【FX】マネースクエアの評判/口コミは?メリット・デメリットや口座開設方法を徹底解説

マネースクエアについてご存知でしょうか。

マネースクエアはFX取引やCFD取引を行っている事業者で、自動売買システムの「トラリピ」を運用しています。

今回は、マネースクエアについて紹介します。

今回の記事のまとめ
  • マネースクエアのメリットは、自動売買の「トラリピ」を使用できること
  • マネースクエアで取引すると、現金や各種ポイントと交換できるマネースクエアポイントがもらえる
  • マネースクエアのデメリットはトレンド相場に弱いことと通貨ペアが少ないこと
  • 投資経験が少ない人やトレードに時間を取られたくない人、裁量トレードが苦手な人にはマネースクエアのトラリピが向いている
  • レンジを決めて「トラリピ」で自動売買したいなら、マネースクエアのトラリピがおすすめ

今なら新規口座開設キャンペーンを実施中で、期間内に口座を開設しトラリピの注文をするとマネースクエアポイントが10,000もらえます。

自動売買の「トラリピ」で取引したいなら、マネースクエアがおすすめです。

目次

マネースクエアの実施中キャンペーン

マネースクエアでは、新規口座を開設した方を対象としたキャンペーンを実施しています。

キャンペーン期間は2021年10月1日(金)から2021年12月31日(金)で、期間中に新規口座を開設した方に最大でマネースクエアポイント10,000ポイントをプレゼントします。

取引期間中にトラリピ注文することが条件です。

詳しくは、マネースクエア公式サイトをご確認ください。

マネースクエアとは?

マネースクエア-top
名称マネースクエア
取引商品の種類・FX取引
・CFD取引
・トラリピ
取引手数料・FXの取引手数料無料
・CFD取引は片道303円
非課税制度取り扱いがありません
公式サイトマネースクエア公式サイト
関連記事トラリピの評判

マネースクエアは自動売買ツール「トラリピ」を運用するFX事業会社で、FXやCFD取引を中心に事業を展開しています。

トラリピは「トラップリピートイフダン」の略で、独自の注文方法としてマネースクエアが特許を取得しています。

2002年に創業して以来、「マネーゲームではない資産運用としてのFX」を目指し、中長期的な運用を行っているため、顧客との取引期間は平均9.2年となっています。

FXやCFDの自動取引に興味があるなら、マネースクエアがおすすめです。

マネースクエアのメリット

マネースクエアでFXやCFD取引を行うメリットは何でしょうか。

ここでは、マネースクエアのメリットを3点ご紹介します。

マネースクエアのメリット
  • FXでもCFDでも「トラリピ」を使える
  • トレードに時間を取られない
  • マネースクエアポイントがもらえる

FXでもCFDでも「トラリピ」を使える

マネースクエアで取引する最大のメリットは「トラリピ」を使用できることです。

「トラリピ」は、マネースクエアが特許を取得した自動取引の方法で、「トラップリピートイフダン」の略です。

マネースクエア
出典:マネースクエア https://www.m2j.co.jp/fx-toraripi/what-is

「トラリピ」は、個人投資家が設定した価格帯で自動売買を繰り返し行う手法で、日々の価格変動を利用し、取引回数を積み重ねることで利益を積み上げを狙います。

上の図の例では、赤線と青線に触れた時に取引が実行され、あわせて9回の決済が行われ9万円の利益を上げています。

しかも、FXのトラリピの場合、取引手数料が無料なのでコスト面で考えてもお得です。

ただし、スプレッドの差額は支払わなければなりませんので、一定のコストはかかります。

トレードに時間を取られない

トレードに時間を取られないこともマネースクエアのトラリピの魅力です。

普段の仕事が忙しく、投資に時間を割く余裕がない人にとって、相場の上下を予想しマニュアルで取引するのは時間的コストがかかる行為です。

また、FX市場は24時間取引が続く市場であり、寝ないで相場に張り付くことは非現実的です。

「トラリピ」の自動売買なら、投資家本人にかわって自動売買を続けてくれるため、機械損失なく利益を積み上げることが可能です。

マネースクエアポイントがもらえる

マネースクエアポイントとは、マネースクエアで取引するたびにたまるポイントのことです。

マネースクエア
出典:マネースクエア https://www.m2j.co.jp/moneysquare-fx/point

取引金額により、ポイントステータスが決められ、それに応じて取引のたびにポイントがたまります。

たまったポイントは現金に交換できるほか、Amazonギフト券や他のポイントサービスのポイントと交換することが可能ですので、いろいろな場面で役立てることができます。

トラリピをしたい方や自動売買したい方は、ぜひこの機会に口座開設してみて下さい。

マネースクエアのデメリット

マネースクエアの取引システムは初心者でも取り組みやすい仕組みです。

しかし、デメリットもあるので2点紹介します。

マネースクエアのデメリット
  • トレンド相場に弱い
  • 通貨ペアが少ない

トレンド相場に弱い

マネースクエアのトラリピにはトレンド相場に弱いという弱点があります。

トレンド相場とは、市場に一方向の方向性(トレンド)が出ている相場のことで、市場価格が上がり続けたり、下がり続けたりしている状態を表します。

トレンド相場

たとえば、買いを入れる買いトラリピを設定していたときに、価格が下落し続けると収益チャンスが全くなく、下落幅が大きくなるほど損失が拡大します。

これは、売りトラリピで価格が上昇し続けたときにも同じことがおきます。

損失拡大を防ぐには、トラリピの設定を変更する必要があります。

通貨ペアが少ない

マネースクエアで取り扱っている通貨ペアは15で、他のFX事業者と比べると少ないです。

たとえば、SBIFXトレードなら34通貨ペア、IG証券なら100通貨ペア、ヒロセ通称の50通貨ペアなどと比べると、手薄である感は否めません。

しかし、米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、カナダドル、英ポンド、トルコリラ、南アフリカランドなど主要な通貨ペアはそろっているので、初心者なら気にしなくていいかもしれません。

マネースクエアが向いている人

マネースクエアの「トラリピ」は非常によくできたシステムです。

マネースクエアでの取引が向いている人についてまとめました。

マネースクエアが向いている人
  • 投資を始めて日が浅い人
  • トレードに時間をとれない人
  • 裁量トレードが苦手な人

投資を始めて日が浅い人

マネースクエアに向いているのは、投資を始めて日が浅く、投資経験が少ない人です。

マネースクエア
出典:マネースクエア https://www.m2j.co.jp/fx-toraripi/what-is

投資、特にFXの場合は相場が「上がるか」「下がるか」をあてるのはとても困難です。

マネースクエア
出典:マネースクエア https://www.m2j.co.jp/fx-toraripi/what-is

範囲を予想するなら、相場が「上がるか」「下がるか」に比べると予想がしやすいです。

FXについての知識がつけば、トラリピの精度をあげ、さらに利益を上げることも可能となります。

FX投資初心者ほど、トラリピが向いているといってよいでしょう。

トレードに時間をとれない人

トレードに時間が取れない人ほど、マネースクエアのトラリピが向いています。

トラリピは一度設定すると、条件にしたがって自動売買を繰り返してくれるので、機械損失が最小で済みます。

仕事が忙しい人や、投資よりも別なことに時間を使いたい人にとって、上手に使いこなせば自動売買はとても便利な仕組みではないでしょうか。

裁量トレードが苦手な人

マネースクエアのトラリピは、裁量トレードが苦手な人に向いています。

裁量トレードとは、相場の変化に応じて自分自身の判断で売買を行う手法のことです。

柔軟に相場の変化に対応できるというメリットがありますが、相場に翻弄され感情的になり、大きな損失につながりかねないというデメリットもあります。

トラリピは、設定した条件を守り、機械的に取引を行うため感情に左右されることがありません。

このように、初心者の方や時間のない方はぜひ利用してみてください。

マネースクエアが向いていない人

マネースクエアのトラリピは良いシステムですが、万人に向いているわけではありません。

向いていない人についてまとめました。

マネースクエアが向いていない人
  • 短期間で大きな利益を得たい人
  • 含み損を抱えるのが苦手な人

短期間で大きな利益を得たい人

マネースクエアのトラリピは、取引回数を重ねることで利益を積み重ねる仕組みです。

したがって、一度の取引で得られる利益は裁量トレードと比べて少ないです。

特に、トレンドが形成されているときの裁量トレードは大きな利益を得られるチャンスですが、事前に決済価格を決めているトラリピのような自動売買では、裁量トレードのような利益は得にくいです。

一度の取引での利益を最大化したいと考えている人にとって、マネースクエアのトラリピは不向きだといえます。

含み損を抱えるのが苦手な人

トラリピは、そのシステムの性質上、取引の初期に含み損を抱えやすいという弱点があります。

たとえば、買いポジションが連続で成立すると、徐々に損失が拡大しますが、その反対売買である売りポジションが成立すると、買いポジションとの差額でプラスとなります。

ある程度、同じ範囲で相場が推移するレンジ相場の期間が続かなければ利益を得にくいため、一時的に含み損が拡大します。

トレンド相場とレンジ相場

含み損を抱えるのが苦手で、すぐに損切りしたくなる人はトラリピに向いていません。

マネースクエアの評判/口コミ

Twitter上で見かけたマネースクエアやトラリピの評判をまとめます。

トラリピ 運用報告 539日目

累計利益:779,843円

評価損益:-93,844円

維持率:  2,233%

今週利益:9,917円 昨日はカナダドル円の上昇で利益が出ています!

コツコツが勝つコツ

It will go all right

Twitter

AUD/NZDトラリピ

【運用206日目】

NZドル上昇の勢いは弱いがこのまま終わるのか

2日連続の決済

利確:+880円

累積利確:+264,580円

評価損益:-96,519円

実現損益:+168,061円

Twitter

マネースクエアポイントが10万ptほど溜まっていたので、一つだけトラリピくんぬいぐるみに交換し、残りは現金にしました(^^♪ 「まとめて交換すると還元率が上がる」なんてことはないので、毎年交換していくのがおすすめです。

Twitter

トラリピは、マネースクエア側が述べている通り含み損が出やすい仕組みのようです。

ただ、それでも累積の利益が出ていますので、中長期的には勝ちやすいという評判を裏付けるツイートでした。

また、マネースクエアポイントの交換についても、随時、様々なものと交換できることがわかります。

マネースクエアの口座開設方法

ここでは、マネースクエアの口座開設方法についてまとめます。

マネースクエアv
出典:マネースクエア https://www.m2j.co.jp/
マネースクエアの口座開設方法
  • 口座開設の申込み
  • 本人確認書類の提出
  • 審査後、IDが発行される

口座開設の申込み

マネースクエアの口座開設はオンラインのみです。

申込み画面のFX個人口座開設(または、CFD個人口座開設)をクリックします。

すると、以下のページに遷移するので、申し込みフォームに従い必要事項を記入してください。

マネースクエア
出典:マネースクエア https://www.m2j.co.jp/account/individual/fxopen

スマホで本人確認書類を提出

画面の指示に従い、「お顔」と「顔写真付き本人確認書類」を撮影してください。

「スマホで最速、本人確認」を行うと必要書類を待たずに本人確認書類を送付できます。

マネースクエア
出典:マネースクエア https://www.m2j.co.jp/account/ekyc

審査後、IDが発行される

口座開設の申込みと本人確認書類の確認後、マネースクエア側で審査が行われます。

審査終了後、IDが発行され取引を始められます。

以上のような手順でマネースクエア証券で取引を介してください。

マネースクエアのよくある質問

マネースクエアについて、どのような質問があるのでしょうか。

よくある質問3つの質問についてお答えします。

マネースクエアのよくある質問
  • トラリピは初心者でもできますか?
  • トラリピで必要な資金はどのくらいですか?
  • FX口座とCFD口座の両方を開設できますか?

トラリピは初心者でもできますか?

トラリピは、どちらかといえば初心者向けの仕組みです。

FXの場合、相場の行方を予想しなければなりませんが、「上がる」「下がる」の予想はとても困難です。

しかし、トラリピなら「どこからどこまでの範囲で相場が動く」ということを予想するだけなので、「上がる」「下がる」をしっかり予想して「買い」「売り」を入れる裁量トレードよりも初心者向けです。

また、投資に時間が取れない人であっても自動売買なので投資に時間がとられずに済みます

その意味でも、トラリピは初心者向けといえます。

トラリピで必要な資金はどのくらいですか?

マネースクエアでは、トラリピに必要な資金の目安を割り出す計算式を提示しています。

マネースクエア
出典:マネースクエア https://www.m2j.co.jp/fx-toraripi/funds
マネースクエア
出典:マネースクエア https://www.m2j.co.jp/fx-toraripi/funds

レバレッジが高くなるほど、必要資金は低くなりますが、その分リスクも高くなるので要注意です。

また、価格帯が低い通貨ペアの場合、必要資金を抑えるのが容易になります。

リスクを低く抑え、通貨の値幅(レンジ)を広くするには、まとまった資金が必要です。

FX口座とCFD口座の両方を開設できますか?

マネースクエアでは、FX口座とCFD口座の両方を開設できます。

ただし、FX口座とCFD口座は別々なので、両方開設するためには、別途、申込みをしなければなりません。

マネースクエアの評判/口コミまとめ

今回はマネースクエアについてまとめました。

今回の記事のまとめ
  • マネースクエアのメリットは、自動売買の「トラリピ」を使用できること
  • マネースクエアで取引すると、現金や各種ポイントと交換できるマネースクエアポイントがもらえる
  • マネースクエアのデメリットはトレンド相場に弱いことと通貨ペアが少ないこと
  • 投資経験が少ない人やトレードに時間を取られたくない人、裁量トレードが苦手な人にはマネースクエアのトラリピが向いている
  • レンジを決めて「トラリピ」で自動売買したいなら、マネースクエアのトラリピがおすすめ

マネースクエアはFX取引やCFD取引を扱う事業者で、「トラリピ」の運営で有名です。

トラリピは、相場の「上がる」「下がる」を予想するのではなく、相場の上下する幅(レンジ)を予想するため、初心者でも比較的予想しやすい仕組みです。

しかし、一方向に動くトレンド相場に弱いので、そうした動きを察知したら自動売買のレンジを変更する必要があります。

とはいえ、初心者でも扱いやすい「トラリピ」は非常に魅力のある金融商品です。

いまなら、新規口座を開設するとマネースクエアポイントが最大で10,000ポイントもらえます

自動売買で取引するなら、マネースクエアのトラリピがおすすめですので、この機会にぜひ口座解説してみてください。

目次
閉じる