仮想通貨Klaytn(クレイトン/KLAY)とは?特徴・将来性から今後の見通しまで徹底解説

Klaytn(クレイトン)はブロックチェーンアプリ開発のプラットホームです。

カカオトークで有名な韓国企業kakaoの子会社であるGround Xが運営しています。

クレイトンのプロジェクトでは仮想通貨のKlaytn(KLAY)を発行しており、IT業界やエンタープライズ業界の仮想通貨を好む投資家に人気です。

この記事では、クレイトンについて特徴から価格動向、今後の見通し、購入方法まで詳しく解説します。

この記事でわかること
  • クレイトンはブロックチェーンアプリの開発プラットフォーム
  • クレイトンの親会社はカカオトークで有名なkakao
  • クレイトンのガバナンスは提供している企業によって行われる
  • クレイトンはトランザクション処理が4,000TPSと速い
  • クレイトンはNFT事業に注力している
  • 国内でクレイトンを扱っている取引所はBITPOINTのみ

国内の取引所は、取扱通貨が豊富で、500円と少額から仮想通貨を購入できるBITPOINTが使いやすいです。

無料で口座開設でき、維持費もかからないので、この機会にBITPOINTの公式サイトをチェックしてみてください

\ ディープコインがもらえる! /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?

クレイトン-top
通貨名Klaytn(クレイトン)
シンボルKLAY
価格(2021年12月現在)約160円
時価総額(2021年12月現在)約4,145億円
市場ランキング(2021年12月現在)49位
主な国内取引所BITPOINT
主な海外取引所Binance、MEXC、OKEX
公式サイトKlaytnの公式サイト
関連記事おすすめの仮想通貨銘柄

クレイトン(Klaytn)は、韓国で人気のSNSアプリ、カカオトークの運営会社であるkakaoの子会社Ground Xが開発したブロックチェーン(仮想通貨)です。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーン技術を使ったアプリケーション開発のプラットフォームを提供しており、そのプラットフォームもクレイトン(Klaytn)です。

エンタープライズサービスを中心に展開しており、ユーザーフレンドリーなサービス展開やデータのデジタル資産化を目指しています。

ただし、仮想通貨のクレイトンを取り扱っている国内のBITPOINTのみです。

無料で口座開設できるので、この機会にBITPOINTの公式サイトをチェックしておきましょう

\ ディープコインがもらえる! /

クレイトン(Klaytn/KLAY)の特徴

クレイトン(Llaytn/KLAY)の特徴は次の4点です。

クレイトンの特徴
  • ユーザーに優しいブロックチェーン
  • 高い処理速度
  • 多数の企業と提携
  • NFT事業を展開

ユーザーに優しいブロックチェーン

現在のブロックチェーンは、仕組みが複雑で、知識のないユーザーには扱いが難しいため、DApp(分散型アプリケーション)の開発に抵抗を持つ方も多いのが現状です。

そこで、クレイトンは、誰もが簡単にBApp(ブロックチェーンアプリ)を開発できるプラットフォーム作りを目指して、サービス展開に取り組んでいます

BAppとは、DApp(分散型アプリケーション)の代わりに、クレイトンが独自に用いている言葉です。

ブロックチェーンは分散性以外に、透明性やトレーサビリティ、匿名性などさまざまな特徴を持っており、これらの特徴を評価するためにクレイトンではBAppと呼んでいます。

ネットワーク応答性、トランザクション処理能力、柔軟なスケーラビリティ、手数料の補助などの機能高めることで、ユーザーに優しいブロックチェーンを構築しています。

高い処理速度

クレイトンは、トランザクション処理が非常に速いブロックチェーンです。

その処理速度は4,000TPS以上で、ビットコインの7TPS、イーサリアムの14PTSと比べると、突出した速度であることがわかります。

処理速度の速さから、決済手段としても期待されています。

高い処理性能を可能にしているのがPoC(プルーフ・オブ・コンセンサス)です。

PoCはPoW(プルーフ・オブ・ワーク)とPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を掛け合わせた方法で、ブロックチェーンネットワークへの貢献度合いに応じて報酬を得られる仕組みです。

処理速度の速さを活かして、スループット、レーテンシー、ファイナリティなどの問題解決を目標にしています。

多数の企業と提携

クレイトンは多数の企業と提携し、クレイトンガバナンス評議会を発足しています。

クレイトンガバナンス評議会の参加企業は、基本構造や新機能、技術更新、資金調達、ポリシーなどクレイトンの方針の決議を行います。

提携企業には、LGや新韓銀行などの韓国の大手企業から、BinanceやGumiなどの韓国外の企業まで多岐にわたります。

有名企業で構築されたガバナンスであれば、ユーザーも安心してクレイトンを利用できるでしょう。

NFT事業を展開

クレイトンはKrafter Space(クラファースペース)と言う、NFTプラトーフォームを展開しています。

Krafter SpaceではNFTの制作と管理が可能です。

このプロジェクトは世界最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaのサポートを受けており、他の企業からの注目度も高いと言えます。

また、独自の仮想通貨ウォレットのKlip(クリップ)では、仮想通貨を保管する通常の機能に加えて、NFTを送受信する機能も持っています。

NFTはカカオトークなどのSNSとの相性も良いため、カカオトークと上手く組み合わせることで需要が高まることも予想されます。

このように、「ユーザーに優しいブロックチェーン」「高い処理速度」「多数の企業と提携」「NFT事業を展開」がクレイトンの特徴となります。

国内では、唯一BITPOINTのみクレイトンの取り扱いがあります。

無料で口座開設でき、維持費もかからないので、この機会にBITPOINTの公式サイトをチェックしておきましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

クレイトン(Klaytn/KLAY)の価格動向

クレイトン(Klaytn/KLAY)の価格動向について解説します。

直近2ヶ月の価格動向

まず、2021年の11月〜12月の2ヶ月間の価格動向を見てみましょう。

クレイトンー直近2ヵ月価格動向
引用:Tradingview

米ドルに対するクレイトンの価格チャートです。

直近2ヶ月では価格変動がほとんどなく、緩やかに減少しています。

この期間、イベントの発表など、クレイトンのプロジェクトに大きな動きはなく、仮想通貨市場全体の価格が減少していることもあり、クレイトンの価格も減少したと考えれらます。

1年間の価格動向

次に2021年の1年間の価格動向を見てみましょう。

クレイトンー1年間の価格動向
引用:Tradingview

米ドルに対するクレイトンの価格チャートです。

クレイトンの価格は3月から5月にかけて急騰しています。

これはNFT市場の盛り上がりの影響を受けたと考えられます。

2021年3月29日に、世界最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaがクレイトンベースのNFTをサポートすることを発表しました。

さらに、同年の5月24日にはKrafter Space(クラファースペース)と呼ばれる、NFT発行サービスを開始しています。

NFT関連事業の拡大と、市場の波に乗ったことにより、クレイトンの価格は上昇しました。

その後は、価格上昇の反動や中国の仮想通貨規制の動きから、仮想通貨市場全体の価格が上下しています。

クレイトンも市場の影響を受ける形で、価格変動を繰り返している状況です。

現在は価格が落ちているクレイトンですが、NFT市場が盛り上がれば価格の上昇も期待されます。

仮想通貨取引所は取扱銘柄が豊富で、少額から仮想通貨を購入できるBITPOINTが使いやすいです

\ ディープコインがもらえる! /

クレイトン(Klaytn/KLAY)の今後の見通し

クレイトン(Klaytn/KLAY)の今後の見通しについて解説します。

クレイトンの今後の動向として次の3点が予想されます。

クレイトンの今後の動向
  • 企業との提携及びプラットフォーム利用
  • カカオトーク上で利用
  • 韓国の仮想通貨規制

企業との提携及びプラットフォーム利用

クレイトンは韓国国内外の多様な企業とパートナー提携をしています。

有名企業との提携は、今後の成長への期待からクレイトンの価格にも影響する可能性が高いです。

今後、新たな企業との提携が発表されれば価格上昇の可能性もあります。

さらに、提携した企業がクレイトンのプラットフォームを利用して、新規サービスを開始すればクレイトンの価格も上がっていくでしょう。

カカオトーク上で利用

今後カカオトーク上で仮想通貨のクレイトンを使う機能が搭載されれば、クレイトンの需要が増え、価格が上昇すると考えられます。

実際に、カカオトーク上の通貨としてクレイトンが採用されることは噂されており、電子マネーのカカオペイ(Kakao Pay)にクレイトンを送金して利用できることを考えると、実現性は高いでしょう。

さらに、カカオトークは日本で言うLINEに当たり、日常に溶け込んでいます。

クレイトンがカカオトークで使用可能になれば、利用者も一気に増え、クレイトンの価格に影響するでしょう。

ただし、注意点もあります。

カカオトークは世界中にユーザーを持つアプリですが、アクティブユーザーの大半は韓国です。

矛盾した意見ではありますが、カカオトーク上でクレイトンが使えても、価格が急変するほどの影響力はない可能性もあります。

韓国の仮想通貨規制

韓国の仮想通貨に対する規制が厳しいため、クレイトンの価格は上がりづらいことが考えられます。

クレイトンは韓国を拠点として運営を行なっており、韓国からの規制はまぬがれません。

一方で、規制緩和の動きが見られれば、クレイトンの価格も上がる可能性はあるでしょう。

このように、クレイトンの価格が上昇する兆しは多く見られます。

クレイトンでの取引を始めるために、国内取引所で口座を開設しておきましょう。

BITPOINTは、取引銘柄が豊富で、小額から仮想通貨を購入できるので、ぜひ一度公式サイトをチェックしておきましょう。

\ ディープコインがもらえる! /

クレイトン(Klaytn/KLAY)の買い方

クレイトン(Klaytn/KLAY)の詳細を知って、「購入したい」と思った方もいるのではないでしょうか。

ここではクレイトンの購入方法を解説します。

クレイトンの買い方
  1. Coincheckで口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. ビットコインを購入する
  4. 海外の取引所にビットコインを送金する
  5. クレイトンを購入する

残念ですが、2021年12月現在、日本国内にはクレイトンを取り扱っている取引所がなく、海外の取引所にペア通貨を送金して購入する必要があります

海外の取引所は、日本との法規制の違いや詐欺リスクが高いため、慎重に手続きしてください

国内のおすすめの仮想通貨取引所は、取扱銘柄が豊富で、500円と少額から仮想通貨を購入できるCoincheckです。

コインチェックについては「コインチェックの評判を解説」をご参照ください。

Coincheckで口座を開設する

まずCoincheckの口座を開設します。

Coincheckの公式サイトにアクセスします。

コインチェック

「会員登録」をクリックします。

Coincheck-会員登録

「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、「新規登録」をクリックします。

登録したメールアドレスに「登録メールアドレス確認のお願い」のメールが届くので、メール内のURLをクリックしてアカウントの作成を完了します。

次に各種重要事項の承諾を行います。

各種重要項目承諾

アカウント作成完了後、上記の画面が表示されるので、「各種重要事項を確認する」をクリックします。

その後、確認事項が表示されるので、目を通してチェックボックスにチェックをつけると完了です。

電話番号認証のお願い

続いて、電話認証を求めらるので、電話番号を入力して「SMSを送信する」をクリックします。

認証番号が届くので、入力して認証を完了します。

その後、氏名や性別、生年月日などの個人情報を入力します。

最後に、本人確認をします。

次の本人確認書類を利用できます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

スマホで本人確認書類を撮影するだけで、書類の郵送などは不要です。

本人確認書類提出のお願い

上記の画面が表示されるので、「本人確認書類を提出する」クリックします。

本人確認書類提出

「アプリのQRコードを表示」をクリックし、表示されたコードをスマホで読み込んでアプリをダウンロードします。

アプリを立ち上げ、その後は流れにそって本人確認書類を撮影してください。

本人確認書類を提出した数時間後に「本人確認完了のお知らせ」のメールが届くと、口座開設完了です。

日本円を入金する

次に日本円を入金します。

日本円の入金方法は「銀行振込」「コンビニ振込」「クイック入金」の3種類です。

今回は最もスタンダードな銀行振込の方法を紹介します。

日本円の入金

Coincheckのホーム画面左側の「日本円の入金」を選択します。

「銀行振込」のタブを選択すると振込先の口座が表示されるので、指定の口座に振り込むと入金完了です。

ビットコインを購入する

次にビットコイン(BTC)を入金します。

取引所によってはイーサリアム(ETH)などの一部のアルトコインでも購入できますが、流通量が多いビットコインをおすすめします。

ビットコインは「販売所形式」と「取引所形式」の2種類の方法で購入可能です。

今回はシンプルな操作でビットコインを購入できる販売所形式での購入方法を紹介します。

ビットコインー販売所購入

Coincheckのホーム画面左側の「販売所(購入)」を選択します。

購入する通貨に「BTC」を選択し、数量を入力して「購入する」をクリックすると、購入完了です。

海外の取引所にビットコインを送金する

次に、海外取引所にビットコインを送金します。

送金先の海外取引所の口座は、別途、開設方法をリサーチして事前に準備してください。

クレイトンを扱っている海外取引所はいくつかありますが、大手の取引所で日本語にも対応している「Binance(バイナンス)」がおすすめです。

ただし、海外取引所は日本の取引所に比べて安全性が低いので、口座開設する際は自己責任でお願いします

ビットコインを送る

Coincheckのホーム画面左側の「暗号資産の送金」を選択します。

送金先(海外取引所)の情報を登録し、金額を入力して「送金する」をクリックすると送金完了です。

送金先のアドレスを間違えると、送金できないだけでなく、ビットコインを失う可能性もあるため、しっかり確認してから送金してください。

クレイトンを購入する

送金が完了したら、送金先の取引所でクレイトンを購入します。

購入時の操作方法は取引所によって異なるため、別途確認してください。

今回紹介したCoincheckは、取引所を初めて利用する方にも使いやすいシンプルな作りです。

手順が理解できた方は、この機会にCoincheckの口座を開設して仮想通貨取引に挑戦してみてください

\ アプリダウンロード数No.1 /

クレイトン(Klaytn/KLAY)の注意点

損失を避けるためにもクレイトンの注意点を知っておきましょう。

クレイトンの注意点
  • 国内の取引所では購入できない
  • 購入時の送金手数料がかかる
  • クレイトンのプラットフォームは日本語対応していない

国内の取引所では購入できない

クレイトンは国内の仮想通貨取引所では購入できません

国内の取引所でビットコインを購入し、海外の取引所に送金してクレイトンを購入します。

海外取引所に日本円を入金して、クレイトンを直接購入したい方もいるかもしれませんが、法律等の関係で日本円に対応している取引所はありません。

よって、国内の取引所からビットコインを送金する必要があります。

クレイトンを購入できる海外取引所は「Binance(バイナンス)」「MEXC(エムイーエックスシー」「OKEX(オーケーイーエックス)」などがあります。

海外の取引所は、日本の取引所に比べて詐欺などのリスクが高いため、利用は自己責任でお願いします。

購入時の送金手数料がかかる

利用する取引所によっては、送金手数料がかかります

仮想通貨 手数料

主なビットコインの送金手数料は次の通りです。

Coincheck0.001BTC
DMM Bitcoin無料
bitFlyer0.0004BTC

取引する際は事前に確認しておきましょう。

なお、手数料に関しては「仮想通貨取引所の手数料を徹底比較」の記事をご覧ください。

クレイトンのプラットフォームは日本語対応していない

クレイトンのプラットフォームは日本語対応していません

対応言語は、英語、韓国語、中国語の3つです。

英語などに自信がない方は、Google翻訳などの利用をおすすめします。

クレイトン(Klaytn/KLAY)のまとめ

今回はクレイトン(Klaytn/KLAY)について解説しました。

この記事でわかること
  • クレイトンはブロックチェーンアプリの開発プラットフォーム
  • クレイトンの親会社はカカオトークで有名なkakao
  • クレイトンのガバナンスは提供している企業によって行われる
  • クレイトンはトランザクション処理が4,000TPSと速い
  • クレイトンはNFT事業に注力している
  • 国内でクレイトンを取り扱っているのはBITPOINT

国内の取引所は、取扱通貨が豊富で、少額から仮想通貨を購入できるBITPOINTがおすすめです。

無料で口座開設でき、維持費もかからないので、この機会にBITPOINTの公式サイトをチェックして取引に挑戦してみてください

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる