NFTのガス代とは?相場が安いタイミングや節約方法を徹底解説!

NFTマーケットプレイスを利用していると、ガス代が高すぎるといった声を聞いたことがあるはずです。

ガス代の存在を忘れて取引していると、結果的に出費が増えて利益が取りづらい傾向にあります。

そこで、この記事ではNFTのガス代について以下のポイントを中心に紹介します。

この記事でわかること
  • NFTのガス代はイーサリアムブロックチェーンを利用する際の手数料のこと
  • NFTのガス代を確認する方法として「Ethereum Gas Price Chart」の利用がおすすめであること
  • 今後は多くの企業がNFT業界に参戦してくることから、よりガス代が高騰する可能性があること
  • ガス代を節約するためには時間を空けて取引するか、送金スピードを下げて取引する方法などが効果的であること
  • NFTを取引するためにイーサリアム(ETH)などの仮想通貨を購入する際は、国内取引所「コインチェック」の利用がおすすめであること

NFTを取引する際には事前に取引所で仮想通貨を購入しておく必要があります。

仮想通貨を購入する際には国内ダウンロードNo.1の実績を持つ、コインチェックが使いやすいです。

コインチェックNFT取引で必須なイーサリアム(ETH)を取り扱っている取引所です。

さらに、仮想通貨やNFTに関わるさまざまなサービスも展開していますので、仮想通貨初心者にはおすすめの取引所としても知られています。

口座の開設申し込みから実際に取引を開始するまで最短1日しかかかりませんので、まずはコインチェックの公式サイトを確認しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

NFTのガス代とは

NFTのガス代とは手数料のようなものです。

そもそもNFTとはブロックチェーン上に記録されているデジタル資産のことで、ブロックチェーンに記録されることによって以下のような特徴を持っています。

NFTとは?
  • 取引記録の改ざんが難しくなり、代替性のきかない唯一無二の存在
  • 希少性が約束され、複製品の発行ができない
  • 所有権が明確になる
NFTとは

以上の機能を利用するためには、ブロックチェーンで取引履歴を記録する必要があります。

取引履歴を記録する際には「マイナー」と呼ばれる記録者が膨大な計算量を処理しなければいけません。

計算する際に無料で計算していてはマイナー側に利益がないということで、計算する際の報酬としてマイナーにガス代が支払われます。

ガス代がなければ取引を記録する人がいなくなってしまいますので、NFTを利用していくためにはガス代の存在が必須です。

また、NFT取引の際には、イーサリアムを入手しておく必要があり、コインチェックなどの国内取引所で入手することも可能なので、公式サイトを確認しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTのガス代を確認する方法

NFTを取引する際にはマーケットプレイスを利用するのが一般的ですが、マーケットプレイスの多くはイーサリアムのブロックチェーンを利用しています。

そのため、NFTのガス代を確認するためには、イーサリアムチェーンのガス代を確認すれば問題ないでしょう。

イーサリアムチェーンのガス代を確認する方法として、「Ethereum Gas Price Chart」を利用することをおすすめします。

ブラウザ上で「​​Ethereum Gas Price Chart」と検索すれば、以下のようなWebサイトが表示されるはずです

Ethereum Gas Price Chart
引用元

NFTマーケットプレイスを利用する際には事前にEthereum Gas Price Chartを利用して、ガス代を確かめておくと無駄な出費を抑えられます。

Ethereum Gas Price Chartの特徴は以下の通りです。

Ethereum Gas Price Chartの特徴
  • 時系列に分けてガス代を確認できる
  • カラーモードの変更によって見やすく設定できる

事前にガス代を確認してからNFTを購入することで、多額のガス代を支払うリスクを低減できます。

NFTのガス代の変化

NFTのガス代は高騰することがしばしばありました。

そこで、NFTのガス代が高騰したタイミングで起きたニュースをもとに、ガス代の価格推移を紹介します。

NFTのガス代の変化について
  • 2021年2月:NFTブームが始まる
  • 2021年9月:大物スターや企業のNFTへの参入

2021年2月:NFTブームが始まる

2021年はNFTブームが始まった年でもあります。

前年にDeFiのブームもあり、イーサリアムチェーンは徐々に注目されつつありました。

そして、NFTのマーケットプレイスが増え始めたのも2021年からのことです。

実際にEthereum Gas Price Chartでガス代の価格推移を確認してみると、同年2月頃にはガス代が高騰しているのがわかります。

Ethereum Gas Price Chart
引用元

2月には1,000gwei以上を記録していてイーサリアム(ETH)に換算すると0.00001ETH程度ですが、結果的に2月付近からガス代の高騰が問題視され始めます。

2021年9月:大物スターや企業のNFTへの参入

2021年に入り本格的に流行し始めたNFTですが、中旬頃から大企業や大物スターのNFT参入が顕著になります。

同年中旬にあった主な出来事は以下の通りです。

2021年中旬の出来事
  • コインチェック NFTでsorareの取り扱い開始8月
  • ソフトバンクも9月にsorareへ出資
  • NBAスーパースター「ステフィン・カリー」がNFTを複数購入

以上の出来事が重なり、9月には再びガス代が高騰し始めます。

Ethereum Gas Price Chart
引用元

2月頃に1,000gwei以上を記録したガス代は高い推移を記録していて、9月には直近の最高値となる2,000gwei以上を記録しました。

9月の高値更新以来、イーサリアムチェーンのガス代高騰は問題視されています。

NFT取引を検討されている方は、ガス代の変化を参考にしつつ、コインチェックの公式サイトを確認して上で、準備を進めておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTのガス代の今後の見通し

NFTのガス代問題の今後の見通しは以下の通りです。

NFTのガス代の今後の見通しについて
  • イーサリアム以外のブロックチェーンが登場
  • IPホルダーが参入

イーサリアム以外のブロックチェーンが登場

イーサリアムチェーンでは、ガス代の高騰を解決するのが急務とされています。

そこで、登場し始めたのがいわゆる「イーサリアム・キラー」と呼ばれるブロックチェーンです。

イーサリアム・キラーとは?

イーサリアムが抱えるガス代の高騰や処理速度の低下を解決しようと登場したブロックチェーン

イーサリアムチェーンの課題が顕著になった、2021年からイーサリアム・キラーは登場し始めました。

主なイーサリアム・キラーとして以下のブロックチェーンがあげられます。

イーサリアム・キラーの種類特徴
カルダノ・第三世代ブロックチェーンとして、多くのアプリをリリースしている
・独自のスマートコントラクト機能で環境にも配慮されている
ソラナ・イーサリアムよりも速い処理が可能
・高速処理を可能とするため、手数料も0.00025ドル程度しかかからない
ポルカドット・複数のブロックチェーンを結ぶブロックチェーン
・ブロックチェーンの相互運用が可能になる

イーサリアム・キラーはイーサリアムを代替するブロックチェーンとして多くの投資家たちに期待されています。

今後もイーサリアムチェーンを利用している限りはガス代の問題がつきまとうはずです。

ガス代問題の根本的な解決方法として、さらにイーサリアム・キラーが注目される可能性も秘めています。

IPホルダーが参入

近年では独自のライセンスや商品を持つIPホルダーたちが、続々とNFT領域に参戦しつつあります。

IPホルダーとは?

ゲームやイラストなど独自のデータを持っている企業や団体のこと

従来のIPデータは記録の改ざんや複製が可能であったため、独自性を担保することが難しいことが課題とされていました。

実際に漫画業界は漫画の複製品が流通してしまい、作者へ売上が還元されないことが問題視されています。

そこで、多くの企業は複製品の作成が難しいNFTに注目し始めて、続々とNFT領域へと参入し始めました。

特にアート業界やゲーム業界からの参入が顕著で、ゲーム会社のスクウェア・エニックスやスポーツメーカーのadidasなどがNFT領域に参入しはじめています。

今後も以上のようなIPホルダーたちが参入してくることでNFTの取引が活性化すると、ガス代の高騰は避けられません。

そのため、イーサリアムチェーンでは取引の処理が追いつけなくなり、ガス代がより高騰する可能性もありえます。

NFTのガス代が発生するタイミング|出品者

NFTを出品する人がガス代を気にするタイミングとしては以下の3つです。

出品者がNFTのガス代を気にするタイミング
  • 作品を初めて出品するとき
  • NFTのメタデータをIPFS(分散型サーバー)に保存するとき
  • 誰かに作品を送るとき

作品を初めて出品するとき

NFTを出品する場合にはOpen Seaなどのマーケットプレイスを利用するのが一般的です。

Open SeaでNFTを出品する場合には、初回の出品時のみガス代が発生してしまいます。

ただし、2回目以降の出品に関しては原則ガス代が発生しません。

2回目以降にNFTを出品する際には署名するだけで出品できます。

NFTのメタデータをIPFS(分散型サーバー)に保存するとき

NFTのメタデータをマーケットプレイス以外に保存するとなると、IPFS(分散型サーバー)に記録することになるでしょう。

IPFS(分散型サーバー)とは?
  • P2Pネットワーク上で動作するサーバーのこと
  • ファイルを分散管理して、長期保存するためにも有効
IPFS

以上のようなIPFSにNFTを保存するとなると、1作品ごとにガス代が発生してしまいます。

誰かにNFTを送るとき

誰かにNFTを送るときにはガス代が発生します。

エアドロップやプレゼント企画としてNFTを第三者に送る際には、ガス代が発生することは念頭においたうえで利用してください。

NFTを出品する際にガス代は発生するので、取引される方は、これらのポイントをしっかり押さえておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTのガス代が発生するタイミング|購入者

NFTを購入する場合に発生するガス代は以下の通りです。

NFTの購入者にガス代が発生するタイミング
  • NFTを購入する場合
  • イーサリアム(ETH)をWETHへ変換する場合
  • オファーをキャンセルするとき
  • イーサリアム(ETH)をポリゴン(MATIC)へブリッジするとき

NFTを購入する場合

NFTを購入する際にはガス代が発生してしまいます。

NFTを購入するたびにガス代が発生しますので、NFT取引ではガス代の存在を無視できません

イーサリアムチェーンを利用するかぎりガス代は避けられない問題ですので、ガス代負けしないような取引を心がけるとよいでしょう。

イーサリアム(ETH)をWETHへ変換する場合

イーサリアムチェーンを利用してNFTを購入する際には、イーサリアム(ETH)を一度ラップドイーサリアム(WETH)に変換しなければいけません。

ETHをWETHに変換する際には、Open Seaなどのマーケットプレイスで変換するのが一般的です。

イーサリアムを変換するとガス代が発生することを念頭においておきましょう。

オファーをキャンセルするとき

NFTを購入するさにはオークション形式で購入するか、固定価格で購入するかの主に二択になります。

オークション形式で一度申請した入札価格を取り下げると、ガス代が発生してしまいますので注意が必要です。

そのため、入札する際はよく吟味したうえで、本当に必要だと思うNFTのみを購入するようにしましょう。

イーサリアム(ETH)をポリゴン(MATIC)へブリッジするとき

NFTマーケットプレイスのOpen SeaではイーサリアムチェーンのNFTに加えて、ポリゴン(MATIC)のNFTマーケットプレイスも用意されています。

ポリゴン版のOpen Seaはガス代がかかりにくく、ガス代の高騰を防ぐために利用する人も多くいるでしょう。

ポリゴン版のOpen Seaを利用するためには、イーサリアム(ETH)をポリゴン(MATIC)へと移動しなければいけません。

以上のようにイーサリアムをポリゴンへと移動(ブリッジ)させると、ガス代が発生してしまいます。

NFTを購入する場合にもガス代は発生するので、発生するタイミングはしっかり抑えておきましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTのガス代を節約する方法

NFTにガス代がかかってしまうのは仕方ないことですが、なるべく安いガス代で取引したいものです。

そこで、NFTのガス代を節約する方法を3つ紹介します。

NFTのガス代を節約する方法について
  • ガス代の相場を確認して安いタイミングでNFTを購入する
  • 処理スピードを遅くする
  • ポリゴン(MATIC)を利用する

ガス代の相場を確認して安いタイミングでNFTを購入する

NFTのガス代は常に変動しているものです。

そのため、ガス代の相場を確認してなるべく安いタイミングでNFTを購入するようにしましょう。

イーサリアムチェーンのガス代を確認するためには、「Ethereum Gas Price Chart」の利用をおすすめします。

短期的なガス代の変動だけでなく中長期的なガス代の価格変動を把握することで、ガス代が安いタイミングでNFTを購入できるかもしれません。

ただし、ガス代は秒単位で変動しますので、必ず狙っていた値段で購入できるわけではないことは理解しておきましょう。

処理スピードを遅くする

ガス代を抑えるためには、イーサリアムチェーンの取引処理速度を落とすのも効果的です。

Open Seaの取引では、以下3種類のスピードの中から取引速度を選択できます。

Opne Seaの取引処理速度
  • High
  • Medium
  • Low

Lowに設定すると取引処理速度が遅くなる代わりに、ガス代を安くNFT取引ができるようになります。

そのため、時間に余裕がある方はLowの設定でNFT取引するのがおすすめです。

ポリゴン(MATIC)を利用する

イーサリアムチェーンで構成されているNFTマーケットプレイスのOpen Seaは、ポリゴン(MATIC)版のNFTマーケットプレイスも用意されています。

ポリゴン版のマーケットプレイスでは、NFT取引にかかるガス代が限りなくゼロに近い値段で取引できますので、ガス代を気にする必要がありません。

イーサリアム(ETH)をポリゴン(MATIC)へとブリッジする手間はかかりますが、ガス代を節約したい場合にはポリゴンの利用も検討してみてください。

ガス代を節約したい方は、これらの方法を参考にしましょう。

NFTを購入するために、コインチェックなどの国内取引所でイーサリアムを購入する必要があるので、この機会に公式サイトで詳細を確認しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTを購入する手順

NFTを購入するためには、コインチェックなどの国内取引所でイーサリアム(ETH)を購入する必要があります。

イーサリアムの購入と聞くと難しく感じてしまうかもしれませんが、手順通りにおこなえばそれほど時間はかかりません。

そこで、実際の画面でNFTを購入するまでの流れを紹介します。

NFTを購入する手順
  1. コインチェックで口座開設
  2. イーサリアム(ETH)の購入
  3. Meatamaskへ送金
  4. OpenSeaへMeatamaskを登録
  5. NFTの購入

①コインチェックで口座開設

NFT取引にはイーサリアム(ETH)を用意する必要があります。

イーサリアムを用意する際には、コインチェックなどの国内取引所を利用するののがおすすめです。

コインチェックであれば国内ダウンロードNo.1を獲得した実績をもとに、安心して仮想通貨を購入できます。

コインチェックで口座を開設するためには、まずホームページにアクセスしてください。

Coincheck
引用元

ホームページ真ん中か右上にある「会員登録」をクリックしてください。

会員登録の入力フォームに移行しますので、まずはメールアドレスの入力を進めて会員登録をしましょう。

会員登録を済ませたら取引をおこなううために、本人確認書類のアップロードに進みます。

コインチェックの本人確認書類に利用できる書類は以下の通りです。

コインチェックの本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

以上の登録に問題がなければ、イーサリアムを購入できるようになります。

②イーサリアム(ETH)の購入

メニューにある「ホーム」から取引所を選択してください。

ETHの購入
出典

購入したいイーサリアムの数量を設定し、イーサリアムを購入しましょう。

③Meatamaskへ送金

コインチェックで購入したイーサリアム(ETH)をMeatamaskへ送金します。

Meatamaskへ送金するためには、Meatamaskのアドレスを入力しなければいけません。

事前にMeatamaskに表示されるアドレスを確認しておくと、スムーズにイーサリアムを送金できます。

④OpenSeaへMeatamaskを登録

OpenSeaへMeatamaskを登録するために、まずはOpen Seaの公式サイトにアクセスしてください。

以下のような画面が表示されますので、右上にある人のようなマークにカーソルを合わせて「Profile」をクリックします。

Open Sea
引用元

すると、Meatamaskの接続画面に移行しますので、Meatamaskに登録しているパスワードを入力すれば登録完了です。

OpenSea
引用元

⑤NFTの購入

Open Seaは世界最大級のNFTマーケットプレイスですので、さまざまなNFTが出品されています。

メニューにある「Explore」からNFTを検索して、お気に入りのNFTを見つけましょう。

NFT購入
引用元

NFT購入までの手順が分かった方は、ぜひ、コインチェックの公式サイトで詳細を確認して後、準備を進めましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTのガス代に関するよくある質問

NFTのガス代に関するよくある質問とその回答を3つ集めました。

NFT取引を利用するうえでありがちな質問ばかりですので、NFT取引をする前に参考にしてみてください。

NFTのガス代に関するよくある質問
  • ガス代が安い時間帯はありますか?
  • ガス代は経費として計上可能ですか?
  • ETHをwETHへ変換するのはOpenSea上でも問題ない?

ガス代が安い時間帯はありますか?

取引が落ち着いている時間帯はイーサリアムチェーンの活動が活発ではありませんので、米国時間で夜中あたりに取引してみるのも1つの手段でしょう。

日本時間でいうところの、昼間から夕方あたりが狙い目かもしれません。

ガス代は経費として計上可能ですか?

NFTのガス代はいわゆる手数料のようなものですので、経費として計上可能です。

そのため、ガス代を支払った履歴を保存しておくのをおすすめします。

ETHをwETHへ変換するのはOpenSea上でも問題ない?

イーサリアム(ETH)をラップドイーサ(WETH)に変換する際には、特に問題がなければOpne Sea上でおこなってしまいましょう。

sushiswapなどのDEXでスワップしたとしてもそれほどガス代は変わりません。

NFTの購入を検討されている方は、これらの質問を参考にしつつ、コインチェックの公式サイトで詳細を確認しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTのガス代のまとめ

ここまでNFTのガス代に関する情報を記載しました。

この記事のまとめ
  • NFTのガス代はイーサリアムのブロックチェーンを利用する際に発生する手数料のこと
  • NFT取引が活性化するとガス代が高騰してしまうこと
  • イーサリアムの代替ブロックチェーンである「イーサリアム・キラー」を利用すれば、ガス代の高騰を防げる可能性があること
  • NFTを取引するためにはコインチェックなどでイーサリアム(ETH)を購入しておく必要があること

NFT取引するためには、事前にコインチェックなどの国内取引所でイーサリアム(ETH)を購入しておく必要があります。

CoinchckであればNFTマーケットプレイスも用意されていますので、まずNFT取引を始めてみたいという方はコインチェックの口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる