NFTのMeebits(ミービッツ)とは?取引方法や特徴・購入方法を徹底解説[Meebits DAO]

Meebitsとは2021年5月にサービスを提供したばかりのNFTプロジェクトで、古参のNFTであるCryptoPunksを提供したLarva Labsの新サービスということで話題を集めています。

今後、Meebitsが発展する可能性もあり、今のうちにMeebitsを取引したいと考えている方の中でも、どのようにNFTを購入したらいいかわからないという人も多いでしょう

今回は、Meebitsの特徴や購入方法について、解説していきます。

今回の記事からわかること
  • Meebitsとは、NFT(非代替性トークン)プロジェクトの1つである「Larva Labs」によって手がけられている最新のNFTプラットフォーム
  • メタバースと呼ばれる仮想空間内で3Dのキャラクターが生成され、それぞれのキャラクターについて購入・売却することが可能
  • イーサリアムの規格である「ERC721」標準で構築されているため、取引にはイーサリアムの仮想通貨が必要
  • Meebitsで生成されるアバターの種類は全20,000種で様々なレア度、見た目が存在する
  • MeebitsDAOという専用のメタバース空間が話題を集める
  • Meebitsの購入するためにはCoincheckなどの仮想通貨取引所からイーサリアムを購入する
  • Meebitsを購入する方法はマーケットプレイス方直接購入するか、Coincheck NFT(β版)で購入する
  • Meebitsの購入にはCoincheck NFT(β版)とCoincheckを活用するのが使いやすい

Meebitsの購入にはCoincheck NFT(β版)を利用するのがおすすめです。

Coincheck NFT(β版)ではCoincheck保有している通貨をそのまま利用してNFTの購入ができるため、外部ウォレットに送金する手間がかからず、簡単にMeebitsを購入することができます

coincheck NFT

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、仮想通貨に関する最新情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次

Meebits(ミービッツ)とは?

Meebitsとは、NFT(非代替性トークン)プロジェクトの1つである「Larva Labs」によって手がけられている最新のNFTプラットフォームです。

NFT(非代替性トークン)とは?
  • 代替が不可能なブロックチェーン上で発行された、唯一無二のデータのこと
  • ゲームやデジタルアート作品などのデータにブロックチェーン技術を用いることでコピーされることなく販売ができる
  • Meebitsでは1つ1つのアバターが唯一無二となっており、販売することが可能

Larva Labsは2021年5月におよそ18.5億円でクリスティーズで落札されたことでも話題となった「CryptoPunks」手がけており、話題性の多い開発元が提供しています

メタバースと呼ばれる仮想空間内で3Dのキャラクターが生成され、、髪型やファッション、アクセサリーなど様々な特徴の組み合わせで構成されるアバターをコレクトしたり売買を行うことが可能です。

Meebits(ミービッツ)の特徴

Meebitsの特徴としては、次の3つが挙げられます。

Meebitsの特徴
  • Ethereum(イーサリアム)のブロックチェーンで取引可能
  • 2万体のキャラクターがおり、メタバースやVRなどで利用できる
  • MeebitsDAOという専用メタバース空間が話題

ここからは、Meebitsの3つの特徴について、詳しく解説していきます。

Ethereum(イーサリアム)のブロックチェーンで取引可能

Meebitsは、イーサリアムの規格である「ERC721」標準で構築されているため、取引にはイーサリアムの仮想通貨が必要です。

ERC721の特徴
  • NFTの発行で頻繁に利用されるイーサリアムの規格
  • トークンの基本機能とも言える所有や転送に関わる最低限の機能が定義されており、トークンIDによってそれぞれのNFTを管理している
  • 1トークンごとに情報を記録することができる

イーサリアムの仮想通貨自体はERC20という規格が用いられていますが、ERC20ではトークンごとに情報は分かれておらずトークンIDの設定もないため、それぞれを分別することができません

したがって、ERC20では通貨のような1つ1つに分類が必要なものではなく、すべて同じ価値を持つものにしか使えないためNFTの取り扱いはERC721という規格が使われます。

また、MeebitsではERC721というイーサリアムの規格が用いられているため、取引のたびにガス代(イーサリアムの手数料)が発生します。

したがって、Meebitsを始めたい場合やそれぞれのアバターを取引する場合にはまず仮想通貨取引所からイーサリアムの通貨を購入する必要があるでしょう。

20,000体のキャラクターがおり、メタバースやVRなどで利用できる

Meebitsで生成されるアバターの種類は全20,000種で、様々な見た目のキャラクターが存在しています

特に、見た目を大きく構成するのは全7種類に分けられた種族で、次のように分類されています。

Meebitsのアバターの種別
  • DISSECTED(解剖)
  • VISITOR(来訪者)
  • SKELETON(スケルトン)
  • ROBOT(ロボット)
  • ELEPHANT(象)
  • PIG(豚)
  • HUMAN(人間)

上記の種別ごとにレア度が異なるため、よりレアな種別は高く売却することも可能です。

もっとも多い種族はHUMANで18,000以上、Meebitsに存在していますが、DISSCTEDとなるとレア度が非常に高く5体しか存在していません

したがって、よりレア度の高いアバターを入手して、市場で売買を行うことで仮想通貨を稼ぐことができます。

MeebitsDAOという専用メタバース空間が話題

Meebitsでは、MeebitsDAOという専用のメタバース空間が利用でき話題を集めています

DAOとは「Decentralized Autonomous Organization」の略で「自律分散型組織」と日本語で訳され、特定の管理者や主体を持たない分散型の組織のことを言います。

DAO

特定の管理者がいないため、組織内の階層構造もなく、構成員一人一人によって自律的に運営されているのが特徴です。

MeebitsDAOはMeebitsのアバターを利用して今後のMeebitsの活用方法や盛り上げる方法について意見交換を行う場となっています。

そのほかにも、MeebitsDAOでは次のような機能が利用できます。

MeebitsDAOの機能
  • 会員になることでDiscordサーバー内コミュニティに加入することができる
  • 毎日チェックインすることでコインを集めることができ、コインをアイテムと交換できる
  • Meebitsオーナーになると創業メンバー同士でコミュニケーションをとることができる

MeebitsDAO自体が1つの組織として存在しており、コミュニケーションを深めたり意思決定の場として機能している点を評価する声が多く、今後の運用について期待を集めています

Meebitsに将来性を感じた方は、ぜひコインチェックの公式サイトを確認しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Meebits(ミービッツ)の始め方

Meebitsの取引を始めるためには、Coincheckなどの仮想通貨取引所からイーサリアムを購入する必要があります

ここでは、Meebitsの取引を始めるために必要な、Coincheckの口座開設手順やイーサリアムの買い方について解説していきます。

①Coincheckの口座を開設する

まずは、Coincheckのホームページにアクセスを行い、口座開設の申し込み手続きを始めましょう。

最初に、メールアドレスの入力と、パスワードの設定が必要です。

メールアドレス、パスワードの入力が完了すると、入力したメールアドレス宛に口座開設確認のメールが送られてきますので案内に従い入力を行いましょう。

口座開設で行う必要があるのは次の3つです。

Coincheckの口座開設の手順
  • 電話番号認証(SMS送信)
  • 登録情報の入力、本人確認書類の提出
  • 2段階認証の設定

上記の口座開設申し込みが完了したら、Coincheckの方で入力内容・本人確認書類のチェックや口座開設の審査が行われます。

口座開設申し込みの審査は通常即日〜翌営業日で終わるため、手続きが完了するのを待ちましょう。

②Coincheckに現金を入金する

口座開設手続きが完了した後は、仮想通貨を購入するための資金をCoincheckに入金する必要があります。

Coincheckの入金方法で利用できるのは、次の3つの方法です。

Coincheckで利用できる入金方法
  • 銀行振込
    Coincheckの指定口座に振り込みを行うことで、入金を反映する。銀行所定の振り込み手数料が発生
  • コンビニ入金
    コンビニ設置端末で日本円を入金する方法で3万円未満が770円、3万円以上30万円以下が1,018円の手数料が発生する。
  • クイック入金
    パソコン・携帯電話・ATMから入金が可能なサービス。3万円未満が770 円、3万円以上~50万円未満は1,018円、50万以上の場合は入金額×0.11%+495円の手数料が発生。

利用する入金サービスによって、手数料や入金の利便さなどが異なるため、自分に合った入金方法を利用すると良いでしょう。

③イーサリアムを購入する

入金手続きが完了したら、いよいよイーサリアムの通貨を購入しましょう。

まずは、Coincheckのページにログインし、販売所取引にアクセスします。

コインチェック

販売所の画面では、Coincheckで購入することができる通貨が一覧で表示されているため、この画面でETH(イーサリアム)をクリックすることで、イーサリアムの購入ができます。

イーサリアムを選択したら、数量を入力する欄が下に表示されているため、数量を入力すると、表示された時価に基づいた購入金額の合計が表示されます

購入金額の合計がCoincheckに入金している金額内におさまっていることを確認し「購入する」を選択することでイーサリアムの購入が可能です。

イーサリアムを購入できたら、Meebitsを購入するための準備が整いましたのでいよいよMeebitsを購入してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Meebits(ミービッツ)の購入方法

Meebitsの購入をしたい場合には主に次の2つの方法が考えられます。

Meebitsの購入方法
  • Coincheck NFT(β版)で購入する(2021年11月9日から取り扱い開始)
  • Meebitsのマーケットプレイスで購入する

ここからは、それぞれの方法でのMeebitsの買い方について、詳しく解説していきます。

Coincheck NFT(β版)で購入する方法

Coincheck NFT(β版)で購入する場合には次の3つの手順が必要です。

Coincheck NFT(β版)で購入する場合の手順
  1. Coincheck NFT(β版)にアクセスし、銘柄を検索する
  2. NFTの個別画面で購入手続きを行う

それぞれの購入手順について、詳しく見ていきましょう。

①Coincheck NFT(β版)にアクセスし、銘柄を検索する

まずは、Coincheck NFT(β版)のトップページにアクセスします。

Coincheck NFT

Coincheck NFT(β版)では、それぞれのNFTが一覧で表示されているため、購入したいNFTを選択します。

また、右上のタブから「検索」を選択することで、個別のNFTを検索することが可能です。

なお、Coincheck NFT(β版)で購入する場合の必要な通貨は出品者が設定するため、必ずしもイーサリアムで購入することができるという訳ではありません。

例えば、ビットコインで出品されているNFTを購入したい場合にはビットコインが必要です。

Meebitsのマーケットプレイスの場合には、イーサリアムでしか取引ができませんが、Coincheck NFT(β版Coincheck取り扱う通貨全てでNFTの取引ができるということがメリットです。

②NFTの個別画面で購入手続きを行う

購入したいNFTを選択したら、購入手続きを行います。

購入画面では、NFTの購入金額や日本円換算した際の金額などの情報を確認することができます

Coincheck NFT(β版)で購入する際はCoincheckのウォレットから直接購入することができるため、Coincheckに購入通貨が入っていることを確認しましょう。

「購入確認」をクリックすると、購入の詳細情報が表示されるため問題なければ「購入」を選択することで、手続きが完了します。

Meebitsのマーケットプレイスで購入する方法

Meebitsのマーケットプレイスで購入する場合には次の3つの手順が必要です。

Meebitsのマーケットプレイスで購入する場合の手順
  1. Metamaskなどの外部ウォレットを用意する
  2. MeebitsとMetamaskの同期を行う
  3. 購入したいMeebitsを選ぶ

それぞれの購入手順について、詳しく見ていきましょう。

①Metamaskなどの外部ウォレットを用意

MeebitsのマーケットプレイスでNFTを購入する場合、仮想通貨取引所のウォレットから支払うことができないため、外部ウォレットが必要です。

Metamask」というイーサリアム対応の外部ウォレットをインストールしましょう。

Metamaskはブラウザの拡張機能として利用するもので、対応しているブラウザが限られています

Google Chromeだと問題なく使うことができますのでGoogle Chromeから直接インストールしましょう。

Metamaskのインストールが完了したら、「ウォレットを作成」をクリックしてウォレットを作成します。

最低8文字以上のパスワードを入力し、使用条件を読むとメタマスクのウォレット作成が完了します。

②MeebitsとMetamaskの同期

次に、先ほど作成したMetamaskのウォレットをMeebitsに連携します。

Meebitsのホームページの画面右上にある「Allow Wallet Access」をクリックすることでMetamaskへの同期が可能です。

MetamaskとMeebitsの同期を行う際には、先ほどウォレットを作成するときに設定した8文字以上のパスワードを入力する必要があります。

③購入したいMeebitsを選ぶ

Metamaskの同期が完了すると、いよいよNFTを購入することができます。

MeebitsのNFTの探し方は2種類あり、All Meebitsから一覧を表示して探す方法とMarket DataでセールされているNFTを探す方法が挙げられます。

上記のように「All Meebits」を選択するとすべてのMeebitsが一覧で表示されますので1つ1つ確認して好きなものを購入しましょう。

そのほかにも「Market Data」から「For Sale」を選択することで、売り出し中のMeebitsを一覧で表示することもできるため、活用してみましょう。

手順がわかった方は、まずはコインチェックの公式サイトをチェックしておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Meebits(ミービッツ)のよくある質問

Meebitsに関するよくある質問として、次の3つをまとめました。

Meebitsのよくある質問
  • MeebitsをCoincheck NFT(β版)で購入する場合のメリット・デメリットは?
  • Meebitsをマーケットプレイスで直接購入する場合のメリット・デメリットは?
  • Meebitsの購入に必要な仮想通貨はどこで購入するのがおすすめ?

MeebitsをCoincheck NFT(β版)で購入する場合のメリット・デメリットは?

MeebitsをCoincheck NFT(β版)で購入する場合のメリットはCoincheckで利用できる通貨全てでNFTの購入や売却が可能な点です。

Meebitsのマーケットプレイスで取引する場合には、イーサリアムの仮想通貨で購入する必要があるため、イーサリアムを購入する必要があり、イーサリアムの価格変動状況に左右されてしまいます

Coincheck NFT(β版)では様々な通貨での取引ができるため、自分が保有している通貨で購入することもできますし、売却時に草コインを設定することで草コインの投資を同時に行うことが可能です。

一方で、Coincheck NFT(β版)のデメリットはMeebitsに入庫、出庫手続きを行う必要があるため、購入したアバターを使うためには出庫の手間がかかる点です。

Meebitsをマーケットプレイスで直接購入する場合のメリット・デメリットは?

Meebitsのマーケットプレイスで直接購入するメリットは直接やりとりができて手間がかからないという点です。

また、Meebitsでは、イーサリアムの仮想通貨だけではなく、Meebits同士の交換ができるため、仮想通貨を使わなくても取引を行うことができます。

レア度の低いMeebitsを複数体提供することでレア度の高いMeebitsを手に入れることができ、一回一回売却する必要がありません。

一方で、Meebitsのマーケットプレイスで購入する場合にはMetamaskなどの外部ウォレットが必要なため、設定手続きに手間がかかる点がデメリットです。

また、仮想通貨で購入する場合にはイーサリアムが必要になるため、イーサリアムの高騰時や価格変動リスクに注意する必要があります。

Meebitsの購入に必要な仮想通貨はどこで購入するのがおすすめ?

Meebitsの取引に必要な仮想通貨を購入する場合には、Coincheckが使いやすいです。

Coincheckでは、2021年11月9日からCoincheck NFT(β版)でMeebitsを直接購入することが可能です。

Coincheck NFT(β版)では、Coincheck内で購入した通貨をそのまま取引に利用することができるため、購入した通貨をすぐに利用してNFTの購入ができます。

また、Coincheckでは取り扱い通貨数が17種類と国内仮想通貨取引所で最も多い取り扱い数となっていますので仮想通貨投資を行いたい場合にもおすすめです。

口座開設も最短即日で完了するため、Meebitsに興味のある方はCoincheckの公式サイトを一度訪れてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Meebits(ミービッツ)のまとめ

今回は、Meebitsの特徴や取引方法について、解説しました。

今回の記事のまとめ
  • Meebitsとは、NFT(非代替性トークン)プロジェクトの1つである「Larva Labs」によって手がけられている最新のNFTプラットフォーム
  • メタバースと呼ばれる仮想空間内で3Dのキャラクターが生成され、それぞれのキャラクターについて購入・売却することが可能
  • イーサリアムの規格である「ERC721」標準で構築されているため、取引にはイーサリアムの仮想通貨が必要
  • Meebitsで生成されるアバターの種類は全20,000種で様々なレア度、見た目が存在する
  • MeebitsDAOという専用のメタバース空間が話題を集める
  • Meebitsの購入するためにはCoincheckなどの仮想通貨取引所からイーサリアムを購入する
  • Meebitsを購入する方法はNFTマーケットプレイスから直接購入するか、Coincheck NFT(β版)で購入する
  • Meebitsの購入にはCoincheck NFT(β版)とCoincheckを活用するのが使いやすい

Meebitsは様々なメタバースで利用できるアバターを提供しており、利用用途が多様なことから、今後に期待が持てるNFTです。

投資目的で購入するのもおすすめですが、メタバース空間で自分をアピールするためのコレクションとして購入することもおすすめですのでCoincheck NFT(β版)を活用しながら購入してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

なお、コインチェックについては「コインチェックの評判解説」で詳しく説明されておりますので、是非あわせて確認しておきましょう。

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、仮想通貨に関する最新情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる