【メタバース】コインチェックのOasis TOKYOとは?特徴から将来性まで詳細解説

2022年1月31日、コインチェックとThe Sandboxは、2035年の近未来都市「Oasis TOKYO」をThe Sandbox上に制作することを発表しました。

2022年春から一般公開開始予定であり、メタバース業界で注目を集めるニュースです。

Oasis TOKYOでは、日本をコンセプトとした空間を制作し、美術館などの施設を建設していく予定です。

人々の交流の場となることを目指しており、企業が参入するビジネスの場としての側面も持ち合わせます。

この記事からわかること
  • Oasis TOKYOは、The Sandboxに構築される近未来都市
  • コインチェックとThe Sandboxの共同プロジェクトである
  • 2022年2月9日より11個限定でOasis TOKYO周辺のESTATEが販売される
  • ESTATEやLandの購入にはイーサリアムが必要
  • イーサリアムの購入ならコインチェックがおすすめ

Oasis TOKYOは、The Sandboxとコインチェックが共同で制作するプロジェクトであり、The Sandbox内の土地NFTであるLandは、コインチェックのNFTマーケットプレイスで購入できます。

コインチェックのアカウントを取得済みの人なら誰でも簡単に利用できるNFTマーケットプレイスであり、これからNFTに挑戦したい方にはピッタリなサービスです。

NFT購入に必要な仮想通貨もコインチェックで購入できるので、コインチェックのみで取り引きを完結させられます。

仮想通貨やNFT、Oasis TOKYOに興味をお持ちの方は、これを機にコインチェックの口座を開設してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

Oasis TOKYOとは?

Oasis TOKYO
引用:https://coincheck.com/ja/article/457

Oasis TOKYOとは、コインチェックThe Sandboxの共同プロジェクトです。

メタバースを展開しているThe Sandbox内に、2035年を想定した近未来都市を制作するという内容です。

一般公開は2022年春を予定しており、詳細は公開されていません。

Oasis TOKYOは、メタバース×NFTのコミュニティの創造を目的としています。

近未来都市といっても、モチーフは日本であり、日本ならではの街並みを再現する予定です。

また、街の中にはイベント会場などの施設を建設し、ユーザーが集まる交流の場の構築を目指しています。

NFTのアーティストや、メタバースに注力する企業の参加も予定されており、Oasis TOKYOが独自のコミュニティを形成していくと思われます。

そもそもコインチェックとThe Sandboxは、2020年9月にパートナーシップを締結しており、コインチェックのNFTマーケットプレイスである「Coincheck NFT(β版)」では、The Sandboxの土地NFT(Land)が売買されています。

Oasis TOKYOもその取り組みの一環であり、ますます勢いを増しているメタバース世界を体験できるきっかけ作りがプロジェクトの意義です。

ESTATEの販売

THE SANDBOX
引用:https://corporate.coincheck.com/news/T6HrMP_6

2022年2月9日18時より、NFTマーケットプレイスの「miime」で、Oasis TOKYOの周辺に位置するLandの集合体であるESTATEが発売されます。

販売されるESTATEは、11個限定であり、Sサイズが8個、Mサイズが3個です。

また、販売されるESTATEの詳細は、下記の通りです。

ESTATEのサイズSM
販売価格17.5 〜 26.2 ETH46.6 〜 96.9 ETH
Landあたり価格2.0 〜 3.0 ETH1.3 〜 2.0 ETH
販売ESTATE132,-171 / 132,-174 / 135,-174 / 144,-177 /
144,-180 / 147,-177 / 156,-186 / 159,-183
120,-192 / 156,-192 / 162,-168

日本円に換算すると数百万円の価格であり、また限定で11個しか販売されないため、購入のハードルは高いでしょう。

Oasis TOKYOの周辺に位置するLandであるため、Oasis TOKYOの盛り上がり次第では、購入価格以上の価値を持つ可能性があります。

また、ESTATE購入必要なイーサリアムは、コインチェックなどの国内取引所で入手できるので、この機会に口座を開設してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Oasis TOKYOの特徴・できること

Oasis TOKYOの特徴・できることを4つお伝えします。

なお、Oasis TOKYOが一般公開されるのは2022年春以降であり、現在のところ詳細な情報は明らかにされていません。

公開済みの内容をもとに、The Sandboxで可能なことを踏まえて、Oasis TOKYOの特徴やできることを紹介します。

Oasis TOKYOの特徴・できること
  • イベントの実施
  • アーティストとの交流
  • コミュニティの形成
  • NFTの売買

イベントの実施

Oasis TOKYOでは、美術館などの施設が建設されるため、NFT売買などのイベントを実施できると想定できます。

また、NFTアーティストとユーザーの交流の場も設けられる予定であるため、交流会などのイベントも実施されるでしょう。

The Sandboxに登録しておけば、これらのイベントに参加可能であり、Oasis TOKYOならではの恩恵を受けられます。

また、Oasis TOKYO周辺のLandを保有しておけば、土地の価値を利用したイベントを実施できるかもしれません。

アーティストとの交流

Oasis TOKYOではアーティストの参加が発表されています。

NFTの認知が拡大し続けている昨今では、NFT制作活動に取り組むアーティストが増えているので、Oasis TOKYOでもその盛り上がりが反映されるでしょう。

また、一口にアーティストといっても、イラストレーターや、VRアーティスト、音楽NFTのアーティストなど、さまざまな人がいます。

そういったアーティストとの交流の場として、Oasis TOKYOが活用される予定です。

コミュニティの形成

イベント実施や、アーティストの登場により人が集まるOasis TOKYOでは、独自のコミュニティを形成していくと思われます。

メタバースの認知は拡大していますが、まだまだ普及している段階ではなく黎明期とする見解が一般的です。

そこで、近い将来の発展に備えて、コミュニティを形成しておくことがOasis TOKYOの狙いの1つでもあります。

コミュニティが形成されると独自の経済圏創造に繋がるため、新たな市場が誕生するかもしれません。

NFTの売買

Oasis TOKYOでは、NFTを売買できる施設やイベントが実施されると予想されます。

NFTとは

また、Oasis TOKYOが存在する土地自体もNFTとして存在します。

メタバースは、現実世界と同様に人が集まる場所に価値が生まれる性質を持つため、Oasis TOKYO周辺のLandの価格は高騰するかもしれません。

今の内にOasis TOKYOによる恩恵を受けられそうなLandを購入しておけば、将来的に大きな価値を持つ可能性があります。

また、多くの場合NFTはイーサリアムで売買されます。

仮想通貨初心者の方は、コインチェックを利用すれば簡単にイーサリアムを入手できるので、この機会に口座を開設してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Oasis TOKYOの始め方

Oasis TOKYOの始め方を解説します。

Oasis TOKYOとは、The Sandboxのメタバース内に制作されるエリアのことです。

そのため、Oasis TOKYOの始め方というよりは、The Sandboxの始め方と表現する方が適切かもしれません。

ここでは、「The Sandbox内の土地NFTであるLandの購入方法」、「コインチェックが公式に明記している、Oasis TOKYOの周辺エリアに位置するLandの集合体であるESTATEの購入方法」をお伝えします。

コインチェックの口座開設

コインチェック

Landを購入するには、決済で使用する仮想通貨を入手する手順が必要です。

仮想通貨は国内取引所で購入可能であり、おすすめの国内取引所はコインチェックです。

コインチェックなら、約500円から仮想通貨を購入可能であり、初心者でも簡単に仮想通貨運用を始められます。

コインチェックを利用するために、まず口座開設を行いましょう。

コインチェック公式サイトにアクセスし、「口座開設(無料)はこちら」をクリックしてください。

登録手順が開始されるので、電話番号やメールアドレスなどの必要情報を入力します。

続いて、本人確認申請のステップに移行します。

本人確認申請では、運転免許証などの写真付身分証を撮影した画像の提出、自分の顔のカメラ撮影を実施しましょう。

申請が完了すると、コインチェックの審査に移ります。

特に問題がなければ、数時間~1日ほどで審査は完了となり、登録しておいたメールアドレスにメールが送信されます。

ここまでの手順でコインチェックの口座開設は完了ですが、便利なコインチェックスマートフォン用アプリも入手しておきましょう。

コインチェックのアプリでは、いつでも仮想通貨を手軽に売買可能であり、国内仮想通貨アプリの中でダウンロード数No.1の実績を誇ります。

今回お伝えするLand購入方法でもアプリを使用するので、ダウンロード及びログインをお済ませください。

コインチェックに日本円を入金

続いて、コインチェックに日本円を入金しましょう。

この手順で入金する日本円は、仮想通貨購入の際に使用します。

入金するには、コインチェックアプリを起動し、「ウォレット」をタップします。

入金方法

続いて、「日本円」⇒「入金」の順に選択すると、左の画像のような「入金方法」画面に切り替わります。

コインチェックで選べる入金方法は、「銀行入金」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3種類であり、どれを利用しても問題なく入金できます。

今回の手順では、手数料無料で利用できる「銀行入金」とします。

「GMOあおぞらネット銀行」、「住信SBIネット銀行」のどちらかを選択し、表示される口座宛に入金してください。

なお、銀行入金を実施しても、すぐにコインチェックに反映されるわけではありません。

数分~1日ほどで入金は反映されるので、コインチェックで入金できているかを確認しましょう。

コインチェックでイーサリアムを購入

コインチェックの入金が完了したら、Land購入に使用する仮想通貨を購入しましょう。

今回は、NFT購入に重宝されるイーサリアムを購入する手順を説明します。

イーサリアムを購入するには、まずコインチェックアプリを起動してください。

ETHの購入

続いて「販売所」を選択すると、左の画像のように仮想通貨の一覧が表示されます。

上から2番目に表示されている「イーサリアム」をタップし、次に「購入」をタップしてください。

購入画面に移るので、「日本円でイーサリアムを購入」をタップすれば、イーサリアムの購入は完了です。

購入の際は、金額を間違えないように注意しましょう。

コインチェックNFTでLandを購入

コインチェックでイーサリアムを購入できたら、「Coincheck NFT (β版)」を利用すれば、Landを購入できます。

まずは、コインチェック公式サイトにアクセスし、画面左メニューの「Coincheck NFT (β版)」をクリックしてください。

Coincheck NFTでランドを購入
引用:https://coincheck.com/ja/nft/the_sandbox/items?limit=60&offset=0

「タイトル」の項目から「The Sandbox」を選択すると、Landが一覧で表示されます。

画像の左上に「出品中」と表記されているNFTならどれでも購入可能です。

続いて、「購入確認」、⇒「購入」の順にクリックすると、Landを入手できます。

メタマスクを入手

Land自体の購入手順の説明は完了していますが、よりOasis TOKYOとの関連性の高いLandを入手するには、「miime」というNFTマーケットプレイスを利用する必要があります。

そのために、イーサリアム系の仮想通貨を保有するウォレットであるメタマスクを入手しましょう。

メタマスクは、ブラウザの拡張機能に追加する方法で入手するので、対応ブラウザであるGoogleChromeでメタマスク公式サイトにアクセスしてください。

続いて、サイト内に表示される「Download now」⇒「Install MetaMask for Chrome」の順に選択していくと、chromeウェブストアが表示されます。

「Chromeに追加」をクリックすると、メタマスクの入手は完了です。

ただ、ここまでの手順ではメタマスクはまだ使用でいないので、初期設定を行いましょう。

METAMASK

まず拡張機能よりメタマスクを起動します。

左の画像のようにポップアップが表示されるので、「ウォレットの作成」をクリックしてください。

設定を進めていくと、「秘密のバックアップフレーズ」という項目が表示されます。

「秘密のバックアップフレーズ」とは、メタマスク内で保有する仮想通貨を復元する際に必要となる情報です。

誰にも教えずに、大切に管理しましょう。

イーサリムをメタマスクへ送金

メタマスクを入手できたら、コインチェックで保有するイーサリアムをメタマスクへ送金しましょう。

送金するには、メタマスクとコインチェックのそれぞれで手順が必要です。

ETHをMETAMASKへ送金

まずメタマスクを拡張機能から起動してください。

ポップアップ内の自分のアカウントをクリックすると、メタマスクで仮想通貨を受け取るためのアドレスがコピーされます。

続いて、コインチェックの手順に移ります。

コインチェックのアプリを起動し、「送金と受け取り」を選択しましょう。

次に、「BTC以外の送金はこちら」⇒「Ethereumを送る」の順に選択します。

「送金先リスト」の項目に、先ほどメタマスクでコピーしたアドレスを追加してください。

その後に、送金したい分のイーサリアムの金額を入力し、「送金する」をタップすると、イーサリアム送金手順は完了です。

なお、送金の際は手数料が発生するのでご注意ください。

miimeとメタマスクを連結

続いて、miimeとメタマスクを連結させましょう。

miimeでは、Oasis TOKYOの周辺エリア位置するLandの集合体であるESTATEが出品される予定です。

miimeとメタマスクを連結させるには、まずmiime公式サイトにアクセスし、画面左のメニューから、「ウォレット/接続」をクリックしてください。

続いて、「MetaMask」の「接続」をクリックします。

自動でメタマスクが起動するので、パスワードを入力し連結を行いましょう。

miimeでESTATEを購入

Landの集合体であるESTATEが出品されるのは、2022年2月9日18時からです。

購入方法は明らかにされていませんが、おそらくmiime公式サイトのタイトル一覧から「The Sandbox」を選べば購入できます。

なお、出品予定のESTATEは2種類であり、価格は17.5ETH~96.9ETHです。

2022年1月時点のイーサリアムの金額だと、6,175,540円~34,194,847円と高額です。

Oasis TOKYOの周辺エリアのLandであるため、人が集まりやすく大きな価値を持つLandではありますが、非常に高額なので、購入は慎重に検討してください。

The Sandboxとメタマスクを連結

Coincheck NFT (β版)、miimeのどちらで購入したにせよ、LandはThe Sandboxの土地NFTであるため、利用するにはThe Sandboxの登録が必要です。

登録するには、まずThe Sandbox公式サイトにアクセスしてください。

画面右上に表示される「サインイン」をクリックすると、ウォレットを選択する画面が表示されるので、「Metamask」を選択して手順を進めましょう。

なおThe SandboxのLandは、メタバース空間における土地であるため、保有しているだけでも資産としての価値を持ちます。

運用したい場合は、The Sandboxにログインして、自分の土地を活用しましょう。

手順が理解できた方は、この機会にまずはコインチェックで口座を開設してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Oasis TOKYOの今後の見通し

Oasis TOKYOの今後の見通しを3つお伝えします。

Oasis TOKYOの今後の見通し
  • 2022年2月9日18時にESTATEの販売開始
  • 2022年春の一般公開
  • Oasis TOKYOの発展

2022年2月9日18時にESTATEの販売開始

2022年2月9日18時より、miimeでESTATEが11個限定で販売開始されます。

Oasis TOKYOの詳細はまだ明らかにされていないため、直近ではESTATEの販売に注目が集まっています。

ESTATEの売買がどれくらいの早さで行われるのかで、Oasis TOKYOの注目度を判断できるでしょう。

2022年春の一般公開

Oasis TOKYOの一般公開は2022年春を予定しています。

具体的な日程や詳細はまだ明らかにされていません。

またOasis TOKYOでは、美術館などの施設設営や、イベントの実施を予定されおり、実際にどういった企画が実施されるかは公開されないとわかりません。

単発のプロジェクトではないので、公開されてからの動向に注目が集まります。

Oasis TOKYOの発展

Oasis TOKYOは、コミュニティ形成を目的としているため、長期的な計画だと思われます。

メタバース市場自体の需要は拡大系傾向にあるので、The SandboxやOasis TOKYOの需要も高まるかもしれません。

Oasis TOKYOの人気の高まり次第では、関連するNFTやLandの価格にも影響を及ぼすでしょう。

Oasis TOKYOの発展に期待してLandを購入するなら、コインチェックのNFTマーケットプレイスがおすすめなので、この機会に口座を開設してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Oasis TOKYOのよくある質問

Oasis TOKYOのよくある質問とその回答を3つお伝えします。

Oasis TOKYOのよくある質問
  • Oasis TOKYOにはどうやって投資するのか
  • Oasis TOKYOに将来性はあるのか
  • Oasis TOKYOでできることは何か

Oasis TOKYOにはどうやって投資するの?

Oasis TOKYO自体はプロジェクトであり、直接投資することはできません。

Oasis TOKYOに対して、最も直接的に投資する方法は、miimeで販売されるESTATEを購入することでしょう。

限定で11個しか販売されないので、購入を検討される方は早めにチェックしてください。

Oasis TOKYOに将来性はあるの?

Oasis TOKYOの将来性を事前に予想することは困難ですが、メタバース市場の成長、The Sandboxの人気を考慮すると、今後の成長には期待できます。

2022年春に公開されてからは、次々と新たなプロジェクトが展開されると予想できるので、今後の動向に注目しましょう。

Oasis TOKYOでできることは何?

Oasis TOKYOでは、イベントの参加、アーティストとの交流ができます。

また、Oasis TOKYOが存在するThe Sandboxは、ユーザー主導のメイキングプラットフォームです。

ユーザーや、参加する企業次第で、Oasis TOKYOの幅は広がっていくでしょう。

Oasis TOKYOに興味をある方は、これらの質問を参考にしつつ、Coincheckで口座を開設してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Oasis TOKYOのまとめ

今回は、Oasis TOKYOについてお伝えしました。

この記事の要点
  • Oasis TOKYOは、The Sandboxに構築される近未来都市
  • コインチェックとThe Sandboxにより制作されている
  • 2022年2月9日より11個限定でOasis TOKYO周辺のESTATEが販売
  • ESTATEやLandの購入にはイーサリアムなどの仮想通貨が必要
  • イーサリアムを買うならコインチェックがおすすめ

Oasis TOKYOは、The Sandboxのメタバースに構築される近未来都市です。

2035年の東京を想定した街並みが形成される予定で、2022年春に一般公開されます。

Oasis TOKYOが存在するThe SandboxのLandを購入するには、イーサリアムなどの仮想通貨が必要です。

イーサリアムを購入するならコインチェックがおすすめであり、コインチェックなら独自のNFTマーケットプレイスでLandを購入できます。

Oasisi TOKYOに興味のある方は、この機会にコインチェックで口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる