サービス紹介

アナリスト紹介


中村 孝也

中村 孝也(なかむら たかや)

取締役(情報配信事業本部長・アナリスト)

担当
経済全般、株式市場・個別銘柄、仮想通貨
信条
ファンダメンタルズ、テクニカル、マネーマネジメントなど、マーケットで利益を獲得するために学ぶことは多岐にわたります。それを組み合わせることで、利益を獲得すべき手法にも様々な解があるのでしょう。ただ、それらを学ぶことなく短期的に利益を獲得することができても、中長期的に利益を拡大させていくことは困難です。様々なコンテンツを通じ、投資手法を確立するための何らかのヒントが提供できればと考えております。
経歴
日興證券(現SMBC日興証券)より2000年フィスコ移籍後は、新規上場(IPO)担当として1,000社を超える新規上場(IPO)企業の調査・分析を手がけた。業種に縛られることなく、中小型株を中心に様々な企業の分析を得意とする。現在、フィスコの情報配信サービス事業の担当取締役として、フィスコ金融・経済シナリオ分析会議を主導する立場にあり、アメリカ、中国、韓国、デジタル経済、(仮想・暗号)通貨などの調査、情報発信を行った。フィスコ仮想通貨取引所の親会社であるフィスコデジタルアセットグループの取締役でもある。なお、フィスコ金融・経済シナリオ分析会議から出た著書は「中国経済崩壊のシナリオ」「【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由」など。
著書
マーケット大予測2003」「中国経済崩壊のシナリオ

小林 大純(こばやし ひろずみ)

アナリスト

担当
新興市場・IPO
信条
「現場百回」。株式市場の動向を日々ウォッチしつつ、企業活動や消費の現場にも足を運び、次の話題株・成長株を探索することに努めたいと思います。
経歴
IRコンサルタントなどを経てフィスコに入社
 
小瀬 正毅

小瀬 正毅(こせ まさき)

アナリスト

担当
為替・金利市場。国内外の債券市場や外国為替市場の分析・予測
信条
“市場コンセンサスを鵜呑みにしてはいけない”を念頭に置いて、主要国の金融政策や外国為替相場の分析・予測に従事しています。
経歴
外資系銀行、証券などでマネーマーケット、カスタマーディーラーなどを経験した後、2000年フィスコへ入社
仲村 幸浩(なかむら ゆきひろ)

アナリスト

担当
株式市場・個別銘柄分析/マクロ経済分析/機関投資家向け投資アイデア提供
信条
どのような時においても以下の三点を心掛けていきます。一つ、種々の経済指標等の定量的な情報から各国の経済・政治情勢といった定性的な情報までを総合的に考慮したうえで、世界経済の現状から先行き、各国のマーケット動向を鋭く分析していきます。一つ、個別企業の企業価値については損益計算書や貸借対照表といった定量的な情報だけでなく、ビジネスモデル等の定性的な面なども踏まえたうえで、真の企業価値を見出します。一つ、上述したマクロ情勢の動向を勘案しながら、適切な企業価値の見極めに基づいた銘柄選定を適切なタイミングで行い、ひいては適切なポートフォリオの組成を行っていきます。
経歴
国内証券会社にて米国株式の個別銘柄分析を手掛けた後、主に個人の富裕層を対象とした資産運用コンサルティングを担当。その後、SaaS型ベンチャー企業にて法人営業などを経験した後、2019年からフィスコに入社。経済指標などに基づいたマーケット動向から個別企業の銘柄分析まで幅広く担当。
 

近藤 薫(こんどう かおる)

アナリスト

担当
為替市場・為替マーケット全体。
信条
外国為替市場の、日々の動きの背景にある核心にできるだけ迫り、真に何が起きているのかを、広くみなさまにお伝えする努力を続けること。ただ一所懸命、ひたすら誠実に。
経歴
1980年より欧米銀行数行の東京支店で外国為替取引業務、1996年フィスコへ入社

平松 京子(ひらまつ きょうこ)

アナリスト

担当
為替市場・主に欧米為替市場、為替動向にかかわる債券、商品相場、社会的動向など。
信条
取引も含め為替に長らく携わっています。Go with the flow流れに任せる主義。現在、テレビ東京「モーニングサテライト」にNYから出演。
経歴
2004年ニューヨーク特派員としてフィスコへ入社