仮想通貨/ビットコインの使い方は?メリット・デメリットから徹底検証!

仮想通貨/ビットコインについて知っていても、どのような使い方があるのか全てを把握している人はあまりいません。

実は、仮想通貨は送金や投資としての手段以外にも、さまざまな目的のために利用されます。

今回は、仮想通貨/ビットコインを使うメリット・デメリットや、どんな使い方があるかなどについて詳しく解説します。

これから仮想通貨を取引したいと考えている方向けのおすすめ仮想通貨取引所も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • 仮想通貨/ビットコインは送金の手続きが簡単でコストが安い
  • 価格変動が大きいためうまく取引すれば利益も狙える
  • 取引所のセキュリティやスケーラビリティ問題には注意が必要
  • 送金や決済、投資などの目的のほか、NFTの購入や資金調達(ICO)にも利用される
  • 仮想通貨を取引するならDMM Bitcoinをチェックしてみよう

これから仮想通貨を使い始めたいという方は、DMM Bitcoinなど安心して利用できる国内の仮想通貨取引所を利用しましょう。

DMM Bitcoinは申し込み後最短1時間で取引がスタートできるため、すぐに取引したいという方にも向いています。

まずはDMM Bitcoinの公式サイトを覗いてみてください。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

目次

仮想通貨/ビットコインを使うメリット

仮想通貨/ビットコインを使うメリットは主に以下の3点です。

仮想通貨/ビットコインを使うメリット
  • 送金の手続きが簡単
  • 送金・決済手数料が安い
  • 取引タイミングによっては大きな利益も期待できる

送金の手続きが簡単

仮想通貨/ビットコインの大きな特徴として、送金の手続きが簡単である点が挙げられます。

例えば、円などの法定通貨を海外に送金する場合、いくつかの金融機関を介して送金する必要があります。

その分手続きが煩雑になり、着金にも数日程度の時間がかかる場合があります。

手数料も入出金の都度必要となることが多く、1回の送金でも大きな手間とコストが発生します。

仮想通貨の送金の場合は、送金先を指定して手続きを行えば、24時間265日いつでもすぐに送金が完了します。

入出金の手数料が無料または安い取引所を選べば、コスト負担も小さく抑えられるでしょう。

送金・決済手数料が安い

仮想通貨での送金は、銀行などの金融機関を利用して送金するよりも手数料が安いこともメリットとして挙げられます。

国内外問わず、コストを抑えて送金可能なのは嬉しいですね。

また、仮想通貨での決済を取り入れる店舗側にとっても、決済手数料が安いというメリットがあります。

3〜5%の手数料を支払う必要があるクレジットカード決済に比べて、仮想通貨決済は手数料が安いため取り入れやすいのです。

取引タイミングによっては大きな利益も期待できる

仮想通貨は投資の対象としても利用されます。

株や投資信託など他の金融商品と比較して値動きが激しいため、短期間で大きなリターンも期待できます。

数年・数ヶ月で価格が数倍になるということも珍しく無いため、少額からリスクをとって資産を増やしたいという人も向いているでしょう。

このように、仮想通貨/ビットコインを使うメリットはさまざまあります。

これから仮想通貨を使いたいと考えている場合は、仮想通貨取引所での口座開設が必要です。

DMM Bitcoinでは、新規口座開設で現金2,000円がプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

これから口座開設を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

仮想通貨/ビットコインを使うデメリット

一方、仮想通貨/ビットコインを使うデメリットも存在します。

仮想通貨/ビットコインを使うデメリット
  • 価格変動が大きい
  • システムトラブルやハッキングなどのリスクがある
  • スケーラビリティ問題

価格変動が大きい

仮想通貨のデメリットとして、価格変動が大きいことが挙げられます。

仮想通貨の価値は日々大きく動くため、なかなか決済手段として取り入れられにくいというのが現状です。

決済手段として仮想通貨を購入したとしても、すぐに価値が目減りしてしまうと困りますよね。

一方で、大きく値上がりした場合にも税金などの支払い義務が発生するため、注意が必要です。

実生活で仮想通貨が決済手段として用いられるためには、今よりも価格が安定することが必要でしょう。

もちろん、投資対象としても価格変動が大きいことはリスクとなります。

あまり価格をチェックせずに放っておいたら、あっという間に含み損を抱えてしまったという可能性もあるため、価格は日々しっかりとチェックするようにしましょう。

システムトラブルやハッキングなどのリスクがある

ブロックチェーンの技術自体は、システム上データ改ざんなどのリスクはほぼないと言われています。

しかし、仮想通貨取引所のシステムがサイバー攻撃を受けたり、ハッキングされたりというリスクは存在します。

インターネット環境下で仮想通貨を保有している場合は、常にセキュリティ面のリスクは少なからず存在すると考えておいた方が良いでしょう。

安全な仮想通貨取引所を利用したいと考える場合は、なるべくセキュリティ面で信頼できる国内の大手仮想通貨取引所を利用することをおすすめします。

スケーラビリティ問題

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーンの中の1つのブロックに書き込めるデータの数が限られているために起こる問題です。

特にビットコインは、1つのブロックの大きさが1MBに制限されているため、すぐに満杯になりやすいという特徴があります。

取引が混雑すると処理スピードが遅延し、送金手続きなどに時間がかかるという事態が発生します。

処理速度が低下している状態では、送金が遅れるだけでなく送金手数料が増加する可能性もあるため注意が必要です。

これから仮想通貨の取引を始めたいと考えている場合は、国内の安全な取引所を利用することをおすすめします。

DMM Bitcoinは、DMMグループの金融に関する高い技術力・ノウハウをもって運営されている取引所なので、安心・安全に仮想通貨の取引が可能です。

セキュリティを高めるためのさまざまな取り組みが実施されているため、まずは公式サイトをチェックしてみてください。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

仮想通貨/ビットコインの使い方

続いて、主な仮想通貨/ビットコインの使い方を確認しておきましょう。

仮想通貨/ビットコインの使い方
  • 送金に利用する
  • 決済手段として使う
  • NFTの購入に利用する
  • 投資・資産運用の手段として使う
  • 資金調達(ICO)の手段として使う

送金に利用する

今後、最も期待されている仮想通貨/ビットコインの使い方としては、送金に利用するという方法があります。

送金先を指定するだけで国内外問わず簡単に送金できるため、金融機関を介することなく手軽に個人間での送金も行えます。

金融機関を利用して送金する場合は、多くの場合所定の手数料が必要となりますが、仮想通貨の場合は送金手数料が安いこともメリットとなります。

24時間265日いつでも送金手続きを行えるため、利便性が高いのが特徴です。

決済手段として使う

仮想通貨/ビットコインは、商品代金やサービスの支払いに利用することも可能です。

現金と違い持ち歩く必要がなく、スマホで簡単に決済可能です。

日本ではまだ街中で仮想通貨が決済に利用できる店はそれほど多くありませんが、以下のような店舗ではビットコインでの決済が可能です。

仮想通貨/ビットコイン決済が利用できる店舗
  • ビックカメラ
  • コジマ
  • ソフマップ
  • メガネスーパー
  • HIS

決済する際に指定されたQRコードを読み込むだけで、簡単に決済手続きを完了することができます。

QRコード支払いに慣れている方であれば、特に手間取ることもないでしょう。

クレジットカードのようにカード本体や暗証番号の入力、サインなども必要ないのでスムーズです。

店舗での支払いだけでなく、オンラインショップでの支払いや、公共料金の支払いなどにも利用できます。

NFTの購入に利用する

仮想通貨は、NFTの決済手段として利用することもできます。

NFTとは、ブロックチェーン技術を利用して発行されるデジタルデータのことです。

偽造・コピーなどができず、唯一無二のデータであることから「非代替性トークン」とも訳されます。

NFTはデジタルアートやゲーム、音楽などさまざまな分野で活用されており、これらを購入するためには仮想通貨が必要となります。

NFT関連銘柄について詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

投資・資産運用の手段として使う

一般的によく知られている使い道としては、投資・資産運用の手段として利用するというものがあります。

仮想通貨/ビットコインといえば、投資・投機のためのものと認識している人も多いのではないでしょうか。

仮想通貨は価格の変動幅が大きいため、安いところで購入して価格が上がったところで売れば、大きな利益も得られます。

今後仮想通貨/ビットコインの価値が世界的に高まれば、需要が増えることによって価格も上がると考えられます。

これから上がると期待できる仮想通貨を購入しておけば、将来的に大きなリターンを得られるかもしれません。

取引所によっては数百円といった少額から購入できるところもあるため、個人でも気軽に投資できる対象として知られています。

資金調達(ICO)の手段として使う

ICOは、「Initial Coin Offering」の略で、仮想通貨を新規公開することによる資金調達方法のことです。

株でいうIPOと似たような意味を持ち、資金調達をしたい企業が新たに独自通貨を発行・販売することで投資家から資金を募ります。

投資家はコインやトークンを保有し、通貨の価値が上がればその恩恵を受け取れるという仕組みです。

仮想通貨はこのように、資金調達の手段としても用いられます。

ここまで説明したように、仮想通貨/ビットコインにはさまざまな使い方があります。

今後さらに仮想通貨の需要が高まっていくのに備えて、早いうちから仮想通貨を保有しておくと良いでしょう。

DMM Bitcoinは、最短5分で口座開設申し込みが可能な仮想通貨取引所です。

口座開設申し込み後、最短1時間で取引が可能となるため、なるべく早く取引を始めたいという人にも適しています。

まずは公式サイトから口座開設の方法などをチェックしてみてください。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

おすすめの仮想通貨取引所

続いて、おすすめの仮想通貨取引所を3つ紹介します。

これから仮想通貨を保有したいと考えている方は、参考にしてみてください。

おすすめの仮想通貨取引所
  • DMM Bitcoin(ビットコイン)
  • Coincheck(コインチェック)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM キャンペーン
取引所名DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
取引銘柄19銘柄
取引手数料無料(BitMatch注文を除く)
最低取引数量(BTCの場合)現物取引:0.0001BTC/レバレッジ取引:0.01BTC 
入金手数料銀行振り込み:無料、クイック入金:無料
出金手数料無料
仮想通貨(BTC)の入出金入金:無料(マイナーへの手数料は顧客負担)、出金:無料
公式サイトDMM Bitcoinの公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinは、大手金融グループのDMMグループが手がける仮想通貨取引所です。

取引可能な銘柄は19銘柄と多く、さまざまな購入ニーズに応えられます。

仮想通貨の購入にあたっての入出金手数料や送金手数料(BTC)がすべて無料となっているため、決済手段・送金手段としても利用しやすいのが特徴です。

現金の出金や仮想通貨の送金には手数料が必要な取引所も多いため、コストを抑えられるのはメリットと言えるでしょう。

また、DMM Bitcoin独自のサービスとして、BitMatch注文という注文方法を提供しています。

これは、DMM Bitcoinが提示するミッド(仲値)価格を参考に、売り手と買い手がマッチングすればスプレッドなしで取引できるという注文方法です。

販売所方式とオークション方式のハイブリッド注文方法となっており、それぞれのいいとこ取りをした形となります。

DMM Bitcoinの取引画面はシンプルでわかりやすく、仮想通貨投資の初心者にも人気です。

高機能モードに切り替えればさまざまなテクニカル機能もチェックできるため、投資経験やスキルに合わせて使い分けると良いでしょう。

興味のある方は、まずは公式サイトをチェックしてみてください。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

Coincheck(コインチェック)

コインチェック
取引所名Coincheck(コインチェック)
取引銘柄17銘柄
取引手数料無料
最低取引数量(BTCの場合)販売所形式:500円相当額、取引所形式:0.005BTC以上かつ500円相当額以上
入金手数料銀行振り込み:無料、コンビニ入金:3万円未満…770円、3万円以上30万円以下…1,018円、クイック入金:3万円未満…770円、3万円以上50万円以下…1,018円、50万以上…入金金額×0.11%+495円
出金手数料407円
仮想通貨(BTC)の入出金入金:無料、送金:0.0005BTC
公式サイトCoincheckの公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheckはアプリダウンロード数No.1で知られる人気仮想通貨取引です。

取引所の取引手数料は無料となっているため、コストをかけずに取引を始められます。

スマホと本人確認書類が手元にあれば、すぐに口座開設の申し込みを行えるのもメリットです。

最短1日で取引が始められるため、すぐに仮想通貨の取引を始めたいという人にも適しているでしょう。

Coincheckでの取り扱い銘柄数は17種類と国内では最大級となっています。

約500円から購入できるため、少額から取引を始めたいという人にも向いています。

Coincheckでは、下記のような関連サービスも多数提供しています。

キャプション
  • Coincheckつみたて
  • CoincheckIEO
  • Coincheck NFT
  • Coincheckでんき
  • Coincheckガス

公共料金の支払いに仮想通貨を利用したい人や、仮想通貨の積み立て投資を行いたいという人にも使い勝手の良い取引所です。

\ アプリダウンロード数No.1 /

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer
取引所名bitFlyer(ビットフライヤー)
取引銘柄15銘柄
取引手数料ビットコイン簡単取引所:約定数量×0.01〜0.15%、ビットコイン販売所:無料
最低取引数量(BTCの場合)現物取引:0.0001BTC
入金手数料銀行振り込み:無料、クイック入金(住信SBIネット銀行):無料、クイック入金(他行):330円
出金手数料三井住友銀行:220円〜440円、他行:550円〜770円
仮想通貨(BTC)の入出金0.0004BTC
公式サイトbitFlyerの公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerは、ビットコインの取引量が6年連続No.1の仮想通貨取引所です。

bitFlyerでは、販売所の手数料やビットコインFXの取引手数料、所定の銀行からの振り込み手数料が無料となっています。

出金時には手数料が発生してしまう点はデメリットとなるかもしれません。

業界最長7年以上ハッキングゼロという実績を持つため、セキュリティ面でも安心して取引できます。

15種類の仮想通貨を取り扱っており、1円から購入することが可能です。

bitFlyerでは、「bitFlyerクレカ」「bitFlyerかんたん積立」などのサービスを提供しています。

仮想通貨の取引サービスだけでなく、これらのサービスを利用してお得にビットコインを取引することができます。

チャート機能が豊富で、高度な注文にも対応しているため、仮想通貨の経験者でも満足できる仮想通貨取引所でしょう。

仮想通貨/ビットコインの使い方に関するQ&A

仮想通貨/ビットコインの使い方に関するよくある質問をまとめました。

仮想通貨/ビットコインの使い方に関するQ&A
  • 仮想通貨/ビットコインは今後どうなる?
  • 仮想通貨/ビットコインは危険?
  • 仮想通貨/ビットコインはどこで入手できる?

仮想通貨/ビットコインは今後どうなる?

2022年7月現在、ビットコインを含む仮想通貨は大幅に下落しています。

今後の動きがどうなるか気になるという人は多いでしょう。

今後については、短期的にはまだ下落する可能性もありますが、長期目線でみると以前の水準を戻していくのではないかと予想されます。

理由としては以下のようなことが挙げられます。

仮想通貨/ビットコインの需要が高まる要因
  • 仮想通貨決済が可能な店舗・サービスの増加
  • 送金手段としての利便性の高さ
  • 仮想通貨事業に参入する企業の増加
  • メタバース拡大の流れ

これらはいずれも仮想通貨の需要が高まる要因となるものです。

今後さらに仮想通貨の需要や使い道が増えていけば、自然と価値は高まっていくでしょう。

ただし、仮想通貨の価格は単なる需給だけで決定されない点には注意が必要です。

投機目的で仮想通貨を取引する人も多いため、短期的には激しい値動きが続く可能性があることを理解しておきましょう。

仮想通貨/ビットコインは危険?

仮想通貨/ビットコインは、その値動きの激しさからリスクが高い・危険などと言われます。

事実、短期間に価格が半分になるということもザラにあるため、ハイリスク・ハイリターンな取引であることには間違いないでしょう。

ただし、リスクが高い分期待リターンも高くなります。

少額から大きなリターンを得たいという人や、余裕資金で投資を行いたいという人は、ポートフォリオの一部に仮想通貨を組み込むのもおすすめです。

また、仮想通貨はサイバー攻撃やシステムトラブルなどもリスクとしてあげられます。

ハッキングなどから自分の資産を守るように、強固なパスワードを設定したりや安全な取引を選んだりするように努めましょう。

仮想通貨/ビットコインはどこで入手できる?

仮想通貨/ビットコインを手に入れるためには、仮想通貨取引所で口座を開設する必要があります。

多くの取引所は、必要書類が手元にあればスマホだけで口座開設手続きが完了します。

口座が開設できたら、取引のための資金を入金し、好きな仮想通貨を購入します。

取引所によって入出金や取引にかかる手数料が異なるため、事前にチェックしておきましょう。

仮想通貨投資の初心者には、DMM Bitcoinの使い勝手が良いでしょう。

初心者向けのシンプルな取引画面と、経験者向けの高機能な取引画面を簡単に切り替えられるので、自分のスキル・経験に合わせて取引画面を選べます。

DMM Bitcoinでは入出金手数料や、取引手数料は無料となっているため、コストを抑えて取引したいという方にも向いています。

2022年8月1日までは、口座開設で即時2,000円がもらえるキャンペーンも実施中なので、ぜひチェックしてみてください。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

仮想通貨/ビットコインの使い方のまとめ

今回は、仮想通貨/ビットコインを使うメリット・デメリットや、さまざまな使い方について紹介しました。

この記事のまとめ
  • 仮想通貨/ビットコインは送金の手続きが簡単でコストが安い
  • 価格変動が大きいためうまく取引すれば利益も狙える
  • 取引所のセキュリティやスケーラビリティ問題には注意が必要
  • 送金や決済、投資などの目的のほか、NFTの購入や資金調達(ICO)にも利用される
  • 仮想通貨を取引するならDMM Bitcoinをチェックしてみよう

これから仮想通貨の取引を始めたいという方は、なるべく取引コストを抑えられる取引所で口座を開設するのが良いでしょう。

DMM Bitcoinでは、口座開設から取引までのさまざまな手数料が無料となっているため、余分なコストをかけずに取引を始められます。

口座開設や入金・取引で現金プレゼントのキャンペーンもいくつか実施されているため、まずは公式サイトをチェックしてみてください。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

目次
閉じる