草コインの買い方を徹底解説!高騰した事例や値上がりが予想される通貨の特徴を紹介

草コインとはアルトコインのなかでも時価総額が低い仮想通貨のことを意味します。

時価総額が低い分値動きが激しいため、うまく運用できれば一攫千金を狙えます

しかし、実際に価格が高騰する仮想通貨を見極めることは難しく、損失を計上してしまうことも珍しくありません。

そこで、今回の記事では過去に高騰した草コインの事例をもとに、将来高騰する可能性がある草コインの見極め方について紹介します。

この記事のポイント
  • 草コインとはアルトコインのなかでも時価総額が低い仮想通貨であること
  • メタバースやWeb3.0、ミームコインなどの関連草コインは価格の上昇が期待できること
  • ロードマップが公開されている草コインは信頼性が高いこと
  • ビットコインの価格動向に依存しない草コインは下落トレンドでも強いこと
  • ステラルーメン(XLM)やベーシックアテンショントークン(BAT)などの草コインを購入する際はCoincheckがおすすめであること

うまく運用できれば大きな利益を狙える草コイン投資は、投資対象を吟味することが大切です。

そこで、国内取引所で草コイン投資をする際には、2022年1月時点で国内最多の仮想通貨を取り扱っている「Coincheck」の利用をおすすめします。

Coincheckで取り扱っている仮想通貨は17種類で、アイオーエスティー(IOST)やエンジンコイン(ENJ)などの草コインも取り扱っています。

国内ダウンロード数においても国内No.1を記録していますので、この機会に口座を解説しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

草コインとは?

草コインとはアルトコインのなかでも時価総額が低い仮想通貨のことを意味します

草コイン

時価総額が低い分投資している人が少なく、ボラティリティ(値動き)が高いことが特徴的です。

特に近年ではビットコインやイーサリアムなどの主要通貨の価格が伸び悩んでいることから、草コインに投資している方も少なくありません。

草コインであればボラティリティが高い分、うまく運用できれば数十倍も値上がりする可能性があります。

しかし、ボラティリティが高いということは価格が急落する可能性も高いということです。

適切な銘柄に投資できなければ含み損を抱えてしまうかもしれません。

そのため、草コイン投資ではプロジェクトのロードマップを加味したうえで、将来性の高い銘柄に投資する必要があります。

国内取引所Coincheckは取り扱い銘柄も国内トップクラスなので、この機会に公式サイトをチェックしておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

過去に草コインが高騰した事例

数十倍の値上がりがあったといっても、実際の例がなければイメージがわきにくいものです。

そこで、ここでは過去に高騰した草コインを3つ紹介します。

過去に草コインが高騰した事例
  • SAND
  • SOL
  • SHIB

SAND(サンド)の高騰

SAND
引用元:TradingView

SANDはメタバース空間を楽しめるNFTゲームの「The Sandbox」が発行している草コインです。

2021年はNFTゲーム関連銘柄の高騰が目立った年で、SANDも例外なく高騰しました。

特にSANDの高騰が目立ったのは同年末のことです。

2021年当初はNFTゲームの流行の兆しが見えなかったため、SANDの価格は0.05ドル付近で推移していました。

しかし、同年後半にかけてメタバース分野のNFTゲームに投資家たちが関心を寄せるようになり高騰します。

結果的には同年11月頃には8ドル程度の高値を記録して、1年間でおよそ160倍もの高騰を記録しました。

SOL(ソル)の高騰

SOL
引用元:TradindView

SOLはソラナと呼ばれるブロックチェーンプロジェクトで発行されている草コインです。

2021年はNFT関連銘柄の高騰が顕著でしたが、もう1つ明確なトレンドがありました。

それがイーサリアムキラーです。

イーサリアムキラーとは?
  • イーサリアムのスケーラビリティ問題(取引処理速度の低下と手数料の高騰)を解消することを目指す仮想通貨プロジェクト
  • イーサリアムの上位互換の機能を備えていることから、今後のブロックチェーン業界の発展には必須

イーサリアムキラーのなかでもSOLの価格高騰は特に目立ちました。

2021年当初はイーサリアムキラーのプロジェクトは注目されておらず、2ドル付近で価格推移していました。

しかし、イーサリアムベースでNFTを作成するのが流行となり、イーサリアムのスケーラビリティ問題が顕著になってきます。

スケーラビリティ問題

同年夏頃を境に徐々にイーサリアムキラー関連銘柄に関心が向き始めて、SOLがブレイクすることになりました。

ブレイクしたSOLの価格は250ドル付近にまで達しています。

つまり、1年間だけでおよそ125倍もの高騰を記録したということです。

10万円も投資していれば1,250万円にまで利益が膨張していたかと思うと、草コインの勢いが伝わるでしょう。

SHIB(シバ)の高騰

SHIB
引用元:TradingView

SHIBは柴犬のイラストがトレードマークの草コインです。

SHIBはDOGEコインなどに対抗するために作成されたミームコインとしても知られています。

ミームコインとは?
  • インターネット上のジョークをモチーフにした仮想通貨のこと
  • 草コインのなかでも特にボラティリティの高い仮想通貨として知られている

特に2021年は犬系のミームコインの価格高騰が顕著でした。

ことの発端はテスラ社のCEOであるイーロン・マスク氏が、DOGEコインに関する内容を記述した情報を発信したことがきっかけです。

すると、DOGEコインなどのミームコインの価格が高騰し、つられるようにしてSHIBの価格も高騰しました。

2021年の最安値付近である0.000005ドルから、同年11月には0.00008ドルにまで上昇しました。

仮想通貨の取引を検討されている方は、国内ダウンロード数No.1のコインチェックが使いやすいので、この機会に公式サイトをチェックしておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

おすすめの草コイン

ここからは将来的な値上がりが期待できるおすすめの草コインについて紹介します。

おすすめの草コインは以下の通りです。

おすすめの草コイン
  • IOST
  • ENJ
  • BAT
  • XLM
  • QTUM
  • SHIB
  • TRX
  • IOTA
  • FLOW
  • AVAX

IOST(アイオーエスティー)

IOST
引用元:https://iost.io/
仮想通貨名アイオーエスティー
価格(2022年2月時点)2.45円
時価総額(2022年2月時点)44,393,902,331円
時価総額ランキング(2022年2月時点)133位
関連記事IOSTの今後の見通し

IOSTはブロックチェーンのトランザクション処理速度に重きを置いた草コインです。

日本の取引所でも見かける機会が多いことから、日本人にも馴染み深い草コインといえます。

また、「Proof of Believabilit」と呼ばれる独自のアルゴリズムを採用することにより、非中央集権的な性能と高度な処理能力を兼ね備える仮想通貨としても知られています。

今後のトレンドになり得るWeb3.0の考えも踏襲していることから、将来的には現在価格よりも伸長する可能性もあるでしょう。

ENJ(エンジン)

ENJ
引用元:https://ja.enjin.io/
仮想通貨名エンジンコイン
価格(2022年2月時点)159.8円
時価総額(2022年2月時点)137,403,013,440円
時価総額ランキング(2022年2月時点)66位
関連記事ENJの今後の見通し

ENJのプラットフォームを利用すると、さまざまなNFTサービスを利用できるようになります。

ENJのマーケットプレイスではNFTゲームのサービスが充実していて、あのマインクラフトの世界が楽しめるメタバースゲーム「アルディアン・レジェンド」がプレイ可能です。

さらに、アート作品を作成できたり販売できたりすることから、NFT初心者が利用しやすい環境が整えられています。

今後もNFTの分野は成長産業ですので、NFTの評価が高まるとともにENJの価値も上昇していく可能性があるでしょう。

BAT(ベーシックアテンション)

BAT
引用元:https://basicattentiontoken.org/ja/
仮想通貨名ベーシックアテンショントークン
価格(2022年2月時点)73.9円
時価総額(2022年2月時点)110,608,288,488円
時価総額ランキング(2022年2月時点)79位
関連記事BATの今後の見通し

BATはブロックチェーン技術を利用したWebブラウザの一種です。

Googleが一強となっているWebブラウザ業界において、Web3.0の考えを浸透させるために導入されたのがBATを発行している「Brave」でした。

Braveではブロックチェーン技術を採用することで、高速かつ匿名性の高いブラウザを提供しています。

さらにBraveを利用して広告をブロックすることで、BATを報酬としてもらえることから新しいWebブラウザの形を提供しています。

今後もWeb3.0の考えはトレンドになる可能性が高いことから、BATの価値も高まる可能性もあります

XLM(ステラルーメン)

XLM
引用元:https://www.stellar.org/
仮想通貨名ステラルーメン
価格(2022年2月時点)20.3円
時価総額(2022年2月時点)507,088,159,628円
時価総額ランキング(2022年2月時点)31位
関連記事XLMの今後の見通し

XLMは新興国における金融包括を目指した草コインです。

金融包括とは?
  • 企業や個人が気軽に金融サービスを利用できる環境を与えることを目的とした概念
  • 仮想通貨における金融包括とは新興国など銀行口座を持つことが難しい人でも、Web環境さえあれば金融サービスの恩恵を受けられるような世界を目指す

リップル(XRP)の開発を進めているジェド・マケーレブ氏が関わっているプロジェクトであることから、信頼性が高い仮想通貨プロジェクトと知られています。

ステラ財団が管理している仮想通貨であるため中央集権的な仮想通貨ではあるものの、国際送金における送金スピードの速さや安い手数料は魅力的です。

国際送金に関する問題は全世界共通の悩みであることから、今後もXLMの需要は続く可能性があるといえるでしょう。

QTUM(クアンタム)

QTUM
引用元:https://qtum.org/en
仮想通貨名クアンタム
価格(2022年2月時点)652.3円
時価総額(2022年2月時点)64,593,567,201円
時価総額ランキング(2022年2月時点)101位
関連記事QTUMの今後の見通し

QTUMはPoS(プルーフ・オブ・ステーク)というアルゴリズムを採用している草コインです。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは?
  • ビットコインなどの従来のアルゴリズムで問題視されていた、電力問題を解決したアルゴリズム
  • 計算処理した報酬は仮想通貨の保有量に依存する
POS とは

日本の取引所にも上場していることから、日本人に馴染みのある通貨ともいえるでしょう。

PoSを採用しているカルダノ(ADA)やSOLなどの仮想通貨が続々と時価総額ランキングをあげてきているため、QTUMもやがて時価総額ランキングトップ10の常連になる可能性を秘めています。

SHIB(シバコイン)

SHIB
引用元:https://shibatoken.com/
仮想通貨名シバイヌトークン
価格(2022年2月時点)0.0027円
時価総額(2022年2月時点)1,496,939,784,398円
時価総額ランキング(2022年2月時点)14位
関連記事SHIBの今後の見通し

SHIBは柴犬の顔がトレードマークの草コインです。

Dogeコインに代わってイーサリアムベースの決済手段として機能することを目指しているSHIBは、ミームコインでありながらも着実に評価を高めてきています。

SHIBは1枚あたりの価格が低いことから、少額でも大量のコインを保有できるのが特徴的です。

そのため、資金が少額でありながらも草コインに投資してみたい方は、SHIBに投資してみるのも1つの手段でしょう。

TRX(トロン)

TRX
引用元:https://tron.network/
仮想通貨名トロン
価格(2022年2月時点)6.8円
時価総額(2022年2月時点)699,710,916,521円
時価総額ランキング(2022年2月時点)23位
関連記事TRXの今後の見通し

TRXはトロンのプラットフォーム内で利用される通貨です。

トロンではアーティストが配信活動をする際の「投げ銭」を効果的におこなうためのプラットフォームを提供していて、投げ銭の決済手段としてTRXが利用されます。

そして、TRXの最大の特徴はその処理速度の速さです。

ビットコインの1秒あたりのトランザクションスピードが16件といわれているなか、TRXでは2,000件ほどのトランザクションを可能にしています。

ビットコインと比べて決済手段としても優秀であることから、今後の仮想通貨業界を担う可能性もゼロではありません。

IOTA(アイオータ)

IOTA
引用元:https://www.iota.org/
仮想通貨名アイオータ
価格(2022年2月時点)81.5円
時価総額(2022年2月時点)226,599,718,283円
時価総額ランキング(2022年2月時点)48位
関連記事IOTAの今後の見通し

IOTAはブロックチェーン技術ではなく、独自の分散型台帳技術を導入している草コインです。

IOTAではブロックチェーンの代わりに「タングル」と呼ばれる技術を採用していて、マイナーが不要な取引を可能にしています。

タングルではマイニングなどの承認作業が必要ないことから高速処理を実現していて、手数料もかからないことが特徴的です。

その他の仮想通貨と比べてブロックチェーンを採用していない独自性が強いことから、独自のポジションを築いていくことが予想されます。

FLOW(フロー)

FLOW
引用元:https://flow.com/
仮想通貨名フロー
価格(2022年2月時点)595.0円
時価総額(2022年2月時点)197,220,376,033円
時価総額ランキング(2022年2月時点)52位
関連記事FLOWの今後の見通し

FLOWはNFT業界を牽引している「Dapper Labs」が発行している草コインです。

Dapper Labsは過去に「CryptoKitties」「NBA Top Shot」などの人気NFTゲームを作成していて、NFTゲーム業界において大成功を収めている企業としても知られています。

また、日本においてもFLOWを利用したNFTマーケットプレイスをDAZNがローンチすることから、徐々に市場規模を拡大しつつあります。

今後もNFTが流行し続けるのであれば、FLOWを利用したマーケットプレイスを作成する組織も増えるかもしれません。

AVAX(アバランチ)

AVAX
引用元:https://www.avax.network/
仮想通貨名アバランチ
価格(2022年2月時点)7,940.6円
時価総額(2022年2月時点)1,948,714,972,033円
時価総額ランキング(2022年2月時点)11位
関連記事AVAXの今後の見通し

AVAXは分散型アプリケーションや金融サービスを誰でも提供可能にするプラットフォーム「アバランチ」内で利用される仮想通貨として知られています。

AVAXが優秀な点はトランザクション能力の強さです。

先ほど紹介したTRXのトランザクション能力は1秒間に2,000件程度でしたが、AVAXでは4,500件ものトランザクションを可能にしています。

トランザクション能力が高いことは決済手段として優秀であるため、多くの投資家が今後利用する可能性が高いです。

また、すでにAVAXを利用したDeFiプロジェクトも複数立ち上げられているため、着々と仮想通貨市場を席巻する機会をうかがっています。

国内取引所の中では、アプリダウンロード数No.1のCoincheckが使いやすいので、この機会に公式サイトをチェックしておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

将来値上がりする可能性のある草コインの特徴

将来性の高い草コインには4つの特徴があります。

ここでは将来値上がりする可能性を秘めている草コインの特徴を4つ紹介します。

将来値上がりする可能性のある草コインの特徴
  • ロードマップが公開されている
  • その年のトレンドとなる性能を持っている
  • 過去に高騰していない
  • ビットコインの価格動向に依存していない

ロードマップが公開されている

ロードマップが公開されていて、通貨自体の目的が明確になっている草コインは将来性が高いです。

ロードマップが公開されていることによって草コインの将来を予想しやすくなるため、資金が集まりやすくなります。

資金が集まるプロジェクトに成長すれば安定して開発が進んでいきますので、結果的に通貨自体の価値も向上しやすいです。

その年のトレンドとなる性能を持っている

その年におけるトレンドとなる性能を持っている草コインは高騰が狙いやすいです。

例えば、2020年はDeFiを利用できる通貨が高騰しましたし、2021年はNFT関連の通貨が高騰しました

そのため、その年のトレンドに対応できる草コインはおのずと高騰が狙いやすい傾向にあります

2022年においてはWeb3.0の考えが流行することが予想されていますので、Web3.0に関連している草コインが高騰するかもしれません。

過去に高騰していない

過去に高騰していないことも大切です。

過去に高騰していると、高騰した際の高値で購入した投資家たちが高値の更新を阻む可能性があります。

そのため、過去に高騰していない草コインほど高騰しやすいです。

ビットコインの価格動向に依存していない

仮想通貨市場は仮想通貨の王様「ビットコイン」の価格動向に依存しがちです。

しかし、なかにはビットコインの価格動向と連動しない草コインも存在します。

独自の価値を築いている草コインほど、下落トレンドでも強気な相場になる可能性が高いです。

そのため、草コインを購入する際にはビットコインと連動していない通貨を目安にするとよいでしょう。

仮想通貨取引を始めようと思っている方は、アプリダウンロード数NO.1、取り扱い銘柄も豊富なコインチェックが使いやすいので、この機会に公式サイトをチェックしておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

草コインの買い方/購入方法

草コインを購入する際には、国内トップクラスの銘柄数を取り扱っている「Coincheck」の利用がおすすめです。

ここではCoincheckを利用して草コインのIOSTを購入する方法を紹介します。

草コインの買い方/購入方法
  1. Coincheckの口座を開設する
  2. Coincheckに入金する
  3. 取引所にてIOSTを購入

①Coincheckの口座を開設する

まずはCoincheckの口座を開設しましょう。

以下の公式サイトにある「会員登録」をクリックしてください。

会員登録
引用元:https://coincheck.com/ja/

すると、会員登録の入力フォームにページが移行します。

会員登録
引用元:https://coincheck.com/ja/registrations

以上の入力フォームでメールアドレスとパスワードを設定できれば、会員登録は完了です。

続けて電話番号の認証本人確認書類を提出するようにしてください。

電話番号認証
引用元:https://coincheck.com/ja/accounts/sms?message=pending

電話番号の認証では、普段利用しているケータイの電話番号を利用すれば問題ないでしょう。

次に本人確認書類のアップロードに進みます。

Coincheckの本人確認書類に利用できる書類は以下の通りです。

Coincheckの本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

以上のいずれかの書類をアップロードし、問題がなければCoincheckでの取引が可能になります。

②Coincheckに入金する

Coincheckで取引をするためにはまず入金する必要があります。

入金する手段は以下の通りです。

Coincheckへの入金手段
  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

上記の方法のなかでも銀行振込の場合は手数料がかかりませんので、特に理由がなければ銀行振込を利用することをおすすめします。

銀行振込する際には、マイページのメニューにある「日本円の入金」をクリックしてください。

その際に銀行振込を選択すると振込先の口座情報を入力する欄がありますので、希望金額を振り込むようにしてください。

③取引所にてIOSTを購入

次はいよいよ草コインの購入です。

メニューにある「ホーム」から取引所を利用してください。

取引所で購入
出典:https://coincheck.com/ja/exchange

取引所を利用すれば安い手数料で草コインを購入可能です。

CoincheckではIOST以外にもさまざまな草コインを取り扱っています

草コインは何十倍にも値段が跳ね上がる可能性がありますので、自分が気に入った銘柄があれば、少額からでも保有しておくとよいでしょう。

手順が理解できた方は、この機会に公式サイトをチェックしておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

草コインの買い方に関するよくある質問

草コインの買い方に関するようある質問と回答を3つまとめました。

草コインを購入する際の参考にしてみてください。

草コインの買い方に関するよくある質問
  • 草コインのデメリットは?
  • 1円以下でも草コインは購入できる?
  • スキャムコインとの見分け方は?

草コインのデメリットは?

草コインはボラティリティが高くて高騰が期待できる分、下落する可能性も高いです

特に草コインが下落する場合には、ほとんど価値がなくなってしまう場合もあります。

そのため、草コインが下落してしまう際には多額の含み損を抱えてしまうリスクがあることは理解したうえで投資するようにしてください。

1円以下でも草コインは購入できる?

1銘柄あたりが1円以下の草コインも存在します。

特に草コインのなかでもミームコインは発行枚数が多く、1枚あたりの通貨が1円以下であることも珍しくありません

大量に草コインを保有しておきたい人は、DOGEやSHIBなどのミームコインを保有しておくことをおすすめします。

スキャムコインとの見分け方は?

草コインを投資する際にはスキャムコインに注意してください。

スキャムコインとは資金調達のみを目的とした詐欺コインのことです。

特に特定のインフルエンサーからしか購入できない案件や、最低投資金額が10万円程度からという案件には気をつけましょう。

草コインの買う際には、これらの質問を参考にしてみて下さい。

国内取引所では、初心者でも使いやすいコインチェックが人気なので、この機会に公式サイトをチェックしてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

草コインの買い方のまとめ

今回の記事では草コインの買い方について紹介しました。

この記事のまとめ
  • 草コインはアルトコインのなかでも時価総額が低く、ボラティリティが高い仮想通貨のこと
  • その年のトレンドに関連する草コインは高騰する可能性が高いこと
  • 2022年はメタバースやweb3.0に関連する草コインは高騰する可能性があること
  • IOSTなどの草コインを購入する際はCoincheckがおすすめであること

草コインは適切な運用ができれば一攫千金が狙える投資商品です。

特にその年のトレンドに関連する銘柄は価格が伸長する傾向にあります

そんな草コインに投資するためには、Coincheckを利用するようにしてください

Coincheckではさまざまな草コインを取り扱っています。

草コインのなかでも主要銘柄であればCoincheckのみで十分に投資できますので、この機会に登録しておくのがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる