仮想通貨アイオタ(IOTA)とは?将来性や今後の見通し・購入方法を解説!

IOTAは、分散型のIoT(Internet of Things)を構築することを目的に作られたプラットフォームです。

ブロックチェーンとは異なる独自の分散型台帳技術を開発することで、ビットコインなどが抱えるスケーラビリティ問題を解決しつつ、IoTの利便性や安全性を向上させています。

すでに、自動車や貿易、ヘルスケアなどさまざまな業界にサービス提供しており、今後の事業拡大が期待されるプロジェクトです。

今回はIOTAについて、特徴から価格動向、今後の見通し、買い方、注意点について詳しく解説しますので、取引時の参考にしてください。

この記事でわかること
  • IOTAはIoTに対応したプラットフォーム
  • IOTAの技術は複数の業界で実用化されている
  • IOTAはTangleという独自の分散型台帳技術を使用している
  • 大きなプロジェクトとの提携で価格が上昇する傾向がある
  • IOTAは海外取引所で購入可能
  • 国内取引所はCoincheckがおすすめ

IOTAを購入するためには、国内取引所でビットコインなどのペア通貨を海外取引所へ送金して取引する必要があります。

送金のための国内取引所は、500円から仮想通貨を購入できるCoincheckが使いやすいです。

無料で口座開設でき、初心者にも使いやすいサイト設計なので、この機会にCoincheckの口座を開設して取引に挑戦しましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

IOTAの特徴

IOTA
通貨名IOTA(アイオタ)
シンボルIOTA
価格(2022年1月現在)約92円
時価総額(2022年1月現在)約2,572億円
時価総額ランキング(2022年1月現在)47位
主な取引所Binance、Bitfinex、Huobi Global(国内の取り扱いなし)
公式サイトIOTAの公式サイト
関連記事仮想通貨のおすすめ銘柄ランキング

IOTAは、「IOTA財団」という非営利団体が運営するプロジェクトです。

IoTのデバイス間の連携を取るためのプラットフォームを提供しており、デバイスを繋ぐネットワーク上に生まれたトランザクションを分散型台帳に記録しています。

分散型台帳とは

IoT業界は、技術の進化とともに情報量の増加や、セキュリティに対する課題がある状況です。

IOTAでは、IoTに分散化された技術を導入することで、利便性の向上やセキュリティの向上を目指しています。

また、IOTAは仮想通貨では当たり前になっている、ブロックチェーンを使っていません。

そんなIOTAの特徴をより詳しく紹介します。

IOTAの特徴は次の3点です。

IOTAの特徴
  • IoTでさまざまなユースケースに対応
  • Tangleを使用
  • 多数の企業のパートナーシップ

IoTでさまざまなユースケースに対応

IOTAはIoT関連のさまざまなユースケースに対応しています。

主なジャンルは次の通りです。

  • 自動車
  • 貿易
  • 産業用ロボット
  • ヘルスケア
  • 都市インフラ(スマートシティ)
  • 国境管理
  • デジタルID

IoTの技術は、さまざまな分野に導入されており、IOTAも対応する形で実績を積み上げています。

今後も事業領域の拡大やニーズの増加が期待されるため、IOTAにも注目が集まっています。

Tangleを使用

IOTAは、ブロックチェーンではなく「Tangle」という分散型台帳のシステムを使用しています。

ブロックチェーンではSHA-258ハッシュ関数が使われているのに対して、IOTAでは独自のCurlハッシュ関数が使われています。

Tangleは、利用者同士で取引の承認を行う仕組みを導入しているため、マイニングがありません

その結果、次の2点を実現しています。

  • 手数料の無料
  • 高速トランザクション

マイニングをする人がいないため、マイニングを実施する人への報酬が不要となり、手数料を無料化しています。

また、1秒あたり1,000近くのトランザクション処理を実現しており、大量のデータ処理を行うIoTにとっては大きなメリットと言えます。

多数の企業のパートナーシップ

IOTA財団は、多数の企業とパートナーシップ提携しています。

自動車関連では、ボッシュやホルクスワーゲンなどの大企業と契約を結んでいます。

また、台北市などの都市や、欧州連合などの機関とも契約を結んでおりインフラ整備にも関わっている状況です。

今後、Web3.0の認知度が上がり企業からの注目が集まると、より多くの企業との提携が期待されます。

これらの特徴を持つIOTAを購入するためには、海外の仮想通貨取引所にペア通貨を送金する必要があります。

送金のための国内取引所は、Coincheckがおすすめです。

無料で口座開設でき、初心者にも使いやすい仮想通貨アプリなので、この機会にCoincheckの口座を開設してみてはいかがでしょうか

\ アプリダウンロード数No.1 /

IOTAの価格動向

IOTAの価格動向について、直近2ヶ月と1年の長期期間で解説します。

直近2ヶ月の価格推移

まず、2021年11月から2022年1月にかけての価格動向を見てみましょう。

2021年11月~2022年1月
引用:Tradingview

米ドルに対するIOTAの価格チャートです。

2021年11月時点では1.6ドルほどでしたが、2022年1月には半分の0.8ドルまで値下がりしました。

これは、仮想通貨市場の影響を受けていると言えます。

アルトコインの価格は、基軸通貨であるビットコインの影響を受ける傾向があります。

この期間は、ビットコインの価格も半分近くまで値下がりしており、IOTAの価格はその影響を受けて下がっている状況です。

ビットコインの値下がりの原因としては、各国の金融引き締めやロシアの仮想通貨に対する規制であると見られています。

ビットコインの値下がりに反発して、IOTAは12月末に価格が上昇しました。

この理由は、IOTAがステーキングの開始を発表したためと考えられます。

2021年の価格推移

2021年の1年間の価格動向を見てみましょう。

2021年の1年間の価格動向
引用:Traidingview

米ドルに対するIOTAの価格チャートです。

2021年の前半に価格が高騰し、一時は2.6ドルまで上昇しましたが、0.6ドルまで下落しました。

後半は1.4ドルほどで横ばいに推移しています。

直近2ヶ月の価格動向で解説したように、IOTAの価格はビットコインの価格変動に影響を受ける形で推移しています。

2021年前半の価格高騰の要因は、DeFiやNFTへの注目が集まり、仮想通貨市場全体の価格が上昇したためです

IOTAもこの影響を受け、価格が高騰しています。

その後は、中国の仮想通貨規制やイーロンマスク氏の発言などの影響を受けて、価格が下落しました。

ビットコインの価格変動の影響を受ける中で、注目すべき点が2つあります。

9月の価格高騰と12月末の価格です。

この2点は、ビットコインの価格が下がる中で、価格上昇や価格の維持を見せました。

9月に価格が高騰した理由として、欧州ブロックチェーンサービスインフラストラクチャ(EBSI)を担当するプロジェクトとして提携を結んだことが考えられます。

12月末から2022年にかけての価格維持の理由としては、IOTAがステーキングの開始を発表したことにより、取引が増加したためと考えられます。

IOTAを購入するためには、国内取引所で仮想通貨を購入し、海外取引所への送金が必要です。

国内取引所は、取り扱い銘柄が豊富なCoincheckがおすすめですので、この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか

\ アプリダウンロード数No.1 /

IOTAの今後の見通し

IOTAの今後の見通しとして、注目するポイントは次の3点です。

IOTAの将来性
  • IoTの普及
  • 大企業との提携
  • 中国の動向

順番に解説します。

IoTの普及

一つ目のポイントは、IoTの普及です。

IOTAの取り組みの目的はIoTの利便性や安全性の向上であるため、IoTと密接な関係があります。

IoTは、聞き慣れた言葉になってきましたが、その利用は先進国でも50%ほどです。(2018年総務省調べ

発展途上国に目を向けると、さらに低いでしょう。

IoT技術の進展により、世の中へより深く浸透することで、IOTAの需要が高まることが予想されます。

また、IOTAの技術を基点にIoTがより普及する可能性もあります。

大企業との提携

2つ目のポイントは、大手企業との提携です。

IoTの利用者の大半は企業であり、IOTAはすでにマイクロソフトなどの多くの企業と提携しています。

今後、さらに提携する企業が増え認知度が高まると、IOTAの利用者は増えるため、価格に影響する可能性があります。

中国の動向

3つ目のポイントは、中国の動向です。

中国は世界No.1のIoT先進国で、市場規模が大きいだけでなく、IoTの導入割合も高い状況です。

中国は、金融機関に対して仮想通貨を規制する動きを見せていますが、規制の動きがIoT業界に及ぶとIOTAにも影響することが予想されます。

よって、場合によってはIOTAの価格にネガティブな影響を与える可能性があります。

IOTAの今後の見通しに注目しつつ、取引を検討されている方は、初心者でも扱いやすいCoincheckで口座を解説してみてはいかがでしょうか?

\ アプリダウンロード数No.1 /

IOTAの買い方

IOTAの詳細を知って、購入を検討されている方もいるのではないでしょうか。

ここではIOTAの購入方法を紹介します。

IOTAの買い方
  1. Coincheckで口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. ビットコインを購入する
  4. 海外取引所にビットコインを送金する
  5. IOTAを購入する

残念ですが、2022年1月現在、国内にはIOTAを取り扱っている仮想通貨取引所はなく、海外取引所を利用する必要があります。

海外取引所は、日本と法規制が異なる点や詐欺リスクが高いなどの問題があるため、利用の際は慎重に手続きを進めてください

国内の取引所は、取扱通貨が豊富なCoincheckがおすすめですので、今回はおすすめの仮想通貨取引所ランキングNo1であるCoincheckを例にIOTAの購入方法を紹介します。

Coincheckの口座開設方法から説明しますので、この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか

Coincheckで口座を開設する

まず、Coincheckの口座を開設します。

Coincheckの公式サイトにアクセスします。

コインチェック

「会員登録」をクリックします。

Coincheck-会員登録

「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、「新規登録」をクリックします。

登録したアドレスに「登録メールアドレス確認のお願い」のメールが届くので、メール内のURLをクリックしてアカウントを作成します。

次に、各種重要事項の承諾を行います。

各種重要事項を確認する

アカウント作成完了後、上記の画面が表示されるので、「各種重要事項を確認する」をクリックします。

その後、確認事項が表示されるので、目を通してチェックマークをつけると完了です。

電話番号認証

続いて、電話認証を求められるので、電話番号を入力して「SMSを送信する」をクリックします。

認証番号が届くので、番号を入力して認証を完了させます。

その後、氏名や性別、生年月日、国籍などの個人情報を入力します。

最後に、本人確認を実施します。

以下の本人確認書類から1つ準備しましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

スマホで本人確認書類を撮影するだけで、書類の郵送や電話は不要なのでご安心ください。

本人確認書類の提出

上記の画面が表示されるので、「本人確認書類を提出する」をクリックします。

アプリのQRコードを表示

「アプリのQRコードを表示」をクリックし、表示されたQRコードをスマホカメラで読み込み、Coincheckのアプリをダウンロードします。

アプリを立ち上げ、指示に従って本人確認書類を撮影しましょう。

撮影終了後、書類の確認審査に入ります。

審査に通ると、数時間後に「本人確認完了のお知らせ」のメーリが届き、取引所を利用できる状態になります

日本円を入金する

次に日本円を入金します。

日本円の入金方法は「銀行振込」「コンビニ振込」「クイック入金」の3種類です。

今回は、最もスタンダードな銀行振込を紹介します。

日本円の入金

Coincheckのホーム画面左側の「日本円の入金」を選択します。

「銀行振込」のタブを選択すると、振込先の口座が表示されるので、指定口座に振り込むと入金完了です。

ビットコインを購入する

次に、ビットコイン(BTC)を購入します。

利用する海外取引所の中には、イーサリアム(ETH)など一部のアルトコインも対応していますが、流通量の多いビットコインがおすすめです。

Coincheckは、「販売所形式」と「取引所形式」の2つの方法でビットコインを購入できます。

今回は、シンプルな操作で取引が完了する、販売所形式で購入する方法を紹介します。

販売所(購入)

Coincheckのホーム画面左側の「販売所(購入)」を選択します。

購入する通貨に「BTC」を選択し、数量を入力して「購入する」をクリックすると、購入完了です。

海外取引所にビットコインを送金する

購入したビットコインを海外取引所に送金します。

送金する前に、送金先の海外取引所の口座を準備しておきましょう。

IOTAを取り扱っている取引所はいくつかありますが、日本語に対応しており、取り扱い通貨が多いBinance(バイナンス)がおすすめです。

ただし、海外取引所は日本の取引所に比べて詐欺のリスクが高いため、口座開設する際は自己責任でお願いします

口座開設方法と入金方法は取引所によって異なるため、別途リサーチしてください。

暗号資産の送金

Coincheckのホーム画面左側の「暗号資産の送金」を選択します。

「ビットコインを送る」を選択し、送金先のウォレットアドレスを「新規宛先」に入力して「追加」をクリックします。

送金するビットコインの「数量」を入力し、「送金する」をクリックすると、Coincheckで操作は終了です。

送金先のウォレットにビットコインが入金されていれば、送金完了です。

ウォレットアドレスを間違えて入力すると、送金できないだけでなく、ビットコインを失う危険性があるため、アドレスに間違いがないことを確認して送金しましょう。

IOTAを購入する

送金先の取引所でIOTAを購入します。

購入時の操作方法は取引所によって異なるため、別途リサーチして利用してください。

Coincheckは、初めて仮想通貨を取引する人にも使いやすいシンプルなデザインなので、おすすめの取引所です。

無料で口座開設できるので、この機会にCoincheckの口座を開設してIOTAの取引に挑戦しましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

IOTAの注意点

IOTAの注意点は次の3点です。

IOTAの注意点
  • 国内の取引所で取引できない
  • セキュリティ面に不安がある
  • マイニングがない

順番に解説します。

国内の取引所で取引できない

IOTAは国内の取引所での取り扱いがありません

IOTAを購入するためには、国内取引所からビットコインなどのペア通貨を海外取引所に送金して取引する必要があります。

海外取引所への送金

上記の、「IOTAの買い方」で解説しているので、参考にしてください。

海外取引所の中には、クレジットカードで仮想通貨を購入できるところもありますが、手数料が高いので、ペア通貨を送金する方法をおすすめします。

IOTAを購入できる取引所は、「Binance」「Bitfinex」「Huobi Global」などがあります。

海外取引所の中には、日本からの取引を禁止している(対応していない)取引所もあるため、利用の際はご注意ください。

また、海外取引所は、国内取引所に比べて詐欺などのリスクが高いため、ご利用は自己責任でお願いします

セキュリティ面に不安がある

IOTAはセキュリティ性を問題視されています。

IOTAはブロックチェーンではなく、Tangleを使って暗号方式をゼロから作成しているため、ブロックチェーンに比べるとセキュリティが弱いと言われています。

2018年にはハッキングにあい、IOTAが盗まれる事件がありました。

その後、セキュリティの強化を実施していますが、不安さが残る状況です。

一方で、送金についてはセキュリティ性が高いと言われています。

その理由は、IOTAは送金ごとにアドレスとパスワードが変わる仕組みになっているからです。

とはいえ、まだまだセキュリティ対策は万全でないため、利用時は注意が必要です。

マイニングがない

IOTAは、ブロックチェーンを利用していないため、マイニングがありません

IOTAが導入しているTangleでは、取引者同士が取引を承認する仕組みになっているため、マイニングが不要なためです。

その分、手数料が無料ですのでユーザーにとってはありがたいことです。

もしマイニングで稼ぎたいと考えている方がいれば、IOTAはマイニングがないので注意しましょう。

IOTAでの取引を検討されている方は、取引銘柄が豊富なCoincheckで口座開設してみてはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

IOTAのまとめ

今回はIOTAについて解説しました。

IOTAは、これからの時代に必須のIoTに関するプロジェクトであるため、注目度も高いと言えます。

この記事のまとめ
  • IOTAはIoTに対応したプラットフォーム
  • IOTAの技術は複数の業界で実用化されている
  • IOTAはTangleという独自の分散型台帳技術を使用している
  • 大きなプロジェクトとの提携で価格が上昇する傾向がある
  • IOTAは海外取引所で購入可能
  • 国内取引所はCoincheckがおすすめ

IOTAを購入するためには、国内取引所でビットコインなどのペア通貨を海外取引所へ送金して取引する必要があります。

送金のための国内取引所は、500円から仮想通貨を購入できるCoincheckがおすすめです。

無料で口座開設でき、初心者にも使いやすいサイト設計なので、この機会にCoincheckの口座を開設して取引に挑戦しましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる