【徹底比較】仮想通貨ウォレットのおすすめ人気ランキング!

仮想通貨(暗号資産)の取引をする上では、購入した通貨を管理するウォレットが欠かせません。

仮想通貨の財布ともいえるウォレットは、ビットコインウォレットや暗号資産ウォレットとも呼ばれます。

ただ、仮想通貨のウォレットについて、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、仮想通貨を安全に保管するウォレットについて、種類や機能、おすすめのウォレットなどを解説します。

この記事でわかること
  • 仮想通貨ウォレットには大きく分けて「ホットウォレット」と「コールドウォレット」がある
  • 仮想通貨ウォレットには5つの種類があり、それぞれ特徴が異なる
  • 取引所が運営するウォレットは補償制度もあり資金管理が簡単で、安全性と利便性に長けている
  • 仮想通貨取引所のウォレットはCoincheckがおすすめ
コインチェック

特に仮想通貨ウォレットは、購入した通貨を管理するセキュリティ面で注意が必要です。

取引所の中でも安全なウォレットを選ぶ際は、セキュリティが高いCoincheckがおすすめです。

Coincheckは取扱銘柄も豊富で、国内の仮想通貨取引アプリのダウンロード数No.1と多くのユーザーから人気を誇っています。

まだ口座を開設していない方はこの機会にCoincheck公式サイトから口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する最新情報を逐次配信しています。

現在登録していただいた方に200円分のBTCをブレゼントしていますので最新の金融情報に関心のある方はぜひご登録ください。

\ 12/31まで!200円のBTCゲット/

目次

仮想通貨のウォレットとは?

仮想通貨の「ウォレット(Wallet)」とは、その名のとおり仮想通貨を保管・管理する財布のようなものです。

仮想通貨ウォレットは、秘密鍵と公開鍵により仮想通貨が保管されています。

公開鍵は誰でも確認できる鍵ですが、秘密鍵は保管している仮想通貨の管理者が、自分自身であると証明できる重要な鍵です。

そのため、秘密鍵はセキュリティの高いウォレットで保管し、ハッキングから避ける必要があります。

正確には、電子署名の際に使用される「秘密鍵」や「公開鍵」、「ビットコインアドレス」を保管・管理する場所が、仮想通貨のウォレットです。

しかし、仮想通貨ウォレットと仮想通貨取引所には、どのような違いがあるのでしょうか。

仮想通貨取引所は、多数の投資家が売買を行う場所で、購入した仮想通貨は取引所のウォレットに保管されます。

コールドウォレット

即ち、取引所で通貨の売買を行う上では、自動でウォレットを持っている状態になります。

また仮想通貨取引所では、ビットコインのほか、さまざまな仮想通貨が管理されています。

つまり、仮想通貨取引所は仮想通貨の売買を行う場所、仮想通貨ウォレットは、自分で仮想通貨を保管・管理する場所です。

仮想通貨のウォレットには、主に「コールドウォレット」「ホットウォレット」の2種類があり、それぞれメリットやデメリットがあります。以下のとおりです。

ホットウォレットコールドウォレット
メリット送金/受金が簡単ハッキングのリスクが低い
デメリットハッキングのリスクが高い送金の際に手間がかかる

オンライン環境にあるウォレットが「ホットウォレット」、オフライン環境にあるウォレットが「コールドウォレット」と呼びます。

仮想通貨のウォレットは、自分自身の投資スタイルでウォレットを使い分け、セキュリティを高めることが可能です。

まだ仮想通貨ウォレットをお持ちで無い方でセキュリティを重視している方はCoincheckがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ホットウォレット

ホットウォレットとは、インターネットに接続状態な環境にあるウォレットです。

手間がかからないため、仮想通貨の少額での保管、送金や受金には向いているウォレットです。

例えば、QRコードを読み取るだけで簡単に仮想通貨の送金が可能など、非常に利便性の高い一面を持ちます。

しかし、常時インターネットに接続状態にあるため、ハッキング被害のリスクを考慮する必要があります。

そのため、ホットウォレットでは、資産が無くなっても困らない程度の金額を保管することをおすすめします。

コールドウォレット

コールドウォレットとは、インターネットに接続不可な環境にあるウォレットです。

常時インターネットに接続しているホットウォレットに比べて、コールドウォレットはハッキング被害のリスクをなくすことが可能です。

また、インターネットから遮断されたコールドウォレットは、オフラインで仮想通貨を管理しているため、セキュリティが高いメリットがあります。

しかし、保管しているものを紛失、または盗難される可能性はゼロではありません。

また、セキュリティが高いのに対し、取引や決済には時間を要するデメリットがあります。

仮想通貨取引所Coincheckでは、ホットウォレットとコールドウォレットを使い分けるなど、セキュリティ面で優れています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨のウォレットの種類

仮想通貨を保管するためのウォレットは、細かく分けると5つの種類が存在します。以下のとおりです。

仮想通貨のウォレットの種類
  • オンラインウォレット
  • モバイルウォレット
  • デスクトップウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

また、一番優れたウォレットというものはなく、自分の投資スタイルで使うウォレットが異なります。

ホットウォレットとコールドウォレットでタイプが分かれ、安全性や利便性で優れているかで特徴があります。以下のとおりです。

ホット/コールド安全性便利性
オンラインウォレットホット
モバイルウォレットホット
デスクトップウォレットホット
ハードウェアウォレットコールド
ペーパーウォレットコールド×

それでは、5つのウォレットの特徴をそれぞれ解説します。

ウェブウォレット

ウェブウォレットとは、ウェブ上で仮想通貨を保管・管理するウォレットです。

ウェブ上であることから、IDやパスワードを入力するだけで、簡単に仮想通貨ウォレットを利用することが可能です。

また、ウェブウォレットはオンラインウォレットの一種で、サイト運営者がウォレットを管理しています。

つまり、パソコンやスマホなどの端末から、インターネット環境であれば簡単にウォレットを利用することが可能です。

しかし、ハッキング被害などのセキュリティ面で注意が必要で、多額の仮想通貨を預けるのには向いていません。

そのため、仮想通貨を少額で短期間の保管する、または別のウォレットを利用することをおすすめします。

モバイルウォレット

モバイルウォレットとは、スマホやタブレットなどのモバイル端末にアプリをダウンロードし、アプリで仮想通貨の管理をするウォレットです。

スマホウォレットとも呼ばれ、持ち運びがしやすく、仮想通貨ウォレットを手軽に使用できます。

特にスマホウォレットは、ウェブ上で管理するウェブウォレットに比べ、ハッキングリスクが極めて低い特徴があります。

しかし、手軽に利用できる反面、モバイル端末の紛失や故障をする可能性があります。

現実の財布のように、紛失しても困らない程度の仮想通貨を保管しておきましょう。

また、不特定多数の利用者がいる公共Wi-Fiなどは、できるだけ利用しないことをおすすめします。

セキュリティ性の高い仮想通貨ウォレットとしてCoincheckがおすすめ。

国内ダウンロード数No.1でありマネックスグループを親会社にもつ非常に信頼できるサービスです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットとは、パソコンにソフトをインストールして使用する仮想通貨ウォレットです。

オフライン環境でも保管している仮想通貨を管理できるため、ハッキングを避けることが可能になります。

クライアントウォレットやローカルウォレットとも呼ばれ、ウォレットの中でも比較的安全性の高いウォレットです。

しかし、インストールをしたパソコンのみ利用可能であるため、財布のように持ち運びできない上、パソコンが故障した場合にデータが消える可能性もあります。

デスクトップウォレットのメリット
  • 完全型
  • 簡易型

完全型は仮想通貨取引の全データをダウンロードし、情報量が膨大になるために、高スペックのパソコンが要求されます。

簡易型はデータの一部をダウンロードする仕組みで、仮想通貨を保管する目的のみであれば、簡易型がおすすめです。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、マイクロUSBを使用し、ハードウェア上に仮想通貨を保管するウォレットです。

パソコンにマイクロUSBを接続するとき以外は、常時オフライン環境であるため、非常に安全性が高いウォレットです。

また、ハードウェアウォレットには、セキュリティ面での強化のため、認証キーが設定されています。

しかし、マイクロUSBで管理するハードウェアウォレットは、小型なハードウェアであるため、紛失する可能性があります。

中古品などの初期設定が完了したハードウェアは、PINコードや秘密キーが知られているため、新品のハードウェアがおすすめです。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、紙にアドレスと秘密鍵を印刷し、オフライン環境で仮想通貨を保管する方法です。

前述したウォレットでは、インターネット上で仮想通貨を管理・保管する方法でした。

一方でペーパーウォレットは、紙で保管するためにセキュリティが高く、ハッキングの危険性がありません。

しかし、ペーパーウォレットが盗難や紛失するリスク、保管場所が自然災害にあう可能性も考慮しなければなりません。

アドレスと秘密鍵を印刷した紙を、安全な場所で保管する必要があります。

そのため、インターネット上はもちろん、現実でのセキュリティを高めておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

取引所が運営するウォレットがおすすめな理由

仮想通貨にはさまざまなウォレットが存在しますが、どのウォレットが最適か分からない方も多いでしょう。

特におすすめな仮想通貨のウォレットは、取引所が運営するウォレットです。理由をそれぞれ3つ解説します。

取引所が運営するウォレットがおすすめな理由

資金管理が簡単にできる

補償制度がある

安全性と利便性に長けている

一つずつ解説していきます。

資金管理が簡単にできる

取引所ウォレットは、仮想通貨を預けているため、資金管理がより簡単にできます。

基本的に取引所ウォレットは、仮想通貨を預けている取引所に資金管理を任せている状態です。

ただ、セキュリティ面は取引所によって依存しますが、ウォレットと比較すると取引所は簡単といえます。

初心者の方がウォレットを選ぶ際は、資金管理が簡単にできる取引所ウォレットがおすすめです。

補償制度がある

取引所が運営するウォレットは、預けていた資産に何かあった際に補償してくれる制度があります。

例えば、預けていた取引所がハッキングや盗難により、仮想通貨が盗まれた場合です。

仮想通貨を預けていた取引所が、ハッキング被害にあうリスクはゼロではありません。

実際に仮想通貨取引所は、ハッキング被害により仮想通貨を盗まれたいくつかの事例があります。

もちろん取引所によって保証制度は異なるため、規約などを確認した上で利用しましょう。

安全性と利便性に長けている

取引所ウォレットは、ホットウォレットとコールドウォレットの両方を使い分けています。

ホットウォレットのオンライン状態で、ウォレットからの送金を手間がかからず管理できる利便性があります。

また、コールドウォレットで仮想通貨を管理・保管することで、より安全性を高めています。

なお仮想通貨を取引所に預けているため、通貨の売買を行いたい場合すぐにできるわけです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

おすすめの仮想通貨取引所のウォレット

ここまで、取引所が運営するウォレットがおすすめと前述しました。

その中でも、特におすすめな仮想通貨取引所のウォレットを3つ紹介します。

Coincheck

コインチェック
仮想通貨取扱数販売所形式:16銘柄
取引所形式:5銘柄
最低取引金額(BTC)販売所:500円〜
取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
レバレッジ取引の有無なし
取引ツールスマホ:◯
PC・ブラウザ:◯
取引手数料(BTC)販売所:無料(スプレッドあり)
取引所:無料
その他の取扱サービス・仮想通貨積み立て
・貸仮想通貨
・大口OTC取引
・CoincheckNFT(β版)
・Coincheck電気/ガス
公式サイトコインチェック公式サイト
関連記事コインチェックの評判
Coincheckの特徴
  • 取扱銘柄数が17種類と豊富な取引所で、約500円からの仮想通貨が購入できる
  • マネックスグループを親会社に持つ仮想通貨取引所なので、安心して通貨取引が可能
  • 仮想通貨ウォレットアプリのダウンロード数No.1で、初心者におすすめな仮想通貨取引所

Coincheck(コインチェック)は、マネックスグループを親会社に持つ仮想通貨取引所です。

Coincheckは取扱銘柄数が豊富な取引所で、仮想通貨ウォレットアプリのダウンロード数No.1を誇っています。

約500円から仮想通貨を購入することが可能で、最短5分で取引が開始できるなど、初心者には特におすすめな取引所です。

Coincheckの取引手数料は無料で、入金手数料も銀行振込であれば無料です。

顧客資産と会社資産を分別管理しているため、セキュリティ面で安心して利用可能できます。

コールドウォレット(オフライン)での資産管理により、ハッキング被害を抑えることができます。

仮想通貨の取引を安心して取引をするのなら、金融庁に認可されたCoincheckがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Coincheckの口コミ

コインチェックすごいな 昨日の夜申請して今日の昼もう口座開設されてた

Twitter

私はコインチェックが使いやすいのと、マネックス傘下なので何かあった時に安心感あると思って使ってます!

Twitter

コインチェックでビットコインの積み立てができるようになった。値動きの荒い仮想通貨も、ドルコスト平均法で長期投資すれば安心だね⁈

Twitter

Coincheckは、圧倒的使いやすさ、そして口座開設までの速さなど、多くのユーザーから好評を得ています。

そのため、仮想通貨への投資が初めてでよく分からない方は、非常に使いやすいCoincheckへの口座開設をおすすめします。

マネックスを親会社に持つCoincheckは、セキュリティ面での安心した通貨取引ができるでしょう。

また、月々1万円からビットコインの積み立て投資ができるため、入金から購入まで安定した長期投資が可能です。

自動で毎月決められたタイミングで買い増しをしてくれる「ドルコスト平均法」を用いて、値動きの激しい相場でもリスクを抑えた取引ができます。

非常に定番の取引所ですので、ぜひこの機会に口座開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin

dmmbitcoin
仮想通貨取扱数販売所形式:6銘柄
取引所形式:×
最低取引金額(BTC)販売所:0.0001BTC
取引所:0.01BTC
レバレッジ取引の有無◯(19銘柄)
取引ツールスマホ:◯
PC・ブラウザ:◯
取引手数料(BTC)販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
※BitMatch注文を除く
その他の取扱サービスBitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判
DMM Bitcoinの特徴
  • 19種類もの仮想通貨のレバレッジ取引ができる
  • 取引手数料、出金手数料、入金手数料、送金手数料がすべて無料(※BitMatch注文を除く)
  • DMM.comグループを親会社に持っている仮想通貨取引所で、安心して仮想通貨の取引ができる

DMM Bitcoinは、DMM.comグループを親会社に持っている仮想通貨取引所です。

取引手数料、出金手数料、入金手数料、送金手数料すべての手数料が無料と、DMM Bitcoinは取引所の中でも魅力的な取引所です。

ただ、スプレッドを気にせずに取引ができるBitMatchは、手数料がかかるため注意が必要です。

現物取引はもちろん、12種類の仮想通貨を最大2倍でレバレッジ取引することもできます。

また、顧客専用のコールドウォレットで顧客資産を管理し、不正アクセスへの監視も徹底しています。

なおDMM Bitcoinは、板がない上にスプレッドの幅が狭いので、低コストで仮想通貨取引をすることが可能です。

仮想通貨取引でコストを抑えたい、またはレバレッジ取引をしたい方には、DMM Bitcoinがおすすめです。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

DMM Bitcoinの口コミ

DMMBitcoinのセキュリティで生体認証ってのがあるけど、これ凄いね セキュリティは強いに越したことはないからもし2段階承認してない人がいたら今スグしよう 絶対しないとダメだよ 忘れた頃にやってくるハッキングマン

Twitter

ようやく気になっていたDMMビットコインの口座開設が完了しました! 口座開設までの対応はLINEでやり取りが出来てスムーズかつ返信も早いので満足しています! 今なら口座開設すると1000円貰えるキャンペーンもあるのでオススメですね!

Twitter

初心者でも安心のLINEサポート助かります
BitMatch注文の導入でユーザーの利用が増えると良いですね

Twitter

DMM Bitcoinは2段階認証でセキュリティの強化、そして多くの手数料が無料で、多くの利用者から好評です。

ハッキング被害のリスクがゼロではないため、セキュリティ強化での安心した取引、そして手数料がほかの取引所より無料が多く、手数料コストを抑えた取引が可能です。

また「BitMatch注文」により、スプレッド価格を気にせずミッド価格での取引が可能になるため、さらに大きなコストカットにつながります。

なお、定期的なキャンペーンやLINEでの口座開設サポートを行うなど、ユーザーに寄り添った暗号資産取引所です。

低コストでレバレッジ取引を行いたい方は、19銘柄と多くの通貨取引が可能なDMM Bitcoinがおすすめです。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

bitFlyer

bitFlyer
仮想通貨取扱数販売所形式:12銘柄
取引所形式:7銘柄
最低取引金額(BTC)販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
レバレッジ取引の有無◯(BTCのみ)
取引ツールスマホ:◯
PC・ブラウザ:◯
取引手数料(BTC)販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:約定数量×0.01~0.15%
レバレッジ取引:無料(スワップ手数料あり)
その他の取扱サービス・ステーキングリワードサービス
・ビットコインをもらう
・ビットコインを使う
・Tポイントとビットコインの交換
公式サイトbitFlyrの公式サイト
関連記事bitFlyerの評判
bitFlyerの特徴
  • bitFlyerの国内ビットコイン取引量が5年連続No.1で、取引所の中で一番長い歴史を持つ
  • 買建と売建ができる「Lightning FX」で、最大4倍のレバレッジ取引が可能
  • 店舗で貯めたTポイントを、ビットコインなどの仮想通貨に交換できる

bitFlyerは、2014年からサービスを開始しており、仮想通貨取引所で最も長い歴史を持ちます。

bitFlyerの国内ビットコイン取引量は5年連続一位と、多くのユーザーから人気を誇っています。

100円からの売買が可能で、取引手数料と入金手数料はどちらも無料です。

コールドウォレットによる顧客資産の分別管理を行っており、セキュリティ面で優れています。

また、JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)のプラチナメンバーで、初心者やプロまでのさまざまなサービスを扱っています。

bitFlyerの専用ウォレットにて、送金や受金、アプリから店舗での決済することが可能です。

セキュリティの高い取引所で、仮想通貨投資の初心者でも手軽に始められるbitFlyerはおすすめです。

bitFlyerの口コミ

ビットフライヤーは、ビットコインの取引量が日本一の最大手仮想通貨取引所です。ビックカメラなどの店舗決済導入など、ビットコインの普及に力を注いでいます。 無料登録などでビットコインがもらえるサービスも行っていますので、少額でとりあえず仮想通貨を試してみたい方は、おすすめ。

Twitter

結局アルトコインなんてビットコインと連動してるんだから、何も鬼スプレッドのアルトでFXしないでも、ビットフライヤーのライトニングFXでビットコインやれば良い。 ビットコならスプレッドも狭いしレバレッジも高い。

Twitter

bitFlyerってTポイントをビットコインに交換できるのか。これはとても良いな。dポイントの運用とかよりもよっぽど良い。

Twitter

bitFlyerは買建と売建ができる「Lightning FX」で、値上がり相場だけでなく、値下げ相場でも利益を生むことができるため、多くのユーザーが利用しています。

例えば、相場が長期的な下降トレンドの場合はLightning FXで売建をして、本来であれば損失になる相場でも利益を確定させることが可能です。

資産の暴落を防ぐために、買建と売建で資産のリスクヘッジをすることも資金管理につながります。

なお、店舗で貯めたTポイントを、ビットコインなどの仮想通貨に交換可能など、簡単に投資ができる優れたサービスがあります。

コンビニやスーパー、ネットショッピングなどの対象加盟店で、bitFlyerウォレットで決済を行うとTポイントが貯まるため、ユーザーから多くの好評を得ています。

仮想通貨投資が初めての方は、bitFlyerウォレット決済で貯めたTポイントから、少額投資で始めて見るのもおすすめです。

また、コインチェックとビットフライヤーの比較記事もあわせて確認しておくことがおすすめです。

仮想通貨のウォレットに関するよくある質問

仮想通貨のウォレットを利用する上で、さまざまな質問があります。

ここからは、主な3つのよくある質問について解説します。

仮想通貨のウォレットに関するよくある質問
  • ウォレット間での送金は手数料がかかる?
  • ウォレットを複数持つメリットある?
  • ウォレットを複数持つメリットはある?

一つずつ解説していきます。

ウォレット間での送金は手数料がかかる?

送金手数料

ウォレット自体は手数料がかかりませんが、ブロックチェーンを日々管理している「マイナー」に手数料を払う必要があります。

ただ、手数料を多く払うと、送金スピードがより早くなる仕組みです。

なぜならマイナーは、手数料の多く支払われたトランザクションを承認していくためです。

ウォレットを選ぶ際は、できるだけ手数料が低い仮想通貨取引所を選び、コスト削減することをおすすめします。

手数料を安く収めたい方は取引所手数料が無料のCoincheckがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ウォレットを複数持つメリットはある?

仮想通貨ウォレットにより取扱い通貨も異なる場合があるため、ウォレットを複数持つメリットはあります。

ウォレットは、コールドウォレットとホットウォレットを組み合わせることもできます。

もちろん、仮想通貨ウォレットが1つでも、自分自身が保管している資産を把握しすくなります。

そのため、投資スタイルに合わせて仮想通貨ウォレットを使い分けることをおすすめします。

取引所以外にもウォレットは作るべき?

取引所で仮想通貨の取引を行う以上、重要な秘密鍵を取引所に預けています。

つまり、取引所がハッキング被害で秘密鍵が盗難される可能性は、少なくともゼロではありません。

国内の取引所では、ホットウォレットとコールドウォレットを使い分けて管理されています。

セキュリティ面での安全性、そして手間がかからない利便性の両方を持ち合わせていることが特徴です。

取引所のウォレットを一つ持っていれば、安全に手間なく仮想通貨の取引ができるので、取引所ウォレットのみで十分でしょう。

国内の仮想通貨取引所Coincheckでは、ホットウォレットとコールドウォレットで管理され、安心して取引が可能です。

まだ未開設の方はこれを機にぜひ取引を開始しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨のウォレットのまとめ

今回は、仮想通貨ウォレットの種類や機能、おすすめなウォレットについて解説しました。

この記事のまとめ
  • 仮想通貨ウォレットには大きく分けて「ホットウォレット」と「コールドウォレット」がある
  • 仮想通貨ウォレットには5つの種類があり、それぞれ特徴が異なる
  • 取引所が運営するウォレットは補償制度もあり資金管理が簡単で、安全性と利便性に長けている
  • 仮想通貨取引所のウォレットはCoincheckがおすすめ

仮想通貨の取引を行う上では、仮想通貨を管理する安全なウォレットが必ず必要になります。

ウォレットには大きく分けて「ホットウォレット」と「コールドウォレット」の2種類があります。

また仮想通貨を管理するウォレットには、さまざまな種類が存在し、それぞれ特徴も異なります。

初めてウォレットを利用する考えの方は、どのウォレットを選ぶと良いか迷う方もいらっしゃるでしょう。

そのため、仮想通貨ウォレットは、自分の投資スタイルで使い分けることをおすすめします。

コインチェック

Coincheckは、金融庁も登録済みの暗号資産交換業者で、セキュリティが高い仮想通貨取引所です。

取扱銘柄も豊富なCoincheckは、アプリダウンロード数No.1で、ユーザーからの圧倒的な信頼を持ち合わせています。

仮想通貨を取引する際のウォレット選びは、Coincheckがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する情報を逐次配信しています。

現在登録していただけると200円分のBTCをプレゼントしています。

\ 12/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる