仮想通貨KAVA(カヴァ)とは?特徴や今後の見通し/将来性を徹底解説!

さまざまなDeFiプラットフォームがリリースされるなか、2019年からいまだに根強い人気があるプラットフォームがあります。

それがKAVA(カヴァ)というプラットフォームです。

2022年4月時点で時価総額ランキングは93位で、DeFiプラットフォームを提供している関連銘柄のなかでも上位に位置します。

今回の記事ではそんなKAVAというプラットフォームについて以下のポイントを中心に紹介します。

この記事のポイント
  • KAVAは独自のネットワークを構築しているDeFi分野に特化したプラットフォームであること
  • ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの仮想通貨を担保にステーブルコインの借入が可能であること
  • 毎年価値をあげている通貨で、将来性がかなり期待できること
  • 競合が続々と登場しているので、今後のプロジェクトの進捗次第では価値が薄れる可能性もあること
  • KAVAを購入するためには、DMM Bitcoinなどで交換元の通貨を手に入れなければいけないこと

KAVAはDeFiを中心に展開されているプラットフォームです。

競合相手が続々と現れるなか価値を高めていくためには、独自のポジションを築いていく必要があります。

しかし、すでにKAVAの独自技術「Co-Chainアーキテクチャー」によって、さまざまな仮想通貨を担保に利用可能です。

統合性が低いブロックチェーンにおいてクロスチェーン技術は注目されつつあり、ロードマップ通りに進めば将来性が期待できるでしょう。

KAVAに将来性を感じる人はDMM Bitcoinなどで交換元の通貨を手に入れ、取引準備を進めましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

目次

KAVA(カヴァ)とは

KAVA
引用元:https://www.kava.io/#co-chain
通貨名Kava(カヴァ)
ティッカーシンボルKAVA
価格(2022年4月時点)約586円
時価総額(2022年4月時点)975,285,999円
時価総額ランキング(2022年4月時点)93位
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事仮想通貨取引所ランキング

KAVA(カヴァ)はKavaプロジェクトで利用されるトークンです。

イーサリアム(ETH)のレイヤー1として高速ブロックチェーンであるのが特徴的で、イーサリアムとコスモスを統合して1つのネットワークとして機能させています。

レイヤー1とは?
  • NFTやDeFi市場の拡大にともない、イーサリアムで問題視されているガス代問題などを解決することを目指すブロックチェーン
  • ソラーナ(SOL)やアバランチ(AVAX)、カルダノ(ADA)などが該当する

2019年に海外大手取引所「Binance(バイナンス)」にてIEOで上場すると、セール価格の0.46ドルから0.8ドル付近にまで上昇し、多くの投資家から注目を浴びました。

また、開発会社の「KavaLabs Inc」は仮想通貨プラットフォームに携わってきた人物が多く起用されていて、「Snowball」や「DMarket」のアドバイザーとして務めていた経験がある人物もいるようです。

開発者に確かな知見がともなっていれば、プロジェクトが破綻する可能性は低いでしょう。

ロードマップ通りに開発が進んでいけば、価値が向上する可能性もあります。

高い将来性をもとにKAVAを購入したいという人はDMM Bitcoinなどで交換元の通貨を手に入れておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

KAVA(カヴァ)の特徴

KAVA(カヴァ)は独自のネットワークを構築しているブロックチェーンプラットフォームなので、いくつか特徴があります。

ここでは、KAVAが持つ独自の特徴を3つ紹介します。

KAVA(カヴァ)の特徴について
  • 独自のKAVAネットワーク
  • DeFiプラットフォームを提供
  • BinanceにてIEOで上場

独自のKAVAネットワーク

KAVA network
引用元:https://www.kava.io/#co-chain

KAVA(カヴァ)は分散型金融プラットフォームを提供するために独自のネットワークを構築しています。

KAVAのネットワークでは「Co-Chain Architecture」というネットワークが採用されていて、イーサリアムとCosmosブロックチェーンを融合させることに成功しました。

Cosmos SDK」と呼ばれるコスモスのオープンフレームソースを利用することで、ブロックチェーン間の情報通信を可能にします。

また、「Ethereum Co-Chain」ではイーサリアムのスマートコントラクトの実行に必要なEVMを採用することで、KAVAネットワークのセキュリティを強固にし、スケーラビリティ問題を解消可能です。

DeFiプラットフォームを提供

KAVA(カヴァ)ではDeFiプラットフォームが利用できます。

そもそもKAVAのプロジェクトの目的は「仮想通貨との互換性のある分散型金融プラットフォームとステーブルコインを利用した分散型金融プラットフォームの提供」です。

そのため、KAVAでは主要な仮想通貨を担保にしてステーブルコインの貸し出しサービスをおこなっています。

貸し出しする仮想通貨はUSDXと呼ばれるステーブルコインで、リップル(XRP)などの仮想通貨を裏付け資産としている仮想通貨です。

BinanceにてIEOで上場

KAVA(カヴァ)は海外大手取引所のBinance(バイナンス)にてIEOで上場した銘柄です。

IEOとは?
  • Initial Exchange Offeringの略称のこと
  • ブロックチェーンプロジェクトで発行されるトークンを取引所にて販売される仕組み
  • 取引所が厳選した銘柄のみが上場されるので信頼性が高い

2019年10月にBinanceにて上場され、当時流行していたDeFi関連の銘柄として話題になりました。

実際に10月のパブリックセール価格である0.46ドルから11月には1.2ドル程度までに価値をあげ、2022年4月現在では5ドル程度まで値上がりしています。

やはりBinanceという世界屈指の取引所で上場される銘柄は注目が集まりやすく、将来性がかなり期待されやすいです。

そのため、Binanceにて上場されたKAVAも順調に価値をあげているのでしょう。

そんなKAVAの交換元となる仮想通貨は、DMM Bitcoinでも手に入れることができます。

少しでも将来性を感じるようであれば、DMM Bitcoinに登録してKAVAの交換元通貨を手に入れましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

KAVA(カヴァ)のメリット

KAVA(カヴァ)には3つのメリットが存在します。

それぞれのメリットは以下の通りです。

KAVA(カヴァ)のメリットについて
  • 仮想通貨の担保が可能
  • リップルが投資している
  • 年々価値が向上している

仮想通貨の担保が可能

KAVA(カヴァ)は仮想通貨を担保にしてステーブルコインを借入できます。

担保にできる仮想通貨の種類は以下の通りです。

KAVA(カヴァ)で担保にできる仮想通貨の種類
  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • バイナンスコイン(BNB)
  • コスモス(ATOM)
    など

以上のように仮想通貨のなかでも主要な銘柄は担保に利用できます。

ステーブルコインの借入をおこない、他の銘柄に投資できればさらなる利益を生み出すかもしれません。

リップルが投資している

KAVA(カヴァ)はリップル社が投資しているプロジェクトでもあります。

リップル社といえば仮想通貨のリップル(XRP)を開発している企業です。

XRPは仮想通貨の時価総額ランキングでも2022年4月時点で6位につけている仮想通貨でもあるので、多くの投資家たちが注目している企業でもあります。

多くの投資家たちが関与しているリップル社がバックについているのであれば、KAVAの開発も順調に進んでいくでしょう。

年々価値が向上している

KAVA(カヴァ)は年のはじめより毎年のように価値をあげている仮想通貨です。

まずはKAVAの週足チャートをご覧ください。

KAVA chart
引用元:https://jp.tradingview.com/chart/KkX0Y99G/?symbol=BINANCE%3AKAVAUSDT

2020年1月の始値はおよそ1ドル付近でしたが、同年末には安値で1.2ドルを記録しています。

さらに、2021年の始めには高値で2ドル付近を記録し、同年末には安値でも3.7ドル付近を記録しました。

2022年以降も週足チャートが上昇傾向にあるため、今後も年始よりは価値が高まる可能性が高いです。

仮想通貨全体の相場に影響されずに毎年のように価値をあげているKAVAであれば、保有しているだけで安定した収益を狙える可能性があります。

KAVAの取引で利益をあげたいという人は、交換元となる仮想通貨をDMM Bitcoinで手に入れてください。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

KAVA(カヴァ)のデメリット

KAVA(カヴァ)にはメリットばかりではありません。

もちろんデメリットもいくつか存在します。

KAVA(カヴァ)のデメリットは以下の通りです。

KAVA(カヴァ)のデメリットについて
  • 競合相手が続々と登場している
  • 計画通りに進まないと価値が落ちる

競合相手が続々と登場している

KAVA(カヴァ)はDeFi分野での活躍を目的としている仮想通貨です。

特に2019年から2020年にかけてDeFi分野の関連銘柄が続々と登場していて、今や競合相手の数は数え切れないほど存在します。

例えば、以下の銘柄がDeFi分野に関連する銘柄にあげられるでしょう。

DeFi関連銘柄の主な種類
  • アバランチ(AVAX)
  • Dai(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • ユニスワップ(UNI)
  • パンケーキスワップ(CAKE)

以上のようにKAVA以外にもさまざまなDeFi関連銘柄が存在します。

競合がひしめくDeFi分野で活躍するためには、さらなるアップデートが必須です。

計画通りに進まないと価値が落ちる

KAVA(カヴァ)ではロードマップが公開されていますが、計画通りに開発が進まないと価値が落ちるかもしれません。

KAVAにて公開されているロードマップによると順調に開発が進んでいるようですが、何かしらのアクシデントにより計画が破綻する可能性もあります。

計画が破綻してしまえば投資家からの信頼がさがり、仮想通貨自体の価値も急落する可能性が高いです。

将来的な展望まで発表しているので、よほどのことがない限り破綻する可能性は低いですが、KAVAの破綻リスクも把握したうえで投資してください。

KAVA(カヴァ)の買い方/購入方法

KAVA(カヴァ)を購入するためには、事前にDMM Bitcoinで仮想通貨を購入しなければいけません。

そこで、ここではDMM Bitcoinで口座を開設してから海外取引所でKAVAを手に入れるまでの流れを簡単に紹介します。

KAVA(カヴァ)の買い方/購入方法
  1. DMM Bitcoinの口座を開設
  2. 仮想通貨を購入
  3. DMM Bitcoinから海外取引所に送金
  4. 海外取引所でKAVA(カヴァ)を購入

①DMM Bitcoinの口座を開設

まずはDMM Bitcoinの口座を開設しましょう。

DMM Bitcoinの公式サイトに表示されている「口座開設」のボタンをクリックしてください。

DMM Bitcoin
引用元:https://bitcoin.dmm.com/

すると、以下のような情報入力ページに移行します。

DMM Bitcoinの口座を開設
引用元:https://bitcoin.dmm.com/signup/email

自分が普段から利用しているメールアドレスを入力して、DMM Bitcoinからのメールを確認してください。

入力したメールアドレスが正しければ、DMM Bitcoinからメールが届いているはずです。

メールを確認したら貼り付けてあるURLをクリックして、パスワードを設定します。

パスワードの設定が完了したら、本人確認書類をアップロードしましょう。

本人確認書類のアップロードを終えたら、仮想通貨の取引ができるようになります。

DMM Bitcoinでアップロード可能な本人確認書類は以下の通りです。

本人確認書類の提出方法必要な書類
スマホでスピード本人確認(いずれか1点の提出)・運転免許証
・マイナンバーカード
・パスポート
・在留カード
本人確認書類アップロード(いずれか2点の提出)・運転免許証
・マイナンバーカード
・パスポート
・在留カード
・各種保険証
・住民票の写し
・年金手帳
・印鑑登録証明書
など

上記のいずれかの方法で本人確認書類をアップロードして、携帯番号とアカウントを連携させれば登録完了です。

②仮想通貨を購入

アカウントの登録ができたら、海外取引所へと送金するための仮想通貨を購入しましょう。

DMM Bitcoinで仮想通貨を購入するためには、現物取引を利用してください。

レバレッジ取引の利用も可能ですが、あくまでも海外取引所への送金が目的です。

そのため、DMM Bitcoin内の取引で利益を狙う必要はありません。

安定した価格で購入できる現物取引を利用するようにしましょう。

DMM Bitcoinで現物取引をおこなうためには、メニューバーにある「現物注文」のなかから購入したい仮想通貨を選びましょう。

海外取引所へ送金するためには、リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)などの仮想通貨がおすすめです。

③DMM Bitcoinから海外取引所に送金

DMM Bitcoinで仮想通貨を購入できたら、海外取引所へと送金しましょう。

仮想通貨を送金する際には各銘柄によって最低送金数量が異なります。

それぞれ主要通貨の最低送金数量を記載しておくので、海外取引所へと送金する際の参考にしてください。

仮想通貨名最低送金数量(2022年4月時点)
ビットコイン(BTC)0.02BTC/1日1回
イーサリアム(ETH)0.1ETH/1日1回
リップル(XRP)50XRP/1日1回

④海外取引所でKAVA(カヴァ)を購入

海外取引所への送金が確認できたら、KAVA(カヴァ)を購入しましょう。

送金した仮想通貨をステーブルコインなどに変換してKAVAに立て替えてください。

すると、KAVAの購入が完了しています。

海外取引所ではKAVA以外にもさまざまな仮想通貨を取引できるのが魅力的ですが、その分リスクはつきまといます。

海外取引所のリスクについて
  • 取引所の破綻リスク
  • 時価総額の低い仮想通貨が取引停止になるリスク
  • 送金の失敗リスク

以上のようなリスクは承知のうえで、海外取引所は自己責任で利用するようにしましょう。

KAVA(カヴァ)の取引を検討されている方は、これらの手順を参考にしてみて下さい。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

KAVA(カヴァ)の今後の見通し/将来性

KAVA(カヴァ)の今後の見通しは以下の通りです。

KAVA(カヴァ)の今後の見通し/将来性
  • プラットフォームの盛り上がりは仮想通貨ブーム次第
  • イーサリアムチェーンに対応
  • KAVA(カヴァ)のエコシステムが強化

プラットフォームの盛り上がりは仮想通貨ブーム次第

KAVA(カヴァ)はDeFi分野での活躍を目指しているプラットフォームです。

そのため、そもそも仮想通貨ブームが下火になってしまえば、プラットフォームの活気も薄れてしまいます。

活気がなくなれば仮想通貨自体の魅力もなくなってしまうので、価値がさがってしまうかもしれません。

また、あくまでもプラットフォームの盛り上がりは相場にも依存している点には注意しましょう。

イーサリアムのブリッジに対応予定

KAVA(カヴァ)が発表しているロードマップによると、イーサリアム(ETH)のブリッジ機能も搭載する予定です。

ERC-20規格のトークンがブリッジできるようになれば、KAVAネットワークの利用者が増える可能性があります。

利用者が増えればプラットフォームも盛り上がるので、価値をあげていく可能性が高いです。

KAVA(カヴァ)のエコシステムが強化

KAVA(カヴァ)で発表されているロードマップによるとエコシステムが強化されていく予定です。

実際に2022年1月におこなわれたアップグレードでは、Ethereum Co-Chainのアルファ版をローンチしていて、エコシステムの強化に関する基礎を築いています。

100を超えるプロトコルを2022年内に追加予定であるため、今後もエコシステムの強化が期待できるでしょう。

DeFi分野で注目されているKAVAの取引をしたい方は、DMM BitcoinでXRPやETHのような交換元通貨を手に入れるために公式サイトを確認しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

KAVA(カヴァ)に関するよくある質問

KAVA(カヴァ)に関するよくある質問と回答を3つまとめました。

それぞれKAVAを購入する前の参考にしてください。

KAVA(カヴァ)に関するよくある質問について
  • KAVA(カヴァ)はどのタイミングで購入すべき?
  • 今後のKAVA(カヴァ)の価格予想は?
  • KAVA(カヴァ)の注意点は?

KAVA(カヴァ)はどのタイミングで購入すべき?

KAVA(カヴァ)を購入するタイミングに正解はありませんが、テクニカル指標を参考にしてみるとよいでしょう。

MACDがゴールデンクロスしたタイミングや、RSIの数値が低いタイミングで購入すると価格の上昇が狙えるかもしれません。

過去のチャートをもとに、適切なテクニカル分析をしてみてください。

今後のKAVA(カヴァ)の価格予想は?

KAVA(カヴァ)の時価総額は2022年4月時点で9億7,000万円程度です。

一方で同じDeFi関連のトップ銘柄のテラ(LUNA)の時価総額は330億円程度あります。

もしKAVAがDeFi関連銘柄のトップに立つようなことがあれば、LUNAの時価総額を抜くことになるので、同時点の時価総額から30倍以上価格をあげるかもしれません。

KAVA(カヴァ)の注意点は?

KAVA(カヴァ)は DeFi関連の銘柄であるため、競合が多数存在します。

もし差別化を図れなければ、市場に埋もれていく可能性がある点は注意してください。

KAVAの将来性に魅力を感じる方は、ETH以外にも多くの銘柄を取り扱っているDMM Bitcoinで交換元の通貨を手に入れておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

KAVA(カヴァ)のまとめ

ここまでKAVA(カヴァ)についてまとめました。

この記事のポイントは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • KAVAはKavaプロジェクトで利用されるトークンで、イーサリアムのレイヤー1であるのが特徴的であること
  • 独自のKAVAネットワークではイーサリアムとコスモスを融合させたブロックチェーン技術を採用していること
  • 仮想通貨を担保にしてUSDXと呼ばれるステーブルコインを借入できること
  • KAVAを購入するためには、DMM Bitcoinなどで交換元の通貨を手に入れなければいけないこと

KAVAはDeFi分野の銘柄であるため競合が多数存在しますが、ロードマップ通りに進めば高い将来性が期待できます。

価値があがりきっていない今のうちに、少しだけでも購入しておくと将来の利益につながるかもしれません。

そんなKAVAを購入するためには、DMM Bitcoinで交換元の仮想通貨を購入する必要があります。

DMM Bitcoinであれば仮想通貨の送金に手数料がかからないため、KAVAの利益を最大化できます。

この機会にDMM Bitcoinの口座を開設して、KAVAの取引を有利に進められるようにしましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

目次
閉じる