FXの両建てとは?メリット・デメリットやコツを徹底解説!

「FX取引の両建てってメリットあるの?」「両建てで利益を出すコツを知りたいな」

2022年5月現在、長引くウクライナ情勢や米国の金利上昇を背景に、1ドル=130円を突破するなど、為替市場が大きく動いています。

為替が大きく動くということは、流れに乗ったトレードができれば大きな利益を狙えます。

一方で、トレードがうまくいかなければ、大きな損失を出してしまうこともあるでしょう。

そこでおすすめなのが、FXの両建てを使った取引です。

この記事では、FX取引の両建てのメリット・デメリットや利益を出すコツ、おすすめのFX会社についてご紹介します。

この記事からわかること
  • FXの両建ては、同一通貨の買いと売りの両方のポジションを同時に保有すること
  • リスクヘッジができるので為替市場が荒れているときにおすすめ
  • スプレッドが2倍かかるので注意が必要
  • つなぎ売りができると利益を大きく増やせる
  • FXで両建てをするなら松井証券FX(MATSUI FX)が使いやすい

FX取引で両建ては、大きな損失を出す可能性が少ないので、投資家に人気のある取引手法です。

上手に活用すれば、リスクを抑えつつ大きな利益を得ることもできます。

また、FX取引で両建てをするには、証券会社の口座開設が必要です。

FXの両建てを検討している方は、少額から投資できる松井証券FX(MATSUI FX)を検討してみてください。

\ 100円から取引できる! /

目次

FXの両建て手法とは

FXの両建て手法とは、同じ通貨の買いポジションと売りポジションを同時に保有することです。

たとえば、米ドルを1ドル=125円で買いポジションと売りポジションを両方保有している状況のことを指します。

2022年5月現在のように、為替市場が大きく動いているときに、大きな損失を避けるために両建てを利用しているケースが多くあります。

両建ての状態から、相場が上昇したら買いポジションを決済して利益を確定することができます。

また、下落した場合も売りポジションを決済すれば、利益を確保するチャンスがあるのです。

\ 100円から取引できる! /

FXの両建てのメリット

ここからはFXの両建てのメリットをご紹介します。

FXの両建てのメリット
  • リスクヘッジできる
  • 為替相場に張り付く時間を減らせる
  • 税金対策になる

以下で詳しく解説します。

リスクヘッジできる

一つ目のメリットは、リスクヘッジになることです。

為替相場は、予測が非常に困難な世界です。

特に現状は、米国のインフレやウクライナ情勢の悪化、コロナウイルスの蔓延など、多くのリスク要因があります。

これまで多くの利益を上げてきたプロトレーダーでも、相場の動きを完全に読めている方は少ないのではないでしょうか。

相場は世の中の出来事によって、変動します。

そのため、予想と反した方向へ相場が動いてしまい、大きな損失を出すことを防ぐため、リスクヘッジをすることは大切です。

両建てをすることで、「買いポジションのみを保有していたら大きな損失だった」ということを防げます。

為替相場に張り付く時間を減らせる

両建てをしているときは、どちらに為替相場が動いても損失が発生しません

そのため、為替相場に張り付く時間を減らせます。

仕事終わりや育児の間など、自分の空いた時間に確認することができるのです。

税金対策になる

FXの両建てを行うことで、税金対策にもなります

仮に1年で100万円の利益があるとします。

このままいけば、利益の100万円分が課税対象となりますが、FXの両建てを行うことで課税対象となる金額を減らせる可能性があります。

たとえば1ドル=125円のときに、買いポジションと売りポジションの両方を保有し、損失が出ているほうだけ年内に決済します。

すると、利益を減らすことができ、年明けに利益が出ているほうを決済することで、トータルの利益はほとんど変わらなくなります

もちろん、年をまたぐことのリスクもありますが、税金の支払いを遅らせることで、手元の資金を増やすというメリットもあります。

松井証券FXなら1通貨から取引できるので、公式サイトを確認しておきましょう。

\ 100円から取引できる! /

FXの両建てのデメリット

FX取引の両建ては、リスクヘッジになるというメリットがあるとお伝えしましたが、以下のようなデメリットもあります。

FXの両建てのデメリット
  • スプレッドが増える
  • スワップポイントを得られなくなる
  • ロスカットされることもある

以下で詳しく解説します。

スプレッドが増える

両建て取引を行うデメリットの一つ目は、スプレッドが増えてコストが増大することです。

FX スプレッド

そもそもスプレッドとは、買値と売値の差のことを指しており、FXでは実質的な取引手数料ともいわれています。

実質的な手数料である「スプレッド」は、買いポジションと売りポジションの両方に発生します。

つまり、両建て取引を行う場合は、一方のみのポジションを保有するときと比較して、スプレッドが増えて、コストが増大することになるのです。

コストが増えて、利益を出せなかったとならないよう、注意しましょう。

スワップポイントを得られなくなる

スワップポイントを得られなくなることも、両建て取引を行うデメリットです。

スワップポイントによる損益

そもそもスワップポイントとは、別名「金利差調整分」と呼ばれ、2国間の金利の差額で発生する収入のことです。

例えば、米ドル/円で買いポジションを保有している場合には、米ドルを買って円を売るという取引になりますが、米国の金利から日本の金利を引いたものが収入として受け取ることができます。

スワップポイントは、FX取引の初心者でも安定して利益を出せる投資手法として人気なのですが、両建て取引を行うことで、スワップポイントは得られなくなります

そのため、スワップポイントをコツコツと得たいと考えている方にとって、両建て取引を行うメリットは少ないです。

ロスカットされることもある

最後のデメリットは、両建て取引を行うと、ロスカットされることもあることです。

FX取引では、ある一定ラインを超えると損失を確定し、強制的にロスカットされることがあります

ロスカットは、投資家が借金を抱えないようにするための制度です。

買いポジションと売りポジションの両方を保有している場合、相場が急変したときに、ロスカットを受ける可能性があります。

もし、ロスカットされてしまうと、片方のポジションしか保有していないことになるので、通常のFX取引と変わらなくなります

FXの両建てのコツ

FXの両建てで利益を出すコツは以下の通り。

FXの両建てのコツ
  • つなぎ売りをする
  • トレンドの流れをつかむ

以下で詳しく解説します。

つなぎ売りをする

FX取引の両建てで利益を出すためには、つなぎ売りを行いましょう

そもそもつなぎ売りとは、保有しているポジションの下落が予想される場合に、現在保有しているポジションを売らずに、逆のポジションを取ることで値下がりのリスクを回避する手法のことをいいます。

例えば、1ドル=125円で買いポジションを保有し、ドル円が125.5円まで上昇したら買いポジションと同じだけ売りポジション持ちます。

そうすることで、利益は確保された状態になり、下落したら売りポジションを決済を行います

そして、再びドル円が上昇したら、最初の買いポジションを決済するという手順です。

相場に合わせて買いと売りを使い分けることで、リスクヘッジをしながら利益を狙えます。

トレンドの流れをつかむ

トレンドの流れをつかむことも、FXの両建てで利益を出すコツです。

FXの両建てでは、トレンドに乗って大きな利益を狙うのが目的です。

例えば、テクニカル分析で売られすぎの兆候が出たときに、移動平均線が下向きから上向きに転じたあたりでエントリーします。

次は買われすぎの兆候が出て移動平均線が逆向きになったところで利益確定売りをするのが理想的なトレードです。

トレンドの流れをつかむためには、先ほど紹介したテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の勉強を行いましょう

FXの両建てを検討されている方は、少額取引可能な松井証券FXの公式サイトを確認しておきましょう。

\ 100円から取引できる! /

両建てにおすすめのFX会社

ここからは実際にFX取引で空売りができるFX会社のおすすめをご紹介します。

空売りで利益を出すときにおすすめのFX会社
  • 松井証券FX(MATSUI FX)
  • GMOクリック証券
  • LINE FX

以下で詳しく解説します。

松井証券FX(MATSUI FX)

松井証券FX-top
サービス名称松井証券FX(MATSUI FX)
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.1銭
豪ドル/円:0.7銭
通貨ペア数20通貨ペア
最小取引単位1通貨
詳細松井証券FX(MATSUI FX)の公式サイト
参考記事松井証券FX(MATSUI FX)の評判

松井証券FX(MATSUI FX)は、オンライン金融取引口座を運営する松井証券が提供しているFX口座なので、安心して取引を行うことができます。

松井証券FXの最大の魅力は、1通貨から取引できることです。

他のFX業者の場合、一般的に1,000通貨以上の取引が必要になるため、ある程度の手持ち資金が必要です。

しかし、松井証券FXでは、1通貨から取引できるため、ドル円の取引であれば100円程度からFX取引が始められます。

そのため、FXの少額投資に適している証券会社であり、FX初心者でも安心して始めやすいです。

そんな松井証券FXでは、FXの両建てについて「同一通貨ペアの両建ては可能です。」と回答しており、両建てを認めています

通貨ペアごとに、「両建てする」「両建てしない」の設定ができるので、注文時に確認しておきましょう。

また、業界最小水準のスプレッドやレバレッジ率を選べるなど、自分のスタイルに合わせた取引が可能です。

取引手数料は無料なので、スプレッドの他に別途負担するコストなどの心配もありません。

今なら新規口座開設+対象通貨ペアの取引で最大50万円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

お得なこの機会にぜひ松井証券FX(MATSUI FX)の口座開設を検討してみてください

\ 100円から取引できる! /

GMOクリック証券

GMOキャプチャ
サービス名称GMOクリック証券
スプレッド米ドル/円:0.2銭※原則固定
ユーロ/円:0.5銭※原則固定
ポンド/円:1.0銭※原則固定
豪ドル/円:0.6銭※原則固定
通貨ペア数20通貨ペア
最小取引単位1万通貨単位
詳細GMOクリック証券の公式サイト
参考記事GMOクリック証券の評判

GMOクリック証券は、2021年のFX取引高世界1位(※)、日本国内では10年連続第1位と、非常に人気のあるFX会社です。
※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

業界最狭水準のスプレッドや高金利スワップといった特徴に加えて、高機能な取引ツールも魅力的です。

パソコンとスマホのどちらにも対応している取引ツールは、すべて無料で使用できます。

高性能なチャートの表示もできるので、チャート分析にも役立ちます。

GMOクリック証券でも「両建ては可能」と回答しています。

【ホーム】-【注文設定】で「スピード注文」との見出しがあり、通貨ペアボタンが並んでいます。

設定希望の通貨ペアボタンをタップし、「両建て」の選択がありますので、モードの切り替えをします。

[戻る]で前画面に戻り、[設定]をタップすると、両建てができる状態になっています。

新規口座開設時の特典が非常に充実しており、初めての口座開設と期間内の取引内容に応じて最大30万円のキャッシュバック特典を実施しています

これからFX取引を始めようとしている人は、GMOクリック証券での口座開設を検討してみてください

\ 最大300,000円もらえる! /

LINE FX

linefx
サービス名称LINE FX
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
豪ドル/円:0.3銭
通貨ペア数23通貨ペア
最小取引単位1000通貨単位
詳細LINE FXの公式サイト
参考記事LINE FXの評判

LINEアプリと連動しているLINE FXは、スマホで手軽にFX取引をしたい方に使いやすいです。

経済指標が変動したなど、為替に影響がありそうなニュースはLINEで通知してくれて、すぐに取引できます

LINEを使っている方であれば、別のアプリを取得する必要もないので、手間がかかりません。

LINE FXでも「両建て取引は可能」と記載しています。

また、両建て時は「MAX方式」を採用しており、売り⋅買い建玉のうち建玉数量が多いほうに対して証拠金を算出するため、最大で2倍のポジションを保有できます。

LINE FXでは現在、新規口座+取引で50,000円のキャッシュバックキャンペーンや5,000円プレゼントキャンペーンを実施中なので、最大55,000円相当になります。

LINE FXに興味がある方は、お得なこの機会にぜひ申し込みを検討してみてください

\ 最大55,000円もらえる! /

おすすめ関連記事

FXの両建てに関するよくある質問

ここからは、FXの両建てに関するよくある質問に答えます。

FXの両建てに関するよくある質問
  • FXの両建ては利益が出ますか?
  • FXの両建てをするメリットはありますか?
  • FXの両建ては必要証拠金が2倍必要ですか?

以下で詳しく解説します。

FXの両建ては利益が出ますか?

FXの両建てをしているだけだと、利益を出すことはできません。

なぜなら、買いと売りの両方のポジションを同じ量だけ保有していると、利益が出ても損失も出ており、結局相殺されてしまうためです。

そのため、FXの両建ては利益を出すことを目的とするのではなく、リスク分散をするために行うといいでしょう。

FXの両建てをするメリットはありますか?

FXの両建てをするメリットは、リスクヘッジできるところです。

相場は世の中の出来事によって、変動します。

そのため、予想と反した方向へ相場が動いてしまい、大きな損失を出すことを防ぐため、リスクヘッジをすることは大切です。

両建てをすることで、「買いポジションのみを保有していたら大きな損失だった」ということを防げます。

また、FXの両建てをすることで、税金対策にもなります。

仮に1年で100万円の利益があるとします。

このままいけば、利益の100万円分が課税対象となりますが、FXの両建てを行うことで課税対象となる金額を減らせる可能性があります。

たとえば1ドル=125円のときに、買いポジションと売りポジションの両方を保有し、損失が出ているほうだけ年内に決済します。

すると、利益を減らすことができ、年明けに利益が出ているほうを決済することで、トータルの利益はほとんど変わらなくなります

もちろん、年をまたぐことのリスクもありますが、税金の支払いを遅らせることで、手元の資金を増やすというメリットもあります。

FXの両建ては必要証拠金が2倍必要ですか?

これはFX会社によって異なり、買いと売りの両方のポジションで2倍必要になるところもあります。

ただ、今回ご紹介した「松井証券FX」「GMOクリック証券」「LINE FX」は、どれも必要証拠金は片道分だけになります。

これを「両建てMAX方式」と呼びます

「両建てMAX方式」を導入している国内FX会社では、片方のポジションにしか必要証拠金がかかりません。

そのため、同じ必要証拠金でも最大2倍のポジションを保有できるのです。

\ 100円から取引できる! /

FXの両建てのまとめ

今回はFX取引で両建てをするメリット・デメリットや利益を出すコツ、おすすめのFX会社について解説しました。

最後に、ここまで解説した内容をまとめてみました。

この記事のまとめ
  • FXの両建ては、同一通貨の買いと売りの両方のポジションを同時に保有すること
  • リスクヘッジができるので為替市場が荒れているときにおすすめ
  • スプレッドが2倍かかるので注意が必要
  • つなぎ売りができると利益を大きく増やせる
  • FXで両建てをするなら松井証券FX(MATSUI FX)が使いやすい

FX取引で両建ては、大きな損失を出す可能性が少ないので、投資家に人気のある取引手法です。

上手に活用すれば、リスクを抑えつつ大きな利益を得ることもできます。

また、FX取引で両建てをするには、証券会社の口座開設が必要です。

FXの両建てを検討している方は、少額から投資できる松井証券FX(MATSUI FX)を検討してみてください。

\ 100円から取引できる! /

目次
閉じる