仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)とは?今後の見通し/予想と将来性を徹底解説

ファントム(FTM)はDAGを用いた取引データ処理を行うなど、従来のブロックチェーン技術問題を克服した仮想通貨です。

近年、多くの投資家から「ファントム(FTM)」が注目され、2021年には最高値を更新しました。

ただ、ファントム(FTM)についてご存知でない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ファントム(FTM)の意味や特徴、価格動向、今後の見通し・価格予想について解説します。

この記事でわかること
  • ファントム(FTM)とは「DAG」を活用した新しいスマートコントラクトプラットフォーム
  • ファントム(FTM)はブロックチェーントリレンマ問題を解決する仮想通貨
  • アメリカの大手格付け機関「Weiss Ratings」から最高評価のAランクを獲得している
  • 独自のコンセンサスアルゴリズム「Lachesis」を採用した将来性のある仮想通貨
  • 2021年も史上最高値を更新していることから多くの投資家が注目している

汎用性が高いファントム(FTM)は、主にセキュリティの保護やDefi(分散型金融)のガス代(手数料)に利用されています。

また、ファントム(FTM)は2021年も高値更新を記録しており、マーケット拡大が期待できる仮想通貨です。

時価総額や市場ランキングでも上昇が見られ、ファントム(FTM)価格上昇になる可能性は十分にあるでしょう。

なお、DEXを使うことでイーサリアム(ETH)をスワップしてファントム(FTM)を入手できます。

まずは、国内取引所コインチェックでイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

コインチェック

コインチェックは国内最多の17種類の仮想通貨取扱数であり、仮想通貨取引所アプリダウンロード数No.1の実績があります。

イーサリアムをはじめとする仮想通貨の取引の際にかかる手数料も無料となっていますので、まだ口座開設がお済みでない方はこれを機にコインチェックに登録してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

なお、Media Argo公式LINEではFTMなど仮想通貨に関する情報を配信中です。

ぜひこの機会に無料で友達登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

目次

ファントム(FTM)とは?

ファントム(FTM)を詳しくご存知で無い方も多いのではないでしょうか。

まずは、ファントム(FTM)について簡単にわかりやすく解説します。

ファントム(FTM)の概要

FTMホームページ
仮想通貨名Fantom(ファントム)
通貨単位FTM
現在の価格(2021年9月時点)115.45円
時価総額(2021年9月時点)293,465,905,095円
時価総額ランキング(2021年9月時点)52位
取引できる主な取引所国内での取り扱いはなし
公式サイトFTM公式サイト

ファントム(FTM/Fantom)とは、DAGテクノロジーを活用した今までにない新しいスマートコントラクトプラットフォームです。

また2018年に登場した仮想通貨で、第三者の介入が無くとも確認可能な分散型オープンソースです。

スマートコントラクトプラットフォームの問題、取引速度の遅延問題など、仮想通貨における問題解決を目指して開発されました。

なお、アメリカの大手格付け機関「Weiss Ratings(ワイスレーティングス)」からファントム(FTM)は、最高評価Aランクの”Excellent”を獲得しています。 

Weiss Ratingsの格付けランク
  • A = Excellent
  • B = Good
  • C = Fair
  • D = weak
  • E = very weak

イーサリアム(ETH)はB = Good、ビットコイン(BTC)はC = Fairと格付けされており、その中でもファントム(FTM)は最高ランクを獲得するなど高い技術力を持っていることが分かります。

主にセキュリティの保護やDefi(分散型金融)のガス代(手数料)に利用され、オープンソースであることから汎用性の高い仮想通貨です。

ファントム(FTM)の購入に必要なイーサリアムの購入には仮想通貨取引専用口座が必要です。

コインチェックは国内最多の17種類の仮想通貨取扱数とアプリダウンロード数No.1の実績がある、おすすめの仮想通貨取引所です。

まだ仮想通貨取引用の口座をお持ちでない方はぜひこの機会にコインチェックに登録しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

トリレンマを解決する仮想通貨

仮想通貨にはスマートコントラクトを提供しているものが多数ありますが、ファントム(FTM)は従来のブロックチェーンプラットフォームとは異なります。

ブロックチェーンでは、以下の3つでトレードオフを行っています。

 ブロックチェーンにおけるトリレンマ
  • スケーラビリティ
  • 分散型
  • セキュリティ

また、2つの能力を高めるためには1つを犠牲にしなければ成らない、いわゆる「ブロックチェーントリレンマ」です。

例えばビットコイン(BTC)の場合、分散性と安全性の能力には優れていますが、必然とスケーラビリティ問題が発生します。

スケーラビリティ問題

ビットコイン(BTC)は1ブロックに格納できる容量に限りがあるため、送金手数料が高騰したり、取引の処理能力により遅延が起こってしまいます。

一方でファントム(FTM)は、これらのブロックチェーントリレンマ問題を解決しました。

複数のブロック生成により情報処理能力が向上し、さらに分散性と安全性を兼ね備えたプラットフォームなのです。

DAGベースのコントラクトプラットフォーム

DAG とは

ファントム(FTM)は仮想通貨におけるブロックチェーンではなく「DAG(Directed Acyclic Graph)」を用いて取引データの処理を行っています。

DAGとは?

DAG(Directed Acyclic Graph)とは、拡張可能性に優れたブロックチェーンの後継とも言われる理論技術です。

日本語訳では「有向非巡回グラフ」と言い、DAGは取引データを複数のブロックで繋げることが可能です。

また、ブロックチェーン技術のようにブロックに取引データを格納する必要がないため、送金データの承認時間を短縮してくれます。

その他にもDAGは、新規で通貨発行をするマイニングの概念がなく、取引承認を行うマイナーに報酬を払う必要がないことも特徴です。

DAGテクノロジーを活用したファントム(FTM)は、分散型ネットワークで複数処理のトランザクションを同時に書き込めます。

また、ネットワークの参加者が承認する仕組みで、多数の利用者がいると情報処理が向上してさらに高速で行ってくれます。

このように、さまざまな面で非常に優れたファントム(FTM)は、イーサリアム(ETH)をスワップすることで入手できます。

イーサリアム(ETH)を入手するためには専用の仮想通貨取引口座が必要です。

コインチェックはイーサリアムをはじめ国内最多の17種類の通貨を取り扱っており、仮想通貨初心者から上級者まで幅広い層で使われている取引所です。

簡単にアプリで登録ができ、最短1日で取引開始できますので、まだ口座をお持ちでない方はこれを機にコインチェックに登録しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ファントム(FTM)の特徴

次に、ファントム(FTM)の特徴について解説します。以下のとおりです。

ファントム(FTM)の特徴
  • 素早い決済処理
  • 取引手数料が安価で低コスト
  • 安全なスケーラビリティ

ファントム(FTM)の概要や仕組みには、上記3つのように特徴となる面があります。

素早い決済処理

DAGテクノロジーを活用したスマートコントラクトプラットフォームのファントム(FTM)は、処理能力が高速である特徴を持ちます。

例えば、従来のブロックチェーンの場合、取引データを格納するブロックは前後に一つのみ繋がっています。

そこにDAGシステムを取り入れることで、複数のブロック生成が可能となります。

つまり、DAGシステムの採用によって処理能力が高まり、従来より素早い決済処理を行えます。

ファントム(FTM)は、仮想通貨の出金は時間がかかる等の従来の仮想通貨問題を覆す仮想通貨です。

取引手数料が安価で低コスト

ファントム(FTM)を動かす際の取引手数料は「0.01ドル未満」と非常に低コストです。

例えば、イーサリアム(ETH)は数千円、BSC(バイナンススマートチェーン)は数十円〜数百円と言ったように、各プラットフォームには必然と取引手数料がかかります。

一方ファントム(FTM)の場合、取引手数料は0.001円であり、ほぼ無料です。

管理者のいないファントム(FTM)は、ウォレット間での移行の取引手数料やガス代が非常に安価となります。

安全なスケーラビリティ

コンセンサスアルゴリズム「Lachesis(ラケシス)」という仕組みによって、スケーラビリティを実現可能としています。

Lachesis(ラケシス)は、安全性の向上と高速での取引を実現可能にする新しいコンセンサスメカニズムです。

すでに、CurveやSuhiswapと言った、さまざまなプロトコルがファントム(FTM)に対応しています。

また、ファントム(FTM)は許可不要な分散型オープンソースで、ノード数が増えるほど処理能力が向上する特徴を持ちます。

つまりファントム(FTM)は、従来のブロックチェーンプラットフォームを克服するためにスケーラビリティを優先させつつ、分散性と安全性を犠牲することのない仮想通貨なのです。

ファントム(FTM)は、イーサリアム(ETH)をスワップして入手できます。

まずは、イーサリアム(ETH)を国内取引所コインチェック(Coincheck)で購入しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ファントム(FTM)の価格動向

ここからは、2018年に登場した「ファントム(FTM)」の価格動向を時系列で見ていきます。

※ファントム(FTM)の通貨単位は「FTM」で取引が行われています。

まず、ファントム(FTM)の2018年〜2021(現在)までの全体チャートをご覧ください。

FTM/USD chart
引用:TradingView

ファントム(FTM)が登場した2018年〜2020年までは、価格に大きな変動は見られず推移しています。

しかし、一転して2021年1月「DeFiバブル」によってファントム(FTM)の価格は大きく上昇し始めました。

FTMバブル
引用:TradingView

2021年2月、0.90ドルに向けて一定の価格推移でボックス相場となります。

2021年5月には、ファントム(FTM)は最高値0.95ドルを記録しました。

このとき、多くの投資家からファントム(FTM)が注目された瞬間ともいえるでしょう。

ただ、最高値後の2021年6月、ファントム(FTM)の価格は一時0.10ドルまで大きく下落しています。

2021年7月までは、0.20ドル〜0.40ドルと価格の下落が見られる状態でした。

その後のファントム(FTM)は、2021年8月から価格上昇で陽線が続き、2021年9月には史上最高値1.99ドルを更新しました。

FTM週足チャート
引用:TradingView

史上最高値を更新後、ファントム(FTM)の週足チャートはこのようになっています。

月足では陽線の範囲内ですが、今後もファントム(FTM)は各国の情勢により価格変動が起こるはずです。

そのため、今の価格帯が押し目であるか、チャートを全体的に捉えてしっかりとした見極めが重要となるでしょう。

なお、Media Argo公式LINEではFTMなど仮想通貨に関する情報を配信中です。

ぜひこの機会に無料で友達登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

ファントム(FTM)の今後の見通し

ファントム(FTM)を十分に理解した上で、さまざまな気になる点が生まれるのではないでしょうか。

ここからは、ファントム(FTM)の今後の見通しについて解説します。

ファントム(FTM)の今後の見通し
  • 独自のコンセンサスアルゴリズム
  • DeFiに対応している
  • ファントム(FTM)への期待

独自のコンセンサスアルゴリズム

独自のコンセンサスアルゴリズム採用しているファントム(FTM)は、今後も期待できる仮想通貨です。

なによりファントム(FTM)は、Lachesis(ラケシス)というコンセンサスアルゴリズムでP2Pでの管理を可能としています。

P2P

従来のブロックチェーン技術よりも情報処理が高速で、低コストでセキュリティ面でも優れているのです。

例えば、ビットコイン(BTC)での送金は、10分程度の時間を要します。

それに対し、情報処理が高速なファントム(FTM)は、2秒での送金を可能としています。

このようにLachesis(ラケシス)は、従来と異なる新しいコンセンサスアルゴリズムで、なお銀行での利用もできる程の水準となっています。

ただ、ファントム(FTM)は中央集権に偏りがあるため、安全性での懸念は必要となります。

DeFiに対応している

ファントム(FTM)は、DeFi(分散型金融)に対応していることもあり、多くの投資家から関心を集めています。

DeFiとは?

「DeFi(Decentralized Finance)」とは、スマートコントラクトを採用した金融サービスのアプリケーションのことです。

非中央集権型で、第三者が介入せずに資金管理を可能とします。

また、日本語訳では「分散型金融」と言い、DeFiサービスは主にイーサリアム(ETH)のブロックチェーンが利用されています。

DeFi とは

DeFiプラットフォームの中でもファントム(FTM)は、トランザクションスピード(TPS)と手数料に関しては、圧倒的な速さと低コストを持ち合わせています。

つまり、ファントム(FTM)への資金流入が起こり、結果ファントム(FTM)の価格上昇になる可能性は十分にあるのです。

なお、DeFiの関連銘柄は2021年3月〜4月には最高値更新をするなど、ファントム(FTM)価格高騰への期待ができるでしょう。

ファントムを購入するためにはイーサリアム(ETH)が必要ですので、まだ口座をお持ちでない方はこの機会にコインチェックに登録しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ファントム(FTM)への期待

DAGテクノロジーを活用した新しいスマートコントラクトプラットフォーム「ファントム(FTM)」は、今後も期待の仮想通貨です。

なにより、DAGテクノロジーを活用したファントム(FTM)は、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)の良い面を持ち合わせています。

ファントム(FTM)とイーサリアム(ETH)の互換性、そして手数料が低コストである面も価値の上昇に繫がっています。

また、ファントム(FTM)はプラットフォームなので、注目を集める可能性が十分にあるのです。

なお冒頭に前述したとおり、アメリカの大手格付け機関「Weiss Ratings」から最高評価のAランクを獲得しています。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の技術力よりも上のランクで評価されている点など、ファントム(FTM)は今後も注目の的でさらなる期待ができるでしょう。

非常に優れた仮想通貨「ファントム(FTM)」は、イーサリアム(ETH)をスワップして入手できます。

初めに、イーサリアム(ETH)を国内取引所コインチェックで購入しましょう。

国内取引所コインチェックは、安全性も高く国内ユーザーが多く使用しており、特におすすめな取引所ですのでまだ口座をお持ちでない方はこれを機に登録しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ファントム(FTM)の今後の価格予想

続いて、ファントム(FTM)の今後について年度ごとに解説します。以下のとおりです。

ファントム(FTM)今後の年度ごとの価格予想
  • 2021年末のファントム(FTM)の価格予想
  • 5年後(2026年9月)までのファントム(FTM)の価格予想
  • ファントム(FTM)の価格予想の成長率予想

それでは、海外メディアによるファントム(FTM)の今後の価格予想を見ていきましょう。

2021年末のファントム(FTM)の価格予想

海外メディア「Wallet investor」によると、ファントム(FTM)の2021年末の価格予想は以下のようになっています。

Wallet investor(2021年末)価格予想:2.014ドル

Wallet investorによると、2021年末のファントム(FTM)価格は、今現在の価格から2.0ドルになると予想しました。

ファントム(FTM)は一度、1.9ドルへの価格上昇が見られましたが、それ以降大きな価格変動は起こっていません。

一方でWallet investorは、ファントム(FTM)の価格が年内に史上最高値を更新すると予想しているようです。

5年後(2026年9月)までのファントム(FTM)の価格予想

Wallet investorによると、5年後(2026年9月)のファントム(FTM)価格は、以下のようになっています。

Wallet investor(2026年9月)価格予想:4.8ドル

今の価格水準より倍以上の4.8ドルという価格予想をしており、投資家が長期的な買い目線であると読み取れるのではないでしょうか。

また、長期投資であれば、収益は1年間で+74.08%の可能性があるとも回答しているなど、価格上昇への期待ができるでしょう。

以下、Wallet investorが予想した2022年〜2026年までの価格を表にしたものです。

価格予想
2022年2.0ドル
2023年2.7ドル
2024年3.4ドル
2025年4.1ドル
2026年4.8ドル

このように、ファントム(FTM)の価格は、今後も上がる可能性が高いと予想できるでしょう。

なお、全体チャートで見た場合も、長期的には上昇トレンドであると捉えることができます。

FTMを入手するためのイーサリアムを購入するためには専用の取引口座が必要です。

まだ仮想通貨取引用口座をお持ちでない方はダウンロード数No.1の実績があり仮想通貨初心者から上級者まで幅広い層に人気のあるコインチェックにこれを機に登録しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ファントム(FTM)の価格予想の成長率予想

Wallet investorによる収益成長率予想では、今現在の価格に対して以下のような予想となっています。

成長率予想
2022年68.7%
2023年127.3%
2024年185.4%
2025年244.0%
2026年303.4%

このように現在のデータでは、過去12か月間から見て強気サイクルであると予想しました。

また、ファントム(FTM)自体が前向きな見通しである仮想通貨で、投資に適した通貨である可能性があると回答しています。

投資の世界において、市場への予想はほぼ不可能とは言えますが、少なくとも投資家が買い目線であることは間違いないでしょう。

海外メディアからも期待されているファントム(FTM)は、イーサリアム(ETH)をスワップして入手できます。

まずは、国内取引所コインチェックでイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

国内取引所コインチェックは、扱っている銘柄も豊富でユーザー数も多い取引所なので、初心者の方にも特におすすめな取引所となっています。

まだ仮想通貨用の口座をお持ちでない方はこれを機にコインチェックに登録しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ファントム(FTM)のまとめ

今回は、ファントム(FTM)の意味や特徴、価格動向、今後の見通し・価格予想について解説しました。

この記事でわかること
  • ファントム(FTM)とは「DAG」を活用した新しいスマートコントラクトプラットフォーム
  • ファントム(FTM)はブロックチェーントリレンマ問題を解決する仮想通貨
  • アメリカの大手格付け機関「Weiss Ratings」から最高評価のAランクを獲得している
  • 独自のコンセンサスアルゴリズム「Lachesis」を採用した将来性のある仮想通貨
  • ファントム(FTM)は2021年も史上最高値を更新していることから多くの投資家が注目している
  • ファントム(FTM)はイーサリアム(ETH)をスワップして入手できる
  • まずは国内取引所「コインチェック」でのイーサリアム(ETH)購入がおすすめ

ファントム(FTM)は、ブロックチェーンの後継とも言われる理論技術「DAG」を採用し、複雑なトランザクション処理を行います。

素早い決済処理と取引手数料が低コストで、安全なスケーラビリティを実現可能としました。

また、アメリカの大手格付け機関「Weiss Ratings」から、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)よりも高いAランクと技術面で高評価を得ています。

このように、注目や期待がなされるファントム(FTM)は、価値上昇への期待がより一層高まります。

ファントム(FTM)の市場ランキングや時価総額、価格など、さまざまな要因により今後も大きく変動していくことでしょう。

コインチェック

なお、ファントム(FTM)はイーサリアム(ETH)をスワップして入手可能です。

初めにイーサリアム(ETH)を国内取引所コインチェックで購入してみましょう。

まだ仮想通貨取引用に口座をお持ちでない方はこれを機にコインチェックに登録してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

なお、Media Argo公式LINEでFTMなど仮想通貨に関する情報を配信中です。

ぜひこの機会に無料で友達登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

目次
閉じる