【仮想通貨】シティコインのマイアミコイン(MIA)とは?価格動向や購入方法・買い方を解説

日本には、法定通貨として流通されている通貨以外に、地域限定で発行されている独自通貨があることをご存知ですか?

岐阜県で流通している「さるぼぼコイン」や東京都早稲田地区で流通している「アトム通貨」などがそれにあたります。

これらの地域通貨は、地域内でおこなう金銭のやり取りを円滑化するとともに、地域経済を活性化するのに大きく役立ってきました。

そんな特徴がある地域通貨ですが、2021年に「仮想通貨」として発行されたことで話題になっています。

今回は、マイアミ市で発行されている地域通貨「マイアミコイン」の特徴について解説していきます。

この記事からわかること
  • マイアミコインとは、地域支援プロジェクト「シティコイン」によって発行されている仮想通貨
  • マイアミ市民は、マイニングをおこなうことで報酬としてマイアミコインを受け取ることができる
  • マイアミコインは、イールドファーミングをおこなうことで複数の仮想通貨を報酬として獲得可能
  • シティコインを活用する自治体が今後増えていけば、マイアミコインの価格は上昇する可能性が高い
  • マイアミコインは海外取引所で購入できるが、詐欺やハッキングのおそれがあるため注意が必要
  • 国内取引所で口座開設するならCoincheckがおすすめ

「シティコイン」の開発はまだ途上段階であるため、今後市場を拡大していく余地は充分残されています。

将来的に価格が高騰する可能性もあるので、興味のある方は関連ニュースを逐一チェックするようにしましょう。

将来性の高いマイアミコイン /シティコインが購入したい方は、まずはCoincheckで口座開設してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

マイアミコイン/シティコインとは

マイアミコイン 公式サイト
通貨名MiamiCoin(マイアミコイン)
シンボルMIA
価格(2021年11月現在)0.020ドル
時価総額(2021年11月現在)38,765,278ドル
市場ランキング(2021年11月現在)3334位
おもな国内取引所なし
公式サイトマイアミコインの公式サイト

マイアミコインは、自治体独自の仮想通貨を発行するプロジェクト「シティコイン」で発行されている仮想通貨。

マイアミコインはアメリカ合衆国のマイアミ市で主に流通し、マイアミ市民はマイニングをすることで通貨を獲得することができます。

2021年8月にはアメリカの仮想通貨取引所「OKcoin」にも上場した、今乗りに乗っている仮想通貨の中の一つです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

マイアミコイン/シティコインの特徴

ここでは、マイアミコインの仮想通貨としての特徴をかんたんに解説していきます。

マイアミコインに仮想通貨としての将来性を感じたら、価格が高騰する前に早めに取引所で購入手続きをおこなうようにしてください。

マイアミコインの特徴3つ
  • 「都市のコイン発行」を目指すプロジェクトの一環
  • 市民はマイニングをおこなうことで仮想通貨を獲得できる
  • ステーキングにより仮想通貨可能な「イールドファーミング」にも対応

「都市のコイン発行」を目指すプロジェクトの一環

マイアミコインは、都市のコイン発行を目指す「シティコイン」プロジェクトの第一弾として発行がスタートした仮想通貨です。

マイアミコインはアメリカ合衆国のマイアミ市内でおもに流通し、マイニング報酬の30%がマイアミ市のアカウントに充当されると発表しています。

マイアミコインの知名度が上がれば上がるだけ、市民はマイニングを進んで行うようになり、その結果マイアミ市はより多くのマイニング報酬を獲得できる、という一石二鳥のシステムですね。

ちなみに、シティコインプロジェクトは現在、プロジェクトの第二弾として「ニューヨークシティコイン」、第三弾として「オースティンコイン」を発行予定です。

市民はマイニングをおこなうことで仮想通貨を獲得できる

マイアミコインは、ビットコインなど一般的な仮想通貨同様にブロックチェーン上で発行されており、マイニングをおこなうことで仮想通貨を新規発行しています。

マイニングとは?

ユーザーのコンピュータを用いて、ブロックチェーン上に新たなブロックを生成すること。

新たなブロックを生成できたユーザーは報酬として仮想通貨を受け取ることができます。

ブロックの生成には非常に複雑な演算を処理するコンピュータが必要なため、ビットコインなどの主要通貨のマイニングでは儲けが出ない場合もあるため、注意が必要です。

マイニングとは

マイアミコインのマイニングは、マイアミ市民のみがおこなうことができる「特権」で、マイニング報酬の70%をマイナーは獲得します。

ステーキング報酬として仮想通貨をもらえる「イールドファーミング」にも対応

マイアミコインは、マイニングや取引所での売買以外に、仮想通貨を一定期間預ける(ステーキング)ことで報酬を獲得できる「イールドファーミング」にも挑戦することができます。

イールドファーミングとは?

仮想通貨を取り扱っているDeFiアプリケーションに保有している仮想通貨を一定期間預け入れることで、金利や手数料を獲得できるサービス。

通常の金融商品にくらべて利回りが高く、保有している仮想通貨を失うリスクがないため、価格変動が激しい仮想通貨投資において比較的安定している投資方法と言えるでしょう。

イールドファーミングとは

マイアミコインは開発されてまだ間もない通貨のため、今後のサービス拡充に大きな期待ができますね。

\ アプリダウンロード数No.1 /

マイアミコインの価格動向

地域支援プロジェクト「シティコイン」の走りとして発行されているマイアミコイン。

この項では、マイアミコインの価格動向をチャート図を用いて確認し、マイアミコインのベストな購入タイミングを探っていきます。

マイアミコイン 価格動向
Trading View

マイアミコインは、2021年8月にアメリカ合衆国の仮想通貨取引所「OKcoin」に初上場を果たしました。

上場直後は相場への期待感から大きく価格が変動していますが、10月を境に落ち着き、現在は0.02ドルから0.03ドルのレンジを行き来しています。

11月10日にはシティコインの新規プロジェクト「ニューヨークシティコイン」がマイニングを開始しており、先輩通貨であるマイアミコインにも再び注目が集まっています。

なお、仮想通貨投資を始めるなら、国内最多の取り扱い銘柄数を誇るコインチェックがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

マイアミコイン/シティコインの今後の見通し

この項では、マイアミコインの今後の見通しについて3つの見出しから考察していきます。

マイアミコイン/シティコインの今後の見通し
  • シティコインプロジェクトの発展
  • 各種取引所への新規上場
  • オープンソースソフトウェアを活用した新たな利用方法の開発

シティコインは、プロジェクトがまだ発展途上であることから、今後の価格変動は読めない部分が多いです。

しかし、マイアミコインは行政がバックについているため、すぐに企画が頓挫してしまうようなことはないと考えて良いでしょう。

シティコインプロジェクトの発展

マイアミコインは、仮想通貨版の地域通貨発行プロジェクト「シティコイン」ではじめて発行された通貨であるため、当たり前ですが前例がありません。

そして、仮想通貨は「国境の障壁をなくす」目的で発行されていることから、マイアミコインはこの流れに逆行しているようにも見受けられます。

ただ、アメリカ国内ではこの動きは好意的に取られているようで、実際に、マイアミコインはローンチから1週間で1億円以上の収益をマイアミ市にもたらしています。

シティコインプロジェクトも11月にニューヨークシティコイン、オースティンコインなど複数の仮想通貨を発行予定としているので、今後流れがどちらに転ぶのか、もう少し様子をみても良いかもしれませんね。

各種取引所への新規上場

流通量の少ないアルトコインは、大手仮想通貨取引所に上場した際に価格が高騰することが多いです。

マイアミコインの場合、取り扱いのある取引所はOKcoinのみで、大手取引所であるBINANCEやCoinbaseには未上場となっています。

アメリカでは頻繁に話題になっている銘柄なので、新たな仮想通貨取引所に上場を果たす日もそう遠くないかもしれませんね。

オープンソースソフトウェアを活用した新たな利用方法の開発

マイアミコインはビットコインと同じくオープンソースで開発がおこなわれており、コンピュータを所有している人なら誰でもマイアミコインのブロックチェーンを編集して利用することができます。

知名度が上昇していけば、それだけ開発に携わる人数も増加していくため、上手に事が運べばとてつもないスピードでマイアミコインのサービスが発展していくかもしれません。

現在はイールドファーミング程度しか主だったサービスのないマイアミコインですが、新たなサービス開発の進捗状況は細かくチェックしておくと良いでしょう。

マイアミコイン/シティコインが気になる方は、まず国内取引所のCoincheckで口座開設してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

マイアミコインの買い方

ここまでは、マイアミコインの特徴について詳細な解説をしてきました。

マイアミコインに興味が湧いた方は、早速購入手続きをおこないましょう。

しかし、国内にある仮想通貨取引所ではマイアミコインの取り扱いはなく、今すぐマイアミコインを購入したい場合は海外の取引所で売買をする必要があります。

マイアミコインの購入方法
  • 国内の仮想通貨取引所に口座を開設し、仮想通貨を購入
  • 購入した仮想通貨を海外の仮想通貨取引所に送金
  • 海外取引所でマイアミコインを購入

海外の仮想通貨取引所は法規制や詐欺などのリスクが高いため、どうしても取引をしたい場合は慎重に手続きをおこなうようにしてください。

国内の仮想通貨取引所に口座を開設し、仮想通貨を購入

海外の仮想通貨取引所では、日本「円」でマイアミコインを購入することができません。

そこで、海外の仮想通貨取引所で使用可能な「通貨」として、まずは国内の仮想通貨取引所で口座開設をおこない、ビットコインやイーサリアムのようなメジャー通貨を購入しましょう。

おすすめの国内取引所は、国内ダウンロード数No.1のCoincheckです。

コインチェック
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(16銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判
Coincheckのおすすめポイント

少額から投資できる

Coincheckでは取り扱いのある17種類の銘柄に対して、500円という少額から投資することが可能です。

そのため、投資初心者や資金が少ない方でも気軽に仮想通貨投資にトライできます。

貸仮想通貨でインカムゲインを得られる

仮想通貨には基本的に、株の配当やFXのスワップポイントのようなインカムゲインを得る仕組みがありません。

しかしCoincheckの貸仮想通貨なら、自身で管理している仮想通貨をCoincheckに貸し出すことで賃借料を得ることが可能です。

また、その利回りは最大5%(1年あたり)と、とても魅力的な数値になっているので、仮想通貨を長期にわたって保有する予定であれば、Coincheckの貸仮想通貨サービスを使わない手はありませんね。

\ アプリダウンロード数No.1 /

購入した仮想通貨を海外の仮想通貨取引所に送金

海外取引所への送金

国内取引所で仮想通貨を購入したら、マイアミコインを購入できる海外取引所に送金しましょう。

ここで、マイアミコインを取り扱っているおもな海外取引所についてまとめました。

マイアミコインの取り扱いのある海外取引所
  • OKCoin

海外の仮想通貨取引所は、本人確認書類の提出が必要ないなど国内取引所と比較すると手続きが少ないです。

口座開設が簡単である反面、取引時のリスクも高いので、もし取引をしたいのであれば慎重に手続きを進めるようにしてください。

海外取引所でマイアミコインを購入

海外取引所への仮想通貨の送金が完了したら、最後にマイアミコインを購入して取引は完了となります。

繰り返しになりますが、海外の仮想通貨取引所は詐欺のリスクや法規制の問題から、当記事では口座開設や取引をおすすめしていません。

もし、海外取引所を利用するのであれば、必ず「自己責任」でおこなうようにしてください。

マイアミコインを購入したい方は、まずは国内取引所のCoincheckで口座開設してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

マイアミコイン/シティコインのよくある質問

ここでは、マイアミコインに関してネット上で良く見かける質問とその回答について紹介します。

マイアミコインをこれから購入する方は、ぜひ先に目を通すようにしてください。

マイアミコインのよくある質問
  • シティコインのニュースで出てくる仮想通貨「スタックス(STX)」とは?
  • 海外取引所を利用するリスクは?
  • 仮想通貨で得た収益に税金は発生するの?

シティコインのニュースで出てくる仮想通貨「スタックス(STX)」とは?

通貨名Stacks(スタックス・ブロックスタック)
シンボルSTX
価格(2021年11月現在)2.24ドル
時価総額(2021年11月現在)2,355,715,293ドル
市場ランキング(2021年11月現在)77位
おもな国内取引所なし
公式サイトスタックスの公式サイト

スタックスは、ビットコインにスマートコントラクト機能を実装する目的で開発された仮想通貨です。

人材派遣サービスで有名なリクルート社が2019年にスタックスに対して投資をおこなっており、巷では少し話題になりました。

時価総額ランキングで1位を独創しているビットコインとセットで利用するという特徴を持っているため、仮想通貨としての価値は比較的安定していると考えられています。

マイアミコインに興味のある方は、スタックスも併せて購入してみてはいかがですか。

海外取引所を利用するリスクは?

マイアミコインは2021年現在、国内の主要取引所での取り扱いはありません。

海外の仮想通貨取引所には複数上場しており、国内取引所を通じてマイアミコインを保有することはできますが、当サイトでは以下の理由により海外取引所を介した仮想通貨の売買をおすすめしていません。

海外取引所で仮想通貨を売買する際のリスク
  • 日本の金融庁の許認可を受けていない
  • ハッキングなどの不正行為が発生するおそれがある
  • 「詐欺コイン」が出回っている

マイアミコインが数年後、国内取引所に新規上場する可能性はじゅうぶんに考えられるので、リスクを考慮したうえで投資のタイミングを検討するようにしてください。

仮想通貨で得た収益に税金は発生するの?

仮想通貨の売却益は、「雑所得」として課税対象になります。

雑所得は、合計で20万円を超えると税務署で確定申告が必要になるため、投資金額が高額の方は特に注意が必要です。

なお、仮想通貨のマイニングで得た報酬や仮想通貨同士を取り引きした際にも雑所得は発生します。

\ アプリダウンロード数No.1 /

マイアミコイン/シティコインまとめ

今回は、アメリカの水面下で話題になっている仮想通貨「マイアミコイン」について紹介しました。

今回のまとめ
  • マイアミコインとは、地域支援プロジェクト「シティコイン」によって発行されている仮想通貨
  • マイアミ市民は、マイニングをおこなうことで報酬としてマイアミコインを受け取ることができる
  • マイアミコインは、イールドファーミングをおこなうことで複数の仮想通貨を報酬として獲得可能
  • シティコインを活用する自治体が今後増えていけば、マイアミコインの価格は上昇する可能性が高い
  • マイアミコインは海外取引所で購入できるが、詐欺やハッキングのおそれがあるため注意が必要
  • 国内取引所で高阪視閲するにはCoincheckがおすすめ

「シティコイン」の開発はまだ途上段階であるため、今後市場を拡大していく余地は充分残されています。

将来的に価格が高騰する可能性もあるので、興味のある方は関連ニュースを逐一チェックするようにしましょう。

購入するための仮想通貨を手に入れるために、まず国内仮想通貨取引所のCoincheckで口座開設解説してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる