【やばい?】仮想通貨ヘデラ(Hedera/HBAR)とは?今後の見通し・将来性や予想を徹底解説

ヘデラ(Hedera/HBAR)は独自の優れた分散元帳技術を利用した仮想通貨です。

特に金融の分野での活用が進んでおり、昨今注目を集めています。

しかし、「ヘデラに投資してみたいけど、どんなプロジェクトかよくわからない」「ヘデラの買い方が知りたい」といった疑問を持たれている方も多くいらっしゃるかと思います。

今回は、ヘデラ(Hedera/HBAR)のプロジェクトの詳細や購入方法などを詳しく解説します。

この記事からわかること
  • ヘデラ(Hedera/HBAR)の分散元帳技術は高速かつ低料金であるため、大変優れている
  • ヘデラ(Hedera/HBAR)は新型コロナウイルス対策に利用されている
  • ヘデラ(Hedera/HBAR)の運営には世界的有名企業が参加している
  • ヘデラ(Hedera/HBAR)はEMTECH社とパートナーシップを締結した
  • ヘデラ(Hedera/HBAR)を購入するには、まずは国内取引所で取引ペアの仮想通貨を入手する必要がある
  • これから取引所の口座を開設するならCoincheckがおすすめ

ヘデラ(Hedera/HBAR)を購入するには、まずは国内仮想通貨取引所の口座開設が必要となります。

これから仮想通貨取引を始めたい方には、Coincheckがおすすめです。

取引手数料が無料のため、お得に仮想通貨取引を行うことができます。

まだ口座を持っていない方はぜひこの機会に口座開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次

ヘデラ(Hedera/HBAR)とは?

へデラ
仮想通貨名Hedera
ティッカーシンボルHBAR
価格(2021年12月時点)約29円
時価総額(2021年12月時点)約5350億円
市場ランキング37位
購入可能な主な取引所国内取引所の扱いなし
公式サイトHedera公式サイト

ヘデラ(Hedera/HBAR)はHedera Hashgraph(へデラ・ハッシュグラフ)のネットワークを用いた、エネルギー効率の高い仮想通貨です。

他の仮想通貨とは違い、ブロックチェーンを使用することなく高速かつ安全にスマートコントラクトを実行できることが最大の特徴です。

また、Hedera Hashgraph(へデラ・ハッシュグラフ)は分散型台帳技術(DLT)を開発するプロジェクトです。

Hedera Hashgraph(へデラ・ハッシュグラフ)の技術は、近年様々な領域でユースケースが拡大しており、特に金融の分野でのユースケースが広がっています。

ヘデラ(Hedera/HBAR)の特徴

ここでは、仮想通貨MINA(ミナ/Mina Protocol)の特徴を3つご紹介します。

ヘデラ(Hedera/HBAR)の特徴
  • 独自の優れた分散元帳技術を使用している
  • 新型コロナウイルス対策に利用されている
  • 世界的な有名企業が運営に参加している

それでは、順番に解説していきます。

独自の優れた分散元帳技術を使用している

ヘデラ(Hedera/HBAR)の一番目立った特徴は、「Hashgraph コンセンサス」 と呼ばれる独自の分散元帳技術を使用していることです。

この技術を用いることで、これまでのブロックチェーン技術とは比べ物にならないほど高速かつ安全に、低料金で処理を行うことができるようになりました。

以下の画像が、ビットコインとイーサリアムのブロックチェーンとの料金や取引にかかる時間などの比較になります。

へデラ

ヘデラ(Hedera/HBAR)の能力をまとめてみました。

ヘデラ(Hedera/HBAR)の能力
  • 1秒あたりの処理件数10000件以上
  • 送金コスト0.0001ドル
  • 引確認にかかる時間3~5秒
  • トランザクションあたりのエネルギー消費量0.00017KWH

送金コストはビットコインとイーサリアムの約0.00000474833倍と、はるかに低料金であることがわかります。

また、取引にかかる時間もビットコインとイーサリアムと比べて、はるかに少ないです。

ヘデラ(Hedera/HBAR)の技術がいかに優れているかお分かりいただけたかと思います。

新型コロナウイルス対策に利用されている

ヘデラの分散型台帳技術は金融やゲームなど、様々な分野での活用が進んでいます。

その中でも特に話題になったのが新型コロナ対策での2つのユースケースです。

1つ目は、2021年初めにイギリスでコロナウイルスワクチンの管理においてヘデラ(Hedera/HBAR)の技術が活用され始めたことです。

新型コロナウイルスワクチンの管理では、ある一定の温度と期間で保管することが必須となっており、正しく管理を行うのは容易ではありません。

また、新型コロナウイルスワクチンの接種記録システムの誤登録が問題になっているケースもありました。

そこで、ヘデラ(Hedera/HBAR)の技術を用いることで、ワクチンの保管と供給に関する情報を低コストかつ効率的に記録でることが可能になりました。

2つ目は、コロナ感染の情報管理に利用されていることです。

ブロックチェーン企業のAcoerが開発したコロナウイルスの感染状況やトレンドに関する情報を提供するツールで、ヘデラ(Hedera/HBAR)の技術が利用されています。

このツールは、米疾病対策センター(CDC)と世界保健機関(WHO)、関連する臨床試験データ、Twitterからデータを取得して視覚化する機能を有しており、ヘデラ(Hedera/HBAR)の技術を用いることで新型コロナウイルスの感染状況などの情報を改ざんされることを防ぐことができます。

世界的な有名企業が運営に参加している

ヘデラ(Hedera/HBAR)の運営には、世界的な有名企業が参加しています。

ヘデラは「ヘデラ運営審議会」と呼ばれる団体が運営しており、この評議会には以下のような企業が所属しています。

ヘデラ(Hedera/HBAR)の運営に参加している企業
  • Google(世界最大の検索エンジン)
  • IBM(米国のIT大手企業)
  • 野村ホールディングス(日本の大手証券会社)
  • AVERY DENNISON(世界的な科学材料メーカー)
  • DBS(東南アジア最大の総合金融機関)
  • BOEING(世界最大の航空宇宙機器開発製造会社)

世界的な有名企業の名前が並んでいるため、信頼できるプロジェクトであることがわかります。

また、世界的有名企業の参加は多くの資金が集まることも意味しており、ヘデラの今後の発展に期待できると言っても良いでしょう。

ぜひCoincheckで口座開設して、へデラを入手する準備をしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ヘデラ(Hedera/HBAR)の価格動向

続いて、ヘデラ(Hedera/HBAR)の価格動向を、直近2ヶ月と長期の2つに分けてご紹介します。

ぜひ、今後の投資の参考にしてみてください。

直近2ヶ月の価格動向

へデラ
へデラ引用:Trading View

こちらは、2021年10月4日~12月4日までのヘデラ(Hedera/HBAR)のチャートです。

2021年11月中旬までは仮想通貨市場全体の盛り上がりに伴って概ね上昇傾向にあり、1ヶ月ほどで0.4ドル前後から0.47ドル前後まで上昇しました。

その後短期的な下落トレンドに入っており、2021年11月中旬から12月4日現在にかけて0.47ドル前後から0.31ドル前後まで下落しています。

この下落トレンドはビットコインやリップルなど他の銘柄でも見られ、オミクロン株の懸念による仮想通貨市場全体が不調であることが影響していることが考えられます。

ヘデラ(Hedera/HBAR)への投資をこれから始める場合は、上昇トレンドに転じてから資金を投入するか、空売りを仕掛けて価格下落による利益獲得を目指すのが良いでしょう。

長期の価格動向

へデラ
引用:Trading View

こちらは、2019年9月中旬から2021年12月4日までのヘデラ(Hedera/HBAR)のチャートです。

2019年9月中旬に上場した際、0.2ドルの価格をつけ、その後0.03ドル前後まで一気に急落しました。

このような値動きは投資の世界ではよく見られますが、上場後の値上がりを期待して購入した投資家が一気に売り抜けたことが考えられます。

その後2020年12月末頃まで目立った動きはありませんでしたが、2021年1月からは仮想通貨市場の盛り上がりと共に上昇トレンドに入り、同年3月初旬に0.1ドル前後から0.3ドル前後まで高騰しました。

2021年5月中旬から7月上旬にかけては仮想通貨全体の暴落に影響され、0.3ドル前後から0.17ドル前後まで価格を落としました。

その後は上昇トレンドに入っておりますが、これはワクチンの供給増に伴ってヘデラの技術が広く使われたこと、ビットコインなどの他の銘柄の値動きに影響を受けたことが要因であると考えられます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ヘデラ(Hedera/HBAR)の今後の見通し

仮想通貨ヘデラ(Hedera/HBAR)の今後の見通しを3つご紹介します。

ヘデラ(Hedera/HBAR)の今後の見通し
  • 新韓銀行の国際金融システムに採用される
  • NFTの作成が可能になった
  • EMTECH社とのパートナーシップを締結

それでは、順番に解説していきます。

新韓銀行の国際金融システムに採用される

2021年11月29日、新韓銀行はヘデラのネットワークを用いた国際送金プロジェクトの開発が完了したと発表しました。

このシステムは国際送金にかかるプロセスを効率的かつ費用効果の高いものにし、緊急にお金を必要としている多くの人にお金を提供する機会を与えることを目的として開発されました。

仮想通貨の国際送金

現在の金融システムでは、個人または法人が国境を越えた送金を行う場合、顧客は高い手数料を負担する必要があります。

また、国際送金手数料に加えて、仲介手数料として20~80ドル相当の追加料金を支払わなくてはいけないケースもあります。

さらに、取引完了まで3~7日もかかるケースが多く、取引が完了するまで、手続きが正常に進んでいるか確認することもできません。

一方で、今回新韓銀行が開発したシステムを利用すると、顧客は非常に安い手数料かつ速いスピードで資金の送金ができます。

このような分散型台帳テクノロジー(DLT)を活用した金融システムの提供は新韓銀行が世界に先駆けてはじめており、今後の金融業界では分散型台帳テクノロジーを用いた金融システムの開発が進んでいくことが予想されます。

そして、ヘデラのネットワークを用いた国際送金システムが他の大手銀行などと提携することになれば、より一層ヘデラの認知度が上がり、価格の上昇も見込めるでしょう。

NFTの作成が可能になった

ヘデラが展開しているHedera Token Service(HTS)を使用すると、スマートコントラクトを設定および展開することなく、Hederaネットワーク上で非代替トークン(NFT)を作成できます。

NFTとは

非代替トークン(NFT)とは代替が不可能な、ブロックチェーン上で発行された、送信権が入った唯一無二のデータのことです。

これまでのデジタルデータは誰でも簡単に情報にアクセスし、コピーすることが可能でした。

一方、非代替トークン(NFT)はデータ管理にブロックチェーンの技術を使用することで、データの改ざんができず、他の物と代替したり、同じものを複製して代わりにすることはできません。

例えば、1点ものの絵画は世界中を探しても同じものを見つけることはできませんが、非代替トークン(NFT)も同様に1点物という希少性を持たせることができるのです。

昨今では世界的アーティストや日本の有名インフルエンサーが高額なNFTを購入し、Twitterのアイコンなどにしており、急激に注目が集まっています。

また、音楽や動画、デジタルアートなど様々な分野での活用が進んでおり、今後もNFTがより多くの人へ影響を与えることは確実であると言ってもよいでしょう。

この非代替トークン(NFT)は誰でも作成することができ、ヘデラのネットワーク上でもNFTが作成できるようになりました。

ヘデラのネットワークでは高速かつ低料金で処理ができるため、今後NFTを作成したい多くの企業や個人がヘデラのネットワークを利用し始め、ヘデラの存在がさらに認知されていくことが考えられます。

EMTECH社とのパートナーシップを締結

2021年10月8日に、EMTECH社はヘデラ(Hedera/HBAR)と安全性が高く、エネルギー効率の高いCBDC(中央銀行デジタル通貨)ソフトウェアを開発するためのパートナーシップを発表しました。

中央銀行は、誰でも・いつでも使える支払決済手段として銀行券(銀行が発行する紙券通貨)を発行しており、これをデジタル化してはどうかという議論があがっていましたが、実用化が進んでいる国はごくわずかでした。

しかし、2021年11月30日に、ドイツ連邦銀行(中央銀行)のブルクハルト・バルツ理事は、各国の中央銀行がデジタル通貨の導入を検討しており、中国人民銀行(中央銀行)はすでにその先頭に立っているとの見解を示しました。

そのため、今後多くの国で使用されるヘデラネットワーク技術を用いたデジタル通貨が開発される可能性があり、もし実用化まで進んだ場合は、ヘデラの価格が暴騰することが予想されます。

これからのへデラに期待される方はぜひコインチェックで口座開設して、入手の準備をしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ヘデラ(Hedera/HBAR)の買い方

ここでは、仮想通貨ヘデラ(Hedera/HBAR)の買い方をご紹介します。

ヘデラ(Hedera/HBAR)は国内取引所に上場していないため、国内取引所では購入することができません。

まず国内取引所でヘデラ(Hedera/HBAR)の取引ペアである仮想通貨を購入して、その後に海外取引所で仮想通貨をヘデラ(Hedera/HBAR)と交換する必要があります。

少しややこしい手続きになりますが、初めて仮想通貨投資をする方にもわかりやすいように解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

Coincheckの口座開設

コインチェック

ヘデラを入手するには、通貨ペアである仮想通貨を国内取引所で購入する必要があります。

ここでは国内取引所の中でも特に扱いやすいCoincheckを利用した方法をお伝えします。

まずCoincheck公式サイトを開き、「口座開設(無料)」をクリックし、登録を開始しましょう。

電話番号やメールアドレスなどの個人情報を入力していきます。

本人確認のために身分証の写真を提出する必要があるので、運転免許証などをご準備ください。

早ければここまでで5分ほどで手続きが完了するかと思います。

本人確認はCoincheckの運営側の確認をもって完了となり、だいたい数時間から1日くらいの間に本人確認は完了されます。

Coincheckの口座開設が完了したら、あわせてアプリ版のダウンロードとログインを済ませましょう。

コインチェックに日本円を入金

次に開設したCoincheckの口座に日本円を入金していきます

手数料に関しては、「仮想通貨取引所の手数料比較」をご覧ください。

へデラ

まずアプリを起動し、画面下に表示されている「ウォレット」をタップします。

へデラ

次に、「日本円」をタップします。

へデラ

続いて「入金」を選択してください。

へデラ

そうすると、このように画面が「入金方法」の選択画面に移ります。

Coincheckでは「銀行入金」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3種類からの入金が可能であり、おすすめは手数料の安い「銀行入金」です。

振込手数料無料のネット銀行などから振り込めば、完全に無料で入金することもできます。

「銀行入金」の場合は、「GMOあおぞらネット銀行」、「住信SBIネット銀行」のどちらかの口座に日本円を入金する流れになります。

どちらかをタップし、そこに表示される銀行口座に日本円を振込みましょう。

「GMOあおぞらネット銀行」、「住信SBIネット銀行」のどちらを選んでも問題はありませんが、振込時には「振込人名義」を間違えないようご注意ください。

コインチェックで取引ペアを購入

Coincheckに日本円を入金できたら、日本円でヘデラの取引ペアであるビットコインやイーサリアムを購入しましょう。

ヘデラとペアで扱われる仮想通貨ならどれでも問題ありませんが、ここでは特にペアにされやすいビットコインの購入方法をお伝えします。

まずCoincheckのアプリを起動し、画面下部の「販売所」をタップしてください。

画面のように仮想通貨が一覧で表示されるので、「ビットコイン」をタップしましょう。

「金額」の入力欄にビットコインと交換したい分の日本円を入力してください。

最後に「日本円でビットコインを購入」をタップすると、ビットコインを購入できます。

ビットコインは、日々価格が変動しているので、価格が低い時に購入すると、お得にヘデラを手に入れることができます。

へデラ

取引ペアを海外取引所へ送金する

海外取引所への送金

次に、ヘデラの取引ペアであるビットコインやイーサリアムを海外取引所に送金します。

今回は海外取引所の中でも有名なBinanceを利用して送金方法を解説していきます。

海外の仮想通貨投資取引所は、本人確認書類の提出がなく、国内取引所と比べて手続きが少ないです。

その反面、詐欺や法規制のリスクが高いため、取引を行う際は十分に注意しましょう。

BinanceでBTCアドレスを取得する

初めてBinance へ送金する際は、Coincheck側で送付先のBTCアドレスを登録する必要があります。

仮想通貨取引所はユーザー固有のBTCアドレスを割り当てており、送金先の取引所でそれぞれBTCアドレスを確認できます。

今回は海外の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の保有口座のBTCアドレスを取得します。

BTCアドレスはCoincheck側に一度登録してしまえば、2回目以降に送金を行う際に再度入力する必要がないので、とても便利です。

また、アドレスをコピー&ペーストするために2つの画面を表示する必要があるので、なるべくパソコンで手続きを行うのがおすすめです。

それでは、手順を解説していきます。

へデラ

まず、Binanceにログインします。

トップ画面の上部メニューから「ウォレット」→「フィアットと現物」をクリックします。

へデラ

このように、フィアットと現物の画面に移ります。

BTC(ビットコイン)の列にある「入金」をクリックします。

へデラ

通貨が「BTC(ビットコイン)」に選択されていることを確認します。

へデラ

「ネットワークの選択」をクリックし、「BTC」を選択します。

ここで誤ったネットワークを選択すると、資金をロストしてしまうので注意しましょう。

資金をロストすると、二度と資金は戻ってこない可能性が高いので慎重に進めましょう。

へデラ

ネットワークを選択すると、BTCアドレスが表示されます。

これで、BTCアドレスの取得が完了しました。

送金先アドレスを登録する

Binanceで宛先となるBTCアドレスを取得したら、Coincheckでビットコインの送金作業に移りましょう。

Coincheckにログインし、「コイン送金」画面より先ほどbinanceで取得したBTCアドレスを追加します。

ここでアドレスを1文字でも間違えてしまうと、資金をロストしてしまいます。

アドレスを自分でメモして入力するようなことはせず、

アドレスの右側にある「アドレスをコピー」をクリックして自動でコピーし、Coincheckの画面に貼りつけましょう。

登録したBTCアドレスへビットコインを送金

追加したBinance向けのアドレスをクリックし、ビットコインの数量を入力します。

確認ボタンをクリックし、送付数量などを確認したら「送付を確定する」を選択します。

これでBinanceへの送金が完了しました。

海外取引所でヘデラを購入する

取引ペアである仮想通貨投資を海外取引所へ送金したら、最後に海外取引所(ここではBinance)でヘデラを購入して取引が完了となります。

繰り返しになりますが、海外の仮想通貨取引所は詐欺や法規制のリスクがあるため、当記事では口座開設や取引をおすすめしていません。

もし、海外取引所を利用するのであれば、必ず「自己責任」でおこなうようにしてください。

国内の取引所なら安全に使うことができるので、Coincheckで口座開設して利用してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

また、下記の記事で国内の取引所について詳しく解説しているので気になる方は参考にしてみてください。

ヘデラ(Hedera/HBAR)の注意点

大変将来性のあるヘデラ(Hedera/HBAR)ですが、注意点も存在します。

今回はヘデラの注意点3つをご紹介します。

ヘデラ(Hedera/HBAR)の注意点
  • 他の仮想通貨と競合する可能性
  • 価格の下落リスクがある
  • 国内取引所では購入できない

他の仮想通貨と競合する可能性

ヘデラは非常に優れた技術を持っており、主に金融の分野での活用が進んでいます。

しかし、世の中には多くのブロックチェーンプロジェクトが存在しており、日々新しい技術が生まれています。

そのため、今後ヘデラと同じような性能を持った仮想通貨が登場した場合、競争が激化する可能性もあります。

価格の下落リスクがある

優れた技術を持つヘデラ(Hedera/HBAR)ですが、投資商品である以上、価格が今後急落する可能性はあります。

2021年12月の時点では価格が下落トレンドに入っており、今後もさらに値下がりしていくことも考えられます。

値下がりリスクを理解したうえで、慎重に投資するのが得策です。

また、ヘデラ(Hedera/HBAR)に投資する場合は必ず余裕資金で行うようにしましょう。

国内取引所では購入できない

2021年12月現在、ヘデラは国内取引所で購入することができません。

まず国内取引所で、ヘデラの取引ペアである仮想通貨を購入してから海外取引所へ送金し、ヘデラに交換する必要があります。

手続の手間や、海外取引所特有のリスクが存在することがデメリットと言えるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ヘデラ(Hedera/HBAR)のまとめ

今回は、昨今注目を集めている仮想通貨ヘデラ(Hedera/HBAR)について解説しました。

この記事のまとめは以下のとおりです。

この記事からわかること
  • ヘデラ(Hedera/HBAR)の分散元帳技術は高速かつ低料金であるため、大変優れている
  • ヘデラ(Hedera/HBAR)は新型コロナウイルス対策に利用されている
  • ヘデラ(Hedera/HBAR)の運営には世界的有名企業が参加している
  • ヘデラ(Hedera/HBAR)はEMTECH社とパートナーシップを締結した
  • ヘデラ(Hedera/HBAR)を購入するには、まずは国内取引所で取引ペアの仮想通貨を入手する必要がある
  • これから取引所の口座を開設するならCoincheckがおすすめ

ヘデラ(Hedera/HBAR)は独自の優れた分散型台帳技術で注目を集めている仮想通貨です。

主に金融の分野での活用が進んでおり、今後も様々な分野での活躍が期待できます。

2021年12月現在は価格は下落傾向にありますが、仮想通貨市場が回復してきた際には値上がりしていく可能性は大いにあります。

しかし、投資において絶対はないので、値下がりリスクには必ず備えるようにするのが大切です。

仮想通貨分野では短期間で大きく値上がりする銘柄も多くあるので、色々な銘柄について情報収集をして、資産を増やすチャンスを掴みにいくのも面白いでしょう。

これから仮想通貨投資を始めたい方は、国内取引所の口座開設が必須です。

初心者でも簡単に取引できるCoincheckなら手数料無料で仮想通貨投資を楽しむことができるのでおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる