仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)とは?特徴や将来性・今後の見通しを徹底予想!

Zcash(ジーキャッシュ)は、匿名性の高さで注目されている仮想通貨です。

匿名性の高さは、多大なメリットを持つ反面、犯罪者に利用されるなどのデメリットにも繋がります。

また2021年11月時点では、価格を高騰させ続けており、今後が期待されている仮想通貨ですが、扱うには正しい知識が必要です。

この記事では、ジーキャッシュのメリットやデメリット、入手方法など網羅的に解説しています。

この記事からわかること
  • ジーキャッシュは高い匿名性が特徴の仮想通貨
  • 犯罪に利用されるリスクが問題視されている
  • 独自のマイニングアルゴリズムであるエクイハッシュを採用している
  • 規制緩和の動向に注目が集まっている
  • ジーキャッシュは国内取引所での扱いがなく、海外取引所の利用が必要
  • 海外取引所を利用するための仮想通貨の入手はコインチェックがおすすめ

2021年11月時点で、ジーキャッシュを扱う国内取引所はありません。

ジーキャッシュを入手するには、まず国内取引所で仮想通貨を購入してから、海外取引所を利用してジーキャッシュと交換する必要があります。

仮想通貨の購入におすすめの国内取引所はコインチェックです。

コインチェックは、最小で約500円から仮想通貨の購入が可能で、初心者でも簡単に無料で口座を開設できます。

仮想通貨アプリの中でダウンロードNo.1のコインチェックアプリも、仮想通貨の運用にはもってこいのサービスです。

ジーキャッシュの入手に限らず、あらゆる仮想通貨の運用にコインチェックは重宝されるので、これを機に登録してはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、仮想通貨に関する最新の情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次

Zcash(ジーキャッシュ)とは?

引用:https://z.cash/
仮想通貨名Zcash(ジーキャッシュ)
ティッカーシンボルZEC
ローンチ2016年10月
開発Electric Coin Company
価格(2021年11月時点)238ドル
時価総額(2021年11月時点)31億6453万ドル
時価総額ランキング(2021年11月時点)54位
購入可能な主な取引所Binanceなど
公式サイトジーキャッシュ公式サイト

Zcash(ジーキャッシュ)は匿名性の高さで注目を集める仮想通貨です。

また直近の2か月で価格を倍ほど高騰させており、2021年11月時点では高騰は継続傾向にあります。

開発のCEOであるZooko Wilcox氏は、ビットコインの開発者であるサトシ・ナカモトと連絡を取っていた人物として有名です。

また手数料はビットコインの数十分の1程度であり、安い手数料での取引が可能です。

ローンチは2016年10月と、仮想通貨にしては歴史が長いことも特徴です。

一時期は3,000ドルを超えたこともあり、その後にも何度か急激な価格変動を見せています。

その背景には、ジーキャッシュの匿名性の高さが犯罪に利用されるリスクが関係しています。

犯罪者が監視を逃れての取引方法としてジーキャッシュを利用しているケースが多いのです。

そのためジーキャッシュは規制される傾向にあり、それによる価格の下落が見られます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Zcash(ジーキャッシュ)の特徴

Zcash(ジーキャッシュ)の特徴を3つお伝えします。

Zcash(ジーキャッシュ)の特徴
  • 匿名性が高い
  • アメリカの大手銀行JPモルガンと提携
  • 独自のマイニングアルゴリズムを持つ

匿名性が高い

Zcash(ジーキャッシュ)の一番の特徴は匿名性が高いことです。

匿名性が高いことによる恩恵は、不正アクセスに対してのセキュリティが強力となることと、取引情報などのプライバシーの保護が厳重になることです。

この匿名性の高さこそが、ジーキャッシュが他の仮想通貨と差別化されている点です。

匿名性の高さを支えるのは、ゼロ知識証明という特殊な技術です。

ゼロ知識証明を用いると、取引の詳細を他者が知ることなく、取引に不正がないと判断できます。

匿名性の高さはジーキャッシュの大きなメリットですが、デメリットにもなります。

というのも、匿名性が高いと、監視から逃れた取引が実現できてしまうからです。

そのため、犯罪者にとってもうってつけの仮想通貨となってしまい、犯罪目的の取引に悪用されます。

法定通貨や、他の仮想通貨では実現できないような、悪質な取引をできてしまうのは、ジーキャッシュが抱える問題です。

実際に、悪用されるリスクが原因で、取引所に上場されないケースも見られます。

アメリカの大手銀行JPモルガンと提携

2017年5月にアメリカの大手銀行JPモルガンが、ジーキャッシュとの業務提携を発表しています。

この提携により、ジーキャッシュの価格にある程度の安定性がもたらされています。

しかし、ジーキャッシュの匿名性の高さを要因として規制などの影響により、価格は激しく変動する傾向にあるので、購入を検討している方は、価格を確認してから購入しましょう。

独自のマイニングアルゴリズム

ジーキャッシュは独自のマイニングアルゴリズムである「エクイハッシュ」によってPoW(Proof of Work)を支えています。

PoW

同じくPoWを採用しているビットコインには、セキュリティが低く、特定の仮想通貨保有者にマイニングが集中するという問題を抱えています。

一方のジーキャッシュは、特定の仮想通貨保有者のみのマイニングが困難なよう設計されているため、ビットコインの抱える問題を解決しています。

昨今で人気を博している仮想通貨は、スケーラビリティ問題を解決するためにPoS(Proof of Stake)を採用する場合が多いため、PoWで動くジーキャッシュは差別化を図れてるともとれます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Zcash(ジーキャッシュ)の価格動向

Zcash(ジーキャッシュ)の価格動向をお伝えします。

Zcash(ジーキャッシュ)の価格動向
  • 直近2カ月(2021年9~11月)のZcash(ジーキャッシュ)の価格動向
  • 2017年5月~2021年11月までのZcash(ジーキャッシュ)の価格動向

直近2カ月(2021年9~11月)のZcash(ジーキャッシュ)の価格動向

引用:Trading View

こちらの図は、2021年9~11月のZcash(ジーキャッシュ)のチャートです。

この2か月の間に多少下落した箇所も見られますが、右肩上がりの高騰を続けています。

特に11月20日ごろには、急激に価格を上げ、一時は300ドルを突破し、9月初めと比較すると2倍以上まで伸長しています。

11月末には、230ドル程度まで下落していますが、今後再度高騰していくのか、下落を続けるのかに注目が集まります。

2017年5月~2021年11月までのZcash(ジーキャッシュ)の価格動向

引用:Trading View

こちらは、2017年5月から2021年11月までのZcash(ジーキャッシュ)のチャートです。

ジーキャッシュは、2016年にローンチされた直後は3,000ドルを突破するほどまでに高騰しましたが、2か月後には60分の1まで価格を落としています。

2018年1月には、仮想通貨市場全体のバブルとも言える流れに乗る形で、750ドルまで高騰しましたが、各国の仮想通貨の取り締まりを理由に急激に下落しました。

以降は100ドルに届かない価格帯で推移していましたが、2021年5月ごろからは少しずつ高騰を見せており、2021年11月時点では高騰がどこまで続くかに注目を集めています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Zcash(ジーキャッシュ)の今後の見通し

Zcash(ジーキャッシュ)の今後の見通しを3つお伝えします。

Zcash(ジーキャッシュ)の今後の見通し
  • 規制の緩和
  • 取引所の上場
  • 激しい規制

規制の緩和

ジーキャッシュの今後の見通しとして期待したいポイントは、規制の緩和です。

ただ匿名性の高さが損なわれてしまうとメリットを失ってしまうため、犯罪者に利用されない仕組み作りが望まれます。

もし規制緩和が実現すれば、ジーキャッシュは大きく価格を高騰させるでしょう。

また犯罪者に利用されるリスクの排除を可能であると、ジーキャッシュのCEOであるZooko Wilcox氏は発言しています。

そのカギとなるのは、AML/CFT規制の解決です。

AML/CFT規制とはマネーロンダリング防止及びテロ資金供与対策における国際基準を意味します。

このAML/CFT規制の解決を実現し、アピールできれば、ジーキャッシュの規制は緩和傾向になるでしょう。

また、Zooko Wilcox氏がAML/CFT規制の解決を可能だと語る根拠は、匿名性をコントールできる点にあります。

取引所からどこかしらへジーキャッシュの怪しい送金が見られた際には、送金先を特定できるのです。

そのため、ジーキャッシュが各国に対して、匿名性に付きまとう犯罪のリスクがいかに薄らいでいるかをアピールできるかがポイントです。

取引所の上場

規制が緩和されるとなると、新たに取引所にジーキャッシュが上場していくでしょう。

取引所の上場は、仮想通貨の価格に直結する要素です。

規制緩和の動きが見られたら、取引所の新規上場に注目しましょう。

激しい規制

ジーキャッシは、さらに激しく規制される可能性もあります。

ジーキャッシを利用した犯罪が多発していくと、より規制が強まるでしょう。

すでにジーキャッシュをお持ちの方なら、関連する犯罪ニュースには注目したいです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Zcash(ジーキャッシュ)の買い方

Zcash(ジーキャッシュ)の買い方をお伝えします。

2021年11月時点で、ジーキャッシュを扱う国内取引所はありません。

ジーキャッシュを入手するには、交換元となる仮想通貨を国内取引所で購入してから、海外取引所を利用する必要があります。

仮想通貨を国内取引所で購入するならコインチェックがおすすめです。

コインチェックは、多くの仮想通貨を約500円から購入可能であり、感覚的に操作できるUIが魅力の国内取引所です。

今回お伝えするジーキャッシュの買い方でも、コインチェックを活用します。

コインチェックの登録方法もお伝えするので、ご参考にしてください。

またコインチェックは、スマホ用のアプリケーションもリリースされており、仮想通貨アプリの中でダウンロード数No.1です。

いつでもどこでも仮想通貨を扱える便利なアプリであり、今回お伝えするジーキャッシュの買い方でも使用しますので、ダウンロードしてはいかがでしょうか。

STEP
コインチェックの口座開設
STEP
コインチェックに日本円を入金
STEP
コインチェックでイーサリアムを購入
STEP
メタマスクを入手
STEP
イーサリアムをメタマスクへ送金
STEP
海外取引所でイーサリアムをジーキャッシュに交換

コインチェックの口座開設

コインチェック

ジーキャッシュを購入するには、交換元となるイーサリアムをコインチェックで購入しましょう。

購入するには、先にコインチェックの口座を開設する必要があります。

口座開設するには、コインチェック公式サイトにアクセスし、「口座開設(無料)」から登録を開始します。

電話番号、メールアドレスなどの情報を入力して登録を進めましょう。

登録では身分証の画像を提出する必要があるので、運転免許証などをご準備ください。

申請が完了したら、コインチェック側の本人確認が完了するまで、数時間から1日ほど待ちましょう。

本人確認が完了したら、あわせてスマホ用のコインチェックアプリのダウンロードとログインを済まてせておいてください。

コインチェックに日本円を入金

続いて、コインチェックに仮想通貨と交換するための日本円を入金します。

コインチェックアプリを起動し、画面下のメニューから「ウォレット」を選択し、「日本円」⇒「入金」の順にタップしてください。

入金方法

「入金方法」を選択する画面が表示されるので、「銀行入金」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3種から入金方法を選びましょう。

なお、入金方法にはそれぞれのメリットがありますが、おすすめは手数料が最も安い「銀行入金」です。

「銀行入金」の場合は、「GMOあおぞらネット銀行」、「住信SBIネット銀行」のどちらかを選択しましょう。

どちらを選んでも大きな違いはございません。

銀行を選択すると、口座情報が表示されるので、コインチェックで使いたい分の日本円を入金してください。

その際は、振込人名義を間違えないよう注意しましょう。

コインチェックでイーサリアムを購入

コインチェックに入金した日本円でイーサリアムを購入しましょう。

まずコインチェックのアプリを起動し、画面下部の「販売所」を選択してください。

コインチェック

「販売所」のメニューでは、一覧で仮想通貨が表示されるので、上から2番目の「イーサリアム」をタップしてください。

次に「購入」から、イーサリアムと交換する日本円の金額を「金額欄」に入力しましょう。

入力内容に間違いがないか確認できたら、「日本円でイーサリアムを購入」をタップすると購入完了です。

イーサリアムは頻繁に価格を変動させる仮想通貨ですので、少しでもお得にジーキャッシュを手に入れたい場合は、イーサリアムの価格が低い時期を狙って購入しましょう。

メタマスクを入手

次に、イーサリアム系の仮想通貨を保有するためのウォレットであるメタマスク入手しましょう。

メタマスクを入手するには、対応ブラウザであるGoogleChromeでメタマスク公式サイトにアクセスしてください。

次に「Download now」の項目をクリックし、「Install MetaMask for Chrome」を選択すると、chromeウェブストアが表示されます。

「Chromeに追加」をクリックすれば、GoogleChromeにメタマスクが拡張機能として追加されます。

これだけではメタマスクはまだ使えないので、初期設定をしましょう。

メタマスク

まずGoogleChromeの拡張機能からメタマスクを起動してください。

左の画像のような画面が表示されるので、「ウォレットの作成」をクリックし初期設定をはじめましょう。

設定を進めると、「秘密のバックアップフレーズ」という項目の確認画面が表示されます。

「秘密のバックアップフレーズ」とは、メタマスク内で保有する仮想通貨の情報を復元する際などに必要となる情報です。

大切な情報なので忘れないように管理し、誰にも教えないようにしましょう。

イーサリアムをメタマスクへ送金

コインチェックで保有するイーサリアムをジーキャッシュに交換するための準備として、イーサリアムをメタマスクに送金しましょう。

まずGoogleChromeの拡張機能よりメタマスクを起動します。

メタマスク

パスワードを入力すると、左の画像のように表示されるので、アカウント名をクリックしてアドレスをコピーしてください。

このコピーしたアドレス宛にイーサリアムを送金していきます。

コインチェックのアプリを起動し、「送金と受け取り」⇒「BTC以外の送金はこちら」⇒「Ethereumを送る」の順番で選択しましょう。

「送金先リスト」に、先ほどメタマスクでコピーしておいたアドレスを入力して「追加」をタップしてください。

メタマスクに送金したいイーサリアムの金額を入力し、「送金する」をタップすると送金は完了です。

送金の際は手数料が発生し、またメタマスクにイーサリアムが届くまでには、ある程度時間がかかる場合があることを知っておきましょう。

海外取引所でイーサリアムをジーキャッシュに交換

メタマスクにイーサリアムを送金できたら、Binanceなどの海外取引所を利用し、イーサリアムをジーキャッシュに交換しましょう。

また海外取引所の利用は、トラブルに巻き込まれる可能性を否定しきれません。

もしご利用の際は、あくまでも自己責任でお願いいたします。

手順が理解できた方は、まずはコインチェックでの口座開設から始めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Zcash(ジーキャッシュ)の注意点

Zcash(ジーキャッシュ)の注意点を3つお伝えします。

Zcash(ジーキャッシュ)の注意点
  • 規制対象にされやすい
  • 取引所での取扱い廃止の可能性
  • 国内取引所では入手できない

規制対象にされやすい

ジーキャッシュは匿名性が高いのが特徴ですが、裏返すと犯罪などに悪用しやすいという側面も持ち合わせています。

これは周知の事実であるため、ジーキャッシュは規制の対象にされやすいです。

規制されるとなれば、ジーキャッシュの幅が狭まり、価格を落とすでしょう。

また仮に規制されないとしても、いつ規制されるかわからないリスクが付きまとうことを理解しておきましょう。

取引所での取扱い廃止の可能性

規制が本格化すると、すでに上場済みの取引所でのジーキャッシュ取扱いが停止される可能性があります。

実際、過去にコインチェックはジーキャッシュを取り扱っていましたが、規制を理由に取り扱いが停止されています。

今後も場合によっては、取引所で扱われなくなる場合が想定されていることを知っておきましょう。

国内取引所では入手できない

2021年11月時点で、ジーキャッシュは国内取引所では入手できません。

入手するには、国内取引所でイーサリアムなどの仮想通貨を購入してから、海外取引所を利用する必要があります。

国内取引所を利用するならば、誰でも簡単に扱えるコインチェックがおすすめです。

また海外取引所の利用は、トラブルに見舞われる可能性を捨てきれませんので、ご利用は自己責任でお願いします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Zcash(ジーキャッシュ)のまとめ

今回は、Zcash(ジーキャッシュ)についてお伝えしました。

ジーキャッシュは高い匿名性により、セキュリティ面やプライバシー保護で高く評価されている仮想通貨です。

一方、匿名性を悪用した犯罪の利用のリスクが問題視されており、取引所の上場などで規制される傾向にあります。

2021年11月時点では、価格は高騰傾向にあり、また規制緩和のための動きも見られるため、今後の動向に注目が集まっています。

この記事の要点
  • ジーキャッシュは匿名性の高さに優れている仮想通貨
  • 犯罪者の悪用が懸念されている
  • ジーキャッシュを入手するには、国内取引所で仮想通貨を購入する手順が必要
  • 国内取引所で仮想通貨を購入するならコインチェックがおすすめ

2021年11月時点では、ジーキャッシュは国内取引所に上場していません。

ジーキャッシュを入手するには、元となる仮想通貨を国内取引所で入手してから、海外取引所を利用する必要があります。

国内取引所でジーキャッシュを入手するなら、コインチェックがおすすめです。

コインチェックは、約500円から仮想通貨の購入が可能であり、初心者でも簡単に無料で口座を開設できます。

またコインチェックのスマホ用アプリは、仮想通貨アプリダウンロード数ランキングでNo.1であり、初心者から上級者まで幅広い層に愛用されています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、仮想通貨に関する最新の情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる