仮想通貨NEXO(ネクソ)とは?レンディングの仕組みや安全性を徹底解説

仮想通貨投資では売却益によって利益を得る方が多いでしょう。

たしかに仮想通貨は値動きが激しい金融商品であるため、1日だけで10%以上の利益を得られることも珍しくありません。

しかし、値動きが激しいがゆえに突然価格が下落する可能性もあるため、常にチャートに気を配る必要があります。

時間の確保ができない人にとってはリスクがともないますし、値動きによる心労も計り知れません。

そこで、仮想通貨による安定した収入を得るために、「NEXO」のレンディングプラットフォームの利用がおすすめです。

NEXOのレンディングプラットフォームでは仮想通貨を預け入れるだけで、最大年利20%の金利収入を確保できるようになります。

今回はそんなNEXOについて以下のポイントを中心に紹介します。

この記事のポイント
  • NEXOは仮想通貨のレンディングプラットフォームであること
  • Nexoトークンを保有することで、NEXOプラットフォーム内の機能が有利に利用できること
  • DeFi分野の盛り上がりとともに価格をあげてきていること
  • NexoCardの利用で最大2%のビットコインかNexoトークンのキャッシュバックがもらえること
  • Nexoトークンを購入するためにはDMM Bitcoinなどの国内取引所を経由したうえで、海外取引所を利用する必要があること

NexoトークンはNEXOのレンディングプラットフォームをお得に利用するために欠かせない仮想通貨です。

ガバナンス機能も持ち合わせている仮想通貨ですので、NEXOプラットフォームの将来を決定づけたい方も保有しておいた方がよいでしょう。

ただし、Nexoトークンを保有するためには海外取引所を利用しなくてはいけません。

海外取引所を利用するためには国内取引所であらかじめ仮想通貨を購入しておき、購入した仮想通貨を海外取引所に送金する必要があります。

そこで、国内取引を利用する際には​​DMM Bitcoinを利用するのがおすすめです。

DMM Bitcoin基本の取引手数料が無料ですので、お得に仮想通貨を購入できます。

取引開始までに最短1時間しかかかりませんので、この機会に口座を開設しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

目次

NEXOとは?

Nexo
引用元:https://nexo.io/ja/token
仮想通貨名Nexoトークン
ティッカーシンボルNEXO
価格(2022年2月時点)239.91円
時価総額(2022年2月時点)134,488,345,125円
時価総額ランキング(2022年2月時点)82位
購入可能な取引所・Huobi Global
・FTX
・Bitfinex
など
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事仮想通貨取引所ランキング

NEXOは仮想通貨のレンディングプラットフォームです。

レンディングプラットフォームとは?
  • 仮想通貨を預け入れるだけで、金利収入を受け取れる仕組みを提供するプラットフォーム
  • 他のユーザーに直接貸し出す形式のプラットフォームもあるが、プラットフォームをまたいだレンディングが一般的

2018年にローンチされたNEXOのプロジェクトは「金融の未来を今、創る」というミッションを掲げて誕生しました。

フィンテック分野に長年勤めてきたノウハウを活かして活動しているNEXOは、すでにユーザー数が3,500万人を超える巨大プラットフォームです。

3,500万人以上のユーザーがいる巨大プラットフォームに成長した理由は、NEXOの最大金利が20.0%もある点が関係しているでしょう。

預け入れるだけで金利収入が発生しますので、それほど手間がかからずに仮想通貨が増えていきます。

特にNEXOのようなレンディングプラットフォームを提供しているDeFi市場は、2020年末あたりから急激に流行し始めて、今や仮想通貨には欠かせない存在となりました。

手間がかからずに仮想通貨を増やせるレンディングサービスは、今後も一定以上の需要が見込まれるため、NEXOのプロジェクトも安定したパフォーマンスが期待できるでしょう。

NEXOに興味がある方は、この機会にDMM Bitcoinで口座を開設しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

NEXOの特徴

NEXOの特徴は以下の通りです。

NEXOの特徴について
  • 年利最大20.0%のレンディングプラットフォーム
  • NEXOを保持することでプラットフォームの利用が有利になる
  • 万全のセキュリティ体制

年利最大20.0%のレンディングプラットフォーム

利益を得る
引用元:https://nexo.io/ja

NEXOの最大の特徴は最大年利が20.0%であることです。

ただ預け入れるだけで金利収入を受け取れますので、現物投資ばかりで眠っている仮想通貨がある方にはおすすめの資産運用方法といえます。

NEXOのプラットフォームに預け入れられる仮想通貨の一例は以下の通りです。

NEXOのプラットフォームを利用できる仮想通貨の一例獲得できる年利(%)
ビットコイン(BTC)8.0%
イーサリアム(ETH)8.0%
ポリゴン(MATIC)16.0%
ソラナ(SOL)8.0%
アバランチ(AVAX)12.0%
テザー(USDT)12.0%

仮想通貨の王様「ビットコイン」から、近年話題のWeb3.0銘柄「アバランチ 」などの銘柄を預け入れられます。

どのプラットフォームの機能も利用していない眠っているだけの銘柄であれば、NEXOのレンディングサービスを利用してみるのも面白いでしょう。

Nexoトークンを保持することでプラットフォームの利用が有利になる

NEXOではネイティブトークンとして「Nexoトークン」が発行されています。

NEXOのプラットフォームをお得に利用するのであれば、Nexoトークンの存在は欠かせません

Nexoトークンを保有することで、レンディングサービスの年利が最大50.0%にまで上昇します。

対象の仮想通貨は限られますが、100万円分の仮想通貨を預けていれば1年間で50万円分の資産が増えるということです。

年利報酬が増えるだけでもかなりお得ですが、それ以外にもNexoトークンを保有しているだけで以下の恩恵を受けられます。

Nexoトークンの保有メリット
  • 借入サービスの適用金利が0%〜
  • 最大5回まで仮想通貨の引き出しが無料
  • Nexo Exchange上での仮想通貨購入・スワップ利用で、最大0.5%のキャッシュバック

ただし、最大の恩恵を受けるためにはNEXOプラットフォームの「プラチナクラス」になる必要があります。

プラチナクラスになるためには、Nexoトークンが最低でもポートフォリオ内の10.0%以上構成しなければいけません。

万全のセキュリティ体制

究極のセキュリティ
引用元:https://nexo.io/ja/security

「デジタル資産に究極のセキュリティ」と謳っているNEXOは、顧客の資産の安全を約束するために万全なセキュリティ体制のもと運営しています。

特に保管業務と法令遵守には注力していて、各分野のトップ企業と提携しているのが特徴的です。

NEXOと提携している企業は以下の通りです。

NEXOと提携している企業名特徴
BitGoデジタル資産の保管会社として初めて公認された会社
アマゾンウェブサービスアメリカのテック企業「Amazon」が運営しているクラウドコンピューティングサービスを提供している会社
BakktNEXOのビットコインとイーサリアムを管理している会社

上記に記載されている企業はあくまでも一例です。

公式サイトに記載されている情報によると、上記の会社を含めて12社のセキュリティ会社と提携しています。

数多くの企業と提携したセキュリティ管理によって、ユーザーは安心してサービスを利用可能です。

また、仮想通貨などのデジタル資産の保護のために3億7,500万ドルの保険を用意している点も評価できます。

Nexoトークンの取引を検討されている方は、交換元の通貨を手に入れるために、まずはDMM Bitcoinで口座を開設しましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

NEXOの価格動向

ここまでNEXOの機能を紹介しました。

ここからは直近の価格動向を確認したうえで、今後の価格動向を確認します。

NEXOの価格動向について
  • NEXOの直近2ヵ月の価格動向について
  • NEXOの直近1年の価格動向について

NEXOの直近2ヵ月の価格動向について

まずはNexoトークンのテザー建ての価格動向を見てみましょう。

NEXOの直近2ヵ月の価格動向について
引用元:Trading View

2022年2月時点で直近2ヵ月の価格動向は、1.5ドル〜2.4ドルのボックス相場といったところでしょう。

ボックス相場とは?

相場にトレンドがなく、今後の価格動向が不明確な状態

年始から続いていた仮想通貨の下落トレンドも1月末に収まり、価格が上向きになってきたところです。

今後も短期の移動平均線が上向きであれば、上昇トレンドに移行する可能性もあります。

直近2ヵ月では買いの取引量もそれほど多くないので、直近の高値の更新を止める要素は少ないはずです。

今後の仮想通貨の相場次第では、右肩上がりのトレンドが続くかもしれません。

NEXOの直近1年の価格動向について

Nexoトークンの直近1年間の価格動向は以下の通りです。

NEXOの直近1年の価格動向について
引用元:Trading View

2020年あたりから巻き起こった DeFiブームに合わせて、レンディングプラットフォームのトークンであるNexoトークンも価格を上昇させてきました。

特に2021年はNexoトークン自体の動きも活発で、2021年の1年間だけで以下のような活動をおこなっています。

2021年のNexoトークンのイベント
  • NEXO ExchangeでのNEXOペア発行
  • 初めてのガバナンス投票
  • 日払い利息の追加
  • Bitfinexに上場
    など

このようにNexoトークンを盛り上げるような情報が目白押しであったにもかかわらず、2021年5月を目処に一度暴落しています。

原因としてはビットコインの価格下落に引っ張られた形です。

しかし、長いボックス相場抜けて11月付近で価格が上昇トレンドに転じていますので、今後もロードマップの更新がおこなわれ続ければ上昇トレンドが長く続くこともありえます

ただし、懸念点としては価格の振れ幅を予想する「ボリンジャーバンド」のプラスラインに直近の価格がタッチしてしまっています。

そのため、もしかするとボリンジャーバンド内に収束するような値動きを見せるかもしれません。

いずれにせよ過去に4ドル台を記録している価値がある仮想通貨としてみれば、2ドル台で価格推移している今のうちに購入しておくのも1つの手段でしょう。

まずは、交換元の通貨を手に入れるために、DMM Bitcoinで口座を開設しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

NEXOの今後の見通し

今後Nexoトークンの価値を左右する特徴は以下の通りです。

NEXOの今後の見通しについて
  • NEXOの買い戻しがおこなわれる
  • NexoCardの存在
  • さらなる仮想通貨に対応する必要性も

Nexoトークンの買い戻しがおこなわれる

Nexoトークンの買い戻しがおこなわれる
引用元:https://nexo.io/ja/token

NEXOはNexoトークンの買い戻しを定期的におこなっています。

トークンの買い戻しがおこなわれることによって、市場に流通する通貨の枚数が少なくなり、通貨の希少価値が高まります

2022年2月現在でNexoトークンでおこなわれている買い戻しは、1億ドル規模の買い戻しプロジェクトです。

同月時点での買い戻し額は、3,950万ドルにも及びます。

今後も順調にNexoトークンの買い戻しがおこなわれるようであれば、買い戻しが進むにつれて価値も向上していくでしょう。

NexoCardの存在

NEXOでは支払い機能を持ったカードの「NexoCard」が利用可能です。

全国で4,000万以上の同盟店で利用でき、使う場所の現地通貨での支払いに対応しています。

支払う際には既存のクレジットカードと同じような感覚で利用し、支払う金額はNEXOアカウントの利用残高から差し引かれます。

そして、NexoCardを利用する最大の特徴はすべての取引で、最大2.0%のキャッシュバックを受け取れる可能性があることです。

キャッシュバックの受け取りはビットコインかNexoトークンのどちらかを選べます。

普段の買い物でお得に仮想通貨を貯めたい方には、おすすめのサービスといえるでしょう。

さらなる仮想通貨に対応する必要性も

NEXOの最大の魅力はレンディングできることです。

2022年2月時点でビットコインやアルトコイン、ステーブルコインなどを含めて30種類のレンディングサービスを展開しています。

メジャーな通貨であればほとんどの銘柄がレンディングサービスを利用できますので、仮想通貨中級者までの方であればそれほど困ることはありません。

しかし、仮想通貨市場に流通している仮想通貨の種類は、「CoinMarketCap」の時価総額ランキングに掲載されている仮想通貨の銘柄数だけでも1,000種類以上にのぼります。

そのため、NEXOでレンディングサービスを利用できる銘柄は、すべての仮想通貨の内ほんの一握りでしかありません

仮想通貨投資の上級者であればニッチな銘柄を持っていることも珍しくありませんので、NEXOのレンディングサービスの恩恵を受けられない銘柄を保持している方も多くいるでしょう。

今後NEXOがさらに認知されていくためには、上級者でも利用できるようなレンディングサービスを提供していく必要があります。

NEXOトークンの取引を検討されている方は、今後の見通しに注目しつつ、DMM Bitcoinで口座を開設して取引の準備を進めましょう

\ もれなく2000円プレゼント中! /

NEXOの買い方/投資方法

Nexoトークンを購入するためには海外取引所を利用する必要があります。

海外取引所でNexoトークンを購入するためには、国内取引所であらかじめ仮想通貨を購入しておき、購入した仮想通貨を海外取引所に送金しなければいけません。

そこで、国内取引所を利用する際には最短1時間で登録が完了する「DMM Bitcoin」の利用がおすすめです。

そのため、ここではDMM Bitcoinを経由してから海外取引所でNexoトークンを購入する方法を紹介します。

NEXOの買い方について
  1. DMM Bitcoinに登録する
  2. DMM Bitcoinで仮想通貨を購入
  3. 購入した仮想通貨を海外取引所へ送金
  4. 海外取引所でNexoトークンの購入

DMM Bitcoinに登録する

まずはDMM Bitcoinの公式サイトにアクセスしてください。

dmmbitcoin
引用元:https://bitcoin.dmm.com/

以上のような公式サイトにアクセスできたら、右上にある青いボタン「口座開設」をクリックしてください。

すると、以下のような画面に移行します。

メアド登録
引用元:https://bitcoin.dmm.com/signup/email

画面が移行しましたら、メールアドレスの登録から始めます。

メールが確認できるメールアドレスを入力して、DMM Bitcoinからのメールを確認してください。

次にパスワードの設定に移りますので、第三者からわかりにくいようなパスワードを設定します。

パスワードまで登録できたら仮登録は完了です。

そのまま「マイページにログイン」をクリックして、本登録も済ませてしまいましょう。

本登録では個人情報の入力に加えて、本人確認書類のアップロードが必要です。

DMM Bitcoinで利用できる本人確認書類は以下の通りですので、事前に用意しておくとスムーズに登録が進みます。

顔写真付き証明写真(1点のアップロードで可)顔写真なし証明写真(2点のアップロードが必要)
・免許証
・パスポート
・住民台帳基本カード
・在留カード
・保険証
・住民票の写し
・年金手帳
・印鑑登録証明証

以上の書類のアップロードが完了したら、携帯番号の認証を確認すればあとは待つのみです。

書類に不備がなければ、登録後3日程度でDMM Bitcoinから自宅にハガキが届きます。

ハガキに記載されている認証コードを入力して、取引をおこなうようにしてください。

DMM Bitcoinで仮想通貨を購入

DMM Bitcoinにログインできたら、仮想通貨を購入してください。

まずはマイページに表示されている暗号資産パネルをクリックします。

すると、対象通貨の画面に移行しますので、「購入」ボタンをクリックしてください。

金額と指定数量を入力すれば問題なく購入できます。

購入した仮想通貨を海外取引所へ送金

海外取引所への送金

購入した仮想通貨を送金するためには、マイページのメニューにある「出金」をクリックします。

出金用ページが表示されますので、海外取引所口座のアドレスを入力すれば出金可能です。

海外取引所でNexoトークンの購入

海外取引所の口座に入金が確認できましたら、Nexoトークンを購入してください。

海外取引所にはNexoトークン以外にもさまざまな仮想通貨が用意されています。

海外取引所の危険性を認識したうえで、利用する際は自己責任で行いましょう。

NEXOトークンの購入手順が分かった方は、この機会にDMM Bitcoinで口座を開設しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

NEXOの注意点

Nexoトークンの注意点は以下の通りです。

NEXOの注意点
  • レンディングサービスとしては対象銘柄が少ない
  • 借入も利用できるがほどほどにした方が良い
  • Nexoトークンの恩恵を最大に受けるためには保有量を増やす必要がある

レンディングサービスとしては対象銘柄が少ない

NEXOのレンディングサービスは30種類にしか対応していません。

国内取引所のレンディングサービスよりは数多くの銘柄に対応していますが、海外取引所のレンディングサービスと比べると見劣りしてしまいます。

海外取引所を利用している方は、わざわざNEXOのプラットフォームを必要としていない可能性があることは注意してください。

借入も利用できるがほどほどにした方が良い

NEXOでは借入も利用可能です。

プラチナクラスであれば最低年利0%から利用できるものの、Nexoトークンを保有していないベーシッククラスの方は12.9%の年利が適用されてしまいます。

利息が積み重なった金額を返済するのは大変ですので、利用する際には計画的に利用するようにしてください。

Nexoトークンの恩恵を最大に受けるためには保有量を増やす必要がある

Nexoトークンの恩恵を最大に受けるためには、プラチナクラスになる必要があります。

プラチナクラスになるためには、ポートフォリオ残高の10%以上をNexoトークンで構成する必要があります。

ポートフォリオの資金が増えれば増えるほどNexoトークンを保有しなければいけないため、大口の投資家には不利になってしまうでしょう。

NEXOトークンの取引を検討されている方は、上記の点に注意しつつ、交換元通貨を手に入れるために、まずはDMM Bitcoinで口座を開設しましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

NEXOのまとめ

ここまでNEXOについて以下のポイントを中心に紹介しました。

この記事のまとめ
  • NEXOは最大年利20%の仮想通貨レンディングプラットフォームであること
  • Nexoトークンの保有量に応じて、NEXOのプラットフォームで受けられる恩恵が変わること
  • Nexoトークンの買い戻しによって価値の上昇が期待できること
  • Nexoトークンを購入するためにはDMM Bitcoinなどの国内取引所を経由する必要があること

NEXOは仮想通貨のレンディングプラットフォームとして、運用資産金額が120億ドル以上もあります。

強固なセキュリティのもと堅実な運営をしているからこそ、120億ドルもの資金が集まるのでしょう。

そんなNEXOのプラットフォームを有利に利用するためには、Nexoトークンを購入する必要があります。

Nexoトークンを購入するためには、国内取引所を経由しなくてはいけません。

そこで、国内取引所を利用する際にはDMM Bitcoinの利用がおすすめです。

DMM Bitcoinは取引手数料が無料ですので、取引の際の手数料を気にしなくても問題ありません。

普段の取引にも利用しやすい国内取引所でもありますので、この機会にDMM Bitcoinの口座を開設しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

目次
閉じる