仮想通貨EOS(イオス)とは?価格の今後の見通し予想や将来性を徹底解説!

仮想通貨のEOS(イオス)は2017年から2018年の1年に渡ってICOを行なったことで話題になった仮想通貨です。

仮想通貨バブルの崩壊で、ビットコインのなど主要な銘柄が価格を落とす中で、ICOによる期待から価格を伸ばし、一時は時価総額ランキングで5位にランクインするほどの信頼を集めていました。

そんなEOSですが、最近は名前を聞く機会は少なく、EOSの動向を知らない人も多いのではないでしょうか。

今回はEOSについて詳しく解説します。

この記事でわかること
  • EOSはDAppsのプラットフォームを運営するEOSIOのブロックチェーン
  • 圧倒的なトランザクション処理の速さからイーサリアムキラーとして注目
  • EOSは取引手数量が無料
  • DPoSを採用している
  • 現状ではEOSの価格高騰は期待できない
  • 国内にEOSを扱っている取引所はない
  • 外国の取引所へ送金するならCoincheckがおすすめ

国内にEOSを扱っている取引所がないため、外国の取引所にビットコインを送金して購入する必要があります。

国内の取引所は、扱っている通貨が豊富で500円から仮想通貨を購入できるCoincheckがおすすめです。

サイトやアプリも使いやすく作られおり、初心者でも簡単に利用できるので、この機会にぜひCoincheckの口座を開設してみてください

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEは、投資家のみなさまへ有益な情報を随時配信しています。

まだ友達追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次

EOS(イオス)とは?

eosio
通貨名EOS(イオス)
シンボルEOS
ブロックチェーンEOS
価格(2021年12月現在)約385円
時価総額(2021年12月現在)約3.7兆円
市場ランキング46位
主な国内取引所なし
主な国外取引所Binance、OKEX、Huobi Globalなど
公式サイトEOSIOの公式サイト

EOS(イオス)は、DApps(分散型アプリケーション)のプラットフォームを提供しているEOSIOが発行している仮想通貨です。

EOSは2017年に「EOSプロジェクト」を遂行するための資金調達すことを目的として作られました。

EOSプロジェクトはDAppsを開発するためのプラットフォームを構築するためのプロジェクトで、現在はプロジェクトも完了し、EOSIOとしてプラットフォームを提供しています。

DApps開発で最も強い勢力を持っているブロックチェーンがイーサリアムですが、イーサリアムは取引速度などの問題を抱えています。

トランザクション処理の速さに定評のあるEOSは、イーサリアムキラーとしても注目されています。

EOSは2021年12月現在、日本国内の取引所での取り扱いがありません

購入する場合は、国内の取引所から国外の取引所にビットコインを送金して購入する必要があります。

国内の取引所は、取り扱い銘柄が豊富で、500円からビットコインを購入できるCoincheckがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

EOS(イオス)の特徴

EOS(イオス)には次の特徴があります。

EOSの特徴
  • トランザクション処理が速い
  • 手数料が無料
  • DPoSを採用している

トランザクション処理が速い

EOSはトランザクション処理で圧倒的な速さを誇っています。

トランザクション処理とは、仮想通貨取引のデータを処理することです。

仮想通貨を取引する際、ブロックチェーン上にデータを記録していくため、取引が増えるほど処理に時間がかかります。

EOSはデータの処理速度が速いため、より短時間での取引が可能です。

他の通貨と処理速度を比べると、次のようになります。数値が大きいほど速いです。

通貨処理速度(目安件数/秒)
EOS1,000,000以上
ビットコイン6
イーサリアム15
リップル1,500

トランザクションに課題があるイーサリアムに比べると桁違いの速さであるため、イーサリアムに変わるプラットフォームとして期待されています。

手数料が無料

EOSはブロックチェーンの取引に手数料がかかりません

ブロックチェーンとは

その理由は、マイニングの報酬をEOSの開発者が、自身が保有するトークンで払っているためです。

仮想通貨を取引する場合、マイニング報酬として手数料を支払う必要があります。

EOSの場合、マイニングの報酬を運営側が負担しているため、ユーザーは手数料が無料になるのです。

DPoSを採用している

EOSはDPoS(Delegated Proof of Stake)を採用しています。

DPoSとは、コンセンサスアルゴリズムの1種です。

EOSを保有しているユーザーは保有量に応じて、マイニングを実施する人を選ぶ投票権を与えられます。

この投票によって選ばれた人がマイニングを行う仕組みになっています。

DPoSを採用するメリットは、PoWのPoSが持つ課題を解決してくれる点です。

PoW

まず、PoWはブロックチェーンが非中央集権的なシステムにもかかわらず、マイニングは中央集権的であるという矛盾を抱えています。

PoSは通貨を多く保有している富裕層が有利になるため、貧富格差の拡大や流動性の損失が懸念されています。

POS とは

これら両方の課題を解決したのが、DPoSなのです。

トランザクションの処理が早い」、「手数料が無料」、「DPoSを採用している」ことがEOSのメリットとなります。

イーサリアムキラーとして注目されているEOSには、国内の取引所がありませんが、国内取引所に上場したときに価格が上昇することが期待されるので、今のうちにCoincheckの口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

EOS(イオス)の価格動向

EOS(イオス)の価格動向を紹介します。

直近2ヶ月の価格動向

まずは2021年10月〜12月の2ヶ月間の価格動向を見てみましょう。

EOS直近2ヵ月の価格動向
引用:Tradingview

高値が5ドル、安値でも3ドルと変動は小さく、比較的安定しています。

12月に入って値下がりしていますが、これは仮想通貨市場全体が値下がりしており、EOSもその影響を受けたことが考えられます。

1年間の価格動向

次に2021年の1年間の価格動向を見てみましょう。

EOS1年間の価格動向
引用:Tradingview

4〜5月にかけて価格が多く上昇しています。

これはNFT市場が盛り上がったことで仮想通貨に注目が集まり、仮想通貨市場全体の価格が上昇したためです。

その後は大きな値動きは見られず、価格が安定しいています。

ローンチからの価格動向

続いて、2017年のEOSのローンチからの価格動向を見てみましょう。

EOSローンチからの価格動向
引用:Trdingview

2017年の後半から2018年にかけて、価格の高騰と急落が見られますが、これは仮想通貨バブルによるもので、一時は急騰しましたが、バブルが崩壊して急落しました。

その後、2017年の5月からも急騰と急落が起こっています。

高騰は、EOSのICOが完了し独自のブロックチェーンへの移行したためです。

EOSはもともとイーサリアムのブロックチェーンを利用しており、それが独自のブロックチェーンになり、大々的に発表されたことで注目が集まり、価格が急騰しました。

一時は時価総額ランキングで5位になる程の人気でした。

しかし、ICOで集めた資金の使い道に対して悪い噂がたち、信頼を失うとともにEOSの価格も急落したのです。

さらに2019年には、 米国証券法に基づく登録を行なっておらず、 不正にICOを行なっていたことが発覚したため、さらに信頼を失い、EOSの価格も下がることになりました。

その後は、仮想通貨市場の動きに合わせて、価格が変動しています。

価格は大きく変動していますが、国内取引所に上場したときに価格が上昇することが期待されるので、この機会にCoincheckの口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

EOS(イオス)の今後の見通し

続いてEOS(イオス)の今後の見通しについて解説します。

EOSの将来性として、以下のポイントがあります。

EOSの将来性
  • 仮想通貨市場の波に乗れない
  • 日本市場への参入
  • Dapps開発の拡大

仮想通貨市場の波に乗れない

EOSは仮想通貨市場の波に乗れず、価格が上昇しない可能性があります。

次の画像は、ビットコインの2017年からの価格変動です。

ビットコイン2017年からの価格変動
引用:Tradingview

短期期間での価格の上下はあるものの、長い目で見ると価格は上昇し続けており、仮想通貨バブルが起こった2018年の3倍ほどになっています。

ビットコインは仮想通貨市場の値動きを反映しているので、市場の波に乗っていれば価格は上昇しているはずです。

EOSの価格を見てみましょう。

EOS2018年からの価格変動
引用:Tradingview

2020年〜2021年に注目すると、価格が上下するタイミングはビットコインと類似していますが、価格が上昇する傾向が見られません。

さらに、仮想通貨バブルのときよりも価格が低く、伸び悩んでいる状況です。

これらのことから、EOSは仮想通貨市場からの信用が薄いと考えられます。

現状のままでは、今後の価格上昇は期待できません

日本市場への参入

上記で示したように、現状はEOSへの期待は低いと言えますが、全く期待できないわけではありません。

過去に、日本の取引所に新規上場した仮想通貨の価格が高騰した事例があります。

現在、国内にはEOSを扱っている取引所がないため、今後EOSが国内の取引所に上場することがあれば、価格が高騰する可能性も考えられます。

EOSを購入した際は、新規上場の動きがないかチェックしておくことをおすすめします。

DApps開発の拡大

EOSIO上でのDApps開発が活発になれば、EOSの価格も上昇する可能性があります。

Dapps

近年、イーサリアムなどを利用したDAppsの開発が活発に行われており、市場は上昇傾向です。

DAppsの開発プラットフォームを提供しているEOSIOは、トランザクション処理の速さなどのメリットから、利用する価値を秘めています

今後、EOSIOを利用したDAppsが増加すると、EOSの価格が上昇することも考えられます。

EOSを購入する際は、EOSIOの動きやDApps市場に注目が必要です。

EOSの価格は伸び悩んでいるものの、国内取引所に上場したり、EOSIO上でのDAssp開発が活発になれば、価格が上場することも期待できます。

国内取引所で初心者でも利用しやすいCoincheckの口座を開設して備えておくことをおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

EOS(イオス)の買い方

EOS(イオス)の詳細を知って、「購入したい」と思った方もいるのではないでしょうか

ここではCoincheckを利用して、EOSを購入する方法を解説します。

EOSの買い方
  1. Coincheckで口座の開設する
  2. 日本円を入金してビットコイン(BTC)を購入する
  3. 国外の取引所にビットコインを送金してEOSを購入する

残念ですが、2021年12月現在、日本国内にはEOSを扱っている取引所がないため、国外の取引所にビットコインを送金して購入する必要があります。

国外の取引所は、日本との法規制の違いや詐欺のリスクが高いため、取引する際は慎重に手続きしてください。

国内取引所では、取り扱い銘柄が豊富で、500円からビットコインを購入できるCoincheckを おすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Coincheckの口座を開設する

まずCoincheckの口座を開設します。

Coincheckにアクセスします。

Coincheck-top

「会員登録」をクリックします。

Coincheck-会員登録

「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、「新規登録」をクリックします。

登録したメールアドレスに「登録メールアドレス確認のお願い」のメールが届くので、メール内のURLをクリックしてアカウントの作成を完了させます。

次に各種重要事項の承諾を行います。

Coincheck-各種重要事項の承諾

Coincheckにログインすると、上記の画面が表示されるので「各種重要事項を確認する」をクリックします。

その後、確認事項が表示されるので、目を通してチェックボックスをチェックすると完了です。

Coincheck-電話番号認証

続いて、電話認証を求められるので、電話番号を入力して「SMSをを送信する」をクリックします。

認証番号が届くので、入力して認証を完了します。

その後、氏名や性別、生年月日なのど個人情報を入力します。

最後に、本人確認をします。

登録できる本人確認書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

書類の郵送はなく、スマホで本人確認書類を撮影するだけの簡単な作業で完了します。

Coincheck-本人確認書類

上記の画面が表示されるので、「本人確認書類を提出する」をクリックします。

Coincheck-本人確認書類提出

「アプリのQRコードを表示」をクリックし、表示されたアプリのQRコードを読み込んでアプリをダウンロードします。

アプリを立ち上げ、その後は流れにそって本人確認書類を撮影してください。

本人確認書類を提出し終わると、Coincheckが審査します。

数時間後に、「本人確認完了のお知らせ」のメールが届くと、口座開設が完了です。

日本円を入金してビットコイン(BTC)を購入する

次にビットコイン(BTC)を購入します。

イーサリアムなど一部のアルトコインが利用できる場合もありますが、全ての取引所に対応しているビットコインがおすすめです。

まず、Coincheckの口座に日本円を入金します。

入金方法は「銀行振込」「コンビニ振込」「クイック入金」の3種類です。

今回は最もスタンダードな銀行振込で入金します。

Coincheck-入金方法

Coincheckのホーム画面左側の「日本円の入金」を選択します。

「銀行振込」のタブを選択すると振込先の口座が表示されるので、指定の口座に振り込むと入金完了です。

続いて、ビットコインを購入します。

ビットコインの購入は「販売所形式」と「取引所形式」の2種類があります。

今回はシンプルな操作で購入できる販売所形式の方法を紹介します。

Coincheck-ビットコイン購入画面

Coincheckのホーム画面左側の「販売所(購入)」を選択します。

購入する通貨に「BTC」を選択し、数量を入力して「購入する」をクリックすると、購入完了です。

国外の取引所にビットコインを送金してEOSを購入する

国外の取引所にビットコインを送金して、EOSを購入します。

送金するために、送金先の口座が必要なので、事前に口座を開設しておいてください。

EOSを扱っている取引所はいくつかありますが、大手の取引所の「Binance(バイナンス)」は日本語にも対応しています。

ただ、海外取引所には安全性の観点からリスクがありますので口座を開設する際は自己責任でお願いします。

送金先の口座解説方法は別途リサーチしてください。

それでは、ビットコインの送金方法を解説します。

Coincheck-ビットコインの送金方法

Coincheckのホーム画面左側の「暗号資産の送金」を選択します。

送金先(国外の取引所)の情報を登録して、金額を入力して「送金する」をクリックすると送金完了です。

送金が完了したら、送金先の取引所でEOSを購入しましょう。

今回利用したCoincheckは、初めて取引所を利用する人にも使いやすいシンプルな作りになっています。

扱っている通貨やサービスの種類も豊富なので、これを気にCoincheckの口座を開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

EOS(イオス)の注意点

損失を避けるためにもEOS(イオス)の注意点も知っておきましょう。

EOSの注意点
  • 国内の取引所では購入できない
  • EOSの用途が少ない
  • マイニングの報酬を開発者が負担している

国内の取引所では購入できない

EOSは国内の仮想通貨取引所では購入できません

国内の取引所でビットコインを購入し、それを国外の取引所に送金してEOSを購入します。

「国外の取引所に日本円を入金して、EOSを直接購入できませんか?」と疑問を持つ方もいるかもしれませんが、法律などの関係で日本円を入金して仮想通貨を購入できる取引所がありません。

よって、国内の取引所からビットコインを送金する必要があります。

EOSを購入できる取引所は「Binance(バイナンス)」「OKEX(オーケーイーエックス)」「Huobi Global(フォビグローバル)」などがあります。

また、取引所によっては、送金手数料がかかる場合があるので、事前に確認してから送金しましょう。

主な取引所のビットコインの送金手数料は次の通りです。

Coincheck0.001BTC
DMM Bitcoin無料
bitFlyer0.0004BTC

用途が少ない

EOSの用途は少なく、現在は投資目的で取引する以外の用途がありません

EOSは資金調達のために作られて仮想通貨なので、プロジェクトを達成している現在は使い道がないのです。

よって、EOSを購入する目的は今後の価格上昇に期待した投資になります。

マイニングの報酬を開発者が負担している

マイニングの報酬を開発者が負担しています。

この状況を注意する必要がある理由は、開発者が報酬を負担できなくなると「手数料無料」のメリットを受けられないからです。

メリットのところで手数料が無料であることをお伝えしましたが、これはマイニングの報酬を開発者が負担することで無料になっています。

手数料無料をメリットにして利用している人は、開発者の動向も注視しておくことをおすすめします。

EOS(イオス)のまとめ

今回は仮想通貨のEOS(イオス)について解説しました。

この記事のまとめ
  • EOSはDAppsのプラットフォームを運営するEOSIOのブロックチェーン
  • 圧倒的なトランザクション処理の速さからイーサリアムキラーとして注目
  • EOSは取引手数量が無料
  • DPoSを採用している
  • 現状ではEOSの価格高騰は期待できない
  • 国内にEOSを扱っている取引所はない
  • 外国の取引所へ送金するならCoincheckがおすすめ

EOSを扱っている国内の取引所がないため、国外の取引所にビットコインを送金して購入する必要があります。

国内の取引所は、扱っている通貨が豊富で500円から仮想通貨を購入できるCoincheckがおすすめです。

サイトやアプリも使いやすく作られており、初心者でも簡単に利用できるので、この機会にぜひCoincheckの口座を開設してください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEは、投資家のみなさまへ有益な情報を随時配信しています。

まだ友達追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる