FXの勉強のやり方/方法を解説!おすすめのアプリや本を紹介!

「FXを始めたいけど、勉強方法がよくわからない」「どこから勉強すればいいの?」

このように感じる方が多いのではないでしょうか。

FXはさまざま方法で勉強できますが、自分に合った方法を見つけることが最重要です。

そこで、この記事では、おすすめのFX勉強法を徹底的に解説します。

勉強の流れから具体的な方法まで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • FXを勉強するなら3ステップ
  • おすすめの勉強法はアプリを使ったデモトレード
  • 勉強を始める前にある程度の専門用語を知っておくべき
  • 必要な勉強時間は目指すレベルによって異なる
  • アプリでデモトレードをするならビッコレFXが使いやすい
ビッコレFX

FXデモトレードを始めるなら、ビッコレFXを検討しましょう。

リアルタイムで変動する9種類の通貨ペアで取引でき、自己資金の損失は発生しません。

さらに、コラム欄では「FXの仕組み」や「FXはいくらから始められる?」といった初心者向けの情報が掲載されており、正しい知識を身につけながらデモトレードできます。

登録や口座開設などの手続きは必要ないので、詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

目次

FXの勉強するときのステップ

FXを勉強するときには、以下の3ステップで進めるとよいでしょう。

FXの勉強するときのステップ
  1. FXの基礎知識を身につける
  2. FXの取引スタイルを学ぶ
  3. FXデモトレードで取引を体験する

それぞれのステップについて、詳しく解説します。

1.FXの基礎知識を身につける

まずは、FX取引に必要な基礎知識を身につけることから始めましょう。

具体的には、FXの仕組みや専門用語、チャートの見方を知ることです。

基礎から学んでおけば、取引に役立つ分析方法や複雑な注文方法もスムーズ取り入れられるでしょう。

基礎知識を身に付けるには、本記事の「FXのおすすめ勉強方法」を参考にしてみてください。

2.FXの取引スタイルを学ぶ

FXにはさまざまな取引スタイルが存在します。

主な取引スタイルは、以下の4つです。

取引スタイル取引期間特徴
スキャルピング数秒〜数分少ない損益で繰り返しトレードを行う。
デイトレード当日中スキャルピングより損益が大きくなりやすい。
スイングトレード数日〜数週間比較的ゆったり取引できる。急な価格変動に要注意。
ポジショントレード約半年〜年単位ゆったりと取引できる。分析が重要。

取引期間ごとにスタイル分けされており、それぞれに特徴があります。

自分のライフスタイルにあわせて取引することが重要です。

そのためには、取引するタイルごとの特徴やメリット・デメリットを理解しておく必要があります。

3.FXデモトレードで取引を体験する

いきなりFX取引を始めると、思わぬ操作ミスで大きな損失が発生することも少なくありません。

失った損失を取り戻そうとするあまり、さらに膨れ上がることも。

FX取引を始める前に「デモトレード」で取引ツールの操作性や、取引スタイルを確認しておくとこが大切です。

デモトレードでは、無料でトレードを体験できるため、損失が発生しても自分の資金が減るわけではありません。

FX取引の環境をそのままデモトレードに反映している場合もあり、本番さながらの取引を体験できるのがポイントです。

デモトレードで取引を体験しておくと、操作ミスによる損失を最小限に防げるでしょう。

ビッコレFXは登録不要・無料で始めることができるので、この機会に公式サイトを確認しておきましょう。

FXのおすすめ勉強方法

FXを勉強するには、以下3つの方法がおすすめです。

FXのおすすめ勉強方法
  • アプリでデモトレードをする
  • 書籍やWebサイトで基礎を勉強する
  • トレードを振り返る

それぞれの勉強法について、詳しく見ていきましょう。

アプリでデモトレードをする

アプリでデモトレードするのが、もっとも効果的な勉強といえるでしょう。

書籍やWebサイトで知識を身につけても実際にトレードするまでは、どこで活用できる知識なのかピンときません。

まずは、実践的な勉強法として「アプリでのデモトレード」をおすすめします。

中でも使いやすいは「ビッコレFXです。

スマホで簡単にFXデモトレードができ、9種類の通貨ペア、6種類のチャート足に対応しています。

アプリ内では定期的にランキングを開催しており、上位に入賞するとビットコインがプレゼントされる画期的なデモトレードです。

FXトレードを学びながらビットコイン獲得が狙えて一石二鳥。

デモトレードをするなら「ビッコレFX」を検討してみましょう。

書籍やWebサイトで基礎を勉強する

FXトレードを勉強するなら、書籍やWebサイトを活用するのがおすすめです。

専門家の書籍は、初心者にもわかりやすくまとめられており、基礎知識を学ぶのに適しています。

Webサイトなら、最新情報をチェックできるので、ある程度の知識があればFXトレードに即応用できる情報をゲットできるでしょう。

どちらか一方だけでなく、バランスよく活用しながら勉強することで必要な知識が身につきます。

トレードを振り返る

FXで利益を上げるには、振り返りが必要不可欠。

自分の取引を記録して、同じ負け方を繰り返さないよう工夫することが利益を上げ続けるポイントです。

FX会社によっては、便利な記録ツールが用意されています。

記録をグラフとして視覚的に把握できるツールもあるので、うまく活用して自分の傾向をチェックしましょう。

ビッコレFXはレベルを上げることで9通貨のデモトレードを練習することができるので、この機会に公式サイトをチェックしておきましょう。

FXの勉強におすすめなFX会社

FXの勉強におすすめなFX会社は、以下の3社です。

FXの勉強におすすめなFX会社

それぞれの特徴を詳しく見てきましょう。

松井証券FX

松井証券FX-top
サービス名MATSUI FX
取扱通貨ペア20種類
取引手数料無料
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
豪ドル/円:0.7銭
カナダ/円:1.7銭
スイス/円:1.8銭
最小取引単位1通貨
詳細松井証券FXの公式サイト
関連記事松井証券FXの評判

松井証券FX(MATSUI FX)は、松井証券が運営するFX会社です。

多くのFX会社が1,000通貨単位でしか取引できませんが、松井証券FXは1通貨から取引できます。

そのため、ほかのFX会社よりも少額から取引できるので、初心者の方でも始めやすいです。

さらに、サポート体制が充実しており、パソコン操作から取引の仕組みまでサポートしてくれます。

Webなら24時間、電話なら「平日8:30〜17:00」対応してくれるので安心です。

また、取引ツールで「為替ボード」や「ニュース」などの情報も得られます。

初心者にも使いやすくなっているので、勉強しながらFX取引を始めたい方は詳細を確認しておきましょうです。

\ 100円から取引できる! /

GMOクリック証券

GMOクリック証券
サービス名GMOクリック証券 FXネオ
取扱通貨ペア20種類
取引手数料無料
スプレッド米ドル/円:0.2銭※原則固定
ユーロ/円:0.5銭※原則固定
豪ドル/円:0.6銭※原則固定
カナダ/円:原則固定対象外
スイス/円:原則固定対象外
最小取引単位10,000通貨
詳細GMOクリック証券の公式サイト
関連記事GMOクリック証券の評判

GMOクリック証券は、20種類の通貨ペアが取引でき、FX取引高世界一(※)の人気FX会社です。
※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

国内のFX取引高では9年連続1位で、多くのユーザーが愛用しています。

人気の理由に取引ツールが充実していることが挙げられます。

高性能取引ツールは、スマホやパソコン、Apple Watchに対応しており、ライフスタイルに合わせて活用可能です。

すべてのツールが無料で利用できるので、公式サイトで自分に合ったツールを探してみましょう。

\ 最大300,000円もらえる! /

LINE FX

linefx
サービス名LINE FX
取扱通貨ペア23種類
取引手数料無料
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.3銭
豪ドル/円:0.3銭
カナダ/円:0.5銭
スイス/円:1.6銭
最小取引単位1,000通貨
詳細LINE FXの公式サイト
関連記事LINE FXの評判

LINE FX口座開設から入金・出金といった手続きがスマホで完結します。

はじめてFX取引をする方でも、スマホで簡単に取引できれば続けやすいでしょう。

さらに、公式LINEで経済状況や為替レート、経済指標などをリアルタイムで通知してくれるので、自分から情報を検索しなくても最新情報をキャッチできます。

各通貨ペアのスプレッドが狭いため、低コストでさまざまな通貨の取引を試すことが可能です。

手数料を抑えて取引でき、幅広い情報を獲得できるLINE FXが使いやすいので、詳細を確認しておきましょう。

\ 最大55,000円もらえる! /

勉強する前に知っておくべきFXの専門用語

FXの専門用語として、以下の5つを知っておくとスムーズに勉強できるでしょう。

勉強する前に知っておくべきFXの専門用語
  • スプレッド
  • レバレッジ
  • スワップポイント
  • ロスカット
  • ローソク足

知っておくべき5つの専門用語について、1つずつ解説します。

スプレッド

FX スプレッド

スプレッドとは、通貨ペアの買値と売値の価格差のことです。

FXでは、以下のように買値と売値が異なるように設定されています。

買値(Bid)売値(Ask)
100.255100.260

上記の場合、スプレッド0.005となり、取引時の実質的な手数料となるのです。

スプレッドは通貨ペアやFX会社によって異なるので、なるべく少ない方が手数料を抑えて取引できます。

レバレッジ

FXのレバレッジ

レバレッジは「てこの原理」という意味があり、自分の加えた力がてこによって増幅し、動かせなかった荷物を動かせるようになります。

FXのレバレッジにも同じような意味があります。

担保として預けた証拠金の数十倍の資金を動かせるのが、FXのレバレッジ取引です。

例えば、1ドル=100円で2,500ドル(25万円)投資するには、通常2,500ドル(25万円)が必要です。

レバレッジ取引では、100ドル(1万円)の証拠金があれば、25倍の2,500ドル(25万円)の取引が可能になります。

2,500ドル(25万円)購入後に1ドル=110円に変動すると、2,750ドル(27万5,000円)となり、250ドル(2万5,000円)の利益が生まれます。

つまり、100ドル(1万円)の資金で250ドル(2万5,000円)の大きな利益を獲得できるのです。

これをレバレッジ25倍といい、FX取引で設定できる最大のレバレッジです。

スワップポイント

スワップポイントは「金利差調整分」と呼ばれ、2国間の金利差によって発生する利益のことです。

スワップポイントによる損益

例えば、日本円で高金利通貨のメキシコペソを購入したとします。

日本の金利政策は-0.1%に対して、メキシコは6.5%です。(2022年5月3日時点)

金利差は6%以上あるので、保有している間はずっとスワップポイントを受け取れます。

ロスカット

ロスカットとは、想定以上に資金を減らさないための「安全装置」です。

FX取引で為替差損が発生すると、純資産は減少していきます。

さらに純資産の減少を防ぐために、自動的に決済が適用される仕組みがあり、これがロスカットです。

いわば取引の強制終了といえるでしょう。

ロスカットがあることで、損失が膨らんで負債になるリスクを回避できるのです。

ローソク足

ローソク足

ローソク足とは、値動きの相場を時系列に沿って表示するチャートの1つです。

「始値」「高値」「安値」「終値」の4つの値が表示され、1日や1週間、1ヶ月といった指定した期間で確認できます。

FXの中でもっともポピュラーなチャートなので、取引前に見方を覚えておきましょう。

FXの勉強に関するよくある質問

FXの勉強に関するよくある質問は、以下の3つです。

FXの勉強に関するよくある質問
  • FXの勉強におすすめのアプリは?
  • FXの勉強におすすめの書籍は?
  • FXの勉強はどれだけすればよい?

1つずつ詳しく見ていきましょう。

FXの勉強におすすめのアプリは?

FXの勉強に使いやすいのアプリは「ビッコレFX」です。

FXのデモトレードががきるので、資金を使わずにFXの仕組みを確認できます。

さらに、取引ツールの操作性を確認したり、さまざな取引スタイルを試すことが可能です。

定期的に開催されるランキングで上位に入賞すると、ビットコインを受け取れます。

学習しながら無料で利益を狙えるのでお得です。

FXの勉強におすすめの書籍は?

FXの勉強を始めるなら、以下5つの書籍がおすすめです。

FXの勉強におすすめの書籍
  • ゼロから始める!マンガFX入門
  • マンガでまるっとわかる!FXの教科書
  • 一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門
  • 世界一やさしいFXの教科書1年生
  • はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール

多くの書籍は活字ですが、苦手な方はマンガを選択するとよいでしょう。

書籍選びに困ったら、上記5つを参考にしてください。

FXの勉強はどれだけすればよい?

FXの勉強に必要な時間は、目指すレベルによって人それぞれです。

どんなに勉強して知識を身につけても、必ず利益を生み出せるとは限りません。

しかし、勉強するほど成功へのチャンスは広がります。

相場に関係しそうなニュースや、チャートのパターンなどに注目して学んでいくことが大切です。

FXでは取引しながら学び続けることで、利益拡大につながるでしょう。

資金を使う前に練習したい方は、無料・登録不要のビッコレFXで練習しておきましょう。

FXの勉強のまとめ

この記事では、FXの勉強について解説しました。

勉強を始めるなら、基礎知識を身につけ、取引スタイルを学ぶことが大切です。

スプレッドやレバレッジ、スワップポイントといった専門用語を確認しておくことも必要不可欠。

勉強する前に確認しておくとスムーズに勉強を始められるでしょう。

さらに、デモトレードで実践的な操作方法を学べば、損失を抑えながら取引できます。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

この記事でわかること
  • FXを勉強するなら3ステップ
  • おすすめの勉強法はアプリを使ったデモトレード
  • 勉強を始める前にある程度の専門用語を知っておくべき
  • 必要な勉強時間は目指すレベルによって異なる
  • アプリでデモトレードをするならビッコレFXが使いやすい
ビッコレFX

FXのデモトレードを始めるなら、ビッコレFXを検討しましょう。

自己資金なしでFX取引を練習でき、相場の価格変動やチャートの見方を学習できます。

定期的に開催されるランキングで上位に入賞すると、ビットコインがもらえる特典が用意されているので大変お得です。

登録や口座開設といった手続きは不要で、アプリをインストールするだけで利用できるので、まずは公式サイトからチェックしてみてください。

目次
閉じる