【仮想通貨】セラム(Serum/SMR)とは?セラムDEXの使い方や将来性・今後の見通しを徹底解説

セラムはSolanaブロックチェーン上で動くDEXであり、独自仮想通貨のSRMを発行しています。

多くのDEXがイーサリアムブロックチェーンで動いているため、Solanaチェーンの採用は競合との差別化を図れていると同時に、スケーラビリティ問題を解決しています。

また指値注文にも対応しているので、CEX的な役割も持ち合わせています。

この記事からわかること
  • セラムの開発陣営は極めて優秀
  • Solanaブロックチェーン上で動いている
  • 指値注文に対応している
  • SRMの価格は激しく変動している
  • セラムの利用には、元となる仮想通貨が必要
  • 仮想通貨の入手にはコインチェックがおすすめ

セラムを利用しSRMを入手する準備として、交換元の仮想通貨を国内取引所で入手する必要があります。

おすすめの国内取引所はコインチェックであり、初心者でも簡単に仮想通貨運用を始められます。

セラム以外にも多くの仮想通貨関連サービス利用時に重宝される取引所ですので、今の内に登録しておいてはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

セラム(Serum)/SRMとは?

SERUM-top
引用:https://twitter.com/projectserum
仮想通貨名セラム(Serum)
ティッカーシンボルSRM
運営FTX
ローンチ2020年8月
価格(2021年12月時点)3.51ドル
時価総額(2021年12月時点)4億6753万ドル
時価総額ランキング(2021年12月時点)141
公式サイトセラム公式サイト
公式Twitterセラム公式Twitter

セラムが掲げるミッションは「Faster,Chaeper and more Powerful DeFi」であり、「より早く、より安く、より強力なDeFi」となることを目的としています。

優秀な開発陣に運営されるDEXであり、指値注文に対応している、Solanaチェーン上のプロジェクトです。

また独自仮想通貨SRMを発行しており、投資先として多くの人の注目を集めています。

セラム(Serum)/SRMの特徴

SMR
引用:https://www.projectserum.com/

セラム(Serum)/SRMの特徴を4つお伝えします。

セラム(Serum)/SRMの特徴
  • 優秀な開発陣営
  • Solanaブロックチェーン上のDEX
  • 板取引に対応
  • セラムが発行する仮想通貨・SRM

優秀な開発陣営

セラムの運営組織であるFTXは優秀な開発陣営として認知されており、CEOのバンクマンフリード氏は29歳で総資産1兆円を築いた天才として有名です。

彼らにより設立されたFTX取引所は、わずか数年で世界ランキング5位まで上り詰めており、世界中の人々から注目されるようになりました。

またバンクマンフリード氏は凄腕のトレーダーでもあり、2019年時点における世界中の取引高の5%は彼による取引だったと言われています。

そのためセラムが発行する仮想通貨であるSRMは、その通貨としての価値が評価されているのはもちろんですが、FTXにより開発されているという背景だけでも十分に投資する価値があると認識する投資家が多いです。

Solanaブロックチェーン上のDEX

ブロックチェーンとは

セラムはSolanaブロックチェーン上で動くことが特徴的なDEXです。

昨今注目を集めているDEXですが、その多くはイーサリアムブロックチェーン上で稼働しています。

DEXは中央組織を持たずに分散性による恩恵を受けられるサービスとして評価されていますが、スケーラビリティ問題が課題として挙がっています。

仕組み上はメリットに溢れるDEXですが、トランザクション処理速度が遅いことが足枷であり、取引時には高額な手数料が発生し、また取引成立までに長時間を要しています。

スケーラビリティ問題は、イーサリアムブロックチェーンが抱える問題ではありますが、DEXの多くがイーサリアムブロックチェーンを採用しているため、DEX全体の問題とも捉えられがちです。

一方のセラムはSolanaブロックチェーンを採用することで、スケーラビリティ問題を解決しています。

イーサリアムブロックチェーンのトランザクション処理速度は、1秒あたり15件ですが、Solanaなら1秒あたり5万件の処理が可能です。

段違いのスペックを要しているためユーザーにトランザクション処理のストレスを与えません。

板取引に対応

セラムが他DEXと差別化を果たしている点として、板取引が可能であることが挙げられます。

CEXでは一般的な板取引ですが、DEXで対応しているケースは稀です。

多くのDEXを用いた仮想通貨の交換はAMM(自動マーケットメーカー)による取引であるため、指値注文には非対応で、狙った価格での取引は難しく、それにより一部のトレード上級者は敬遠している傾向があります。

セラムの場合は、ただの仮想通貨の交換ではなく、トレードのためのサービスを重視しているため板取引(オーダーブック)」を採用し、より幅広い層の獲得を図っています。

板取引を可能とすることで、セラムは指値注文を分散性の恩恵を受けながら実施できます。

これによりセラムはDEXでありながらもCEXとしての機能も部分的に満たしていることになります。

つまりセラムはDEX業界だけでなくCEX業界にも進出しており、より広い市場の獲得を視野に入れていると判断できます。

セラムが発行する仮想通貨・SRM

SRMはセラムが発行する独自仮想通貨です。

SRMを利用することでセラムの取引手数料の割引を受けられるといったメリットがあります。

手数料は50%割引となるので繰り返しセラムを利用する人の多くが保有していくことになるでしょう。

また手数料で支払われるSRMの一部はバーンされ、存在が消滅するように設計されているので、使用されればされるほどSRMの流通量は減少し価値が吊り上げられていきます。

つまり需要が増えれれば増えるほど、反比例して供給は減少するので、価格が伸びやすい設計です。

これらの特徴から注目されているSRMですが、そもそもFTXに開発されているという点でも価値を見出されています。

このように、Serumの特徴は「優秀な開発陣営」「Solanaブロックチェーン上のDEX」「板取引に対応」「Serumが独自発行する仮想通貨・SMR」の4点にあります。

また、セラムの開発であるFTXに強い関連性を持つ仮想通貨は、CEOのバンクマンフリード氏のユニークな髪型をイメージして「アフロ銘柄」と呼ばれており、SRMもアフロ銘柄の1つです。

アフロ銘柄は仮想通貨精通者にとっては特別視されており、価格が伸びる可能性を大いに秘めていると考えられています。

またアフロ銘柄は相乗効果を与えあう関係性を持ち合わせているので、他の優秀なアフロ銘柄が高騰するとSRMもその流れに乗る形で高騰すると予想されています。

主なアフロ銘柄はこちらです。

アフロ銘柄
  • FTT(FTX)
  • SOL(Solana)
  • RAY(Raydium)
  • FIDA(Bonfida)
  • SRM(Serum)

アフロ銘柄の将来性に期待したい方は、SRMだけでなく他銘柄にも注目してはいかがでしょうか。

また、アフロ銘柄においても、交換元の仮想通貨を国内取引所で入手する必要があるため初心者でも簡単に仮想通貨運用を始められコインチェックで口座を開設することをおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨SRMの価格動向

仮想通貨SRMの価格動向を2つお伝えします。

仮想通貨SRMの価格動向
  • 直近2カ月(2021年10月~12月)の仮想通貨SRMの価格動向
  • 2021年1月~12月の仮想通貨SRMの価格動向

直近2カ月(2021年10月~12月)の仮想通貨SRMの価格動向

SRM直近2か月の価格変動
引用元:TradingView

上のグラフは、直近2カ月(2021年10月~12月)の仮想通貨SRMの価格動向です。

SRMは10月時点では7.0ドル~8.5ドルあたりで推移していました。

11月に入ると高騰を見せており、9.0ドル付近まで価格を伸ばしましたが、以降は下落傾向となり11月末の時点では5.0ドル付近まで落ち込んでいます。

12月に入ったころには一度6.0ドルまで価格を戻しましたが、すぐに下落傾向となり、12月半ばには3.5ドルまで下落しています。

2021年1月~12月の仮想通貨SRMの価格動向

SMR_2021年1月~12月の価格変動
引用元:TradingView

上の図は、2021年1月~12月の仮想通貨SRMの価格動向です。

2021年1月初めでは1.0ドル付近を推移していたSRMですが、1月半ばからは高騰傾向を見せはじめ2月に入るころには2.0ドルまで伸長しました。

2月では急激な高騰を見せており約8.0ドルまで伸ばしましたが、3月では高騰の勢いは落ち込み4.0ドル付近まで下落しています。

しかし、4月では再び高騰を見せ、5月の時点では12.0ドル近くまで急激に上昇しました。

6月には4.0ドルあたりまで一気に価格を落とし、7月でも回復の兆しは見られませんでした。

8月に入るとまたしても高騰を見せ、その傾向は9月にも続き13.0ドルあたりまで上昇しています。

10月では7.0ドル~9.0ドルあたりでの前後の動きを見せ、その傾向は11月にも続いていましたが、11月半ばからは下落傾向が続き12月でもその傾向は続いています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

セラム(Serum)/SRMの今後の見通し

セラム(Serum)/SRMの今後の見通しを3つお伝えします。

セラム(Serum)/SRMの今後の見通し
  • DEX及びCEXとの争い
  • アフロ銘柄と連動した値動き
  • クロスチェーンの実現

DEX及びCEXとの争い

セラムは指値注文に対応したオーダーブック機能を持ち合わせる珍しいDEXであり、その機能は部分的にCEXと共通しています。

つまりセラムの競合はDEXだけでなくCEXも挙げられます。

多くの競合との競争を強いられる立場であるという点では難しい状態にあるとも考えらますが、一方ではオーダーブック機能を兼ね備えた稀有なDEXでもあるので、その点においては差別化が図られており、競合が少ないとも考えられます。

また多くのDEXがイーサリアムブロックチェーン上で動くのに対して、セラムはSolanaブロックチェーン上で稼働している点も特徴的であり、それによりトランザクション処理速度で秀でていいます。

アフロ銘柄と連動した値動き

開発者を基準としたグループ分けからアフロ銘柄に分類されるSRMですが、アフロ銘柄同士は関連した値動きを見せる傾向にあります。

SRM自体はまだローンチから1年ほどの比較的新しい仮想通貨ですが、SOLなどの時価総額が上位であり勢いもある仮想通貨の恩恵を受けられる可能性を秘めています。

SRMを保有するならばアフロ銘柄に関連する情報も察知するようにすると良いでしょう。

クロスチェーンの実現

クロスチェーン

クロスチェーンとは、異なるブロックチェーン同士の仮想通貨の取引を可能にする技術のことです。

セラムはSolanaブロックチェーンで動いていますが、Solanaブロックチェーンはクロスチェーン実現を掲げています。

直近で目標としているのはイーサリアムとの統合であり、既にテストは開始されているので近い内に実現される可能性は高いです。

また2021年9月22日にはWormholeによりSOLとイーサリアム間でのNFTの送受信が可能になったりと、その流れは着々と進められていることがわかります。

今後統合が進んでいけば、イーサリアムが抱える莫大なユーザーがセラムに流れ込んでくる可能性は極めて高く、セラムの需要拡大、SRMの価格高騰が見込まれます。

このように、SRMの需要が高まることが予想されますが、セラムを利用しSRMを入手する準備として、交換元の仮想通貨を国内取引所で入手する必要があります。

そこで、初心者でも簡単に仮想通貨運用を始められるコインチェックで口座を開設し、SRMを入手することをおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

セラムDEXの使い方

セラムDEXの使い方を解説します。

セラムDEXを利用すれば、SRMを他の仮想通貨とスワップして入手できます。

またSRMを入手するためには元となる仮想通貨を準備しておく必要があります。

仮想通貨は国内取引所で入手可能で、コインチェックがおすすめです。

コインチェックは約500円から仮想通貨を購入可能で、初心者でも簡単な手順で入手できます。

STEP
コインチェックの口座開設
STEP
コインチェックに日本円を入金
STEP
コインチェックでイーサリアムを購入
STEP
Solana対応しているウォレット「Phantom」を入手
STEP
イーサリアムを海外取引所に送金後、Solanaを購入
STEP
Solanaを「Phantom」に送金後、セラムでSolanaをSRMに交換

コインチェックの口座開設

コインチェック-top

セラムでSRMを入手するための第一ステップとしてイーサリアムをコインチェックで購入しましょう。

コインチェックは国内取引所の中でも使いやすさに秀でているので、初心者でも簡単に扱えます。

手順としましては、まずコインチェック公式サイトにアクセスし、口座開設の手続きを開始しましょう。

「口座開設(無料)」をクリックすると、登録の手続きが始まります。

必要される電話番号やメールアドレスなどの情報を入力し、本人確認に進んでください。

本人確認では身分証を撮影した写真が必要になるので運転免許証などを用意しましょう。

続いて自分の顔をカメラで撮影すれば本人確認の申請は完了です。

申請後はコインチェック側の審査に移りますので、数時間~1日ほど返事を待つ必要があります。

登録していたメールアドレスに確認完了の連絡が届けば、コインチェックの登録は終了ですが、便利なコインチェックのスマートフォン用アプリもダウンロートしてください。

コインチェックのアプリは仮想通貨アプリの中でダウンロード数No.1であり、次の手順でも使用しますので、ダウンロードとログインを済ませましょう。

コインチェックに日本円を入金

続いて、イーサリアム購入に使うための日本円をコインチェックに入金します。

まずコインチェックアプリを起動し、画面下に表示される「ウォレット」をタップし、「日本円」⇒「入金」の順番で選択してください。

コインチェック入金方法

左の画像のような「入金方法」選択画面に移ります。

ここでは、「銀行入金」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3種類から入金方法を選択可能であり、それぞれに異なるメリットがありますが、ここでは手数料が最も安い「銀行入金」の場合の手順で説明します。

「GMOあおぞらネット銀行」、「住信SBIネット銀行」のどちらかを選択することになります。

どちらを選んでも違いはありませんが、もし既にどちらかの口座をお持ちの場合は、そちらの口座の利用がおすすめです。

銀行をタップすると口座情報が表示されるので、日本円を口座宛に入金しましょう。

また入金の際は、振込人名義を間違えないようにご注意ください。

コインチェックでイーサリアムを購入

日本円の入金が完了したら、イーサリアム購入手順に移りましょう。

まずコインチェックアプリから、画面下に表示される「販売所」をタップしてください。

コインチェック-イーサリアム購入

左の図のように仮想通貨が一覧で表示される画面に移るので、上から二番目に表示される「イーサリアム」を選択します。

画面が切り替わるので「購入」をタップし、イーサリアム入手に使用したい分の日本円の金額を入力しましょう。

入力した金額に間違いがないか確認し、「日本円でイーサリアムを購入」をタップすれば手続きは完了です。

この手順で購入したイーサリアムをSRM交換に使うことになりますので、できるだけイーサリアムの価格が低い時期に日本円でイーサリアムを購入することをおすすめします。

取引コストについては、「仮想通貨取引所の手数料を徹底比較」をご覧ください。

Solana対応しているウォレット「Phantom」を入手

イーサリアム購入が完了したら次は「phantom」を入手しましょう。

「Phantom」とは、Solana系の仮想通貨を保有し利用するための財布の役割を担うウォレットです。

Phantom入手の手順として、まず対応ブラウザであるGoogleChromeから公式サイトにアクセスしてください。

アクセス後入手出来たら、初期設定として、seed phraseの記録とパスワードの設定を行いましょう。seed phraseはほかの人には絶対に知られない形で記録しておきましょう。万が一seed phraseが流出すると資産を最悪の場合全額盗まれることがあるので細心の注意を払って管理してください。

イーサリアムを海外取引所に送金後、Solanaを購入

Phantomの設定が完了したら、コインチェックで保有しているイーサリアムをSolanaを取り扱っている海外取引所に送金しましょう。

そしてその海外取引所でイーサリアムを売却し、Solanaを購入しましょう。

まずイーサリアムを送金するために、コインチェックアプリを起動しましょう。

「送金と受け取り」⇒「BTC以外の送金はこちら」⇒「Ethereumを送る」の順に選択して、「送金先リスト」に送金先の海外取引所のイーサリアム入金用のアドレスを入力し「追加」をタップしてください。

続いて送金するイーサリアムの金額を入力し、「送金する」を選ぶと手順は完了です。

また送金時には手数料が発生し、送金完了にはある程度時間がかかります。

後は海外取引所でイーサリアムを売却し、必要量のSolanaを購入しましょう。

Solanaを「Phantom」に送金後、セラムでSolanaをSRMに交換

必要量のSolanaを購入出来たら、Phantomに送金しましょう。

Phantomに送金出来たらセラムの公式サイトにアクセスしましょう。

続いて「Trade on Serum」をクリックし、画面をスクロールし「Swap」をクリックしDEXを選びましょう。

セラム公式サイト
引用:https://app.atrix.finance/#/swap?from=2FPyTwcZLUg1MDrwsyoP4D6s1tM7hAkHYRjkNb5w6Pxk&to=SRMuApVNdxXokk5GT7XD5cUUgXMBCoAz2LHeuAoKWRt

DEXとPhantomを連結させて、SolanaとSRMをスワップすれば手順は完了です。

前述したとおり、SRMを入手するためには、仮想通貨を準備する必要があります。

そこで、初心者でも始めやすく、国内取引所人気No.1のコインチェックで口座を開設することをおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

セラム(Serum)/SRMの注意点

セラム(Serum)/SRMの注意点を3つお伝えします。

セラム(Serum)/SRMの注意点
  • SRMを利用しないとセラムの手数料が高くなる
  • 価格を激しく変動させている
  • イーサリアム2.0の実装

SRMを利用しないとセラムの手数料が高くなる

セラムの明確なメリットの1つはSRMを利用すると手数料が50%割引されることであり、当然SRMを利用しないと50%割高な手数料を支払うことになります。

SRMを保有しておけば、手数料割引の恩恵を受けられますし、SRM自体の価格が高騰する傾向もあります。

DEXとしてセラムを利用するならば、合わせてSRMを購入することをおすすめします。

価格を激しく変動させている

SRMは何度も価格を上下させており、数日の間に何倍にも高騰したこともあれば、下落したこともあります。

ビットコインや主要アルトコインと比較すると堅実な投資には不向きであるので、SRMを購入する際はリスクを考慮した取引を心がけましょう。

一方で2021年12月時点でのSRMは下落傾向にあり、今後急激に高騰する可能性がを秘めています。

一攫千金的な考えならば、SRMへの投資はおすすめです。

イーサリアム2.0の実装

イーサリアムはDEXにおいて最も主要なブロックチェーンですが、スケーラビリティ問題を抱えています。

この問題を解決することを念頭に置いたプロジェクトは多く、Solanaやセラムもその内の1つです。

もちろんスケーラビリティ問題の解決のみがメリットではありませんが、現状評価を集めている要素でもあります。

しかし、イーサリアム自体もイーサリアム2.0としてスケーラビリティ問題を目的に動いており、実現するとなれば他のトランザクション処理速度に秀でたプロジェクトの需要は縮小すると予想できます。

SRMを保有するならば、イーサリアムのスケーラビリティ問題に関するニュースは敏感に察知することをおすすめします。

セラム(Serum)/SRMのまとめ

今回は、セラム(Serum)/SRMについてお伝えしました。

この記事の要点
  • セラムは優秀な陣営に運営されているSolanaブロックチェーン上のDEX
  • 指値注文に対応していることが特徴的
  • セラムの利用には元なる仮想通貨が必要
  • 仮想通貨入手ならコインチェックがおすすめ

セラムはSolanaブロックチェーン上で動き、指値注文に対応している珍しいDEXです。

開発が優秀なことからも今後の動向に注目が集まっています。

セラムでSRMを入手するには、元となる仮想通貨を準備する必要があります。

コインチェックなら約500円から仮想通貨の購入が可能で、初心者でも簡単に手続きを進められるため、この機会に口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる