仮想通貨FLOW(フロウ)とは?今後の見通し・予想と将来性を徹底解説

NFTゲームやNFT関連の仮想通貨銘柄の投資を考えている人で、注目すべき仮想通貨にFLOW(フロウ)があります。

FLOWはNFTゲームを多数開発するDapperLabsが開発元となっているブロックチェーンで、多くの投資家から注目を集めている銘柄です。

今回の記事では、FLOWの特徴や今後の将来性について、解説していきます。

今回の記事のまとめ
  • FLOWはCryptoKittiesなどの有名なNFTゲームを手がけるDapperLabsが開発したブロックチェーン技術
  • 従来のブロックチェーンと比べて開発者・消費者向けに改善されている
  • シャーディングが不要であり、処理能力の速さが特徴
  • 独自のステーブルコインであるFUSDを開発しており、利便性が向上した
  • 2021年に上場したばかりの新しい通貨で、上場当初は価格が急騰
  • 2021年5月に価格が下落したが、現在は20ドル付近で安定している
  • 今後、取り扱う取引所が増加することで、価格が上昇する期待が高い
  • 現状海外取引所でしか購入できず、国内取引所から通貨を送金して取引を行う必要がある
  • 国内取引所の口座開設は、Coincheckがおすすめ

国内取引所の口座開設を検討している方はCoincheckがおすすめです。

コインチェック

取り扱う仮想通貨の種類が17種類と国内で最も多く、様々な通貨の取引を行うことができます。

また、FLOWが国内に上場する場合にCoincheckで上場する可能性が高いため、口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する情報を随時発信中です。

アルトコインについての情報も配信していますので、ぜひ無料で登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

目次

FLOW(フロウ)とは?

Flow

まずは、FLOWの概要について確認していきましょう。

仮想通貨名フロウ
シンボルFLOW
発行上限1,344,157,523枚
価格(2021年9月現在)2,289.97円
時価総額(2021年9月現在)130,691,449,787円
時価総額ランキング(2021年9月現在)88位
購入できる主な取引所国内取引所での取り扱いはなし
公式サイトフロウ公式サイト

Dapper Labsが開発した新しいブロックチェーン技術

Dapper

FLOWを開発しているのは数多くのNFTゲームやアプリケーションを提供しているDapper labsです。

Dapper labsが開発しているアプリ・ゲーム

特に、CryptoKittiesはNFTゲームの先駆けとも言われる存在で、NFTの中でも認知度が高いゲームとして知られています。

元々Dapper labsは、イーサリアム系のブロックチェーンを利用してゲームやアプリケーションの開発を行っていました

しかし、イーサリアムのブロックチェーンでは開発に不向きであると感じ、より開発者向け消費者向けに利用しやすいブロックチェーン技術として自社でFLOWを開発しました。

消費者と開発者向けに構築されているブロックチェーン

Flowは、消費者・開発者のそれぞれにメリットがあるブロックチェーンです

具体的には、次のようなメリットが挙げられます。

開発者側のメリットビルトインロギングサポート
ソフトウェアのクオリティ向上および開発のスピードアップに繋がるシンプルな機能を提供
ケイデンス
DAppsおよびデジタル資産用に開発された学習しやすく開発が容易なプログラミング言語を使用
・USC(Upgradable Smart Contracts
あらかじめ設定されているスマートコントラクトの一部をアップグレードし、安全かつ透過的にバグを修正する
・決済の高速性
世界中あらゆる場所でも、数秒で決済が完了するレスポンスの速さ
消費者側のメリット・セキュリティ性の高さ
悪意のあるアプリから、メインストリームユーザーを保護し、システムにおける信頼性を構築する
・最適化されたシステム
消費者向けアプリケーション用に最適化された決済オンランプおよびエコシステムを提供する
・アカウントの安全性
DAppsによる取引手数料の支払いや、ユーザーへ対する秘密鍵紛失の回復が簡単に行える
・収益性の高さ
アーリーアダプターに対して、FLOW(フロー)トークンを還元する

上記のように、Flowのブロックチェーンは双方にメリットがあるため、開発に適しているだけでなく、コンシューマー向けにも作られています。

数多くの企業・サービスと提携している

Flowコミュニティ

Flowは数多の企業、大学機関、サービスと連携しています。

具体的な企業については次の通りです、

Flowが提携している企業(一例)
  • WARNER MUSIC GROUP
  • SAMSUNG
  • UBISOFT
  • Binance
  • OpenSea
  • AppWorks など

上記のように世界的な有名な企業や大学などと提携しており、ブロックチェーン技術として期待を集めています。

FLOW(フロウ)の特徴

FLOWには、次の3つの特徴が挙げられます。

FLOWの特徴
  • 独自の処理能力
  • シャーディングが不要
  • 独自のステーブルコインを開発し利便性を向上

それぞれの特徴について、詳しく確認していきましょう。

独自の処理能力

Flowのフロー

FLOWでは、仮想通貨のマイナーやバリデータ(入力データ)を、それぞれに特徴のある4つの役割に分類することで、処理能力の劇的な改善を実現しています。

FLOWの処理能力改善の仕組み
  • 収集(Collection):トランザクション効率を上昇させる
  • 合意(Consensus):ノードを分散化させる
  • 実行(Execution):トランザクションのスピードと容量を増加させる
  • 検証(Verification):トランザクションの正確さを向上させる

上記の仕組みによって、スケーラビリティ問題(1つのブロックチェーンで処理できる容量が少ないという問題)に対処が可能です。

シャーディングが不要

Flowでは、他のブロックチェーン技術で必須とされている「シャーディング」を利用していません

シャーディングとは、トランザクションを行うデータを複数のデータベースに分散配置して、データベースの負荷を軽減することを目的とした処理方法です。

一般的にイーサリアムなど他のブロックチェーン技術でシャーディングが用いることで、処理能力が向上することがメリットです。

しかし、シャーディングにはスマートコントラクト間の双方向性が大幅に複雑になり、エラーが発生しやすくなる可能性があるというデメリットが挙げられます。

スマートコントラクトとは

そのため、シャーディングは支払いには優れている反面、ゲームやソーシャルネットワークなどの複雑なアプリケーションのエコシステムには適していません。

したがって、シャーディングに頼らずに処理能力を向上させる技術を用いることで、より開発・利用しやすいスマートコントラクトを提供しています。

Flowでは、前述した処理能力改善のための4つの仕組みを用いていることで、シャーディングを行わずにブロックチェーンの問題を解決できるという特徴があります。

独自のステーブルコインを開発し利便性を高めている

ステーブルコイン

Dapper Labsは、独自のステーブルコインをローンチしたことを2021年の6月10日に発表しました。

ステーブルコインとは?
  • 暗号資産の中でも価格が安定するように設計された通貨のこと
  • 法定通貨と同等に利用することができるため、需要が高い
  • 投資性は低いが、決済機能として優秀な仮想通貨

Flowが開発したステーブルコインの名称は「Flow USD(FUSD)」であり、米ドルを担保に、Flowのブロックチェーン上に発行されています。

従来Flowのエコシステムに参加するにはFLOWトークンが必要だったため、FLOWを購入できないユーザーがエコシステムから排除されてしまうというデメリットがありました。

しかし、ステーブルコインを発行したことで、Flowを利用できる人が増えるため、仮想通貨であるFLOWの需要にも期待が持てます。

注目の集まるFlowのような仮想通貨を購入するためには専用の仮想通貨ウォレットが必要です。

Coincheckはシンプルなデザインと簡単な操作で口座開設から取引開始まで最短で1日でかつアプリ内で完結できます。

まだ口座をお持ちでない方はこれを機にぜひ口座開設しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

FLOW(フロウ)の価格動向

まずは、これまでのFLOWの価格推移について確認していきましょう。

Flow/USD chart
引用元:TradingView

FLOWは2021年に上場したばかりの比較的新しい仮想通貨です。

しかし、1年間の中でも大きく価格が変動しています。

FLOWの2021年の価格推移に注目すると、3つの波がありました。

FLOWの価格推移の波
  1. 上場直後に価格が急騰
  2. 5月から価格が暴落
  3. 7月以降、緩やかに価格が戻り始める

上記の3つのポイントについて、詳しく解説していきます。

上場直後から急激な価格上昇

FLOWは大手仮想通貨取引所であるKrakenに、2021年1月に上場しました。

上場してから約2ヶ月間で、約7ドル→40ドル付近まで価格が急騰しています

2月〜3月のFLOWの価格上昇要因としては以下のことが挙げられます。

価格上昇の要因
  • NFTの注目度が世界的に高まっていること
  • CryptoKittiesを開発しているDapperLabsが開発しているという期待感
  • FlowのNFTゲームであるNBA Top Shotの売れ行きが好調であること

特に、2021年前半はNFTが世界的に注目を集め、バブルを起こした時期であり、NFTゲームの将来性が期待されていました。

FLOWは、NFTバブルの真っ只中に上場したということもあり、上場後の価格が好調に推移しています。

5月:仮想通貨全体の暴落

3月〜4月にかけてFLOWの価格に浮き沈みはしたものの、25ドル〜37ドルを維持してはいました。

しかし、5月以降に価格が大きく暴落します

3月には約40ドル付近まであったFLOWも、5月の暴落により、一時約8ドルまで価格が下落し、上場当時の価格にまで下落しました。

5月以降に暴落要因として挙げられるのは、仮想通貨全体の価格が暴落したことです。

ビットコインに関するネガティブなニュースが多発した影響で、ビットコインの価格が暴落し、他の仮想通貨もつられて暴落し始めました。

ビットコインに関するネガティブなニュース
  • テスラCEOであるイーロンマスク氏がTwitterにて「テスラ車のビットコイン購入を認めない方針」という旨をツイートしたことによる大量の売り懸念
  • 中国政府がビットコインのマイニングを規制する動きを発表し、ビットコインの規制が強まることを懸念

仮想通貨の価格が変動する要因は、通貨の将来性の期待だけでなく、ビットコインの価格に影響することが大きいです。

したがって、ビットコインが暴落した2021年5月以降、ほとんどの仮想通貨は下落しており、FLOWも影響を受けました。

ビットコインについては、法定通貨として利用されるという期待が高まる一方で、マイニングが環境に悪いというデメリットもあり、今後ネガティブなニュースが発表される可能性も高いです。

7月以降、上昇トレンドに

5月に大きく暴落したFLOWも、7月以降、徐々に価格が上昇し始めました。

一時は約8ドルまで下落していたFLOWも2021年9月現在では、約20ドルまで価格が戻っています

FLOWの価格が上昇している大きな要因というものはありませんが、暴落の反動によるものと、他の仮想通貨も上昇トレンドであることが要因として挙げられるでしょう。

7月〜8月にかけて緩やかに価格が戻りましたが、9月は横ばいであり、上げ止まりが見えています。

今後もビットコインなどの主要な仮想通貨の動向に注目しながら、価格の推移に注意する必要があるでしょう。

Coincheckはビットコインなど国内最多の17種類の仮想通貨を取り扱っておりシンプルで見やすい表示により各仮想通貨の価格変動が一眼で確認できます。

ビットコインなどの仮想通貨を取引するためには専用の仮想通貨ウォレットが必要です。

まだお持ちでない方はこれを機にCoincheckに登録しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

FLOW(フロウ)の今後の見通し・価格予想

FLOWの今後の価格変動要因としては次の3つが挙げられます。

FLOWの今後の価格変動の要因
  • 取り扱う取引所の増加
  • ロックアップ解除による大量の売り懸念
  • ブロックチェーン技術の普及

それぞれの価格変動の要因について、詳しく確認していきましょう。

取り扱う取引所の増加

仮想通貨取引所 増加

FLOWは2021年に上場したばかりの仮想通貨であり、取り扱いのある取引所が少ないというデメリットがあります。

取り扱う取引所が少ないということは、取引できるトレーダーの数が少なく、時価総額が低いということです。

今後、FLOWを取り扱う仮想通貨取引所が増加することで、FLOWの売買が活発化され、価格が上昇する可能性が高いです。

特に、国内では利用者数が最も多いCoincheckでFLOWが上場すると、価格が伸びやすい傾向にあります。

FLOWが上場するというニュースを見た場合には、事前に購入して仕込んでおくという方法も有効的な可能性が高いです。

まだCoincheckで口座を開設していない方は今のうちに登録しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ロックアップ解除による大量の売り懸念

短期的な価格下落の懸念としてFLOWのロックアップ解除が挙げられます。

ロックアップとは
  • 暗号資産(仮想通貨)を発行する企業や団体が一定の期間、発行した暗号資産を売り出さずにいること
  • ICOで上場前に仮想通貨を購入した人もロックアップの対象となり、一定期間売却できない
  • ロックアップがあることで、上場してから価格が下がりにくいというメリットがある

FLOWは、2020年の10月にトークンセールが開始されました。

ロックアップ期間は1年後に50%解除、2年後に50%解除となっているため、2021年の10月と2022年の10月に解除されることとなります。

ロックアップが解除されると上場前に仮想通貨を入手した大口投資家や機関投資家などが大量のFLOWを売却する可能性が考えられます。

したがって、一般投資家も売却を懸念してFLOWを手放すという可能性が高いです。

上記のように、ロックアップ解除の日程が近づくにつれて、仮想通貨の価格が下落するというリスクにも注意しなければいけないでしょう。

ブロックチェーン技術の普及

FLOWは独自のブロックチェーン技術を使用しており、様々なアプリケーション、ゲームを開発することができます。

今後、FLOWのブロックチェーンを用いて開発されたアプリ・ゲームが増えると、ガス代の支払いとしてFLOWの需要が高くなり、価格が上昇する可能性が高いです。

FLOWはDappsLabsが開発していることや開発者向け、消費者向けに作られていることから、注目を集めているブロックチェーンです。

現状、FLOWのブロックチェーン技術を使用しているアプリは少ないですが、今後外部の企業もFLOWのブロックチェーンを利用すると考えると価格上昇に期待できるでしょう。

一方で、FLOW以外にも台頭しているブロックチェーン技術は様々あるため、他のブロックチェーンと競合してしまうことは懸念されます。

なお、Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する情報を随時発信中です。

アルトコインについての情報も配信していますので、ぜひ無料で登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

FLOW(フロウ)の購入方法

FLOWの将来性を期待している方で実際に購入してみたいという方もいるでしょう。

しかし、FLOWは現在、日本の仮想通貨取引所で取り扱いがありません

そのため、FLOWを取り扱っている海外仮想通貨取引所の口座開設を行う必要があります

具体的にFLOWを購入するためには次のような手順で行います。

FLOWを購入するための手順
  1. 国内仮想通貨取引所の口座開設
  2. FLOWを取り扱う海外取引所の口座開設
  3. 国内取引所から海外取引所へ仮想通貨の送金
  4. 送金した仮想通貨でFLOWを購入

それぞれの手順や注意点について、詳しく解説していきます。

STEP1:国内取引所から仮想通貨を購入

海外仮想通貨取引所は日本円の入金ができないため、ビットコインやイーサリアムの仮想通貨でFLOWを購入する必要があります。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を購入するために国内取引所の口座開設は必須です。

もし、国内取引所の口座を持っていない人は、取引手数料無料で利用できるCoincheckがおすすめです。

コインチェック

Coincheck17種類の仮想通貨を取り扱う国内最大級の取引所です。

また、仮想通貨の積立購入や貸し暗号資産に対応しているなど取引方法も豊富であり、幅広い方が利用しやすい取引所となっています。

今後FLOWが上場する可能性も高いため、今のうちに口座開設をしておくことをおすすめします。

まずは、Coincheckの口座開設を行いビットコインやイーサリアムを購入しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

なお、コインチェックの評判/口コミはこちらで詳しく解説していますのであわせてご覧ください。

STEP2:FLOWを取り扱う仮想通貨取引所の口座開設を行う

次にFLOWを取り扱う海外仮想通貨取引所の口座開設を行います。

FLOWを取り扱う海外仮想通貨取引所
  • Binance
  • Kraken
  • OKEx
  • Mandara Exchange
  • Huobi Grobal など

上記のうち、自分で取引を行いたい取引所の口座を開設してみましょう。

海外取引所の場合には、金融庁の認可を受けていないというデメリットがあります

したがって、取引にかかるリスクが大きく、投資を行う際には全て自己責任となる点に注意が必要です。

STEP3:国内取引所から海外取引所に仮想通貨を送金

次に、国内の取引所から海外取引所に仮想通貨の送金を行います

仮想通貨の送金方法については、次の3つのステップで行います。

仮想通貨の送金方法
  1. 送金先の取引所ウォレットのアドレスをコピーする
  2. 送金を行いたい取引所で、送金先のアドレスを入力
  3. 送りたい通貨の種類、数量を選択する

送金の際の注意点としては、送る通貨ごとに所定の送金手数料が発生するという点と、送金アドレスを間違えてしまっても通貨が戻ってこないという点です。

そのため、テスト送金を行いアドレスの間違いがないか確認するのが望ましいです。

STEP4:送金した仮想通貨でFLOWを購入する

海外取引所のウォレットに仮想通貨を入金すると、FLOWを購入することができます。

ただし、仮想通貨同士の交換となるため、両方の通貨の価格変動が影響するという点に注意が必要です。

例えば、FLOWの価格が上昇してビットコインの価格が下落した場合、法定通貨で交換するよりも実質的な交換レートが高くなってしまうという可能性が考えられます。

そのため、ビットコインの価格下落時にはリスクが高いという点を考慮しておきましょう。

手順が理解できた方は是非コインチェックの登録から始めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

FLOW(フロウ)のまとめ

今回は、FLOWの特徴や将来性について、解説しました。

今回の記事のまとめ
  • FLOWはCryptoKittiesなどの有名なNFTゲームを手がけるDapperLabsが開発したブロックチェーン技術
  • 従来のブロックチェーンと比べて開発者・消費者向けに改善されている
  • シャーディングが不要であり、処理能力の速さが特徴
  • 独自のステーブルコインであるFUSDを開発しており、利便性が向上した
  • 2021年に上場したばかりの新しい通貨で、上場当初は価格が急騰
  • 2021年5月に価格が下落したが、現在は20ドル付近で安定している
  • 今後、取り扱う取引所が増加することで、価格が上昇する期待が高い
  • 現状海外取引所でしか購入できず、国内取引所から通貨を送金して取引を行う必要がある
  • 国内取引所の口座開設は、Coincheckがおすすめ

FLOWは開発元に安心感があり、ブロックチェーン技術としての将来性にも期待が持てる銘柄となっています。

しかし、国内取引所での取り扱いがないため、リスクの高い海外取引所で購入しなければいけない点には注意が必要です。

仮想通貨取引の経験が少ない方は、Coincheckなどの国内取引所から取引を始めてみましょう。

コインチェック

Coincheckは仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1の実績があり、仮想通貨取引初心者から日頃から取引をしている人まで幅広い層に支持されています。

これから仮想通貨取引を始めるといった方にとてもおすすめできる取引所となっているのでこれを機にぜひ登録しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する情報を随時発信中です。

アルトコインについての情報も配信していますので、ぜひ無料で登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

目次
閉じる