仮想通貨クアント(Quant/QNT)とは?価格動向から今後の見通し/将来性を徹底解説

仮想通貨クアント(QNT)は、複数のブロックチェーン間の架け橋となるべく作られた仮想通貨です。

ネットワークの効率性を落とすことなく、ブロックチェーンとネットワークをグローバル規模で接続させることを目的としています。

ブロックチェーン技術をつなぐソリューションとして、将来性も期待できる銘柄の1つともいえるでしょう。

今回はそんなクアントについて以下の情報を中心に記載します。

この記事でわかること
  • クアントは複数のブロックチェーンに相互作用を持たせるプロジェクトであること
  • クアントの持つ「オーバーレジャー」という機能はブロックチェーンを運用するために開発されたOSであること
  • オーバーレジャーを利用することで、マルチチェーンが可能になること
  • 価格が上がっていくためには複数の取引所に上場されて、多くの人に知ってもらう必要があること
  • クアントを購入できる取引所は海外取引所が中心であること
  • 国内取引所を利用してからクアントを購入するのであれば、Coincheckがおすすめであること

ブロックチェーン技術が現代のあらゆるシステムに採用されていけば、クアントの需要は今後ますます伸びることが予想されるため、手の届く価格のうちに購入しておくのがおすすめです。

しかし、クアントを購入するためには海外取引所を利用しなければいけません。

海外取引所で仮想通貨を購入するとなると、日本の取引所でビットコインなどを購入した上で海外取引所に送金するのが一般的です。

そこで、国内の取引所を利用するのであればCoincheckの利用がおすすめです。

感覚的な操作で使いやすい仕様になっており、海外取引所を利用するためにも、Coincheckに登録するのがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

クアント(Quant/QNT)とは?

Quant-top
参照:https://www.quant.network/
仮想通貨名クアント(Quant)
ティッカーシンボルQNT
価格(2022年1月時点)21,251円
時価総額(2022年1月時点)255,432,308,773円
時価総額ランキング(2022年1月時点)60位
購入可能な取引所・Binance
・KuCoin
・Coinbase Exchangeなど
公式サイト公式サイト
関連記事仮想通貨取引所ランキング

クアント(QNT)は、ブロックチェーンとネットワークをグローバルな規模で接続し、ネットワークの相互性を維持したまま効率化を図ることを目的としたプロジェクトです。

2018年6月にプロジェクトがスタートしました。

ブロックチェーン技術は公正かつ透明性の高い取引ができる技術です。

ブロックチェーンとは

しかし、その一方でそれぞれのブロックチェーンに互換性がないため、独立してしまっているのが問題点として挙げられていました。

例えば、ビットコインとイーサリアムのブロックチェーンには互換性がありません。

ビットコインをイーサリアムに交換するためには、取引所を介して交換する必要がありました。

しかし、クアントのプラットフォームを利用すればブロックチェーン同士の接続を可能にしますので、チェーン同士が連携できるようになります。

各所でブロックチェーン技術が採用され始めている近年では、クアントの需要が高まる確率が高いです。

さらに、クアントのCEOであるGilbert Verdian氏はブロックチェーン国際規格の設立者なので、プロジェクト自体の信頼性も高いです。

アルトコインによくあるような、計画が頓挫してしまう銘柄ではないといえるでしょう。

Quantでの取引を始めるには海外取引所を利用する必要があり、その準備として国内取引所で仮想通貨を購入する必要がありいます。

口座を無料開設でき、初心者でも使いやすいCoincheckで口座を開設して、Quantの取引を始めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

クアント(Quant/QNT)の特徴

ここではクアント(QNT)が持つ特徴を3つ紹介します。

クアントが持つ特徴3つ
  • オーバーレジャーでマルチチェーンにできる
  • マルチチェーンアプリケーションの開発が可能
  • 国際的なパートナーシップ関係にある仮想通貨

オーバーレジャーでブロックチェーン同士を接続できる

Quant-ブロックチェーン
出典:https://www.quant.network/overledger-enterprise

クアント最大の特徴はオーバーレジャーという機能です。

従来のシステムの中にもブロックチェーンを接続する技術はありましたが、2つのブロックチェーンしか接続できませんでした。

しかしながら、オーバーレジャーを利用することで複数のブロックチェーン間でシームレスな通信ができるようになります。

複数のブロックチェーンに接続できるようになると、既存のブロックチェーン問題に対応します。

特に2021年はイーサリアムブロックチェーンのガス問題やスケーラビリティが問題視されたため、イーサリアムブロックチェーン以外のブロックチェーンに目が向けられました。

イーサリアムに取って代わって、Solanaやバイナンススマートチェーンなどの、ブロックチェーンを提供している仮想通貨の価格が伸長したのは記憶に新しいはずです。

さまざまなブロックチェーンが開発されるのは魅力的ではありますが、どのブロックチェーンも互換性がありません

つまり、ブロックチェーン技術が独立してしまっているということです。

そこで、クアントのオーバーレジャー機能が役に立ちます。

例えば、従来のブロックチェーンでは異なるブロックチェーン上に記録された商品は、ブロックチェーンをまたがないと交換できません。

取引所をまたいで交換しなければいけない点は多くの投資家にとって手間です。

しかし、クアントのオーバーレジャーを利用すれば、ブロックチェーンをまたがないでも取引できるようになります。

ブロックチェーン同士のブリッジ機能が求められる中、クアントのオーバーレジャー機能は革命的な一手となる可能性を持ってます。

世界でもクアントの機能が利用されている

クアントは仮想通貨業界だけでなく、銀行や金融機関、行政機関にまで及んでいて、あらゆる機関にソリューションを提供してます。

例えば、クアントとパートナー関係にある企業には、世界的にも有名なテック企業「Amazon」が挙げられます。

Amazonは低コストかつ世界規模のプラットフォームを提供しているのは皆さんもご存知でしょう。

そのプラットフォームの技術の一部にクアントの技術が使われています。

クアントの技術をAmazonに取り入れることで、アマゾンウェブサービスに対して柔軟性を与えて、スケーラビリティを提供しています。

また、クアントはすでにブロックチェーン技術を提供している会社との連携を発表しています。

その会社名が「LACChain」です。

LACChainは多くの経済圏でブロックチェーン技術の分散型台帳を提供して、金融包括を達成することを目標にしている会社です。

分散型台帳とは

このLACChainとクアントがパートナー関係にあることで、クアントのオーバーレジャー機能が利用できるようになり、トークン化された通貨を利用できるようになります。

つまり、国境をまたいだ送金を迅速かつ簡単にできるようになるということです。

このほかにもクアントとパートナー関係を築いている企業や団体は数多く存在します。

世界でも有数な企業とパートナー関係にあるクアントは、すでにブロックチェーン技術の応用には欠かせない存在になっているといえるでしょう。

マルチアプリケーションが開発可能

クアントはオーバーレジャー機能を用いることで、ブロックチェーン同士の接続が可能だと先述しました。

ブロックチェーン同士の接続が可能になることで、ブロックチェーンの垣根を超えたマルチアプリケーションを制作できるようになります。

マルチアプリケーションはブロックチェーン上に制作できるDappとは異なります。

分散型アプリケーション

あくまでもマルチアプリケーションは、異なるブロックチェーン上で複数のスマートコントラクトを制作できるプログラムです。

そのため、Dappであれば一つのブロックチェーンの恩恵しか受けられませんが、マルチアプリケーションであれば複数のブロオクチェーンの恩恵を受けられるようになります。

例えば、クアントを用いることで、Solanaのスピード感ある処理速度とビットコインの匿名性が高い機能を利用できるようになります。

つまり、それぞれのブロックチェーンの良いとこ取りができるようになるということです。

このクアントの機能を利用するためにはライセンス料を支払う必要がありますが、クアントのプラットフォームを利用して、制作したマルチアプリケーションを販売できるようになります。

オーバーレジャーでマルチチェーンにできる」「マルチチェーンアプリケーションの開発が可能」「国際的なパートナーシップ関係にある仮想通貨 」ことがクアントの主な特徴です。

興味のある方は、国内最高峰の仮想通貨取引所であるCoincheckで口座を開設することをおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

クアント(Quant/QNT)の価格動向

クアント(QNT)の将来性を考えるためにも、直近2ヵ月程度の価格動向と半年程度の価格動向を紹介します。

クアント(QNT)の価格動向は?
  • クアント(QNT)の2021年11月から2022年1月までの価格動向
  • クアント(QNT)の2022年1月までの長期的な価格動向

クアント(QNT)の2021年11月から2022年1月までの価格動向

2021年11月~2022年1月までの価格動向
出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/quant/

短期的に見ると下落相場が続いています。

これはビットコインの相場が11月当初から下落している影響を受けているのでしょう。

そのため、どちらかというとクアントの価値が落ちているというよりも、仮想通貨市場全体が弱気なトレンドになっているため価格が右肩下がりしている状況です。

2021年1月8日現在のクアントの短期的なRSIを(相対力指数)確認してみると、50~40%程度の数値に落ち着いてしまっています。

買われすぎであるわけもなく、売られすぎているわけでもないため、相場は今後の動向に迷っている状況ともいえるでしょう。

しかし、直近の価格に比重をかけて算出する移動平均線であるEMA(指数平滑移動平均線)が、ゴールデン・クロスしそうな雰囲気が出ています。

ゴールデン・クロスとは?
  • 短期の移動平均線が長期の移動平均線を越すこと
  • 相場が上昇トレンドに転換するときに現れる

もちろん今後の仮想通貨市場の値動きにもよるとは思いますが、テクニカルだけで分析すれば上昇トレンドに移行する可能性を十分に秘めています。

クアント(QNT)の2022年1月までの長期的な価格動向

2022年1月までの長期的な価格動向
出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/quant/

長期的に見るとクアントの価格動向は右肩上がりです。

2021年6月付近から上昇トレンドに転換していますが、これはクアントのオーバーレジャー機能がアップデートしてフルリリースされた影響とみられます。

この6月を皮切りに、同年9月に最高値の49,493.23円をつけています。

2021年はNFT銘柄の伸長が激しかった中で、埋もれずにしっかりと最高値を更新できた点は評価できるでしょう。

最高値をつけてからは伸び悩んではいますが、今後ブロックチェーン技術の発展とともに需要が伸びていくことが予想されます。

クアントの価格動向に細心の注意を払いつつ、興味のある方はCoincheckで口座を開設して取引を始めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

クアント(Quant/QNT)の今後の見通し

ここまでクアント(QNT)の価格動向をもとに今後の予測をしてきました。

ここからは価格動向よりも、ファンダメンタルズの情報を中心に今後のクアントの展開を予想します。

クアント(QNT)の今後の見通しは?
  • ブロックチェーン技術が普及するかどうか
  • 価値が上がるには、さらなる取引所に上場する必要がある
  • トークンの価値が上がるかどうか

ブロックチェーン技術が普及するかどうか

クアントはブロックチェーンの接続ができる点が最大の特徴です。

そのため、ブロックチェーン技術が現代の社会に普及しなければ、そもそも価値がないプロジェクトになってしまう恐れがあります。

ブロックチェーンは金融領域から非金融領域までさまざまな分野で利用されてはいますが、さまざまな課題がある点は無視できません。

特にビットコインのブロックチェーンはスケーラビリティと電力問題の解決が急務です。

スケーラビリティ問題

そのため、ビットコイン以外のブロックチェーンは、上記の問題をクリアするために日々研究開発を進めています。

現在ではイーサリアムのブロックチェーンが、ビットコインに代わって多くのプラットフォームで主流です

しかし、イーサリアムのブロックチェーンではガス代問題が発生してきています。

ガス代とは?

イーサリアムのプラットフォームを使う際の手数料

このガス代問題を解決するために、さまざまなブロックチェーンプロジェクトが続々と立ち上がっています。

このように続々と現れるブロックチェーンの課題をクリアするブロックチェーンが生まれ続ければ、今後もブロックチェーン技術が発展していく可能性があります。

さらなる取引所に上場する必要がある

仮想通貨取引所 増加

クアントの価格が上昇するためには、クアントのプロジェクトが普及していくことも大切です。

しかし、クアント自体のトークンを取引できる機会を増やさないと、価格の上昇が頭打ちになってしまいます。

2022年1月現在ではクアントの取引は以下の取引所で主に行えます。

クアントの取引ができる取引所の一例
  • Binance
  • KuCoin
  • Coinbase Exchange
  • Bybit

このようにクアントの取引は海外取引所で行う場合がほとんどでしょう。

そのため、日本人からすればクアントの取引は敷居が高くなりがちです

今後クアントの将来性を高めるためには、海外取引所だけでなく日本国内の取引所でも上場していく必要があります。

トークンの価値が上がるかどうか

クアントにてマルチアプリケーションを制作した際の、ライセンス料としてクアントのトークンを使用します。

トークンの価値が上がっていくためには、マルチアプリケーションの制作者が増えていく必要があります。

そのため、プロジェクトの成功とトークンの価値は密接な関係にあるといえるでしょう。

もしブロックチェーン技術が普及したとしてもクアントを利用する人がいなければ、プロジェクトの価値がなくなりますのでトークンの価値も上昇しません

たとえブロックチェーンが普及したとしても、クアントの価値は担保されるわけではない点は注意が必要です。

今後クアントにプロジェクトを成功させるためには、プロジェクトの開発はもちろんのこと、マーケティング活動を活発に行っていく必要があります。

クアントの取引に挑戦する方はこれらの事の注意しておきましょう。

また、海外取引所でクアントの取引を始めるためには、あらかじめ国内取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

そこで、国内取引所のなかでも、ダウンロード数・取引銘柄ともにNo.1のCoincheckがおすすめなので、興味のある方は口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

クアント(Quant/QNT)の買い方

クアント(QNT)は海外取引所でしか購入できません。

海外取引所を利用するためには、日本国内の取引所で事前に仮想通貨を購入した上で、購入した仮想通貨を海外取引所に送金する必要があります。

そこで、ここでは仮想通貨アプリが大変人気なCoincheckを経由して海外取引所でクアントを購入する流れを紹介します。

クアント(QNT)を購入する流れは?
  1. Coincheckに口座を開設
  2. Coincheckに入金した上でイーサリアムを購入
  3. 購入したイーサリアムを海外取引所へ送金
  4. 海外取引所でクアントを購入

Coincheckに口座を開設

まずはCoincheckの口座を開設することから始めます。

Coincheck
出典:https://coincheck.com/ja/

Coincheckで口座を開設するには以下の3ステップで簡単に登録できます。

Coincheckに登録するまでの簡単3ステップ
  1. アカウントを登録
  2. SMS認証
  3. 本人確認書類を提出して取引開始

まず、Coincheckのアカウントを登録していくことから始めます。

Coincheck公式サイトの右上にある「会員登録」をクリックし、会員情報の入力を進めてください。

会員登録自体はメールアドレスさえあれば簡単にできます。

メールアドレス入力後にパスワードの設定も行いますので、設定したパスワードは忘れないようにしてください。

次に電話番号を入力して、入力した電話番号にCoincheckから認証コードが送られてきます。

送られてきた認証コードを入力して、本人確認書類の提出に進んでください

本人確認書類に該当する書類は以下の通りです。

Coincheckの本人確認に利用できる本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

これらの書類の撮影と自分の顔の撮影が終われば、あとは審査を待つのみです。

3ステップにかかる時間は最短で1日程度ですので、思い立ったらすぐに登録可能です。

Coincheckに入金した上でイーサリアムを購入

Coincheckの口座が開設できたら入金してください。

入金には3つの方法が用意されています。

Coincheckの入金方法特徴
銀行振り込みアプリ画面に表示される口座番号に、自身の銀行口座に振り込むだけ
コンビニ入金・コンビニで入金する方法
・1回あたり1,770円(1,000円+手数料770円)の振り込みから可能
クイック入金・ネットバンキング、ATMから入金する方法
・1回あたり1,770円(1,000円+手数料770円)の振り込みから可能

以上のいずれかの方法で入金したあとは、イーサリアムを購入してください。

イーサリアムを購入するためには、販売所か取引所を利用する必要があります。

販売所での購入となると手数料が高くなりますので、取引所での購入がおすすめです。

なお、仮想通貨の送金や購入で発生するコストに関しては「仮想通貨取引所の手数料比較」の記事をご参照ください。

購入したイーサリアムを海外取引所へ送金

次に購入したイーサリアムを海外取引所に送金します。

海外取引所の利用は大手取引所の「Binance」を利用するのがおすすめです。

出典:https://www.binance.com/ja

そのため、Binanceの登録が済んでいない方は、合わせてBinanceの登録も終わらせておくとスムーズに取引できるようになります。

仮想通貨の送金の際にはアドレスを用いた送金が一般的です。

このアドレスを間違えて入力してしまうと、二度と送金ミスした仮想通貨が戻らない可能性がありますので、アドレスの入力ミスだけはしないようにしてください。

海外取引所でクアントを購入

海外取引所への送金

Binanceへの送金が済んだら、クアントを購入しましょう。

今回利用したCoincheckは、仮想通貨初心者でも使いやすいことで人気の国内取引所です。

合計17種類の仮想通貨取引もできるので、この機会にCoincheckを中心に仮想通貨取引を進めるのもよいでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

クアント(Quant/QNT)の注意点

クアント(QNT)の注意点を3つ紹介します。

クアント(QNT)の注意点とは?
  • 国内の取引所では購入できない
  • プロジェクトが破綻する可能性もある
  • 代替するプロジェクトが出てくる可能性もある

国内の取引所では購入できない

クアントは国内の取引所では購入できませんので、海外取引所を利用しなければなりません。

ただし、海外取引所を利用するとなるとさまざまなリスクが伴います。

海外取引所のリスク
  • 資産が流失する
  • プラットフォームが機能しなくなる
  • 金融庁が警告している

特に日本の金融庁が警告している海外取引所もありますので、ある程度のリスクは承知の上でクアントを購入するようにしてください。

プロジェクトが破綻する可能性もある

優秀なCEOに恵まれているクアントですが、プロジェクトが破綻する可能性はゼロではありません。

あくまでも投資する際には余剰資金で行い、無くなっても問題ない程度の金額で投資することをおすすめします。

代替するプロジェクトが出てくる可能性もある

仮想通貨の種類は6,000種類以上もあるといわれています。

これは日々新たなプロジェクトが立ち上がっている証拠です。

いずれかはクアントの代替プロジェクトが立ち上がる可能性も考えられます。

代替するプロジェクトが登場すれば、クアントの価値が下がってしまう可能性も考えられます。

そのため、代替プロジェクトが登場したとしても、クアントの価値を担保するだけの機能を搭載することが今後求められるでしょう。

その需要に応えられなければユーザーはクアントを見放し、他のプロジェクトに資金が流れてしまいます。

その場合にはクアントの価値が復活するのは難しいでしょう。

海外取引所を経由する場合、一定のリスクは伴います。

国内取引所では、取り扱い銘柄が豊富で取引手数料無料なため初心者でも扱いやすいCoincheckがおすすめです。

仮想通貨の取引を始めてみたい方は口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

クアント(Quant/QNT)のまとめ

ここまでクアント(QNT)の情報を中心に紹介しました。

この記事のまとめ
  • クアントは複数のブロックチェーンに相互作用を持たせるプロジェクトであること
  • オーバーレジャーを利用すると、それぞれのブロックチェーンの良いとこ取りをした「マルチアプリケーション」の開発も可能であること
  • 短期的には下落相場が続いているが、長期的な目線で見れば上昇トレンドであること
  • クアントが普及していくためには、ブロックチェーンの認知が進む必要があること
  • 国内の取引所「Coincheck」で仮想通貨を購入して、仮想通貨を海外取引所に送金してからしかクアントを購入できないこと

クアントはブロックチェーン技術の発展には欠かせない存在です。

今後もブロックチェーンがインフラに採用され続ければ、いずれかは需要が高まる可能性も秘めています。

そんなクアントを購入するためには、国内の取引所を経由して海外取引所で購入するしか手段がありません。

国内の取引所を利用する際には、仮想通貨初心者でも扱いやすい「Coincheck」の利用がおすすめです。

仮想通貨自体も17種類取り扱っていますので、国内で仮想通貨取引をするのであればCoincheckの登録を検討してみてください。

仮想通貨クアント(QNT)は、複数のブロックチェーン間の架け橋となるべく作られた仮想通貨です。

ネットワークの効率性を落とすことなく、ブロックチェーンとネットワークをグローバル規模で接続させることを目的としています。

ブロックチェーン技術をつなぐソリューションとして、将来性も期待できる銘柄の1つともいえるでしょう。

今回はそんなクアントについて以下の情報を中心に記載します。

この記事でわかること
  • クアントは複数のブロックチェーンに相互作用を持たせるプロジェクトであること
  • クアントの持つ「オーバーレジャー」という機能はブロックチェーンを運用するために開発されたOSであること
  • オーバーレジャーを利用することで、マルチチェーンが可能になること
  • 価格が上がっていくためには複数の取引所に上場されて、多くの人に知ってもらう必要があること
  • クアントを購入できる取引所は海外取引所が中心であること
  • 国内取引所を利用してからクアントを購入するのであれば、Coincheckがおすすめであること

ブロックチェーン技術が現代のあらゆるシステムに採用されていけば、クアントの需要は今後ますます伸びることが予想されるため、手の届く価格のうちに購入しておくのがおすすめです。

しかし、クアントを購入するためには海外取引所を利用しなければいけません。

海外取引所で仮想通貨を購入するとなると、日本の取引所でビットコインなどを購入した上で海外取引所に送金するのが一般的です。

そこで、国内の取引所を利用するのであればCoincheckの利用がおすすめです。

感覚的な操作で使いやすい仕様になっており、海外取引所を利用するためにも、Coincheckに登録するのがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる