仮想通貨のVeChain/VETとは?特徴や将来性・今後の見通し予想をわかりやすく解説

VETはサプライチェーンに大きな変革をもたらす可能性を秘めるプラットフォームです。

独自仮想通貨のVETは何度か大きな価格変動を見せており、短期的に大きな稼ぎを狙いたい人の投資先に適しています。

また今後のVeChainの需要拡大に期待しての長期的な投資先としても注目されています。

この記事からわかること
  • VETはサプライチェーンへ透明性をもたらすプラットフォーム
  • モノのトラッキングや管理能力で注目されている
  • PoAをコンセンサスアルゴリズムに採用している
  • VETの入手には、国内取引所での仮想通貨購入の手順が必要
  • 国内取引所を利用するなら、使いやすさに秀でたコインチェックがおすすめ

VETを入手するには、交換元となる仮想通貨を準備する必要があります。

仮想通貨は国内取引所で入手可能であり、おすすめはコインチェックです。

コインチェックなら約500円から仮想通貨の購入が可能で、初心者でも簡単に仮想通貨運用を始められます。

VETの購入に限らず、仮想通貨の購入や、DEXやDeFiなどのサービス利用時に重宝される取引所であるため、今の内に口座開設しておくと役立つ機会が多いでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

VeChain(VET)とは?

引用:https://twitter.com/vechainofficial
仮想通貨名VeChain
ティッカーシンボルVET、VTHO
ローンチ2015年
価格(2021年12月時点)0.088ドル
時価総額(2021年12月時点)55億4166万ドル
時価総額ランキング(2021年12月時点)33位
公式サイトVeChain公式サイト
公式TwitterVeChain公式Twitter

VeChainは、2015年にローンチされて以降、多くのパートナー企業と連携を結び、注目を集めているプラットフォームです。

またサプライチェーンに透明性をもたらすために開発されており、モノをトラッキングするIoT化に取り組んでいます。

モノを開発・提供する企業と、購入する消費者の双方にメリットをもたらすプラットフォームであり、現在の流通が抱える課題解決に期待されています。

ブロックチェーン技術を活用することで、流通の不透明な要素を見える化し、あらゆるモノの信頼を高めるサービスに注目が集まっています。

そういった需要拡大を予想できるため、独自仮想通貨のVETは今後の高騰に期待できる仮想通貨です。

VeChain(VET)の特徴

VeChain(VET)の特徴を3つお伝えします。

VeChain(VET)の特徴
  • サプライチェーンへの取り組み
  • コンセンサスアルゴリズムをPoAに変更
  • デュアルトークンシステム
  • 運営陣営の信頼性が高い

サプライチェーンへの取り組み

VeChainはサプライチェーンに革命的な変化をもたらしており、急速に実用化が進められています。

VeChainがもたらすメリットの最たる例は、モノのトラッキングを可能にすることです。

ブランドの服やカバン、ワインなどのモノは、ブランド価値を悪用した偽物が広く出回っており、企業と消費者の双方にとってのリスクとなっています。

企業からすれば自社が販売するブランド商品の信用度が低下してしまい、消費者からすれば購入したい商品が本物かどうかの判断ができず疑心暗鬼に陥ってしまっています。

この問題を解決するのがVeChainです。

商品が製造されると同時に、商品ごとのコードなどを設定すると、ブロックチェーン技術により流通経路が記録されます。

消費者からすると、自分が買いたい商品がどこで作られて、どのような経路で販売までに至るかの確認が可能となるため、強く信頼できます。

またモノの管理も効率化するため多くの企業が注目しており、実用化の幅が急速に拡大しています。

昨今ますます勢いを増している仮想通貨やブロックチェーンですが、中でもVeChainは明確に実用化が進められているプラットフォームとして知られています。

コンセンサスアルゴリズムをPoAに変更

ローンチ以降、VeChainはイーサリアムブロックチェーンを採用しており、コンセンサスアルゴリズムはPoW(proof of work)でした。

ビットコインなどと同様にマイニングによりブロックチェーンは成立されていましたが、2018年からPoA(proof of authority)をコンセンサスアルゴリズムに採用しています。

これはブロックチェーンをイーサリアムから、VeChainThorという独自のブロックチェーンに変更しているためです。

PoAとは、独自仮想通貨のVETの保有数に応じて投票権が振り分けられる仕組みであり、PoWとは大きく異なる仕組みです。

そのためマイニングの作業を必要とせず、VETを保有している人が承認作業を担います。

またマイニングは大量の電力を要するため環境問題への加担が懸念されていますが、PoAはこの問題を解決しています。

さらにスケーラビリティ問題対策にもなっているため、処理速度にも秀でています。

デュアルトークンシステム

VeChainはプラットフォームの安定化を図るために、2つのトークンを発行するデュアルトークンシステムを採用しています。

異なる役割を担うトークンを2つ利用することで、トランザクションの動きやコストの変動を管理しやすいことがメリットです。

VeChainのトークン
  • VET:バリューレイヤーの役割を担う
  • VTHO:スマートコントラクトレイヤーの役割を担う

ブロックチェーン上のトランザクション処理に利用されるのがVETであり、投資先の側面も強く、多くの人々から注目されています。

一方のVTHOは、VeChainThorEnergyの略であり、コストに関係する仮想通貨です。

VeChainの今後の可能性に投資したい方は、VTHOではなくVEOを購入しましょう。

運営陣営の信頼性が高い

VeChainはそのプラットフォームの役割で注目されていますが、運営陣営の信頼性の高さでも評価されています。

そもそもVeChainはルイヴィトンチャイナのCEOが設立しており、またBitSEという中国の巨大仮想通貨企業の子会社として誕生しています。

このように開発の段階から注目度が高いVeChainは、次々と大企業とのパートナーシップを連結させており、今後の動向が楽しみなサービスです。

先日社名をMetaに変更したマイクロソフトをはじめとした名立たる企業との協力関係を構築しているため、社会的な評価が高いと判断でき、今後の成長基盤を築いているといえます。

海外の仮想通貨を購入する場合は、国内の取引所で日本円を暗号資産に換金する必要がありますので、まだ口座をお持ちでない方は、ぜひコインチェックで口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

VeChain(VET)の価格動向

VeChain(VET)の価格動向を2つお伝えします。

VeChain(VET)の価格動向
  • 直近2カ月(2021年10月~12月)のVeChain(VET)の価格動向
  • 2019年4月~2021年12月のVeChain(VET)の価格動向

直近2カ月(2021年10月~12月)のVeChain(VET)の価格動向

引用元:TradingView

上の画像は、直近2カ月(2021年10月~12月)のVeChain(VET)の価格動向です。

10月中には0.13ドル~0.15ドルの価格帯で変動していましたが、11月には高騰を見せ0.19ドル付近まで価格を伸ばしました。

11月半ばまでは高い価格を維持していましたが、以降は下落傾向が続いています。

12月に入るころの価格は0.12ドルほどでしたが、12月5日あたりでは急激な下落となり、以降は0.08ドル~0.09ドルあたりを推移しています。

VeChainは今後ますます普及していくと考えられるプラットフォームであるため、価格が下がっている今が購入のチャンスだとも考えられます。

2019年4月~2021年12月のVeChain(VET)の価格動向

引用元:TradingView

上の図は、2019年4月~2021年12月のVeChain(VET)の価格動向です。

一見してわかるとおり、2019年4月~2021年1月ごろまで0.02ドル付近で推移しており、特に目立った動きを見せませんでした。

2020年ごろからは、今後高騰していくだろうと予想するトレーダーが目立ち始め、事実2021年の4月には0.26ドルまで伸長しており、数か月の間に10倍以上高騰したことになります。

その後には急激な下落を見せており、7月ごろには仮想通貨市場全体の成長の流れに乗る形で高騰しています。

2021年12月時点では0.08ドルあたりまで下落していますが、1年前と比較すると数倍に高騰しているため、成長途中にあるとも評価できます。

またVeChainはサプライチェーンやIoTの観点で今後より注目されていくと予想されており、最高価格を更新していく可能性は大いにあります。

\ アプリダウンロード数No.1 /

VeChain(VET)の今後の見通し

VeChain(VET)の今後の見通しを3つお伝えします。

VeChain(VET)の今後の見通し
  • 流通に革命的な変化をもたらす
  • VETの高騰
  • コロナウイルス感染拡大対策として活躍

流通に革命的な変化をもたらす

モノのトラッキングや管理を効率化できるVeChainは、今後の発展次第では流通に大きな変化をもたらす可能性を秘めています。

また昨今ではIoTに大きな注目が集まっているため、VeChainの需要拡大には期待できます。

既に多くの巨大企業とのパートナーシップを築いているため、仮想通貨の中でも普及の可能性は高いでしょう。

VETの高騰

VeChainの需要拡大に伴い、VETの高騰が期待されます。

VETは度々急激な高騰を見せており、価格が変動しやすい仮想通貨と評価できるため、今後の動向次第では大きく跳ねる可能性は十分に考えられます。

また2021年12月時点ではVETの価格は下落傾向にあるため、今の内に購入しておけば大きなリターンを得られるかもしれません。

コロナウイルス感染拡大対策として活躍

VeChainはブロックチェーン技術によりコロナウイルス感染拡大対策として活用されています。

2020年にはコロナウイルスの抗体検査、PCR検査の記録を管理するためのプラットフォームを開発しており、すでに1万件近くを記録しています。

今後もブロックチェーンを利用した管理プラットフォームが活用されるとの予定が立てられており、コロナウイルス感染拡大状況によっては大いに貢献すると思われます。

またコロナウイルスは、ほぼすべての人が関心を持つ対象であるため、VeChainの認知は拡大するでしょう。

このような将来性を持ったVETに投資したいとお考えの方は、まずはコインチェックでの口座開設から始めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

VeChain(VET)の買い方

VeChain(VET)の買い方をお伝えします。

VETは国内取引所には上場していないので、海外取引所を利用する必要があります。

また海外取引所を利用するとしても、交換元となる仮想通貨を国内取引所で準備する必要があります。

国内取引所なら仮想通貨アプリの使いやすさに定評のあるコインチェックが使いやすくおすすめです。

約500円から仮想通貨の購入が可能であり、口座開設や仮想通貨送金といった手順を簡単に実施できます。

また海外取引所の利用に関しては、万が一の事態が懸念されます。

ご利用は自己責任でお願いします。

STEP
コインチェックの口座開設
STEP
コインチェックに日本円を入金
STEP
コインチェックでイーサリアムを購入
STEP
メタマスクを入手
STEP
イーサリアムをメタマスクへ送金
STEP
海外取引所でイーサリアムをVETに交換

コインチェックの口座開設

コインチェック

VETを入手するための1つ目の準備は、おすすめの仮想通貨取引所であるコインチェックの口座を開設することです。

コインチェックなら初心者でも簡単に仮想通貨購入の手続きを進められます。

口座開設のためには、まずコインチェック公式サイトにアクセスしましょう。

「口座開設(無料)」をクリックし手続きを始めてください。

手続きでは、まずメールアドレスや電話番号などの情報を入力します。

次に本人確認申請のために、運転免許証などの身分証の写真を提出し、自分の顔をカメラで撮影します。

以上で申請は完了ですが、コインチェックの利用を開始するためには、本人確認申請の審査を待つ必要があります。

多くの場合、審査は数時間~1日ほどで完了します。

審査に通ると、登録していたメールアドレス宛にコインチェックよりメールが届きます。

ここまででコインチェックは利用できるようになりますが、合わせて便利なコインチェックのスマートフォン用アプリをダウンロードしてください。

コインチェックアプリは、仮想通貨アプリでダウンロード数No.1であり、いつでもどこでも仮想通貨を運用できる便利なサービスを提供しています。

今回の手順でも利用するので、ダウンロード及びログインを済ませてください。

コインチェックに日本円を入金

アプリのダウンロードが済んだら、仮想通貨購入のために必要な日本の入金をしましょう。

まずコインチェックアプリを起動してください。

アプリ内の下部に表示される「ウォレット」⇒「日本円」⇒「入金」の順にタップしましょう。

コインチェック入金方法

すると「入金方法」を選択する画面が表示されます。

コインチェックでは「銀行入金」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから入金方法を選択可能であり、それぞれに異なるメリットがあります。

ここでは最も手数料の安い「銀行入金」での手順をお伝えします。

「GMOあおぞらネット銀行」、「住信SBIネット銀行」のどちらかをタップしてください。

どちらを選んでも違いはありませんが、既にどちらかの口座を開設済みの方は、そちらの利用をおすすめします。

銀行を選択すると口座情報が表示されるので、その口座宛に日本円を入金しましょう。

また入金の際は、振込人名義を間違えないよう注意してください。

コインチェックでイーサリアムを購入

コインチェックアプリへの日本円入金が完了したら、VETとの交換に使う仮想通貨を購入しましょう。

ここではイーサリアムを用いた手順をお伝えします。

まずコインチェックアプリを起動し、「販売所」を選択してください。

コインチェック-イーサリアム購入

仮想通貨が一覧で表示されるので、上から2番目に表示される「イーサリアム」をタップしましょう。

続いて「購入」を選び、イーサリアム購入に使用したいだけの日本円の金額を入力してください。

入金内容に間違いがないか確認したら、「日本円でイーサリアムを購入」を選択すれば、イーサリアムの購入は完了です。

またイーサリアムの価格は絶えず変動するので、お得にVETを入手したい方は、イーサリアムの価格が低いタイミングを狙いましょう。

メタマスクを入手

次にイーサリアムを保有するためのwebウォレットであるメタマスクを入手しましょう。

メタマスクでは仮想通貨の保有や送受信が可能であり、仮想通貨を扱う人なら入手しておきたいウォレットです。

入手手順ですが、まず対応ブラウザであるGoogleChromeでメタマスク公式サイトにアクセスしましょう。

続いて、「Download now」⇒「Install MetaMask for Chrome」の順にクリックすると、chromeウェブストアが表示されます。

「Chromeに追加」をクリックすれば、GoogleChromeの拡張機能にメタマスクが追加されます。

ここまででメタマスクの入手は完了ですが、使用可能な状態にするために初期設定を行いましょう。

MetaMask-top

拡張機能からメタマスクを起動し、「ウォレットの作成」をクリックすると初期設定を開始できます。

設定を進めると「秘密のバックアップフレーズ」という項目の確認画面が表示されます。

「秘密のバックアップフレーズ」とは、メタマスクで保有する仮想通貨情報の復元時など、資産に関わる重要な際に必要となる情報です。

必ず忘れないように管理し、誰にも教えないようにしてください。

イーサリアムをメタマスクへ送金

メタマスクの初期設定が完了したら、イーサリアムをコインチェックからメタマスクへ送金しましょう。

送金の第一ステップとして、まずメタマスクを起動してください。

イーサリアムをメタマスクへ送金

左のような画面が表示されるので、自分のアカウント名にカーソルを合わせ、アドレスをコピーしましょう。

続いてコインチェックアプリを起動してください。

「送金と受け取り」⇒「BTC以外の送金はこちら」⇒「Ethereumを送る」の順番にタップし、「送金先リスト」にコピーしておいたメタマスクのアドレスを入力し、送金先に追加します。

金額欄に送金したイーサリアムを入力し、「送金する」をタップしてください。

ここまでの手順でコインチェックからメタマスクへのイーサリアムの送金は完了です。

送金にはコインチェックの確認が必要となるため、数分~1時間ほどの時間を要します。

また送金時には手数料が発生するので、ご注意ください。

海外取引所でイーサリアムをVETに交換

最後に海外取引所を利用して、イーサリアムをVETに交換します。

Binanceなどの取引所で交換は可能です。

また海外取引所の利用は、トラブルに巻き込まれる可能性を完全には捨てきれませんので、ご利用はあくまでも自己責任でお願いします。

手順がわかった方は、ぜひコインチェックでの口座開設から初めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

VeChain(VET)の注意点

VeChain(VET)の注意点を3つお伝えします。

VeChain(VET)の注意点
  • 分散性に対する疑問
  • VETの価格は激しく変動している
  • 国内取引所では入手不可

分散性に対する疑問

VeChainが採用するコンセンサスアルゴリズムはPoAであり、PoAでは承認権限がVETを大量に保有している人に集中する特性があります。

ブロックチェーンが提供するメリットの1つに分散性が挙げられますが、PoAの分散性は高いとは評価できず、むしろVET保有者に権限が集中する傾向にあります。

PoAを採用するメリットは大きいですが、分散性の面ではデメリットも目立ちます。

VETの価格は激しく変動している

VETは過去に何度も価格を激しく変動させており、数日の間に価格が数倍に高騰することもあれば、下落することもあります。

VeChainの需要拡大に期待して長期保有する分にはあまり考慮する必要はありませんが、短期的な投資先とするには価格変動を敏感にチェックする必要があるでしょう。

また変動の激しさは、まとまったリターンを狙いやすい側面とも考えられますので、大きく稼ぎたい人に適しています。

国内取引所では入手不可

2021年12月時点では、VETは国内取引所に上場していません。

入手するには、国内取引所でイーサリアムなどの仮想通貨を準備して海外取引所を利用する必要があります。

Binaceなどに上場していますが、海外取引所を利用する際は自己責任でお願いします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

VeChain(VET)のまとめ

今回は、VeChain(VET)についてお伝えしました。

この記事の要点
  • VeChainは現在サプライチェーンが抱える課題の解決に期待されるプラットフォーム
  • 将来的にあらゆる商品のトラッキング、管理に活用される可能性がある
  • 多くの巨大企業とパートナーシップを築いている
  • 独自仮想通貨のVETを入手するには、交換元の仮想通貨を国内取引所で購入する必要がある
  • 仮想通貨の購入はコインチェックだとスムーズに実施可能

VeChainは、サプライチェーンが抱える不透明性などの課題を解決する可能性を秘めるプラットフォームです。

ブロックチェーン技術を活用することで、商品1つ1つのトラッキング・管理を可能とします。

また既に多くの巨大企業とのパートナーシップを築いているため、社会的な評価も極めて高いと評価できます。

今後の需要拡大にも大きな期待が寄せられており、それに比例して独自仮想通貨のVETの高騰も予想されています。

VETは国内取引所には上場していないため、入手するには元となる仮想通貨を準備してから海外取引所を利用する必要があります。

仮想通貨は国内取引所で入手可能であり、コインチェックを利用すると誰でも簡単に購入手続きを進められます。

最小で約500円から仮想通貨の購入が可能なので、これから仮想通貨運用を始めたいと考える人にピッタリな取引所です。

また海外取引所の利用は、万が一のトラブルに見舞われる可能性を否定しきれないため、ご利用の際は自己責任でお願いします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる