【仮想通貨】LooksRare/LOOKSとは?特徴や将来性・今後の見通しを徹底解説

仮想通貨の「LOOKS」をご存知でしょうか。

LOOKSは、NFTマーケットプレスの「LooksRare」が、プラットフォーム内で利用するために発行したトークンです。

LooksRareは、2022年1月にサービスを開始した直後、OpenSeaのユーザーに対してLOOKSトークンをエアドロップしたことで話題を集めています。

新興プラットフォームでありながらOpenSeaと肩を並べるほどの取引量に拡大しており、期待の高さからLOOKSの価格も好調を維持しています。

そんなLooksRare(LOOKS)について、特徴や価格動向、今後の見通し、買い方、注意点まで詳しく解説します。

この記事でわかること
  • LooksRareはNFTマーケットプレイス
  • LOOKSはLooksRareが発行するトークン
  • OpenSeaのユーザーに対してLOOKSトークンのエアドロップが実施された
  • NFTの売買時に報酬としてLOOKSを配布
  • LOOKSは国内の取引所で取扱がないため、海外取引所で購入する必要がある
  • 国内の取引所はCoincheckがおすすめ

LOOKSは国内の取引所での扱いがないため、ペア通貨を海外取引所へ送金して取引する必要があります。

送金のための取引所は、500円から仮想通貨を購入でき、取り扱っている銘柄が豊富なCoincheckがおすすめです。

無料で口座開設でき、維持費もかからないので、この機会にCoincheckの口座を開設しておきましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

LooksRare(LOOKS)とは?

LOOKS
通貨名LooksRare
シンボルLOOKS
価格(2022年1月現在)約529円
時価総額(2022年1月現在)データなし
時価総額ランキング(2022年1月現在)2830位
主な取引所Huobi Global、Hotbit、Gate.io
公式サイトLooksRareの公式サイト

LooksRareは2022年1月10日にリリースされた、NFTマーケットプレイスです。

LOOKSは、LooksRareのプラットフォーム上で利用されるトークンです。

LooksRareはサービス開始直後に、ライバルマーケットプレイスであるOpenSeaのユーザーにLOOKSトークンをエアドロップしたことで話題を集めました。

1日のNFT取引量が、OpenSeaを上回るなど、業界関係者から注目を集めています。

LOOKSの価格は、取引所への新規上場から右肩上がりで伸びており、すでに2倍の価値になっています。

LOOKSの取引を始めたい方は、ペア通貨を海外取引所へ送金して取引するために、Coincheckのような国内仮想通貨取引所で口座を開設しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LooksRare(LOOKS)の特徴

LooksRare(LOOKS)の特徴は次の5点です。

LooksRare(LOOKS)の特徴
  • NFTマーケットプレイス
  • OpenSea利用者にエアドロップ
  • NFTの売買でLOOKSを配布
  • ステーキング報酬としてLOOKSを獲得
  • ガバナンスへの参加

NFTマーケットプレイス

LooksRareはNFTを売買するためのマーケットプレイスです。

自身のNFTを販売したり、他者のNFTを購入したりできます。

LooksRareはユーザーフレンドリーなプラットフォーム運営を目指しており、ユーザーの要望をもとに機能開発を実施すると発表しています。

業界最大手のOpneSeaとの共通点が多く、イーサリアムブロックチェーン上のすべてのNFTコレクションをインデックス化し取引可能です。

OpenSeaと差別化できる点は、「手数料が安い」「NFTの取引により報酬を得られる」ことの2つです。

LooksRareの手数料は2.0%です。

OpenSeaの手数料は2.5%であるため、0.5%安く設定されています。

また、NFTを取引した際に、販売した人と購入した人の両方に、報酬としてLOOKSトークンを発行しています。

NFTを取引する上ではOpenSeaと大きな違いはありませんが、手数料や報酬面の違いから注目を集めており、リリースから1週間後には、1日のNFT取引量がOpenSeaを上回る日があるほどです。

OpenSea利用者にエアドロップ

LooksRareはOpenSeaの利用者に対して、独自トークンの「LOOKS」をエアドロップ(無料配布)しました

IOSTのエアドロップがおこなわれる

エアドロップの対象者は、2021年6月16日から2021年12月16日の間にOpenSeaで3ETH以上の取引をしているユーザーです。

今回のエアドロップのケースは、「ヴァンパイア・アタック」と呼ばれる手法で、ユーザー数の多い既存サービスの利用者に対して、トークンやインセンティブを提供することで、ユーザーや流動性を吸い取る狙いがあります。

LooksRareの場合は、OpenSeaで3ETH以上の取引をしている、つまりNFTを売買してくれそうな人を対象にLOOKSを配布することで、LooksRareの認知度を上げるだけなく、マーケットの利用者を増やすことを狙ってエアドロップを実施しています。

エアドロップの対象者は、LooksRareにOpenSeaで取引をした実績があるウォレットを接続し、申請手続きをするとLOOKSを取得できます。

NFTの売買でLOOKSを配布

LooksRareでNFTを売買すると、販売者と購入者の両方に報酬としてLOOKSが配布されます。

ただし、報酬の対象となるのは、LooksRareが定める一定の条件をクリアしたNFTコレクションのみです。

また、個人取引の場合、報酬が得られないためご注意ください。

ステーキングによりLOOKSを獲得

LOOKSをステーキングすることで、さらにLOOKSを獲得できます。

仮想通貨 ステーキング

LooksRareではUniswap(ユニスワップ)の利用を推奨しており、ステーキングにより流動性を追加することで、LOOKSを得られます。

LOOKSは取引所で購入できますが、取引高の50%以上がUniswapでの取引になっています。

ガバナンスへの参加

LOOKS保有者はLooksRareのガバナンスへの参加が可能です。

2022年1月時点では、まだガバナンスは実装されていない状況ですが、将来的に、LOOKSをガバナンストークンにすることを公表しています。

LooksRareは、コミュニティドリブンで運営することを宣言しているので、今後LooksRareに関わりたい方はLOOKSを保有しておくと良いでしょう。

ただし、LOOKSは国内取引所での取り扱いがありません

購入するためには、国内の取引所でペア通貨を購入し、海外取引所へ送金して取引する必要があります。

送金するための国内の取引所は、500円から仮想通貨を取引できるCoincheckがおすすめなので、この機会に口座開設しておきましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

LooksRare(LOOKS)の価格動向

LooksRare(LOOKS)の価格動向を見てみましょう。

引用:Tradingview

米ドルに対するLOOKSの価格チャートです。

LOOKSは2022年1月に発行されたばかりの通貨であるために、短期間のチャートのみです。

エアドロップにより、1月14日にかけて価格が上昇しています。

その後、価格上昇の反動で価格が下がっていますが、再び上昇しています。

エアドロップにより一時的に価格が上昇しても、後が続かない通貨が多い中で、再び上昇に転じているLOOKSはNFT関係者からの注目度が高いことが考えられます。

ただし、1週間程度の少ない情報であり、値幅も1.5倍程度あることから、今後の動向を注視する必要があります

LOOKSでの取引を検討している方は、ペア通貨を海外取引所へ送金して取引するために国内仮想通貨取引所最大手のCoincheckで口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LooksRare(LOOKS)の今後の見通し

LooksRare(LOOKS)の今後の見通しについて解説します。

LOOKSの価格は上昇傾向にありますが、今後の価格動向への影響として次のことが考えられます。

LooksRare(LOOKS)の将来性
  • NFTマーケットプレイスとしてのユーザー獲得
  • NFT市場の盛り上がり
  • 仮想通貨取引所への新規上場

NFTマーケットプレイスとしてのユーザー獲得

LooksRareがNFTマーケットプレイスとして、より多くのユーザーを獲得することで、LOOKSの価格上昇が期待されます。

2022年1月現在、エアドロップの施策が成功し、LooksRareの取引量やLOOKSの価格は上昇傾向です。

しかし、この状況は一時的にOpenSeaのユーザーを取り込んでいるだけの可能性もあります。

LooksRareを使ってみて、「OpenSeaの方がいい」となれば、ユーザー数が減少し、LOOKSの価格が下がるでしょう。

ユーザーを定着させ、新規ユーザーの獲得に成功すれば、LOOKSの価格上昇も期待できます。

NFT市場の盛り上がり

NFT市場が盛り上がることでLOOKSの価格上昇が考えられます

NFTとは

その理由は、LOOKSがNFT関連銘柄であり、NFTの取引によってLOOKSが発行されるためです。

2021年前半は、NFT市場の盛り上がりから、仮想通貨全体の価格上昇が見られました。

現在はNFT熱は落ち着いている状況ですが、再び盛り上がることがあればLOOKSの価格上昇が期待されます。

また、 LooksRareでの取引量が増えるほど、LOOKSの流動性も上がるため、NFT市場の影響は大きいと言えます。

仮想通貨取引所への新規上場

仮想通貨取引所への新規上場による価格上昇が期待されます。

これまでにも、新規上場により価格が高騰した事例がいくつもあります。

現在LOOKSを取り扱っている仮想通貨取引所は、Huobi GlobalやFTX、MEXCなどがありますが、まだ少ない状況です。

世界的に多くのユーザー数を持っている、BinanceやBybit、Coinbaseなどへは未上場のため、今後上場が発表されると価格が上昇する可能性があります

LOOKSは、2022年1月に発行されたばかりの歴史の浅い通貨です。

今後の価格上昇を期待して保有しておきたい方は、国内の仮想通貨取引書の口座開設から始めましょう

国内取引所は、取扱銘柄が豊富なCoincheckがおすすめなので、この機会に口座を開設して取引に挑戦してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LooksRare(LOOKS)の買い方

LooksRare(LOOKS)の詳細を知って、「購入したい」と思った方のために、LOOKSの購入方法を紹介します。

LooksRare(LOOKS)の買い方
  1. Coincheckの口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. ビットコインを購入する
  4. 海外の取引所にビットコインを送金する
  5. LOOKSを購入する

残念ですが、2022年1月現在、国内にはLOOKSを取り扱っている取引所がないため、海外取引所を利用する必要があります。

海外の取引所は、日本の取引所よりも詐欺のリスクが高いため慎重に利用してください。

国内の取引所は、500円から仮想通貨を購入でき、取扱銘柄が豊富なCoincheckをおすすめします。

Coincheckの口座を開設する

まず、Coincheckの口座を開設します。

Coincheckの公式サイトにアクセスします。

コインチェック

「会員登録」をクリックします。

Coincheck 会員登録

「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、「新規登録」をクリックします。

入力したアドレス宛に「登録メールアドレス確認のお願い」のメールが届くので、メール内のURLをクリックするとアカウント登録完了です。

次に各種重要事項の承諾を行います。

各種需要事項の確認

アカウント作成完了後、上記の画面が表示されるので、「各種重要事項を確認する」をクリックします。

その後、確認事項が表示されるので、チェックすると完了です。

電話番号認証

続いて、電話認証を求められるので、電話番号を入力して「SMSを送信する」をクリックします。

認証番号が届くので、6桁の番号を入力して認証を完了します。

その後、氏名や性別、生年月日などの個人情報を入力します。

最後に、本人確認します。

利用できる本人確認書類は次の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

本人確認書類はスマホで確認書類を撮影するのみで、郵送や電話は不要です。

本人確認書類の提出

上記の画面が表示されるので、「本人確認書類を提出する」をクリックします。

アプリのQRコードを表示

「アプリのQRコードを表示」をクリックし、QRコードをスマホのカメラで読み込んでCoincheckのアプリをダウンロードします。

ダウンロードしたアプリを立ち上げ、指示に従って本人確認書類を撮影します。

数時間後に「本人確認完了のお知らせ」のメールが届くと、口座開設が完了です。

日本円を入金する

次に日本円を入金します。

日本円の入金方法は「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3種類です。

今回は最もスタンダードな銀行振込を紹介します。

日本円の入金

Coincheckのホーム画面左側の「日本円の入金」を選択します。

「銀行振込」のタブを選択すると振込先の口座が表示されるので、指定の口座に振り込むと入金完了です。

ビットコインを購入する

次にビットコイン(BTC)を購入します。

取引所によっては、イーサリアム(ETH)などのビットコイン以外のアルトコインが対応している場合もあるため、利用する海外取引所を事前にリサーチしておきましょう。

Coincheckでは「販売所形式」と「取引所形式」の2種類の方法で購入可能です。

今回は簡単な操作でビットコインを購入できる販売所形式を紹介します。

販売所でBTCを購入

Coincheckのホーム画面左側の「販売所(購入)」を選択します。

購入する通貨に「BTC」を選択し、数量を入力して「購入する」をクリックすると、購入完了です。

海外の取引所にビットコインを送金する

次に購入したビットコインを海外取引所に送金します。

送金先の口座は、別途リサーチして事前に準備してください。

LOOKSを扱っている海外取引所は、「Huobi Global(フォビグローバル)」」FTX(エフティーエックス)」「Gate.io(ゲート)」などがあります。

また、LooksRareは、分散型取引所(DEX)のUniswap(ユニスワップ)を利用したステーキングも推奨しています。

DEXは取引所に比べて手続きが複雑なため、リサーチして利用しましょう。

海外取引所は日本の取引所に比べて安全性が低いため、口座開設する際は自己責任でお願いします

ビットコインを送る

Coincheckのホーム画面の「暗号資産の送金」を選択します。

送金先(海外取引所)のアドレスを入力し、金額を入力して「送金する」をクリックすると送金完了です。

アドレスを間違えると、送金できず、ビットコインを失う可能性もあるため、慎重に送金してください。

LOOKSを購入する

送金が完了したら、送金先の取引所でLOOKSを購入します。

購入サイトの操作手順は取引所によって異なるため、リサーチしてから取引してください。

LOOKSを取引できたら、LOOKSを購入完了です。

Coincheckは、シンプルなデザインで作られているため、初心者にも使いやすい取引所です。

取扱通貨やオリジナルサービスも豊富なので、この機会にCoincheckの口座を開設して取引に挑戦しましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

LooksRare(LOOKS)の注意点

LooksRare(LOOKS)の注意点は次の3点です。

LooksRare(LOOKS)の注意点
  • 国内の取引所では購入できない
  • LooksRareは日本語対応していない
  • 取引報酬を得られないNFTコレクションがある

国内の取引所では購入できない

LOOKSを扱っている国内の仮想通貨取引所がないため、日本円でLOOKSを購入できません

LOOKSを購入する場合は、国内の取引所でペア通貨を購入し、海外の取引所に送金して取引します。

海外の取引所に日本円を入金してLOOKSを購入したい方もいると思いますが、法律などの都合で日本円に対応していません。

よって、国内の取引所からペア通貨を送金する必要があります。

LOOKSを購入できる海外取引所は「Huobi Global(フォビグローバル)」」FTX(エフティーエックス)」「Gate.io(ゲート)」などがあります

また、分散型取引所(DEX)のUniswapでも取引可能です。

ただし、海外取引所は日本の取引所に比べて詐欺などのリスクがあるため、利用は自己責任でお願いします。

また、取引所によっては送金手数料がかかる場合もあるため、事前にリサーチしてから利用しましょう。

LooksRareは日本語対応していない

NFTマーケットプレイスのLooksRareは日本語に対応していません

LooksRareが注目度が高いNFTマーケットプレイスであると聞いて、利用してみたいと思った方もいるのではないでしょうか。

LooksRareは英語と中国語にしか対応しておらず、言語に不安がある方は使いづらいと言えます。

Google翻訳など使って利用しましょう

取引報酬を得られないNFTコレクションがある

LooksRareは、NFTの取引により、報酬としてLOOKSを得られるメリットがあります。

しかし、取引により報酬を得られるコレクションは、LooksRareが定める条件をクリアした一部のコレクションのみです。

条件を満たしているコレクションは、名前の横に青いチェックマークが付いています

条件クリアの基準としては、

  • 意図的に作られた、著名コレクションの複製や類似品でないこと
  • LooksRareの累計ボリュームが250ETH/WETH以上である
  • 著名な人や組織と関連している

を設定しており、LooksRareのスタッフが手作業で確認しています。

条件を設定している理由は、ユーザーが偽物のNFTを誤って購入しないためです。

これにより、ユーザーは安心してNFTの取引ができます。

LOOKSでの取引を検討されている方は、これらの注意点に留意しつつ、 ペア通貨を海外取引所へ送金して取引するために、Coincheckのような国内仮想通貨取引所で口座を開設しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LooksRare(LOOKS)のまとめ

今回は仮想通貨のLooksRare(LOOKS)について解説しました。

LOOKSは2022年1月に発行されたばかりの新しい銘柄であるため、今後の動向に注目しましょう。

この記事でわかること
  • LooksRareはNFTマーケットプレイス
  • LOOKSはLooksRareが発行するトークン
  • OpenSeaのユーザーに対してLOOKSトークンのエアドロップが実施された
  • NFTの売買時に報酬としてLOOKSを配布
  • LOOKSは国内の取引所で取扱がないため、海外取引所で購入する必要がある
  • 国内の取引所はCoincheckがおすすめ

LOOKSは国内の取引所での扱いがないため、ペア通貨を海外取引所へ送金して取引する必要があります。

送金のための取引所は、500円から仮想通貨を購入でき、取り扱っている銘柄が豊富なCoincheckがおすすめです。

無料で口座開設でき、維持費もかからないので、この機会にCoincheckの口座を開設しておきましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる