【2022年】仮想通貨ポルカドット(DOT)とは?今後の見通し/予想や将来性を徹底解説

ポルカドット(Polkadot)は2016年にプロジェクトが開始してから着実な成長を遂げているブロックチェーンで、暗号資産の時価総額ランキングでは2022年8月時点で10位となっています。

また国内の仮想通貨取引所では、2021年5月にGMOコイン、6月にbitFlyer(ビットフライヤー)が立て続けにネイティブトークンである「DOT」の取り扱いを開始しており、今後もその数は増えていくと予想されます。

今回はそんな将来性に溢れているポルカドットの現在の価格動向と、今後の見通しについて解説していきます。

この記事からわかること
  • ポルカドットはイーサリアムの欠点を補完できるため、非常に将来性があるブロックチェーン
  • ポルカドットはブロックチェーンの構築が容易なことから、開発者からの期待値が高い
  • 多数のプロジェクトが計画されていることから、需要拡大による価格上昇を見込める
  • 2022年現在は仮想通貨市場全体が下落基調で、ポルカドットの価格も落ち込んでいる
  • 長期目線では、一時的に価格が下がっている現状をチャンスと捉えることもできる
  • ポルカドットを購入できる国内取引所はGMOコインbitFlyerの2社だけ

ポルカドットは比較的新しいブロックチェーンですが、その将来性から多くの投資家の注目を集めています。

そんなポルカドットのネイティブトークンである「DOT」を購入したい方には、GMOコインがおすすめです。

GMOコインは1つのアカウントで様々なスタイルの取引ができる便利な取引所なので、是非この機会に口座開設をしてみてください。

\ 顧客満足度No.1! /

公式LINE

またMedia Argoの公式ラインでは、ポルカドットなどの仮想通貨に関する限定情報を配信中です。

無料ですので、ぜひ友達登録をしてみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

【2022年8月】ポルカドット(DOT)の現在の価格動向

まずは、ポルカドット(DOT)の最新動向をチェックしておきましょう。

ポルカドットは2021年8月から10月まで堅調に推移していましたが、11月に入ると一転して下落基調となり、2022年になってもその下落トレンドは継続しています。

ただ長期的に見て復調することを予想するなら、今は安く買い付ける絶好のタイミングだとも言えます。

なおポルカドットへの投資をお考えの方には、GMOコインでの投資がおすすめです。

GMOコインであれば少額からポルカドットに投資できるため、初めて仮想通貨に投資するという方でも大きなリスクを抑えて気軽に始められるでしょう。

\ 顧客満足度No.1! /

ポルカドット (DOT) とは?特徴を解説

プロジェクト名Polkadot(ポルカドット)
ネイティブトークンDOT
価格(2022年8月時点)¥1,225.32
時価総額(2022年8月時点)¥1,354,588,119,951
時価総額ランキング(2022年8月時点)10位
購入できる国内取引所GMOコイン
bitFlyer

\ 顧客満足度No.1! /

ポルカドットはブロックチェーンの相互運用とセキュリティ共有、スケーラビリティの向上を目的として、2016年に立ち上げられたプロジェクトです。

メイントークンの「DOT」はポルカドットのエコシステム内でのあらゆる用途に使用され、その価値をどんどん高めています。

そんなポルカドットには、以下のような特徴があります。

独自ブロックチェーンの開発が容易

革新的な技術として注目されている「ブロックチェーン」ですが、現在では様々な課題を解決するために多くの企業や団体によって開発がおこなわれています。

その中でポルカドットは、Substrate(サブストレート)というフレームワークを用意しており、開発者は独自のブロックチェーンを低コストで開発することができます。

また、ポルカドット自体と独自開発したブロックチェーンの接続を容易におこなうことができる点も、魅力のひとつです。

高度なセキュリティ

リレイチェーン

ポルカドットは、ビットコインなどの外部のブロックチェーンやポルカドットで独自開発されたブロックチェーン(パラチェーン)を、ポルカドットのメインチェーンであるリレイチェーンに接続することで、相互運用をすることが可能です。

またポルカドットのリレイチェーンは、他のブロックチェーンと接続することによって、セキュリティ性能も共有することができます。

開発直後のブロックチェーンでもリレイチェーンから高度なセキュリティ性能を得られるというメリットがあることから、ポルカドットを利用する開発者は今後増えていくと予想されています。

DOT保有者が決定権をもつ

ビットコインなど多くのエコシステムの場合、仕様変更などの可否は仮想通貨の保有者だけでなく、開発者や取引所などの周辺環境によっても左右されます。

しかしポルカドットの場合は、ネイティブトークンである「DOT」所有者のみに仕様変更などの決定権があるため、所有者にとって魅力のあるエコシステムが開発されやすい仕組みになっています。

ポルカドットの仕組みは、株主が議決権を持つ株主総会をイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

エコシステム

ポルカドットに投資をしたい方には、GMOコインがおすすめです。

現在ポルカドットを取り扱う国内取引所は2社のみで、その中でGMOコインは様々な取引方法が用意されていることで人気を得ています。

まだ口座をお持ちでない方はこの機会にGMOコイン公式サイトから、口座を開設しておきましょう。

\ 顧客満足度No.1! /

なお、ポルカドットについては「ビッコレTV」の動画でもわかりやすく解説されていますので、本記事とあわせてぜひチェックしておきましょう。

ポルカドット (DOT) のこれまでの価格動向・推移

最初にポルカドットの最新動向を紹介しましたが、過去の価格動向も基礎知識として知っておきましょう。

ポルカドットは2020年8月に上場して以降、騰落を繰り返しながらも順調に成長を続けているのですが、ここではネイティブトークン「DOT」のこれまでの価格動向と、その変動要因について分析していきます。

急騰期(2020年末~2021年3月)

ポルカドット 急騰期
引用:Trading View

2020年8月に仮想通貨市場へ上場してから、DOTの相場はしばらく目ぼしい動きが見られませんでしたが、2020年の年末から急騰を見せ、急騰前は約5ドルだったDOTは翌年の2021年2月21日に39ドル台を記録します。

なおこの急騰は、2020年末に中国の大手仮想通貨取引所「Binance」がポルカドットのプロジェクトをサポートするため1,000万ドル規模のファンドを設立したことや、同じく年末にルカドットのテストネットである「Rococo」が稼働を開始したことなどを、市場がポジティブに捉えたために起こったと見られています。

安定成長期(2021年3月~5月)

ポルカドット 安定成長期
引用:Trading View

一時急騰を見せたDOTですが、2021年2月21日に39ドルを記録してからは小さな上昇と下落を繰り返しながら、安定成長を続けていきます。

その中で、4月にバイデン大統領がキャピタルゲインに対する増税計画を発表した際は一時価格を落としましたが、DOTはその後も価格を上昇させ、5月13日には過去最高値である48ドルを記録しました。

なお安定成長が続いた理由の一つに、ステーキングサービスによってDOTを長期保有しようと考える投資家が一定数いたことが挙げられます。

低迷期(2021年5月~7月)

ポルカドット 低迷期
引用:Trading View

2021年序盤は順調に成長を遂げていたDOTでしたが、5月末から価格は急落していきます。

5月13日時点では48ドルだったDOTの価格は一気に下落し、5月23日に半値以下の18ドルを記録、その後も下落は続き7月20日にはとうとう10ドル台まで落ち込みます。

なおこの下落の要因としては、ネガティブなニュースが続いたために仮想通貨市場全体が不況に陥ったことが挙げられます

5月はテスラ社がビットコインを利用した電気自動車(EV)の購入手続き停止を発表したり、中国で仮想通貨のマイニングが禁止されたりと、仮想通貨市場にとってネガティブなニュースが立て続けに飛び込んできました。

また、それらのニュースを多くの投資家が嫌気したことで、ポルカドットを含む多くの銘柄で急落が起きることとなりました。

ちなみにその後は以下のチャートの通り、2021年7月から11月にかけて復調しますが、2021年末から再び価格が下落していくこととなります。

引用:TradingView

このように2021年は、大きな上昇・下落を1年の中で二度も繰り返す展開を見せました。

これからポルカドットへの投資を始めるなら、こういった乱高下も起こり得ることをあらかじめ認識した上で、投資戦略を立てるようにしましょう。

ポルカドットへの投資に興味がある方は、実際にGMOコインに口座を開設して、ポルカドットの値動きに注目しておきましょう。

\ 顧客満足度No.1! /

公式LINE

また、Media Argoの公式ラインではポルカドットなどの仮想通貨に関する限定情報を配信中。

無料ですので、ぜひ友達登録をしてみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

ポルカドット (DOT) の注目プロジェクト

ここでポルカドットで開発された、優れたプロジェクトを3つご紹介します。

先ほどポルカドットの特徴としてブロックチェーンの開発が容易なことなどをご紹介しましたが、具体的なプロジェクトの内容を学ぶことで、よりポルカドットへの理解を深めましょう。

次世代型NFTブロックチェーン「Efinity」

Efinity

「Efinity」は、エンジンコイン(ENJ)を発行しているEnjin社が開発を進めている、ポルカドットを用いた次世代型NFTブロックチェーンです。

また、低コストで高速処理ができることが特徴で、最大で1秒間に1,000回もの取引などの処理が可能となっています。

トークンの発行・転送用フレームワーク「Polimec」

Polimec

「Polimec」はPolkadot Liquidity Mechanism(ポルカドット流動性メカニズム)の略で、ポルカドット内での資金の流動性を向上させるために開発されているフレームワークです。

ポルカドットには今後も多くのブロックチェーンが開発されていきますが、プロジェクトを立ち上げるタイミングで、開発者は多額の資金が必要になります。

開発資金の獲得には現状イーサリアムの規格であるERC20が広く利用されていますが、ERC20はスマートコントラクト時のガス代(手数料)が割高であるため、取引には向いていません。

それに対してPolimecはスマートコントラクトを使用しないため、手数料を抑えて仮想通貨をやり取りすることができます。

ビットコインの代替トークンを発行する「PolkaBTC」

PolkaBTC

「PolkaBTC」プロジェクトは、ビットコインをロックして、ポルカドット上で代替トークンである「PolkaBTC」を発行するというものです。

また同プロジェクトは、ビットコインの代替トークン発行の他に、トークンを利用した分散型取引所(DEX)での取引レンディングサービスなどの利用も想定して開発されています。

このようにポルカドットでは、複数のプロジェクトが日夜並行して進められており、その将来性に投資家からも高い期待を寄せられています。

そんなポルカドットを購入したい方はGMOコインに口座を開設して、動向に注目しながらいつでも投資できるようにしておきましょう。

\ 顧客満足度No.1! /

【2022年以降】ポルカドット (DOT) の今後の見通し・予想

いくつものプロジェクトが進められているポルカドットですが、2022年以降もその見通しは非常に明るいものとなっています。

そこで、ここでは2022年以降もポルカドットに期待できる根拠を解説していきます。

300以上のプロジェクトが開発中

ポルカドット-トップ

ポルカドットではSubstrateを利用することで簡単にブロックチェーンを構築できることから、300を超える様々な企業や団体がプロジェクトの開発をおこなっています。

ブロックチェーンの構築やプロジェクトの開発が進めば進むほど、ポルカドットのエコシステムは拡大することから、今後の成長が確実視されています。

ステーキングサービスによる安定成長

仮想通貨 ステーキング

ポルカドットではDOTのステーキングサービスを利用することができます。

ステーキングサービスとは、仮想通貨を保有することでブロックチェーンに貢献し、その対価として報酬が得られるというサービスのことです。

ステーキングサービスによってDOTを長期保有する投資家が増えれば、その結果として安定した成長へとつながっていきます。

イーサリアムを超える?

イーサリアムは、時価総額ランキングでビットコインに次ぐ2位を誇る仮想通貨です。

投資家の中には、ポルカドットはそんなイーサリアムを抜いて、アルトコイン最大手に躍り出るという予想を立てている方もおられます。

イーサリアムのガス代

イーサリアムの課題は、さきほど述べたように「ガス代」と呼ばれる手数料が割高である点です。

ポルカドットは「Polimec」などを利用することでスマートコントラクトを介さずに仮想通貨のやり取りをすることが可能となっており、そのメリットからポルカドット上でのブロックチェーン開発が増加すると予想されています。

ポルカドットは以上のような高い将来性を有することから、今注目の通貨の一つとなっています。

\ 顧客満足度No.1! /

ポルカドット (DOT) の価格予想・買い時は?

ポルカドットは、手数料や開発の容易さなどを理由に、ブロックチェーン開発者や投資から注目を集めています。

そんな今注目のポルカドットですが、今後の価格はどのように推移するのでしょうか。

そこで、ここでは海外メディアによるDOTの価格予想を紹介していきます。

2022年末のDOTの価格予想

まず2022年末の価格予想は、以下のようなものが示されています。

参考)2022年始値:26.66ドル

この2社の予想では、2022年始値と比べてマイナスになるという予想ではないものの、ポジティブなものにもなっていません。

これらはあくまで予想なので実現するとも限りませんが、もし参考にするのであれば、2022年は慎重な投資を心掛けた方が良いかもしれません。

2025年末のDOTの価格予想

続いて、より長期的な2025年の価格予想を見てみましょう。

参考)2022年始値:26.66ドル

2022年末の予想と打って変わって、こちらは非常に前向きな予想となっています。

また、これら海外メディアの予想を参考にすると、価格が低調に推移している今がDOTを購入するベストなタイミングであるとも言えるかもしれません。

今からポルカドットを購入しておきたい方は、ポルカドットを取り扱う数少ない取引所のGMOコインに口座を開設しておきましょう。

\ 顧客満足度No.1! /

ポルカドット (DOT) を購入できる仮想通貨取引所

最後に、ポルカドットのネイティブトークンである「DOT」を購入できる仮想通貨取引所を2社ご紹介します。

国内取引所でDOTを購入できるのは現在この2社のみなので、このどちらかを使って取引をしましょう。

DOTを購入できる取引所2社

なおこれら以外の取引所にも興味を持っている方は、「おすすめの仮想通貨取引所」もぜひご覧ください。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(15銘柄)
取引所形式:○(6銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)○(1銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.00000001BTC
取引所形式:0.001BTC
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:約定数量の0.01~0.15%
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスbitFlyer Lighitning(プロ向け仮想通貨取引サービス)
bitWire SHOP(ビットコイン決済サービス)
かんたん積立
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判
bitFlyerのおすすめポイント

少額から売買できる

bitFlyerの魅力は、何と言っても金額面での障壁が低い点にあります。

DOTの場合は、なんと「1円」から取引が可能です。

これなら、投資にかける予算が少ない方でもすぐに取引を始められますね。

取引が簡単

bitFlyerの操作画面は非常にシンプルで、数種類しかないボタンのクリック操作だけで売買を完了できます。

そのため投資初心者の方でも、スムーズな取引が可能です。

またスマホアプリの開発にも力を入れており、いつでもどこでも仮想通貨の取引ができる環境が用意されています。

bitFlyerは金銭面や操作面の特徴から、仮想通貨取引をはじめたての方に特におすすめしたい仮想通貨取引所となっています。

また、積立サービスなどリスクを抑えられる投資サービスも同時に扱っているため、興味のある方は実際に口座開設をしてみましょう。

GMOコイン

gmoコイン
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(14銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)販売所形式:○(10銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
現物取引(販売所形式):0.00005 BTC
現物取引(取引所形式):0.0001BTC
レバレッジ取引(販売所形式):0.01BTC
レバレッジ取引(取引所形式):0.01BTC
 取引手数料
(ビットコインの場合)
現物取引(販売所形式):無料(スプレッドあり)
現物取引(取引所形式):Maker -0.01%、Taker 0.05%
レバレッジ取引(販売所形式):無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
レバレッジ取引(取引所形式):無料(レバレッジ手数料あり)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービス貸暗号資産サービス
つみたて暗号資産
ステーキングサービス
公式サイトGMOコイン公式サイト
関連記事GMOコインの評判
GMOコインのおすすめポイント

豊富なアルトコイン

GMOコインの魅力は取り扱い通貨の多さです。

販売所形式ではなんと14種類の銘柄を扱っており、複数の銘柄に投資すればリスクを分散させることも可能です。

また「ATOM」というアルトコインを国内で唯一取り扱っており、その点でも他の国内取引所と比べて、優位性があります。

充実したサービス

GMOコインでは少額で大きなリターンを狙える「レバレッジ取引」自動売買システムを構築できる「API」などユーザーのニーズにあわせた多様なサービスを提供しています。

また、売買をしなくても資産を増やせる「貸暗号資産サービス」も、リスクを抑えて資産を増やすことができるのでおすすめです。

GMOコインはそのサービスの充実度から、仮想通貨を様々な方法で活用したい方におすすめの仮想通貨取引所となっています。

口座開設がまだの方は、実際に口座を開設してサービスを利用しながらイメージを掴んでください。

なお投資を始める前に、仮想通貨取引所における取引手数料をより詳しく知っておきたい方は、「仮想通貨取引所の手数料の比較」もあわせてご覧ください。

\ 顧客満足度No.1! /

ポルカドットの今後の予想まとめ

今回は、ポルカドットの特徴や価格動向、今後の見通しなどについて解説しました。

この記事のまとめ
  • ポルカドットはイーサリアムの欠点を補完できるため、非常に将来性があるブロックチェーン
  • ポルカドットはブロックチェーンの構築が容易なことから、開発者からの期待値が高い
  • 多数のプロジェクトが計画されていることから、需要拡大による価格上昇を見込める
  • 2022年現在は仮想通貨市場全体が下落基調で、ポルカドットの価格も落ち込んでいる
  • 長期目線では、一時的に価格が下がっている現状をチャンスと捉えることもできる
  • ポルカドットを購入できる国内取引所はGMOコインbitFlyerの2社だけ

2021年末から仮想通貨市場への風向きは依然として厳しいままですが、今後価格が回復する可能性を考慮すると、価格が落ちている現状は投資のチャンスとも取れます。

この記事からポルカドットに興味を持った方は、GMOコイン公式サイトから口座を開設して、早速DOTを購入してみましょう。

\ 顧客満足度No.1! /

公式LINE

またMedia Argoの公式ラインでは、ポルカドットなどの仮想通貨に関する限定情報を配信中です。

無料ですので、ぜひ友達登録をしてみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる