仮想通貨SOSトークン/OpenDAOとは?将来性や今後の見通し予想を徹底解説

2021年12月24日、OpenDAOがOpenSea利用者を対象としたSOSトークンのエアドロップを発表しました。

過去に一度でもOpenSeaでNFT売買を実施したユーザーすべてがエアドロップの対象ということで、多くの人々の注目が集まっています。

SOSの特徴や入手方法、エアドロップ受け取り時の注意点などについて解説します。

この記事からわかること
  • SOSはOpenDAOのガバナンストークン
  • 2021年12月24日にOpenSeaユーザーへのエアドロップが発表された
  • OpenSea詐欺被害者の救済、NFTコミュニティの支援が目的
  • SOSを入手するには、国内取引所で交換元の仮想通貨を準備する必要がある
  • おすすめの国内取引所は使いやすに優れるコインチェック

SOSトークンは国内取引所には上場していません。

SOSトークンを手っ取り早く入手する手順は、国内取引所で交換元の仮想通貨を準備してから、海外取引所及びDEXでSOSとスワップすることです。

国内取引所の利用ならコインチェックが使いやすくおすすめです。

コインチェックは約500円から仮想通貨の購入が可能で、難しい手順もないので初心者でも安心して利用できます。

また海外取引所の利用にはトラブルのリスクが付きまとうので、ご利用の際は自己責任でお願いします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次

SOSトークンとは?

引用:https://www.theopendao.com/
仮想通貨名SOS
ティッカーシンボルSOS
開発OpenDAO
価格(2021年12月時点)0.0000059ドル
時価総額(2021年12月時点)2億3172万ドル
時価総額ランキング(2021年12月時点)287位
購入可能な取引所バイビットなど
公式サイトOpenDAO公式サイト
公式TwitterOpenDAO公式Twitter

SOSトークンは、2021年12月24日にOpenSea利用者を対象にエアドロップされた仮想通貨です。

OpenSeaに関する詐欺被害者の救済や、NFTコミュニティの支援を目的に活動するOpenDAOのガバナンストークンでもあります。

エアドロップ後にはUniswapなどのDEX、バイビットなどの海外取引所に上場しています。

またバイビットは、2021年12月31日午後7時(日本時間)までの期間限定で、初回入金でSOSをバイビットに入金したユーザーを対象にUSDTをエアドロップするキャンペーンを開催しています。

最低入金額の制限はなく、先着で総額20.000USDTが山分けされます。

SOSは国内取引所には上場していません。

SOSを入手するにはコインチェックなどの国内取引所で仮想通貨を購入し、DEX及び海外取引所でSOSと交換する手順が必要です。

また海外取引所の利用は、何らかのトラブルに巻き込まれても援助を受けられない可能性が考えられるので、利用の際は自己責任でお願いします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

SOSトークンの特徴

SOSトークンの特徴を3つお伝えします。

SOSトークンの特徴
  • OpenSeaでの詐欺被害者への救済
  • NFTコミュニティの支援
  • 50兆SOSをエアドロップ

OpenSeaでの詐欺被害者への救済

SOSの主な使い道はOpenSeaの詐欺被害者への補償です。

OpenSeaは世界最大手のNFTマーケットプレイスであり、誰でも簡単にNFTの売買を実施可能、また高額なNFTが扱われることも珍しくありません。

NFTは昨今急激に勢いを増しており、多くの投資家の注目を集めています。

しかし、まだまだ発展途上のNFT市場では、法整備が追い付いていなく、またユーザーのリテラシーも十分でない場合が多いです。

そのため詐欺が横行しており、正しい知識を身に付けていないと詐欺の対象にされてしまいます。

NFTでは下記のような詐欺が見受けられます。

NFTに関する詐欺
  • 表示される価格と購入時の価格が違う
  • 公式サイトを装ってウォレットのバックアップフレーズを聞き出す
  • 公式サイトを装って詐欺目的のサポートページへ誘導する
  • 偽物のNFTの出品
  • 依頼を装ってウイルスファイルを送り付ける

これらのようにNFTやNFTマーケットプレイスに関するさまざまな詐欺が横行しています。

高いリテラシーがないと騙されてしまうような巧妙な詐欺が多く、多くの被害者が続出しています。

そういった人々を救済するためにSOSは開発されました。

NFTが流行すればするほど詐欺被害者も多くなると予想できるので、その観点ではSOSの需要は今後拡大していくでしょう。

NFTコミュニティの支援

NFTとは

SOSは詐欺被害だけでなく、NFTコミュニティの支援にも使われます。

先述のとおり、まだ発展途上のNFTシーンは多くの課題を抱えています。

優れたアーティストであっても、NFTを作成して販売から利益確定に至るまでにはブロックチェーンの知識がないと活躍できません。

またNFTは高額な場合が多く、投資家以外が気楽に参入するには難しい市場です。

そういったNFTコミュニティを支援するためにSOSは使われます。

50兆SOSをエアドロップ

2021年12月24日、OpenDAOはOpenSea利用者を対象としたSOSのエアドロップを発表しました。

IOSTのエアドロップがおこなわれる

SOSの総発行枚数は100兆枚であり、その内の50%である50兆枚がOpenSeaユーザーにエアドロップされます。

エアドロップ実施の意図はOpenSea及びOpenSea利用者に敬意を表するためと説明しており、いかにOpenDAOがNFTに注力しているかが伺えます。

受け取りの対象はOpenSeaでのNFT売買の経験を持つすべての人であり、過去に1回でも売買を実施していればSOSを受けられます。

過去にOpenSeaを利用している人は、OpenDAO公式サイトにアクセスし、売買時に使用していたメタマスクを接続すればSOSを入手可能です。

サイトにアクセスしたら「Intiate Claim」から受け取れますが、注意点としてSOS受け取り時にはガス代が発生します。

付与されたSOSの枚数次第では、手数料負けしてしまう可能性があるので事前に確認しておきましょう。

もし手数料負けしてしまうなら、今後のSOSの高騰に期待し、手数料以上のリターンを受けられるタイミングでの受け取り実施をおすすめします。

なお、SOSの受取期限は2022年6月30日までです。

今回のエアドロップはOpenSea利用者を対象としていますが、OpenDAO及びSOSはOpenSeaの運営とは一切の関係を持たないと明言しています。

また発行されるSOSの配布割合は下記の通りです。

引用:https://www.theopendao.com/
SOSの配布割合
  • 50%:OpenSeaユーザーへのエアドロップ
  • 20%:ステーキング報酬
  • 20%:OpenDAO
  • 10%:流動性プロバイダー

日本円を仮想通貨に換金するための取引所としては、コインチェックがおすすめですので、まだ口座をお持ちでない方は是非この機会に無料で口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

SOSトークンの価格動向

SOSトークンの価格動向をお伝えします。

引用:Trading View

こちらは2021年12月24日にOpenSeaユーザーを対象としたエアドロップ実施から12月27日までのSOSのチャートです。

12月24日時点のSOSの価格は低く、0.0000000005ETHを下回っていました。

以降は着々と価格を上昇させ、25日には0.000000003ETHまで高騰し、1日の間に価格を6倍以上まで伸ばしています。

26日の間には、0.000000002ETH~0.0000000015ETHあたりで安定した推移を見せており、27日でも大きな動きは見られません。

まだエアドロップ直後であり、これから受け取っていくOpenSeaユーザーも多いと思われます。

SOSの価格が安定してくるまでには、まだしばらく時間がかかるでしょう。

今後の価格変動では急激な高騰や下落の可能性が考えられるので、リスクを考慮した投資を心がけましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

SOSトークンの今後の見通し

SOSトークンの今後の見通しを3つお伝えします。

SOSトークンの今後の見通し
  • OpenSea及びNFTの需要と連動
  • NFTコミュニティの救済として機能しない
  • NFT市場の法整備により需要が縮小

OpenSea、NFTの需要と連動

SOSが開発された目的は、OpenSeaでの詐欺被害者の救済や、NFTコミュニティの支援です。

NFT市場は拡大傾向にあり、投資家やクリエイターの参入が続いています。

大手企業の参入も顕著であり、例えばフェイスブックはNFTと大きな関連性を持つメタバース市場への注力を発表しており、社名を「Facebook」から「Meta」に変更しています。

またさまざまな業種の企業が、商品やブランドをNFTとして作成及び出品しています。

NFTが社会に浸透するには早くても数年は必要とされているものの、今後市場が爆発的に拡大していく可能性は極めて高いでしょう。

そうなれば母体数が増加するため詐欺被害に悩む人も続出し、支援を求める声も拡大するでしょう。

その波にSOSが乗れば、需要拡大、価格の高騰に期待できます。

NFTコミュニティの救済として機能しない

仮想通貨市場、NFT市場では日々革新的なサービスを提供するプロジェクトが開発されています。

それほど将来性が期待できる市場であることの証明ではありますが、競合がひしめくことにもなります。

まだローンチから間もないOpenDAO及びSOSが今後順調に成長していく保証はありません。

SOSの価格はまだまだ低いので、今の内に投資しておけば莫大なリターンを得られる可能性はありますが、プロジェクトごと頓挫する可能性も否定できません。

投資の際はリスクを念頭に置くべきでしょう。

NFT市場の法整備により需要が縮小

NFTに関する詐欺が横行している理由に、法整備が追い付いていないことが挙げられます。

各国で仮想通貨に関する法整備が急激に進められているように、NFTに関する法律も整備されていくでしょう。

体制が整えば、トラブルが起きる可能性は減少しSOSが活用されるシチュエーションも少なくなると予想できます。

また詐欺の対象はNFTリテラシーの低い人々ですが、今後NFT市場が拡大すれば正確な情報が急速に共有されていき、多くの人がNFTの深い知見を身に付けていくでしょう。

あくまでも一つの予想ですが、NFT市場が拡大するにつれて、SOSの需要は縮小していくかもしれません。

\ アプリダウンロード数No.1 /

SOSトークンの買い方

SOSトークンの買い方をお伝えします。

2021年12月時点で、SOSを扱う国内取引所はありません。

SOSを入手するには海外取引所やDEXを利用する必要があり、その準備として交換元となる仮想通貨を準備する必要があります。

仮想通貨の購入は国内取引所で可能であり、コインチェックなら初心者でも簡単に取引できます。

コインチェックなら約500円から仮想通貨を購入可能で、口座開設から仮想通貨運用まで誰でも簡単に実施できる取引所です。

STEP
コインチェックの口座開設
STEP
コインチェックに日本円を入金
STEP
コインチェックでイーサリアムを購入
STEP
メタマスクを入手
STEP
メタマスクへイーサリアムを送金
STEP
DEXとメタマスクを連結
STEP
DEXでイーサリアムとSOSを交換

コインチェックの口座開設

コインチェック

SOSを入手する第一ステップはコインチェックの口座を開設することです。

他の国内取引所でも問題はありませんが、コインチェックは使いやすく、サービスも豊富なのでおすすめです。

口座開設のために、まずコインチェック公式サイトにアクセスしましょう。

続いて緑色の「口座開設(無料)はこちら」をクリックし、登録の手順を始めてください。

メールアドレスや電話番号などの必要情報を入力すると本人確認申請の画面に移ります。

本人確認では、運転免許証などの身分証を撮影した画像の提出と、自分の顔のカメラ撮影を済ませましょう。

申請が完了するとコインチェックの審査に移り、特に問題がなければおおよそ数時間から1時間ほどで審査完了のメールが登録しておいたアドレス宛に送信されます。

ここまでで口座開設は完了ですが、合わせて便利なコインチェックスマートフォン用アプリをダウンロードしてください。

コインチェックのアプリは仮想通貨アプリダウンロード数No.1ということもあり非常に便利です。

今回お伝えするSOS入手手順でも利用するので、ダウンロードとログインを済ませましょう。

コインチェックに日本円を入金

SOSと交換するための仮想通貨購入に使う日本円を準備しましょう。

まずコインチェックアプリを起動してください。

入金方法

メニューに表示される「ウォレット」を選択し、「日本円」⇒「入金」の順にタップします。

左の画像のような「入金方法」が表示され、ここでは「銀行入金」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3種類の入金方法から選択できます。

それぞれの入金方法にメリットがありますが、ここでは手数料無料の「銀行入金」の手順をお伝えします。

「GMOあおぞらネット銀行」、「住信SBIネット銀行」のどちらかを選ぶ必要がありますが、どちらを選んでも手順は共通です。

もしすでにどちらかの口座をお持ちの場合は、手数料を抑えるために、その口座の利用をおすすめします。

どちらかの銀行をタップすると口座情報が表示されるので、振込人名義を間違えないように注意して入金を済ませましょう。

入金は数分~1日ほどで反映されます。

コインチェックでイーサリアムを購入

コインチェックへの日本円入金が完了したら、SOS交換に使う仮想通貨を購入しましょう。

ここではDEXで利用しやすいイーサリアムの購入手順をお伝えします。

コインチェックアプリを起動し、画面下メニューから「販売所」をタップしてください。

購入できる仮想通貨が一覧で表示されるので、「イーサリアム」を選択しましょう。

続いて「購入」をタップし、イーサリアムに交換したい分の日本円の金額を入力、「日本円でイーサリアムを購入」を選び、「購入」をタップするとイーサリアムの購入は完了です。

イーサリアムは絶えず価格が変動する仮想通貨なので、安いタイミングで購入するとお得にSOSを入手できるかもしれません。

メタマスクを入手

メタマスク

次にDEXでイーサリアムを使用するために必要なメタマスクを入手しましょう。

メタマスクとは、イーサリアムなどの仮想通貨をweb上で保有するためのウォレットです。

メタマスクを入手するには、まず対応ブラウザであるGoogleChromeからメタマスク公式サイトにアクセスしてください。

続いて、「Download now」⇒「Install MetaMask for Chrome」の順にクリックすると、chromeストアが表示されるので拡張機能にメタマスクを追加しましょう。

ここまででメタマスクの入手は完了ですが、まだ使用できない状態なので初期設定を実施します。

MetaMask-top

Googlechromeの拡張機能よりメタマスクを起動し、「ウォレットの作成」を選択すると設定が始まります。

手順を進めると「秘密のバックアップフレーズ」という項目が表示されます。

「秘密のバックアップフレーズ」とは、メタマスクで保有する仮想通貨の情報を復元する際など、重要な場面で必要となる情報です。

絶対に忘れないように管理し、誰にも教えないようにしましょう。

メタマスクへイーサリアムを送金

メタマスクの初期設定が完了したら、コインチェックで保有するイーサリアムをメタマスクへ送金しましょう。

イーサリアムをメタマスクへ送金

まず拡張機能よりメタマスクを起動してください。

左の画像のようにポップアップが表示されるので、自分のアドレスにカーソルを合わせてクリックしてアドレスをコピーしましょう。

次にコインチェックのアプリを起動し、メニューから「送金と受け取り」をタップします。

続いて、「BTC以外の送金はこちら」⇒「Ethereumを送る」の順に選択しましょう。

「送金先リスト」に、先ほどメタマスクでコピーしておいたアドレスを入力し送金先に追加してください。

金額欄に送金したいイーサリアムの枚数を入力し、「送金する」を選択すれば手順は完了です。

メタマスクへの送金が完了するまでに数分~数時間かかり、手数料が発生することに注意してください。

DEXとメタマスクを連結

メタマスクへのイーサリアム送金が完了したら、SOSと交換するためにDEXとメタマスクを連結させましょう。

SOSとイーサリアムの交換はUniswapなどのDEXで実施可能です。

Uniswapにアクセスし、メタマスクとの連結を完了させましょう。

DEXでイーサリアムとSOSを交換

DEXとメタマスクの連結が完了したら、イーサリアムとSOSをスワップします。

スワップには手数料が発生し、イーサリアムとSOSの価格次第で入手できる枚数が変動します。

またSOSの入手はビットキャッシュなどの海外取引所でも可能です。

しかし海外取引所を利用の際に何らかのトラブルに見舞われた場合には、国からの援助を受けられない可能性があります。

ご利用の際は、あくまでも自己責任でお願いします。

手順が理解できた方は、ぜひこの機会にコインチェックでの口座開設から始めておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

口座開設でお迷いの方は、ぜひ「おすすめの仮想通貨取引所」「コインチェックの評判」の記事もご覧ください。

SOSトークンの注意点

SOSトークンの注意点を3つお伝えします。

SOSトークンの注意点
  • エアドロップでは手数料負けの可能性がある
  • SOSの価格はまだ安定していない
  • 国内取引所に上場していない

エアドロップでは手数料負けの可能性がある

OpenSeaで一度でも売買をした人全員にエアドロップされたSOSですが、受け取り時にはガス代が発生します。

イーサリアムのガス代は数千円以上するケースが多く、SOSを受け取るとしても手数料負けしてしまう人が多いです。

もし手数料負けしてしまうようなら、今後SOSが高騰した場合に受け取りを実施しましょう。

SOSの価格はまだ安定していない

エアドロップ実施から間もないSOSの価格はまだ安定していません。

またエアドロップされたSOSの受け取りは2022年6月30日まで可能であるので、このタイミングでの価格変動が予想できます。

今後何倍、何十倍に価格を伸ばす可能性はありますが、動向の予想は困難であるためリスクを考慮した投資を心がけましょう。

国内取引所に上場していない

SOSは国内取引所に上場していないため、入手するにはDEXか海外取引所を利用する必要があります。

また準備として国内取引所で交換元となる仮想通貨の購入が必要です。

国内取引所の中でもコインチェックなら、面倒な手続きなしに仮想通貨を購入できるのでおすすめです。

海外取引所の利用に関してですが、金融庁に公認されているわけではないので、万が一のトラブルの際には国からの援助を受けられない可能性があります。

ご利用の際は自己責任でお願いします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

SOSトークンのまとめ

今回は、SOSトークンについてお伝えしました。

この記事の要点
  • SOSはOpenDAOのガバナンストークンである
  • OpenSeaやNFTに関する詐欺被害者の救済、コミュニティの支援を目的とする
  • 2021年12月24日にOpenSea利用者を対象としたエアドロップ実施を発表している
  • SOSを入手するには、交換元の仮想通貨を国内取引所で準備する手順が必要
  • 国内取引所の利用なら、初心者でも使いやすいコインチェックがおすすめ

SOSとは、OpenSeaやNFTに関する詐欺被害者の救済、コミュニティの支援を目的とするOpenDAOのガバナンストークンです。

2021年12月24日に、OpenSea利用者を対象としたエアドロップの実施を発表しています。

過去にOpenSeaでNFTを売買した経験を持つ人すべてが対象であり、多くの注目を集めています。

現在SOSを扱う国内取引所はないため、SOSを入手するには海外取引所かDEXの利用が必要であり、そのためには国内取引所で交換元となる仮想通貨の準備も必要です。

国内取引所の利用なら、初心者でも使いやすいコインチェックがおすすめです。

また海外取引所の利用は、トラブルに巻き込まれた際に国からの援助を受けられない可能性が懸念されます。

ご利用の際は自己責任でお願いします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる