ファッション・アパレルのNFTとは?特徴・魅力や購入方法を徹底解説

近年、仮想通貨市場でNFTが一大ブームとなっていますが、NFTはデジタルなコンテンツだけでなく、元来アナログな存在であるファッションアイテムともつながりを強めています。

そこで今回は、ファッションにNFTを活用した事例やそのNFTの購入方法などを紹介していきます。

この記事の要点
  • ファッション関連のアイテムは、ゲームやデジタルアートから一歩遅れてNFTへの参入が進められている
  • アナログとデジタルの両方から、ユースケースが模索されている
  • NFTマーケットプレイス大手のOpenSeaやRaribleで、ファッション関連のNFTがすでに取引されている
  • Coincheck NFTも、ファッショブランドと共同でNFTの作成・販売を予定している
  • Coincheck NFTを利用するなら、Coincheckで口座を開設しよう

NFTマーケットプレイスでNFTを取引するときに、多くの場合は仮想通貨が必要になります

仮想通貨の購入・送金のために国内仮想通貨取引所に口座を開設しておくと良いでしょう。

コインチェック

おすすめは取引ツールが仮想通貨アプリで国内No.1のダウンロード数を誇るCoincheckです。

まだ口座をお持ちでない方はこの機会にCoincheck公式サイトから口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式ラインではNFTなど暗号資産に関する情報を随時配信中。

この機会にぜひ友達登録をしてみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次

ファッション/アパレルにおけるNFT

まずNFT(非代替性トークン)とは、ブロックチェーン技術を用いてつくられたコピーや改ざんができないデジタルデータのことです。

またデジタルな台帳が付くので、保有者が所有権を示したり、いつ誰がそれを発行したかわかったりするようになっています。

近年、ゲームアイテムやデジタルアートのNFT化が進んでいますが、2021年に入りそれらとは一歩遅れてファッション/アパレルの分野でもNFTのコンテンツが登場してきており、特にGucci(グッチ)やBapeといったメジャーブランドのNFT参入は高い注目を集めています。

ただ、ファッション/アパレルのNFTはまだまだ初期段階であり、販売されているアイテムの数はゲームやアートと比べると少なく、ユースケースも模索が続いている状況です。

NFTをファッションに活用するメリットや面白さ

ファッションとNFTは相性が良いと見られており、ファッション関連のNFTには次のようなメリットや面白さがあります。

NFTをファッションに活用するメリット・面白さ
  • ファッションアイテムに、デジタル・アナログ問わず希少価値を付与できる
  • VRメタバースやARの楽しみ方の一つになり得る
  • デジタルデータの二次販売ができる

詳しく説明して行きます。

ファッションアイテムに、デジタル・アナログ問わず希少価値を付与できる

NFTは、ブロックチェーン技術を用いてデジタルデータに唯一性や希少性を持たせることができます。

また唯一性や希少性を持たせられるのはデジタルな存在に留まらず、例えば現実のファッションアイテムにNFTのデータを読み取れるタグをつければ、偽造品対策になったり希少価値を与えたりすることが可能です。

特に高級ブランドの偽造品流通は長年問題になっており、NFTのタグが普及して生産者が明確に分かるようになれば、その被害を大きく減らすことができるかもしれません。

VRメタバースやARの楽しみ方の一つになり得る

ファッションとNFTのつながりはアナログなものだけでなく、VRメタバースやARで利用できるデジタルファッションも登場してきています。

VRメタバース・ARとは?

メタバースはインターネット上に構築される仮想三次元空間のことで、そこにアバターで参加することをVRメタバースと呼びます。

ユーザーはアバターをつくることによって、その空間の中で様々なコンテンツを楽しんだり、他のユーザーとコミュニケーションをとったりすることができます。

またAR(Augmented Reality/拡張現実)とは、実際にある画像や映像とCGを合成することで、現実の世界に仮想空間を作り出す技術のことです。

メタバースではアバターに着せることで、ARでは現実世界の自分の画像や映像に合成することで、デジタルなファッションアイテムを楽しむことができます。

デジタルデータの二次販売ができる

これまでのデジタルデータは簡単に複製ができてしまうので、二次販売ができませんでした。

しかしNFTはデジタルデータ一つひとつに唯一性・希少性を持たせることができるので、デジタルな存在でありながら二次販売が成り立ちます。

そのためファッション関連のNFTは、すでに活発に取引されているデジタルアートのNFTなどと同じく、ただそのファッションアイテムを楽しみたい人達だけでなく、二次販売で利益を得ようとしている人達からも高い注目を集めています。

NFTをファッションに活用した例

それでは、具体的にファッション関連のNFTはどのようなユースケースがあるのか事例を見ていきましょう。

ファッション関連のNFTの実例
  • RTFKT:バーチャルスニーカー
  • TETRAPOD:NFTタグ付きのTシャツ
  • Gucci:最新コレクションの動画を用いたNFTアート作品
  • BAPE:限定NFT5種

詳しく説明して行きます。

RTFKT:バーチャルスニーカー

RTFKT バーチャルスニーカー

RTFKTは、NFTのデジタルコレクティブを扱うブランドです。

アナログとデジタルの両方でNFTを用いて、スニーカーなどのアイテムを販売しています。

2021年2月にRTFKTとアーティストのFewociousがコラボしてつくられたARレンズを通して見えるNFTスニーカーコレクションは、オークションにおいて驚愕の310万ドル(約3億4000万円)で落札されました。

https://twitter.com/benitopagotto/status/1365782289058258946

TETRAPOD:NFTタグ付きのTシャツ

TETRAPOD NFTタグ付きのTシャツ

TETRAPODは、アートと社会の接続をテーマに多様な関わり方をつくろうとしている、日本発のアートプロトタイピング集団です。

その取り組みの中で、NFTを活用したアパレルを立ち上げています。

NFT Tシャツはその製品の一つで、アーティストがデザインしたTシャツにNFTのタグをつけて誰がいつ買ったか分かる状態で販売し、品質や形状がアップデートされた新製品が発売されると、NFTの所有者は差額交換できる仕組みになっています。

TETRAPOD NFTタグ付きのTシャツ

Gucci:最新コレクションの動画を用いたNFTアート作品

Gucci(グッチ)は、言わずと知れたイタリアの高級ファッションブランドです。

2021年5月にGucciは、自社の最新コレクション(ファッションショー)動画をペースにしたNFTアート作品を、イギリスのオークションハウスChristie’s(クリスティーズ)のNFTオークションに出品しました。

BAPE:限定NFT5種

BAPE(A BATHING APE®)は、大手ストリート系ファッションブランドです。

姉妹ブランドのAAPEと共同で2021年4月末に、NFTマーケットプレイスの「Mintable」でNFT5種を限定販売しました。

https://twitter.com/mintable_app/status/1388146824066736128

このようにファッションの分野におけるNFTのユースケースはアナログ・デジタルの枠にとらわれず多種多様であり、まだまだ様々な企業が活用方法を模索している状況にあります。

なお、ファッションやアパレルに限らずNFT取引をする際には、仮想通貨の購入・送金や換金用の国内取引所の口座を開設しておきましょう。

Coincheckは取引ツールがシンプルでストレスなく利用できるのでおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTファッションの購入方法

続いて、ファッション関連NFTの購入方法の一例をご紹介します。

例えば、先ほど紹介したTETRAPODのNFTと紐づけされたTシャツのようにアナログな存在であれば、それぞれのオンラインショップなどで購入できます。

しかし、VRやARのみで扱われるNFTやデジタルアート作品に近いファッション関連のNFTは、その多くがNFTマーケットプレイスで取引されています。

例えばAI事業を手掛ける株式会社1SECが立ち上げたデジタルファッションレーベル、「1Block」のバーチャルスニーカーは、NFTマーケットプレイス大手のOpenSeaRaribleで販売されました。

そこでここではOpenSeaを例に、ファッション関連のNFTの買い方をご紹介します。

OpenSeaでファッション関連のNFTを購入する手順
  1. 国内取引所でイーサリアムを購入する
  2. 仮想通貨ウォレットを用意する
  3. ウォレットをOpenSeaに接続する
  4. OpenSeaで欲しいNFTを購入する

順番に説明します。

STEP1:国内取引所でイーサリアムを購入する

まずは国内取引所で、NFTの購入資金となるイーサリアムを調達しましょう。

なお、調達する際に利用する国内取引所は、取引アプリダウンロード数No.1の人気取引所「Coincheck」がおすすめです。

コインチェック

口座開設は無料かつオンラインで簡単にできるので、ぜひこの機会にCoincheck公式サイトから口座をつくってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

STEP2:仮想通貨ウォレットを用意する

続いて仮想通貨ウォレットを用意しましょう。

OpenSeaに対応しているウォレットはいくつか種類がありますが、OpenSea以外にも様々なプラットフォームに対応しているMetaMaskが特におすすめです。

MetaMaskはWebブラウザの拡張機能(プラグイン)になっており、無料でダウンロードできます。

なお詳しい利用方法については、「MetaMaskとは?」をご参照ください。

STEP3:ウォレットをOpenSeaに接続する

ウォレット(MetaMask)を用意できたら、そこにイーサリアムを送金しておいてOpenSeaに接続しましょう。

OpenSeaにアクセスしてトップ画面のウォレットマークをクリックし、MetaMaskを選択すれば接続できます。

Opensea 接続

またウォレットを接続すれば、会員登録などを別途おこなう必要もなく、OpenSeaを利用できる状態になります。

STEP4:OpenSeaで欲しいNFTを購入する

最後に、OpenSeaで欲しいNFTを探して購入しましょう。

OpenSeaは様々なコンテンツを取り扱っていますが、残念ながら今のところはファッション関連のNFTに特化したカテゴリーはありません。

そのためカテゴリーの「Collectibles」の中から探すか、もしくは具体的に欲しいNFTのブランドやアイテムのジャンルが決まっているなら、ワード検索やフィルター検索をおこないましょう。

例えば「Jacket」で検索すると、ボクセルアートやARで利用できるものなど様々なジャケットが表示されるので、気に入ったものがあれば購入してみましょう。

OpenSea NFT

なおRaribleも基本的な使い方はOpenSeaと変わらず、イーサリアムを用意してウォレットをつなげば利用できます。

興味のある方はぜひRaribleも一度チェックしてみてください。

LineBanner_btc

Media Argo公式ラインではNFTなど暗号資産に関する情報を随時配信中。

この機会にぜひ友達登録をしてみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

Coincheckがアパレル企業2社と提携

ファッション関連のNFTは、今まさに様々な企業が参入の道を模索しているところですが、日本でも仮想通貨取引所のCoincheckが参入をしようとしています。

Coincheckは2021年8月末に、ファッションブランドの「TOMO KOIZUMI(トモコイズミ)」とデジタルファッションハウスの「Joyfa(ジョイファ)」と、NFT事業で提携をおこないました。

今後Coincheckは、自社の手がけるNFTマーケットプレイス「CoincheckNFT(β版)」において、TOMO KOIZUMIがデザインしたデジタルドレスのNFTを販売する見込みです。

またそのNFTは、メタバース上で活用できるようになる可能性があります。

まだ具体的な商品ラインアップや販売時期などは明らかになっていませんが、ぜひそれらがリリースされる際はCoincheckNFTをチェックしてみてください。

Coincheck NFT
取扱コンテンツNFTゲームのアセット(3タイトル)
NFTトレカ
手数料入庫手数料:無料(ガス代は自己負担)
出品手数料:無料
販売手数料:販売価格の10%
出庫手数料:0.01ETH~0.16ETH
決済通貨イーサリアム
ビットコイン 他
(全13銘柄)
日本円対応の有無×
対応ウォレット入庫元:MetaMask
出庫先:MetaMaskまたはERC721規格対応ウォレット
対応ネットワークイーサリアム
公式サイトCoincheck公式サイト

なおCoincheck NFTは仮想通貨取引所と一体になっており、利用するにはCoincheckの口座が必要になります。

Coincheck NFTでのファッションアイテムのリリースが気になる方は、今のうちにCoincheckで口座を開設しておくとよいでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ファッション関連のNFTを扱うその他のプラットフォーム

Coincheck以外にも様々な企業がファッション関連のNFTを取り扱おうとしており、最後に今後注目のプラットフォームをご紹介します。

今後注目のプラットフォーム
  • Dali【NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス】
  • 1Block LAND
  • Media Publisharesのプラットフォーム

一つずつみて行きましょう。

Dali【NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス】

Dali

Daliはブランドアイテムと交換可能なNFTを販売する日本発のNFTマーケットプレイスで、2021年7月26日にサービスを開始しました。

購入したNFTはブランドアイテムと交換できるだけでなく、他のNFTマーケットプレイスで二次販売もできるようになっています。

Dali

取扱いブランドは以下の通りです。

Daliの取扱ブランド
  • LOUIS VUITTON
  • GUCCI
  • BALENCIAGA
  • PRADA
  • CHANNEL
  • CELINE
  • YSL

今後も順次追加されていく見込みです。

Media Publisharesのプラットフォーム

Media Publisharesはファッション誌「VOGUE」などを顧客にしている出版社で、仮想通貨取引所最大手のバイナンスと提携して、NFTを扱うプラットフォーム構築を目指しています。

またそのプラットフォームでは、ファッションやアート、音楽のNFTに特化しており、ローンチは2021年の第3四半期を予定されています。

バイナンスが関わっていることから、高い注目を集めています。

1Block LAND

1Block LAND

1BlockLANDは、株式会社1SECが手がけるブロックチェーン基盤のバーチャルランド型プラットフォームで、2021年秋にサービスが開始される予定となっています。

1BlockLANDはバーチャル空間内にテナントが設けられており、そこからNFTマーケットプレイスを利用できるようになる見込みです。

また、スニーカーセレクトショップのatomosとのコラボ商品が販売されることになっています。

NFTファッションのまとめ

今回はファッション関連のNFTについてご紹介しました。

この記事のまとめ
  • ファッション関連は、ゲームやデジタルアートから一歩遅れてNFTへの参入が進められている
  • アナログとデジタルの両方から、ユースケースが模索されている
  • NFTマーケットプレイス大手のOpenSeaやRaribleで、ファッション関連のNFTがすでに取引されている
  • CoincheckNFTも、ファッショブランドと共同でNFTの作成・販売を予定している
  • CoincheckNFTを利用するなら、Coincheckで口座を開設しよう

ファッション関連のNFTは、ゲームやデジタルアートと比べるとまだ明確な市場が確立されておらず、様々な企業が参入とユースケースの模索を進めている真最中です。

例えばCoincheckNFTもファッションブランドのTOMO KOIZUMIなどと提携して、ファッション関連のNFTの販売を目指しています。

非常に先行きが楽しみな分野の一つなので、興味のある方はぜひ今の内からファッション関連のNFTの情報にアンテナを張ってみてはいかがでしょうか。

また、OpenSeaやCoincheck NFTなどのNFTマーケットプレイスでNFTを購入する際は、ぜひ合わせてCoincheckで口座を開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式ラインではNFTなど暗号資産に関する情報を随時配信中。

この機会にぜひ友達登録をしてみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる