【大好評】DMM BitcoinのSTモードとは?評判/口コミや使い方を徹底解説![メリット・デメリット]

DMM Bitcoinは、レバレッジ取引に対応したアルトコイン数が国内No.1である人気の仮想通貨取引所です。

そんなDMM Bitcoinの取引アプリに2021年12月1日、新機能の「STモード」が追加されました。

そこで今回はそのSTモードについて、メリット・デメリットや使い方などをご紹介していきます。

この記事の要点
  • STモードは、DMM Bitcoinの取引アプリに追加された初心者向けのモード
  • シンプルなUIの中で、13銘柄に対して現物取引ができる
  • 金額指定で注文できるので、資金状況と注文状況がより分かりやすくなった
  • STモードのコラムを参照すれば、知らない通貨のこともその場で学べる
  • STモードは従来型の「EXモード」と、いつでも切り替え可能

STモードの実装によってDMM Bitcoinの取引アプリは、より幅広いユーザーが使えるものになりました。

ぜひ初心者の方もこれを機にDMM Bitcoinの公式サイトを確認して、STモードから仮想通貨投資を始めてみましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

目次

STモードとは?

STモードとは、2021年12月1日に仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」のスマートフォン版取引システムアプリへ実装された新機能のことです。

このアップデートにより、豊富な機能を駆使して仮想通貨投資ができる「EXモード(従来の取引システム)」と、シンプルで直感的に投資できる「STモード」、これら2つのモードを1つのアプリの中で選べるようになりました。

DMM Bitcoinの基本情報

さてここで、まずはDMM Bitcoinがどういった仮想通貨取引所なのか押さえておきましょう。

dmmbitcoin
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(13銘柄)
取引所形式:×
レバレッジ取引(銘柄数)○(27銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
 取引手数料
(ビットコインの場合)
 販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
※BitMatch注文を除く
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判
DMM Bitcoinの特徴
  • レバレッジ取引の取扱銘柄数が国内No.1
  • BitMatch注文なら、取引コストを安く抑えられる
  • サポートが充実していて、初心者でも安心して利用できる

DMM Bitcoinはレバレッジ取引に力を入れている仮想通貨取引所で、その取扱銘柄数は国内でトップに立っています。

またDMM Bitcoinの場合、一般的に低コストだと言われる取引所形式での取引はできませんが、販売所形式と取引所形式のハイブリッドであるオリジナルの注文方式「BitMatch注文」を使えば、十分に取引コストを抑えることが可能です。

さらに、専用フォームと公式LINEからいつでも問い合わせを受け付けており、サポートが充実しているのも魅力の一つです。

EXモードとの違い

新機能のSTモードと、従来型のEXモードの違いは以下の通りです。

細かな部分は、これからSTモードのメリット・デメリットを紹介する中で解説していきます。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

STモードのメリット

DMM Bitcoinの取引アプリの新機能「STモード」には、これまでにない次のようなメリットがあります。

STモードの主なメリット
  • シンプルなUIで現物取引ができる
  • 金額指定での注文ができる
  • コラムで取扱銘柄のことを学べる

シンプルなUIで現物取引ができる

STモード
EXモード

STモードは、高機能なEXモード(従来の取引画面)とは対照的に、非常にシンプルなUIを採用しています。

また取引は、現物取引のみにフォーカスしています。

そのためSTモードは、仮想通貨投資の初心者の方に最適なモードだと言えるでしょう。

金額指定での注文ができる

EXモードでは数量指定での注文のみでしたが、STモードでは金額指定での注文も可能になりました。

日本円で切りの良い金額で注文でき、こちらも初心者に分かりやすい機能となっています。

コラムで取扱銘柄のことを学べる

STモードでは取扱銘柄すべてに、その銘柄に関する概要説明と初心者向けのコラムが付いています。

仮想通貨は多くの銘柄があり、よく知らない銘柄にはなかなか手出しできないものです。

しかしSTモードなら、その場で基礎知識を身につけて、果敢に様々な銘柄への投資にチャレンジできるでしょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

STモードのデメリット

一方でSTモードには、次のようなデメリットもあります。

STモードの主なデメリット
  • レバレッジ取引には対応してない
  • 注文方法が少ない
  • 細かなチャート分析はできない

レバレッジ取引には対応してない

DMM Bitcoinはレバレッジ取引に長けた仮想通貨取引所です。

しかし、STモードは現物取引に特化した初心者向けのモードなので、レバレッジ取引には一切対応していません。

レバレッジ取引をおこなう場合は、EXモード(従来の取引画面)に切り替える必要があります。

注文方法が少ない

EXモードでは、以下のように多彩な注文方法が用意されています。

EXモードの注文方法

現物取引・レバレッジ取引とも

  • 成行注文
  • BitMatch注文
  • 指値・逆指値注文
  • OCO注文

レバレッジ取引のみ

  • IFD注文
  • IFO注文
  • FIFO注文

しかし初心者向けであるSTモードの注文方法は、シンプルに現物取引での成行注文のみです。

細かなチャート分析はできない

EXモードのチャートでは、描画ツールやテクニカル分析ツールを駆使して、細かく値動きを分析することができます。

また、画面を4分割することにより、マルチタイムフレーム分析も可能です。

しかしシンプルさを重視したSTモードのチャートでできるのは、ラインチャートとローソク足チャートの切り替えと、時間軸の切り替えのみです。

そのためSTモードでは、値動きの確認はできても細かな分析まではできません。

なお、ここではデメリットを3つ取り上げましたが、これらはいずれもEXモードに切り替えてしまえば解消されます。

またSTモードからEXモードへの切り替え、EXモードとSTモードへの切り替えは、メニュー画面からいつでも簡単にできます。

そのためデメリットを注視するよりも、STモードとEXモードを上手く使い分けて、両方のメリットを最大限活用することを考えるとよいでしょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

STモードの使い方/操作方法

それではここで、STモードの使い方をご紹介します。

STモードの使い方は以下の通り、非常に簡単です。

STモードの使い方
  1. メニュー画面で、EXモードからSTモードに切り替える
  2. 購入したい銘柄を選ぶ
  3. 金額または数量を指定して注文を入れる

STEP1:メニュー画面で、EXモードからSTモードに切り替える

まずはアプリのメニュー画面を開きましょう。

メニューの上部に切り替えをボタンがあるので、それをクリックすれば簡単にSTモードに切り替えることができます。

STEP2:購入したい銘柄を選ぶ

続いて、一覧画面から購入したい銘柄を選択しましょう。

なおSTモードの取扱銘柄は、2021年12月時点で以下の6種類です。

STモードの取扱銘柄
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • ステラルーメン

STEP3:金額または数量を指定して注文を入れる

購入する銘柄を決めたら、最後に金額または数量を指定して注文を入れましょう。

以上が、STモードの基本的な使い方です。

メリットでもご紹介しましたが、画像からわかる通りSTモードはUIが非常にシンプルで、だれでも直感的に操作できるようになっています。

そのため、これから仮想通貨投資を始めようと思っている初心者の方は、ぜひDMM BitcoinのSTモードについて公式サイトをチェックしてみましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

STモードの評判/口コミ

続いて、STモードに関してユーザーからどのような声が上がっているのか、評判/口コミを見てみましょう。

STモードは、従来の取引機能(EXモード)はそのままに、新機能として追加されました。

マイナスになった部分はないので基本的には、肯定的に捉える声が上がっています。

ただ、実装から間もないため評判/口コミ自体が少ないのが現状であり、時間をかけて今後ユーザーから様々な評価がなされていくことでしょう。

これからDMM Bitcoinを利用して仮想通貨投資に挑戦するなら、ぜひこういった既存ユーザーの声も参考にしていきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

STモードのよくある質問

最後に、STモードに関してよくある質問を3つご紹介します。

STモードに関するよくある質問
  • パソコンの取引ツールでもSTモードは使えますか?
  • STモードを利用するのにコストはかかりますか?
  • STモードの価格表記とEXモードの価格表記の違いは何ですか?

パソコンの取引ツールでもSTモードは使えますか?

STモードは、スマートフォン版取引システムアプリに実装された新機能です。

パソコンの取引ツールでは、STモードを利用することはできません。

なお、タブレットのアプリはスマートフォンと同じであるため、タブレットでもSTモードを利用できます。

STモードを利用するのにコストはかかりますか?

スマートフォン用の取引アプリは無料でダウンロードでき、利用料や維持コストもかかりません。

またそれは、新たに実装されたSTモードでも同様です。

STモードの価格表示とEXモードの価格表示の違いは何ですか?

STモードでの価格表示は、ミッド(仲値)価格となっています。

一方でEXモード(従来の取引画面)では、スプレッドがかかった売値と買値が表示されています。

STモードの価格表記
EXモードの価格表記

\ もれなく2000円プレゼント中! /

STモードのまとめ

今回は、DMM Bitcoinの取引アプリにおける新機能「STモード」についてご紹介しました。

この記事の要点
  • STモードは、DMM Bitcoinの取引アプリに追加された初心者向けのモード
  • シンプルなUIの中で、13銘柄に対して現物取引ができる
  • 金額指定で注文できるので、資金状況と注文状況がより分かりやすくなった
  • STモードのコラムを参照すれば、知らない通貨のこともその場で学べる
  • STモードは従来型の「EXモード」と、いつでも切り替え可能

DMM Bitcoinはもともとレバレッジ取引に強く、また取引ツールは高機能で、どちらかと言えば中~上級者向きの仮想通貨取引所でした。

しかし、2021年12月のアップデートでSTモードを選択できるようになったことにより、初心者でも利用しやくなりました。

また今なら、新規口座開設でもれなく2,000円をもらえるお得なキャンペーンも実施中*です。

まだ取引所の口座をお持ちでない方は、ぜひこれらのタイミングを活かして、DMM Bitcoinの公式サイトを確認してみましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

*2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分

目次
閉じる