いのではないでしょうか。

仮想通貨を扱っている国内の取引所は、複数存在しています。

今回は、その中からおすすめできる3つの取引所の特徴について紹介していきます。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(16銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

手数料無料

おすすめの仮想通貨アプリで1位で紹介されているCoincheckは販売所、取引所ともに手数料無料です。

すべての取引を手数料を気にせずにできるのは大きなメリットですね。

基本的に販売所より取引所の方が購入価格が安くなるので、Coincheckの取引所で仮想通貨の売買を行うのが一番お得と言えるでしょう。

オリジナルのサービスが充実

コインチェックでは、独自のサービスを多く展開しています。

例えば、15種類の通貨を、月々1万円から自動で購入して積み立てることができる「Coincheckつみたて」や、保有している仮想通貨をコインチェックに貸し出すことで、賃借料を得ることができる「貸仮想通貨」、コインチェックのユーザー同士でデジタルアセット「NFT」と仮想通貨の交換取引ができる「CoincheckNFT(β版)」などがあります。

レバレッジ取引ができない

Coincheckでは現在、レバレッジ取引ができません。

もし仮想通貨でレバレッジ取引を行いたい場合は、他の取引所を使う必要があります。

まだ仮想通貨を購入するための口座を持っていない方は使いやすいCoincheckから初めてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin

dmmbitcoin
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(7銘柄)
取引所形式:×
レバレッジ取引(銘柄数)○(21銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
 取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
※BitMatch注文を除く
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

豊富な取り扱い銘柄

DMM Bitcoinでは、全部で19種類もの銘柄で取引を行うことができます。

これは、国内No.1の銘柄数になります。

ビットコインやイーサリアムはもちろん、クアンタム(QTUM)やオーエムジー(OMG)といった現物取引でも取り扱いの珍しい銘柄でも取引を行いたい方にピッタリの取引所です。

顧客サポートが充実

DMM Bitcoinでは、お問い合わせフォームやLINEサポートから365日相談することができます。

仮想通貨の取引で疑問が生じた場合、すぐに運営側にアドバイスを求めることができるので、安心して取引を行えます。

また、お客様の要望に応える体制づくりも行っていることから、顧客を大切にしている姿勢が感じられます。

販売所形式の取引のみ

仮想通貨取引を行う場所は通常、販売所と取引所の2種類がありますが、DMM Bitcoinでは販売所形式での取引しか対応していません。

販売所での取引は、提示されている価格ですぐに購入ができるので初心者にもわかりやすく便利ですが、購入価格と売却価格の差であるスプレッドが発生するため、取引所と比べて購入価格が高く、売却価格は低くなる傾向があります。

多くの仮想通貨を購入していきたい方はDMMBitcoinで口座開設してみてください。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(13銘柄)
取引所形式:○(7銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)○(ビットコインのみ)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.00000001BTC
取引所形式:0.001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
 取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:約定数量×0.01~0.15%
レバレッジ取引:無料(スワップ手数料あり)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスステーキングリワードサービス
ビットコインをもらう!
ビットコインをつかう
Tポイントとビットコインの交換サービス
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

ビットコイン取引量No.1

ビットフライヤーはビットコインの取引量が国内No.1です。

取引量が多いメリットとしては流動性が高く、取引所形式でも取引が成立しやすいことが挙げられます。

取引所での取引では、仮想通貨を売りたい人と買いたい人がマッチングして初めて成立します。

そのためビットフライヤーでは、他社の仮想通貨取引所よりもスピーディーにビットコインの取引ができることがメリットです。

豊富なサービス

ビットフライヤーでは、独自のサービスを多く展開しています。

中でも、ビットコインをもらえるサービスでは、いつものネットショッピングや旅行予約、各社サービスへの会員登録などでビットコインをもらえます。

普段の生活の中でビットコインを貯められるチャンスがあるのは大きな魅力ですね。

取引所での取引には手数料がかかる

bitFlyerの取引所で取引を行う際は、手数料がかかります。

そのため、利益の小ささによっては手数料負けしてしまう可能性があるので注意しましょう。

ビットコインを主に取引したい方はbitFlyerで口座開設してみてください。

仮想通貨のポートフォリオのまとめ

今回は、仮想通貨のポートフォリオについて解説しました。

以下がこの記事のまとめになります。

この記事の要点
  • 仮想通貨の高い将来性に注目しよう
  • 仮想通貨投資はインフレ対策にも有効
  • ボラティリティの大きさに注意しよう
  • 仮想通貨のポートフォリオの作り方
  • 仮想通貨投資を始めるならCoincheckがおすすめ

ポートフォリオを作ることは自身の投資スタイルを客観的に見つめ直すためにも、とても有効な手段です。

投資には勢いも必要ですが、あまり無理な運用を続けていると精神的にも追い込まれてしまう可能性が高いです。

そのため、今回ご紹介したポートフォリオの作り方を参考に、自身のリスク許容度などを踏まえてポートフォリオを作成して、安心してできる投資スタイルを確立してみましょう。

余裕資金の中で無理なく成長分野に投資できれば、将来的に資産を大きく増やせるかもしれません。

ポートフォリオを組み立てるために、まずは国内取引所で口座開設してください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる