仮想通貨/ビットコイン投資の始め方・やり方をわかりやすく解説【初心者におすすめ】

ウェブサイトや書籍などでビットコインや仮想通貨について調べてみても初心者には難しそうと思っている方も多いでしょう。

そこで、これからビットコインや仮想通貨を始める方に向けて、ビットコインの始め方から注意点までわかりやすく解説します。

この記事のポイント
  • 仮想通貨は価値の保証がない暗号化された通貨
  • 仮想通貨は仮想通貨取引所で取引ができる
  • 価格が急騰しやすい傾向があり大きな利益を狙える
  • 仮想通貨取引にはリスクがあるため分散投資がおすすめ
  • 金融庁に認可された仮想通貨取引所で取引を行うこと
  • おすすめの仮想通貨取引所はCoincheck

ビットコインは初めて誕生した仮想通貨で、無数にある仮想通貨の中の基軸通貨となっています。

これからビットコインや仮想通貨を購入するなら取扱銘柄が多く、見やすいと評判のCoincheckがおすすめ。

17種類もの通貨を取引することができ、アプリもあって初心者の方も非常に使いやすいです。

まずはこの機会にCoincheck公式サイトから口座を開設しておきましょう。

コインチェック

\ アプリダウンロード数No.1 /

なお、ビットコインの取引方法についてはビッコレTVで動画でわかりやすく解説されていますので初心者の方はぜひチェックしておきましょう。

目次

ビットコインや仮想通貨とは

仮想通貨とは法定通貨のように特定の国家が価値の保証をしていない、暗号化された通貨の総称です。

このビットコインを含む仮想通貨は法定通貨や電子マネーなどと役割や仕組みが全く違います。

仮想通貨はインターネット上でやり取りする通貨

仮想通貨は名前の通り、実在するものではなく、インターネット上でやり取りをする通貨です。

ブロックチェーンなどの暗号化する技術を活用しているため、「暗号通貨」とも呼ばれており、国などに縛れられることなど誰でもインターネット上で利用できる通貨のことを言います。

現在、仮想通貨は全部で2,100種類以上あると言われています。

ビットコインの通貨については、アルトコイン草コインの紹介記事で詳しく解説しています。

法定通貨や電子マネーとの相違点

ビットコイン とは

仮想通貨は財産としての価値を持っていますが、既存の財産として価値のある法定通貨や電子マネーとは何が違うのでしょうか。

法定通貨・電子マネーとの相違点
  • 国家や特定の機関に財産としての価値が保証されていない
  • 特定の国や地域に縛られず世界共通で利用できる
  • 決済や送金、投資、資産運用などが可能
  • 換金できる
  • すべての取引履歴を見ることができる

あくまでも決済にしか利用ができない電子マネーとは違い、決済だけでなく送金や投資を行うことができ、なおかつ換金ができるという大きな違いがあります。

また、法定通貨のように使う場所に縛られないため、世界中の人とやりとりができるところから「世界共通の通貨」とも呼ばれています。

つまり、仮想通貨はいつでもどこでも全世界の人が様々な方法で活用が可能な財産なのです。

発行上限がある仮想通貨もある

私達が使っているお金は上限が定められておらず、発行量調整しながら日々お金が出回っています。

国家が発行しようと思えばいくらでも発行することができるのです。

ただし、発行しすぎると法定通貨の価値がなくなりハイパーインフレなどの状態になってしまう危険性があります。

それに対して、仮想通貨は発行上限が定められているコインが多いため、インフレを軽減することができます。

また、何年も流通していても一定の資産価値を持つことができるようになっているのです。

仮想通貨/ビットコインの始め方① 仮想通貨取引所の口座開設を行う

コインチェック

仮想通貨やビットコインを始めるにはまず、仮想通貨取引所の口座開設を行う必要があります。

今回はCoincheckでの口座開設方法を紹介します。

まずは公式サイトにアクセスしましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨取引所の口座開設方法
  1. メールアドレスとパスワードを登録する
  2. 電話番号認証と個人情報を入力する
  3. 本人確認書類を提出する
  4. 仮想通貨取引所から届く書類を受け取る

順番に説明していきます。

メールアドレスとパスワードを登録する

コインチェック 会員登録

仮想通貨取引所のHPにアクセスして、口座開設します。HPにある「新規登録」をクリックします。

メールアドレスやパスワードを入力する画面になるため、それぞれ入力し、チェックボックスにチェックを入れて、「新規登録」を押して登録します。

登録したメールアドレスに「【Coincheck】登録メールアドレス確認のお願い」というメールが届くので、メールに書かれたURLをクリックし、アカウントの作成を完了させましょう。

登録するメールアドレスによっては迷惑メールフォルダに履いてしまったり、迷惑メールフィルタに引っかかって届かない可能性があるため、もし届かない場合、迷惑メールフォルダを確認したり、届くように設定しましょう。

電話番号認証と個人情報を入力する

電話番号 認証

「本人確認」を押し、電話番号認証を行います。電話番号を入力しSMSを送ると、認証番号が届きます。

認証番号を入力して電話番号認証を行います。

その後居住国や氏名、性別、生年月日などの個人情報を入力します。

なお、Coincheckのアプリをダウンロードして個人情報の入力画面にあるQRコードを読み込むことで、スマホ1つで、本人確認から審査までをすばやく行うことができます。

さらに審査が完了すれば、Coincheckから書類が届く前に仮想通貨の取引ができるため、アプリでの本人確認がおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

本人確認書類を提出する

本人確認書類を提出します。

なお、アップロードで提出できる本人確認書類は以下になります。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

本人確認書類は顔写真付きのものになります。

ただし、現住所のものである必要があるため、旧住所の方は新住所にしてから提出をするか、補助書類を用意しましょう。

仮想通貨取引所から届く書類を受け取る

本人確認書類を提出すると、Coincheckが審査を行います。

本人確認書類の審査完了後、メールアドレスに「本人確認完了のお知らせ」のメールと、登録の住所に書類が届きます。

ここまでが口座開設の一連の流れです。

アプリで本人確認している方は書類が届く前から取引が可能なため、もしすぐに取引をしたいという方はアプリで本人確認しましょう。

このように口座開設は簡単にすることができ、取引もすぐに始められますので、この機会にCoincheck公式サイトから申し込んでおきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨/ビットコインの始め方② 仮想通貨取引所へ日本円を入金する

入金

口座開設を最後まで行ったら、仮想通貨取引所に入金して取引を行います。

入金方法は仮想通貨取引所によってそれぞれですが、ほとんどの場合「銀行振込」と「コンビニ振込」です。

銀行振込

マイページの「日本円を入金する」で銀行振込を選ぶと振込先の金融機関の口座が表示されます。

指定の口座に振り込むことで、アカウントに資金が反映しますが、仮想通貨取引所の口座名義人と振込名義人に相違があると、入金反映されないため、注意しましょう。

なお、銀行でかかる振込手数料は自己負担になります。

コンビニ払い

「日本円を入金する」の「コンビニ入金」を選ぶと、入金金額を入力する画面になるため、入金したい金額を入力して、コンビニを選びます。

受付番号が表示されるため、コンビニのレジで支払いをしてください。

仮想通貨/ビットコインの始め方③ 仮想通貨取引所で実際にビットコインを購入する

実際にビットコインを仮想通貨取引所で購入してみましょう。

注文板を見ながら希望の金額で注文する取引所形式と、あらかじめ決まった金額で注文する販売所形式があります。

取引所での購入方法

コインチェック 現物取引

Coincheckで購入する場合はマイページから購入ができます。ビットコインやアルトコインの現物取引ができます。

注文板を見ながら注文量と金額を入力して「買い」を押して注文を出します。

買い注文を出すと、注文履歴で確認が出来ます。注文を出した金額で他のユーザーが売却することで確定になります。

注文板に書いてある金額よりも安い金額で買い注文を出すと、ずっと購入することができず流れてしまうため注文板の金額を参考に買い注文を出しましょう。

販売所での購入方法

コインチェック 販売所

メニューにある「販売所」を選ぶと、購入できる銘柄が出てきます。

その中からビットコインを選び、数量を入れて購入します。

現物取引よりも購入方法が簡単ですぐに購入できるのですが、「スプレッド(手数料)」が高いため、取引所での購入がおすすめです。 

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨/ビットコインの始め方④ 仮想通貨取引所でビットコインを売却する

ビットコインを実際に売却してみましょう。要領は買い注文を出すときと同じです。

仮想通貨 取引所 販売所

取引所での売却方法

取引所では買い注文と売り注文を同じ画面上で行うことが出来ます。

買い注文を出したときのように注文板を見ながら売り注文を出します。

売り注文のときは金額が相場よりも高くなりすぎないように気をつけましょう。

販売所での売却方法

販売所は購入と売却が分かれているため、販売所(売却)から売却を行います。

操作方法は販売所(購入)と同じで、売却したい銘柄を選び、数量を入れて売却するだけで完了です。

暗号資産を売買する際はコストがかかりますので、仮想通貨取引所の手数料の比較記事もあわせてご覧ください。

仮想通貨/ビットコインの始め方⑤ 仮想通貨取引所から日本円を出金する

コインチェック 出金

実際に日本円の出金をしましょう。

左のメニューにある「日本円の出金」を選び出金をします。まずは出金先の金融機関の登録を行います。

金融機関の名義と同じように登録をしないと出金をしようとしても出来ないため、正しく登録しましょう。(例えば、名義人がローマ字の場合はローマ字で登録が必要です。)

登録をしたら、出金可能額が表示され、出金したい金額を入れて出金を行います。

銀行営業日午前9時に出金申請をすれば、翌営業日に指定の金融機関口座に振り込みがされます。

即日で出金はできないため、もしお金が必要なときは早めに出金の申請をしましょう。

仮想通貨/ビットコインの始め方⑥ トレードを上達させる

仮想通貨の取引に慣れてきたら様々なトレード方法を使い、上手くトレードできるようになりましょう。

トレード方法は色々ありますが、代表的なものは以下の3つです。

  • デイトレード
  • レバレッジトレード
  • アービトラージ

デイトレード

FXや株でデイトレードを行っている方をデイトレーダーなどとも言いますが、購入した仮想通貨を保有し続けず1日で終了させる方法のことを言います。

仮想通貨は価格変動が激しい傾向があるため、タイミングを上手く掴むことで、利益を得ることができます。

短期投資に興味のある方は、仮想通貨FXについての記事も併せてご覧ください。

レバレッジトレード

レバレッジ取引は、レバレッジを設定して、使う予定の資金よりも大きい金額でトレードを行う方法です。

時倍率は仮想通貨取引所によって異なり、国内では2倍〜10倍程度ですが、海外の仮想通貨取引所だと100倍で取引ができるところもあります。

資金よりも大きな金額で取引ができるため、大きな利益を得られる反面、リスクを伴います。

そのため、レバレッジトレードをするときには注意しましょう。

アービトラージ

アービラージとは裁定取引ともいい、取引所間での価格差を利用して取引を行う方法です。

仮想通貨は仮想通貨取引所によって価格に差異があることがほとんどです。

そのため、価格が安い取引所で仮想通貨の買付を行い、価格が高い仮想通貨取引所に送金をして売却することで、利益を狙います。

以上、仮想通貨取引の始め方を6つのステップで説明しました。

実際に取引をすると得られる学びや知識が多くありますので、ぜひこの機会に口座を開設して、仮想通貨の取引を始めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ビッコレ

また、仮想通貨投資を始めるのなら、ビットコインが貯まる「ビッコレ」も利用してみるのがおすすめです。

無料で稼げる案件が多くありますので、タダで仮想通貨の取引を始めることができます。

\ 無料で100円分のBTCがもらえる /

仮想通貨/ビットコイン投資を始めるメリット

仮想通貨やビットコインの投資を始めるにはさまざまなメリットがあります。

価格が急騰することが多く収益が高くなる傾向がある

仮想通貨は他の投資方法商品と比べると、価格変動が激しい傾向があります。

そのため、価格が急騰することが多く、大きな利益を得られるチャンスがあります。

仮想通貨の基軸通貨となっているビットコインも、最初はほとんど価値が無い通貨でしたが、現在では1BTC=600万円まで高騰することもあります。

また、まだほとんど価値がないアルトコインのことを草コインといい、草コインが急に100倍以上に高騰することがあるため、草コインに投資している方も多いです。

草コイン

ただし、草コインはそのものに価値がなかったり、資金集めのためだけに作られたいわゆる詐欺コインも中にはあるため、いきなり大きな額を草コインに投資するのはやめたほうが良いでしょう。

ビットコインを保有することで、インフレヘッジができる

ビットコインは保有することでインフレヘッジができると言われています。

インフレヘッジとは、インフレーションによる資産の価値が下落するリスクを回避することです。

ビットコインは発行に上限があり、世界中で通貨として利用可能です。

インフレヘッジで投資する商品としては金が有名ですが、どちらも法定通貨ではなく、限りあるものであるという点では共通しており、インフレヘッジの資産とされているのです。

金と比較して、ビットコインのほうが価格変動が激しい為、安定性を考えると、金のほうが安全だと言えますが、今後さらにビットコインの価格が成熟すれば、価格変動が安定する可能性もあるといえるでしょう。

ブロックチェーンに詳しくなることができる

ブロックチェーンとは

ビットコインの取引をすることで、ブロックチェーンに詳しくなることができます。

ブロックチェーンとは、取引の記録をする台帳のようなものでマイナーと呼ばれる人たちによって取引履歴を記録されるため、改ざんが非常に困難です。

仮想通貨にはブロックチェーンが組み込まれており、安全にお取引をすることができるようになっています。

ブロックチェーンは通貨によってよりトランザクションが速いものがあり、投資をすればするほどブロックチェーンについて詳しくなれるのです。

なお、当サイトMedia Argoの公式LINEで随時、仮想通貨の限定情報や最新情報を配信中。

無料ですので、是非LINE登録してみてください。

\ 12/31まで!200円のBTCゲット/

仮想通貨/ビットコインを始める前の注意点

仮想通貨やビットコインを始める前に注意点について理解をしておきましょう。

相場のボラティリティが他の金融商品に比べて大きい

仮想通貨は他の金融商品に比べて相場のボラティリティが大きい傾向があります。

株などの金融商品は100倍などに高騰することはほとんどありませんが、仮想通貨はある日突然急騰することがあります。

FX取引などに向いているとされていますが、ボラティリティが大きいことで、損失のリスクも大きくなることを理解する必要があるでしょう。

カウンターパーティーリスクが存在する

ビットコインや仮想通貨はカウンターパーティーリスクが存在します。

通常のカウンターパーティーリスクとは、相手の金融機関との契約が履行されないことを言います。

仮想通貨では規制されていない取引所を使うことが多く、ハッキング等による資産や個人情報の流失が多いため、預けた資産が引き出せなくなったり、保有している仮想通貨自体に価値なくなるなどのニュアンスとなっています。

レバレッジ取引には高いリスクが伴う

レバレッジ取引は少ない資金に何十倍、何百倍ものレバレッジをかけるため、大きな利益を狙えますが、その分高いリスクがあることを理解しましょう。

通常の投資のように不足金などが発生することはありませんが、ロスカットなどがされることがあるため、注意が必要です。

レバレッジ取引は仮想通貨取引と相性が良い投資方法と言われていますが、高いリスクがあるため注意しましょう。

レバレッジ取引をするなら、レバレッジ取引対応銘柄が12通貨と多いDMMBitcoinを使うのがおすすめ。

様々なアルトコインのレバレッジ取引ができますので、是非使ってみてください。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

よくある海外取引所は金融庁に認可をされていない

海外取引所は取扱銘柄が圧倒的に多く、レバレッジの倍率も高いのですが、国内の金融庁に認可されていないため、トラブルが合ったときに保障がありません。

国内に日本国内では認可されていないと仮想通貨取引所の運営ができないため、ある程度保障があり、安心して利用できます。

海外取引所は安全性に不安があるため、できれば国内で取引ができるものは国内の取引所で取引をしたほうが良いでしょう。

なお、当サイトMedia Argoの公式LINEで随時、仮想通貨の限定情報や最新情報を配信中。

無料ですので、是非LINE登録してみてください。

\ 12/31まで!200円のBTCゲット/

仮想通貨/ビットコイン投資を始められるおすすめな取引所

仮想通貨やビットコインの投資するのにおすすめの取引所を紹介します。

おすすめ仮想通貨取引所の記事と併せてご参考ください。

CoinCheck(コインチェック)

コインチェック
名称Coincheck
取扱銘柄数17通貨
レバレッジ×
販売所手数料無料
取引所手数料無料
主な仮想通貨の送金手数料BTC : 0.001BTC
ETH : 0.01ETH
ETC : 0.01ETC
入金手数料銀行振込 : 無料※銀行手数料自己負担
コンビニ入金 : 770円(税込)~
クイック入金 : 770円(税込)~
出金手数料407円(税込)
アプリCoincheck(コインチェック)アプリ
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheckは証券会社などの金融業を多なっている東証一部上場企業のマネックスが親会社の取引所です。

証券会社運営で培ってきたセキュリティの高さと、公式HPやスホアプリの使いやすさや、そして国内No.1の取扱数で高い人気を誇ります。

現在Coincheckは17銘柄と、国内で最も取扱数が多いため、国内取引所でありながらたくさんの仮想通貨の投資が出来ます。

さらにCoincheckつみたてや貸仮想通貨サービスも行っているため、コツコツ仮想通貨を増やしたい方にもおすすめです。

多くの人が利用する王道の取引所ですので、まだ口座をお持ちでない方はこの機会にCoincheck公式サイトから口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMMBitcoin

dmmbitcoin
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(通貨6銘柄、通貨ペア7銘柄)
取引所形式:✕
レバレッジ取引(銘柄数)◯(通貨12銘柄、通貨ペア19銘柄)
最小発注数量(ビットコインの場合)販売所形式:0.0001BTC
取引手数料(ビットコインの場合)販売所形式:0円(BitMatchを除く)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスなし
公式サイトDMMBitcoin公式サイト
関連記事DMMBitcoinの評判

DMMBitcoinは多くの通貨でレバレッジ取引を行えるのが特徴です。

また、取引所形式の取引サービスは提供されていないものの、BitMatch注文を利用すれば、販売所形式と取引所形式のハイブリッドのような取引が可能になります。

さらに、 BitMatch注文ではスプレッドがかからないため、取引コストを安く抑えることができます。

レバレッジを効かせて取引をしてみたい方はぜひこの機会にDMMBitcoin公式サイトから口座を開設してみましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー
名称bitFlyer
取扱銘柄数12 通貨
レバレッジ最大2倍(bitFlyer Lightning)
販売所手数料無料
取引所手数料0.01 ~ 0.15%
主な仮想通貨の送金手数料BTC : 0.0004BTC
ETH : 0.005ETH
XRP : 無料
入金手数料銀行振込 : 無料※銀行手数料自己負担
クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料
クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円(税込)
出金手数料220円~770円(税込)
アプリbitFlyer ウォレット
公式サイトbitFlyer公式サイト

国内で最もビットコインの取引を行っているのがbitFlyerです。

bitFlyerは2014年より運営している国内でも老舗の仮想通貨取引所で、CM放映などもしているため、仮想通貨をしていないけどbitFlyerは知っているという人も多いです。

bitFlyerの専用ページからショッピングサイトや旅行サイトに入って利用することで、ビットコインを付与するサービスを行っているため、よりお得にお買い物をすることができます。

また、bitFlyer Lifghtningではレバレッジをかけた取引ができるため、より効率的に取引が可能です。

さらに2021年1月18日から「bitFlyerかんたん積み立て」が始まり、毎月コツコツと仮想通貨を積み立てることができるため、計画的に取引をしたい方におすすめです。

様々なスタイルで取引が可能なため初心者の方から本格的に取引をしたい方までおすすめの仮想通貨取引所です。

この機会にCoincheckと併せて口座を開設しておくとよいでしょう。

また、コインチェックとビットフライヤーの比較記事もあわせてご覧ください。

GMOコイン

gmoコイン
名称GMOコイン
取扱銘柄数12 通貨
レバレッジ4倍※取引できるのは10銘柄
販売所手数料無料
取引所手数料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
主な仮想通貨の送金手数料無料
入金手数料銀行振込 :無料※振込手数料自己負担
即時入金無料
出金手数料無料
アプリGMOコイン 暗号資産ウォレット
公式サイトGMOコイン公式サイト

GMOコインは大手インターネットグループのGMOが運営している仮想通貨取引所です。

金融関連事業の運営で培われてきたセキュリティやシステムを生かしてGMO コインを運営しているため、初心者でも使いやすく信頼して利用できます。

また、GMOコインは取引だけでなく、ステーキングでも利益が得られるため、仮想通貨を保有すればするほど報酬が得られるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

\ 顧客満足度No.1! /

仮想通貨/ビットコイン投資を始める前のよくある質問(Q&A)

仮想通貨やビットコインの投資を始める前に多くの方が必ず思う疑問点をQ&A方式で解説します。

なお、当サイトMedia Argoの公式LINEで随時、仮想通貨の限定情報や最新情報を配信中。

無料ですので、是非LINE登録してみてください。

\ 12/31まで!200円のBTCゲット/

仮想通貨投資で利益が出た場合の税金はどうなりますか?

仮想通貨の税金

現在、仮想通貨で出た利益は雑所得の扱いになり、利益の半分以上が税金として引かれる可能性があります。

雑所得は最大45%かかるだけでなく、さらに損益通算が出来ないため、利益を出せば出すほど税金が高くなってしまうのです。

ただし、仮想通貨を売却せずに保有するだけであれば税金がかかりません。

また、個人事業主になって青色申告で確定申告をすることで、節税が可能となっているため、高い税金を払わなくても良いように節税対策はしっかりしましょう。

仮想通貨投資はいくらから始めることができますか?

仮想通貨あ最低投資金額が取引所によっても異なりますが、1,000円ほどの少額から始めることができるところが多いです。

また、1つの仮想通貨取引所でのみ仮想通貨を保有するのではなく、複数の仮想通貨取引所で取引をしたほうが、リスクの分散が可能のためおすすめです。

この機会にCoincheckbitFlyerなどで口座を複数開設しておくと良いでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ビッコレ

なお、ビットコインが貯まるポイントサイト「ビッコレ」を利用すれば、無料で仮想通貨投資を始めることが可能です。

まだ登録していない方はこの機会にビッコレ公式サイトから登録してみましょう。

\ 無料で100円分のBTCがもらえる /

仮想通貨は詐欺ではないのですか?

仮想通貨はどこででも決済や送金ができるようになど、目的を持って作られているのですが、仮想通貨の中には詐欺コインと呼ばれるお金集めのためだけに作られたコインがあります。

詐欺コインかそうでないかを見極めるのは非常に困難なため、仮想通貨の投資をするなら時価総額ランキングの1位から100位までの将来性のある仮想通貨から投資を始めるといいでしょう。       

ビットコインと他の仮想通貨の違いは何ですか?

アルトコインとは

ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと言います。

ただし、ビットコインは初めて誕生した仮想通貨で仮想通貨界の基軸通貨になっています。

そのため、ビットコインの価格変動や、ビットコインに関するニュースが出ると、それに呼応して仮想通貨全体の価格に影響があります。

また、ビットコインはすでに決済の方法として導入されているなど、すでに多くの企業が採用しており、今後決済方法の1つとしてメジャーになっていくと考えられています。

仮想通貨の情報はどこから調べられますか?

仮想通貨の情報は各仮想通貨取引所や、「Coinpost」などの仮想通貨情報サイト、Twitterなどで情報収集が可能です。

ただし、Twitterの場合は情報源がわからない情報があるため、あくまでも参考にする程度で、定期的に見るなら仮想通貨情報サイトなどがおすすめです。

また、IEOなどに参加する場合は、仮想通貨取引所に情報が載るため、仮想通貨取引所の情報を確認しましょう。

なお、当サイトMedia Argoの公式LINEで随時、仮想通貨の限定情報や最新情報を配信中。

無料ですので、是非LINE登録してみてください。

\ 12/31まで!200円のBTCゲット/

仮想通貨/ビットコイン投資の始め方まとめ

仮想通貨やビットコイン投資は株投資などと比べると少額から始めることができるため、初心者の方でも始めやすい投資方法です。

価格変動が大きいため、大きな利益を得られる可能性があるため、期待値が高いですが、その分リスクも高くなるため、できるだけリスクを軽減するために分散して投資を行うのがおすすめです。

この記事のまとめ
  • 仮想通貨やビットコインは仮想通貨取引所で購入ができる
  • 価格変動が大きいためうまく取引をすれば大きな利益につながる
  • リスクヘッジとしてビットコインの投資はおすすめ
  • 仮想通貨の中には詐欺コインもあるため注意すること
  • まずは仮想通貨取引所に口座をつくること
  • 国内No.1の取扱数を誇るCoincheckがおすすめ

仮想通貨を始めるならHPやアプリが使いやすく取扱銘柄が多いCoincheckにまず口座を作りましょう。

また、様々なスタイルで投資を行うために、bitFlyerGMOコインなど複数の仮想通貨取引所に口座を開設するのもおすすめです。

この機会に口座を開設して、仮想通貨取引を始めてみてはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる