Cryptovoxels(クリプトボクセル)とは?使い方・登録方法や遊び方/始め方を徹底解説【仮想通貨・NFT】

Cryptovoxels(クリプトボクセル)とはブロックチェーン上で展開される仮想空間、すなわちメタバースです。

Cryptovoxels(クリプトボクセル)を利用するとユーザーは現実世界とは別の世界での生活をはじめられます。

そこではアバターを設定し、土地を購入したり、他ユーザーと交流したり、まるで現実かのように生きられるのです。

VRやブロックチェーンの発展に伴い注目を集めるメタバースですが、特に注力しているのが世界的企業Facebookです。

一事業として力を入れるというレベルではなく、企業の主軸に構える方針であり、それを裏付ける事実として2021年10月28日には会社名を「メタ(Meta)」に改名しています。

この記事からわかること
  • Cryptovoxelsはイーサリアムブロックチェーンで動くメタバース
  • 土地やアイテムをNFTとして売買可能
  • NFTを扱うにはイーサリアムが必要
  • イーサリアムの購入はコインチェックがおすすめ

CryptovoxelsのNFTを購入するにはイーサリアムが必要です。

イーサリアムはコインチェックで購入可能です。

コインチェックは初心者でも扱いやすい国内取引所であり、上級者にも愛用されています。

他の仮想通貨を扱う場合でも便利なので、これを機に登録しておくことがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、仮想通貨に関する最新の情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

Cryptovoxels(クリプトボクセル)とは?

クリプトボクセル
引用:https://www.cryptovoxels.com/
サービス名Cryptovoxels
ブロックチェーンイーサリアム
使用通貨イーサリアム
公式サイトCryptovoxels公式サイト
公式TwitterCryptovoxels公式Twitter

Cryptovoxels(クリプトボクセル)とはイーサリアムで動くメタバースです。

また、メタバース内では土地やアイテムがNFTとして存在し、イーサリアムで売買可能です。

世界的大企業Facebookもメタバースに長期的な投資を発表しており、昨今ますますの注目を集めているシーンでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Cryptovoxels(クリプトボクセル)の特徴

クリプトボクセル
引用:https://www.cryptovoxels.com/

Cryptovoxels(クリプトボクセル)の特徴を2つご紹介します。

Cryptovoxels(クリプトボクセル)の特徴
  • ブロックチェーン上のメタバース
  • チャットで交流

ブロックチェーン上のメタバース

ブロックチェーンとは

Cryptovoxelsとはメタバースであり、メタバースとは仮想現実世界を意味します。

オンライン上に構築される空間で、他ユーザーと交流し、まるでもう一つの世界のような存在を実現しています。

オンラインゲームと異なる点は、特定の目的やゲーム性がないことです。

Cryptovoxelsはイーサリアム基盤のブロックチェーンで動くメタバースであり、そこの土地やアイテムはNFTとして金銭的な価値を持ちます。

NFTは売買可能であり、データではありますが、現実世界同様のように扱われます。

そもそもNFTとは日本語では非代替性トークンであり、複製不可能という点で従来のデータとは大きく異なり、それにより価値が担保されています。

チャットで交流

Cryptovoxelsでは他ユーザーとチャットでコミュニケーションを図れます。

メタバースとは仮想現実であり、現実に近い世界仮想空間で作ることに意義があります。

そのためそこで交流を取り、ユーザー同士はコミュニティを形成していきます。

またこれは他のオンラインゲームなどでも見られますが、Cryptovoxelsはブロックチェーンを活用し、そこでNFTを通じてお金が動くので、従来にない金銭的な価値も付随しています。

ブロックチェーンの将来性に期待を持っている方は、ぜひこの機会にコインチェックで口座開設して仮想通貨に投資してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Cryptovoxels(クリプトボクセル)の遊び方

Cryptovoxels(クリプトボクセル)の遊び方を説明します。

Cryptovoxels(クリプトボクセル)の遊び方
  • Cryptovoxels(クリプトボクセル)にサインインする
  • Cryptovoxels(クリプトボクセル)でできること
  • Cryptovoxels(クリプトボクセル)の基本操作

Cryptovoxels(クリプトボクセル)にサインインする

クリプトボクセル

Cryptovoxels(クリプトボクセル)公式サイトにアクセスしてください。

右上に表示されている「ログイン」をクリックしましょう。

クリプトボクセル

続いて、「Choose sign-in provider」と表示されるので「Metamask」を選択してください。

自動で起動されるメタマスクのパスワードを入力し、連結を済ませれば準備は完了です。

初期画面で「Play now」をクリックすればゲームはスタートします。

もしメタマスクをまだ入手していない方は、「Cryptovoxels(クリプトボクセル)のNFTの買い方」で詳しく入手方法を解説していますので、参考にしてください。

Cryptovoxels(クリプトボクセル)でできること

クリプトボクセル

Cryptovoxels(クリプトボクセル)でできることは幅広いです。

ドラゴンクエストなどのRPGゲームのように、ゲームクリアのための特定の目的を果たすのではなく、ゲーム内で時間を過ごすことが目的です。

ユーザーはアバターを設定し、他ユーザーとのコミュニケーションを楽しむことができます。

他にも自分の土地を購入して建物や仮想のお店、音楽スタジオなどを建築したり、保有しているNFTを展示したりできます。

NFTは他ユーザーに見せられますし、販売できるよう設定することも可能です。

また同様に他ユーザーのNFTを買うこともできます。

VRにも対応しているので、本当に仮想現実に没入しているかのような体験をできるのもポイントでしょう。

Cryptovoxels(クリプトボクセル)の基本操作

Cryptovoxels(クリプトボクセル)の基本操作はマウスとキーボードで行います。

Cryptovoxels(クリプトボクセル)の基本操作
  • マウス操作:視点移動
  • W:前進
  • S:後退
  • A:左に移動
  • D:右に移動
  • Shift:ダッシュ
  • Space:ジャンプ
  • F:浮遊
  • Enter:チャットを開く
  • C:視点切り替え(一人称↔三人称)

また、Cryptovoxels(クリプトボクセル)公式サイトで「Map」をクリックし、表示されるマップから目当ての場所をクリックした後に、「Teleport here」を選択すれば、その地点からゲームを開始できます。

ゲーム内で必要となる仮想通貨は、コインチェックから取引可能ですので、まだ口座をお持ちでない方は是非この機会に無料で口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Cryptovoxels(クリプトボクセル)のNFTの買い方

Cryptovoxels(クリプトボクセル)のNFTにおいて、メタバース内で公開されているNFTを選択し、OpenSeaに移動しての購入の流れを説明します。

必要な準備はイーサリアムとメタマスクの入手、CryptovoxelsとOpenSeaの登録です。

イーサリアムは国内取引所で購入できますが、コインチェックの利用をおすすめします。

コインチェックなら仮想通貨を約500円から購入可能で、初心者でも使いやすいUIで人気を博しています。

またコインチェックのスマートフォン用アプリケーションは、仮想通貨アプリの中ではダウンロード数No.1です。

便利なアプリであり、今回ご紹介する手順でも利用しますので、ぜひこれを機にご登録及びダウンロードしましょう。

STEP
コインチェックの口座開設
STEP
コインチェックに日本円を入金
STEP
コインチェックでイーサリアムを購入
STEP
メタマスクを入手
STEP
イーサリアムをメタマスクへ送金
STEP
Cryptovoxelsの登録
STEP
OpenSeaの登録
STEP
CryptovoxelsのNFTを探す

コインチェックの口座開設

コインチェック

イーサリアムを入手するには、国内取引所の登録が必要であり、ここではコインチェックでの方法をお伝えします。

最初にコインチェック公式サイトにアクセスし、緑の四角で囲われた「口座開設(無料)」をクリックしましょう。

会員登録では、電話番号やメールアドレスなどの個人情報を入力、身分証の写真を提出し本人確認を行います。

本人確認はコインチェックの確認をもって完了となりますが、確認には数時間から1日ほど時間がかかるのでご注意ください。

本人確認が完了したら、あわせてアプリを入手しログインを済ませましょう。

コインチェックに日本円を入金

入金方法

コインチェックへの日本円の入金では、コインチェックのアプリを利用します。

アプリを起動したら、画面下部のメニューより「ウォレット」を選択⇒「日本円」をタップ⇒「入金」を選択しましょう。

左の画像のように入金方法選択画面に移るので、「銀行入金」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3種類から入金方法を選んでください。

それぞれに異なるメリットがありますが、おすすめは手数料が安い「銀行入金」です。

「GMOあおぞらネット銀行」、「住信SBIネット銀行」の2種の内のどちらかをタップし、表示される口座に日本円を入金しましょう。

銀行はどちらを選んでも大きな違いはありませんが、振込人名義を間違えないようにご注意ください。

コインチェックでイーサリアムを購入

コインチェック

次にコインチェックアプリでイーサリアムを購入しましょう。

画面下のメニューの「販売所」を選ぶと、左の画像のように仮想通貨が一覧で表示されるので、上から2番目の「イーサリアム」をタップします。

次に「購入」をタップし、「金額」の欄に交換したい分の日本円を入力し、「日本円でイーサリアムを購入」を選択してください。

ここまででイーサリアムの購入は完了ですが、イーサリアムは日々価格を変動させる仮想通貨です。

少しでもお得にイーサリアムを入手したいなら、価格が安い時を狙って日本円と交換することをおすすめします。

メタマスクを入手

メタマスクとはイーサリアム系の仮想通貨を保有するウォレットです。

仮想通貨を使うためのお財布をイメージしてください。

入手方法ですが、ブラウザの拡張機能に追加することになるので、対応ブラウザのGoogleChromeからメタマスク公式サイトにアクセスしてください。

続いて「Download now」、「Install MetaMask for Chrome」の順にクリックすると、chrome ウェブストアが表示されるので、「Chromeに追加」を選択すればメタマスクがブラウザに追加されます。

あわせてメタマスクの初期設定をしましょう。

拡張機能よりメタマスクを起動してください。

メタマスク

左の画像の画面が表示されるので、「ウォレットの作成」をクリックし登録を進めてください。

途中で「秘密のバックアップフレーズ」が表示されます。

これはウォレット内の仮想通貨保有状況の復元などに使用する重要なデータです。

必ず忘れないように保存し、誰にも教えないようにしましょう。

イーサリアムをメタマスクへ送金

続いて、コインチェックで保有しているイーサリアムをメタマスクへ送金する手順です。

メタマスク

メタマスクを起動し、左の画面から自分のアカウント名をクリックし、アドレスをコピーしましょう。

このアドレス宛にコインチェックからイーサリアムを送金します。

コインチェックアプリを起動し、「送金と受け取り」⇒「BTC以外の送金はこちら」⇒「Ethereumを送る」の順にタップします。

「送金先リストの編集」より、先ほどコピーしたメタマスクのアドレスを入力し、「追加」を選択。

送金したい金額を入力し、「送金する」をタップすれば完了です。

この際には、発生する手数料が表示されるのでご確認ください。

Cryptovoxelsの登録

Cryptovoxelsの登録に関しては、先ほど「Cryptovoxels(クリプトボクセル)の遊び方」で詳しくお伝えしたとおりですが、こちらでも改めて説明します。

まずCryptovoxels公式サイトにアクセスしてください。

画面右上に表示されている「Sigh in」をクリックします。

「Choose sigh-in provider」と表示されるので、左上の「Metamask」を選択しましょう。

自動でメタマスクが起動するので、パスワードを入力し、連結を済ませれば登録完了です。

OpenSeaの登録

この手順ではNFTが販売されているNFTマーケットプレイスであるOpenSeaでアカウントを作成し、メタマスクを連結させます。

OpenSea公式サイトにアクセスしましょう。

OpenSea

「作成」をクリックし、アカウント作成を進めてください。

アカウント作成が完了すると自動でメタマスクが起動するので「Sigh in」をクリック。

これでOpenSeaとメタマスクが紐づけられるので、今後OpenSeaでNFTを売買する場合に、メタマスクで保有しているイーサリアムを用いた売買が実施できます。

CryptovoxelsのNFTを探す

CryptovoxelsのNFTを購入する方法は主に下記の2つです。

CryptovoxelsのNFTを購入する方法
  • OpenSeaで「Cryptovoxels」と検索する
  • Cryptovoxels内でNFTを探す

OpenSeaで「Cryptovoxels」と検索する

OpenSea

まずOpenSea公式サイトにアクセスしましょう。

検索窓に「Cryptovoxels」と入力して検索すれば、たくさんのNFTが一覧で表示されます。

メタマスクとNFTの連結は完了しているので、目当てのNFTを選択すれば購入手続きをはじめられます。

Cryptovoxels内でNFTを探す

Cryptovoxelsのメタバース内を移動すると他ユーザーが所有している土地やアイテムのNFTが購入できる場合があります。

土地を購入する場合は、右クリック⇒「Parcel page」をクリック⇒OpenSeaのリンクを選べば購入できます。

展示されているNFTを購入する場合は、NFTを左クリック⇒OpenSeaのリンクをクリックすれば、購入可能です。

もちろんすべてのNFTが購入できる状態ではないのでご注意ください。

手順がわかった方は、まずはコインチェックでの口座開設から初めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

なお、コインチェックについては「コインチェックの評判」で詳しく解説しておりますのであわせてチェックしておきましょう。

Cryptovoxels(クリプトボクセル)のNFTの作り方

Cryptovoxels(クリプトボクセル)のNFTの作り方をご紹介します。

Cryptovoxels(クリプトボクセル)のNFTの作り方
  • NFTを作成する
  • NFTを出品する

NFTを作成する

Cryptovoxels(クリプトボクセル)でNFTを作成する場合はMagicaVoxelを利用するのが一般的です。

MagicaVoxelでVoxcelを作成⇒Voxcelをエクスポート、レンダリング⇒PinataでVoxelをアップロード⇒RaribleでVoxelのNFTを作成

上記がよくあるCryptovoxels(クリプトボクセル)でのNFT作成手順です。

海外のサービスを利用することになるので、英語が得意な方や、デザインに自信のある方は挑戦されてはいかがでしょうか。

NFTを出品する

NFTはOpenSeaで出品可能です。

OpenSea

OpenSeaでNFTを出品するには、「My Profile」をクリックします。

一覧で所有しているNFTが表示されるので、出品したいものを選択しましょう。

次に出品条件を設定する必要がありますが、OpenSeaでは3種から出品方法を選択できます。

OpenSeaでの出品条件
  • Set Price:価格を設定し販売
  • Highest Bid:オークション形式で販売
  • Bundle:まとめて販売

NFTの出品に慣れていない方は、「Set Price」が使いやすくおすすめです。

販売する仮想通貨と金額を設定し「Post your Listing」をクリックすれば完了です。

OpenSeaでは初出品時にガス代が発生するのでご注意ください。

またNFT出品に慣れてきたら、より高額で販売しやすい「Highest Bid」を検討しても良いでしょう。

オークションの開始価格、最低価格、期間を設定し出品できます。

仮想通貨取引には、国内最大級の取り扱い銘柄数を誇るコインチェックがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Cryptovoxels(クリプトボクセル)のよくある質問

Cryptovoxels(クリプトボクセル)のよくある質問とその回答を3つご紹介します。

Cryptovoxels(クリプトボクセル)のよくある質問
  • Cryptovoxels(クリプトボクセル)は流行するのか
  • Cryptovoxels(クリプトボクセル)の利用に料金は発生するのか
  • Cryptovoxels(クリプトボクセル)のNFTは買うべきか

Cryptovoxels(クリプトボクセル)は流行するのか

Cryptovoxels(クリプトボクセル)が流行するかどうかは、まずメタバースがいかに社会に浸透するかで左右するでしょう。

Facebookといった大手企業が参入していることから、メタバースが今後少しずつ認知され利用されていくのは時間の問題かと思われます。

しかし、FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグは大金をメタバースに投資しているものの、そこで利益が発生するのには10年はかかると想定しています。

Cryptovoxelsも段々と流行していくと予想できますが、数年で大流行する可能性は低いです。

Cryptovoxels(クリプトボクセル)の利用に料金は発生するのか

Cryptovoxels(クリプトボクセル)の利用に料金は発生しません。

NFTの購入時などにはイーサリアムを支払う必要がありますが、メタバース内での操作を楽しむだけならば、無料ですぐに開始できます。

Cryptovoxels(クリプトボクセル)のNFTは買うべきか

Cryptovoxels(クリプトボクセル)のNFTを買うかどうかの判断は人によりますが、一攫千金には適しているでしょう。

昨今NFTは盛り上がりを見せており、高額で売買されるものも少なくありません。

NFT市場、メタバース業界の今後にも左右されますが、Cryptovoxelsが流行した場合、今の内に保有しておいたNFTが何百倍の価値を持つ可能性も考えられます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Cryptovoxels(クリプトボクセル)のまとめ

今回はCryptovoxels(クリプトボクセル)に関してお伝えしました。

この記事の要点
  • Cryptovoxelsはイーサリアム基盤のメタバース
  • 利用自体は無料で可能
  • イーサリアムでNFTの売買が可能
  • イーサリアムの入手はコインチェックがおすすめ

Cryptovoxelsはイーサリアムブロックチェーン上のメタバースです。

NFT売買も可能であり、かつてないほど現実に近い世界が展開されています。

利用自体は無料なので気になった方は、一度利用されてはいかがでしょうか。

またCryptovoxelsのNFT売買に必要になるイーサリアムはコインチェックで購入可能です。

コインチェックでは1分もあれば誰でもイーサリアムを購入できるほど操作が簡単なので、これを機に口座開設してはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、仮想通貨に関する最新の情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる