仮想通貨Theta Fuel(TFUEL)とは?将来性や特徴・今後の見通し予想を徹底解説

Theta Fuelは、動画配信プラットフォームの「THETA NETWORK」上で使用されるユーティリティトークンです。

その用途は多岐にわたり、THETA NETWORKのサービス拡大とともに増加しています。

THETA NETWORKは、非中央集権型の動画配信プラットフォームを提供しており、既存の動画配信サービスが抱える課題を解決する手段として注目です。

この記事では、Theta Fuelについて特徴から価格動向、今後の見通し、購入方法、注意点まで詳しく解説します。

この記事でわかること
  • Theta Fuelは、THETA NETWORK上使用するユーティリティトークン
  • THETA NETWORKは、非中央集権型の動画配信プラットフォーム
  • THETA NETWORKは、Theta FuelとThetaの2種類の通貨を発行している
  • Theta Fuelは、動画配信や視聴、ステーキングなどさまざまな方法で獲得可能
  • Theta Fuelは、海外取引所で購入可能
  • 国内取引所はCoincheckがおすすめ

Theta Fuelは国内取引所での取り扱いがないため、海外取引所にペア通貨を送金して購入する必要があります。

送金するための国内取引所は、初心者にも使いやすいサイトデザインのCoincheckがおすすめです。

無料で口座開設できるので、この機会にCoincheckの口座を開設しておきましょう。/

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

Theta Fuelの特徴

Theta Fuel-top
通貨名Theta Fuel
シンボルTFUEL
価格(2022年1月現在)約20円
時価総額(2022年1月現在)約1,054億円
時価総額ランキング(2022年1月現在)86位
主な取引所Binance、Bithumb、Gate.io
公式サイトTHETAの公式サイト
関連記事仮想通貨のおすすめ銘柄

Theta Fuelは、THETA NETWORK上で使用されるユーティリティトークンです。

THETA NETWORKは、非中央集権型の動画配信プラットフォームで、ニュース番組やドラマ、映画、スポーツ中継だけでなく、YouTubeのようなオリジナル動画まで、さまざまな動画コンテンツを提供しています。

動画配信に、ブロックチェーン技術を活用することで、視聴者は、より高品質の動画を視聴したり、コンテンツの視聴で報酬を獲得したりと、新たな取り組みが可能です。

また、動画配信者は、手数料や広告費の中抜きがなくなるため、収益が増えるメリットがあります。

そんなTHETA NETWORKでは、「Theta」と「Theta Fuel」の2種類のトークンが発行されており、今回紹介するTheta Fuelは以下の特徴を持っています

Theta Fuelの特徴
  • THETA NETWORK上のユーティリティトークン
  • ステーキングの報酬として配布
  • バーンにより価値を提供

THETA NETWORK上のユーティリティトークン

Theta Fuelは、THETA NETWORK上のユーティリティトークンで、次の用途があります。

Theta Fuelの用途
  • 動画配信への報酬
  • ノード参加者への報酬
  • 動画視聴者への報酬
  • 配信サービス提供への報酬
  • DEX利用時の手数料
  • NFTマーケットプレイス利用時の手数料
  • ステーキングの報酬

用途の数は、新サービスの提供や既存サービスのアップデートなどのタイミングで増え続けています。

ステーキングの報酬として配布

THETA NETWORKでは、PoS(Proof of Stake)によるステーキングサービスを実施しています。

POS とは

Thetaの保有者は、ネットワークに参加することで、報酬としてTheta Fuelを獲得可能です。

またProof of Relayという独自のステーキングシステムも導入しています。

Proof of Relayは、Theta Fuelを支払うことで、ノードのレベルをアップグレードし、より多くのステーキング報酬を得られる仕組みです。

Thetaを保有しておくだけで報酬をもらえるだけでなく、獲得したTheta Fuelを使ってさらに多くの報酬を得られるため、ユーザーにとっては魅力的なサービスです

バーンにより価値を提供

Theta Fuelは、THETA NETWORK利用者の平等性を保つために、バーンされる仕組みを導入しています。

仮想通貨のバーン

THETA NETWORKは、動画配信者や視聴者、ノード参加者への報酬をTheta Fuelで支払ってる状況です。

ユーザーはプラットフォームを無料で利用できますが、動画配信者、ノード参加者、視聴者の需要と供給のバランスが崩れると、ネットワーク利用料(ガス代)が発生してしまいます。

そこで、ネットワークを使用する際のTheta Fuelを最低で25%バーンすることで、ガス代をゼロにする仕組みを構築しました。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Theta Fuelの価格動向

Theta Fuelの価格動向について、直近2ヶ月と1年の長期間で解説します。

直近2ヶ月の価格動向

まず、2021年12月から2022年1月にかけての価格動向を見てみましょう。

直近にヵ月の価格推移
引用:Tradingview

米ドルに対するTheta Fuelの価格チャートです。

2021年12月初頭は0.3ドルほどでしたが、徐々に価格が下がり、最低で0.12ドルまで落ちています

価格下落の原因は、ビットコインの価格の影響を受けているためと考えられます。

アルトコインの価格は、仮想通貨の基軸通貨であるビットコインの影響を受ける傾向です。

2021年12月から2022年1月にかけては、各国の金融引き締めやロシアの仮想通貨規制が原因で、ビットコインの価格も半分近くまで下がりました

Theta Fuelはビットコインの影響を受けて価格を下げています。

2021年の価格動向

2021年の1年間の価格動向を見てみましょう。

2021年の価格推移
引用:Tradingview

米ドルに対するTheta Fuelの価格チャートです。

2021年2月まで0.05ドル以下の低価格で推移してましたが、2021年3月に価格が急騰し、最大で0.6ドルまで上昇しました。

その後は、価格の上下を繰り返し、2021年11月から2022年にかけて価格が下がっています。

直近2か月の価格動向で解説したように、ビットコインの価格の影響を受ける形で推移しています。

2021年前半はDeFiやNFTへ注目が集まり価格が高騰しました。

その後、中国の仮想通貨規制などで一時は価格を落としましたが、ビットコインのアップデートなどにより、11月には過去最高値をつけています。

Theta Fuelはビットコインに連動して価格推移する中で、3月と6月は異なる値動きをして価格が上昇しています。

2021年3月の価格高騰

2021年3月の価格高騰の要因は、THETA NETWORKがサービスのリリースやアップデートを実施したためです。

主に以下のものが実施されました。

  • DEXのサービスリリース
  • NFTマーケットプレイスのリリース
  • ノードシステムのアップデート

DEXおよび、NFTマーケットのリリースは、DeFiやNFT市場が盛り上がってたタイミングとも重なり、大きな注目を集めました。

また、ノードシステムが改定され、それまでよりも良い条件でTheta Fuelの報酬を受け取れるようになりました。

これらのアップデートにより、THETAへの注目が集まり、結果的にTheta Fuelの価格高騰につながっています。

2021年6月の価格高騰

2021年6月の価格高騰の要因は、THETA NETWORKのメインネットのアップデートが実施されたためです。

このアップデートでは、

  • ノードのアップグレード機能の実装
  • Theta Fuelがバーンされる仕組みの導入

といったシステムが新たに導入されました。

このアップデートにより、THETA NETWORKの利便性が向上し、価格上昇につながっています

Theta Fuelの取引を検討されている方は、交換元の通貨を手に入れるために、Coincheckで口座を開設して、取引のための準備を進めましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Theta Fuelの今後の見通し

Theta Fuelの今後の見通しとして、THETA NETWORKのユーザー数が重要なポイントになります。

その理由は、THETA NETWORKの利用者が増えることで、Theta Fuelの流動性が高まり、価格上昇につながるためです。

THETA NETWORKへの期待値を上げる、ユーザーを獲得するための要素として以下の3点が考えられます。

Theta Fuelの今後の見通し
  • 動画市場の成長
  • 非中央集権型の動画配信サービスへのユーザー流入
  • 大手企業との提携

動画市場の成長

THETA NETWORKは動画配信プラットフォームであるため、動画市場の影響を受けやすいと言えます。

YouTubeやNetflixなどのプラットフォームを中心に、動画配信サービスの市場は右肩上がりで成長しており、今後も、5G通信の利用拡大などから市場は伸びると予想されています。

THETA NETWORKが市場拡大の波に乗れば、利用者が増加し、Theta Fuelの価格上昇も期待できます。

非中央集権型の動画配信サービスへのユーザー流入

YouTubeなどのユーザーが、非中央集権型の動画配信サービスの魅了を知り、流入してくることで、THETA NETWORKの注目が集まると言えます。

THETA NETWORKを始め、非中央集権型の動画配信サービスには、より高画質な動画を提供できることや、手数料が安いなどさまざまなメリットがあります。

今後、4Kや8K、VRなど、より高画質の動画の需要が高まり、既存サービスでは対応できない状況が訪れれば、THETA NETWORKのユーザーが増え、Theta Fuelの価格にも影響する可能性があります。

今すぐに、ユーザーが移動する可能性は低いですが、長い目で見ると利用者が増える可能性は十分あります。

大手企業との提携

大手企業との提携により、THETA NETWORKへの注目が集まり、Theta Fuelの価格に影響する可能性があります

THETA NETWORKは、すでにGoogleやLINE、SONY、SAMSUNGなどの大手企業と提携しています。

今後、より多くの企業との提携が進めば、企業を通した認知拡大が可能となり、THETA NETWORKの利用者が増えると予想されます。

また、近年はDEXやNFTなどの分野にも挑戦しているため、その関連企業との提携も注目されます。

Theta Fuelの取引に挑戦したい方は、Coincheckで口座を開設して、交換元の通貨を手に入れ、取引準備を始めましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Theta Fuelの買い方

Theta Fuelの詳細を知り、購入を検討している方もいるのではないでしょうか。

ここではTheta Fuelの購入方法を紹介します。

Theta Fuelの買い方
  1. Coincheckの口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. ビットコインを購入する
  4. 海外取引所にビットコインを送金する
  5. Theta Fuelを購入する

2022年1月現在、国内取引ではTheta Fuelを購入できないため、海外取引所で購入する必要があります。

ただし、海外の取引所は法規制や詐欺リスクの高さなど、日本と異なる点も多いので、利用の際は自己責任で、慎重に手続きしてください

海外取引所でTheta Fuelを購入する方法としては、国内取引所からペア通貨を送金する方法がおすすめです。

今回は、初めて仮想通貨取引所を利用する人も使いやすいCoincheckから、ビットコインを送金する手順を紹介します。

この機会に、Coincheckの口座を開設して仮想通貨取引に挑戦しましょう

Coincheckの口座を開設する

まず、Coincheckの口座開設をします。

Coincheckの公式サイトにアクセスします。

コインチェック

「会員登録」をクリックします。

Coincheck-会員登録

「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、「新規登録」をクリックします。

登録したアドレスに「登録メールアドレス確認のお願い」のメールが届くので、メール内のURLをクリックしてアカウントを作成します。

次に、各種重要事項の承諾を行います。

各種重要事項を確認

アカウント作成後、上記の画面が表示されるので、「各種重要事項を確認する」をクリックします。

その後、確認事項が表示されるので、目を通してチェックマークを付けると完了です。

電話番号認証のお願い

続いて、電話認証を求められるので、電話番号を入力して「SMSを送信する」をクリックします。

認証番号が届くので、番号を入力して認証を完了させましょう。

その後、氏名や性別、生年月日、収入などの個人情報を入力します。

最後に、本人確認を行います。

以下の本人確認書類から1つ準備して、手続きに進みましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

スマホで本人確認書類を撮影するだけで、書類の郵送や電話は不要なのでご安心ください。

本人確認書類の提出-QRコード

「アプリのQRコードを表示」を選択し、表示されたQRコードをスマホカメラで読み込み、Coincheckアプリをダウンロードします。

アプリを立ち上げ、指示に従って本人確認書類を撮影しましょう。

撮影終了後、書類審査に入ります。

審査に通ると、数時間後に「本人確認完了のお知らせ」のメールが届きます

このタイミングで、Coincheckでの取引が可能になります。

日本円を入金する

次に日本円を入金します。

日本円は「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3種類の入金方法が対応しています。

最もスタンダードな銀行振込がおすすめです。

日本円の入金

Coincheckのホーム画面左側の「日本円の入金」を選択します。

「銀行振込」のタブを選択すると、振込先が表示されるので、指定口座に振り込むと入金完了です。

ビットコインを購入する

次にビットコイン(BTC)を購入します。

利用する海外取引所には、イーサリアム(ETH)などのアルトコインでもTheta Fuelを購入できる場合がありますが、流通量の多いビットコインをおすすめします。

Coincheckは、「販売所形式」と「取引所形式」も2種類の方法でビットコインを購入できます。

今回は、シンプルな操作で取引が完了する、販売所形式で購入する方法を紹介します。

BTCを購入

Coincheckのホーム画面左側の「販売所(購入)」をクリックします。

購入する通貨を「BTC」に設定し、数量を入力して「購入する」をクリックすると、購入完了です。

なお、取引に発生する手数料に関しては「仮想通貨取引所の手数料比較」の記事をご覧ください。

海外取引所にビットコインを送金する

購入したビットコインを海外取引所に送金します。

海外取引所への送金

送金する前に、送金先の海外取引所の口座を準備しておきましょう

Theta Fuelを取り扱っている取引所はいくつかありますが、日本語に対応しており、セキュリティ性の高いBinance(バイナンス)がおすすめです。

ただし、海外取引所は日本の取引所に比べて詐欺のリスクが高いため、口座開設する際は自己責任でお願いします。

口座開設方法と入金方法は取引所によって異なるため、別途リサーチしてください。

BTCを送金

Coincheckのホーム画面左側の「暗号資産の送金」を選択します。

「ビットコインを送る」を選択し、送金先のウォレットアドレスを「新規宛先」に入力して、「追加」をクリックします。

送金するビットコインの「数量」を入力し、「送金する」をクリックすると、Coincheckでの操作は終了です。

送金先のウォレットにビットコインが入金されていれば、送金完了です。

ウォレットアドレスを間違えて入力すると、送金できないだけでなく、ビットコインを失う危険性があるため、入力する際は必ずコピペしましょう。

Theta Fuelを購入する

送金先の取引所でTheta Fuelを購入します。

購入時の操作方法は取引所によって異なるため、別途リサーチして利用してください。

Coincheckは、シンプルなサイトデザインなので初めて仮想通貨を取引する人にも使いやすく、おすすめです。

無料で口座開設できるので、この機会にCoincheckの口座を開設して、Theta Fuelの取引に挑戦しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

取引所に関しては「おすすめの仮想通貨取引所比較」や「コインチェックの評判」をご覧ください。

Theta Fuelの注意点

Theta Fuelの

Theta Fuelの注意点
  • 国内の取引所での取り扱いがない
  • Theta FuelとThetaは異なる仮想通貨
  • THETA NETWORKは日本に非対応

国内の取引所での取り扱いがない

Theta Fuelは国内の取引所での取り扱いがありません

Theta Fuelを購入するためには、国内の取引所からビットコインなどのペア通貨を海外取引所に送金して取引する必要があります。

「Theta Fuelの買い方」で、購入までの手順を解説していますので、取引する際は参考にしてください。

海外取引所の中には、クレジットカードで仮想通貨を購入できる取引所もありますが、手数料が高いので、ペア通貨を送金する方法をおすすめします。

Theta Fuelを取り扱ってる取引所は、「Binance」、「Bithumb」、「Gate.io」などがあります

海外取引所は、日本からの取引を禁止しており、利用できない場合があるので調べてからご利用ください。

また、海外取引所は、国内取引所に比べて詐欺などのリスクが高いため、ご利用は自己責任でお願いします。

Theta FuelとThetaは異なる仮想通貨

Theta Fuel以外に、「Theta」という仮想通貨が存在しますが、両者は異なる通貨ですのでご注意ください。

Thetaは、Theta Fuelと同じ、THETA NETWORKが発行している通貨です。

Thetaはガバナンストークンであり、保有者はTHETA NETWORKのガバナンスへの参加できます。

また、発行量も1億枚と決まっており、すでに発行済みです。

購入の際は、間違えないようにご注意ください。

THETA NETWORKは日本に非対応

Theta Fuelを使用するTHETA NETWORKは、日本語に対応していません

現在の対応言語は、英語、中国語、韓国語です。

言語に不安がある方は、Google翻訳などの利用をおすすめします。

ただし、THETA NETWORKは、LINEと提携し、「THETA.tv」というサービスを日本で提供しているため、今後、日本語に対応する可能性があります。

THETA NETWORKのサービスが日本語対応し、日本人ユーザーが増えれば、Coincheckなどの国内取引所でもTheta Fuelを扱う可能性があります。

いつでも対応できるように、今のうちCoincheckの口座を開設しておくとよいでしょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

Theta Fuelのまとめ

今回は、仮想通貨のTheta Fuelについて解説しました。

Theta Fuelは、成長市場である動画配信サービスに関連する仮想通貨であるため、今後の価格上昇が期待できる銘柄と言えます。

この記事のまとめ
  • Theta Fuelは、THETA NETWORK上使用するユーティリティトークン
  • THETA NETWORKは、非中央集権型の動画配信プラットフォーム
  • THETA NETWORKは、Theta FuelとThetaの2種類の通貨を発行している
  • Theta Fuelは、動画配信や視聴、ステーキングなどさまざまな方法で獲得可能
  • Theta Fuelは、海外取引所で購入可能
  • 国内取引所はCoincheckがおすすめ

2022年1月現在、国内にはTheta Fuelを取り扱ってる仮想通貨取引所はありません。

しかし、Theta Fuelを発行するTHETA NETWORKは、LINEと提携し、「THETA.tv」という動画配信サービスを日本で展開しているため、Coincheckなどの日本の取引所に上場する可能性があります

いつでも取引できるように、今のうちにCoincheckの口座を開設しておきましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる