仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)とは?今後の見通しや価格予想・マイニングについて徹底解説

ヘリウム(Helium/HNT)は、IoT普及のために必要なP2Pネットワークの構築を目的としたプロジェクトです。

コンセンサスアルゴリズムにPoCを採用しており、ユーザーはヘリウムが提供するルーターを設置することでマイニングが可能です。

利益を求めて多くのユーザーがマイニングに参加していることもあり、今後もますます注目されていく仮想通貨でしょう。

また独自トークンのHNTは約1年の間に10倍以上にまで高騰しており、2021年12月時点ではやや下落傾向にはあるものの、今後の動向に注目が集まっています。

この記事からわかること
  • ヘリウムとはIoT普及のためのネットワーク構築を目的としたプロジェクト
  • Helium Hotspotの設置によりマイニングが可能
  • 独自トークンHNTは、11月ごろに急激に高騰している
  • ヘリウムを売買するならコインチェックの利用がおすすめ

ヘリウムを扱うには、仮想通貨売買を実施するための国内取引所の口座を開設する必要があります。

国内取引所の中で、仮想通貨売買に優れているのはコインチェックです。

コインチェックは最少で約500円から仮想通貨の購入が可能であり、1分もかからない内に仮想通貨を売却できます。

ヘリウムの売買以外にも、さまざまな仮想通貨のサービスの利用にコインチェックは重宝されているので、これを機に口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

ヘリウム(Helium/HNT)とは?

引用:https://www.helium.com/
通貨名ヘリウム
ティッカーシンボルHNT
ローンチ2013年
価格(2021年12月時点)30.2ドル
時価総額(2021年12月時点)31億793万ドル
時価総額ランキング(2021年12月時点)51位
購入できる主な取引所Binance
公式サイトヘリウム公式サイト
公式Twitterヘリウム公式Twitter

ヘリウムは2013年にローンチされた、世界初のP2P(peer-to-peer)ネットワークの普及を目的としたプロジェクトです。

ヘリウムの普及により成し遂げられることは、IoTの実現です。

IoTとはInternet of Thingsの略であり、日本語の意味は「モノのインターネット」です。

IoTが普及すると、あらゆるモノはインターネットに接続されることで利便性が向上し、私たちの生活は大きく変化するでしょう。

現在普及しているネットワークでは、IoT普及を実現するにはコストが高すぎるため、画期的なネットワークの登場が期待されていますが、そこで注目されているのがヘリウムです。

ヘリウムが提供する独自のルーターが普及すると、ブロックチェーン技術により分散性がもたらされ、IoTの普及が現実的になります。

またヘリウムの利用はユーザーのメリットが豊富であるため、win-winな関係性が維持されます。

その関係性を実現している大きな要因の1つは、コンセンサスアルゴリズムにPoC(Proof-of-Coverage)を採用していることです。

ユーザーはヘリウムが提供するルーターを利用することで、ヘリウムのネットワークの普及を提供する見返りとして独自トークンのHNTを受け取れます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ヘリウム(Helium/HNT)の特徴

ヘリウム(Helium/HNT)の特徴を3つお伝えします。

ヘリウム(Helium/HNT)の特徴
  • IoT向けP2Pネットワークを構築
  • Helium Hotspot(ヘリウム・ホットスポット)
  • 独自トークンHNT

IoT向けP2Pネットワークを構築

ヘリウムは、IoT向けのP2Pネットワークを構築するために発足されたプロジェクトです。

P2P

私たちのくらしはインターネットの普及や、スマートフォンの登場により大きく変化してきましたが、次の大きな変化はブロックチェーンによりもたらされると考えられています。

ブロックチェーンによる恩恵の代表例は仮想通貨ですが、他にもVRやAI、そしてIoTなどが挙げられ、これによりweb2.0はweb3.0に移行していくでしょう。

IoTが今まで普及していなかった理由は多様ですが、その一部は5Gこと第五世代移動通信システムにより解決されてきています。

しかし、依然セキュリティやコストの面では課題が残っており、これらの解決策として期待されているのがヘリウムです。

またプライバシーの保護を問題視する意見もありますが、ヘリウムの利用は100%安全であると公式に明記されています。

仮想通貨業界の中でも最先端のブロックチェーン技術を利用することで、データの暗号化を図り、ハッカーからの攻撃の対策を実施しているのです。

Helium Hotspot(ヘリウム・ホットスポット)

Helium Hotspot(ヘリウム・ホットスポット)とは、ヘリウムのネットワークを構築するためのルーターのようなものです。

この物理的なルーターの役割を持つHelium Hotspotを世界中に設置していくことで、ヘリウムはP2Pのネットワークを築こうとしています。

Helium Hotspotの設置により可能になることは、デバイスへの接続や、独自のネットワークの構築です。

ヘリウムは、Helium Hotspot設置希望者を公式サイトで募り、これに賛同した世界中のユーザーの元へと配送されています。

ユーザーがHelium Hotspotを設置するメリットは独自トークンをマイニングとして獲得できることであり、これを目当てにHelium Hotspotを設置するユーザーが続出していくと、世界中にHelium Hotspotが設置されることになり、ネットワークが構築されていくのです。

Helium Hotspotの設置は無料であり、ユーザーは配送料さえ支払えば、マイニングによる利益を受け取り続けられる状況が続いていました。

当然、多くの人々がHelium Hotspotで稼ごうと応募をしていましたが、急遽Helium Hotspotの使用が有料化しています。

有料化しているのは2021年12月時点ではアメリカだけであり、日本に関しての発表はされていません。

今後有料化することを予想し、早めにHelium Hotspotを設置してマイニングを図るのも手ですが、仮にコストが発生したとしても、長期的な視点ではIoTに普及によりヘリウムの需要が拡大し、マイニングによるメリットが際立つ可能性もあります。

独自トークンHNT

HNTはHelium Hotspotにより獲得できる、ヘリウムの独自仮想通貨です。

特定のエリア内に300メートル離れた複数のHelium Hotspotが稼働している場合に、マイニングに参加してHNTを受け取ることができます。

またヘリウムのネットワークが拡大するにつれ、Helium Hotspotに対するHNTの配布割合は大きくなるよう設計されており、20年を期限に割合の上昇は止まり決まった割合で配布されるようになります。

2021年12月時点ではHNTは国内取引所に上場していないため、購入するには一度国内取引所で仮想通貨を入手してから海外取引所でHNTと交換する必要があります。

国内取引所を利用する場合は、口座開設や仮想通貨取り引きが簡単なコインチェックがおすすめです。

コインチェックなら最少で約500円から仮想通貨を購入可能であり、初心者でも気軽に仮想通貨運用を始められます。

またコインチェックはさまざまなサービスの利用時に重宝される国内取引所であるため、これを機に口座を開設しておけば他の仮想通貨関連の取引もスムーズに実施できるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ヘリウム(Helium/HNT)の価格動向

ヘリウム(Helium/HNT)の価格動向を2つの期間でお伝えします。

ヘリウム(Helium/HNT)の価格動向
  • 直近2カ月(2021年10月~12月)のヘリウム(Helium/HNT)の価格動向
  • 2020年10月~2021年12月のヘリウム(Helium/HNT)の価格動向

直近2カ月(2021年10月~12月)のヘリウム(Helium/HNT)の価格動向

引用:Tradingview

上の図は、直近2カ月(2021年10月~12月)のヘリウム(Helium/HNT)の価格動向です。

2021年10月月初は22.5ドル付近を推移しながら緩やかな下落傾向にあり、10月中旬には17.5ドルあたりまで価格を下げました。

10月下旬に差し掛かるころからは高騰の兆しを見せはじめ、10月25日から11月にかけては急激に高騰し、30ドルを突破しています。

11月月初には一気に価格を伸ばし、11月中旬には55ドルあたりまで高騰しました。

以降は12月にかけ下落傾向を見せており、12月9日時点でのHNTの価格は約30ドルです。

2020年10月~2021年12月のヘリウム(Helium/HNT)の価格動向

引用:Tradingview

上の図は、2020年10月~2021年12月のヘリウム(Helium/HNT)の価格動向です。

2020年の内は4ドル以下で推移しており、2021年2月ごろまでその傾向は続きました。

2021年3月からは高騰傾向が続いており、3月から7月ごろの期間では12ドル~20ドル付近で値動きしています。

7月から9月の間には価格を10ドル付近から約28ドルまで伸長させ、11月からは価格をさらに倍近くの52ドルまで高騰させました。

12月には下落傾向が続き30ドル付近まで価格を下げていますが、今後の動向に注目が集まっています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ヘリウム(Helium/HNT)の今後の見通し

ヘリウム(Helium/HNT)の今後の見通しを3つお伝えします。

ヘリウム(Helium/HNT)の今後の見通し
  • Helium Hotspotの衰退
  • 新規サービスを展開
  • IoT浸透の火付け役

Helium Hotspotの衰退

Helium Hotspotの衰退はヘリウムで懸念すべき今後の見通しの1つです。

Helium Hotspotの設置が人気を博している一番の理由は、無料でマイニングに参加できて安定したリターンが望めることでしたが、アメリカでの有料化が発表されてからは、Helium Hotspotのメリットが損なわれつつあります。

今後もしHelium Hotspotと同様にP2Pネットワーク構築を目的にユーザーがマイニングで収益を上げられるサービスが登場した場合にHelium Hotspotが衰退していく可能性が考えられます。

仮想通貨市場では日々新しいサービスがローンチされており、IoTに関するプロジェクトもまだまだ安定の段階ではないので、Helium Hotspotの動向次第でヘリウムの今後も左右されることを理解しておきましょう。

新規サービスを展開

ヘリウムの根幹を担うサービスはHelium Hotspotですが、他にもHelium Tabs(ヘリウム・タブ)などのサービスが発表されています。

Helium Tabsは、People’s Networkというネットワークを展開することで、モノのIoT化を図ることを目的に開発されました。

これにより私物やペットなどをネットワークで追跡が可能となり、ヘリウムによるIoTが促進されます。

今後もヘリウムはIoT普及に向けてP2Pネットワーク構築のサービスを発表していくと予想できます。

IoT浸透の火付け役

ヘリウムが提供するP2Pネットワークは拡大傾向にあり、Helium Hotspotが世界中に設置されることになれば、IoTは私たちのくらしに密接に関わるかもしれません。

スマートフォン市場が急激に発展してきたように、IoTも急速に広まっていく可能性が考えられるのです。

そこでHelium Hotspotを中心としたヘリウムが構築するネットワークが火付け役となれば、その需要は現時点では計り知れないほど拡大するでしょう。

ヘリウムの目的がIoTという、巨大かつ注目を集める市場であるため、独自トークンのHNTも大きく価格を高騰させるかもしれません。

IoTの将来性に期待し、大きなリターンを望む人にとっては、HNTは魅力的な仮想通貨だと判断できます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ヘリウム(Helium/HNT)のマイニング

ヘリウム(Helium/HNT)のマイニングで稼ぐ方法をお伝えします。

ヘリウムのマイニングでHNTを入手したら、一度HNTをビットコインにしてから日本円にすることで利益を上げられます。

STEP
コインチェックの口座を開設する
STEP
HNTをビットコインに交換する
STEP
ビットコインをコインチェックに送金する
STEP
ビットコインを日本円に交換する

コインチェックの口座を開設する

HNTを日本円にするには、おすすめの国内取引所であるコインチェックの口座を開設しておくのが手っ取り早いです。

コインチェック仮想通貨アプリは、国内取引所の中でも特に初心者に扱いやすいようにUIが設計されています。

また中級者や上級者にも愛用されている国内取引所でもあるので、仮想通貨運用を考えている人は開設しておけば便利です。

コインチェックの口座を開設するには、まずコインチェック公式サイトにアクセスし、「口座開設(無料)」をクリックして登録を開始してください。

登録に必要なメールアドレスや電話番号を入力していくと、本人確認のための身分証の提示が要求されます。

本人確認では運転免許証などの写真を提出し、自分の顔をカメラで撮影すると申請が完了します。

申請した後は、コインチェック側の確認を持って登録は完了となりますが、確認には数時間から1日ほどかかることを理解しておきましょう。

また、コインチェックは便利なスマートフォン用アプリをリリースしています。

国内の仮想通貨アプリの中でダウンロード数No.1であり、使いやすく便利なアプリです。

今回お伝えしている手順でも利用するので、ダウンロードとログインを済ませておきましょう。

HNTをビットコインに交換する

HNTを日本円にするために、一度HNTをビットコインに交換しましょう。

HNTの取引に対応している取引所は国内にはないので、Binanceなどの海外取引所を利用すれば交換が可能です。

交換するビットコインの金額に応じて手に入れる日本円の金額は変化するので、ビットコインの価格が低い時に取引を実施すると利益を増やせます。

日本円にしたい分のHNTをビットコインに交換できれば、このステップは完了です。

また海外取引所の利用は国内取引所とは異なり、万が一のトラブルに見舞われた際に、国からの何らかの対応を受けられない可能性があります。

ご利用の際は、あくまでも自己責任でお願いします。

ビットコインをコインチェックに送金する

HNTをビットコインに交換できたら、コインチェックに送金しましょう。

まずコインチェックのアプリを起動してください。

画面下のメニューから「ウォレット」を選択し、「暗号資産」に表示される「ビットコイン」をタップしましょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: S__61218822-473x1024.jpg

左の画像のように、「ビットコイン残高」という画面に切り替わります。

ここではビットコインの「送金」、「受取」の2種を選択できますが、「受取」をタップしてください。

「ビットコイン受取」という表示に切り替わります。

「ビットコインアドレスの新規発行」をタップすると、コインチェックでビットコインを受け取るためのアドレスが表示されるので、コピーしてください。

このアドレス宛にビットコインを送金すれば、コインチェックでビットコインを保有する状態になります。

HNTを保有している取引所から、先ほどコピーしておいたコインチェックのアドレスにHNTを送金すれば、ここでの手順は完了です。

ビットコインを日本円に交換する

コインチェックでビットコインを保有出来たら、日本円に交換しましょう。

まずコインチェックのアプリを起動します。

画面下部のメニューから「販売所」をタップすると、左の画面のように仮想通貨が一覧で表示されます。

一番上の「ビットコイン」をタップしましょう。

すると左の画像のような画面に切り替わります。

ここではビットコインの「売却」、「購入」を選択できます。

今回はビットコインを売却して日本円に交換したいので、「売却」をタップしましょう。

また日本円をどのくらい入手できるかは、このタイミングでのビットコインの価格で決定されます。

画面左上に現在のビットコインの価格が表示されているので、交換のタイミングが適切か確認しておけば、お得な取引を実施できます。

ビットコインの売却を実施する場合は、「金額欄」に日本円にしたい分のビットコインの金額を入力しましょう。

入力に誤りがないか確認したら、「ビットコインを日本円で売却」をタップすると、日本円への交換は完了です。

売買の際に発生する手数料については「仮想通貨取引所の手数料比較」をご覧ください。

以上がマイニングで得たHNTを日本円に交換するまでの手順です。

反対に、HNTの価格変動に期待して投資したい場合は、反対の手順で「日本円」⇒「ビットコイン」⇒「HNT」の順に交換しましょう。

HNTを売却したい場合は、今回お伝えした手順を実施してください。

手順が分かった方は、まずはコインチェックでの口座開設から始めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ヘリウム(Helium/HNT)の注意点

ヘリウム(Helium/HNT)の注意点を3つお伝えします。

ヘリウム(Helium/HNT)の注意点
  • Helium Hotspotの日本での有料化
  • Helium Hotspotの有料化によるHNTの下落
  • Helium Hotspotの需要縮小

Helium Hotspotの日本での有料化

Helium Hotspotの日本での有料化は、ヘリウムの注意点の1つです。

アメリカではすでに有料化が決まっているHelium Hotspotですが、今後は日本も有料化するかもしれません。

そもそもHelium Hotspotが注目を集め、世界中に設置されている理由は、無料でマイニングに参加し稼げることでしたが、有料化するとなると前提が崩れてしまいます。

Helium Hotspotが有料となっても、マイニングによるリターンが上回る可能性もありますが、リスクが発生するとなれば、設置を躊躇するユーザーは多発するでしょう。

もしHelium Hotspotでのマイニングを検討する場合は、ヘリウムの動向をチェックしましょう。

Helium Hotspotの有料化によるHNTの下落

Helium Hotspotの有料化の影響は、実際にHelium Hotspotを設置しマイニングを考えているユーザー以外にも及びます。

HNTはHelium Hotspotの独自仮想通貨であるため、その価格はHelium Hotspotの需要や普及にリンクします。

そのため仮にマイニングに参加していなくてもHNTの価格変動で稼ごうと考える方は、Helium Hotspotの有料化には目を光らせる必要があります。

IoT普及のためのネットワークの構築という明確な目標に向けてヘリウムはローンチされているので、IoTの需要が縮小しない限りは発展傾向が続くと予想できますが、HNTを保有するならばHelium Hotspotのニュースを確認することをおすすめします。

Helium Hotspotの需要縮小

Helium Hotspotの設置数は急激に増加しており、すでに世界中に30万個以上が設置され、次々にネットワークは拡大しています。

しかし、IoTの普及が遅れたり、競合に地位を取られたりすることがあれば、当然Helium Hotspotの需要は縮小するでしょう。

Helium Hotspotの需要縮小において、最も懸念されているのは使用の有料化ですが、まだ発展途上の市場であるため頻繁に状況は変化していくと思われます。

HNTの価格は11月~12月にかけて高騰傾向にありましたが、12月初旬からは若干の下落を見せています。

今後も激しい価格変動を見せる可能性は大いに考えられますので、リスクを考慮した投資を心がけましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ヘリウム(Helium/HNT)のまとめ

今回は、ヘリウム(Helium/HNT)についてお伝えしました。

この記事の要点
  • ヘリウムはIoT普及のためのP2Pネットワークを構築するプロジェクト
  • 独自トークンのHNTは過去1年間で10倍ほどまで高騰している
  • HNTを売買するには国内取引所の利用が必要
  • 国内取引所は使いやすさに優れるコインチェックがおすすめ

ヘリウムは、昨今注目を集めるIoTの普及にフォーカスした仮想通貨であり、独自トークンのHNTを売買するには国内取引所の利用が必要です。

国内取引所を利用するなら、使いやすさに定評のあるコインチェックがおすすめです。

ヘリウムの売買に限らず、さまざまな仮想通貨の運用に重宝される取引所ですので、これを機に口座開設を検討してはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる