【暴落する?】仮想通貨OMGとは?今後の見通し/価格予想や将来性を解説[オミセゴー]

OMGは2020年7月にGMOコイン、2021年にCoincheckDMM Bitcoinbitbankで立て続けに新規上場を果たした仮想通貨です。

そういった状況を見て、OMGに対して強い関心を持っている方もおられることでしょう。

そこでこの記事では今注目の仮想通貨OMGについて、その特徴やこれまでの価格推移、今後の見通しなどを解説していきます。

この記事の要点
  • OMGはイーサリアムのセカンドレイヤー技術を利用している
  • イーサリアムよりも安価な手数料や、速い処理速度を実現している
  • OMGはDeFi分野への参入を画策している
  • OMGはアジア圏の企業や機関と多く提携しており、将来性に期待が持てる
  • 長期的な価格予想では、多くのメディアが前向きな予想を発信している
  • OMGを購入するなら、取引アプリダウンロード数No.1のCoincheckが使いやすい

なおOMGへ投資をしたい方には、人気の仮想通貨取引所であるCoincheckが使いやすいです。

OMG以外にも様々な銘柄の取扱があり、取引ツールも便利なため多くの方が利用しています。

まだ口座をお持ちでない方はこの機会にCoincheck公式サイトをチェックしておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

なお、Media Argo公式ラインではOMGなど仮想通貨などに関する限定情報を配信しています。

この機会に友達登録をしてみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次

【2022年3月】仮想通貨OMG(オーエムジー)の現在の価格動向

引用:Trading View

まずは、2022年最新の価格動向をチェックしていきましょう。

上の画像は、2021年1月から2022年現在までのOMG/USDチャートです。

2021年は年始から堅調に伸びていたのですが、5月中旬に一転して下落基調に陥ります。

なお下落基調は5月中旬から7月中旬の2ヶ月間続きましたが、その後は再び上昇基調へと戻り、11月には最高値の更新を記録しました。

ところが11月に高値を更新して以降は勢いが続かずに下落基調となり、2021中にあれだけ高騰を見せたにも関わらず、2022年現在は2021年年始の価格に近い水準まで下落してきています。

ただ過去の値動きからOMGの持つポテンシャルを推し量れば、今は安い状態で保有できる絶好のチャンスだと言っても良いかもしれません。

OMGはスマホアプリダウンロード数No.1のCoincheckで取り扱われているので、興味のある方はぜひCoincheckの公式サイトをチェックしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨OMGとは?

OMG
仮想通貨名OMG(オーエムジー)
ティッカーシンボルOMG
現在の価格(2022年6月時点)¥235.14
時価総額 (2022年6月時点) ¥32,977,366,346
時価総額ランキング(2022年6月時点) 101位
購入できる主な取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン

OMG Networkは2017年に、イーサリアムを基盤につくられたブロックチェーンプラットフォームです。

また、そこで流通している基軸通貨をOMG(オーエムジー)と言います。

OMGNetworkはもともと、東南アジア圏におけるオンライン決済サービスでの利用を目的として、タイを拠点とするOmiseホールディングスが開発しました。

当初は「Omise Go」という名称でしたが、2020年6月に「OMG Network」に名称を変更しています。

また2020年12月には、香港に拠点を置く仮想通貨店頭取引(OTC)企業「ジェネシスブロック」の子会社である「ジェネシスブロック・ベンチャーズ(GBV)」に買収されています。

OMGは多くの投資家が利用するCoincheckで購入することができます。

OMGに投資したい方は、Coincheck公式サイトをチェックしてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨OMGの特徴

OMG/OMG Networkには次のような特徴があります。

OMGの主な特徴3つ
  • セカンドレイヤーを用いている
  • 低コストで取引速度も速い
  • DeFi分野への進出を画策している

セカンドレイヤーを用いている

OMG Networkは、「More Viable Plasma (モア・バイアブル・プラズマ)」 というイーサリアムのセカンドレイヤー(オンチェーン)を利用してつくられています。

セカンドレイヤーとは?

セカンドレイヤーとはメインのブロックチェーン以外で取引などを実行できる技術のことです。

完全にブロックチェーンの外で取引などをおこなう「オフチェーン」と、サイドチェーン(子チェーン)を利用した「オンチェーン」の2種類があります。

また、セカンドレイヤーを用いることで、イーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題(ユーザー過多による処理遅延や手数料高騰)を回避することに成功しています。

スケーラビリティ問題

低コストで取引速度も速い

OMG Networkはイーサリアムのセカンドレイヤーを利用しているため、イーサリアムと比べて取引速度の高速化と低コスト化を実現しています。

2021年8月現在、イーサリアムのトランザクション処理速度は毎秒15件程度と言われているのに対し、OMG Networkでは毎秒4000件程度を処理することができます。

また手数料は、イーサリアムの平均手数料の約1/3まで抑えられています。

DeFi分野への進出を画策している

DeFi とは

OMG Networkはイーサリアムのサイドチェーンなので、イーサリアムと同じくスマートコントラクトを実装できます。

また繰り返しになりますが、本家のイーサリアムよりも処理速度が速く、手数料も安価です。

そのため、2020年末にOMG Networkを買収したジェネシスブロック・ベンチャーズは、OMGNetworkを用いてDeFi(分散型金融)分野に参入し、仮想通貨取引とレンディングのためのプラットフォームを構築しようと画策しています。

実際にそのプラットフォームが完成すれば、OMGの価格に大きく影響を与える可能性があるため、今後の動向に要注目です。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨OMGのこれまでの価格推移

続いて、OMGのこれまでの価格推移を順番におさらいしていきましょう。

2017年・2018年の価格上昇

引用:Trading View

上の画像は、2017年7月から2018年12月までのOMG/USDチャートです。

OMGは2017年7月にローンチされ、その直後の8月にはタイのマクドナルドやタイ金融庁と提携を果たします。

また、12月にはイーサリアムの開発者であるヴィタリック・ブテリン氏がOMGに言及したことで、投資家から注目を集めることとなります。

これらの出来事と、仮想通貨バブルのタイミングが重なったことからOMGは急騰し、2018年の始めには一時30ドル手前まで高騰しました。

2020年8月の価格上昇

引用:Trading View

上の画像は、2020年1月~2020年12月現在までのOMG/USDチャートです。

OMGは2020年6月に、「Omise Go」から「OMG Network」へのリブランドをおこなっています。

また、コロナショックから市場が回復していくタイミングでもあったことから、2020年8月に大きく高騰しました。

2021年の価格上昇

引用:Trading View

続いては、2021年1月~2021年12月までのOMG/USDチャートです。

OMGは2020年に上昇基調でしたが2021年に入ってもその流れは続き、5月には2020年8月につけた高値を大きく更新して、一時15ドルを突破します。

また、2021年11月には再び高値の更新を果たしました。

ただ、2021年11月に大きく高騰した直後から一転して下落基調となり、2021年はその下落トレンドのままで終えています。

なお、2022年の最新動向は冒頭に示した通りです。

2021年末からの下落トレンドが2022年に入っても続いてますが、価格が落ちている現状は安くOMGを購入するチャンスと言えるかもしれません。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式ラインではOMGなどの仮想通貨に関する限定情報を配信しています。

この機会に友だち登録をしてみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

仮想通貨OMGの今後の予想・見通し

2021年末から下落トレンドとなっているOMGですが、将来性については次のような要因から高く評価されています。

OMGの今後に関わるポジティブな要因
  • アジア圏の企業と繋がりを強めている
  • 東南アジア圏で金融包摂の足掛かりになる可能性を秘めている
  • 取引所への新規上場が続いている

アジア圏の企業と繋がりを強めている

タイ発の仮想通貨であるOMGは、これまで次のようなアジア圏の企業や機関と提携しています。

OMGが提携してきた主な企業・機関

企業などと提携してプロジェクトを起こせば、そのプロジェクト内で新規ユーザーを確保することができます。

また様々なプロジェクトや開発が活発に進められていると、投資家からの信頼を得ることにもつながっていきます。

東南アジア圏で金融包摂の足掛かりになる可能性を秘めている

金融包摂」とは、経済状況などに関わらず国民の誰もが金融サービスの恩恵を受けられるようにすることを指します。

日本では誰もが銀行口座を持つことができ、預金や送金などの金融サービスを受けることができます。

しかし世界にはそれが当たり前ではない途上国が多くあり、その中で金融包摂の手段になり得るのではないかと、銀行を必要としない仮想通貨が注目されています。

また、実際に金融包摂のために仮想通貨を用いる動きはすでに各地で進められており、2021年6月には中米の小国エルサルバドルでビットコインを法定通貨とする法案が可決され話題になりました。

こういった動きの中、OMGもタイを始めとした東南アジア圏で、金融包摂を成すための手段の一つとして関心を寄せられています。

取引所への新規上場が続いている

仮想通貨は取引所に上場すると、新規ユーザーが増えて価格が高騰することがあります。

OMGは2017年に生まれた仮想通貨で、すでにバイナンスやHuobi Globalなどの大手海外取引所でも取り扱われています。

しかしまだ上場先が増えており、日本でも2020~2021年に立て続けに新規上場を果たしました。

2020~2021年にOMGが上場した国内取引所

今後さらに上場先が増えていけば、価格の高騰と流動性の向上につながっていくことでしょう。

このようにOMGは、高い将来性を持つとされる仮想通貨の1つです。

OMGに興味を持った方はぜひ人気取引所のCoincheckをチェックしてみてください。 

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨OMGの将来の価格予想

続いて、仮想通貨専門メディアが発信しているOMGの価格予想をチェックしていきましょう。

2022年中のOMGの価格予想

まず2022年中の価格については、各メディアから次のような予想が示されています。

2022年中のOMGの価格予想

(OMGの2022年始値:5.87ドル、2021年最高値:20.1ドル)

2022年中の価格予想は、2022年始値と比べて考えると、わずかに復調すると見られています。

ただ2021年につけた高値には遠く及ばない予想価格となっているため、これらの予想を参考にするなら、2022年中は大きくリスクを取るような投資の仕方は避けた方が無難かもしれません。

2023年以降のOMGの価格予想

次に、2023年以降の価格予想を見てみましょう。

2023年以降のOMGの価格予想

(OMGの史上最高値:28.3ドル、2021年最高値:20.1ドル)

長期的に見ると、仮想通貨バブル時につけた最高値にはなかなか及ばないものの、2021年の最高値は更新していくだろうと多くのメディアが予想しています。

そのため価格が下がっている内に保有しておけば、将来大きなリターンを得られる可能性が十分にあると言えるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨OMGを購入できる使いやすい取引所

最後に、OMGを購入できる使いやすい国内取引所を3社ご紹介します。

OMGを購入できる使いやすい取引所3社

それぞれ説明します。

Coincheck

コインチェック
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(16銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
ステーキングサービス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判
Coincheckの使いやすいポイント

500円からOMGに投資できる

CoincheckではOMGを含む16種類の銘柄に対して、ワンコイン(500円)から投資することができます。

いきなり大金をつぎ込む必要がないので、投資初心者でも安心して仮想通貨取引を始められることでしょう。

取引アプリがシンプルで使いやすい

Coincheckは、2020年に仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1を獲得した人気の取引所です。

取引アプリは非常にシンプルなつくりになっていて、初心者でも直感的に使い方を理解することができます。

またパソコンのブラウザ版の取引ツールは、高性能チャートツール「TradingView」と提携しています。

そのためブラウザ版を使えば、描画ツールやインジケーターを利用して細かな分析も可能です。

その他に国内最大の17種類の仮想通貨を取り扱っている点や最近話題のNFTマーケットプレイスを提供している良い点がポイントとして評価されています。

OMGを購入できる人気の取引所ですのでこの機会にCoincheck公式サイトをチェックしてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin

dmmbitcoin
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(13銘柄)
取引所形式:×
レバレッジ取引(銘柄数)○(27銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
 取引手数料
(ビットコインの場合)
 販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
※BitMatch注文を除く
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判
DMM Bitcoinの使いやすいポイント

OMGのレバレッジ取引ができる

DMM Bitcoinは現物取引よりもレバレッジ取引に力を入れている取引所で、OMGのレバレッジ取引ができるようになっています。

レバレッジ倍率は最大2倍となっており、少ない資金で効率よく利益を狙いたいという方におすすめです。

Bit match注文で取引コストを抑えられる

レバレッジ取引(販売所形式)は、取引コスト(スプレッド)が割高なことがデメリットの一つとなっています。

しかしDMM BitcoinにはBit match注文(取引所と販売所のハイブリッド)があり、それを利用すれば通常よりも取引コストを安く抑えることが可能です。

DMM Bitcoinはレバレッジ取引に力を入れている仮想通貨取引所です。

OMGでもレバレッジ取引ができるので、Coincheckと合わせて公式サイトをチェックしてみてください。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

ビットバンク(bitbank)

bitbank-top-1024x491
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(12種類)
取引所形式:○(13種類)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.00000001BTC
取引所形式:0.0001BTC
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:maker -0.02%、taker 0.12%
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービス
公式サイトビットバンク公式サイト
関連記事 ビットバンクの評判
ビットバンクの使いやすいポイント

セキュリティが国内No1

ビットバンクでは、ユーザーの暗号資産をコールドウォレットで管理している為、ハッキング対策が高度に施されています。

ICORatingという第三者機関に国内の仮想通貨取引所でセキュリティがNo.1の実績を誇ると認定されています。

スプレッドが業界最狭水準

ビットバンクでは、販売所における仮想通貨の販売所のスプレッドが業界最狭水準となっており、取引コストを抑えたいという方に最適です。

ただ、スプレッドは随時変化しておりますので定期的にチェックするようにしましょう。

ビットバンクは取引所形式でも仮想通貨をトレードすることができる為、売買が成立しやすい取引所と言えるでしょう。

CoinMerketCapによると、国内No1の取引量を誇る時期もありました。

まだ最近では、MKRなど他の取引所ではあまり取り扱いのない銘柄も取り扱っておりますので、まだ口座をお持ちでない方は是非ビットバンクの公式サイトをチェックしておきましょう。

\ セキュリティ日本一! /

GMOコイン

gmoコイン
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(14銘柄)
取引所形式:○(7銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)販売所形式:○(10銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
現物取引(販売所形式):0.00005 BTC
現物取引(取引所形式):0.0001BTC
レバレッジ取引(販売所形式):0.01BTC
レバレッジ取引(取引所形式):0.01BTC
 取引手数料
(ビットコインの場合)
現物取引(販売所形式):無料(スプレッドあり)
現物取引(取引所形式):Maker -0.01%、Taker 0.05%
レバレッジ取引(販売所形式):無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
レバレッジ取引(取引所形式):無料(レバレッジ手数料あり)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービス貸暗号資産
つみたて暗号資産
ステーキングサービス
公式サイト GMOコイン公式サイト
関連記事GMOコインの評判
GMOコインの使いやすいポイント

OMGの自動積立ができる

GMOコインではOMGを含む14種類の銘柄で、500円から自動積立サービスを利用することができます。

また積立プランは、毎日積立と毎月積立のどちらかを選べます。

少額から始められて積立プランの自由度も高いので、投資初心者でも気軽に利用することができます。

貸仮想通貨でインカムゲインを得られる

仮想通貨には基本的に、株の配当金や株主優待のようなインカムゲインを得る仕組みはありません。

しかしGMOコインの貸仮想通貨サービスを利用すれば、取引をしなくても保有している仮想通貨をGMOコインに貸し出すことで貸借料を得ることができます。

OMGの将来性に期待して長期保有をしようと考えている方は、ぜひ貸仮想通サービスの利用も検討してみてください。

GMOコインは一つのアカウントで様々なスタイルの取引ができると評判の取引所です。

OMGは販売所形式での現物取引とレバレッジ取引に対応しています。

このように取引所はそれぞれセールスポイントが異なるので、数ある中から自分の投資スタイルや目的に合ったところを選ぶようにしましょう。

\ 顧客満足度No.1! /

仮想通貨OMGの見通しや予想まとめ

今回は、仮想通貨OMGの特徴や今後の見通しなどを解説しました。

この記事のまとめ
  • OMGはイーサリアムのセカンドレイヤー技術を利用している
  • イーサリアムよりも安価な手数料や、速い処理速度を実現している
  • OMGはDeFi分野への参入を画策している
  • OMGはアジア圏の企業や機関と多く提携しており、将来性に期待が持てる
  • 長期的な価格予想では、多くのメディアが前向きな予想を発信している
  • OMGを購入するなら、取引アプリダウンロード数No.1のCoincheckが使いやすい

OMGはイーサリアムのセカンドレイヤー技術を利用していることから、イーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題を解決して、高い処理性能の獲得と低コスト化を実現しています。

将来性にも十分に期待できる通貨の1つなので、この記事を通してOMGに興味を持った方は、ぜひCoincheck公式サイトをチェックしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

なお、Media Argo公式ラインではOMGなど仮想通貨などに関する限定情報を配信しています。

この機会に友達登録をしてみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる