ORCA(オルカ)とは?特徴・使い方と今後の見通し・予想を徹底解説

近年、高速・低コストで利用できるSolanaブロックチェーンのDappsやDeFiの需要が拡大しています。

今回紹介するOrcaはそれらの内の一つで、Solanaを基盤につくられた分散型取引所です。

この記事では分散型取引所Orcaの特徴や、そのガバナンストークンであるORCAの今後の見通しなどを紹介していきます。

ブロックチェーン技術に詳しくない方は、「DEXとは?」「DeFiとは?」の記事もぜひご覧ください。

この記事の要点
  • OrcaはSolana上の分散型取引所の一つであり、ORCAはそのガバナンストークン
  • イールドファーミングの報酬として、ORCAを得ることができる
  • 多くのメディアが短期的にも長期的にも、ORCAは高騰していくと予想を立てている
  • 分散型取引所ORCAを利用するには、同時に国内取引所と海外取引所も利用する必要がある
  • 軍資金となるビットコインを調達するなら、Coincheckの利用がおすすめ

Orcaを始めとする仮想通貨の取引には専用の仮想通貨取引口座が必要です。

Coincheckは国内最多の17種類の仮想通貨を取り扱っており仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1の実績があります。

コインチェック

シンプルな操作画面と簡単な手続きで最短1日で口座開設から取引開始までアプリ内で完結できます。

まだ口座を開設していない方はこれを機に登録しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する情報を随時発信中です。

アルトコインについての情報も配信していますので、ぜひ無料で登録してみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

仮想通貨Orca/ORCAとは?

ORCA
トークン名ORCA(オルカ)
ティッカーシンボルORCA
現在の価格(2021年9月時点) 4.58ドル
時価総額(2021年9月時点) 3,100万ドル
時価総額ランキング(2021年9月時点) 713位
購入できる取引所Hotbit
※国内取引所には未上場

Orca(オルカ)とは、2021年にローンチされたSolanaブロックチェーンを基盤にしている分散型取引所(DEX)のことです。

Solanaブロックチェーンには他にもRaydiumやSerumなどの分散型取引所が存在していますが、Orcaは「プログラムではなく、人々のためのDEX」を理念に掲げ、ユーザビリティを重視することで差別化を図っています。

また、Orca内のガバナンストークンも取引所の名称と同じく「ORCA」と言います。

なお、ORCAは残念ながら2021年9月時点で国内取引所には未上場のため、入手するにはOrcaなどの分散型取引所または海外取引所を利用する必要があります。

海外取引所や分散型取引所は日本の金融庁の所管外なので、利用の際は利用すること自体に潜在的なリスクを伴うことを理解しておきましょう。

日本の取引所では、コインチェックが特におすすめです。

国内最多の17種類もの仮想通貨を取り扱い、取引ツールは扱い安いという定評があります。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨Orca/ORCAの特徴

分散型取引所のOrcaとそのガバナンストークンであるORCAには、次のような特徴があります。

Orca/ORCAの主な特徴
  • ガス代が安く処理速度も速い
  • 適性に近い価格でスワップ(交換)できる
  • 手数料の一部が海洋生態系保護のために寄付される
  • イールドファーミングの報酬でORCAを得られる

ガス代が安く処理速度も速い

イーサリアムのガス代

Solanaは、高速・低コストで利用できることで人気を集めているブロックチェーンプラットフォームです。

OrcaもそのSolanaの恩恵を受けて、格安のガス代(ネットワーク手数料)と高速処理を実現しています。

なお、Solanaについてより詳しく知りたい方は、「仮想通貨SOL/Solanaとは?」をご参照ください。

また仮想通貨取引をこれから始める方で手数料が手数料が気になる方にはCoincheckがおすすめです。

Coincheckでは国内最多の17種類の取扱仮想通貨数であり、取引所での手数料が無料です。

まだ口座をお持ちでない方はこれを機にぜひ登録しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

適性に近い価格でスワップ(交換)できる

分散型取引所とはいわば無人の両替所であり、ユーザー同士で両替に使う仮想通貨を持ち寄っているので、市場とは基本的に切り離されています。

また、中央管理者を必要としないので低コストで利用できるというメリットがある反面、流動性が不十分だったりすると市場価格よりも不利な価格でスワップ(交換)が成立してしまうことがあります。

しかしユーザビリティを重視しているOrcaは仮想通貨情報サイトのCoinGeckoとリンクしており、市場価格とスワップ時の価格における乖離の有無が一目でわかるようになっています。

具体的にはスワップの画面内で、CoinGeckoによる市場価格との乖離が1%以内であれば「Fair Price」と表示され、それ以上なら警告が表示されます。

USDT/ORCA

手数料の一部が海洋生態系保護のために寄付される

Orcaではスワップ時に0.3%の手数料が必要になりますが、その手数料は次のような用途に利用されます。

Orcaの手数料の用途
  • 0.25%:流動性供給者に還元
  • 0.04%:オルカ財団の資金
  • 0.01%:海洋生態系保護のために寄付

このように手数料の一部が寄付金に充てられるのが、Orcaのユニークポイントの一つとなっています。

イールドファーミングの報酬でORCAを得られる

多くの分散型取引所と同じくOrcaでは、イールドファーミングで利益を得ることができます。

イールドファーミングとは?

イールドファーミングとは、分散型取引所で仮想通貨を預け入れて流動性を提供することにより、その対価として報酬を得られる仕組みのことです。

イールドファーミングとは

Orcaのイールドファーミングでは、報酬としてガバナンストークンであるORCAと、スワップ時の手数料の両方を受け取ることができるようになっています。

仮想通貨Orca/ORCAの価格推移

ORCAは2021年8月にローンチされたばかりのトークンであり、これまでの価格動向は次の通りです。

ORCAの価格動向
  • ローンチ時の価格(2021年8月):1.90ドル
  • 史上最安値(8月):1.55ドル
  • 史上最高値(9月):6.23ドル
  • 9月現在の価格:4.58ドル

まだローンチから1ヶ月程度ではありますが、これらの数値から今のところは堅調に推移していることが分かります。

Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する情報を随時発信中です。

DappsやDefiについての情報も配信していますので、ぜひ無料で登録してみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

仮想通貨Orca/ORCAの今後の予想・見通し

ORCAはその今後を占うにあたり、次のようなポジティブな要素とネガティブな要素がそれぞれ存在しています。

Orca/ORCAの今後に関わる要素

ポジティブな要素

  • Solanaブロックチェーンの需要が伸びている
  • 通貨ペアの追加や多言語対応を進めている

ネガティブな要素

  • Solana上の他の分散型取引所に需要で劣っている

Solanaブロックチェーンの需要が伸びている

DappsやDeFiのプラットフォームはイーサリアムが主流なのですが、イーサリアムは長年スケーラビリティ問題(ユーザー過多による処理遅延や手数料高騰)を抱えていました。

スケーラビリティ問題

そんな中で高速・低コストで利用できるSolanaが登場し、徐々に需要が拡大してきています。

またSolanaの需要拡大は、OrcaなどSoranaエコシステム内にあるサービスのユーザー増加とほぼ同義だと言えます。

取扱通貨の追加や多言語対応を進めている

Orcaは比較的新しい分散型取引所であり、現在進行形で取扱通貨の拡充や多言語対応などをおこなっています。

例えば2021年9月10日は、新たに「SOCN」というトークンの取り扱いが追加されました。

このように利便性が向上していけば、自ずとユーザーも増えていくでしょう。

まだOrcaやSconは日本に進出していませんが、日本上陸の際には国内最大仮想通貨取扱数のCoincheckが国内取引所となる可能性が高いです。

日本上陸の際には価格上昇が期待できるので今のうちにCoincheckに口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Solana上の他の分散型取引所に需要で劣っている

SolanaブロックチェーンにはOrca以外にも、RaydiumやSerumなどの分散型取引所が存在しています。

DeFiの情報サイト「DeFi Llama」によると、これらとOrcaのTVL(預かり資産)は2021年9月時点で以下のようになっています。

Solanaの分散型取引所におけるTVL(預かり資産)の比較
  • Saber:34億5000万ドル
  • Raydium:15億9000万ドル
  • Serum:5億ドル
  • Orca:2億3000万ドル

このようにOrcaは、Solana上の他の分散型取引所にTVLで、つまりは需要で大きく差を開けられています。

また分散型取引所はユーザー同士でスワップのための通貨を出し合うので、「需要=流動性」の低下は利便性の低下に直結します。

Orcaに限ったことではありませんが、イーサリアムなど他のブロックチェーンにも人気の分散型取引所がある中で、次々と増える分散型取引所がどうやって今後生き残っていくのか、その動向は注視しておいた方がよいでしょう。

公式LINE

なお、Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する情報を随時発信中です。

アルトコインについての情報も配信していますので、ぜひ無料で登録してみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

仮想通貨Orca/ORCAの将来の価格予想

続いて、海外の仮想通貨専門メディアなどが、Orca/ORCAの将来の価格をどのように予想しているのかチェックしていきましょう。

2021年末の仮想通貨Orca/ORCAの価格予想

まず2021年末の価格予想は、9月時点で次のようなものが示されています。

2021年末のOrca/ORCAの価格予想

史上最高値(2021年9月):6.23ドル、9月現在の価格:4.58ドル

2021年も残り約3ヶ月ですが、ORCAはここまでの最高値を今年中に更新していくだろうと予想されています。

現在ORCAは国内取引所では取引できませんが日本に上陸した場合国内最大取扱通貨数のCoincheckで取引される可能性は高いです。

まだCoincheckで口座をお持ちでない方はこれを機に登録しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

2022年以降の仮想通貨Orca/ORCAの価格予想

次に長期的な予想は、以下の通りとなっています。

2022年以降のOrca/ORCAの価格予想

ORCAは長期的にも高騰していくと見られており、中には100ドルを超えるという強気な予想を発信しているところもあります。

分散型取引所が増えていく中でOrcaが将来どのように生き残りをかけていくのかといった気になる部分もありますが、これらのメディアによる予想を元にして、長期目線でORCAに投資してみるのも面白いかもしれません。

ORCAに興味を持った方は、まずはコインチェックでの口座開設から始めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨Orca/ORCAを購入できる取引所

ORCAは2021年8月にローンチしたばかりのトークンで、当然ながら国内には上場しておらず、海外でも今のところHotbitでしか取り扱いがありません。

またHotbitではUSDT建てでしかORCAを購入することができないので、購入するには以下の手順を踏む必要があります。

海外取引所(Hotbit)でORCAを購入する方法
  • 国内取引所でビットコインを購入する
  • Hotbitにおいて、ビットコイン建てでUSDTを購入する
  • Hotbitにおいて、USDT建てでORCAを購入する

なお、軍資金となるビットコインを調達する際は、国内取引所の中でもCoincheckの利用がおすすめです。

現物取引(銘柄数)販売所形式:○(16銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
(販売所・取引所を合わせると、取扱銘柄は全17種類)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
ステーキングサービス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheckは取引所形式(Coincheckのユーザー同士で取引する形式)の現物取引でビットコインを取り扱っています。

またCoincheckの取引所形式では、取引手数料がかからないため国内他社よりも低コストでビットコインを調達することが可能です。

一方で、海外取引所であるHotbitは金融庁の所管外です。

そのためHotbitを利用する際は、万が一トラブルが発生しても法的に守られない可能性が高いことをよく理解しておきましょう。

これから仮想通貨取引を始める方は国内取引所でかつ仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1の実績を持つCoincheckで口座を開設しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

分散型取引所でORCAを入手する方法

最後に分散型取引所Orcaのスワップ(交換)、またはイールドファーミングでORCAを入手する方法をご紹介します。

まず、Orcaを利用するには次のものが必要です。

Orca利用時に必要なもの
  • 国内取引所の口座(ビットコインを購入するため)
  • 仮想通貨SOLを扱っている海外取引所の口座
  • Orcaに対応しているSolana系のウォレット

また、スワップとイールドファーミングの方法をそれぞれ見ていきましょう。

スワップで入手

Orcaにおけるスワップまでの手順は、以下の通りです。

Orcaにおけるスワップまでの手順:5STEP
  1. 国内取引所でビットコインを購入する
  2. FTXなどの海外取引所において、ビットコイン建てでSOLを購入する
  3. ウォレットを用意する
  4. ウォレットをOrcaに接続する
  5. SOLをORCAに交換する(スワップ)

STEP1:国内取引所でビットコインを購入する

まずは国内取引所で軍資金となるビットコインを調達しましょう。

先ほども紹介した通り、ビットコインを購入する際はCoincheckの利用がおすすめです。

シンプルなデザインと簡単な操作で登録から取引までを最短1日でかつアプリ内で完結できます。

これから仮想通貨取引用口座を開設しようと考えている方はぜひこれを機にCoincheckに登録しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

STEP2:FTXなどの海外取引所において、ビットコイン建てでSOLを購入する

海外取引所への送金

OrcaのようなSolana基盤の分散型取引所を利用する際は、ガス代としてSOLが必要になります。

またOrcaでは、SOLとORCAをスワップ(交換)できます。

そこで、FTXなどビットコイン建てで購入できる海外取引所にビットコインを送金して、SOLを購入しましょう。

STEP3:ウォレットを用意する

次に、Orcaに対応しているSolana基盤のウォレットを用意しましょう。

対応ウォレットはPhantom、Sollet、Solflareなどいくつか種類がありますが、ここではPhantomを紹介します。

PhantomはWebブラウザの拡張機能(プラグイン)となっているウォレットで、例えばGoogle Chromeを使っているなら、Chromeウェブストアから無料でダウンロードできます。

Phantom

またダウンロードすれば、パスワードを設定するだけで簡単に利用できます。

なおPhantomを利用できる状態になったら、購入したSOLをそこに送金しておきましょう。

STEP4:ウォレットをOrcaに接続する

Phantomの用意ができたら、OrcaにアクセスしてPhantomを接続しましょう。

トップ画面の「Connect wallet」をクリックして、Phantomを接続すればOrcaを利用できる状態になります。

Welcome to Orca
Orca connect wallet

STEP5:SOLをORCAに交換する(スワップ)

最後に、SOLをORCAに交換しましょう。

トップページの「Exchange」をクリックして、交換したいペアをSOLとORCAに設定し、数量を入力すれば交換できます。

またスワップを実行した際は、ウォレットから少量のSOLがガス代(ネットワーク手数料)として消費されます。

Orca Exchange

イールドファーミングで入手

イールドファーミングは、等価となる通貨ペアを預けることで報酬を得ることができます。

対象となる通貨ペアは様々なものがありますが、ここではSOLとORCAを例にご紹介します。

まずトップページの「Pools」をクリックして、表示された通貨ペアの中からORCA/SOLを選択します。

ORCA/SOL

次に、ORCAとSOLが等価となるように数量を設定して預ければ完了です。

Orca Deposit Liquidity

一定期間経過すると、報酬としてORCAとスワップ時の手数料の一部を得られます。

ORCAを入手した方は、まずはコインチェックで口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨Orca/ORCAの見通しや予想まとめ

今回はSolana上の分散型取引所であるOrcaと、そのトークンについて紹介しました。

この記事のまとめ
  • OrcaはSolana上の分散型取引所の1つであり、ORCAはそのガバナンストークン
  • イールドファーミングの報酬として、ORCAを得ることができる
  • 多くのメディアが短期的にも長期的にも、ORCAは高騰していくと予想を立てている
  • 分散型取引所ORCAを利用するには、同時に国内取引所と海外取引所も利用する必要がある
  • 軍資金となるビットコインを調達するなら、Coincheckの利用がおすすめ

Orcaは2021年にローンチされた比較的新しい分散型取引所です。

その需要は今のところRaydiumやSerumなどSolana上にある他の分散型取引所に劣っており、今後どのように生き残りを図るのかといった気になる部分もあります。

一方で、海外の仮想通貨専門メディアからは短期的にも長期的にも高く評価されているので、興味のある方はぜひORCAへの投資を検討してみてください。

なお、ORCAは国内取引所に上場していないため、入手するには分散型取引所や海外取引所を利用する必要があります。

その際軍資金となるビットコインは、Coincheckで取引しましょう。

コインチェック

Coincheck17種類の仮想通貨を取り扱う国内最大級の取引所です。

また、仮想通貨の積立購入や貸し暗号資産に対応しているなど取引方法も豊富であり、幅広い方が利用しやすい取引所となっています。

今後FLOWが上場する可能性も高いため、今のうちに口座開設をしておくことをおすすめします。

まずは、Coincheckの口座開設を行いビットコインやイーサリアムを購入しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する情報を随時発信中です。

アルトコインについての情報も配信していますので、ぜひ無料で登録してみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる