NFTは不動産とどう関連する?将来性や投資方法・購入方法を徹底解説

2022年1月に大手不動産会社の三井不動産がNFT販売に参入することを発表しました。

このニュース以前にも、2021年ごろからNFT不動産の動きは活発化しています。

NFT不動産というと、メタバース内の土地を指す場合が多いですが、現実世界の不動産をNFT化する動きも多く見られるようになりました。

まだまだ黎明期である現状では、MFT不動産がメタバース内のことなのか、もしくは現実世界の不動産をNFT化することなのかは曖昧です。

この記事では、両方の意味でのNFT不動産を解説します。

この記事からわかること
  • 現実世界の不動産をNFT化するサービスが広がりつつある
  • メタバース空間の不動産を購入しておくと高騰する可能性がある
  • メタバースは、SANDBOXが有名
  • SANDBOXの土地(Land)を購入するにはイーサリアムが必要
  • イーサリアムを購入するならコインチェックの利用がおすすめ

メタバース内のNFT不動産は、OpenSeaなどのNFTマーケットプレイスで購入できます。

また、NFTを購入するには仮想通貨が必要です。

仮想通貨を入手するおすすめの方法は、国内取引所であるコインチェックを利用することです。

コインチェックは、約500円から仮想通貨を購入できる国内取引所であり、仮想通貨初心者でも簡単に利用できます。

NFT不動産の購入以外にも利用できる便利な国内取引所なので、これを機に無料で登録してはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

NFTの不動産とは?

引用:https://www.sandbox.game/jp/

NFTの不動産とは何かを解説します。

そもそもNFTとは、Non-Fungible Token」の略であり、日本語では「非代替性トークン」を意味します。

NFTとは

代替が不可能なデータであるため、複製も不可能であり、資産としての価値を持ち合わせます。

昨今では、そんなNFTと不動産が関連する動きが見られます。

「NFTの不動産」といっても、意味するものは2つです。

1つ目は、現実世界に物体として存在する不動産をNFTデータとして扱う場合です。

2つ目は、メタバース内の土地を意味します。

まず、現実世界に物体として存在する不動産をNFTデータとする場合について解説します。

不動産の所有や権利は、複雑な手続きや書類作成により証明されています。

また、不動産の購入や売買などを実施するには、多くのステップを費やす必要があり、発生する手数料や税金は少額ではありません。

そこでブロックチェーン技術を利用することで、手間や手数料を削減しようといった動きがNFTの不動産です。

ブロックチェーンとは

次に、メタバースの土地を意味する場合におけるNFTの不動産について解説します。

こちらで扱われるのは、メタバース内でのみ存在する実体を持たないデータです。

メタバースとは、仮想空間のことであり、そこには現実世界と似たような社会や経済が構築されています。

そのため、土地もNFTとして存在し、現実世界での不動産のような側面を持ち合わせています。

現実世界での不動産へのNFTの活用

現実世界での不動産へのNFTの活用を3つお伝えします。

現実世界での不動産へのNFTの活用
  • 便利な小口取引
  • 費用の削減
  • 登記が不要

便利な小口取引

不動産をNFT化すると、小口取引を便利に実施できます。

というのも、NFTはブロックチェーン上で取引できるデータであるため、個人同士で簡単に取引できるからです。

不動産を小口にNFT化することで、少額から不動産投資を実施できることがメリットです。

また、扱うものは不動産ではなくNFTであるため、海外とも簡単に取引を実施できます。

通貨の違いや法律の問題も関係ないため、障壁が極端に少なくなるイメージです。

たとえば、株式会社No Sleepは、2021年7月からフィリピン不動産を1口10万円から投資できるサービスを提供しています。

もちろん、NFT不動産はまだまだ黎明期ですが、今後もNFT不動産に関するサービスは、次々と発表されていくでしょう。

不動産をNFT化する場合、どれくらいのNFTを作成し、1つあたりにどのくらいの価値を持たせるかも自由に設定できます。

また、法整備も追いついていないため複雑な手順は不要であり、税金を抑えるメリットもあります。

費用の削減

不動産NFTは、ブロックチェーン上のやりとりのみで売買が成立します。

極端な話、数千万円や数億円の不動産でも数分で売買できます。

また、通常の不動産を売買する場合、不動産仲介手数料が発生するのが一般的です。

さらに、購入時や登記、所有する際に税金も発生しますが、NFT不動産の場合、扱うもの自体は不動産ではなくNFTです。

NFTの価値は実在する不動産と紐づいていますが、あくまでもデータであるため、不動産を扱う場合の法律は適用されません。

結果、取引にかかる時間は大きく減少し、費用も削減できます。

登記が不要 

NFT不動産では、不動産そのものではなくNFTを扱うため登記は不要です。

そもそも登記を実施するには、不動産の法的権利について証明する書類が必要となりますが、データのみが取引されるNFT不動産とは無関係でしょう。

ただし、NFTの売買で法的権利も移転するのかについては疑問が残っているのが事実であり、今後の法整備が予想されます。

現状ではNFT不動産の取引に関する法律は整備されていないため、自由な取引を実施できます。

自由な取引であるからこそ、運用の幅は広く、スムーズな決済が可能です。

このような不動産NFTに興味を持った方は、ぜひコインチェックにて口座開設してThe Sand BoxのLandに投資してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

メタバース空間でのNFTの活用

メタバース空間でのNFTの活用を3つお伝えします。

メタバース空間でのNFTの活用
  • 値上がりを期待して投資する
  • 広告として利用する
  • ビジネスを展開する

値上がりを期待して投資する

メタバース空間は仮想現実であるとはいえ、現実世界と同等、もしくはそれ以上の価値を持つ可能性があります。

一口にメタバースと言っても、それぞれのゲームやコミュニティがメタバース空間を創造しています。

また、それらはゲーム自体が流行しなければ人が集まらないため、あまり価値を持ちません。

一方で、多くの人々が利用するメタバースなら、それだけ多くの人が時間を費やすことになるので、ゲーム内の土地の価値は高まります。

土地の中にも、人目に付きやすい土地と、あまり人が集まらない土地が存在するため、それぞれの価値は異なります。

今後メタバースは飛躍的に成長する市場だと考えられているため、今土地を保有しておくと価値はいっそう高まるかもしれません。

今は比較的安い土地だとしても、数年後には数百万円以上の価値を持つ可能性もあります。

つまり、メタバース内の土地はまさに資産であり、メタバース自体が成長していくのか、もしくはメタバース内で自分が保有する土地周辺で人が集まると、保有する土地の価値は高まるでしょう。

投資目的で仮想通貨を保有するように、同様に不動産NFTに投資する価値があります。

広告として利用する

メタバース内の不動産は、広告として利用できます。

現実世界でも、街中や建物に広告が掲載されているように、メタバースでも広告を展開することは有効です。

スマートフォンが普及する以前、広告先として最有力だと考えられていたのはテレビコマーシャルですが、昨今ではインターネット広告のパワーが強まっています。

今後も広告の価値は変容していき、メタバース内で広告を掲載する価値も高まるかもしれません。

メタバース内で人が集まるエリアの不動産を予め保有しておけば、いざ人が集まった場合に有効な広告を打ち出せます。

実際、すでに多くの企業がメタバース内での広告運用に注力しています。

ビジネスを展開する

メタバース内で土地を保有すると、現実世界と同様に建物を建設できます。

NFTを販売するショップや、コンサート会場、博物館など、さまざまなビジネスを展開可能です。

昨今ではますます多くのモノがNFT化しており、幅は広まりつつあります。

仮想現実であるメタバースですが、当然現実世界とは異なる点がいくつもあります。

移動で体力を消耗しなかったり、自分の見た目をアバターとして自由自在に変更できたりします。

そのため、メタバース内では現実世界とは異なる需要が高まる可能性も考えられます。

どんなビジネスが成功していくのかの予想は困難ですが、どんなビジネスをするにしても不動産は必要です。

今の内にメタバース内で不動産を購入しておくと、安定して価値が高まっていくと考えられます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

不動産NFTの購入方法

不動産NFTであるLandの購入方法をお伝えします。

Landとは、ブロックチェーンゲーム「The SANDBOX」の土地NFTです。

Landを購入するにはイーサリアムが必要であり、イーサリアムを購入するには国内取引所を利用する必要があります。

今回お伝えする不動産NFTの購入方法では、コインチェックを国内取引所として利用します。

コインチェックは、約500円から仮想通貨を購入可能な取引所であり、初心者でも簡単に仮想通貨を運用できる国内取引所です。

コインチェックの口座開設

コインチェック

Land購入の第1ステップは、コインチェックの口座開設です。

口座を開設するには、まずコインチェック公式サイトにアクセスしてください。

「口座開設(無料)はこちら」をクリックすると、登録が開始されます。

登録手順としては、電話番号やメールアドレスを入力していきましょう。

必要情報を入力していくと、次は本人確認申請に移ります。

本人確認申請では、運転免許証などの写真付き身分証の画像提出、自分の顔のカメラ撮影を実施しましょう。

申請が完了したら、次はコインチェック側の審査が開始されます。

審査は、特に問題がなければ数時間~1日ほどで完了します。

審査が終わり、コインチェックの口座開設が完了したら、コインチェックのスマートフォン用アプリをダウンロードしましょう。

コインチェックのアプリは、国内仮想通貨アプリダウンロード数No.1であり、どこでも仮想通貨を運用できる便利なサービスです。

今回お伝えするLand購入手順でもアプリを利用するので、ダウンロード及びログインをしましょう。

コインチェックに日本円を入金

コインチェックのアプリダウンロードまでが完了したら、日本円を入金しましょう。

日本円入金の手順ですが、まずコインチェックアプリを起動してください。

続いて、「ウォレット」⇒「日本円」⇒「入金」の順に選択していきます。

左のような画面が表示され、、「銀行入金」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つの中から入金方法を選択しましょう。

入金方法はそれぞれにメリット・デメリットがありますが、ここでは手数料無料の「銀行入金」の手順をお伝えします。

「銀行入金」では、、「GMOあおぞらネット銀行」、「住信SBIネット銀行」のどちらかを選択してください。

どちらの銀行を選んでも手順に違いはありませんが、もし共通の銀行口座をお持ちなら、そちらの口座の利用をおすすめします。

どちらかの口座をタップすると口座情報が表示されるので、振込人名義などの情報を間違えないように入金してください。

なお入金してもコインチェックに反映されるまでは、ある程度時間がかかることを理解しておきましょう。

コインチェックでイーサリアムを購入

コインチェックへの入金が完了したら、イーサリアムを購入しましょう。

イーサリアム以外の仮想通貨を購入しても問題ありませんが、NFT売買に利用しやすいイーサリアムがおすすめです。

イーサリアムを購入するには、まずコインチェックアプリを起動してください。

次に「販売所」をタップすると、左のような画面が表示されます。

取引可能な仮想通貨が一覧で表示されるので、「イーサリアム」をタップし、次に「購入」を選んでください。

購入画面では、イーサリアムと交換したい額の日本円を入力します。

内容に間違いがないか確認したら、「日本円でイーサリアムを購入」をタップしましょう。

ここまでで、イーサリアム購入の手順は完了です。

メタマスクを入手

次にメタマスクを入手します。

メタマスクとは、イーサリアム系の仮想通貨を保有、運用するためのwebウォレットです。

メタマスクは、ブラウザの拡張機能に追加する形式で入手することになりますが、対応していないブラウザもあるのでご注意ください。

なお、ここではGoogleChromeを用いた手順をお伝えします。

まず、GoogleChromeでメタマスク公式サイトにアクセスしましょう。

続いて、「Download now」⇒「Install MetaMask for Chrome」の順番にクリックすると、chromeウェブストアが表示されます。

「Chromeに追加」を選択すれば、メタマスクの入手は完了です。

入手は完了したものの、このままではメタマスクは使用できないので、初期設定を実施しましょう。

初期設定を行うには、まずGoogleChromeの拡張機能からメタマスクを起動してください。

左のようなポップアップが表示されるので、「ウォレットの作成」をクリックしましょう。

設定を進めていくと、「秘密のバックアップフレーズ」という項目の確認画面に移ります。

秘密のバックアップフレーズとは、メタマスクで保有する仮想通貨情報の復元の際などに必要となる情報です。

誰にも教えないようにし、大切に管理しましょう。

イーサリムをメタマスクへ送金

メタマスクの設定が完了したら、コインチェックで保有しているイーサリアムをメタマスクに送金しましょう。

送金するために、コインチェックとメタマスクのそれぞれで準備をしていきます。

まず拡張機能からメタマスクを起動してください。

中央上部に表示されている自分のアカウントをクリックして、アドレスをコピーしましょう。

次は、コインチェックでの手順を進めていきます。

まず、コインチェックのアプリを起動し、「送金と受け取り」をタップしてください。

続いて、「BTC以外の送金はこちら」⇒「Ethereumを送る」の順に選択します。

「送信先リスト」という項目が表示されているので、メタマスクでコピーしたアドレスを追加しましょう。

最後に送金したいイーサリアムの金額を入力し、「送金する」を選択すれば手順は完了です。

また、送金時には手数料が発生するのでご注意ください。

SANDBOXとメタマスクを連結

メタマスクへのイーサリアム送金が完了したら、SANDBOXとメタマスクを連結させましょう。

SANDBOX公式サイトにアクセスし、画面右上に表示されている「サインイン」をクリックしてください。

連結したいウォレットを選択できるので、「Metamask」をクリックすれば連結は完了です。

OpenSeaとメタマスクを連結

続いてOpenSeaとメタマスクを連結させましょう。

OpenSeaとは、LandなどのNFTを扱うNFTマーケットプレイスです。

連結の手順ですが、まずOpenSea公式サイトにアクセスしましょう。

次に画面上部メニューの右から2番目に表示されている人型のマークをクリックします。

「Connect your wallet.」と表示されるページに移るので、「MetaMask」をクリックすれば連結は完了です。

Landを購入

Landを購入するには、SANDBOX公式サイトにアクセスしましょう。

次に、画面左メニューに表示されている「ショップ」をクリックしてください。

NFTマーケットプレイスに移るので、左のメニューから「LAND」を選択してください。

引用:https://www.sandbox.game/jp/shop/

左の画像のようにLANDのNFTが一覧で表示されます。

目当てのNFTをクリックすると、自動でOpenSeaに移ります。

メタマスクの連結は完了済みなので、そのまま決済を進めればLandを入手できます。

手順が理解できた方は、まずはコインチェックでの口座開設を始めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

なお、取引所については「コインチェックの評判」や「おすすめの仮想通貨取引所ランキング」の記事をご確認ください。

不動産NFTの将来性

不動産NFTの将来性を3つお伝えします。

不動産NFTの将来性
  • メタバース市場の拡大
  • 法整備が進む
  • 不動産をNFT化するサービスの充実

メタバース市場の拡大

メタバース内の不動産の価値は高まっていくと予想されます。

そもそもメタバース自体が高い将来性を持っており、2024年には90兆円規模に達するとも考えられています。

あくまでもメタバース市場全体の成長が見込まれているので、特定のメタバースが必ずしも成長するとは限らないので注意しましょう。

2022年時点ではメタバースは黎明期だと言われていますが、FaceBook社が社名をメタに改名するなど、世界全体でメタバースを盛り上げようとする動きが見受けられます。

すでに多くのメタバースが存在していますが、有力なものだとすでに不動産価格は高騰しています。

まだ発展途上のメタバースならば、比較的安く不動産を購入できますが、今後成長していくかどうかはわかりません。

そのため、不動産NFTに投資するならば、どのメタバースを利用するのか慎重に検討しましょう。

法整備が進む

近い内に、不動産NFTに関する法整備が進むでしょう。

メタバース内の不動産NFTも、現実世界の不動産をNFT化する場合でも、どちらも法整備は十分でありません。

法整備が不十分であることは、メリットでもありデメリットでもあります。

メリットというと、税金を抑えられることや、取引がスムーズであること、海外との取引も容易であることなどが挙げられます。

これらのメリットが目立っていることもあり、NFT不動産の人気は高まっています。

しかし、デメリットを抱えていることも事実です。

よく話題に上がるデメリットは権利問題です。

不動産をNFT化すると、簡単に不動産を取引し保有できますが、法的な権利は曖昧になってしまいます。

NFTを購入し、不動産を購入したはずが、法的には何の権利も得ていない場合があり、混乱に繋がる場合も考えられます。

こういった問題は、法整備が進めば解決していくでしょう。

不動産をNFT化するサービスの充実

2021年ごろから、不動産をNFT化して取り扱うサービスが見受けられるようになりました。

2022年からはその動きはますます盛んになると思われます。

これは不動産に限ったことではありませんが、NFT市場全体は成長していくと予想されています。

ブロックチェーン技術は、今までイノベーションが起きていなかった業界を変化させていくと考えられており、その代表例の1つが不動産です。

あくまでもモノ自体は不動産ではなくNFTなので、投資としては仮想通貨ではなく不動産だと考えるのが妥当でしょう。

仮想通貨市場としてNFT不動産に投資したいならば、メタバース内の土地を購入しましょう。

現実世界でも不動産は変わらずに一定以上の価値を保ち続けているように、メタバースの中でも価値を保ちやすいです。

もちろん、不動産を保有するエリアの動向次第で価値が変動することはあります。

不動産NFTに将来性を感じた方は、コインチェックからLandへ投資してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

不動産NFTのまとめ

今回は、不動産NFTについてお伝えしました。

この記事の要点
  • 現実世界の不動産をNFT化すると、NFT自体を取引することで間接的に不動産取引をできる
  • メタバース空間の不動産購入は、投資の側面を持つ
  • 不動産NFTに関する法整備が進むと予想される
  • メタバース空間の不動産(Land)を購入するにはイーサリアムが必要
  • イーサリアムを購入するならコインチェックがおすすめ

メタバース空間の不動産は、現実の不動産と同様な価値を持ちます。

また、人気メタバースであるSANDBOXのLandを購入するには、イーサリアムが必要です。

イーサリアムを購入するには、コインチェックの利用がおすすめです。

コインチェックは、約500円から仮想通貨を購入可能な国内取引所であり、これから仮想通貨運用を始めたい方にピッタリなサービスです。

イーサリアムの購入以外にも、さまざまな用途で利用できる国内取引所であるので、これを機に口座開設してはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる